このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# ■FADS<ファズ>公開

2013’の第1作目、、、




 どもん~~!!
皆様、大変長らくお待たせいたしました、、、、、、



首を長くしてお待ち頂きました、「依頼者様」&「コンペ主催者様」ならびに、ご参加された多くのモデラー様、そして、いつもこのくだらない日記を楽しみにしていらっしゃる、病的なファンの皆様、、、


ひっじょう~~~に遅くになりましたが、ようやく、、、よう~~やく、公開にこぎつけました!
先日、行われた「ずをコン・大オフ会」において、途中ではあるもの、一部のモデラー様には先行公開させていただいていたんですが、なにぶん、デカルも貼ってない状態でしたけども、、、、

なんとか、無事に、おおむねの作業が完了したので、必死に撮影してさきほど、画像が出揃いました、、、





banner1.jpg



遅れた原因は、全て僕の不徳の致すところで、ホント、一緒に萌えてた皆様には、申し訳ありませんでした、、、
主催者様にも、多くのモデラーさんにもご迷惑おかけして恐縮です、、、
ちょっとねぇ、、、ももちゃんの調子が悪いもんで、、、すんません、、、
あと、、、



告白すると、今まで作っていて、生まれて初めて経験したのですが、、、
マジで、「設計ミス」をしてしまい、完成後、<股関節>を1からやりなおしていたため、、、、
非常に時間がかかってしまいました、、、、滝汗、、、

通常、僕の作業は、ほとんど「仮組み」無しの一発勝負で、兄さんの脳内コンピューターでドンピシャな計算をはじき出してきたんですが、、、
今回、初めての「重MS」制作と言うことで、全く予想外な「問題」が発生してしまい、相当あせりまくりました、、、、、
塗装が終わり、組み付けていくと、、、、



あれあれあれ、、、、?!


なんか、、、、


足がおかしい?


いや、これ、、、体育の授業の時の、、、


まさに「きょうつけ!」状態ではないか、、、?








そう、、、
今回、脚部に「セラヴィーガンダム」を使用したため、足が強烈にデカクて、デルタプラスの股関節では、セラヴィー君の足の部分が、くっついてしまうのであった、、、、(あちゃ~~、やっちゃったよ、、、汗)

やっぱ、デルタのフレームに「セラヴィー」は無理がありすぎたか?!
と、感心してる場合ではなく、股間軸の長さを広げるべく、そこから1週間、悩んで悩んで、もがいて苦しんで、、、


前代未聞の「可変型股関節」を作り上げました!!
たぶん、古今東西、股関節に可変機構を入れた人は、いないと思うのであるが、、、、、滝汗
基本、全ての荷重がかかる場所なので、本来、ココを可変型に改造する人なんか、いないんですよねぇ、簡単に壊れちゃいますからねぇ~、、、しかも、依頼品なのにだ!爆
まぁ、そこが兄さんの「兄さん」たるゆえんでして、、、、笑
「鬼門」だからこそ、愛と勇気で突破していくのであるっ!!
(ちなみに、絶対に壊れないと言う200%の自信で制作しています!


え?!
何の話か、さっぱりわからん?!(笑)
「画像を見せれ!」っつうことですよね??!爆!!




ちなみに、今回は、お客様に説明しながらの文章になるので、普段より、さらに読みにくくなってます、、、
が、、、
非常に複雑な構造なので、興味ない方も多いかと思いますが、どうぞ、暖かい目で見てあげてください、、、


それでは、誰もやらない、「ヒザ立ち状態」と言う、前代未聞のフルアーマー、、、
ぜひっ、次の時代の「臭い」をブランニューラヴァーを味わってみてちょうだい!!











Z-FADS-000.jpg


















FADS<ファズ>ギャラリー


IMG_3544.jpg


時代が生んだ、、、「異端児」、、、
恐らくは、全備重量や装備を含めアナハイムの開発史でも異例の超湾級MS、、、「FADS<ファズ」は、そもそもゼネラル・シップ護衛用に作られた特殊任務用MSである、、、、

やはり、艦隊戦ともなると、どうしても旗艦がまっさきに狙われるわけであるが、、、
その中でも「ゼネラル・シップ」と呼ばれる、将軍御用達の艦を守る任務を主眼に置き、仮に、100機のMSに囲まれても対応可能なよう、設計された特殊な機体なのである、、、

頭部にあしらわれた、ゼータプラスからの血統を受け継ぐ「C-2型」のメガ粒子砲にくわえ、手持ちのカートリッジ式メガランチャーと、フルアーマーに装備された176発のランチャー・マインが主武装である!
(ランチャー・マインとは、地雷型吸着ミサイルのことで、1度に176発掃射が可能であった!!)

むろん、「対ニュータイプ」も、ハナから計算してあり、サイコフレームを加工した、アンテナを頭部に持っていて、背面のトラス型アンテナとの併用で、サイコミュ波やファンネルの動線を的確に把握できた、、、
ファンネルには、さきほど記載したランチャー・マインで対応できる為、ほぼ、ニュータイプと互角に戦う性能を有していたと言われている、、、、


ただし、いくら176発もの同時掃射が可能でも、元がきゃしゃなデルタプラスのフレームなため、発射後の衝撃緩和で、追加装甲は一瞬にして崩壊してしまい、長時間の任務には適応できないのが欠点でもある、、、


FADS<ファズ>の追加装甲は、いわゆる「弾除け」のためのものではなく、自身の攻撃による、負荷をやわらげるためであり、通常のフルアーマー系の機体とは、趣向が逆の構造なのであった、、、、













IMG_3541.jpg




IMG_3526.jpg


FADSは、アーマー装着時は、完全な大気圏概要の機体であるため、脚部は折りたたまれた状態で、装甲内に収められており、ランチャー・マイン掃射後は、通常の人型に変形し、母艦に戻る設計である、、、

1年戦争時の名器「ジオング」を、アナハイムが参考にしたかどうかは?微妙だが、、、
まさに、脚付きのジオングのような印象を受ける、、、、

ちなみに、装甲に貼られたデカル文字は、英語、ロシア語、ギリシャ語、中国語と多岐にわたっている、、、












IMG_3554.jpg


IMG_3563.jpg


IMG_3557.jpg


背面から見ると、、、、
巨大なバーニア下部に「Iフィールド発生器」が見られる、、、

小型ではあるが、双発で2機装備されていて、特異な後ろ姿の特徴をつかさどっている、、、














IMG_3571.jpg

肩アーマーには、放電用の「アクティブ・エネルギー・ディチャージャー」が装備されていて、、
頭部メガランチャー掃射後の余剰電力のバックファイヤーを外に逃がす働きがあるとのこと!
ちなみに、側面から見た際に、黒い耐熱タイルが見て取れるが、何度か掃射テストをした後らしく、左右ともにバラバラにタイルが落ちた痕跡が見て取れる、、、

追加装甲は、全て耐熱塗料で塗装されており、白のような乳白色の特殊な色彩が特徴!!
お尻にあるプロペラントタンクの白とはあきらかに違う配色で、なかなか興味深い、、、、














IMG_3523.jpg



IMG_3566.jpg



さて、機体解説もいいかげん長いので、、、飽きたでしょう?!笑
そろそろ、制作の話も織り混ぜていきますが、、、

脚部は、豪華版で、セラヴィーにZZ、ストライクの羽根と3つのキットのおいしいとこ取り!笑
せっかくなので、お久しぶりの「ビギナーズ講座」も少々、、、、






IMG_3482.jpg


☆「ディテールの極意」

毎度の説明で、耳からタコがでまくりだが、、、笑
ビギナーの皆さんは、真剣に読んでおくとこ!
まず、足裏のこの手のディテですが、当然メインの「①番」のディテは頑張って作ります!
今回の場合だと、タミヤの5mm角棒と1mmプラ板&ブキヤのボルトでこしらえてます、、、、
ただね、、、
いつも書くが、①番を頑張る人が多いが?実は、重要なのが②番のディテで、こういう奥まっててよく見えない箇所こそ、「人が好んで見る場所」であり、その作品や、作品を作る上での姿勢=「ランク」が如実に出てしまう場所なので、②番は、①番の2倍頑張って作るのが、「デイテールの極意(常識)」であると、覚えておきましょう


ちなみに、、、、、

右手で持ってる「羽根」の先端に「真鍮線」が見えると思うが、接続は、見たまんま真鍮線接続なのですが、、、
兄さんは、反対側の「受け」には、アルミパイプを埋め込み、強度と組みやすさを足してます、、、
いくら軸を強化しても、「受け」が単なるプラでは、ほとんど強度が出ないので、可能であれば、アルミパイプを使用すると、こういう部分の強度は、飛躍的に上がるかと思います、お試しあれ!!















IMG_3543.jpg


今回の撮影は、ご依頼時、フェイスに「LED」をいれて欲しいとのことで、、、、
少し暗めの画像が多く、ちょっと見づらい画像が多いのですが、あくまでも演出込みの画像なので、ご理解いただければと思います、、、、

デルタの「赤い目<隻眼>」は、やっぱ、かっちょいいですねぇ~~!



















アーマー無し画像&解説


全てのアーマーをはずした状態の画像、、、、



IMG_3511.jpg

製作途中でも解説した通り、、、、
追加装甲は、全て脱着可能としていたのですが、頭部のみ、「大人の事情」で、完成後、接着してしまいました!
(やっぱ、強度的に不安があり、特にココはアンテナが弱いため、仕方なく妥協してます、、、)













IMG_3517.jpg



IMG_3520.jpg

さて、装甲をパージした画像を見て、お気づきになられた方も多いかと思うが、、、??!
非常にデカールが少ないでしょ?!笑

ぶっちゃけ、さぼったと思われてしまう方も多いでしょうが?実は、無改造と言いつつ、そこそこのディテは加えていて、可能な限り、パチ組とは微妙に違うニュアンスを堪能していただきたく、邪魔になるデカルは貼らず、物体のラインと情報量で、勝負してます!!

特に見て覚えて帰っていただきたいのが、、、、
胸部のオレンジ色パーツ下部にある、「黒いフック(輪っかの部分)」、、、
ココは、制作当初、二重構造の輪っかを作っていた箇所だが、新たな手法が思い立ち、試してみたところ、、、

なんと、、、、、


「幅、0,7mm」、「厚さ0,25mm」と言う、「これ?ホントにプラ?」的な、ディテールの再現が可能になったため、急遽、新パーツに置き換えた場所です!!
要はね、制作当初は、プラ板に「穴」をあけて加工していきましたが、、、
よくよく考えてみたら、、、
プラ板に、薄いプラシートを巻いたほうが、より「精度の高い、薄いパーツ」の製作が可能だと判明し!
一見すると、とてもプラ板でこさえたとは思えない、薄いパーツが生まれたのである!!
(非常に簡単に作れるので、皆さんも1度お試し下さい!!かっちょいいですよぉ~!こういうの!お薦め!)















IMG_3519.jpg

と、いった感じで、、、、
パージの方法さえ覚えてしまえば、こうして、「FADS(ファズ)」の状態から、ノーマル・デルタへの可変が可能なのである!!

今回は、お客様への説明がメインなので、少し、画像が多く、初心者向けの解説をしているため、うっとおしく感じられる方も多いと思うので、以下の文面は、無視していただいてけっこうです、、、、












☆「パージの方法」

追加装甲で難しい箇所が2箇所あり、ひとつは「股関節」、もうひとつは「脚部」なのであるが、、、
そこ以外は、単純な磁石の結合なので、そこの2点にしぼって、電池交換の説明文と一緒に解説させていただきます!!



まずは、非常に「難航」した股間部位、、、、
前代未聞の「可変型股間軸」の解説から、、、、、








IMG_3462.jpg


デルタプラスの股間軸を逆さまにした画像です、、、、、
そいで、変態的な「ぷるぷるフェチ」の方には、特に読んでもらいたいが、、、、、

なんで?本体にデカルが少ないのか?しかもデカルの代わりになる「よりリアルな表現」をあえてこういういう場所でアピールしていくのが、まさに「n.blood」の模型だと再認識していただけるかと思います、、、、ウフ


よく見ると、、、、
「赤いビス」があるでしょ?そう、、、、車いじりやバイク弄り、もしくはPCの自作等されておられる方は、知ってると思うが、この色つきのビスには、「メカ」共通の符号が有り、、、
「ここまではばらしても、この色つきのビスの部位は、やめてね!」と、言う、メンテナンス上の無言の指示なのであるが、メカと言うのは、何も全てコーションで注意書きされているわけではなく、こういう「色彩表示」と呼ばれる、「メカマン」共有のクロウト指示というのがあるのを覚えておくといいかと思います!
ちなみに、、、言うまでもないが、、、
いつも通りサスペンション等は、全て可動式でこさえてあります、、、、


ではでは、、、、
分解にかかりましょうか、、、、
(あ!、見やすくするため、あらかじめ、フロントとサイドのアーマーははずしてます!)



とりあえず、「パーツ名称」を覚えてください!!

IMG_3476.jpg







IMG_3465.jpg



IMG_3466.jpg



IMG_3467.jpg



IMG_3468.jpg



IMG_3469.jpg



IMG_3470.jpg



IMG_3471.jpg



IMG_3472.jpg



IMG_3473.jpg



IMG_3474.jpg



IMG_3475.jpg

以上で、作業完了!!
慣れてくれば、10分ほどで作業完了します!が、、、、、、、、、、

塗装膜のはがれの恐れが高いので、そう何回もできないとは思いますが、分解にはくれぐれも細心の注意が必要です!!
腰部位に気が行き過ぎると、、、知らない間に「アンテナ」をおっかいたりするんで、気をつけてくださいませ!











続きまして、、、、
脚部のパージの解説、、、、
今度は逆に「入れ方」を見て理解くださいませ!!よろしくです!












IMG_3481.jpg

分解するとこんな感じです、、、、




IMG_3483.jpg

最初に、覚えて欲しいのが、、、脚部の形状、、、
現在のガンプラの脚部は「二重関節」がディフォですが、ヒザ関節の②番を軸に「くの字」の脚部を折り曲げています!!
(ココ重要なんで、①と②を間違えて曲げるととんでもないことになるんで、よく見ておいてください!)





IMG_3484.jpg

脚部が「くの字」になったら、脚部アーマーの後ろ側から、真っ直ぐに入れます、、、
前から見たら、四角い「穴」が空いてて、そこにヒザを入れていきます、、、
「穴」の角度は、ビタで膝パーツに合わせて制作していますので、ココは簡単にいくかと思います!!









IMG_3485.jpg

足をアーマーに入れた状態で、画像のように持ち、後ろ側から、装甲側面の「受け軸」にそって、さらに装甲をかぶせていきます、ココも磁石内蔵なので、少し力を入れて押せば、「カチッ」といきます、、、





IMG_3486.jpg

後ろ側の固定が済んだら、前側のパーツを「ヒザの凹凸」に合わせてはめていきます、、、
後方と同様、ココも磁石で「カチッ」となるので、特に難しくはないかと思います、、、






IMG_3487.jpg

これで、接続完了ですが、、、、
完了後、しっかりと止まっていれば(間違えてなければ)、内部にある、ももの先端を持ってブラブラ持ち上げても、パーツのガタつき等がないかと思います、、、

もし、カチャカチャ動くようであれば、後ろ側のアーマーがしっかりはまっているか?
もう1度確認してみてください!!

以上、脚部アーマーの着脱と搬入作業の解説でした!!





最後に、電池交換についてですが、、、、、




本体裏側の画像で見てください!!


IMG_3477.jpg
IMG_3478.jpg
IMG_3479.jpg
IMG_3480.jpg

以上です!!
背中の突起状のパーツは、上に「トラスパーツ」がのってかってますが、、、、
磁石接続なので、電池交換時には、そこをまずはずして、突起パーツを後ろに引けば簡単にはずれますから、あとは、コンビニやホームセンター等で、同じ型番のボタン電池を購入し、交換してください!!

スイッチはいちよう目立たない箇所に配置してますが、指が届きにくい場合は、ピンセットをご使用ください!
なお、全部の作業に共通して言えますが、、、、、、

基本、どの作業も、どんなに注意して行っても、必ず「塗装ハゲ」すると思います、、、
いちよう、再塗装も有料でお受けできますが、可動や脱着は、必要最小限にとどめておくのが吉です!!
(そもそも、模型は鑑賞が目的で、遊ぶためのものではなく、ご理解賜りたく思います!)




それでは最後になりましたが、、、、、、、、、

100対1でも戦える、「FADS<ファズ>」のフルバースト状態でお別れしましょう~!!
(まぁ、たしたもんでもないんですが、、、、滝汗)






















「フルッバースト!!!」


IMG_3577.jpg

肩から脚部にかけて、総数176発もの「ランチャー・マイン(地雷型ミサイルランチャー)」を全て開放した状態が画像のものです!











IMG_3580.jpg

通常では、不可能なこのけたたまいい数のミサイルの搭載が可能になったのには、実は秘密が有り、、、
友人の「アキヤマ・ファクトリー」さんにお願いして、特注で、「ごく薄のミサイルシート」を作っていただきました!!





IMG_3459.jpg

ディテを含む厚み自体が「1mm」しかないため、かなり薄いパーツの装甲内に隠すことができました!!
ウフッ、脚部装甲のミサイルハッチが画像下に写ってますが、、、
なんと、表面は、0,5mm板で製作してます、これに枠を1mm角棒でこさえて、最薄のミサイルベイが表現されているわけです!!

あ!!

ちなみに、この極小ミサイルも近日「アキヤマファクトリー」から発売されますので、気になる方は、クリックGOGOですわん!!ウフン!
急げ、注文はココだ!!ブログにコメントすれば、即時開発してくれますよ!)

なお、その他、ハッチ裏のごく薄ディテは全て、アキヤマファクトリーに僕がデザインをおこしたものを使用してます!これも発売中ですので、お時間のない、リーマンモデラーさんや、パパさんモデラーの皆さんに活用して頂ければ、より楽しいスクラッチョ・ライフが遅れるものと思います!!よろちくね!








IMG_3575.jpg













IMG_3578.jpg





と、言ったわけで、、、
宴もたけなわ、兄さんの「フルアーマー・デルタ・プラス<FADS>」は、楽しんでいただけましたでしょうか?

僕も、今年「50歳」を迎え、生まれて初めてこういう「厨二」っぽいのやってみたんですが、、、
やっぱ、こういう、いろいろなパーツの抱き合わせって、なにげ難しくて、あんまり上手いことできませんでしたが、皆さんも、ウチで寝てる「たくさんの罪プラ」を、色々遊んでみてはいかがでしょうか?!


今回も、非常に楽しい模型制作でした、、、、、


ではでは、次は、どんな記事が飛び出すのか?!
ご期待下さい!!
あ!「ずをコン4」の告知が既に出てるとのこと、、、、
僕は、今回の「大オフ会」でまた新しい出会いもあり、大森さん夫婦(あのアッガイの)やら、スエゾ~さんやら、楽しいお話が出来ました!!

みんなも、締切も大事ですが、より多くのモデラーさんと、貴重な出会いとお付き合いを楽しんでください!!






ほいじゃ~のぉ~~!!!!





IMG_3581.jpg
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# ■「ずをコン」への道・最終章


「謝罪会見」!!




大変長らく更新を止めておりましたが、、、、
楽しみにされておられました方には申し訳なく思います、、、、


この時期、新年度の保育園準備のための確定申告やら、保育園での新年度の委員会等あり、思いの外、時間が取れず、かなり苦戦しておりました、、、
確定申告も無事、終わり、来年度(4月期)からは、ヒヨコ組だったももちゃんもリス組に進級!


兄さんは、会長や、副会長などの重職は逃げられたものの、、、
「写真係」と言うのもおおせつかわり、4月から、子供の写真管理に任命されました!!
(クラス写真ではなく、保育園全体の幼児のため、数が大変なんですが、、、(^^;)






banner1.jpg





さてさて、しょうもない「言い訳」は横に置いといて、、、、
いよいよ「ずをコン」作品も、バキバキと公開がされ始め、目下、絶賛炎上中な「ずをコン」ブログ!!

>ココをクリックGOGO

いやぁ~~、素晴らしい作品の数々で、、、、
現在、約40体ほどのMSが公開となっていて、そのどれもが素晴らしい出来なんで、ぜひっ、お時間のある方は、コメント入れたり、知らないモデラー様との交流にお役立ていただきたい!!


間に合ってない自分がこんな事、書くのは「すっとこどっこい」な話なのですが、、、
順位もなく、誰が上手いとかを競う趣旨のものではないので、もし、現在も兄さんのように、製作中の皆様も、最後まで諦めずに、制作を続行して、末席を兄さん達と汚しにいきましょう~~!!
(祭りは、参加して大騒ぎしてなんぼなんで!!笑)


今回は、少し遅れてしまいましたが、必ず完成して公開しますので、ご勘弁くださいまし、、、、
(早ければ、来週中には公開できるかと思います!!)
実は、、、
個人的にも「反省点」がありまして、、、
あまりに急いで、塗装後トップコートをかけてしまい、現在修正に追われています、、、

後悔先に立たず、、、、

どんなに急いでいても、デカルを貼ったら、最低でも3日はおくべきでした、、、、汗
ホント、プロにあるまじき行為を身を、もって反省しております、、、
(ついつい、みんなと同じノリになっちゃうのが、僕の悪いとこです、、、大反省)
夢中になると、「仕事」だと言うことを忘れちゃうんですよねぇ~~、この人は、、、












と、言うわけで、、、
最後の制作記事を書こうと思うのですが、、、、、、、、、、、、、


その前に、少し前に見に行った「ワンフェス冬」の陣から少しだけ気になる画像をピックUPしたんで、もしよければ、見ておいてくださいまし、、、、












「ワンフェス・冬」2013

いつもの、知り合いやら仲間やらも勿論参加しているんですが、、、
なにぶん、知り合いの数もハンパじゃないので、、全掲載が不可能なため、、
今回は、仲間や知り合いの画像はなしでいきますが、完全な僕の趣味での撮影なんで、、、
軽~い感じで見てくださいまし!!






まずは、、、、コレ!

外国人の方が制作れたガンプラ!



IMG_3383.jpg

正直、既に「ガンプラ」な感じではないが、、、(実はそこが良い!)
非常におもしろい表現で「エングレービング」や「塗装」が秀逸でした!!










IMG_3384.jpg

ペパーミント・グリーンに白帯それにかぶせるようなチッピングとサビの流れ、、、
日本人の作例とはかなり違う「質感」が素敵!!

個人的に、こういう「方向性」は大好きなので掲載しちゃいました!
汚れているのに、「美しい」!!
まるで、お城を見ているような感覚で楽しかったです!
(大きさは、MGのサザビーより少し大きな感じかな?笑)













そして、、、見つけました!!
知る人ぞ知る「キンドーさん!!」



IMG_3394.jpg

当時、少年チャンピオンに掲載されていた「マカロニほうれん荘」は、ホント夢中で読んでいました、、、
非常に愛着のあるアイテムで、思わず購入しそうになった、、、、笑!
ダンディーなたたずまいが、もう~たまらん!













そして、にいさんが小学生の時、無我夢中で見ていた、、、
電人ザボーガー!!


IMG_3395.jpg

これは、映画版の新しい「ストロングザボーガー」でしたが、、
非常に美しい出来上がりに思わずほっこり!
いちよう、TV版を応酬してて、大きなデザイン変更もなく、すんなり見れました!
いやぁ、、我が青春のアルカディアな感じです!笑













そして、大大大好きな兄さんの敬愛するガレキブランド「ヘルペインター」は、、、
今年も激熱!!


IMG_3398.jpg

この超猟奇的な塗り、相変わらずバキバキに切れまくってて最高です!




さらに、、、

IMG_3402.jpg

ブタ君もめっちゃ洗いこまれたデニムがいかしてて、かっちょぶ~~!!
ともかく「無機質」なイメージがたまらない!!

単に造形がすごいとかではなく、その場の「空気感」がただごとではないのであるっ!!
もうね、見てろと言われたら、1日中見ちゃいますね、、、、
(毎回、その不思議な空間に魅了されっぱなしです!!)













そして、コレがまたアホウな造形!!
某映画俳優ブラピ~ノ氏の模倣、、、、




IMG_3389.jpg

ぶっちゃけ、10m離れたら、恐らく判別つかない完成度!
特に、難しい「唇」の表現には、震撼した!
(人間の造形で、難しいのはこういう質感でしょうねぇ、、、)



いちよう、UP画像なんかも、、、、
あったりしたり、、、てへっ





IMG_3390.jpg

寄りすぎてピンボケってますが、この画像見て、人間か?フュギアか?分かる人の方が少ないでしょう?
普通に、実物に見えちゃうのが怖い、、、、

いやぁ、、、
楽しいです、こういう「造形」が拝めるのが、何よりの「馳走(ちそう)」ですねぇ、、、
凄く、ファイトが湧きます!!














そうそう、新発売のアナウンスがあったMAXファクトリーのダグラムもありました、、、



IMG_3412.jpg

原型をされてる「エンドーさん」と途中で出会ったので、ぜひっ、見て欲しいとのことで、、、
拝見してまいりましたが、さすがはMAXファクトリーな感じ!!
非常にグレードの高い商品が期待できるんじゃないでしょうか?!




そうそう、もうひとつ、記事の掲載を確約してました、、、笑
我が親友「けいた」が原型のスーパーバイザーとして活躍している、ガンバレル!!






IMG_3414.jpg


ブースの設営の都合で、どうしても画像が小さくなっちゃうのですが、、、
(ごめんよ、けいた、、、すんげぇ~奥まってて、上手く撮れなかった!笑)

「ロボティクスノーツ」のガンバレルをグッスマが光出力した、元原型を、けいたが幾度となく微調整しているモノらしいが、相当気合入っているので、グッスマ渾身の作になることでしょう!!

昨今のCAD全盛にある中においても、「有機的」ラインにこだわる、グッスマの素晴らしいガッツと、けいたの卓越した感性に、ぜひっ、期待してお待ちください!!
(兄さんも、商品楽しみにしてますよ!)




と、いった感じで、かなり凝縮して、紹介しましたが、、、、
なるべく他ブログの模型関連に無いモノをチョイスさせていただきました!
また、こういうイベントでおもしろいの見つけたら報告記事書かせていただきますです!

シーラ君には会えたのだが、会えなかったるみなすやら、YASにはホント残念!
当日、スケジュールがパンパンで、どうすることもできない状態でして、また次回ゆっくり会えるよう調整していきたいと思います!!
それと、当日、お会いできました「jonipon」君、「m0717」君、また遊ぼうね!!
ちなみに、兄さんは、この日、工作員&濱君と3人で行ってました!
(うえはら君とも会えずじまいで、、、滝汗、ひたすら多忙でして、、、)



そんなこんなで、そろそろ、、、
兄さんのくだらない制作記事なんか読んでみちゃいますか?イヤン~!













「ずをコンへの道・最終章」

はい、、、、
ともかく、シュン君のブログ記事にもありましたが、僕も今回のコンペに参加させていただけて、たくさん知らないモデラーさんとも知り合えました、、、

やっぱ、コンベンションは、交友関係が広がるのが大切だと思いますので、ぜひっ!!
3月16日のアキバでの「大オフ会」にも、みなさんご参加いただければと思います、、、、
(いちよう、今月いっぱい、まで募集中です!)


ただ、大人なら分かると思いますが、、、、
なにぶん、大人数のオフ会ですので、出来る限り早めに予約人数を確定しないと、「現場」を抑えられなくなり、当日、30過ぎのおっさん達が路頭に迷うことになりますので、、、笑
可能な限り、早めにお申し込みください!!


あと、完成してても、してなくても、コンペに参加してても、してなくても、関係なくご応募できますので、遠慮なくお申し付けください!!素晴らしい作品が「生」で鑑賞できますよ!!
模型が大好きな方、好きで好きでたまらない方、ぜひとも「交友の輪」を広げてみましょう!
僕のブログでもいいですし、かずをのとこでもいいいんで、気軽にエントリーしてみてください!!



☆予定表

当日は、5時半にボークス前に集合でお願いいたします!!
スタートはいちよう6時なんですが、「移動」や「エレベーターの混雑」を考えると、30分前集合が、ベストだと思われます、勿論、「遅刻」する方も出るでしょうから、少し早めですが、ご協力いただければと思います!
費用の方は、4000円~5000円くらいをめどにしています!







それでは、残りの「腕」&「脚」の解説をぼちぼちしていきま~~す!

あ!
途中、忙しすぎて、サフとか吹いてから串から外さずそのまま塗装へGOだったので、、、
サフ画像とかは、ありませんが、、、
おめ汚しくださいませ!!


ほいじゃぁ~皆の衆、まいろうかのう!レッツ・モデリング!!いやん~!










☆「脚部」の解説

IMG_3439.jpg

基本「素組み」なんで、特に記載するようなことはないのですが、、、
大きな改修点としては、「スリッパ/カカト」の形状を変更してます!
あとは、綺麗に面出しして、スジボリを少し入れ、スネのサスをアルミにしたぐらいです、、、

ココは、FA化の際、ほとんど覆われてしまうため、特に手を入れていませんが、基本作業はびっちりしてます!
例えば、、スカスカな膝裏や関節には、それなりのディテをプラ板工作してますが、、、
根本的に大きな「ライン変更」をしていないので、ほぼ無改造に近いです!!

まぁ、短く言うと、凄く出来が良く、特にいじらずともカッチョイイキットなのであ~る!!ウフン
(バンダイ様様であります!)







あ!!
FA化した画像を撮り忘れてまして、、、、滝汗、、、
完成画像公開時をぜひっ、お楽しみに~~!(何分、あせってたもんで、、、)













☆「腕部」の解説

昔から、凄く好きだったアニメーターの方がいて、、、
僕の模型を冷静に分析すると、恐らくは、その方の影響が色濃く出ているんだと、、、
最近気づきました、、、、

その方の名前は、わたくしごときが言うのもアレなんですが、、、
「金田伊功(かなだよしのり」さんという方で、80年代後半から90年代初頭のアニメ業界を席巻しておられた方で、俗に言う「金田パース」と呼ばれる一種独特な体型を描かれておられ、、、
僕が最初に見た作品は「アクロバンチ」と言うアニメのOP画像でしたが、もう~~~~~~~~~
強烈な空気感にKOされ、その時から熱狂的に彼の描くロボットの「形」が脳内補完されてしまっていました、、、

既にお亡くなりになられましたが、恐らく、ロボアニメに関与されてる「絵描き」屋さんで、影響を受けていない人の方が、少ないんじゃないのかなぁ、、、と思います、、、



と、いった前フリですが、、、、
マジで、人間って知らず知らずの内に、強烈な印象を受けた「絵」が脳内補完されて、こうした造形をしている時、それが自然と出てしまうんでしょうね、、、すごく不思議な感覚です、、、



IMG_3436.jpg

腕部位は、俗に言う「金田ライン」を強烈に出しています、、、
普通、キットをそのまま組むと、腕は「まっすぐ」に組みあがり、味も素っ気もなくなりますが、、、
みなさんの言う「S字立ち」と同様、あれもキットの垂直な腰の無機質ラインを人間的に捉えた解釈で、これにさらに腕の有機的ラインを加えていくことで、より、「しなやか」なラインを作り上げていきました、、、


ヒジから外側に向かって逆関節状態で曲げてあり、通常の人間の動きではありえないのですが、、、
非常に「柔らかい有機的ライン」に変更してます、、、


ちなみに、腕も特に出来が良かったので、「素組み」ですが、、、
装甲のラインを一部変更したのみにとどめました、、、
(ディテールを入れないで、アウトラインで見せたかったのである!)




追加装甲のFA化になると、さらに「金田パース」が誇張されていく、、、、





IMG_3437.jpg

個人的には、このぐらい「外側」にラインがひっぱられてると、嬉しい感じ!!
(あ!追加装甲の部分は、GP03の肩装甲のパーツです!)

ただし、、、、、、、
気づきましたか??!ウフ

そう、元の形状であるバンダイラインの「始点」と「終点」は全く動かしていないのである!!
つまり、腕の最上部(腕の付け根)のまっすぐ下に、ちゃんと拳がくるようにしてあるため、かなりアウトラインが変更されていても、形状の破状や、違和感は感じないよう計算されています!!
(パチ組みで組んだ状態の「始点」と「終点」が、同じになっている訳です)


こういう、細かな「ライン」の調整がいくつも積み重なって、ひとつの「形」が新しく生まれてくるのです、、、
ビギナーの方も、見かけの「ディテール」を追いかけるだけでなく、、、
アウトラインの細かな微調整の組み上げによる「形」の緩急を楽しまれてみると、より模型の深さが楽しめると兄さんは思いますが、いかがでしょうか?!




ほいでは最後に、、、
こんな「パサパサ」な味気ない画像を見てても、おもしろくもなんともないでしょうから、、、

武器の画像を掲載して今回は終了です!!









(´◉◞౪◟◉)さぁ、奥さん、、、


準備はいいかい?!



本気の厨二画像を心ゆくまで


たっぷり堪能してちょうだい!!







<FADS>のメガランチャー初公開!




















メガランチャー

IMG_3425.jpg


目指したのは、究極の厨二兵器!!

未だかつて誰も見たことがないであろう、、、異常な空気感!!

デカールの模型的スケール感を度外視した新しい兵器感覚をこさえてみました!


<感謝>
ご協力頂きました、百ちゃん、きし君、ホントにありがとうございます!!
兄さんはとても満足のいく出来でホクホクでございます!!





ほいでは生意気にも、UP画像なんぞを、、、、
(まだ、間に合ってねぇ~くせに、何を書いてるんだ?俺は、、、汗)






IMG_3426.jpg











IMG_3427.jpg











IMG_3430.jpg

IMG_3428.jpg




どう?!
いかがわしいでしょう?!


いわゆる「ガンダムの概念」から外れ切った部分を、大人的に楽しんだ「厨二」病、、、、
せっかくのお祭りなんで、ぶっちぎりの厨二に仕上げてみましたが、いかがでしょう?!笑












IMG_3431.jpg

今回のメガランチャーには、敵戦艦内での白兵戦を予測し、「スモークディスチャージャー」を銃口下部に増設しておいたのですが、それを打つためのアクセスレバーがココでごじゃります!
勿論、誤作動を避けるためのセーフティーロック付き!
(こういう部分は、兄さんらしさがモロに出てますねぇ~!笑)













IMG_3432.jpg

















IMG_3441.jpg

当然、設定通り、銃の前側がスライドしますが、、、、
中には、6mmアルミをぶった切った豪快なバレルがあり、模様はあの拳王さんが、ウチに遊びに来た際、ちょろっと刻んでくれました>さすがプロ!!かっちょいいぃ~!なにげココはゲロ熱!
















いちよう、比較画像なんかも、、、チロチロと、、、笑


IMG_3433.jpg

なんせ、17年前のキットのオマケ武器なので(Ver.1のゼータ)、完全モナカ仕様でした!!爆
銃口部分は、コレ、切りまくらないとヤスリがけさえ出来ないので、分割しまくり、、、、
ついでだったんで、各種装備も増やしました、、、






IMG_3434.jpg

それと、こういう「握り<グリップ>」のとこは、銃の重さの関係で、前かがみにテーパーを入れてます、、
ちなみに、ココも鉄製なので、MS本体の拳に仕込んだ「磁石」でがっちり接続できます!

材料は、「100均」に売られてる、簡易ドライバーの細いヤツの持ち手部分を、切り刻んで使用してます!
たぶんメガネ用のミニドライバーなんですが、安くて加工も簡単なんでお薦めです!













IMG_3435.jpg


銃本体は普通のメガランチャーなのですが、後部に「FAZZ」のランチャーのカバーをくっつけて、、、
内部は、バイク模型のフレームを組んであり、ついでにラジエーターも入れておきました!!
あ!!
泥除けもかっちょよかったんで、くっつけてあげました!!














IMG_3442.jpg


ではでは、、、
来週の記事では、遅ればせながら、「FADS」本体の公開をさせていただきますので、ぜひっ、本体の厨二っぷりにもご注目いただければと思います!!

僕はね、、、

ホント、間に合わなかったけど、製作中の期間も多くのモデラーさんたちと色々話せて楽しかったですよ、、、
ちょっと遅れちゃいましたが、皆様、暖かく迎えてあげてください、、、
遅れた分、倍返しでどぎついヤツに仕上げていきますんで、どんぞよろしくです~~~~!!
「ずをコン」最高~~~~!!!!





ほいじゃ~のぉ~!!!












IMG_3443.jpg
 | ホーム | 

# ■「ずをコン」への道・その4

長らくお待たせしました~!




 どもん~!!
いやぁ、また「広告」が、、、、、、滝汗、、、、


あ!そうそう、、、、



みなたま!!


あけまして!おめで、、、、、



え?もう1月も終わった???

しまった、、、いつの間に?!爆!!




不覚をとってしまった、、、、滝汗、、、、
そうかぁ、、、、、1月も終わってたのか?!、、、
全然気づきませんでしたが、、、


なんせ、夢中で工作に没頭してたもんで、、、気がついたら、、、2月ですよ!!奥さん!笑
もうね、夢中とかじゃなく、「超夢中」で一人でガリガリ集中してますた!ウフ
ウン、、、
病的なほどにね、、、、

って!!!

<ずをコン>の締切が、、、ヤベェ~じゃんか!

それはそうと、、、、、
昨年暮れに出た「乳ガンダム」、話題沸騰でしたが、賛否両論飛び交い、各所模型ブログにて、色々なご批判を兄さんも読ませていただきましたよ、、、、




僕が、こういうこと書くのめずらしいんですが、、、
個人的な「所見」を述べさせていただくなら、あえて正直に書くが、、、、


個人的には大歓迎です!!

全身サイコフレーム?良いじゃない!ウフ




どうも、批判の「核」は、旧設定のモノと違う「構造」にあり、新たに付け加えられた設定が気に食わない!
と、いうものが大半でした、、、、


個人的には、その気持ちもよく分かるのよ、、、、ウン、、、、
ただ、兄さんは、全然驚かなかったけどね!笑


そもそも、ガンダムの設定やデザイン画は、OVAが出たり、新作映画のたんびに、書き換えられてきたので、今更サイコフレームぐらいじゃ、驚きませんよ!!笑
(「Z」なんかストーリーまで変わっちゃってたし、この前出たハイニューなんて、、、


だいたい、もうファーストの頃の設定なんて微塵も残ってないと僕は思ってます、、、、
それが良いことか・悪いことかは?おいといてだよ!笑
なので、「ユニコーン」の映像で、かなり無理がある、旧MSVと最新の機体が戦ってても、特に気にしないで見てましたよ、、、それこそ、戦闘機VS竹ヤリぐらい違う性能比なんですがね、、、(笑)


ガンダム特有の「後付け<変更>」は、賛否両論あるとは思うが、ガンプラが30年売れ続けた要因のひとつでもあると僕は実直に感じるし、新しいモノが嫌いなら、それはそれでいいと思うよ!ウン
(何千回、部屋で「逆シァア」見て懐かしんでも誰にも迷惑かからないしね!笑)


ただ、オフィシャルであるサンライズ公認でバンダイがここまで大胆になれると言うのは、、
裏返せば、僕らモデラーももっと自由に楽しめる!と言うことであると、、、
僕は僕の都合の良いように解釈してま~~す!ウフン




これからも、色々な「書き換え」や「変更」が都度生じるでしょうが、、、、
あんまカリカリしないで、自由に柔軟に対応して、楽しい模型ライフを送りたいなぁ、、、とか、思います!
(楽しんだ者勝ちですからねっ!ウフ!!ライトにいきましょう~!)













「ずをコン」への道・その4


と、いった感じの「前フリ」を制作話につなげていこうと思います、、、、


ほいで、「ずをコン」の機体が、本格的に決まりましたので、参加者100人の皆様にご報告、、、、





兄さんの参加する機体は「フルアーマーデルタプラス」に決定しました!!
少し早いのですが、いつもの「機体解説」をまじえ、その性能や開発過程をお話しておきます、、、、












☆「FADS」<ファズ>(フルアーマーデルタプラス」の解説

IMG_3318.jpg


アナハイムに緊急依頼があり、「観艦式」における、旗艦護衛用の特務をこなす、重MS開発の依頼があった、、、
しかも、連邦の特Aトップガンであるシュベルツ・アーデン少佐が騎乗することもあって、彼のお気に入りであるデルタプラスを母体としての開発依頼にワークス首脳陣は頭を抱えた、、、、

そもそも「デルタプラス」と言う機体は、その機構上の特異さから、非常に軽量できゃしゃに設計されており、とても旗艦護衛用の重MSとは程遠いからであった、、、、

アナハイムのワークス陣は、まず初めに「ゼータプラスMSZー006A2型」に搭載されていた、メガ粒子砲をフルカスタムし、およそ巡洋艦の主砲クラスのビーム砲をデルタプラス頭部に搭載、、、、
しかし、、、
非常に残念なことに、元々きゃしゃな機体設計が災いし、とてもジェネレーター出力が足りない、、、、
納期の期限は迫ってくる、、、、


悩みに悩んだ、首脳陣が最後の切り札を切った、、、、
アナハイム本社27番倉庫に眠る、ロストナンバー「GP-03」をゼータプラスの「裏母体」とし、デルタにガンダムを搭載するという、キテレツな案件が飛び出した!!
当然、反対の声が多かったが、主任設計技師のJJロッチマンの半ば強引とも言えるハチャメチャな青図面を元に、この奇っ怪なMSの製作は行われた、、、、

ちなみに、パイロットのアーデン少佐からのオーダーで「対ニュータイプ用」のサイコフレームを使用したオレンジ色のアンテナが採用されている、、、
アーデン少佐自体は、ノーマルなパイロットなのであるが、サイコアンテナが戦闘区域800m四方にいるニュータイプを感知すると、そのアンテナが共鳴しコクピットにアラームで知らせるという他に類を見ない、特殊な設計がなされていた、、、
(やはり、ニュータイプは驚異なのである!!)



なんて、、、事を一人ちまちま考えつつ、、、、
兄さん設定の「FADS<ファズ>」の開発も進んでいきました、、、、

☆FADSは「FAZZ」と「プラン303E」を足したようなイメージで進めてます!イヤン~!












☆頭部の解説


IMG_3301.jpg

ウチでは、初となる元パーツを「無改造」のヘッドユニット、、、
今回は、全く形状変更することなく、外装のみを、エポパテとプラ板から作り出し、イメージを180度変えていきました!!
昔から、不思議に思っていたんですが???

なんで、FA(フルアーマー)系のガンダムって?頭部に追加装甲が無いんだろう?ってね、、、、


もっとも、コンピュータが集積している部位にもかかわらず?
頭に装甲がついたやつが無いんですよね???
なので、今回は、頭部装甲をデザインしてみましたが、「ジェスタ」っぽい感じを意識してます、、、




IMG_3302.jpg


基本、装甲は全て着脱可能とする「予定」でしたが、、、、、、
僕個人が扱うならそれも可能なのですが、、今回作った頭部装甲のサイドカバー部位が、あまりにも薄いため、たぶんご依頼主様が扱う際に、壊れることを予想して、泣く泣く、頭部のみ、装甲を接着しようと思います、、、
(エポパテで、厚みが0,3くらいしかないため、かなりピーキーなんですよねぇ、、、残念!)




あ!
そうそう、「サイコアンテナ」に使用した、流用パーツは、、、、、、






IMG_3342.jpg


以前、電撃のオマケになってたパーツでして、、、、
コレを加工して、カバーをプラ板でこさえて装着してます!!

恐らく、「今」ならブックオフやアキバ、とかで、「投げ売り価格」で出てるんですが、、、、
(300円前後?)
この記事が出たあとだと、、、速攻なくなりそうな予感がします(笑)
欲しい方は、読んだ直後、ダッシュで探してみてちょ!ウフ












☆「胸部装甲」の解説

IMG_3303.jpg


胸部追加装甲は、単純にプラ板の貼り合わせです、、、、
たぶん、エポパテでやったほうが、断然楽な作業なんですが、、、、、、、、
極力「薄さ」にこだわって制作してみたので、こんな感じになりました!
ここは、特に書くことがないかなぁ??ウン












☆チンコアーマー

IMG_3304.jpg

チンコアーマーは、バンダイの「ゼータプラス」の盾の部分と腕の部分をくっつけて作りました!
たまに、こういう「厨二」っぽいのもいいかなぁとか思い、ラインは極力生かす形で流用してます!

ここも特に書く事はないかなぁ、、、、ウン、、、













☆腰周りの装甲

IMG_3305.jpg


腰周りの装甲は、悩みに悩んで、、、、
以前、スジボリ堂様からお預かりしました「段差彫り用<ダンモ君>」を使用して、少しだけディテUP!!
>ダンモに興味がある人は、ココをクリックGOGO!!


そもそも、デルタプラスに限らないが、、、
ユニコーン系は、どれも、装甲分割が細かいため、あえてその上からディテを入れると下品になってしまうので、凄く難しい、、、、
(無理に入れる必要もないと思うが、、、)
できるだけジミにやってみました!

個人的に、いらない部分にあんま余計なもんつけるの好きではないので、、、
こういう所は、さりげなくいきたい部分であります!!


ほいで、いまさらだが、、、、、、、、、、、、
「ダンモ君」はマジで素晴らしい!

ぶっちゃけ、「簡単」ではない、、、簡単ではないが、慣れちゃえば、誰でも好きな場所に段差彫りができるので、単価は高いが、1本は欲しいアイテムだと思います!!
僕個人はとても気に入りました!これでキュベとかハンブラビとか彫り彫りしたいですねぇ~!笑












☆バックパック詳細


IMG_3307.jpg

バックパックは「機体解説」でも書いた通り、、、、
そのまんまGPー03のボディーを流用してます!

「GPシリーズ」は、記録から抹消されてしまったため、唯一残ったこの機体も倉庫にコヤシとなっていたのだが、もともと、ハイレスポンスな03は、デンドロを起動できるジェネレーターシステムを持つことから、今回のデルタプラス重装甲化に一役買う形となった!!

ちなみに、アンテナの一部にZガンダムのライフルも使用されています!!
(胸部画像下のやつね)








IMG_3306.jpg

バックパックのバーニア基部には贅沢にもBクラブの「Zガンダム」を使用してます!!
もともとは、あの震災のおり、友人のhaharu邸で大破した展示物を大量にいただいて、それを流用パーツとして活用させていただいているのであるが、さすがにレジンの塊なので重い!!笑!

とりあえず、綺麗に磨きだして少しジグを自作しながら、金属パーツをこしらえてセットしてあげました!
なかなか迫力のある見栄えになり、兄さんもご満悦!!












☆肩の追加装甲

IMG_3298.jpg


肩アーマーの製作途中画像です、、、、
内部に、磁石を入れて、着脱可能にし、細かく作りおこしました、、、、

今回は、エッチングパーツを内包し、積層構造でちゅちゅっと制作!
こういうパーツ見て、すぐに手順が頭に思い浮かぶようになると、、、上級者の道は近くなるんじゃないかな?

ちなみに、、、
久しぶりの「ビギナーず講座」も少々書いておきましょう、、、、、、、、、




☆「ビギナーズ講座初級編<蛇の道はヘビ>」

今回は僕の考える「ディテール」に関してのお話、、、、、
今回のFADS<ファズ>を制作する際に、ネキストでも書いた「新しいこころみ」を意識してます、、、
ほいで、、、、、、
いつもと違う部分の脳みそをフル回転して、考えたのが、、、、、、、

「ファッション」を元にすること!

そう、模型だろうが、洋服だろうが、お花だろうが、極めると他ジャンルの思考回路を見本にしたりするのであります、、、、

例えば、「ファッションの上級テク」で言えば、、、、、、
「ドット・オン・ドット」といか「ストライプ・オン・ストライプ」など、、、、
同じ模様の大小を重ねる、テクニックがあるのですが、、、、、

これを模型に置き換えると、、、、、、、、、、、
どうなると思います??!笑



「トラス・オン・トラス」とか、、、、
「ガンダム・オン・ガンダム」とかになるわけです、、、、

ん?意味が分からない???ですよねぇ~~!!

っつうことで、百聞は一見にしかず!!
見て納得して頂戴!!





















FADS<ファズ>サフ画像


IMG_3327.jpg












IMG_3322.jpg















IMG_3314.jpg

なかなか「男前」でしょ?!
ウフ、無改造とは思えないが、装甲でここまで見栄えが変わるのである?不思議だよね~?!













IMG_3329.jpg












IMG_3330.jpg

<バックジェネレーターのGPー03>















IMG_3331.jpg


ちなみに、最近、にいさんがはまってるのが、、、、
「ガイアのクリアーカラー」!!

もうね、これを使わずして死ねるか?!ってくらい凄いよ!!
マジ、パじゃなく綺麗に発色する!!




IMG_3343.jpg

いわずもがな、バックパックに使用しているのがこの色!!
「クリアーブラウン」!!
ともかく、美しい色合いに惚れ惚れしてます!!ウフ












IMG_3335.jpg













IMG_3338.jpg














IMG_3340.jpg


まぁ、、、、、
UP画像で見た通り、まだまだ、表面が荒くて、ホント急がないと間に合わない状況ですが、、、



一刻も早く、手足を作り、綺麗に表面処理して、なんとか「コンペ」に間に合うよう頑張ってみます!
(いやぁ、、、厳しいなぁ、、、)





参加されている大勢の皆さん、ギリギリまで一緒に頑張りましょう~!!











ほいじゃ~~のぉ~~~!!!!



IMG_3334.jpg

「FADS」とは、、、、、、
2つの意味があり、、、
好き嫌いがある、、、と言う意味と、、、もうひとつは、、、、
「新しいがり屋」と言う意味がある、、、とても気に入った!!ウフ
みなさんの目に、どう映るのだろうか?、、、、、
 | ホーム | 

# ■「ずをコン」への道・その3

「いよいよ年末!」





MOMO-000R.jpg


どもん~~!
いよいよ、今年も残すとこ、、、あと2日となりました、、、
(いやぁ、1年早かったなぁ、、、)


今年も、たくさんの出会いと

楽しい日々が迎えられましたこと、、、、


大勢の仲間と友人に心底感謝!!


「本当にありがとうございました!!」




無事に、「ももちゃん」とも2回目のクリスマスを迎えられ神様にも感謝!!
昨年の今頃は、ももちゃんが入退院を繰り返しており、クリスマスも危ぶまれていたんですが、、、

今年は、すこぶる体調もよく、おかげさまで仕事も順調にはかどりつつあります、、、
ホント、子供の健康状態は、仕事と直結なんで、今年は盛大に神様に感謝&感謝です!!
(去年なんか、病院通いでろくに仕事もできませんでしたから、、、滝汗、、、)



MOMO-001R.jpg


少しずつですが、、、ようやくカタコトの日本語も覚えてきまして、、、
最近だと、よく僕に「おきぃてぇ~(起きて!)」を連発してます、、(苦笑!)

あと、4月には2歳になるんで、そろそろ「好きな子」もチラホラといるようで?!笑!
保育園がとても楽しそう~~!!
(どうも相思相愛らしい>とは、保育園の先生の談)



とりあえず、今年1年、大きな事故もなく、こうして年末を無事迎えることができ、ホント嬉しいです!!
来年もこの調子でいってくれるといいんですが?!
皆様にも来年さらなる幸せが訪れますように、、、、兄さん、冬のお星様にお祈りしておきましょう、、、








と、言ったわけで、、、、

今年最後に飛び込んでてきたニュース&ニュース!!














「嬉しいニュース」!!


SA89_cover_E_DIC156_OL.jpg


書くのが遅くなってしまったが、、、、
1月号の「スケールアヴィエーション」の表紙に、でかでかと、、、僕の尊敬する北海道の友人、、、
「モナコマイスター」氏のイーグルが、、、(嬉し泣きな兄さん)

もうね、、、
北海道で氏の作品を見てから、めっさ大ファンだっただけに、今回の「航空自衛隊特集」の表紙は、ホント嬉しくて、嬉しくて、、、しか~~も、めがっさかっちょいい塗り!&工作!!
(一瞬、実機にしか見えない氏の卓越した塗装技術に惚れ惚れ、、、ウットリ~ヌ!)


いやぁ、、、
これからもガンガン活躍していただき、おこぼれを、、、、ウフン
(次回、お会いできる場合は、サッポロの某キャバクラで、、、笑!!)

みんなも、とりあえず1人5冊は購入してください!!爆!





ほんで~~!!!
話はかわりまして、、、、、、








お待たせしました!!

「ずをコン」大オフ会応募のお知らせです!!



banner1.jpg






☆「ずおコン」大オフ会<東京大空襲2013’>

◎日にち :3月16日(土)6時スタート
◎場所  :秋葉原>集合場所は、ボークス前もしくは近辺<5時半くらいからいます>
◎条件  :今回は、特には無く、仮にコンペ参加していない人も飛び入り自由
      (ただし、手ブラはダメ!!必ずなんらかの作品も持ってくること!!)
◎会費  :会費は、基本5000円ですが、延長等ある場合、弱冠追加料金発生かも?千円増しくらい?
◎応募人数:今回は、50人までとします、、、、
      勿論そこまで応募があるとは思いませんが??
      もし、人数が思いの外、多い場合には、もしかしたら申し込み順になってしまうかもしれません?


◎応募方法:「ずをコン」コミュニィティーに「参加希望」とお知らせください、、、
      その際、必ず「HN(ハンドルネーム)」と「ブログアドレス」もしくは「メアド」を記載のこと!

      定員に達した時点で、主催の「かずを」からなんらかの書き込みがあると思いますので注目してね!




他に質問等あれば、この記事のコメント欄でご質問下さい、、、、
(くだらない質問した奴は、「死刑」にするんで、くれぐれも注意してね!笑)


例:たとえば、参加したいけど6時に現場入りするのは、無理!とか、彼女をつれてきたい!とか、友人を誘いたいとか、、、、、、もろもろ!!

答え:彼女や友人とときたきゃ、事前に申し込みの段階でそう申し込めばOKです!時間に遅れる場合は、僕かかずをに「携帯番号」を教えておけば、OKです!!
(そもそも会場は、アキバ駅徒歩1分くらいなんで、無問題)

以上でございます!!




ではそろそろ、、、、、

今年最後の「おつとめ」をさせていただきましょうかねぇ、、、



大変長らくお待たせしてしまいましたが、、、、
ようやく、案件もまとまり、工事に没頭してました、、、
(胴体作るのに、2週間も悩んでしまった、、、ウフ)


ではお楽しみくださいませ~~!!

















「ずをコン」への道・その3







とりあえず、こんな感じで進んでますお!!


IMG_3266.jpg

☆「フルアーマーデルタプラス」の中の人


はい、ホントは、上半身出来上がってる「予定」でしたが?!笑
前回「プロトタイプゼータ」にて、そうとうハードルあげちゃったんで、、、、
なにげ苦労しました、、、オホホホホホ
(腰から下は、ドノーマルです!>次回に期待してね!爆)

今回の制作も「キモ」は胴体でして、、、
イボルブ版ニューも出たことだし、イボニューとは違う、さらに進化した「立体的分割装甲」の表現に挑戦してますので、最新の「超立体構造」をぜひその目に焼き付けて帰ってちょうだい!!








☆横から見ると分かりやすいかも?

IMG_3267.jpg


わかりますかねぇ?

今回の「超立体構造装甲」は、単にウエストを細くしてかっこよくするとかではなく、、、
2箇所のボールジョイントで自在にポーズがとれ、かつ、元のシルエットを残しながら、、、
1枚ずつの装甲を、、、

「全てバラバラの<角度>をつけて見せています!」



分かりやすく書くと、、、、、、、、、、





IMG_3265.jpg

あとあとの色々な工事の都合で、箱組ではなく、プラ角棒の積層で、腰上・下フレームを作り、可動範囲を広げていきました、無論、「変形」はオミットしてます、、、
(そもそも、「変形」することにメリットがないんで、、、笑!)
製作はいたってシンプルで、元パーツの「ジグ部位」のみをパーツから切り出し、プラ積層に貼り付け、関節を付加しただけのシンプルな構造です、、、


も少し、分かりやすくする為、、、、
「サイドアーマー」をはずしてみますねぇ、、、
(なんせ、ここ作るだけで2週間もデザインに費やしたのよ!笑)




IMG_3273.jpg


腰の「上・下」のかみ合わせのUP画像です、、、(まぁ、よく見えないんだけどね?実際、笑!)
よくね、、、、、、
内部構造や内部ディテを露出する作品が多いでしょ?!
僕も、ついこの前まで、そうだったんですがねぇ、、、、、ウム、、、、

なんか、もう「いいかなぁ、、、」なんて、、、












IMG_3276.jpg

「腰下部分」の装甲は、各種プラ板の複合で制作してます、、、
ちなみに、中級編で質問のあった「エポパテがうまく使えない人」は、この画像をガン見しておいてね!!
(自作パーツなのに「ダボ」があるでしょ?見えるかな?)

基本プラ板で作ろうが、エポパテでやろうが、同じ事なんですが、、
自作パーツには必ず「ダボ」を制作してます、、
(ダボ=プラモデルのパーツ合わせの際、パーツ内部にある突起している部位をダボと呼びます)

例えば、エポパテをもるのであれば、その前に、適当な箇所に2箇所くらいダボを作っておき、その上からエポパテを盛ります、さらにその上に盛る場合にも、あとで作業が楽なように、ダボをこしらえます、、、
簡単なやり方だと、エポパテ持って硬化した後で、上からドリルで穴開けて、パーツをはずし、、、
パーツ側か?エポパテ側か?任意でやりやすいほうに、ダボをこしらえれば、上手いこと加工が行くと思います!


あと、そろそろ、飽きてきたでしょ?
同じ作り方にも、、、
(スジボリして、内部メカこしらえて仕込んで、、、、みたいな、、、、)


「NEXT(ネキスト)」でも書いたが、、、
そろそろ、そこを卒業して、次にシフトしていかないと、いつまでたっても同じことの繰り返しになっちゃうんで、今回もあえて、メカ露出を抑え、逆に「装甲の濃淡」で見せていく、新しい手法に変えてます、、、
(兄さんのマイブームです!)
超立体構造でできる陰影の妙は、単純なメカ見せとは「一味」違う、新しいスタイルになっていくんじゃないかと?予見してます、、、


ガンプラのもつ特有の「アニメだから線を省略した形(デザイン)」から一歩その先に進んだ、複合的なラインや陰影の追求が次の時代の「鍵(キー)」になる部分だと思ってます、、、、
実際、OVAではなくフルCGのガンダムが飛び交う「週間アニメ」も、そう遠くない日に現実化されるでしょうし、、
そうなると、もっと自由にガンダムがデザインされていく日が来るんでしょうね、、、
(複合装甲は、実際簡単ではないが、、、作っていてとても楽しいです!!)

「近似値」で言うと、、、「00」や「クアンタ」なんかは、そうとう線が多いよね、、、
それと、ユニコーン関係もそうとう線画増えました、、、、
ただ、同じ、ガンダム系でも、ユニコ系は、やや平面な感じ、、、平坦な感じがして、、、
「00」系のデザインのような「抑揚(よくよう)」が感じられませんでした、、、
なので、今回、あえて、装甲分割を縦割りや横割りではなく、「斜め割」とし、そこに重なるようにして見せ、さも人間に近い動き(モーションコントロール)が可能だと、感じられるラインを狙っています!!










あと、部分UP画像ですが、、、、
腰部位意外だと、胸部を少しいじってて、、、












IMG_3270.jpg

もともとが、、、
「カッコイイ」デザインなんで、そんなにいじるとこが無いんですが(笑)

ロボット形態に変形時は、肩の量サイドに「肩関節ギア」が出ている、、、と、勝手に解釈して、、、
また、余計なディテ入れちゃいました、、、アハハハハ

あと、胸部の正面に「フック」を2つ追加しておきました、、、
しかも、、、、
マスキングしたくないので、中の丸い穴を別パーツで作ったりなんだりして、、、
(無論、丸いテープで簡単にマスキングできるんですが、、あえて、、凹凸な感じにこだわってます!)





IMG_3277.jpg


まぁ、極小パーツは作るのが大変なんですが、、、
慣れてくると、凄く楽しくなってくるんですねぇ、、、(え?おかしい?!笑)

その内、可能であれば、どっかで「講習会」でもやろうと思います!!
(ガチで覚えたい人は、くるといいかもね?!ウフン)










そいでは、途中の上半身なんですが、いちようサフ吹いておいたんで、、、
中途半端な画像ですが、今年最後の画像です、、、、




















サフ画像


IMG_3278.jpg

いまいち荒いですが、エッジはキットに比べ出てきてるかと思います、、、
(けっこうジミな印象で?改造してある感じがしないと思います、、)











IMG_3280.jpg

<正面画像>
途中解説にもあったと思うが、ともかくウエストを細くするのが<目的>ではないため、、、
かなりキットに近い数字で正面からの「横幅」を出しています、、、














IMG_3281.jpg

<腹部UP画像>
さきほども解説したが、、、
複雑に入り組んだ装甲の「面」が、全て違う角度で折り重なっているのが、見やすいかと思います、、
単純に装甲を割ったモノとは、情報量が違ってくるため、見た目の印象が深くなります!!















IMG_3279.jpg


ではでは、皆様今年1年お付き合いくださり、ありがとうございました!!
また、来年も頑張って記事更新できるよう、、、日々精進していきたいと思います!!

皆様の来年により幸多からんことを願って、今年のシメとさせていただきます!!
(来年1発目の画像で、上半身のアーマーを公開します!ご期待下さい!!)



あ!
それと、、、、、、、、、、
「ずをコン」は、、、、「ネキスト」で出すのか?「FAデルタプラス」なのかは、1月には発表します!!
(どっちでもいい話なんですが、、、笑)




ではでは、皆の衆、来年もよろしくお願い致します!!

ほいじゃ~のぉ~!!!!







☆「乱鬼丸」君の父上のご冥福も、こそ~り祈ってますお!!
 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。