Entry Navigation

■「プロトタイプゼータ・NEXT」最終回














展示会まで、あと2日!!


 どもん~!!!
いよいよ、展示会まであと2日、、、となりました!!


皆さん最後の追い込みいかがでしょうか?!
体調は万全でしょうか?!


なにやら、「天気予報」ではまるっと快晴らしく、、、、
僕たちも、、、、



え?!
なんですか???!

「どこまでひっぱれば、気が済むのか、、、、?」でしょうか?
はい、、、、


果たして、今回のMSは、皆様の目にどう映るのでしょうかぁ?!
まぁ、、、、
スタートしたのが、ちょうど今から2年前なんで(ずをコンの時でしたね、、、)
ほとんどの方が、最初の記事は覚えてらっしゃらないかと?思いますが、、、


なにはともかく、、、、、、、、、、、、
全国の「ぷるぷる中毒」の皆様、、、
長いこと、お待たせしました!!
じっくりと、お楽しみくださいませ!!


今回の画像の中に、、、、、、、
あなたの「NEXT」が見つかりますように、、、、














プロトタイプゼータ<NEXT>最終回





ZZZ002-puroto.jpg


 そもそも、、、、
この「プロトタイプゼータ」って何???!

実在したのか?しないのか?
製作されたのか?机上の図面どまりなのか?何も分からない謎のMS、、、、



1度も映像化されたことも無く、非常にマイナーな存在で、、、
Z-MSVシリーズの中でも、とりわけ「蜃気楼」のような存在、、、、、
データ上(後付設定)によれば、、、

月面に有る「アナハイムエレクトロニクス」社と
エゥーゴと共同立案されたガンダム開発計画「Z計画」で製造された
プロトタイプZガンダムの1号機で、ムーバブル・フレーム技術が完成していなかった為、
機体をブロックごとに分割・製造し生産性や効率を上げる為に独自開発した
ブロック・ビルドアップ構造を採用して性能要求を達成しようとしていた機体で、
可変機構の採用も考慮されていなかった。


と、言う事で、、、、、、、、、、、、、
今回は、「ムーバブル・フレーム」以前の構造として、兄さん独自の
モノコックフレームを採用してみました、、、


それと、、、、、、、、、、、、


この1号機は、初期開発時には、背中のランドセルにあるウィングバインダーは
機体の性能情報収集のための機材が各種詰め込まれていたのであるが、、、
限界のスペック性能のテストベットっとして、ランドセルの2基のバーニア及び
リアアーマーにあった2基のバーニアを廃止し、大型のウィング型バーニアと
2基の巨大プロペラントタンクを搭載した、長距離運用も考慮に入れた、、
「Phase#2」(フェイズ2)として、その短い生涯を全うした、、、、


後に排出される「百式」などにそのデータは吸収され、歴史上は、表に出ない
これまた悲運のMSであった、、、、
(と、兄さんは設定を作り、製作を開始したのである、、、、、時に2012年秋)



非常に都合が良いことに、、、、
「ムーバブルフレーム」を使用していないと、言う事で、、、
限界まで、僕の趣味で、内部フレームをデザインしていきました、、、
ではでは、、、、、、、、、、、、
その異様な容姿をお楽しみくださいませ!!イヤン~~~!










全身像及び各パース画像



IMG_0941-001.jpg

<全身像「左側>

そうですね、、、、
今回は、久しぶりに初心に返り、、、、

完全固定の「立ち姿」のみで勝負してます!
胸部からの胴体、脚部に至る、「ウネリ」を感じていただけたら、、、、
うれしゅうございます!










IMG_0960-001.jpg

<全身像・側面>


















IMG_0963-001.jpg

<全身像・上パース後姿>

わずかにしか見えないのだが、、、、、、、、、、
バックパックのバーニアが廃止され、オレンジのフタがついてるのが
確認できるかと、、、、思います、、、(微妙な画像だね?イタタタタ笑!!)













IMG_0979-001.jpg

<全身像・横からのあおり>

最初の1枚目は無起動状態っぽく、、、、
目の部分にライティングを当ててなくて、4枚目の画像は、可動直前な感じの
目の部分が分かる、ライティングで撮影してみました、、、、


「目」の部分は、マゼンダゴールドと、言う光の加減で
「金色」や「赤色」に変色する塗料を使用してます!

メインカメラは、ターコイズブルーのような色味で仕上げてあり
クリアーブルーの上からクリアーイエローを重ねて塗って見たもの、、、
(ありそうでなかなか無い、感じの色を狙ってみました、、、)




では、せっかくなので、各種アングル画像をしばし、お楽しみください、、、、










IMG_0956-001.jpg









IMG_0971-001.jpg










IMG_0984-001.jpg










IMG_0966-001.jpg










IMG_1004-001.jpg



え???


たいがい、しつこい、、、、、、、、、、
(ですよねぇ~~!笑)



全部同じポーズなんで、飽きちゃいますよね、、、、
いちよう、書いておくと、、、
僕的には、2年も同居してた「相方」なんで、、、なんか「情」がわくっつうのか、、、
まぁ、、、


それはおいといて、、、、、、、、、、、


いらないとは思いますが、、、、
「細部画像」なんかも、、、少し、、、、、
(いや、無理に見てくださいとかは、、、言いません、、、、)



でも、、、、、、、、、、




ちょっとだけ見てってね、、、





(´◉◞౪◟◉)「いいですよね?奥さん」!!



















フルオープン画像/各所UP画像


IMG_1014-001.jpg

メンテナンスのため、胸部装甲を持ち上げてる画像、、、、
腕部も、同時に装甲をはずしてあり、内部調整を受けている状態、、、、、

以前にも書いたが、、、
僕は、こういう種類の特殊なMSは「データ収集」や繫盛に調整を受ける特性から
簡易的でクイックリーアジャスタブルな装甲を採用しています。
かなり頻繁にチューニングを施していたものと思われる、、、なんつって、、、ウフ






IMG_1019-001.jpg
















IMG_1033-001.jpg

あんまり、上手く撮れてませんが、、、、、
奇跡的に「しだれシイタケ」がなんとか撮影できましたので、一緒に掲載しておきます、、、

実物を見ていただかないと、非常に分かりにくいのですが、、、、
「シイタケ」が波のように、上下/前後に流れており、非常に美しいラインなのですが?
全く伝わりませんよね?!爆!!
(これでも頑張って撮影したんですが、、、、滝汗


本来なら、こういう撮影は「望遠」で撮り、後で画像加工すれば良い話なんですが、、、
ウチには望遠などという贅沢品はなく、ショボイ、デジカメ1台しかないので、、、
どうしても、「寄る」と陰になってしましいます、、、申し訳ナス











IMG_1041-001.jpg

コクピットハッチをOPENしてみました!!

ハッチのロック機構を再現すべく、、、ギリギリまで薄い「歯」をつけて
重厚な扉に見えるよう、、、に、、、



え?
なんですの??!







「首」の中に、、、



メカが見える???!





お客さん、ツウだねぇ~~~!!爆!!
そうとう「プルプル中毒」ですねぇ~!笑


そうなの、最初の製作記事にはふれてたんですが、、、、
誰も興味ないだろうと、はしょってた分の記事です、、、
(そんなとこに、誰も入れないだろうし、、、入れてもほとんど見えないしね、、爆!)











IMG_0934-001.jpg

(ありゃ?画像の字が間違えてるよ!!爆>スゥィングアームの間違いですね!笑)


つうわけで、、、、、、、


いちよう、はぶいた記事の解説しておきますと、、、、
そもそもが「首装甲」は、通常の半分の高さしかなく、、、、、
最初に作った首フレームに、あろうことか、、、、


バイクの後輪と同様な「スィングアーム式」のフレームを組んだため、、、
後で、慌てて、装甲の前後を8mmも延長したと言うバカな話なんですが、、、
これは、依頼者である持ち主の方と、僕しか見られない、首のフレームの可動で
実際に見ると、かなり驚くと思います、、、、
(かんなり、かっちょいいのですが、、、、動画とかはウチ無理なんで、、、汗)


首のね、後ろからヘルメット覗くと、、、、
中にスィングアームのオレンジのトーションバーが見えて、非常にシャレオツな感じ
に仕上がってます!!



最初に記載した通り、、、、
超特殊なモノコックフレームの開発に血道を上げておりました、、、、
やってみたい人は、どんどんパクってあげてください!!
兄さんもウホウホ喜びます!



それと、、、、重複になるのですが、、、、、、、、、、
いちよう記録なんで、、、
脚やバックパックの画像も見てくれたら、、、、嬉しいでございます、、、









IMG_1038-001.jpg

以前にも見せた、脚部カバーをはずした内部フレーム構造です、、、

非常に複雑な多重構造のフレーム内部に、さらにメカフレームを閉じ込め、、、
究極のフレームとしてみました、、、、
これも、誰かがマネてくれたらもう~ビンビンに嬉しいっす!!









IMG_1050-001.jpg


それと、この前、公開したランドセルのエンジン基部のフレームワーク画像!

もう~~~2度とやりたくない工作のひとつなんですが、、、
アホみたいにタイトで、内壁も同時に加工して着色しながら取り付けていくため、、
指が入らなくて、マジで苦労した部分です、、、、











IMG_1054-001.jpg

最後に、荒川センセにお褒めいただけました、、、
究極の「バリカンディテール」を駆使した、スリッパ裏の丸出しのフレームです、、、

たぶんね、、、、
なんで?装甲つけてないの?って質問あると困るんで、、、
書いておくと、、、、

なんかレトロな感じがすきなんです!!
今のたとえば、スーパーカーなどは、背面にもカバーがついてたりするんですが、、、
古い車の下から覗いた「剥き出しの内部」が個人的にたまらなくそそるんです!
(こういう特殊な病気なんですよね、、、アタシは、、、、


まぁ、ま、撮り直しとはいえ、重複画像にも、お付き合いいただき本当に
ありがとうございました!!



製作にご協力いただきました、、、、

「ハハル」「拳王氏」「百ちゃん」「アキヤマファクトリー」ならびに
製作中、たくさんの励ましをいただきました「中毒患者」の皆様、、、
無事、本日「ロールアウト」しましたので、ここにご報告させていただきます!!


                                         兄さん





ではでは、、、、、
いよいよ、2日後は、会場で「生で」ご覧下さい!!
皆様のたくさんのご来場、心よりお待ち申し上げております、、、、、、、、、、、、、、、、、










ほいじゃ~~~のぉ~~~!!!

あさって、会うべぇ~!!!







IMG_1044-001.jpg























FC2 Management
category
プロトゼータ「NEXT」

■「展示会を100倍楽しむ方法!!」

「展示会を百倍楽しむ方法」!!







 どもん~~~!!
皆様、いよいよです!


いよいよ、あと7日で、「第1回 千葉しぼり 展示会」が開催されます、、、

<10月25日(土曜日)です!皆様、くれぐれもよろしくお願いいたします!>


ZZZKM-sibori-09.jpg





詳細はコチラ(クリックGOGO!!)





ほいで、、、、、、、、、
今回は、お越しになる皆様へ
兄さんからの余計なアドバイス、、、、、、、、、
を、、、ひとつ、ふたつ、、、




「展示会を100倍楽しむ方法!!」



と、言うのを書いてみます、、、、、、、、、
(勿論、あくまでも僕の私見ですので、軽く読み流してください!!)





まず、、、、、
当日、観覧するに当たり「必要なモノ」を書いておきますと、、、、、、、、、



A) 名刺


B) 完成品


C) 作業中の作品


D) 模型誌などの別冊やムック本








と、おおむね4種類なんですが、、、、
(A)の名刺ですが、、
この日記をお読みのコアな皆様なら「模型用の名刺」をご存知だと思いますが、、、
ビギナーや初心者の方で、お越しになられるお客様の中で、展示会やオフ会に
参加経験が無い皆様方もおいでになるとおもいますので、、、
「名刺」から解説します、、、





お仕事で使われている「業務用の名刺」ではなく、、、、
模型の仲間に自分を「覚えてもらう」為の名刺が必要になります、、、
(無論、見学だけで、友達を作ろうと思われないのであれば話は別ですが、、、汗)
赤いMSに乗っている少佐もおっしゃってますが、、、
「チャンスは最大限に生かす!」
コレ、本当に大事でして、、、




今回、多くの心ある「プロモデラー様」のご協力により、、、
普段、皆さんがお会いになるのが難しい方々もお越しになられます、、、
そして、、、
その凄腕のモデラーさん達は、たいてい、たくさんの方々から挨拶を受けますが、、、
1日で、かなりの数のモデラーさんにご挨拶をいただきますので、、、
なかなか、「全部の挨拶を覚えている」のが大変なんですね、、、
なので、「模型用の名刺」を事前に用意しておくと、、、、
センセ方も短い挨拶しかできなくとも覚えてもらえたり、、、
自分の「ブログ」や「ツィッター」とつながれたりするチャンスが生まれます!


画像は、僕がいただいた名刺の一部ですが、、、




IMG_0918-001.jpg


友人の「10代目」氏や「DAITEN」氏、「たけぞう」氏、「雷後」氏などなど、、、
どの名刺も、分かりやすく大きく作品がアピールされております、、、
(凄く、分かりやすい&カッチョイイでしょ?!




新しく友人と出会ったり、有名なモデラーさんやセンセ方にご挨拶したりする場合、、
こうした、「分かりやすい名刺」は効果絶大です!!
もし、、、
展示会に、作品を見に来て、、、、
仲間ができても、その日は、物凄くたくさんのモデラーさんが集まり挨拶を交わしますので
あとで、ごっちゃになったり、誰と話したか?忘れたりとかもろもろあります、、、


お時間があり、用意できるのであれば、上画像のような、分かりやすい「模型用名刺」を
ご用意されると展示会が、、、その後が、、、楽しくなると思います!!







次に(B)の作品ですが、、、、

今回の展示会は、作品展示の卓以外に、、、
皆様の交流がスムーズに楽しめるよう、サイドテーブルをご用意いたしました、、、
なので、、、
「梱包が楽な完成品」
の模型をお持ちになると良いかと思います!!
(出すのもしまうのも<楽>なヤツね!)


なんせ、この世界は、まずは「作品ありき」な世界です、、、
言葉よりも作品が、その作者を物語りますので、テーブルの上の会話もはずみます!!
ただし、、、、、、、、、、
テーブルでの「作品の出しっぱなし」はNGなので、ある程度、お話がはずんだところで
作品はしまってくださいますようご協力下さい!
(展示会場は多くの皆さんが平等に楽しまれる「場」であると忘れないようにね!








それから、、、、


ご歓談卓での「完成作品」の見せ合いっこ

において、、、、、


「版権許可」が無い<海賊版>及び


<ニセモノ>の持込みは、その一切を


硬くお断りいたします!!!






※我々「千葉しぼり」メンバー一同は、いかなる理由があっても「海賊版」並びに
「ニセモノのコピー商品」を認めておりません、、、、
大勢が集う、楽しい場面の空気を害する、これら一切の持込み並びに公開を
禁止します!!
(正規ディーラー品の粗悪コピー、B社プラモのコピー、
オリジナル造形と称し無版権で製造された商品等、、、、、)


知らないからとか、初心者だから「許される」等ではなく、常識”として認識
いただけますと、兄さんもとても助かります!!

ヤフオク等に出回る違法な「海外ガレキ」や、無許可での複製販売品などを
断固たる強い姿勢で、跳ね除けることに皆様のご協力をいただきたく、、、、
一方的なコチラ側からの「お願い」になりますが、ご理解を賜りたいと思います。

















次に(C)の「作業中の作品(又はパーツ)」

当日は、超有名なプロ原型師から各模型誌のライターさんなどがたくさんお見えになります、、、
勿論、そんな凄い人たちに聞くのは「恥ずかしい:バカにされる」とか、、、
感じる方も多いと思います、、、、、、

が、、、、、、、、、、、、、

実際は、真逆です!!
本物のプロモデラーさんこそ「心ある大人な方」が多く、、、
どんな質問でも、その方のレベルや経験地に合わせて「噛み砕いて」丁寧に
説明してくださる方がほとんどだと思います、、、、
しかも、直接、聞く事が出来る貴重なチャンスですので、全然気兼ねなく
分からないこと、、、、

例)
たとえば、工作中や自作パーツなどをお持ちになり、、、
「どうしてココはこういうふうに上手いこといかないのか?」とか
「ココの面を綺麗に出したい、ここの部分をこういうラインにしたいのですが、、?」
など、言葉のやりとりだけで聞くよりも、、、
ダイレクトにパーツを持ってきて、聞いちゃったほうが、説明する側も
聞く側も、分かりやすいし短時間ですみます!!


なかなか無いチャンスなので、「いやぁ、俺なんか、、、、」じゃなく、、、、
「恥」なんか一瞬です!それよりも「後(のち)の有効な時間」を重要視したほうが
僕は、絶対に「得」だと思いますよぉ~!!!
(兄さんなんか、いつも聞いてますよ!>しょっちゅうです!笑!)







最後に(D)模型誌などの「別冊」や「ムック本」ですが、、、
当日は、「MAXセンセ」や「WR荒川センセ」などたくさんお見えになりますので、、、
「サイン」をいただくのも良いと思いますし、、、
直接「本を開いて」、、、、
「ココはどうやって塗っているんですか?!」など、、、、
<ピンポイント>で質問することができます!!

例えば、イベントなどで会えても、なかなかそういうチャンスや距離的な問題があるでしょ?
でも展示会の場合は、凄く「聞きやすい」と思います!!








まぁ、、、、、、



泣いても笑っても、あと7日、、、、、、、、、、、、、、、
コンペ作品のほうも楽しみですし、僕たちも「額にスジ立てて頑張ってます!!爆!」
さぁ、、、、
ただ、遊びに行き作品を眺めるだけでなく、、、
せっかくの機会なので120%、エンジョイしちゃってください!!












ではでは、、、、、
来週のサザエさんですが、、、、、、、、、、、、、




いよいよ、「完成公開」!!
お待たせしました、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
「NEXT公開」にぜひっ、ご期待下さい!!、、、と、書いてみる、、、、、、、、
(大丈夫なのか?俺??!)















IMG_0928-001txet.jpg


<もう~!待ちきれない貴方に、、、ちょっとだけサービスショット!!イヤン~!>








ほいじゃ~~のぉ~~~!!!!





<追記>

「作品撮影のために三脚をお持ちになる観覧者様へ」

もしかしたら、当日、コチラの予想以上の混雑になった場合の話ですが
(そこまでの事態は、無いとは思いますが、、、、、汗)
恐らくは、作品の撮影されたい方がたくさんいると思います、、、
ですので、皆さんが平等に楽しめるよう、、、
「三脚」の使用をお断りするケースがあるかも?しれませんが?
その際には、「危険回避」のためですので、作品保護や皆さんで楽しめる展示会にするため、、
ご協力いただけますよう、事前にお願い申し上げます、、、
よろしくお願いいたします!!















category
未分類

■「10カウント開始!!」

「10日前、、、、」

 どもん~~!!
いよいよ、、、、残すところ、あと10日、、、、、


「10カウント」刻みに入りました、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


皆様、台風の中、いかがお過ごしでしょうか??!笑
(え?そうですよねぇ、、、塗装には厳しい状況下です、、、)



以前、僕がここで、「デッドラインはおよそ13日」がメド、、、と、書いたのは、、、
実は、こういうことです、、、、
そう、そうなんです、「模型の神様」は、常に<試練>をおあたえになる、、、
(いや、ぶっちゃけいらんがなぁ~んなぁもん!的な話ですが、、、笑)


えてして、こういうさしせまった状況の中、用意してたように「悪天候」が舞い降り、、、
あせりから、「急がねば、、、」の、、、、あまり、、、、、
「塗装」でかぶったり、最終組上げで、接着剤がはみ出たりと、、、、、
「神様の残酷な仕打ち」は、必ず用意周到に何故か?を起こします??!


上級者の方々は、こういう場合、心得ており、、、、
「急がば回れ」を選ぶのですが、、、
工作でも塗装でも、「近道」に見えるモノほど「危険度」は高く、ビギナーさんが陥りやすい「穴ぼこ」があり、、
実は、冷静に判断すれば、「待たされてる」その時間に、最終工程までの<再チェック>を脳内でおこない
最後のわずかな時間、頭に描いたラインを追うのが「得策」だったりします、、、、、



今、動けないなら、その時間に「イライラ」するのではなく、無理に「押す」のでもなく、、、
出来る限り、有効に時間と脳みそを使うのが、ベスト!!!
展示会やコンテスト慣れしてるモデラーならともかく、なかなか慣れてないのが普通です、、、
なので、業を煮やしてあせる事が、ないよう、、、あえて、注意を促しておきますね!!
(スイマセン、クソ生意気な文章で、、、、滝汗)

☆あせりは禁物!!>危ないですよ~!!


あ!!


忘れてた!!


重要事項!!








現在、「千葉しぼり展示会」一般参加卓のエントリーされておられます皆様へ、、、、、

出品作品の「作品カード」製作に関する<ご案内>が、千葉しぼりHPの
「イベント」ページ欄にて、閲覧できるようになってます!!
いちよう、ウチでも予備のカードの用意はしておきますが、、、、

当日の朝、バタバタにならないよう、、、、
各自出品者による「事前用意」ご協力いただけますと助かります!!
よろしくお願いいたします!!
ココをクリックGOGO!!)








「私事(わたくしごと)」、、、、


 まぁ、展示会の話は、いったん置いといて、、、、
最近の兄さんお話なんかも少々、、、

実は、先週の土曜日11日は、ももちゃんの「運動会」の日でして、、、、
その前の晩の話、、、、



も「パパ明日は、これそうなの??」


兄さん「ん?なんで、勿論応援に行くぞ!!ママと!」




も「パパ、最近お仕事忙しそうだったから、、、、

「良かった!明日頑張るよ!」



痛烈に、きました、、、、、、、
僕は、普通のサラリーマンのパパとは違い、普段から在宅してるため、ほとんど「ももちゃん」と過ごすことが多いのですが、確かに、先週は、部屋にこもっていて、なかなか相手をしてあげられず、、、、
自分のことで精一杯だったんですが、、、、


これが、普通なら、普通の話なんですが、、、、
家で仕事してると、やっぱり娘はおもしろくないらしく、、、、、
保育園帰宅後は、なるべく就寝するまで一緒にいる努力はしているのですが、、、
製作がつまってくると、なかなかねぇ、、、、



恐らくは、本人的には、半分諦めていた様子で、、、
僕が運動会にいけると知ると、「パパ嬉しくて興奮する!眠れないよ!!」とか、、、
言われると、、、逆に辛くなってきちゃいます、、、笑
(パパモデラーさんは、みんなそういうの色々なケースで背負ってると思いますが。)


まぁ、、、、、
書いちゃえば、単なる愚痴なんですが、、、、、
手の遅い自分を呪うしかない感じでして、、、笑、、、、、
あえて言いますが、、、、
全国のパパモデラーの皆さん、頑張りましょう~!!そして、、、、
できれば、将来、小学生に上がったら、「夏休みの宿題」を僕のところに持ってこないよう、、、
近所のおいなりさんに今から、200万回頼む兄さんでした、、、


おしまい、、、、










「ザ・戦闘モード2”」




と、言うわけで、、、(いや、つながってないじゃん!とか言わないの、、、笑)

前回記事の続編「戦闘モード」を少し書いてみます、、、、、、、、、、、、、、




前回、心配してた「ごえもん」さんは、無事サフまでいきついてるらしく、、、
(良かったね~ごえもんさん!応援してますよ!)


o0531084213092959021-001.jpg

と、言う感じで、、、
1枚貼り付けておきました!
ウン、ほぼほぼ形状でてるんじゃないですかねぇ?

現在だと「920氏」作のかっちょいい「ペズン・ドワッジ」がMGで公開され話題を呼んでますが、、、
(あれも、かっちょよかったですよねぇ~!!ジュル)

果たして、「ごえもん」さんのドワッジは何色になるのか?
乞うご期待的な、、、、イヤン~!!!








続きまして、、、、、




DSC00695_convert_20140809132411.jpg

めがっさ美しい「テラサワ」氏のガンダム!!
配色にかなり思考したらしく、極めてめずらしい色合いのガンダムとなってます!
(セブンイレブンカラーではないっ!>たぶん勘違いする人いるよね?笑)
実際、細かな改修が施されてて、非常に「テラサワ」氏の色が強烈に臭い立つ感じです、、、


芸風と言うとあれだが、、、
細かい「穴あけ」の箇所の「事後処理」が、以前にもまして格段にレベルUPしており、、、
塗装とケンカしないよう、最善の配慮がなされているのが見てとれます、、、、
コレも生展示楽しみです!!








そして、、、



22326-003.jpg

「ゼッツー」さんのフルアーマーバンシィ!
これも、最近MGで拝見いたしました、、、、、
あくのある雰囲気で全体の黒に対する「金色」のデカールが凄くはえてて、、、
何か通常版のバンシィとは亜種な感じに仕上がってました!

できれば、展示会当日までに、「展示台座」を塗装するとか、、、
もひとつ、個性を見たいとか、、、キボンヌ!
(せっかくの作品なので、出来るだけ良い展示で拝見したいなぁ、、、なんてね!ウフ)






そして、出た!
「俺専用機」!!







IMG_5336-001.jpg


「ぶちゃらてぃ」氏のオリジナルズダ!!
最初見た瞬間、、、、

「うわぁ、、、コレ、GBFのテキサス舞台ならどんぴだなぁ?!」な感じ、、、ウフ

なんでしょう、この「テキサス臭」プンプンな、思わず右手の小指と人差し指を立てたくなる感じ!(笑)
既に、全貌が公開されているが、このマントの下の構造も凝ってましたねぇ~!
F.S.Sのアシュラを思わせる、複雑な機構に感動!!
早く実物が見たいです!!






そして、「RRM」第三の漢、、、、、、、、、、、
Mrウェザリング!いや、、、、、MrドライブラシことM’s氏!!









o0425064013085418005.jpg

今回のも、非常に微細なドライブラシが際立つ、玄人好みの仕上がり!!
「ゲム・キャノン」!!

毎度、毎度、巧みな塗装術と、美しい加工技巧が融合したハイレベルな作品を生み出し、独特の世界観を見せてくれる、僕の大好きな作風です!!
(ちょっと盾が傾いてるが?当日までになんとかしてくれるでしょう!笑)


たぶん、見るからに重そうですが?この重厚感たっぷりな盾、、、
>なにげ、ココも大好きポイントなんですが、、、ウフ
GMは本来>弱い>やられ役>でも量産機大好き、、、、な、感じが伝わる!
(やっぱ、せめて盾ぐらいはガンダムの2倍厚を持たせてあげたいよねぇ~!実際!爆)






そして「RRM」と言えば、、、、、、、、
マッチョでムキムキ、、、なあの人は、、、、、、、、

「今」ココナウ!   笑、、、、ナウって、、、







o0480064013088873291.jpg

 フンヌッ!!
と、仁王立ちの「maichiジオ」!!

果たして、間に合うんでしょうか?!笑
ココからさらなる、「攻め」も見せちゃうんでしょうか?(いや、無茶振り杉ですね!笑)

なんにしても「タダ」じゃころばない人なんで、、、
兄さんは、超~期待してますお!



あ!!



期待してる、、、、と言えば、、、、、
もう、業界通なら誰でもがこの人を上げる、、、、、、、、、、
超期待の星、、、



「Mr,MkⅢ」こと、、、


ネットでの最重要人物!!



「亜大」さん!!









o0640048013090039246.jpg

いや、、、、、、、、、、間に合う、、、、のか?ココから????
いや、間に合うんです!!>彼なら大丈夫!!
(何の根拠も無く、書いてますが、何か??笑)


画像では、フルアーマー化途中の画像らしいのですが?
本番では、アーマーは間に合わないが、「中の人」は、とんでもなくかっちょいいのが
(ですよね?亜大さん、、、で、、、、、いいんですよね?)
展示会当日には、お目見えするそうですので、、、
僕は、信じてますよ、、、、「亜大」さん!!





「と、書いていいんですよね?」




(´◉◞౪◟◉)「亜大」さん??!



いや、、、、、、、、、、、
正しくは「阿大さん」だからねぇ、、、、、爆!!






あ!そうそう、、、、、、、、、、、
北海道からの参加のDOOVA君は、「グフR35」をひっさげて
来日するそうなので、これにも期待してます!!>で、、、いいんですよね?DOOVA君?


しか~も!
独特の「R35」なんです!!、、、、と、書いて、、、、、、、、いいんですよね?DOOVA君?笑
(マジで期待してます!<業界一レトロな?R35>必見でしょうねぇ~!!




北海道の正反対、、、
は「HMC」(広島モデリングクラブ)の「MAC+」さんも参加と言う事なんですが?
(同姓同名じゃないよね???)

何も情報が無く、連絡も無いのですが、、、、、



たぶん、、、、
「このハイニュー」で、いいのかなぁ????








tumblr_nc9zlzTyQg1r6vcpyo1_r1_500-001.jpg

うん、違ってたら連絡下さい!!
速攻で画像の差し替えしますので、、、、汗


MACさんとは、「千葉しぼり」オフで数年前に会って以来なんですが、、、、
本当、長くブログやってると、こうしてまためぐり会えたりするんで、、
「人の縁」とは、ホント、妙なものです??!笑

「広島」は九州じゃねぇ~!ボケナス!!
と、言う事で、、、、スイマセン、寝不足に忙殺され、意味不な記事があがり
恐縮です、、、、
(記事チェックがおこたり、気分を害した皆様申し訳ございません!







そして、新潟展示会でお世話になりました、、、、、
「拓さん」のケンプ、、、、(激エロです!爆)








DSCF5014.jpg

いやぁ、、、、
危うく「見逃す」トコでした、、、、、滝汗

ギリ掲載に間に合って良かった!!>取り急ぎ追記!
なかなか画像上がらなかったんで、心配してたんですが、、、、、
めちゃくちゃかっちょいいじゃないすかぁ~~!!ウン!

新潟モデラーの期待を一身に背負う大きな背中を感じます、、、、ウフン
肩から腕部ラインにかけてのつなぎ(ライン)の上手さにうなりました~!!
当日、楽しみにしてます!!








「え?!」



「なんですか???」






お前のは、どうしたのか???!、、、、、、、、、、ですか?


ウフン、皆さん、見たいんでしょうか??ウフン



まぁ、しいて言うなら、まだ「出来てません!」汗

現状だと、コーションデカルを貼り、乾燥待ちな感じ、、、、

それと、今回も友人の百太郎氏にお願いして、デカルを製作していただきまして、、、
現在、それの到着待ちな感じです、、、、

ん?
「どんなデカル」か?ですか???
いや、普通ですよ、、、、いたって普通な感じです、、、、、


そういえば、思い出した!!

「次号を待て!!」とか書いてたくせに、、、、、、、、、
「コンクリート」の塗り方の解説、、、、




ではでは、、、、
お待たせしました!!
今回の「ビギナーズ講座」は、久しぶりの「塗装講座」!!
(まぁ、初心者向けなんで、たいした内容ではないですが、、、)


模型誌にはなかなか書いてない部分を含め、楽しんでいただければと思います!!














「展示会用の台座」製作記事


 んまぁ、「展示会用」と言っても、各種、表現は様々なんですが、、、、??!


写真審査のコンテストなどとは、違う、「生展示」における、基本事項をいくつか踏まえて
解説しておきますので、ビギナーの人は、必見よぉ~ん!!




今回、台座は、いつものように、、、
近場のホームセンターにて、道具箱(だと思う)を購入、今回は、木製のものを選択!
当然、この時点で、、、
木箱に塗る「ニス」(水性)も購入!!
(水性ニスは速乾性ですので、非常にお手軽!)

■本日のビギナーズ講座その1

まずね、生展示において大切なことは「高さ」をかせぐこと!!
特に、展示会での生展示は、事務机が基本ですので、高さはどこの会場でもだいたい同じ
と、、、、覚えておきましょう(特例はこの場合、除く)

なので、高さの有る「木箱」、それを裏返して、使います、、、、
速乾性のニスは、お外で、新聞紙広げて、ペタペタと塗り、1日待てはほぼ大丈夫!!


今回は、「テーマ」を決め製作、、、、、


タイトルは「はじまりの日」、、、、
裏テーマで<終焉の遺言>と、して見ました、、、、、、、、、、、、、、



舞台は、月面にあるアナハイムエレクトロニクス本社すぐ脇にある
新型MS開発工場「ワークス」内のとある一郭、、、、

GPシリーズをはじめ、各種アナハイムの新型MS製作指揮をしてきた、、、
「カイリー教授」は、実は、Zプラン着工の際、新しく立てられたこのファクトリー建設の際、
密かに、その工場床に、「遺書」を残したのである、、、、
恐らくは、通常時間外にこっそりと、外注に依頼したその文章は、ファクトリー床に密かに
誰にも、気づかれず、隠されていたのでしょう、、、、


それが、ある日、ひょんな事故から、アナハイム社長を通じて、連邦側にもれてしまい
博士は、その文章から「国家反逆罪」を問われ、銃殺されてしまう、、、
偶発的に起きた悲劇だが、MS可動実験中に、床面に強打したMSにより、博士の
悲痛とも取れる「心の叫び」が、そこに露呈してしまう、、、、

文章を要約すると、、、、、、、、、、、、、


「はじまりの日」
こんな恐ろしいものが、この世に放たれる、、、、、
果たしてこの先、世界は、どうなるのであろうか?
出来うるなら、この悪魔の産物を封印してしまうのが
後世のためであろうが、、、、、
私にそれを止めることはできない、、、、



的な、文面であり、、、、
博士の内面的な苦行が記されていた、、、、、、、、、、、
これを知ったティターンズのバスク・オム大佐がほっておくハズもなく、、、、
彼は、簡易裁判の果て、墓標も無い宇宙のデブリとなる、、、、

と、言う感じの構想です、、、、
(すいません、説明が長くて、、、、、、滝汗






で、「床面」のデザインは、この前見に行った「どろ☆オフ」展示会にて、衝撃を受けた
空母の甲板デザインを参考に、真似させていただいたのですが、、、
(その時、見た甲板の作りは尋常じゃなくかっちょよくて、劣化コピーにもなってませんが、、



ぐに、「アキヤマファクトリー」に連絡して、、、、
デザインを相談し、文字(レター部位)を含めて、彫っていただきました!!

(興味がある方は、クリックGOGO!!)

■ビギナーズ講座その2
 今回のように、時間がなく、ギリの場合、僕のように業者さんに外注するのも手です!
(アキヤマファクトリーでは、こうした相談にも親切丁寧に対応していただけますよ!!)
勿論、時間があるなら、自作でも可能だと思います、、、
その辺は、自分の持ち時間とテーマを思考して決めるといいかと思います!!


出来上がった、「床」を、裏返した道具箱に貼り、基本塗装をしたのがコチラ







IMG_0879-001.jpg


ごらんのように、微妙に「床面」に陰影をつけて、塗装してます、、、、
はがれて壊れた床面下のコンクリも着色済みのモノをさしてます。
基本塗装後、すぐさまデカルも貼り乾燥後、フラットクリアーを重ねて段差処理をしておきます。

☆ココまでの作業が、「下ごしらえ」と言う段階です、、、、
 本番前の準備は入念にね!!笑





で、、、、、、、、、、、、、、、、
「本題は」ここからですよね?!



まず、コンクリの「表現」から、、、、、、、、、、、



これが、前回の記事の最後に載せた画像、、、、、、、、

IMG_0878-002.jpg


で、単なる、文字を打ち込んだ、0.5mmプラ板を
どうのようにして、コンクリに見せていくか?なんですが?


大事なのは、実物をよぉく見て、<特徴>を把握することから始めます、、、、、、、




IMG_0914-001.jpg

上の画像で解説していくと、、、、、、、、、



①番の部位は、コンクリに「気泡」が入り、そこがランダムに穴あき状態になる事を見せてます。
で、穴は真円ではなく、楕円状態になるので、ピンバイスで開口後、カッターでいびつにしていいきます、、、
ほんで、、、、、、、、、、、
この作業のミソは、「表面」ではなく、「裏返して」作業するのがミソ!!
人間は本能的に、規則性をさけても、綺麗な文字配列を見ながら作業してしまうと、おのずと
ランダムに作業してるつもりが、いつのまにか規則的な模様がつらなる
わざとらしい感じになるのが普通なのね、、、「人」本来の生理的なモノで。
なので、裏返して、文字配列を全く無視して、適当な箇所に、開けるのが良いわけです、、、、


②番のとこは、コンクリを流す際に、はめる「型枠」のあとをつけてます、、、、
これも、①番同様、ピンバイスで穴をあけるのですが、、、、、、、
実物は、表面張力の関係で、微妙にフチの周りが盛り上がってます、なので、開口後、裏からプラ板を接着後、
穴に流し込み接着剤を大量に流して、3秒ほどおいてから、麺棒でクルっと上から力入れて回すと
穴のフチが、ほんの少し持ち上がります!これで、かなりリアルな「型枠跡」ができるわけです。


③番のトコは、コンクリ特有のザラついた表面の表現で、、、、
よく、ザクやドムに使う「鋳造表現」と同様、溶きパテにて、表現していきます。
僕は、溶きパテを塗布後、作業机の周りにある、プラカスの小さいのを筆で拾い、そのまんま溶きパテと
一緒に塗りこんでしまいます。



あと、着色ですが、、、、、、

僕は、Mrカラーの13番のニュートラルグレーで塗装して、それに少し白を加えながら、薄くした塗料で、
ドライブラシしていき、全体に陰影を付けてから、シャバシャバに解いたタミヤエナメルのフラットベースを
塗って仕上げてます。
フラットベースの希釈は、かなり難しく、自由に出したい加減にするには、3倍、5倍、10倍希釈を
何色か用意して、テストをしながら、自分好みの感じにしてます、、、
何倍希釈がベストだとは書きませんが、少なくとも3種類ぐらいは用意しておくと臨場感が出せます!
(要は、「フィルタリング」と呼ばれる塗装法ですが、これも奥が深く、熟練するとおもしろくなるよ!)





で、、、、、、、、






一番上の「基本塗装」が終わったところの「床面」に話を戻しますが、、、、、、、、、
本来の実物を鑑賞するなら、市場や車検場などの床面を画像保存するといいかも?!



よく、ガンダムジオラマなどで見かけますが?
「基本塗装」のとこで終わっているのが、大半なんですが?、、、、、、

勿論、しっかりと仕上げられてる作品もございますが、、、ガンプラの大半はライトユーザーさん主体
ですので、「より、ガンプラを深く楽しむ」手段の一つ、、、と、して解説していきます!
実物は、そんなに綺麗ではなく、単なる「陰影」表現では、「2D」感が強く
少しの手間で「3D」的立体感に仕上がるので、もし良ければ参考にしてみてください。


なので、「基本塗装」からの~を、説明していきますね!!



基本ベースが上がり、陰影をつけたら、、、、
フィルタリング作業に入るのですが、、、、
言葉で聞くと難しく感じますが、実際は、もっと簡単です!(と、書いておきますね)
僕は、今回はエナメル主体で塗装していきましたが、種類はたくさんあるので、自分がやりやすい方法を見つけるといいと思います!!







IMG_0908-001.jpg


IMG_0913-001.jpg

極部UPして見せた「床面」のフィルタリングによる表現、、、、

ほんで、僕のやりかたですが、、、、、、、、、
基本は、実物に準じて思考しながら、やってます、、、


つまり「汚れ」と言うのは、いくつもの層から出来上がっていて、、、、
単純に陰影を付けた塗装の上から、1層なすりつけても、そうは見えない!!と言う思考です。


ほこりや汚れ、油ジャミや、水アカとかの層は、何千時間もの凝縮で人間の目に映ります、、、
ただ、そこまでの時間を表現できませんので、4回ぐらいの「汚れ層」を作ります。


1、基本の陰影塗装が終了後、エナメルのグレーでフィルタリングし、アバウトにふき取る、、、、
そしたら、その上から、床面に使用した色を10倍希釈ぐらいで軽く塗ります、、、
その上から、いったんトップコートして、その「薄汚れ」を守ってあげます!
(この「トップコート」が重要、透明な層を重ねていきます!)

2、トップコートが乾燥後、1でやった手順を繰り返します、、、、

これを4回ほど繰り返していくと、、、、、、
うっすらと、汚れた層の下に透明な壁をはさんで汚れが残り、
よぉ~く見ると、何層にも汚れが重なり合い、実物の床汚れに
だんだんと近づいていきます!!
(汚れと汚れの「間」を塗膜の中に作り出し、立体的に見せていく!)


重要な手順は、「汚れの模様」が、さも人の手でやった「わざとらしさ」を消すため
同色の床色で、何度もギリギリまで消していくこと!
消したら、その「層」をトップコートして繰り返し、、、、
そのギリギリが重なると、本来の人間の目に映るような「汚れの効果が得られます、、、、

絵画の技法で、「印象派」と、言う種類があるのですが、、、、
それの表現に近い感じの、はっきりとはしない、微妙な線を見せていく感じです。
(油絵の技法ではなく、見え方の手法ね!!)











次に「ライン・デカル」の処理に関する2つの事例、、、、






一番最初に見せた「基本塗装」後、のデカルは、見ててあざといですよね?
いわゆる、、、、、

「ココに貼りましたよ」感満載で、オープン仕立ての駐車場みたいで、嫌ですよねぇ?!笑
(それこそ、おもちゃ屋さんのショーケース的な、、、、笑)


なので、そこにも着色していいきます!!









IMG_0911-001.jpg


デカルの「紅白ライン」は貼ったら、、、、
あらかじめ、カッターで細かくキズを入れていきます、場合によっては、部分的にヤスリも入れます。


次に、均等にならないよう、画像で説明すると、、、、
上に行くに従い、微妙に線が消えかけていく感じにしていきます、これは単純で、床と同色の塗料で
ラインもぼかしていく基本的な汚し、それと、一部、タイヤが擦れて当たったゴム汚れや、床の掃除での
水アカとかも、さきほど解説したタミヤエナメルでのフラットベースで表現していきます、、、、

重要なことは、、、、、、、、
こういう「ライン」は、実は、肉眼で見た場合、均等な明るさではなく、、、、
場所場所で、消えかけてたり、薄汚れてたり、「明度」が変わります!
それをいかにして、自然にぼかしていくか??!
と、言う解釈で、工場とかの床にあるラインを観察すると理解できてきます。









1本のデカルを単純に貼り、終了、、、、、、では、なく、、、、
いかに、少ない「具材」を生かしていくのかが?ポイントになります!!









あと、今回、初めて挑戦した、「白線」のUp画像!!
イメージは、夏場、コインパーキング等で見る「溶けた白線」、、、、、、、、、、、、、、










IMG_0885-001.jpg

たまにですが、、、、、
夏のカンカン照りの駐車場で見る、溶けてジワジワな毛細血管が浮き出たような白線の汚れ、、、


この手の、表現で大事なのは、実物をガン見して、できるだけ正確に描写していくことなんですが、、、
本物の白線は、「外側」が残り、「中側」が消えていることが大半です、、、、
なので、今回も、スプレーはがしはやってますが、外側がはがれないようはがすのに苦労しました、、、笑


☆「溶けた白線」のやりかた

 最初に、デカルを後で塗る「白線」と違う角度で貼り、段差を消しておき、、、、、
次にデカルとは、違う角度で、今度は、床面をマスキングして「白線」を塗ります。
今回使用したのは、タミヤアクリルの「白」を筆で厚めに塗りました、、、、

15秒ほど待ち、半渇きの状態で、上からガムテープを貼り剥がしていきます、、、
次に、大量のツールウオッシュシンナーを吹き付けて、10分ほど待ちます、、、
すると、半渇きだったアクリル塗料が、シンナー成分と化学反応を起こし
まるで、「毛細血管」のように、ちじんでいきます、、、、

全体が乾燥したら、白線の端っこにクリアーイエローを塗り適度に薄く伸ばします、、、
(タミヤエナメルのクリアーイエローね)
最後に、床面と同色の塗料をしゃばしゃばに解いた塗料を全体にかけて完成です。




文字数にすると、多くなっちゃうので、大袈裟に感じますが?
実際には、そんなに手間はかからないかと思います!
今回のアクリル半渇き状態のシンナーぶっかけは、何度かテストして
偶発的に見つけたのですが、昔使ってた「クラッキングメディーム」とはと
逆の模様になり、塗料が割れて、ひび割れするのではなく、ちじんで固まり
血管の様になる、化学反応なので、おもしろいと思います!!





あ!
そうそう、タイトルはこんな感じ、、、、、







IMG_0905-001.jpg

アクリル板に彫られた文字が、なんか格調高くてかっこいい、、、
(ガンプラの台座なのに、、、、汗、、、、似合いませんね?笑)


これも「アキヤマフアクトリー」さんにお願いしたものです!!
(ご注文は、年中無休で受けてますので、興味のある人は、ぜひっ!!






ではでは、、、、、
ラストの10日間、楽しんでいきましょう~~!!











ほいじゃ~~のぉ~~~~!!!


今日のSP画像サービスは、「展示会」当日、審査もしていただく、、、
「WR荒川センセ」の作品!!
(ゲロカッチョイイ!!

「生展示ですよ!」「生」至近距離です!!(ジュル)


P6081269-001.jpg



いやぁ、、、、もう、待ちきれないでしょ?!

あとね、、、、「モデグラ」今月の25日発売号の◎◎、、、、、、、、、
「赤いMS」も、、、、、なんと、生展示されます!!みんなモデグラ買ってください!!1人5冊!爆!!
(めちゃくちゃ、かっちょいいのがくるらしいですよぉぉぉぉ~~ん!!)
>もうね、ヤバすぐる、、、、汗
「月刊誌の発売日」にその赤いのが展示される前代未聞の荒技!!爆!


>「赤いMS]とは?、、、、気になる人は、先月号の「予告」をダッシュでチェッ~~~ック!!!

マジでヤバイのが来るよぉ~~!!超絶な作品展示!至近距離で拝める
この機会(チャンス)を見逃すな!!








category
未分類

■「THE・戦闘モード!!」

「いよいよ10月突入直前!」





 どもん~!!
皆様、なかなか残暑が厳しく、朝と昼の温度差がアッチョンプリケな秋の頭、、、、
いかがお過ごしでしょうか??!
(あ!ブラックジャックは大好きです!ウフン)








え????





「いかがお過ごし」じゃねぇ~?!

ウフフフン



そう、、、、、




「お祭り」までのカウントダウンに




入りました!!クピッ!!




■初めて「ぷるぷる日記」を読まれる方へ
展示会の詳細はコチラ(クリックGOGO!!)






 普通に働いていらっしゃる方を基準でお話しますと、、、、、、

そうなんです、、、、
あと3回、、、、わずか「3回」しか土曜日は無く、、、、、
嫌がおうでも、拳王でも、羅王でも「展示会」の日がやってきます、、、、、


実際、模型製作における、トラブルは、得てして、、、、、
最終日のその「週」に何故か?起こる物で?!
(粋な模型の神様のはからいでしょうか?!>マジ勘弁してほしいですが、、、、)




実際に現実的に考慮すると、、、



「最終防衛ライン」が、、、、



恐らくは、13日がデッドラインと思われ



それ以降にもし?!




何らかの不慮の事故に遭遇した場合(デカルが割れる、塗装に水が入る)等、、、、
ほとんどギリギリの状態です、、、、、
願わくば、参加者全員の「トップコート」が、最終19日」までに上がるのを自分を含め
祈る他ありません、、、、



無論!!

既に完成し、王手を振って投降サイトに「名乗り」を上げた勇者も何名か?いましたが、、、
恐らくは、千葉しぼりメンバー含め、ギリチャンパ・パツパツ・パッチンな所だと思います、、、
さぁ、、、、、、、、、、、、、、、、
「幕は上がった、、、」、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
あとは、盛大に「その日」を楽しもうと思います!!(楽しみたいっ!>希望的観測ですが!ウフ)







ZZZKM-sibori-09.jpg


あ!!
あとね、、、、お知らせがもうひとつ、、、、、、、、、、、、、、、、、


展示会場である「東商センター」の入り口付近に、「赤い千葉しぼりジャンパー」の案内係が
2名、随時出ています、、、(3時ぐらいまで)

なので、会場のビルが当地で分からないことは無いと思います!
到着時、「何階」か?忘れても安心!!
スムース・インでございます!!


ちなみに、こんなの、、、、


IMG_0882-001.jpg



誰?

今、「めっちゃダサッ」とか、画面の前で言ったヤツ、、、、、、、、、、、
「ププッ」とかしたヤツ!!
まぁ、、、コレは、あくまでも「案内係」用の急遽用意したエセジャンなんで
あんまつっこまないでおくんなさいまし、、、
(いや、実際、見事にダサイなぁ、、、湘爆か!!




つうわけで、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
本番直前に、お届けする、、、
「超・豪華ラインナップ」!!
さぁ、、、









「お前の罪を数えろ!!」笑













「THE・戦闘モード!!」


 トップバッターは、、、、、、、、、、、、、、、
「ごえもん」さん、、、、
果たして、ごえもんセンセの「ドワッジ」は、完成までいきつくのか??!

o0336029913015462859.jpg

ここんとこブログ記事が止まってて少~し心配な兄さん、、、、イヤン~!

<CANTION>
ちなみに、今回掲載の画像は、ほとんど「無許可」にて掲載してます、、、
時間の都合上、全ての参加者様に承諾を得るのが難しく、ご理解賜りたく存じます、、、、
自分の画像は、はずしてください!もしくは、「俺のを掲載しろ」等あれば、ご一報下さい!
迅速に善処対応させていただきます。







そして、いきなり「天井画像」だが、、、、、



o0400053313050964308.jpg

ken16w氏の見事な「リバゥ」!!

実は、つい先日、埼玉の「八潮展示会」でお会いして久しぶりにお話したばかりなんですが、、
展示会にもかかわらず、あえて「温存」してくれた、その「心根」に兄さん感動~!
(ケンさん、お気遣いホントあざっす!)
これも生で見れるんですよねぇ~!クワァ~~!!
>実は、こそ~り、超至近距離で見せていただきました!素晴らしかったですよぉ~!本物は!
画像の20倍良いね!







そして、同じ展示会で見た、ジュンマツナガ氏の「アルパ!」



o0547044012996431959.jpg

これね、、、、、
実物、凄く良かった、、、、正直、画像で見た時は、、、、
ウ~~ン、、、と、言うのが僕の本音でしたが、本物は、すんごくいかったぁ~~!!
画像だと恐らくは「黒背景」が災いして、ピンが甘く、しかもどんよりしたイメージでしたが?
明るいところで見た実物は、とても清涼感のあるカッチリした感じでした!!






お次は、、、、





o0600045013066845565.jpg

お次は、、、、
旧友の「ガルマ・ザビコ」氏のフェネクス!
本人一押しの「金塗装」とのことで、生で見るのを楽しみにしています!!
既に完成し、臨戦態勢でしょうか?!

「さすがですね」(byマチルダ)




そして、、、、
これも楽しみ!





o0526075012996050984-001.jpg

「RYUA」氏製作のvガンダム・エスペランサ!
25日までにさらに「手が入る」とのことで、実物展示でのパフォーマンスに
期待しています!!
表現が適切か?あれだけど、、、
ホント、「意気の良い」作品!
やってやるぜぇ!な意気込みにあふれてて、勢いがありますねぇ~!





さらに、、、、





極めつけ、、、、
本当に楽しみにしてますが、、、、、、、、、、、、、



A_01_201408180630188dcs.jpg

dawa君の「ディジェ・カラバ」、、、、、
類まれなる「創作センス」とパーツに対する「選眼」の高さは、今一番とんがってる作品!

その独特のバランス感覚も勿論だが、、、
細かな技巧ウンヌンではなく、「空気感」・「存在感」を生で体現するのはホント楽しみです!
若いモデラーのほとばしる感性と鋭さは、「その時だけ」の瞬間的エネルギーですので
ホント、お時間があれば、皆さんも生でご覧になるのをお奨めします!


一切の「守り」を捨ててる、dwa君やRYUA君の作品を見てると
自分の若い頃に誰でもが重ねて「何か」を感じられるハズです、、、、、
(僕はね、、、こういう「いさぎいい」模型大好きですねぇ、、)








勿論、「いさぎよくない人」もたくさんいまして、、、、爆!!
若いモデラーにはない「粘り」そして「勝負事」に対する自分への厳しさ、、、
そういう大人、僕は好きなんですが、、、、





o0480064013077585430.jpg

恐らくは、自分の限界まで踏み込んで「チャレンジ」している作品ですよね?!
kitaさんの「サザビー」、、、、
考えうる全てを注ぎ込んでる、、、でも、、、まだ「足りない」、、、、
そう考え、、、、
最後まで自分をギリギリまで追い込む高い精神力で組上げた姿を「生」で見れるのも楽しみ!!
そして、限界をさらに超えていこうとする努力が形になった「THE」の付くサザビー、、、、
待ちきれませんねぇ、、、、ぜひっ、生で見たいです!




その「相対」する「形象」をなすモノ、、、、、、、、、、、、、



まるで、プラモをキャンバスのように、、、
縦横無尽に描きつくした、「作家魂」、、、、





o0480064013067958031.jpg

25日用「スペシャル・ファイヤー」に身をつつんだ、脅威のポテンシャル!!
「エム・ライブ」さんのファイヤーサザビー、、、、、

まぁ、、、、さすが「絵描き屋」と言うか、、、模型屋には無い別のベクトルで
自己表現の限りをつくした、「個」の人格の宿るサザビー、、、、
途中画像でありながら、、、体中から発散される「筆しぶき」にぷるぷるします!!
ぜひっ、生で拝ませていただきたい一品!!




さらに、、、、、
懇意にしていただいてます福島「RRM」から、、、、






img_8-001.jpg

ホカホカの完成画像、、、、
RRMのタミー氏による、オリジナルデザインの「デルタプラス」!!
さすがの展示である、、、、
僕は、この前、本人にお会いして、色々話したが、あえて「コレ」にはふれませんでしたが、、、
この1枚の画像から、タミーさんの懐の深さを感じ入りました、、、
(たぶん、分かる人は少ないと思いますけどね、、、、)

>「台座」の意味を本当に理解している、数少ないガンプラモデラー、、、、、







と、、、
まぁ、、、、「完成」もしくは、「完成に近い」作品を少し紹介させていただきましたが、、、、
どれもこれも、通常1度で集まることはまず無いであろう、「魔の巣窟」千葉しぼり、、、

模型はね、ホント、、、生で見ないと「何も」分かりません、、、、
どの作品もそうだが、作者の「誠実さ」「思い」「気合」「達成感」「表現」、、、、
ネットの画像なんかじゃ「何一つ」伝わらない、本物の模型の「力」を
ぜひっ、「肌」で体感して欲しいと思います、、、、





そして、「彷徨い」、、、苦しみながらも、、、
ゴォール目指して、今も全力で奮闘している、皆様、、、、、、、、、、





さきほどのタミーさんの友人、、、
いつも「豪快」「爽快」「直球勝負」なmaichi























o0480064013070997167.jpg


「あれ?!」





(´◉◞౪◟◉)「画像間違えちった、、、、」


いや、「あながち」遠くもないがな、、、、、爆!!
(エムさん画像拝借しました!あざっす!笑)







いえいえいえいえ、、、、めっそうもない、、、、
わざとだなんて、、、、そんなことしたら、あ~た、首折られますよ!
maichiは、いつも僕に優しいんです!ウフン




o0480064013082417201.jpg

昨日夜、、、、「大丈夫か?間に合わないなら、変えても問題ないよ、、、?」
と、言う僕にかぶせるように、、、「必ず仕上げます!!」
と、言う漢気で、いつものmaichi節をふるってくださいました、、、、

まぁ、、、
必ず「約束」を果たす男なんで、見せてくれるでしょうねぇ、、、
福島「RRM魂」を!!
(密かに応援してますよ!がんばれmaichi~~!!







と、言う感じで、ナイスなボケかまさせていただいたんで、、、、
続けます、、、、








o0480064013070224817.jpg

「ebichang」こと、エビちゃんのウィングガンダム!!
性分なんだと思いますが、本当に丁寧に進めてて、まるで「詰め将棋」のような模型!

思いつきや、場当たり的な感じではなく、1個ずつ確実にこなしていく様は、、、
kitaさんや、ken16w氏のような感性、、、、
見た感じジミ目なんですが、僕はこういう「まっすぐなの」も大好きです!

この模型は、本当は「誰のため」の模型なのかを、、、
ちゃんと感じられる、大人の模型だと思います、、、
正直、商売で作る兄さんのおちゃらけた模型と真逆であり、、、
紹介する僕自身、少し恥ずかしいのですが、、、、
趣味とは、、、、「評価」ではなく、「自分の相棒(プ)との対話」だと思いますよ、、、





そして、、、、


この人もまた、確実とか誠実なスタイルの代表格、、、




20140920175220421-001.jpg

ガンダムDXを製作中の「たけぞう」さん、、、
ハデさや、ケレン味ではなく、自分の思い描く「線」だけを一直線に見つめる先に
いつも驚いてます、、、最初から全くブレの無い方向性、、、
確実に1箇所ずつ、理想のラインをたたき出して見せてくれる実直なスタイル、、、

最近、製作に以前とは違う「幅」のようなモノを見れて、、、
実物での仕上がりにどういう風に出てくるのか?堅実+αの部分が楽しみな作品!
腰の重い作風は、学ちゃんのそれに似て、凄く魅力的です!!







それから、これぞ「正統派」な2人も紹介、、、、笑!!
なんせ、お題は「ガンダムビルドファイターズ」なのであるが、、、、
1個も「それらしいのが無く」、内心、マズイなぁ、、、
と心配していたが(笑)

さすが、のお2人、、、、






20140921204700ffb.jpg




IMG_1300-001.jpg

マイクさんの「キュベレイ・パピオン」&
カズヲの「ビルドストライク」!!

いやぁ、、、せめて、、主人公機があれば、、、と思っていたところ、、、
業界一気がきくモデラー「かずを」センセが、見事にチャレンジしてくれてます!!あざっす!
マイクさんのパピオンもオリジナリティーがあり、アニメ設定のものとは、全然違う感じで
どちらも、完成品楽しみです!!




そして、、、、、、、、、、、、、、、
今年の「オラザク」にも間に合わなかったのに、、、、
気合で25日に見せてくれるとのこと、、、、
脅威のオリジナル造形による「ZZ」!!





IMG_4978-001.jpg

フルスクラッチによる、造形でありながら、、、
変形合体もこなす、神造形、、、果たして、生展示に間に合うのか??!

もう~~、生で完成品見たいんですが、、、、
ホント、無理はしないでくださいね、、、
(前にも書いたが、体壊したら元も子もない話なんで、、、、)





それと、「俺も出たい!!」最終組で
「GBFコンペ」に来たエントリーラスト組から、一人紹介、、、、







NA0010-001.jpg

「@key」氏のサンボルガンダムを使用した、現代版「パーフェクトガンダム」!!
さすがの構成力で、実に上手い具合に細マッチョにまとめてきてて、、、
これも超楽しみ!!


この他、今回は載せ切れませんでしたが、、、、、
超改造師「HIDE-K」氏のサザビーや、北海道のDOOVA氏、、、、
さらには魔改造テラサワ氏のガンダム、拓さんのケンプファー、、、、
汚し塗装の鬼才M’s氏、隙の無いセンスが光るぶちゃらてぃさん、、、
旧キットの魔手Kein氏、超次元ミキシングのひやむぎさん、、、、
などなど、、、、数えてたらキリの無い、超濃厚なメンツが一同に会するのである!!
(ほとんど、模型誌のコンペで各賞に輝いてきたツワモノ達、、、、)




つうか、、、、




「ガンダムビルドファイターズ・コンペ」なのにだ???!!!笑







「特濃??!」


みんな何か勘違いしてない??!
「モデラーズサミット」?とか、たいそうなもんじゃないんで、、、笑!!

気楽に、模型を楽しむ展示会(お祭り)なんで、ホント、あと50%セーブしてください、、、爆!
(兄さんも見ててのけぞります、、、、滝汗、、、




まぁ、ま、盛り上がることは良い事なんで、、、、

ぜひっ、展示に参加する人も、楽しみに実物見学に来られる方々も、、、
このバカみたいなお祭りに「日々の疲れを忘れて」ひがな、楽しみましょう~!!
さぁ、、、、、、、、、、


「開場」までは、あと少し、、、、、


それとね、、、、、、、、、、
「予定」してたんだけど、どうしても都合が付かなくて、、、、
「間に合いませんでした!!」と、言う人もノープロブレムです!!

実際、コンペメンバーの「SVX」君は、間に合わないそうで、、、、
今回は、手持ちから、「SDドラッツエ」を持ってきてくれるそうで、、、、
(これも凄いんだけどねぇ~!実際問題!笑)




2012032420145130c-001.jpg

1ヶ月の残業時間が「100時間」越えてるそうで、、、、
まぁ、そういう厳しい時期も人間誰でもあります!
(病気や怪我など、体調もあるしね、、、、、)


そんなせちがらい世の中だけど、こうやって集まれるわけです、、、、、
楽しみましょう!!
「コンペ」も大切だし、「展示会」も大事なんだけど、、、、、


それよか「人」にあえる喜び、直接会って話せる喜びが、なによりも最高ですよ!!
みんな、当日は遠慮なく、色々なモデラーさんに話しかけてどんどんお友達作りましょう!


いつか、、、、
「とんでもない災害」がもし、きても、、、、
モデラーの仲間は、本当に心強いよ!!










今回も、長かった、、、、
でも半分も載せ切れなくてみんなゴメン!!
なんせ数が多い、、、、



それでは、次週のサザエさんですが、、、、、、、、、



「プロトタイプ・ゼータ」の展示台を公開します、、、、、
本体もね、大事、、、、、
武器や盾もね、、、
勿論、仕上げも大事、、、、、、
ただ、それ以上に、「台座」と「本体」は同じぐらい大事なの、、、、、(分かります?)


僕が竹谷センセの展示会で学んだのは、「台座」こそ、作者の人格が現れる
本当の部分だと言う事、、、、
「オマケ」とかじゃないと思います、、、、
料理とお皿は、同じ次元でだいじなんだと思います、、、、
それが「おもてなし」だと、自分に日々言い聞かせておりまする、、、、



友人の「アキヤマ君」にお願いして、、、
こんな「文章」をプラ板にタイプしていただきました、、、、、、




IMG_0881-001.jpg

これは、、、、
アナハイムのトップクリエイターである「カイリー博士」が残した遺書、、、、

果たして、どう使われるのか?
「プラ」が「コンクリ」に変貌する、その工程・技法に、もし興味があれば、、、、
0.5mmのプラ板を「コンクリート」に変貌させる錬金術にご期待下さい!!



展示会までに、あなたの「展示台座」も変わる、、、、かも?しれませんよね?!









ほいじゃぁ~~のぉ~~~!!!!





あせるな、、、、
次週を待て!!








IMG_0878-001.jpg
category
未分類

■「プロトタイプゼータ・NEXT」その8

大変長らくお待たんたせいたしました~~!!!




 どもん~~!!!
お久しぶりでございます!


プルプル中毒患者の皆様、毎日たくさんのご訪問本当にありがとうございます、、、、、
いよいよ、、、、
「プロトゼータ<NEXT>」のバックパック公開のお時間がまいりました、、、、
(実は、まだ途中なんですが、、、ご依頼者様のご希望もあり、少し急いで公開します!)



さて、、、、、、、、、、、、、
季節もようやく暑い暑い夏から~模型作りには最適な「秋」の到来、、、

当然、冬に向けて各種イベントも盛りだくさんなので、、、
工作記事の前に、少しイベントを紹介させていただきます、、、、




142c1e76d7a8636086d063b3ba10fc02-001.jpg

日本屈指の最強モデラーが集う、おなじみ「どろ☆オフ」さんの展示会が、いよいよ明日から公開!!
場所は、浅草橋駅にある「東商センター」です!

普段なかなか見ることが出来ない、驚愕の模型のオンパレードですので、、、、
「光の洪水」をあびてリフレッシュしたい方は、ぜひともお出かけ下さい!!
詳細はコチラ>クリックGOGO
2日間やってるから、じっくりと勉強できると思います!
ちなみに、僕は明日の土曜日に行きま~~す!
>告知が遅くなり、ホント、申し訳ございません、、、、、



そして、、、、、

今年も埼玉県八潮では、毎年恒例の展示会、、、、
「第5回埼玉プラモデルサミットin八潮」が開催される模様、、、、

詳細は、ポスターでご確認下さい!!


c4288242ae2543433e9a46c28680ff7f.jpg

飛び入りも自由に参加できるとの事、、、、
楽しい仲間を探しに、ちょっくら埼玉、、、いかがでしょか?!ウフン






そして、、、、
いつもお世話になっております、福島県の「RRM」の展示会も楽しみですよね~!!
(少し遠いんですが、、、笑!)


bbf0a38079d41ab8c0f389dc2e6b8ab5-001.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、各模型賞には、必ずからんでくるツワモノの集まりなので、、
見ごたえ満点の展示会となっておりまする!!

しかも、、、

近隣の「いかがわしいモデラー」も多数集結する、なんとも楽しみな展示会!!
今年の冬も、ホットな福島で熱くなりたいですねぇ~~!!いやん~



えっ?!

「前置き」が長い、、、、??!汗、、、、
いや、ほら、、、、モノには順序っつうのもありまして、、、、




お楽しみの製作講座、今回の超切れまくりな「ビギナーズ講座」てんこ盛りで
がっぽんがっぽんいきたいと思いまする~~!!!
皆の衆、準備はよろしいでしょうか?!
(あんまし、大袈裟に期待しないでくださいませ、、、、え?鼻から期待してない、、、



ですよねぇ~~!!!爆!




ほいじゃ、いくかのぉ、、、、、










「プロトタイプゼータ<NEXT>その8

 はい、、、、、、、、、、、、、
長らくお待たせしましたが、、、、、、、


実は、本日、最終組上げ時に最悪の事態に見舞われ、、、、、
(今週は、ずぅ~っとプロペラントタンクを製作してました、、、)
さぁ、、、
色ものったし、撮影すんべかなぁ、、、、と、、、、、、、、、、、最後にプロペラントタンクを基部につけるや、、、



ベキッ!!!



にぶい音がして、いきなしタンク基部が崩壊、、、、、
「やべっ!」
心のどこかで、何かが、、、、、、、「折れた」、、、、、、

通常のプラモであれば、もう1個買うって手もあるんですが、、、、
ほとんどタミヤ製なもんで、今日は朝から必死に頑張ったよ、、、おいら、、、、、(超涙目)



そんなこんなな楽しい製作!!ウフン

まぁ、そもそもなんで「プロペラントタンク」?!、、、、そんなの?設定に無いし???
(兄さん、いよいよ入院か?!みたいな、、、爆!)


ここで、今日の1発目のビギナーズ講座を書いておきますね、、、、、、、、、、、、、、





「世の中の隙間」について、、、、




あ!!


その前に画像だよね、、、、

はいはい、、、、、、、





これが、「自作プロペラントタンク」だよ~~~~ん!!ブヒ


IMG_0853-001.jpg

「ビギナーズ講座・その1」

えぇ~~、そうね、例えばね、、、、
本体や武器なんかだと、かなり皆さんも頑張っちゃうと思うんですよ、、、、加工にね、、、、ウン
でも、世の中見渡してみてどうでしょうか?
みんな同じですよね?!そういう「部分」
では、、、、

「他人様と<格差>をつけるにはどうすればいいのか?」

これ単純明快で「隙間」を狙えばいいのである!!
そう、現在では、各種ガンプラの模型の中に、プロペラントを含んだモデルもあり、かつ、、、
ビルダーズパーツやウェーブなどからもタンクが出ています、、、、
なので、、、、、、、、、、、
あえて、、、あえて、、、それらを利用せず、自分でこさえるのです!!


そういうのが、いわゆる「色」となって、自分の作品に他人と違う別の何かをプラスできるのです、、、
「銃」や「バズーカ」、「ガトリング」など自作記事をけっこう見かけます、、、
でも、、、、
あんまし無いんですよ、、、、「プロペラントタンク」って、、、、
しかも、単純な形なので、自分色も出しにくく、ちょっとハードル高いんですが、、、、
それが「個性」にもつながるので、いつも書いてますが、人がやらない工作:又は塗装:又は撮影を
頑張るのも、自分色を作る「成分」として重要となりますので、覚えておいて下さいまし!!


兄さんは今回大好きな「NASA」チックに仕上げてみました、、、
見るからに、宇宙空間用っと言う符号を各種入れて、大型バーニアを持つ「NEXT」に
少しだけ、実用可能な空気感を付加して見ますた、、、、


ほいで製作ですが、、、、


IMG_0832.jpg

いたって単純で、エバグリのプラパイプを細かく裁断しながら組み合わせてるだけのお手軽品!!
色分けのための、細かな分解なんですが、、、、、、、、、、、、、、、、、、
今、見つけた人!偉い!!

たいてい、この画像見たら、「トラス」に目がいくんですが、、、
組みあがりの真ん中の「ギザギザ」に気がいった人は、素敵でございます、、、、ウフ
(単純にエバグリのディテ入りプラ板を巻いただけなんですが、、、)

そうなんです、、
この「ディテ入り」プラ板、凄くクセモノで、厚みがあるので、普段は僕は薄くそいで使用するんですが、、、
せっかくの機会なんで、ビギナーさんで、薄くそげない人向けに、「秘技」を伝授しときましょう、、、

こういうのは、普通にまこうとすると、途中からパキパキ折れちゃいます、、、
また、以前紹介した「加圧圧着法」による、輪ゴムだと止め難い、セロテープで巻いてもお湯ではがれて上手い事いかない?!さぁ、、、どうする、、、、????








IMG_0831.jpg

そう、、、、
いらないペットボトルのキャップの中に、巻いて固定してお湯につけて煮込めばOKです!!
(3分ほどでOK、すぐに冷蔵庫に入れてちょんまげ、翌日には固まって型がついてます)

ビンや鉄棒などに巻けないなら、、、、、???
キャップにぶち込め!!都合の良い事になかには「ギザギザ」のネジが切れてて
ほとんどはずれることもないので、ストレスフリーで加熱ができますので、今後、何か必要があれば?
思い出してみてちょうだい!!
(これが本日のビギナーズ講座その2)



ほいで、、、、
そう気になるよね?あの「トラス」、、、、
(かな~り、細かいでしょ?)


IMG_0834.jpg

実寸で、つまようじより、少し太いぐらいな幅なので、、、
使えるところは、たくさんありそうなんですが、、、、、、、、、、、、、


実は、あまりお奨めな商品ではありませぬ!
これ、用途が「建築模型用」なため、細かなトラスの中にダボやキズが多く、、、、
(建築模型は、基本塗装しないので、表面がかなり粗いのよ、、、)


いちよう、商品はっておくけど、、、
けっこう加工が必要なんで、あんまし初心者向けなパーツではないかと思います、、、

IMG_0835.jpg


と、」いう事で、、、、、、、、、、、、、



「楽しい<前菜>も終わりましたので、、、


そろそろ、「ランドセル」の記事、いきましょうか、、、、、







ランドセルには名前があり、、、、
恥ずかしい中二なネーミングで、「イリュージョン」と言います!!キャハ

え?

そんな?!
消えたりとかはしませんよぉ、、、、勿論、、、、、
イリュージョンとは、翻訳で、「奇術」と言います、、、、、
(単語から受ける印象は、メディアが使う城が消えたり、人が消えたりなんですが、、、笑)





単純に「奇術」と言う意味ですお、、、、ウフ
シンプルにね、、、、
















「新技法イリュージョン」

 はい、、、、、

「イリュージョン」とは、バックパックの名称であり、技法でもあります、、、、
いったいどんな技法なのか?
(ここは飛ばして読んでもOKですが、読んでおくと、モノの作り方が変わります、、、重要!)


実は、「千葉しぼり」展示会にて、「NEXT」の公開許可が、依頼者様からいただけました、、、、
兄さんもね、色々考えあぐねました、、、、

そもそも、「展示会」と「コンテスト」は何が違うのか?!
「展示会」で多くの人に、理解してもらう?魔法の手法は無いか?!
例えば、自分を例にして考えて見て気づいたんですが、、、


まだ、アマチュアの頃、初めて購入した「タミヤプラ板」、、、、1枚、、、、、
1年たっても使い切りませんでしたよ、、、
(そもそも、どう使うのか?よく理解していませんでしたし、、、、笑)
これって、、、、、、、、、、、、
ビギナーや多くの初心者含む、模型製作未経験者も入れて考えると、、、、
観覧される大半の方が、そういう枠組になるんですが、、、、
「展示会」では、自分の加工技術なんて、何も役に立たないと、感じました、、、、、

要は、「雪」を知らない見たこと無い南国の人に、「雪」のなんたるかを説明するのと同様で、、、
いかにして、加工や改造、をしない人、又は、模型を組み立てたことが無い人に自然に
理解していただくのか??!
(ある意味、究極の課題なんですが、、、)
そもそもが、やってる事を少しでも理解いただきたくて、ブログ記事はじめたんですが、、、
なかなか伝わらないもどかしさ、、、もっと言うなら、自分のふがいなさ、、、文章足らず、、、



そこで、兄さん思いつきました!!ピカッ!



そもそもが、理解してもらうことを求めてるほうに無理があり、、、、、
プラ板工作や、粘土工作をしたことが無い人に、ダイレクトに伝わる手法、、、、
実は、それが2種あり、、、、

ひとつは「ハデさ」!!
デッカイ武器を大量に持たせる、又は、大きな翼を背負い込み、威圧感で見せる!!
現在の、ショップのコンテストなどでは、非常に多い単純な手法ですが、効果はテキメン!笑

そして、2つめが、、、、、、、、、、、、、
「色数」、、、、
しかも、お台場ガンダムのような、装甲毎に塗り分けるとかではなく、、、、


ありえない隙間にスジボリがあり?

ありえない箇所が塗り分けられていて、しかも多色で、、、



つまり、いくら、作ったことが無くても、、、、
プラ板工作したことがなくても、、、、

「これって????どうやって塗るのだろう???」
もしくは「どうすれば?こんなマスキングが可能になるのか?」

と、言う、、、、、
「作り方」とかではなく、見た人の「目」にダイレクトに伝わるよう、明確に色分けして加工する技法、、、
それが、、、「イリュージョン(奇術)」です、、、、


タバコ1本の半分の隙間に、広がる、広大な景色、、、、
いったいどうマスキングしていけば、こうなるのか?と、、、思われる(錯覚を誘う)、、、、、
そんな常識ハズレな部品構成を思考していく、組み立てかつ、作り出していく技法、、、




昔から言いますが、、、、、、、、、、、、、、、、、、、









(´◉◞౪◟◉)

「百聞は一見にしかず、、、、、、、、、」





















IMG_0856.jpg

<イリュージョン・全景>









そして、、、、「真横」と「真後ろ」、、、、


IMG_0858.jpg

IMG_0857.jpg


今から、簡潔に説明して行きますが、、、、
本体ではなく、両サイドのショルダーバインダー(アクティブバインダー?)のような羽根らしきパーツ、、、

ここを左右こさえるのに、何枚使用してるかと言うと、、、、、
24枚使用しています、、、、
無論、バインダーを形成する部位と各種テンプレートも含みますが、、、、
限界まで、細分化していくことで、通常の工程では不可能な「配色」を可能にしていきます、、、、


最初にこしらえたのが、、、、

本体基部、、、、
そこから、エンジンブロックをちゅちゅちゅっと箱組していき、、、、
超頑張った、両翼のショルダーバインダーを箱組していきましたが、、、、


IMG_0839.jpg




多重構造で、しかも色分けできるよう、、、、
「ふくらはぎ」でも見せた、「二重構造の箱組」をせいさくしていき、、、、







IMG_0840.jpg





中身になる箱組みのほうを、さらに分解可能にして、、、
「あじの開き」のように出来るよう、自作の各種ダボを細かく製作していきました、、、、






IMG_0841.jpg


この構造により、、、、
内部壁面、バーニア、バーニア床、途中のロッド等、それぞれをばらばらに塗り上げて、、
組み合わせながら、内部を塗装していき、出来たインナーパーツを装甲箱組にビタではめていきます、、、


と、、、、、、、、、、、、、、

さらさら書いていますが、、、、とんでもなく根性がいる作業なのですが、、、
そもそも、自分でプラモデルを開発してるような作業なので、一人で考え、一人で決断し、一人で設計していくのは、皆さんが画面でご覧になる、1.5倍は辛い作業でして、、、、笑
どう組み合わせていくか?誰も教えてくれませんし、どこにもそんな本は無いのです、、、、
でもね、、、、、
今日は、ビギナーさんにも、特別に「多重箱組」の原理を少~しだけ、解説しちゃいますよん!ウフン


冒頭、書いたが、、、、
そもそも、なんで左右の2つの箱組みに「24枚」もの側面が必要なのか???
(ちなみに、24枚とは、側面の枚数のことね”)


実は、多重箱組をする場合、少しずつ、面によって、大きさを小さくして組んでいきますが、、、
その際、基準板を元に、各種、板のサイズを確定していきます、、、、
それと、スジボリや、各種外付けのパーツ用テンプレートなども必要になるの、、、、


IMG_0849.jpg

代表的なのを少し解説しておくと、、、

①番が、内部のダボ位置用で、、、
②番が、スジボリ用
③番が、アウトアーマーの武器接続用ジョイント位置のアタリに使用してて、、、
④番は、いわずと知れた「元寸法」(一番肝心要)

この4種以外にも必要なんですが、、、(ゴメン、すてちった、、、、爆!)

つまり、24枚の側面と言うのは、必要工程数の中で、何にその板が使用されるのか?
により、変化しますが、設計初期に、自分の頭の中で、それ(加工手順)が無いといけないわけです。


ものすごく複雑な工程に見えるんですが、、、、
やり方さえわかれば、誰でも出来ますので、あとは、チャレンジあるのみです!!
たぶん、最初は覚えきれないので、、、、
いちいち、紙に書いて、忘れないようにしとくといいかも??!


それと、今回、「プラ板臭くらないよう」<C面>作りを頑張りました!!
実は、以前から、あの「BMCタガネ」で有名なスジボリ堂様から、新発売の「鬼切2」を
お預かりしてて、1度試して欲しい~!といわれていたんですが、、、、
今回の製作では本当に大活躍!!!

書いていいのか?分かりませんが、、、、、、
ぶっちゃけると、以前の「鬼切」とはまるで違う構造で、使用感は、どこにも無い感覚?!
僕はスキヤキのP2を愛用してるんですが、、、、
「鬼切2」は、普通のタン目ヤスリとは違い、段違いに刃が並んでて、ハズマリがしにくく
切った感じも非常にシャープです!
(個人的には、白いほうがお気に入り!!)


たまたま、友人のkeitaとも話す機会があり、お互いに意見が一致したんですが、、、、
「鬼切2」の最大の魅力は、、、、



「ストロークの短さ」にあり、、、、

(刃渡りの短さ!)


刃の短い用途に最適なのが、「C面処理」であります!!
非常にタイトなラインを削るので、ストロークが長いと、、、
慣れてない人は、すぐ「丸めちゃいます」!>パキッとした平面が出ず湾曲した面
でも、ストロークが短い「鬼切2」なら、かなり綺麗に「C面」が出せるんですよねぇ~!!
(小型なので、タイラーみたいにコントロールしやすい!)


IMG_0836.jpg


ビギナーの人は、良く「覚えて」おくといいですが、、、、
刃を動かす「幅」(ストローク)が大きければ大きいほど、、、
垂直に動かすのが難しくなるのが、ヤスリです、、、、

僕は、この商品を「C面」に使用してみましたが、今後、また最高の使い道を見つけたら、、、
すぐに皆さんにもお知らせいたしますね~!!
ともかく、よく切れる!!
さすがは信頼のブランドです!

あ!

HPをいちよう貼っておきますねぇ~!欲ちい人はゲッチュウゥ~~!!!
(ココね!よく見れ!爆!!






ほいでは、話が長いので、このへんで、、、、
背負いました画像なんか、、、ちらほら、、、、、
(つうか、仮組みとか出来ない状態なんで、各種パーツついてませんが、スイマセン、、、汗)







IMG_0860.jpg

IMG_0866.jpg



大雑把ですいませんが、、、、
まぁ、こんな感じなんですが、、、、、






さきほど書きました、、、
「百聞は一見にしかず」、、、、、
はい、、、、、
じっくりと、お楽しみくださいませ!!












まぁ、ウチの作品なんで、当然開きますよねぇ、、、、
ただ、以前と違い、今回の「NEXT」から、ともかくフレーム主体で見せる手法に
ご注目いただけますと兄さん嬉しゅうございマッスル







ここの幅が変態的にせまく、、、、、
もう、過去最強の難易度でした、、、、(死ぬかと思ったよ、、、爆!!)









IMG_0871.jpg






え??

よく見えない??!
ってぇひゃ~~~~~、しゃっちょさんも本当に好き好きなんだから、、、、、
しょうがねぇなぁ、、、、

>今、上の画像見て、、、、
「あ!箱の内側まで作られてる、、、、!!!」
と、気づいた人に、ガリガリ君のリッチ1本進呈!!爆!
そう、、、、
今回は、メカ部位のみならず、箱の壁面全てが出来ています、、、、、、、イヤン~!!!変態!









IMG_0872-001.jpg
IMG_0873-002.jpg

幅にして、およそ、、、、6mm、、、、、
わずか6mmの宇宙、、、、
これが最新のn.bloodフレーム!!

可動はポリ軸による、引き出し式で、1度上に持ち上げてから引き出すタイプです。
いかがでございましょうか?!
(とりあえず、形にだけはなりました、、、、)



いちよう加工画像も調子こいてのせておきますので、、、
パクリたい人が、ガンガンパクッてやりましょう~!!
(展示会で、お待ち申し上げておりまする、ウフン!





IMG_0842.jpg

部材は、場所でバラバラですが、、、、
おもに、0.3、0.5、1.0mmの3種のプラ板で構成されています、、、、







IMG_0843.jpg

中身のグザイをばらすとこんな感じです、、、、
スライド軸の部分は、いらないPCのランナーから切り出してます、。

そもそもの外の箱組自体が、非常にデリケートなラインでむずかったんですが、、、、
画像中央の真ん中の箱組は、変態箱組で、ヤスリかける際、マジでプルプルします、、、、滝汗



あ!そうそう、、、、、
けっこう適当にごちゃごちゃさせてるだけでしょ?
とか、よく思われてるんですが?笑
実は、外からは見えないが?
内部でかみ合う、箱内壁とか、ちゃ~んと、全て計算通り製作してますのん、、、
(まぁ、見えないんだけどね、、、、爆!!)


IMG_0847.jpg

右側の0.3mmの板が、内壁で、閉じたり開いたりする、「傾斜角」の遊びの部分を含め
中でギアのようにガチでかみ合う超構造だったりします、、、、




あと、、、、、
後で質問されないよう、、、、一応、書いておきますと、、、、、
「メタルパーツ」は一切使用していません!!
全てプラ板による構成です!
(プロペラントの先っちょに拳王氏からいただいたパーツを入れただけでランドセルはALLプラです)



あ!!!


忘れてた、、、、、


「バネ」使ってたよ!爆!!


>金属使ってたよ、、、、、汗、、、忘れてた、、、、




でたらめな設定画なんですが?
首後ろに、意味不明なパイピングがあり、そこに「バネ」使ってたんだ、、、、滝、、
(作業量が尋常じゃなく多いので、初期に作り起こしたパーツは既に脳内消去してた、、、、)







つうわけで、次回、、、、いよいよ、本体の完成目指して塗装突入!!
果たして?どんな感じに仕上がるのか??
また、楽しい記事にご期待下さい!!





IMG_0850.jpg





ほいじゃ~~~のぉ~~~~!!!!!








PS:「千葉しぼり」展示会もみなたまよろちくねぇ~~~!!!ぼんじょ~~~るのぉ~~!
category
プロトゼータ「NEXT」