Entry Navigation

■「レッドゼータ・大気圏離脱用ブースター」②













「レッドゼータ・大気圏離脱用ブースター」②






IMG_0231-003.jpg




どもん~!!

久しぶりの前回の記事にもたくさんの観覧並びにコメントいただきまして
本当にありがとうございました!!



実は、まだ「デカール」や「汚し」を入れておらず、途中状態でしたが、見切り発車で
記事を書いてしまい、ようやくちゃんと完成した画像が出来上がりました!!
(すいません、「せっかちん」で、、、滝汗)





実際、前回の状態とさほど大きな変化は無いのですが、、、
いちよう、自分の工作保存画像として、記事を書かせていただきますが?
前回、書かなかった工作の部分も含め「補填」しておきましたので、興味があれば
ご一読いただければと思います!
















IMG_0232-001.jpg


<デカル>

前回は、間に合わなくて、貼らなかったデカルも今回は、しっかりと貼ってます!!
第67飛行連隊に所属している、4番機と、言う設定でございます~♬















IMG_0255-001.jpg


<汚し>①

 今回は、ノズルの中の汚しにこだわって塗りこんでみました!
実際、現役使用中の生のノズルを一般人が見る機会はそうそう無く、あくまでも
想像の範疇を出ませんが、恐らくはこんな感じなのかなぁ?な感じでやってます。
(なんせ、兄さん宇宙に行ったことはタダの1度もありません!笑)
前回もふれましたが、この「大気圏離脱用ブースター」は、繰り返し使用されている
エコな「宇宙用トラック」なので、痛みや汚れもけっこう激しい部分があると、言う
自分設定なのですが?!
ちゃんと整備や掃除はされているものの、壊れない限りは、反復使用されると言う
感じでとらえてます。













IMG_0259-001.jpg


<汚し>②

エンジンブロック上面の装甲部分は、細かなデブリの「あたり」や、宇宙線による
代謝などにより、細かく傷んだ状態をチッピングで表現してみました、、、
勿論、「ノズル」同様、現実に宇宙に行って見てきたわけではないので、ここも
僕の想像でしかありませんが、雰囲気重視で塗ってます。







★大事な話、、、


 たまに、ガチロジックで「つっこみ」を入れてこられる奇特な方がいらっしゃるのですが?
ビギナーの皆さんもよぉく考えてみましょう~!
そもそも、MS(モビルスーツ)と、言うものがまず現実には存在しません、、、
それと、この時代の(宇宙世紀)使用素材(ガンダリュウムとか)や染料(カラー染料)が
どういうものなのか?実は、誰も知りません、、、
何故なら、そもそもが「架空」のモノだからなんですが?
その架空の世界のロジックに本気で、現在の科学水準で「自分解釈論」を論ずる人もいます。
むろん、それはそれで、個人的に楽しんでいただくとして、、?笑

現状の科学考証を模型製作に「半分」入れることは大事だと思います!
何故なら、ご覧いただく方に、「なんとなくそう見える、、、」を感じていただくためなんですが、
あとの「半分」はウソで良いと僕は考えてます、そもそも兵器に「顔」がある時点で、アレだと
思うのですが、SFやアニメと言うのは、世界共通の「たぶん」とか「もしも」を楽しむもので
「これがこうなってないとダメなんだよ!」
と、誇張するのも変な話ですよね?

「設定」と、言うのは<法律>なのではなく、自分が「のめりこむ」ための単なる呪文だと解釈
できれば、精神衛生上非常に健康的に模型が楽しめると兄さんは思います!以上






そもそもの、事の「発端」はねぇ、、、
1枚の画像からでした、、、
(何かの調べ物をしている時だったと思う、、、)


見なきゃいいのに、1枚見たら止まらなくなって、次から次から、、、
バーニア画像に、まぁ~~、はまるはまる!!爆!!
どうしても、「宇宙的な何か」がやりたくなり、今まで解説もあまりしてなかったんで
ついでなんで「パイピング」の解説もかねて、今回の製作とあいなりました、、、、
(年取ると、歯止めがキカナインダ、コレが!





<とてもためになる兄さん推奨の3枚>


tumblr_mwx5ac1tLt1rdy7odo1_1280-001.jpg











4281da1bbc72f119b5032e0a3068c615.jpg












00d83859ba4d5f980e66a256c71eae0b.jpg


ほっんと、かっこいいんだ、コレがまた!


どうして「男」って生き物は、こういう「ぐちゃぐちゃ」したものが好きなのか?
自分で50年も男やってて、いまだ分からない?!爆!!




まぁ、皆さんも画像検索は、ほどほどがよろしいかと思いまする~!
見たら、見ただけやりたくなって、収拾がつかなくなったり、、、、
モデラー特有の病気「完成しない病」になりかねません!www
適度なところで自分を許すのも、またこれ大事なんで、腹八分目ぐらいでいきましょう~!


と、言うわけで、、、
前回、書いてなかった「マニアック」なパイピングについて、ふれていきます、、、
まぁ、これはやってもやらなくてもそんな大きな「差」はでないです!
(よほど目が肥えた人じゃないと気づかない部分なので、流して読んでくださいwww)











技法解説パート2


IMG_0253-001.jpg



上の画像に分かりやすく「番号」をふっておきました!

①番が、「かしめ」を使用した配線根元基部
②番が、ハンダ線を自分で加工したもの
③番が、前回大活躍した、ブレーキホースを加工したもの


まず、、、
①番の解説から、、、



IMG_0260-001.jpg


そうとう昔に購入したんですよね、、、
確か、手芸屋さんだったと思うんですよ、、??

名称が、ちょっと不明瞭なんですが?「つぶし玉」とか「かしめ」だったような?
>ごめん記憶が飛んでて、忘れちゃいました!汗

お時間あれば、たぶんここに掲載されてると思うので
調べてみて下さい>(クリックGOGO

僕の使用してるのは、穴の内径が約1.2mmぐらいで、外側が1.45mmくらいなのかな?
ピンバイスで入れたい箇所に、1.5mmくらいの穴あけて差し込んでます。
このパーツを入れてから、配線してやると、また違った表情のパイピングになるよ!




次は、②ばんですが、、、、



画像(1)-003


順を追って解説すると、、、


①>0.6mmの洋白線(または真鍮線)に0.3mmのハンダ線をぐるぐる巻いていきます

②>スパイラル状になったハンダ線を節に合わせて、カッターで切っていきます。

③>切ると丸い状態の小さな「輪:になっていると思います。

④>その輪の一部分をカッターでさらに切り、画像のような「C の字」にして、配線した基部に
   瞬着で固定すると、雰囲気が3倍エロくなる感じです!!





ほいで、③番の「配線の細かな金色の部分」ですが、、、




IMG_0224-002.jpg


前回の工作でも解説した、タミヤの「ブレーキホース」の輪切りを金色に着色して
乾燥したら、それを縦に半分に切ります、、、
その半分を、パイピングしたハンダ線に瞬着で固定します。

カットしたホースは、非常に小さく手で持てないので、こういうのはカッターで軽く刺し
そぉ~っと”任意の場所まで移動して、ペタッと貼ります!www
(はい、息止めて作業します!笑)



ほんで、、、
ご覧の画像を見て、ビギナーや初心者の人は、「全然簡単そうじゃない」と、、
思うかもしれませんが??
コレ、実は全部「足し算」の作業なんです!
そう、つまり削って整えたり、足し引きを考慮せず、黙々と足すだけの作業なのね?
こういうのは、専門用語で、俗に、「盛り」と呼ばれる作業で、模型工作の中でも
きわめて、単純でシンプルな作業の部類に入ります!


デカルや塗装などの「細かなほこり」を気にしたり、、、
整面や形状出しのような、複雑な工程は無く、ただの「盛り」なので、慣れちゃえば
どなたでも、簡単に自分の模型をワンランク上げられるんですね!
一見すると「複雑そう」に見えるだけで、実は非常に簡単な作業ですので、お時間が
ある時に、何かのいらないパーツの上で何度か試せば、僕の書いてる文章がすぐに
理解できるかと思います!!
(ホント、サルでも楽勝でやれちゃいます!)




少し、時間がかかりましたが、ようやく「簡単ミキシングビルド」完成でございます!
僕の考えた最強のブースター!!いかがでしたでしょうか?!笑
ホントは、も少し「色気」のある、ミーハーな感じでもおもしろかったかもしれませんが?
使用目的が、単なる「ブースター・トラック(運び屋)」なんで、あえてハデな羽根や、
デコレーションはせず、ジミな機材感で仕上げました!


ではでは、最後は、主役のレッドゼータをはずして、「ブースター」だけの画像を
撮影したので、ご覧くださいませ!!>マジ楽しかった~!!












ギャラリー「ブースター」画像









IMG_0241-002.jpg

















IMG_0243-002.jpg


















IMG_0244-002.jpg



















IMG_0245-002.jpg

















IMG_0246-002.jpg





















IMG_0247-002.jpg


















IMG_0249-002.jpg


















IMG_0251-002.jpg




と、言うわけで、次回からいよいよ新章です!


また、何かおもしろいの出来たら頑張ってUPしま~~す!
さぁ、GBWCもオラザクもいよいよ、あと1か月で締め切りです!!
僕も頑張りますが、みんなも頑張って良い思い出作りましょう~♬






ほいじゃ~~~~のぉ~~~~~!!!!























スポンサーサイト
category
「レッドゼータ」大気圏離脱用ブースター

■「レッドゼータ・大気圏離脱用ブースター」①

    







ご無沙汰まんじゅう!!







 本人不在の中、いくつかコメントいただいてたようで、大変恐縮であります、、、汗
また、更新されないブログを何度もご覧になりに来られました、訪問者の皆様ありがとうございます!



前回の「バッタ男」から早2か月、まるまる放置状態でしたが、、、??




まぁ~もろもろ多忙だったり、活動の拠点が「ツイッター」中心だったりと、、、
ご心配されてた方も多かったようですが?
ともかく、兄さんは、元気にバリバリ模活してますよ!!(๑•̀ㅂ•́)و✧




ほいで、2か月ぶりの更新と言うこともあり、、、
久しぶりの「ガンダム・ネタ」なので、ぜひとも、待ちくたびれた全国の「ぷるぷる中毒患者」の皆様!
満を持しての「最強のディテール講座」を兼ねた、新作を味わい尽くしてくださいまし!


今回は「エンジンディテール」の一部を使用した、誰でも簡単!!
今日から、すぐにでも始められる、2016年度版の最新「パイピング技法」を公開します!
それこそ、「サルでもできる」ぐらい単純なので、、、







え”??



なんですか???




兄さんの言うことは、まったくあてにならない??””






そうなの、、、、
ビギナーや初心者の人は、いつもヒドイ目にあってるよねぇ~~!!
「コレ簡単」とか、「楽勝だから、やってみてね!」の
騙し文句に踊らされてきた、モデラー諸兄は、口をそろえて皆が言うよね?!






そんなのできっこねぇ~じゃん!、、、と、、、、










yjimage (26)





ところが、ぎっちょん!!”




今日のは、一味違うぜ!





まず、知ってほしいのは、、、、

「パイピング」と言う技巧は、「スジボリ」や「やすりがけ(整麺)」などと比較して、
格段に簡単に覚えることが出来るのである!


なんせ、作業が簡単!
基本的な「概念」と、数多ある「商品知識」さえ覚えてしまえば、誰でも簡単に始められる!
しか~~も!


本日紹介する、技巧や概念の「一部分」のみだけでも応用が利く、臨機応変な技術なんです!
ほんの少しの手間で、あなたの「バックパック」も、劇的に変化するかもしれない?!





と、前置きが長いですが、、、、
とりあえず、まずは「パイピング」に関して、の基本概念を覚えていきましょう!!













まず最初に「色」を覚える!




IMG_0146-002.jpg



この画像を見て、最初にあなたの「脳みそ」を直撃するのは、、、???


たぶん???   「カッパー」のはず!ww



何故なら?
そう感じるように、「わざわざ、段取り組んで」そういう色で組み合わせているからなのだ!



つまり、この画像の「指色」は<カッパー>であります!






では、、、

次にこの画像を見てちょ!!







CTQQxScUsAAcR_b.jpg



あなたの「印象」に、ものすごっく「オレンジ」が残ったハズなんですが?ww


この画像は、友人のmatさんからお借りした画像ですが?!




ボディーなどの大きな塗装部位ではなく、上画像の「アーマー裏」だったり、、、
さきほどの兄さんの「エンジン画像」のような、凝縮した<ディテール部位>ってあるよね?!


そういう狭いくせに、異常に「線が集中」している部位を、他人が見た時、強く印象付ける手法がある!
それは、、、




「一番見せたい色を、効果的に相手に伝える技法」で、


原理的には逆になるが?


一番の「売り色」を最小限度の面積にとどめて


ピンポイントで印象づける方法です、、、




つまり、最小限度の面積にしか塗らないが?
その前後にある「色の相乗効果」で、その部位が、物凄く印象深くなる事です!(・◡ु‹ ) ✧



デカールにつけ、本体色につけ、ディテール部分においても、たまにですが?
「ちらかってる」のを見かけます??
色と、言うのは、その前後にある色でまったく印象は異なるのはご存知かと思いますが?



今から、技法解説に移るけど?
この冒頭の「色の概念」を頭に叩き込んでから、読んでくださいまし!!
恐らくですが?
技法ウンヌンは簡単な「パイピング」ですが?
上手くいかない人の場合、80%ぐらいが?色を理解せずに、でたらめにつなげている事が多く
ディテールUPしているハズなのに?
逆に「印象がぼけてしまう」ケースも多々、ネットで見かけます!


あと、失敗する、もしくは上手く出来ない人の多くが?
「起承転結」を知らない人だと思います、、、


物語同様、たった1本の配線にも、、
「始まり」「準備」「華」「完結」と、言った具合に、色や凹凸の起伏があります、
さらに言えば、、
いきなりメカから、直で配線が出てたり?>何の凹凸も無いただの線??w
1/100や1/144のサイズのはずなのに?「真っ赤」や「マっ黄色」な配線を見かけたりします?
確かに、クルマのエンジンなんか見ると、きれいな配線の色とかありますが??
皆さんが製作されているのは、ディフォルメされたミニチュアの模型です!
最低でも、「赤い配線」を使いたいなら、せめて「ピンク」にふるとかしないと、、、
たちまちのうちに、「巨大ロボ」が、手のひらサイズの「超合金」になりかねません!





そう考えると?


「色」って、物凄く恐いよね?笑






僕も、専門家ではないので、そこまで詳しくは知りませんが?
自分の経験の中で培った、ほぼハズレ無しの配色も含めて解説していくので、
じっくりと読んで、まずは、真似してみて下さい!
やってるうちに「コツ」や「カン」が掴めて、すぐに楽しい時間が訪れると思います!













やりかた&素材の知識




 長い前フリでしたが、いよいよ工事の解説です!
ほいで、、、、



まず、最初に「オコトワリ」しておきますね!
今回の技法は、本来スケール模型で言うところの「パイピング」とは、かなり違います!
本来、本格思考のパイピングはおもに「真鍮」や「銅材」などを用いることが多く、、、
残念ながら、ビギナーや初心者向けではありません、、、
今回ご紹介する方法は、できるだけ「簡素」で「単純」に加工できるよう、個人的に僕が
考え出したものです、、、
ゆえに、
非常に楽に覚えられますが?あくまで「簡易版」だと理解して、楽しんでもらえたらと思います!



ほいじゃ!レッツトライ!!



まずは、「土台の作り方」から見せていきます!




画像(1)-003


今回、僕は、アオシマ社さんの「HTV-R」を使用して、トラックにそれをくっつけて
ゼータガンダムのウェーブライダーにしょわせて「大気圏離脱用ブースター」を
でっちあげて見たのですが??


「パイピング」を行う場所のパーツの分割を見せておきます、、、、
全てバラバラになるよう、パーツに自分でダボをこさえて、配線しながらもバラバラになるよう
配慮してます、塗装への配慮もありますが?
こういう作りにしておくと、「配線作業」で、手狭な時にも役に立つので覚えておくといいかもね?





では、「一番見せたい部分」が、かっこよくなるよう、まずは「土台の配線」の部分を解説します!

>料理と同じで、メインディッシュがおいしくなるよう、前菜やワインにも全力で頑張るわけです!







IMG_0139-001.jpg



まず最初に、用意するのが、、、

「ハンダ線」でサイズは、<0.6mm>と<0.3mm>をホムセンで購入してください!
それと、これが大事なんですが、、、
「タミヤ」さんの1/12バイクに付属している、「ブレーキホース用の配線」を準備します!


>家にない場合は、仕方ないので、1台バイクを購入し、説明書を利用して何個か
ストックを集めると良いね!



兄さんは、こんくらいストックしてます!笑


IMG_0136-001.jpg


これが、今回の「主役」となりますので!
一部金属加工はあるものの、ほとんどが、「ハンダ線」「ブレーキホース」が主軸となります!








IMG_0132-001.jpg


みんなも、試しに読みながらやってみてほしいのですが?


入れたい箇所に、ピンバイスで、0.6の穴をあけておき、、、
そこに、0.6mm厚のハンダ線を差し込み、ブレーキホースを輪切りにした「段」を付けて行きます!


>画像中央の「赤丸」で囲った部分が、ホースを輪切りにしたもの、そして、それを装着した画像
ちなみに、接着はすべて、「瞬着」を使用してます。
「ゼリータイプ」と「通常の流動性のあるノーマル」とあらかじめ2種用意しておくといいよ!
小さいパーツには、「つまようじ」の先に、ゼリ舜を少しだけつけて、塗布してあげると楽に行きます!


★配線の「始まり」と「終わり」は必ず、段差を付けましょう!
穴あけていきなり生えてると、見た瞬間「興覚め」しちゃうから、気を付けてね!



ハンダ線を今回選んだのは、誰でも買えて、かつ柔らかくて扱いが楽、切るのも簡単、
そして安価である事、タミヤのブレーキホースも同様の理由です。
(ただし、ハンダなので粗く扱うと、すぐ切れちゃうから丁寧に優しくしてあげよう~!)



まずは、これを繰り返し練習すると、「パイピング」なんて、楽勝だと思えてきます!!
まずは<材料>に慣れる事!



IMG_0144-001.jpg



 今の解説通りにことが進めば、、、
このように、「土台」作りが終焉にむかうわけです。









あ!そうそう、、、、
せっかくなので、多くの初心者が読んでいると思いますから、「プラ板の誤解」も書いておくね!!





IMG_0152-001.jpg



ハンダ線に手が慣れてきたら、、、、
ハンダを水平に、2列、3列並べる技術も習得しちゃおう!!


その際に、小型の板をこさえないとイカンのだが???



普段プラ板加工に慣れてる人は、間違えないのですが???
素組派の人は、こういう部分読んでおくと、1段ギアが上がるから、読んでみてちょ!


凄く小さな部品なので?難しそうでしょ?
でも実は、簡単なの!
たぶん

「自分で難しくしてしまっている人が大半なの!」




↑上画像の丸囲みの「薄い穴の開いた板」を作る場合、、、、







IMG_0154-001.jpg


初心者の人は、たいがい「左側の板」を選んじゃうのね!
(凄く、気持ちは分かるし、出来ない理由も理解できます!笑)

★ちなみに両方とも、0.3mm厚の板です。




要はね、、、、
「プラ板工作」も同じで、難しくないのですが?
短く書くと、「知識」と「経験」と「コツ」なんですけど、、、、
分かりやすいでしょ今回の例??w


左側の板は凄く細いよね?
そこに、穴をあけるわけでしょ?きれいに垂直に2個、、、、
(僕らでも、難しいですよ!笑)





こういう場合、、、
僕なら迷わず「右の大きな板」を選びますねぇ!




IMG_0155-001.jpg


選んだら、テキトーに穴を2個あけておく、、、
この段階では、ホント、テキトーで大丈夫!!w



そしたら、そこから、切り出すの!
ここで「大事な話」、いきなり欲しいサイズを狙うのは、「×」よん!
まずは、手頃な大きさにカットして、心の準備!!










IMG_0156-001.jpg



そしたら、それを画像のように、徐々に小さくしていくの、、、
まだ、途中ですが、最終的に、欲しいサイズになれば問題ないので、
上手くできるまで、2,3回やれば、簡単に覚えられます!!


画像見て、気づいたでしょ?
こんなサイズの板に穴開けたら、そこで「端が切れて」ジ・エンドです!爆
なので、、、、
ツイッターでも書いたけど、「遠回り」に見えて、実は逆なの、、
手数はかかるけど、「最短距離」なのが、カッターと友達になる事なんです!
こういうのもパイピングしながら覚えていくと、模型はグンッと楽しくなる!






さてさて、、、
「ハンダ線」と「ブレーキホース」の基礎は、理解できたでしょうか?
たぶん、、、
少しやれば、すぐにものにできます、恐らくは、出来る人はその日にできちゃいます!ウフ




ほいで、初日、慌てて記事書いてて、肝心な画像を貼り忘れてたよ!
(スイマセン、、、汗)
ハンダ線をゴム管に通す際は、このようにやると効率が倍ぐらい上がります!





千葉しぼり-001


刺したら、ピンセットで抑えながら、落ちないように持ち上げて、、、
はめたい場所の手前にゴム管をずらし、はめたい場所に「ゼリー瞬着」を
つまようじで、ほんの少量置き、そこにずらして、瞬着をすべりこませる!
少しはみ出した部分は、その場でテッシュや綿棒でふきとれば大丈夫!
(ゼリ瞬は、硬化が遅く、慌てずにのんびりやりましょう~♪)












あ!そうそう、、、、
「細い方のハンダ線」<0.3mm厚>の加工も見せていきます!!




これまた、非常に簡単で、楽にディテールの「引き出し」が増える魔法の技法!
覚えたら、すぐやりたくなる「悪魔の配管」名付けて<にゅるにゅる>!!




「にゅるにゅる」は、上の解説の基礎編とほぼ同じ手法ですが、、、、
コチラは「リング状」にして使用します。。。。。







IMG_0151-001.jpg



はい、画像にも書いてあるけど~
むにゅむにゅしてる「にゅるにゅる」の解説いきます!!爆











資料画像(2)-001


最初に、①番の画像を見てね!

ブレーキホースを8mmくらいの長さに切り、そこに0.3mm厚のハンダ線を舜着で固定します
そしたら、ホースを適当に輪切りしたものを3~5個通して、これまた舜着で固定。
最後に、最初に入れた8mm長のホースのとこにもう片側を入れて「輪っか」を作る!



次に、②番のように「輪っか」を半分に折る



さらに③番のように、もう半分に折る、、、、、



最後に、④番のように、もう1回折り曲げてみると、なかなか複雑な模様になってくる
それを、任意の個所にピンバイスで穴をあけて固定すればOKです!


固定後、少しほぐすと、それっぽい感じになってきます!お試しあれ!!

ちなみに僕は、1mmの穴あけてそこに舜着で固定しています。





以上「にゅるにゅる」の解説でした、、、


ほいで、この作例は、あくまでも僕の手順で進めてますが?
今回の「技法解説」は、どこの個所から始めても大丈夫です、また、一部分のみを
自分のお気に入りのMSのバックパックのバーニアノズルネモトに仕込んだりしても
たぶん、かっちょよくなります!!


と、言うわけで、「ステップUP編」いきましょうか?!w




















「起承転結」の<華>の部位




ここまでは、全て「華」を見せるための「地面作り」でした、、、、
(まぁ、こういう地道な作業の上じゃないと<華>もはえないのですがね、、、笑)



ほいでは、「ハデ」な方のパイピングを少し解説してみます、、、、






IMG_0145-001.jpg



で、、、
「華」と言うぐらいなんで、やはり「目立つ場所」(メイン所)なので、兄さんも
少しココはきばりました!笑


昔から大好きなパーツなんですが、、、



「さかつう」さんの「六角フランジ」を使います。
ちなみに、一袋にだいたい10個ぐらい入ってます、非常に高精度な
パーツでかなりカチッと全体のフォルムが引き締まります!


ここで買えるよ!!(クリックGOGO!!)
>あぁ~~、速攻で品切れになりそうな悪寒がする、、、、



とりあえず、ワンラク上のパイピングを目指すなら、1度購入してみると良いと思います!


ほいじゃ、解説いきます!






IMG_0171-001.jpg

<画像がめちゃくちゃ汚なくてすいません、かなりの局部UPなのでご勘弁を>


芯になっているのは、0.6mmハンダ線で、その上に何をかぶせていったのか?
解説していきます、、、
(要は、ハンダ線にどんどん刺すだけです!ウフ)


①番  タミヤブレーキホースの輪切りを少々


②番  0.9mm厚(内径0.7mm)の真鍮パイプをカットして使用してます。


③番  さかつう「六角フランジ」外径0.9mm内径0.7mm


④番  タミヤブレーキホースの輪切り(塗装)


⑤番  タミヤブレーキホースを10mm長ぐらいでカットして使用




★「④番」のホースの塗装であるが?
ブレーキホースを細かく輪切りにして、任意の箇所に固定してまとめて塗ってます!
(このように、、、)



IMG_0159-001.jpg


ホムセンでただでもらった「こっぱ」に両面テープを貼り、そこに並べて
両面塗装します!少しめんどくさいけど、気合で頑張るのである!
(真鍮パイプをこのサイズに切るより、はるかに楽に作業できるハズです!)








と、言う感じで、、、、組んでみました!
色的には、、、


「銀」→「黒」→「金」→「黒」→「銀」→「銀」→「カッパー」→「黒」→「カッパー」→「銀」


僕個人が感じる最強の色順でございます。
(いわゆる黄金比と、言うやつなんですが、、、)


メカ色の重要な4色の「配分比率」をじっくり見てください、、、、
何色の比重が1番多く、何色が少ないのか?!
かっこよく見える「メカ部分」は、ただかっこいいのじゃなくて、、
そこには、ちゃんとした「理由」が存在してます>冒頭で解説した通りに、、、


「俺は、兄さんの真似なんかしない!!」

と、つっぱらかるのも良いんだけど、試しに1度やれば、なんでそうしているのかが
「見えてきます」、メカや料理と言うのは、見た目と性能が比例するのね、、基本、、、
なので、その「性能」や「味」を見てる側に感じさせたいと思うのなら、、、
まずは、「知る事」が大事です。


「原因」が分かれば「方法論」が分かり、「方法論」が分かれば「適した技法」が生まれます。
<センス>が無い人、いっぱいいるよね?笑
僕もそういうのからっきし無い方ですが、少なからず「知る努力」は日々してます、、、
「真似」や「コピー」は<負け>じゃない!
<勝つ>ための一歩なのだ!
真似事は、<後退>ではなく、歩みだすための<準備>にすぎないと、僕は思います!
(あ!ゴメン、話脱線しちまった、、、汗、、、)



ともかく、どうしてそう見えるのか?「知る行為」が、「NEXT」につながるので、躊躇せず
ただで学べるものは、覚えちゃいましょう~!!笑




ほいでは、もう1本の「名脇役」の解説をします!!




やはり、映画同様「主役」(この場合、先ほど解説した配線)が主役なのだが、、、
土台に配置された、あまり見えなくなる配線が、エキストラだとして、、
「主役」には「好敵手」が必要であり、その2本が織りなす様が、「絵」を作るのです、、、


それでは、「ライバル」君の解説~!








IMG_0137-001.jpg




画像「左」から、黒い部分が、「靴紐」、その次が「さかつう六角フランジ」(外径1.8mm、内径1.2mm)
そんで、タミヤのホースの輪切りに最後は、ホースの輪切りを金色に塗装したやつなんですが、、、



「好敵手」と言うぐらいなんで、こやつは、「ハンダ線」ではなく、女性が髪の毛をしばる時に使う
ゴム紐を使用してます!手芸屋さんで購入したもので、径は0.8mmぐらい!
(商品検索をかける場合は、「ラメゴム」と入れるとたくさん出てくるよ!)



作り方は、今まで同様、ただ、欲しいサイズに切って、ゴム紐を通すだけなんですが?
この手の「繊維」でできてるものは、切断するとバラバラになってしまうので、、、汗








IMG_0170-001.jpg


こんな感じで、「舜着」で固めて、ほぐれないようにして使用します。











あぁ!そうそう、、、、
今回の製作では「ランナー」をけっこう活用しました!
(なんせ、捨てちゃう部分なんで、使えるなら使うのがお得よん!)






IMG_0165-001.jpg



少し見ずらいですよねぇ??汗


いちよう、塗装時の画像があるから貼っておくね!







IMG_0157-001.jpg


ね!
皆さまよくご存じの真ん中の丸い部分を半分に切って使ってま~す!笑




あと、ランナーと呼べるか?分からないけど、、、、
こういう部分でも「オリジナリティー」は出せるから、もしよければ参考にしてみてね!











IMG_0164-001.jpg


この給油口の部分は、、、
あえて「パーツ横の枝(ランナー)」を残して加工してみたよ!


今回は、普段とまた違う感じの作業で、気軽な「ミキシングビルド」を楽しみましたが
たまぁ~にこういうのやるのは、楽しいよね!!




いつもガチガチな作業ばかりなので、凄く良い「息抜き」になりました!!


つうか、ももちゃんと「海」と「プール」で、体がガチガチに痛いです、、、爆!!















資料画像(2)-002









あ!
今回時間切れで、解説できませんでしたが、、、、、
「クリーム色」の極細の配線部分が見えると思うのですが??
フジミの極細被膜付きコード(0.2mm)を使用してます!


ただ、コレ、、、
ピンバイスは当然、0.3mmを使うのですが、ヒドク消耗する、、、汗、、、
(今回の加工だけで、7本折りました、、、>ホントぶきっちょなもんで、、
あんまお奨めではないのですが、、、
もし気になる方は、検索してみるといいかも?!ウン!



コレね!



IMG_0168-001.jpg










今回も異常に長い、記事にお付き合いくださいましてありがとうございました!!
(マジ、書くのに7時間もかかったよ、、、滝汗、、、)


記事の中での「パイピング」で、もし気に入ったのがあれば試してみて下さい!











ほいじゃ~~~のぉ~~~~!!!!!











IMG_0174-002.jpg





















IMG_0200-001.jpg
















IMG_0211-001.jpg












IMG_0181-001.jpg













IMG_0192-001.jpg




>楽しんでくれたかなぁ~(*´ω`)o



















category
「レッドゼータ」大気圏離脱用ブースター

■「バッタ男」公開!










長らく放置で、スイマセン、、、、














 どもん~!!





皆さま、ご無沙汰ぶりです!!




色々、多忙な時期もあり、少し放置してましたが?
久しぶりの記事更新です!!










ほいで、、、



今回の完成品も例にもれず、ロボットではないんですが?!


ご観覧いただく前に、ひとつふつ書かせていただこうと思います、、、、、、










<前置き>




 今回、ブログ記事を書く前に、ツイッターにて画像掲載したところ、、、
非常にありがたいことに、「注意勧告」を受けましたので、僕の文章力のない部分で誤解が生じないよう?
あらかじめ、書かせていただこうと思います!!

これは、ロボ以外の記事で、僕が記事を書く場合によく用いるフレーズですが?
(今回だけ特例ではなく、以前より同様に書いておりました)






「ガンプラじゃなくてすいません」





と、あえて、記載することに関して、、、
作品の原型をされた方、並びにクリーチャーや怪獣大好きな方々に「誤解」を受けているようで?
僕は、文章の中で、ガンプラやキャラクターロボとクリーチャーや怪人を比較したことはありません?
そもそも、自分が好きで作らせていただいてますので、、、



ジャンルの比較で、どちらがどうとか?そういう考えもなく、、、




単純に、自分がよく経験しているのですが?
よく投稿サイトなどに、出す場合、「ロボ」も「怪人」も関係なく出しているのですが?
基本「怪人」の方の閲覧数は、「ロボ」に比較して数字で言うと1/10程度です、、、、
仮に、投稿サイトで週間1位になっても、ほぼ画像を見ていただけないのが現実です、、、
(だから、みんなに見ろ!と、言うのではなく、、、)


これからも大好きな「怪人」を少しでも世に広めるべく、宣伝していきたいなぁ、、、と感じてます!
その際、僕の作品を楽しみに(およそガンプラを見たい観覧者さん)に対して、、、
さきほどの「ガンプラでなくてスイマセン」と記載させていただきますが?
まったく他意はありませんので、、、

ご気分を害された、関係各位の皆様に対し、深く謝罪したいと思います!!
なかなか、理解されにくいジャンルですが、製作は本当に楽しく、やりがいもモリモリあります!
もし、今回の記事をご覧になり、興味を持たれましたら、ぜひっ、1度手に取ってみてください、、
その不思議な魔力は絶大です!!





以上、余計な前置きでどうもすいません!






ではでは、今回の怪人も楽しんでみてくださいませ~!!






















「バッタ男」



いちよう、分かる範囲で、ですが、、、
解説入れてみますね??


そもそも、今回のフュギアは、「PAZUZU(パズズ)」と、言う悪魔の像を、原型師の方の
オリジナルな解釈で表現したものと思います、、、


パズズというのは、あの有名な恐怖映画「エクソシスト」に、ちらっと出てくるのですが、、、




yjimage (8)


上の画像のような感じです、、、

映画の本編でも語られてますが、、、
「イナゴ」の大群が映画の中にも「悪魔の仕業」として印象深くシーンに取り込まれていて、、
その「イナゴ」をモチーフにして造形されたのではないかと想像してます、、、



なので、箱絵を見ると?
単色(銅像的な)の仕上がりになっています。


yjimage (14)



勿論、スタンダードに銅像のような仕上がりにするのもおもしろいのですが??
今回は、昆虫のアルビノ(染色体異常)をモチーフに塗装してみました!



★ 「アルビノ」と、言うのは、昆虫に限らず、動植物にごくまれに現れる染色体異常の現象で
 今回の「悪魔の色」を表現するには最適かな?みたいに思い、やっています。
 (人の形はなしているが?部分的にちゃんと成型されず、未成熟な部分を持つUMAのようなイメージ)


参考にしたのは、こういう画像、、、



d0175322_18355490.jpg
493_1.jpg



造形そのものがダイナミックで、情報量も多く、単色だと、少しもったいないかなぁ?
とか、余計なことを考えてなのですが、この色が良いか?悪いか?ではなく、、、
作り物として、こういう表現の幅もあって良いんじゃない?との個人の判断ですので、、、
あくまでも「カラバリ」として楽しんで見てもらえたらと思います!!


なのでタイトルも「PAZUZU」と、言う正式な表記ではなく、、
単純に「バッタ男」と、しています、、、、、




















「バッタ男」各部アングル








<横顔>

DSCN9937.jpg




















<前から上半身>

DSCN9940.jpg

















<右後ろ側>

DSCN9950.jpg

















<正面あおり>

DSCN9948.jpg
















<左側うしろから>

DSCN9952.jpg




カラーリングに関しては、すべてソリッドカラーによる塗装で、
ハンドピースと筆塗りの併用で塗っています、、、



白い部分は、Mrカラーの11番ガルグレーを基調として、そこに白や黒を加えて
明度違いの4色を作り、部分毎の凹凸で立体感が上がるように塗り分けてます、、、



肌色の部分は、キャラクターフレッシュに同様に、黒、白を混色して、4色作り
やはり、部分毎に塗り分けています、、、



黒っぽい部分は、エンジングレーと言う色を使用してて、、、
これは瓶出しで、筋肉の筋(スジ)や、模様の部分、脚部の足の甲などを塗ってます。
模様の所の「銀色」は、非常に細かいので水性ペンの銀色(ユニボール0.8)を使用。



それと、眼球の部分ですが?



下の画像で、まとめて解説してます





DSCN9969.jpg


いちよう、予備で細く書いておきますと、、、、


アンテナなど突起物は、危険なので、接続には「スプリング」を使用してます、、、
そうすることで、ふいの衝突や、持ち運びの際の不慮の事故も防げるのです!!


それと、今回は、一部「植毛」をしてますが、、、
自分の髪の毛を抜き、それをカッターで細かくして、お気に入りの個所にはやしてます。
取り付ける際は、ゼリーアロンを使用してます。
(この辺は、趣味の問題なので、やってみたい人チャレンジしてみると楽しいと思うよ!)


あと、羽の部分は、海外から取り寄せた「昆虫標本」から、超音波カッターにて切り出し
背中の部分につけてみました、、、
(海外の昆虫は大型で、使いやすいのだが、匂いが鬼ハンパなく臭いです!要注意)



なお、本物の羽や人毛(ジンモウ)を用いる際、塗装が困難になるので、、、
あらかじめ、優しくJOYしておくと通常のラッカー塗装ものります!
(ただし、家族に見つからないよう極秘裏に行わないと大変なことになるよ!笑)




では、詳細各部です、、、、、





















「バッタ男」クローズUP画像








<脚部後ろ側の寄り>

DSCN9954.jpg


















<指先の寄り>

DSCN9958.jpg


















<ティンコの猛毒針>

少しぼかしてます、、、、いちよう、、、、笑

DSCN9959.jpg

















<口元と胸部のドUP画像>

DSCN9960.jpg


















<後頭部の羽根まわりUP画像>

DSCN9961.jpg





以上、各部のUP画像を掲載しておきました、、、

それと、塗装の部分の補填ですが、、


こういう濡れたようなヌルヌルした質感を演出する場合、ハンドピースや缶スプレーだとコントロールが
難しい(垂れてしまう)ので、瓶出しで、ダイレクトに「盛る感じ」で塗っていきます、、、
(その辺は、感覚的な話で、自己責任で各自やってみてください!)





ホント、こういうクリーチャー系の怪人は初体験でしたが、、、
どこを作ってても、塗ってても、おもしろいです!


そもそも、空想の物体であり、どういう風にアレンジしても、自分の思い通りに塗りあげても
「間口」が広いので、自由に楽しめる魅力があります!!
パッと見、気持ち悪いし、塗装が難しいと、言う印象をビギナーの方は持つと思いますが
いつも言うけど、僕も初めてチャレンジしてます!
成果が良いのか?悪いのか?は、、、おいといて、、、
まず、「楽しい!!」を大前提で、やってるのですが、見てても楽しいですが?
実際に怪人を目の前にすると、「ワクワク感」がハンパじゃないです!>人によるけどねwww


でも、もし、見て気に入ってくれたら、、、
「俺も塗ったよ!兄さん!!」みたいなの、一緒に共有しましょう~~!!
そこが、この記事の1番大事なポイントです!!笑








ではでは、、、、
次回予告、、、、



ホント長らくお待たせしました、、、、、、、、、、、、



いよいよ、次回の記事で最新の「Sガンダム」の画像を公開します!!
(っつってもたいした内容でもないんすけど、、、滝汗、、、)

次回もまた遊びに来てくださいませ!!














ほいじゃぁ~~~のぉ~~~!!!!




DSCN9973-001.jpg
category
「バッタ男」

■「しいたけ発売記念(技法詳細2016年度版)」

   







「ご応募お疲れ様でした~!」








 どもん~!
おひさしぶりんちょ!!⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾


第3回千葉しぼり展示会「全日本旧キット王選手権」への本申請の方が
終了し、現在、皆様のところへ「完了メール」が、届いている所かと思います、、、




^91DA3B3C6AA12340CD44D56A0150E3143358B8EEAD59AD028E^pimgpsh_thumbnail_win_distr


★まだ「俺のとこメールきてないんだけど?」な人は、今週末まで待ってみてね?!
もし、日曜日になっても、「御振込み確認完了メール」が担当のクマちゃんから届かない場合は
すぐにコチラにお知らせ下さい!!
(名簿確認後、折り返し大至急メールさせていただきます!)







で、、、、だ、、、、




どのぐらいの応募がきたかと?




皆さんも気になってるかと思います?




はい、、、、


事前に、コチラに「辞退」を申し込まれた方が、1名、その他、期限までにコチラにメールが
来ない方が4名、応募は着たが?入金がない方が、1名と、、、


計6名の方が、キャンセルと言うことで請けたまりました、、、


つまり、、、
今現在のエントリー数は、およそ、、、174名の方が「選手権」に正式参加が確定してます!
一般サポーター枠の参加者様含め、全体でジャスト200名様と言う感じです、、、
これに、ウチのメンバーやゲスト様、審査員様各種、、、もろもろ合わせると、、
約240名前後の参加人数です、、、
だいたい550作品ぐらいが並ぶ感じなのかなぁ?なところ、、、、(*˘︶˘*).。.:*♡








ほいで、気になる「追加応募」ですが、、、、
(最初の応募を逃しちゃった、参加希望者様、、、)
正直、今のところ「追加応募」の予定はありません、、、、


ただ、昨年同様「8月31日」までは、返金キャンセルに応じる方式なので、、、
もし、仮に「追加応募」が、あるとすれば、9月初旬頃になるかと思います、、、
(それも「キャンセル数」に左右されますので、今のところ、明確には書けません)





以上が、現在、イベントに関してお話できる状況です、、、、
(まぁ、今年がダメでも、来年もあるんで、気落ちせず会場に遊びに来て下さい!)





既に、ツイッターやブログ、各種で、先行で「製作途中画像」が公開されてますが?
とありあえず、5月の静岡や、今年もナゴモもありますので、、、
まだそれほどでもないのですが、、、
昨年もお話しましたが、「本番当日」は、あっと言う間にきますので、、、
各自、時間調整して、無理の無いよう計画的に楽しくご参加いただきたいなぁと
思います!!






CerqeZgW4AAxCjR-001.jpg


CfdQ6a0UMAA-Oe4-001.jpg


Cey69vrW8AAFK9U-001.jpg


CetG8KfXIAI75S_-001.jpg




なんか、、、、全く統一感が無くて、途中画像も凄くおもしろい!笑
それぞれの参加者さんが自由に楽しく切り刻んでる感じで、<模型無法地帯>!爆


昨年の「デイフォルメ選手権」もおもしろかったが、、、
今年はより、はちゃめちゃなのが並びそうで、ホント当日が待ち遠しいです!!
(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾




あ!
そうそう、、、
「正規応募」が確定した方には、コチラから「返信メール」がきてると思いますが?
そこに記載された「番号」がそのまんま、<懇親会>に参加する「整理番号」と
なりますので、携帯に入れておいても言いのですが、、、

よくある、トラブルで、当日、「携帯が電池切れ」とかになると、ややこしくなります!
何度も言うが、アナログで申し訳ないですが、自分のサイフに、紙に番号を書いて
入れておくと、「お守り」になるんで、くれぐれも面倒くさがらず、協力してね!
(あるんですよマジバナで、撮影に夢中で携帯の電池が切れることが!笑)





そんな感じで、業務報告(1)が終了、、、、



ここからが、本日のメインイベント!!
業務報告(2)でございまする、、、、、













新時代!誰でもSPディテール!!



 はい、、、、


と、言うわけで、、、、
いよいよ、兄さんのところでも「しいたけ」の発売を開始いたします!!




何をいまさら、、、
と、思う方も多いかと思いますが、僕は今の時期(熟成)を待ってました、、、、



各所で散見する「しいたけ」の入った完成品、そこそこ、手数も増えてみんなも「しいたけ」に
馴染んできて、作ること自体が、普通になった時代、、、
(そもそも、僕が始めた時は、9年も前の話なんで、、、笑>古いよね?実際)


ただ、誰でもが作れるわけじゃなく、やっぱ、それなりにゴミも出るし、いきなり最初から
かっちょいいしいたけが出来るハズもなく、まして、ウチで推奨してる、、
超細かい模様のしいたけとかだと、一般家庭での作成が相当に難しい話となります、、、
なので、、、
その最初の大変な部分だけ、兄さんがやることで、手軽に超微細な「しいたけの素(もと)」を
お分けするという感じです!
いわゆる、アフターパーツみたいな位置づけで、何に使用するのかは?
購入者のセンスとお楽しみと言うところでしょうか?!笑



あ!!
勘違いしないで、よく説明を読んでくださいね~!!
「完成したしいたけ」ではなく、「しいたけの素(もと)」なので、、、、
購入者の方が、ご自分で組み立てなくてはならないので、本当に欲しい方、、、
手軽にスーパーディテールをやってみたい方向けなんで、、、
欲しい人は、直接、僕にメールでオーダーしてください!!

「 info@nblood.jp 」
メールには、欲しいサイズ、HN、本名、住所、〒、携帯を書いてお送り下さい!

価格は、2500円~になります、、、>大きさで値段が変わります。
サイズに関しては、オーダーの際、メールに詳細をお知らせ下さい
ちなみに「しいたけ」の模様に関しては、兄さんにお任せとなります!!
(サイズは、幅2cm~4.5cmまで、厚みは0.5と0.3の2種、承ります!)
1セットで8枚のしいたけが入っているので、約2セット組める仕様です。



文字ばかりだと全然分からないでしょうから、、、
ココからは画像解説していきます!




ア)メールでサイズを決めて申し込む!
すると、画像のような8枚の板が届きます!


IMG_2843-001.jpg


コレが「しいたけの素(もと)」となります、、、、




「しいたけの素」は、全て兄さんの手作りなので、プロッターなどのパーツと違い
最初からバラけてて、肝心の「刃」の部分は、ヤスリがけ済みなので、そのまま
組めること!


IMG_2844-001.jpg


しいたけ初心者に解説しておくと、、、、
しいたけの「刃」の部分は、非常に細かくてデリケートです、、、


あまりなれてない人が、ここをやすると、たいてい「丸く」しちゃうか、壊します、、
ココの部分は、兄さんが直接製作時にやするので、そのまんま使用できます!!








ただし!!





あまり知られていないが?





最低限の工作は必要で、、





今日は、しいたけが実際に





生まれるまでを





詳しくお見せします!






購入意思がある人は、じっくり読んで検討してくださいね!(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡










まず、「しいたけの素」と呼ばれるこの板には、何種類か使い方があり、、、
一番ポピュラーなのが、、、
いわゆる「しいたけ」です、、、


DSCN5958.jpg


上の画像は、過去僕が製作したロボの足裏に使用したケースです、、、
こうした複雑な組み合わせにより、見え方は数千種類存在します、、、




そして、「しいたけの素」を使用した、装甲の裏の表現、、、
これは、「かわら」と呼ばれる表現で、しいたけを垂直に張り合わせていくディテール



KOSIAN-05.jpg



さらに、作りこんだ、メカをつつむ内部の壁面など
使用用途は、使う人の感性で、いくらでも広がっていきます、、、、





IMG_0842-001.jpg



基本は、「8枚セット」なので、もちろん通常通り「しいたけ」を作成するのに使うのもいいし
欲しい部分の内壁などに使用するのも楽しいと思います、、、




さて、、、
ここからは、「しいたけ」の生まれる手順の解説!!


どこで「差」がつくのか?「何が違うのか?」
じっくりと、画像見て、手順を覚えてみて下さい、、、、、





イ)しいたけの「下ごしらえ」


まず、板を購入し、届いたら、、、
ホームセンターなどで、ただでもらえる「捨て木」を用意する、、、



IMG_2849-001.jpg


そこに、およそ15cmほどの両面テープを貼り、
「やすり台」をこさえます、、、



そしたら、その台に、購入した板を、「1度に全部」貼ります!



IMG_2850-001.jpg


この時、「注意」するのは、両面テープを<端っこ>に貼り、
しいたけの素は、約1/3ぐらいだけ固定するようにすることが肝心!
(はがしやすくしておかないと、後で、板を台無しにしかねません!!)





IMG_2851-001.jpg


準備が出来たら、手持ちのハンドステック(ヤスリ)で、均等にならします、、、
使うのは、#400と#600の2種で十分!
けっこう力入れてヤスリましょう~!


片面のやすりがけが終わったら、しいたけの素を板から剥がし
また、同じように反対側も綺麗にヤスるのですが、、、、、、




IMG_2852-002.jpg


板のとりはずしの際、上側に引っ張ると、壊したりそったり
折れたりしますので、どうせ張り替えるので、止めてる両面テープが
汚くはがれても気にせず、真横に引っ張るのがお奨めです!


このようにして、同じ手順で反対側も綺麗に整面して、下ごしらえが完了します!
次に、欲しい用途に応じて、自分が必要なサイズに切り出します!





普通にプラ板を切る手順で、しいたけの「高さ」を決めていき、、、




IMG_2853-001.jpg

金さしとエンピツで下書きして、およその欲しいサイズを
板にマーキングします、、


そしたら、Pカッターで任意のサイズに切り出す、、、




IMG_2854-001.jpg



この切り出した板が「ゲージ」となります。




「ゲージ板」が用意できたら、、、






IMG_2855-001.jpg


次に、カッターマットに今度は「L字」に両面テープを貼り、
連続のマーキング作業の準備をします、、、


いらない材料でいいので、適当な長さに切った板で「L字テープ」の上に
合わせながら「防波堤」をこしらえます、、、





IMG_2856-001.jpg


「防波堤」の奥(90度の部分)に合わせて、これから切る板を置き
その上に、さきほど用意した「ゲージ板」をのせれば準備完了!







IMG_2857-001.jpg


2枚重ねて奥に押し込みながら、模様がぴったり合ってるのを確認して
エンピツで、残りの7枚に同様にマーキングしていきます!



マーキングが終わったら、1枚ずつ、Pカッターで丁寧に切り出します。





IMG_2858-001.jpg


すると、「しいたけの素」が、「しいたけの板」となり、、、
いよいよ、これで下準備が全て完了!!




ここからが、本番です!
奥さん、、、、、(☝ ՞ਊ ՞)☝



いよいよ、しいたけ作成となります、、、、、、ジュル!( ´◕㉨◕)





しいたけの詳しい組み立ては、「コチラ」でも見れます!
詳細が気になる人は、クリック推奨


<しいたけの基本概念が書いてあります>




IMG_2859-001.jpg


今回作成の見本しいたけは、、、

0.5mm+1mm+0.5mm+1mm+0.5mm+1mm+0.5mmと、、、
合計7枚からなる構成で、上の画像では、既に、しいたけに1mmの「中板」を
貼った状態の画像でお見せしてます、、、


ちなみに、画像上に「流し込み接着剤」が映りこんでますが、、、
通常は、普通の低粘度の接着剤(いわゆるタミヤの白ビン)を推奨してます、
僕は相当数、しいたけを組んできたんで、感覚を覚えてますが?
どうしても、貼り合わせの段階で、ずれやすい構造なので、、、
初心者の人は、慌てずにのんびり組むといいかと思います、、、


「ヒント」としては、、、、



IMG_2861-001.jpg


5枚張り合わせた段階で、しいたけの「間」に、中板と同じサイズの板を
上から、挟み込んで、しいたけの隙間を均等にするなどの工夫をすると
綺麗に組みあがります、、、
慌てて、1度に7枚やるよりも、相当うまくいく確立が上がるのね、、、


簡単に言うと、時間があるなら、5枚組んだら、2枚は翌日にやるのが
良いと思います、、、
何故なら、このサイズの小型パーツに、1度に大量の接着剤を使用すると
どんどん形がそっていっちゃうんで、最終的には、、、


綺麗に板自体を切り出せても、大量のシンナー成分の「揮発」で
高さが綺麗に揃わなくなることがよくあります、、、
たまにネット等で見かける「不揃いなしいたけ」の答えがココです!<重要>
なので、可能なら、2枚ずつ1日おきに組むと、相当綺麗なしいたけが出来ます!
(まぁ、失敗しないと何も身につきませんが、、、)



そいで、、、
全て組み付け、完全乾燥した状態が、、、
コレね!



IMG_2863-001.jpg



ね?綺麗でしょ?!

しかも、かなり細かいディテールで、情報量も相当上がります!
なによりも、こういうのは、フライスマシンとかが無いと作れないのですが
(手作業でも可能ですが、ひどく過酷な作業になります、、笑)
普通のお宅で、フライスマシンなどもってのほかでしょうし、、、、
通常とても家族には理解されないかと思います、、、


そこで、数に限りはありますが、、、
僕の方にオーダーいただければ、ある程度のサイズ(余裕のあるサイズね)までなら
この程度の加工で、お部屋を極端に汚すことなく、欲しいサイズの「しいたけの素」を
提供できるかと思います!
(何度も言うが、マシン加工も手作業なんで、少し時間はかかりますが、、)



今まで、兄さんの記事を見てて、、、

「あぁ、、、いいなぁ、、でも、俺の家じゃ無理だよな>?あんなの、、、」

と、感じてた方は、この機会にぜひっ、オーダーしてみてください!
あんまり細かい指示には対応できないけど、本気で挑みたい人には、可能な限り
その欲しいサイズに合わせた「本格しいたけ」をデザインできるよう頑張ります!!


以上、今日の「業務報告2」でした!!
(超長い解説に、お付き合いいただき恐縮でしたぁ~!)






ではでは、、、
次回の記事もぜひっ、お楽しみに~~!!!!








ほいじゃ~~~のぉ~~~~!!!!












category
「しいたけ発売」

■「旧キット王選手権」審査員様発表!!









「旧キット王選手権」審査員発表!






^BC5A8B2DF686B1A047F97A03CFDEC518D57DDFBC4C68466840^pimgpsh_thumbnail_win_distr



  どもん~~!!


皆様、いよいよ、3月も終わり、週末には、4月突入です!!

(もう~1年が、早い早い!(〃・ิ‿・ิ)ゞ)






さて、、、、
先週、ご案内させていただきました「御振込み(本申請)」の方ですが、、、
今年は、皆様のご協力もあり、80%ほど受付が完了してます!!


迅速なご対応いただき本当にありがとうございます!
運営の担当にかわって御礼申し上げます、、、、
(まだの人は、くれぐれも気をつけてくださいませ!)




さて、、、、
本題に入りますが?!




昨年、大盛況のうちに幕を閉じました、「全日本ディフォルメ選手権」では、、、
ご来場者様全員による投票と、メインゲストの「ディフォルメ屋」様のご協力の下
上位を決めさせていただきましたが?!




今年の「全日本旧キット王選手権」は事前に説明させていただきました通り、、、
年代による「票割れ」が予想され、これを回避するため、全員に一律にチャンスを
平等に品評できますよう、コチラで厳選させていただいた「審査員各位」による
「投票決戦」とさせていただきます!!








で?




審査員て誰よ?ですよねぇ~?!




(╹ө╹)




はい、奥さん、、、、、














今年の審査員様の発表です、、、、、、、









^7F8F6E23206B3D04566D2FDACD5C047766E749D4AFB42B0424^pimgpsh_fullsize_distr-001


<順不同、敬省略>








★ハイキューパーツ



★MAXファクトリー



★ガイアノーツ



★クレオス



★ゴッドハンド



★ウェーブ



★モデルグラフィックス



★スケールアヴィエーション




★ベルテックス
pooh's modeling works



<CAUTION>

くれぐれも誤解の無いよう、書かせていただきますが?
各種メーカー様は、「協賛」ではなく、あくまでも「審査のみ」ご協力いただいてます!
展示会当日も物販や通販の勧誘等もありません!
千葉しぼり展示会は、模型好きの愛好家によるただの展示会です。













と、言う感じで、、、、
9社のメーカーさん並びに、模型誌さんに「投票」いただき、これに
模型界を代表する先生方に「投票」してもらい、総合での点数順位と
させていただこうと思います!











★MAX渡辺センセ




dg03.jpg
















★ワイルドリバー荒川直人センセ




IMG_2359-1025.jpg













★松本州平センセ





dsc04113.jpg














★NAOKIセンセ





tfalBZ6P-001.jpg











★オオゴシトモエセンセ





O-3f0tAr.jpg











★ネットモデラーのmat氏





HGUCV2-2_2015081313105648f_20151004073150507.jpg





いまさら、説明する必要もないかと思いますが、今年も、、
MAXセンセはじめ、荒川センセ、州平センセ、NAOKIセンセ、オオゴシセンセと
豪華な顔ぶれで審査の方、お受けしていただけました!、、、、
(ご多忙な中、本当にありがとうございます!)


ちなみに、最後の「 mat さん 」であるが、、
長年、数多ひしめくネットモデラーの中にあって、ずっ~と僕らを牽引してきてくれた
個人的に物凄くリスペクトしているモデラーさんで、今回特別に審査の方、お願いさせて
いただきました!






ちなみに、、、、
ご覧いただきました通り、、、昨年の「ディフォルメ選手権」の反省点を生かし、、、
今年は「入賞確立」が格段に上がりました!!
(去年は、少なすぎましたよね~!笑)


「各メーカー賞」に加え、「センセからの個人賞」そして、総合得点の上位3名と
少なくても、30名前後の入賞者が出ると思います、、、、
なお、各賞の賞品等に関しては、後日、少しずつ情報開示できればと考えています、、、



勿論、「入賞」だけが、イベントの華じゃないですし、単純にみんなと参加したり、
会場で色々な話に盛り上がるのも、祭りの醍醐味です!!
そもそも、千葉しぼり展示会の1番の目的は、毎回書きますが、、、、
「親睦を深める」です、、、


愛好家同士の互いの情報交換や普段ネットでの「文字」だけのお付き合いから
実際お会いして、お話ができる、そんな楽しい「広場」だと考えてます、、、
特に今年は「旧キット」と、言うお題目にそって、今は無き懐かしいメーカーさんや、
古きよき時代のアニメ話、その時代に何が流行ってて、どんなことしてたのか?
そんな楽しい1日になるよう、ホストの僕ら千葉しぼりメンバー一同、全力で
盛り上げていけるよう、頑張ります!!



まぁ、ご多忙なセンセイ方も多く、直前でもしかしたら?
変更などもあるかも知れませんが?
その辺は、ご了承いただけると助かります、、、、












最後に、、、、、



今年の「スーパーゲスト展示」なんですが?






昨年は、aspさん代表の「ディフォルメ屋」さんでしたが、、、
今年は、、、、







「DORO☆OFF(ドロオフ)」


の皆さんにお願いできました!!(▰˘◡˘▰)




説明する必要も無いとは、思いますが、、、、

「オイラ、ガンプラしか作らないから?分からない、、」と、言う方のために、、、
兄さんから少しだけお話しますと、、、




この前、「モデルグラフィックス」さんのとこから出ました、、、

「電飾しましょ!」

と、書くと、分かりが良いかと思いますが?!、、、、




modegu-001.jpg


端的に書くと、、、
「LEDの神様」たち、、、と、言う感じですが、、、、


正直、電飾も凄いのですが?それ以上に、、、工作、塗装が輪をかけて凄い!!
と、言うよりも、、、トップクラスの方々です!!
もうね、筆舌しがたいすさまじさでございます、、、、


どろうぼうひげさんや竹下さんが主催するこのクラブ「DORO☆OFF(ドロオフ)」の
皆さんの作品を今回生展示していただけることになりました、、、、
(ちなみに、下の画像は、参考画像で、当日は何が並ぶのか?まだ未定です!)
>ホント、地方の方は、この機会に目に焼き付けて帰って下さい!
「本物」はハンパじゃないですよ~!!


>どろぼうひげさんのブログはココ!

>竹下さんのブログはココです!




画像(1)-001

<★画像は、竹下さんと、どろさんのブログからお借りした「参考画像」です>








さぁ、、、、、皆様、、、準備の方は、万全とは行かないまでも、、、
徐々に整いつつあります、、、
あ!
そうそう、、、
今回、「MAXファクトリー賞」を審査してくださる、、、
「清水大将」氏も生作品展示してくれるそうで、凄く楽しみ!!


CK5Y5_5UYAA_wMY-001.jpg


おねぇさんたちに挟まれた「赤いシャツ」の方が、清水さんです!!
(とても気さくな方で、色々な質問に答えてくれると思います!)
>清水さん、たぶんこの記事読むんだろうなぁ、、、wwww後で怒られそう、、、www




それと、ゲスト展示で、他に「R工廠」さんが協力してくれるそうで、、、
あの驚愕のスーパーディテールが、まじかで見れます!!
(ディテール大好きなモデラーさん、ガン見できますよ!笑)



COa847JUkAAIGh0.jpg








と、言った感じで、、、、

ともかく、模型三昧な1日になるかと思います!!











あとは、当日悔いの無いよう





心から楽しみましょう~!!











ほいじゃ~~のぉ~~~~!!!













category
未分類