このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# ■「飛び出す絵本<あかずきん>」









「飛び出す絵本」について、、、








 どもん~!!
なんか、冬だというのに?妙に暖かい土曜日の午後、、、、
日差しも良好で、上手い具合に撮影も進み、、、
ようやく作品の公開とあいなりました、、、





今年10月に行われた、第2回千葉しぼり展示会において、、
全国よりご応募いただき開催しました、「ディフォルメ選手権」、、、
そこに出品させていただいた作品で、、、
たくさんの仲間と、みんなで作品並べられた今年1番の思いで深い作品です!




特に、初めて情景っぽいモノを目指して製作した事もあり、、、
不慣れな部分も多く、いたらない箇所もそこかしこございますが?
楽しんで作りましたので、よかったら見てってくださいまし~♪














yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy




物語のコンセプトは、、、
46年前にさかのぼります、、、、、、、、、、、、



当時、6歳の男の子がいました、、、が、その子の家は、大変に貧乏でして、、、、、
なかなか、おもちゃや絵本のたぐいは、買ってもらえませんでした、、
毎年、夏休みになると、近所に住む同級生「明山君」に
「東映マンガ祭り」だとか、「ガメラ対バイラス」など、ゆだれをたらして
当時で言うロビーカード(ブロマイド)を見せてもらったり、、、
最新のゲームをやらせていただいたり、、、
(当時ボードゲームが初めて日本に入ってきて、人生ゲームを初体験!笑)
まぁ~、、、ほとんど銀行役で、なかなかコマに触らせてもらえません、、、



そして、、、、、
ある日の事、同級生の明山君に初めて見せてもらった「飛び出す絵本」!!
当時の6歳の少年には、鮮烈な印象で、非常に羨ましかったのを良く覚えています、、、
(当然、そんな高価なモノは買ってもらえるわけもなく、、、笑)






あれから、、、、










46年の歳月が流れ、、、、、



ようやく、その少年も、自分だけの「飛び出す絵本」を



手に入れることが出来ました!、、、、




必死に木を削り、慣れない倉庫作りや、ドロ人形のようなフュギアをこさえて、、、
たどりついた、何も無い「普通の風景」をもした「飛び出す絵本」ですが、、、
46年かかって手に入れた僕だけの特別な「絵本」でごじゃります!!






題目「あかずきん」












IMG_2581-001.jpg

<絵本の全体像>




この絵本のタイトルは「あかずきん」と言います、、、、、
赤いヘッドカバーをつけた、製作途中のロボットが主人公で、そのまわりを
6人の小人が、いそがしく働いてます、、、、笑

















人物紹介<キャスティング>





★ウルフ隊長

IMG_2590-001.jpg


冷静沈着で、軍に所属していた時は、作戦指揮がおもな主任務、、、、
現在は、戦争凍結にあたり、ウドの片隅で、地下バトルで食いつないでいる、、、
今回の絵本の中では、重要な位置に立っており、、、
工場の主任さんと、なにやらATの組み上げで、作戦にあわせた指示を出している模様?










★ジード曹長

IMG_2595-001.jpg

生粋のAT乗り、、、、
「片目の負傷」は先週出た、高レートのL級ATとのバトルにおける勲章か?!
ワイルドな感じで「くわえタバコ」と「包帯の片目」でキャラを立ててみた、、、、
なにげに「左手の百円ライター」を気合入れて作ってみました!!笑
>曹長は、本当にタコのコクピットシートが似合うなぁと、、自画自賛しているお気に入りキャラ











★ガバン所長

IMG_2591-001.jpg

パイプと黄色のチョッキが、トレードマークの「ガバン所長」、、、、
愛嬌のある、斑点模様のブタさんで、ともかく誠実で仕事熱心!!
自社のオリジナルATには、絶対の自信を持つ、仕事人、、、、
ガバン所長の後ろにある「パイプイス」は、座椅子の部分が、かなりくたびれており?
腰掛ける座面にはガムテープ、背もたれは破れて、スポンジがのぞいている、、、
(パイプイスは、かなり真剣に製作した!超楽しかった!ウフ)











★工員<トンキチ>

IMG_2593-001.jpg

工場内では、「myニワトリ」を飼っており、、、、
「ニワオ」と命名して、仕事中でも夢中でじゃれている楽天家!
ただし、、、、
このピンクのブタさん「トンキチ」のメカニックの腕は、3人のメカマンの中では
ピカイチで、3バカトリオの兄貴分的存在!!











★工員<チンペイ>

IMG_2594-001.jpg

チンペイは、3バカトリオの中では、1番の年下だが、、、、
仕事のマジメさは、ダントツ、、、、ただし、、、まわりくどい性格な上
かなり慎重派なので、隊長や所長にめんどくさがられることもしばしば、、、笑
到着したばかりの、社外品の椀部のマッスルシリンダー調整をすべく
隊長に「自分アピール」している模様、、、>やりたがり屋さん!笑
仕事に時間がかかるのが、「たまにきず」











★工員<カンタ>

IMG_2592-001.jpg

問題児カンタ、、、、、
既に、昼過ぎてて、所長はじめ全員が、今週末の地下バトル格闘用のAT製作に
奔走している中、ようやくノコノコ起き出して、今、、、
髭をそっている<ありさま>を、、、製作してみた、、、笑
凄くのんびり屋で、のん気な性格、、、、
だが、彼が調整したATのディスクは、ウドでもその名を知らぬものがいないほどの
著名なプログラマーなのである!
(ほとんど毎日が寝坊しているため、そこがネックなのだが、、、




以上、、、、


6名のキャスティングで、この絵本の物語はつずられていく、、、、
無論、絵本を観覧された方が、想像しやすいよう、展示会当日には、何も詳細は書かず
見たまんまの感じで、自由に想像してもらうようにしてみた、、、


そもそも、この「絵本」には、決まったストーリーは無く、、、
見た人の気分で、毎日、その「おはなし」が変わるのも楽しいと感じてます、、、、
トンキチ、チンペイ、カンタがどんなATを組み上げ?
ジード曹長とウルフ隊長が、どんなバトルを展開するのか?!
そこは、ご覧いただいた皆さんが、好きなように想像して見て下さい、、、、!!



と、、、、
この辺で、少しフュギアの製作にも触れておきますねぇ~!!



展示会、3日前、、、既に、タイムUP寸前、、、、
まだ、展示会準備ももろもろ山積する中、いかにして短時間で?
製作経験「0」の、SDフュギアを製作したのか?!
ちょびっと生中継!!笑




そもそも、、、
僕は、ロボ以外、建物やフュギアなど、全くの未経験な上、SDサイズでの製作と言う
難題を抱えていて、もろもろ、熟考した上、、、、




1/35フュギアを使用して製作する事をおもいつきまして、、

(これがまた、ロクでもない話なんですが、、、滝汗、、、)



ロボ製作において、皆さんが使う「1/144」のキットを、、、
「切った、貼った」する、あの<ノリ>で、、、、
フュギアを作り起こしました、、、、滝汗
(書いてあることが、むちゃくちゃなんで、あんま参考にしないで下さい、、、)



そもそも、そんなバカげたことする人、いないと思いますが、、、
5cmほどある、1/35の兵隊さんを、2.5cmに切り詰めます、、、、、




まず、、、、、、


IMG_2475-002.jpg


このように、ロボと同様、フュギアを適当な箇所で、分割(ノコでざくざく切る)
そして、不要と思われる部位を選択して、迷わずぶった切る、、、、
>例
足などは、切り離した部分からさらに切り進めて、ともかく、「SDサイズ」に強引に
近づけていく、、、、滝汗





すると、、、、、、、、、、




5cmほどある、兵隊さんが、、、
このように、、、、





IMG_2476-002.jpg


変貌していきます、、、、

はい、、、、
そこから、接着部分を、ヤスリングして、馴染ませていきつつ、、、
「洋服」を「つなぎ」に彫りなおしていきます、、、


ちなみに、、、、
「ガバン所長」のように、体格よく、ふとっちょにしているものは、、、
胴体の接合部にさらに粘土を盛り、その上から、洋服をリューターで
削りだしていき、シワや服のラインを掘り込んでいきました、、、



IMG_2473-002.jpg


時間の都合で、使える「エリ」や、ズボンのチャック類は、そのまんま使用して
深さだけ、彫りなおし、立体感を強調しながら、メルヘンなフィギアに仕立て上げます、、、


身長が、元の「兵隊さん」の半分になるので、装備品等が少し大きくなってしまいますが?
そもそも、そこが狙い目で、装備品の大きすぎる部分が、より「SDぽさ」を助けてくれて
有る意味で、究極の時簡短縮をしながら、SDフュギアを再現していきました、、、、、
たぶん、、、、
ご覧いただいた方のほとんどの観覧者さんが気づかない部分だと思いますが、、、
それと、、、
もう1個、、、
「台座の本」の部分ですが、、、、




基礎部分は、合板の貼り合せで、手で削り込んで本の形にしていくのですが??
その上から、プラ板の箱組みですっぽりとつつみこんで、「本」に見えるよう、、、
30cm×40cmのスジボリをしていきます、、、、




IMG_2583-001.jpg


背表紙となる部分は、ベニアをそのまま、茶色っぽく塗り、、、
ほんのページ部分のスジボリは、単純に線をけがくのではなく、、、
スジとスジの間に、彫刻刀を立てて、部分、部分、少~し、彫りを「押す」事で
ページのふぞろいな「凹凸」を再現してます、、、、

色に関しては、、、
小学生の頃、見てた「図書館」に並ぶ、古い茶色に焼けた、古書な感じで塗りあげ
使い込んだ、かなり痛んだイメージを再現していきました、、、



それと、本の文字の部分は、デカルか?彫りこみか?
悩んだのですが、、、、
イメージ的に彫りのほうが、作品に合うかなぁ?と、思い、、、
アキヤマファクトリーさんにお願いして、彫っていただいたプラ板を
使用して、ギルガメスな「絵本」に見えるよう頑張りました!!



IMG_2584-001.jpg



まぁ~~~、、、、
とにもかくにも「フュギア」はもちろんのこと、、、

「本」なんて

塗ったことも作ったこともないんで?相当、難儀しましたが、、、、
ご覧いただいた方々にお話を聞くと、「兄さん、凄く本に見える!!」と、、、手前味噌ですが
ぼちぼち好評をいただきましたので、ほっと安堵しておりました、、、





また、いつか、こういう変わった工作もやってみたいんで、、、
ロボや怪獣以外でも、色々楽しんでいきたいなぁ、、な感じでございます!!


ほいでは、各部ロケハン画像でお楽しみくださいませ!
















各部のアングル画像






IMG_2552-001.jpg


個人的には、1番好きな画像、、、、
なんでもない、ただの景色のような画像なのであるが?!

これが、SDの「飛び出す絵本」だとは、誰も思わない部分が?なんかお気に入り??
(変な感覚なんですが、模型が汚いと、青空との対比が本当におもしろい!)









IMG_2553-001.jpg


メンバーのT20君に頼んで、夜なべして製作していただいた、、、
超貴重な、ギルガメスなセメント袋、、、、、笑>てっちゃんあざっす!wwww
上手くかけないんですが?
現場っぽい空気が、非常に好きで、特に狙ったアングルとかではなく、、、
フュイギアやメインのロボがいなくても、なんか好きですねぇ、、、










IMG_2554-001.jpg


この画像もそうですねぇ、、、
なんかぼんやりと、タコが写ってて、、、何の画像か?よく分からない感じ、、、
隊長のぼんやり画像が妙にセクシーです!笑










IMG_2555-001.jpg


これ失敗画像なんですが、、、、
これも載せておきます、、、

これから、こういう「広告的」な紙モノを使用する人は、、、
貼り終えたら、肌色の塗料を、超サラサラに希釈して、1度薄くムラになるよう
筆塗りしておくと、さらに自然な感じになると思います、、、
(やり忘れちった、、、爆!!)










IMG_2556-001.jpg



倉庫の「扉」、、、、、
手前のボケた感じが、自分的にナイスな画像!!笑

1度、機会があれば、DAITENやMSAKI、拳王氏のATをここで撮影してみたくなりました!
たぶん、グラッツエな画像になりそうな気がする、、、、ウフ










IMG_2582-001.jpg


ブログ冒頭の全体像と少し角度の違う画像、、、、
本の質感、照り、など、汚しも含め、本をいかにして精巧に再現するのか
苦悩が伝わると、ちょっち嬉しい感じでございます、、、、










IMG_2559-001.jpg

カンタ紹介でも同じようなアングルでしたが、、、

とてもノリノリで製作した電盤やその下のブースター含め、、、
製作や、技法ウンヌンでなく、、、
ファンタジーとリアルの「はざま」で、兄さんが相当葛藤してたのが伝わる1枚!笑

そうそう、このカンタの「鏡」は、メンバーのペロが、切り出してきてくれた極小鏡で
ほんと、サイズ的にビタではまり、嬉しかったです!!
水道も頑張って蛇口こさえました、、、爆!










IMG_2563-001.jpg

展示会当日には、間に合わんかった、、、
ATの各種パーツ類、、、、

「届いたばかりのアーム部位」や「装甲がついてないフレーム部」、、、、
フレームのとこに、小さな<タグ>が見えるでしょうか??笑
こういうのこさえてる時が、一番楽しい時間なんです、、、オホホホホホホ
この新しいフレームで下半身が作られていくのかも?しれませんねぇ~??











IMG_2564-001.jpg

トンキチ&ジード曹長、、、
そして、、、ピンボケな「ニワオ」、、、

ホント、ニワオの顔作ってる時、めちゃくちゃ楽しくて、、、
毎日、何時間もニワトリの画像と睨めっこしてました!!爆
(知らない人が聞いたら、ホントバカ丸出しですが、、、笑)











IMG_2567-001.jpg

こういう写真も大好きで、、、

建物の「影」が作る模様がホント楽しい!
製作がリアルになれば、なるほど、その落とす影に凄みみたいなのが出てきて、、、
(勿論、自分のは、まだまだですが、、、汗)

サイズや作りは、ロケハンすると、ホントあとあと、、、
あぁ~~、もっとこうしておけば、おもしろい「影」が出来るのに~!!
みたいな、一人悔しがってたりする部分です、、、











IMG_2568-001.jpg


ウルフ隊長と、ガバン所長の会話に、むりくり横槍入れる
チンペイだが、2人ともスルーしているシュールな構図!笑

いっちょまえにそれらしいポージングは決めているチンペイ、、、ww
ただ、、、、最終的には「トンキチ(リーダー)」が、このアーム部分の
最終調整をするのかもしれませんね?!>頑張れチンペイ!笑











IMG_2577-001.jpg


ウルフ隊長の後姿、、、
後ろのガス缶と、机の脚が対比してておもしろい感じ、、、

ATの後姿も大好きで、今風のスラッとしたかっこよさが無く、、
ずんぐりしている感じが、ほろにがくて無機質な無骨さが時代感出てて超LOVEす!
(かっこよくない模型が基本的に好きな兄さんです!ウフ)










IMG_2580-001.jpg

パレットもマジたくさんこさえた、、、、
最初は、超クソマジメに製作してたのだが、、、

締め切り直前の、パレット下部は、相当手抜きしてて、、、
本来は、もっとガタガタで、不揃いな感じが良いのですが、、、、
まぁ、誰もそこまで見ないでしょうしね、、、笑











IMG_2579-001.jpg


ジャンンク・マウンテンから覗くAT、、、、


実は、どうでも良い話ですが、、、
この「あかずきん」と言う、タイトルにもなっている、このカスタムAT、、、、
真上から見ると、頭の赤いカバーが「てんとう虫」を模していまして、、、
別名「レディバグ」と呼ばれていた、地下格闘用ATなのでした、、、


最後まで、長い解説にお付き合いいただき、ありがとうございました!!
また、おもしろい記事かけますよう、頑張ります!!



たまには、こういう、楽しんで黙々とやる作業も良いもんですねぇ~♪
(模型は、ホント奥が深くて難しくて、楽しい!)








あ!次回は、、、、、、、、、、、、、、、、
ウフ、、、、、
久しぶりの「特撮特集」になりそうな予感、、、、、

それと、、、、
来年の展示会の、もろもろなお話、、、どうぞご期待くださいませ!!







ほいじゃ~~のぉ~~~!!!!




IMG_2570-002.jpg






























スポンサーサイト
 | ホーム | 

# ■「ダスト・マウンテン」








刻一刻と、、、、




 どもん~!!
更新が遅れてまして、本当に申し訳ナス!
お待ちいただいてるのは、重々分かっているのですが、、、、
展示会までもう、3週間切ってるのに、、、
刻一刻と時間だけが過ぎていきます、、、
(皆さんは、もう完成してますでしょうか?!滝汗、、、






なにぶん、手が遅いのと相まって、、、
今回、非常に難解な「ダスト・マウンテン<ゴミの山>」に挑戦してて、遅くなってしまいました、、汗



ご存じの方が多いとは思いますが、いちよう、説明なんかも、、、
(え?そんなもん必要ない、、、まぁまぁ、、、聞くのはタダですから、、、ホホホ)
今回のディフォルメ選手権用のジオラマの舞台が、「ジャンク屋」でして、、
ジャンク屋と言えば、、、


そう、、、、、
「ゴミの山」なんですが、、、、、


ネット中ぐるぐる検索して、自分のイメージに合う画像を探しまして、、、
ようやく1枚の画像に出会いました、、、
もちろん、僕の思う理想にどんぴしゃ!っと、まではいきませんでしたが、、
今回の製作するモデルのイメージがコレになります、、、






img_0.jpg



一見すると、単純にプラ棒を撒き散らして山を作れば、いけそうな気がしますよね~?!

ウン、、、実は、最初から大変だとは思ってたんですが、、、
今回のジオラマの山場(まさに!)となるのが、今回の記事です、、、
たぶん、、、
これの出来如何で、ジオラマの良し悪しが決まる最重要ポイントになる場所でして、、、



よぉく、眼を凝らして画像をガン見していくと、、、
ひとつずつ、全てのゴミの色が違うのと、素材や、置かれてる年月により痛み具合も
ばらばらに異なるため、非常に模型的には、やっかいなしろものでして、、、
ここに、「ボトムズ」的な少しTVの匂いもするキャラ臭も入れながら製作していきました、、、




最初に、土台から作るのですが、、、、、











「ゴミの山」の製作



まず、今回の製作で1番危惧したのは、、、、
「無造作」であること、、
人の手で製作していくものの、やってある感や作ってる感が、見ている人に伝わってしまうと
空気が台無しになり、ジオラマ自体が死んでしまうので、、、


ゴミは出来るだけ、無軌道で無配慮になるよう頑張りました、、、
とは、、、言いつつ、、、
このゴミの山も、最初は、綺麗な山だったハズ、、、(時間軸を逆算するとね、、、)
なので、基礎部分は、たぶん、水平に積まれていくのであろうと予想して、、、
最下部は、型取り用ブロックで、その上に大量に切り出した木材で製作していきました!



<最初の状態>



IMG_2266-001.jpg


ブロックを不均一に、接着し、その周りを1mmプラ板で覆う、、、
木の板は、合板とバルサの組み合わせで、水平に積みながら、アシンメトリーを出していきました、、、




次に、、、、





<基礎部分の下処理>



IMG_2270-001.jpg


たぶん、ゴミの山の前に置く、各種ストラクチャーの「隙間」から、、、
山の下部分が少し見えてしまうハズなので?

適当な流用パーツを接着して、なんとなく、「廃材」感を出していき、、、
上の木材の部分に「下色」として、クリアーイエローを吹いていきながら、
乾燥後、タミヤのスミイレ用黒で、おおざっぱに汚していきます、、、



そして、、、、







<木材の部分の塗装>


IMG_2274-001.jpg


適当に流れた「黒」を基準にして、<木目>を入れながら、板全体を
まばらに見えるように、着色して、模型的な重さを入れていきます、、、、、


よく、本物の木材を使用してると、、、、
本物の、「木」なんだから、リアルで当たり前ジャン!とか、ビギナーの人の声を聞きますが?
木材でアレ、プラであれ、塗装をしなければ、空気感台無しのチャチなモノにしかなりません、、、
論より証拠で、、、1枚目の「素」の木材の状態と、木目や色が入った3枚目を比較すると?
まったく空気が変わっているのが、分かるかと思います、、、



特に今回は、ジャンク屋の汚れたゴミの木材なので、、、
ピグメントやテクスチャーペイントを多用しているので、臨場感も出ているかと思います!
(と、、、自分では良い感じなんですが?人が見るとどう見えるのでしょう?>超不安ですが



UP画像で載せておくと、、、、



IMG_2278-001.jpg


木目にそいながら、風とかで飛んできた砂が、模様を描いていきます、
さらに、雨による「しぶき」で、木材側面に砂が飛び、木材側面に模様が生まれます、、、

ちなみに、、、、

こんなに一所懸命書いても、、、、実のところ、ゴミが大量に上に乗るので、
ある意味、「無意味」なんですが、、、
全然見えなくなるわけでもないので、ほんのわずかな事ですが、空気感を大事にしています!



ここまでの作業が、「下処理」の部分で、、、
これにたくさんのゴミを作って乗せていきますが、、、、
時間の都合で、そこはすっとばしていきます>スマヌ、、撮影する時間さえ無い状況でして、、汗
(画像で、あとでまとめて解説します、、、














「小物つくり」



ツイッターでも少し公開したんですが?!
今回は、「室外機」と「小型冷蔵庫」、それにだいぶ前に自分で出した宿題、、、
「ドラム缶」を作り、並べてみました、、、


まず、、、
いらない戦車のボディーから、欲しい部分を、くり抜いて、綺麗に整形して、、、
そこに側面や底面をつけて箱にしてから、ちゅちゅちゅっとやっつけていく!



<注意>
兄さんの場合、「静岡見本市」でタミヤやハセガワのジャンク市で、大量にジャンク品を
集めてきます、なので、、、一見、リッチモデリングに見えますが?
その実、非常に安く仕上げてます、、、
静岡ホビーショーだと、1ランナー、50円から手に入りますので、お時間があれば皆さんも
静岡に遊びに行く際は、ぜひっ、あさってみると「お気に入り」が見つかるかも?しれません、、、



で、話を戻しますが、、、、
これが途中画像、、、



IMG_2279-001.jpg


もともと、ジャンク置き場に設置するので、、、
ゆがめながら形を作り、自然な感じで「よたらせて」いきます、、、





え?
見たいですか???
どんな感じなのか?












奥さんもほんと、、、



好きなんだから、、、ウフ
















<着色画像>



IMG_2335-001.jpg


はい、、、、
いかがでしょうか?!
(なんとなく、そう見えてくれればいいんですが?)
デザイン的には、少しSFっぽい感じで、でも、知らない人が見ても、「それ」と分かる感じで
形にしています、、、


左側が、「小型冷蔵庫」で、右側が「室外機」です、、、
両方とも、静岡で購入した200円のエッチングパーツを使用してディテールUPしてます。
(これがなんと?!F40用のパーツ!!200円だよ!マジ嬉しいよねぇ~!ウフ)


大きさがいまいち分かりにくいかと思いますが???


室外機の「風車」のエッチングパーツ部位が、およそ親指の爪くらいな感じ、、、
なので、そこまで小さくは無いのですが、、、
マジカワイイです、、いやん~!!











次に、「宿題」だった、、
強敵「ドラム缶」、個人的には、タミヤ大好きなんで、、、
売られてるキャスト製品とかではなく、なんとか、改造して個性を出していければと
今回も奮闘してました、、、、>これが、難しい、、、
(やっぱ、素直に真鍮板でこさえるほうが良いのかも???)




最初に、、、
通常通りパーツを組んで、接着剤が乾燥後、リューターでぐいんぐいん削りながら
極限まで薄くしていきます、、、


IMG_2264-001.jpg


誰も真似しないと思いますが、、、
物凄く、熱くなるんで、コピる人は、火傷しない様、注意してください、、、

ウスさ的には、0.5mm厚以下になればOKだと思います!!
中身を半分以下にダイエットしたら、、、


コンロの上にもっていき、、、
自然にぐねるのを待ちます、、、、





IMG_2265-001.jpg



特に何もしなくても、、、
超薄くしておけば、勝手にイカのようにウネウネするので、、、
火傷に気をつけながら、好みの形状にします、、、


そしたら、、、
0.5mmプラ板を丸く切り抜き、、、、






IMG_2262-001.jpg


「フタ」を製作していきます、、、、
切り抜いたら、プラ丸棒を輪切りにして、オイルを入れる「口」もつけておきます、、、



パーツが揃ったら、全部接着して、仮組する、、、





IMG_2268-001.jpg


ちなみに、、、、
「あれ?兄さん<合わせ目>消してなくね?」
と、、、、
思う人もたくさんいるかもしれませんが???
個人的には、ドラム缶は1枚の板をまるめて溶接しているので、、、、
合わせ目がるのが普通であると、考えてます、、、


無論、スケール的には、オーバースケールになりますが、、、
今回のような、ディフォルメに使用する場合、あえて大袈裟に見える方が
より臨場感が楽しめるかと思ってます、、、、


え???
そんなクソ話いいから、画像見せれ???










しょうがないなぁ、、、、



のび太くんはぁ、、、、、











<着色画像>



IMG_2346-001.jpg



と、いう感じで、、、、
各種ストラクチャーも準備しつつ、、、、


「山」に必要な、各部品を流用パーツとプラ板で組上げていきました!!




ホントはねぇ、もっと進んでるハズなんですが、、、、
なにぶん、今回のような「見本」もなきゃ、作り方もよく分からない、、、、
まして、、、
「仮組み」とか出来ない、ジャンク・マウンテンは、物凄く手ごわく、、、
しかも、、、
鬼のようなパーツ数なため、ともかく「時間」ばかりが食われていき、、、
記事を楽しみにしているかたがたに、ホント申し訳なく思います、、、スマヌ、、、
(みんな何度も覗きにきてくれて、あざっす!




ほいでは、、、、、






皆の衆、、、、



準備はよろしいか?!




お粗末ですが、、、、



これが最新画像です!



















「ジャンク・マウンテン」!!







IMG_2354-001.jpg











IMG_2352-001.jpg












IMG_2353-001.jpg








以下、解説、、、、
(ざっくりと、、、笑)





IMG_2348-001.jpg







裏から見ると、、、、、



こんな感じ、、、、






IMG_2355-001.jpg

まだ、、、
張りたてで、もう少し「色」つけないと、臨場感が出てないですねぇ、、、汗
(なんせ、今日貼ったんで、、、ご勘弁を、、、)


え???


そんな裏側なんか、どうでもいい??!
(ちょ、マジすか、、、、汗、、、)



<くもの巣>のUPでしょうかぁ??!
はい、、、、
中毒患者の方ですねぇ?>もう、、、末期ですねぇ、、、、かわいそうに、、、



最後に、もう1枚サービスしときますんで、、、
「赤ドク蜘蛛」のカワイイ巣をお楽しみくださいませ、、、、





ではでは、、、、
次回、いよいよ、大詰め!!
「最後はフュギアだ!」
で、、、
また、お会いしましょう~!!













IMG_2337-001.jpg














ほいじゃ~~のぉ~~~!!!






PS;GBWCの難関を突破された皆さん、本当におめでとうございます!!(良かったねぇ!)
   冬に向けて、いよいよ本格投票ですが、最後まで楽しんでいきましょう~!!












 | ホーム | 

# ■「新・選手権への道!SDボトムズ」3









「パレットの決着!!」






どもん~~!!

お久しぶりです、、、、
「ももちゃん」への皆様の暖かいコメ、ホントあざっます、、、、
インフル後は体調を取り戻せたかに、、、見えた、、ももちゃんでしたが、、、、
翌々日、、、
食事中いきなり嘔吐して、、、かみさんも家にいなかったので、、、かなり慌てました、、、
(緊急対処で、抱えて風呂場に走り!爆、ジュウタンのゲロ処理後、ももちゃんを救出!笑)


てんやわんやな感じでしたが、、、、
季節の変わり目と言う感じで、たぶん胃腸が弱っていたみたいで、、、
「食え!食え!!」
と、せかした自分を猛省、、、、滝汗、、、、
こどもの食事速度は、毎回イライラするのであるが(なんせ洗い物がすすまん!




でもねぇ~~、、、ホント申し訳ないことをした、、、




皆さんも、季節の変わり目、体調には十分留意してくださいませ!!






と、、、、、、、、、、、



言う事で、本日は、めずらしいお客さんも



遊びにきたんで、、、、、



ぜひっ、のんびりくつろいで下さいませ!










IMG_1602-001.jpg


 その昔、、、、
親友の「濱薫」が兄さんにくれた、フュギアなんですが、、、、
僕が、「トラ吉」と命名してみました!!
(普段、僕の全作業工程を、見ている、唯一の「生き証人」、、、、>んな、大袈裟な人でもないんですが?爆)

>めちゃくちゃお気に入りな、1/35改造フュギアです。





つうわけで、、、、
前回の「やりのこし」<宿題>と合わせて、、、、
今回もまた初めてづくしな、タミヤ模型&ボトムズ彩色画像を合わせてご覧頂きましょう~!!


トラ「オラにもしゃべらせろぉ~~」
兄「つうか、、、何しゃべるのよ???この人、、、、、、??」



★冗談はともかく、トラ吉君がいるおかげで、記事をご覧の皆様も「適正」なサイズが容易に
想像できる、比較用現場職人です、、、はい、、、筋金入りのプータローなんですが、、、













前回分の宿題を公開!!


 まずは、、、
「トラ吉」の足元に少し写ってる、前回のパレットの残骸から、ご覧くださいませ、、、




★前回の途中画像

IMG_1458-002.jpg


前回の時は、塗装はしてたんですが、、、、
画像掲載をしてなくて、、、
ちょうど良い機会でしたので、本番のパレットともども全部、塗りなおしました、、、










IMG_1605-001.jpg



IMG_1608-001.jpg


一見すると?「コンパネ」にも見えるのですが?
正真正銘の「パレットの残骸」でございます、、、、
(の、つもりで~す!笑)


前回、お見せできなかった理由に、塗装が稚拙すぎて、恥ずかしかったのと、、、
あまり時間が無く、やりたいことが、できていなかったためなんですが、、、、
今回は、よくばって全部、やってみました!


画像、むかって左側から、、、
1枚目のウラは、カビてて、白カビが繁殖、なかば腐りかけな感じです、、、
重なってる2枚目の板は(中央)は、直射日光で、板が反り返り、表面がするめのように
めくれあがって、割れてきてる状態、、、
そこに、コケが繁殖していき、、、さらに、ほこりが薄くかぶって、、、誰かが「こすった」跡を
入れてみました、、、
一番右の板は、たぶん、ちょっと「こげてるよ!!」あんた、、、な、感じです!!笑



まぁ~、色々試して見ましたが、、、
なかなか、思うようにいかず、もう少し研究の余地があると思いました、、、
(その前に、塗装技術を上げねば、、、、滝汗


ホント、この前もあにくんと話してて、、、
作るのは、簡単なんですが、、、「塗る」のが難しく、、、
理想の仕上がりにするためには、もっともっと修行が必要だと痛感、、、、
(そんな簡単に出来るようになるなら、誰も苦労しないと思いますが、、、なかなかねぇ、、、)








IMG_1609-001.jpg


大きさは、3cm×3cmくらいなんですが、、、
分かりやすく、手のひらに載せてみました、、、、
ほんでね、、、


考えたんですよ、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


この3cmマスに、自在に自由に色が表現できれば、、、、
MSの塗装も、怪人や怪獣、建物の塗装も、かなり上達するんだべなぁ、、、みたいな、、、、
(雲を掴むような話なんですが、、、、滝汗)







お次は、本題の「パレット」です、、、、、、、、、、、
これも、さんざ悩んで、、、やっぱ、、、「ドライブラシ」なのかなぁ?!みたいな、、、
色々な塗装や、表現があり、ピグメントを使用したりする場合もあるでしょうし、、、
悩んだんですが、、、
正直、初心者なんで、まずはベーシックなドライブラシを試してみました!!
(なんせ、ジオラマのストラクチャーなんて、マジメに作ったことが無いもんで、、、汗)







IMG_1519-002.jpg


<コチラが前回公開した、ふがいない、似てないパレット、、、汗>

つうか、、、塗装が、「素」すぎて、笑えました、、、、>








そして、、、、

これをドライブライして、ダメージ痕を入れ、綿密に調整したのが、、、
コチラ!!







IMG_1722-001.jpg



IMG_1724-001.jpg


 いかがでしょうか?
たぶん、、、、ね、、、、
ジャンク屋に集まる、いかれたボトムズ乗り達が、フォークリフトに乗るでしょ?!仮によ!


そうすると、扱いがめちゃ粗いので、フォークの刺す正面の板口がガツガツ削れちゃうではないか?
みたいな、想像と、、、、、


今回、「残骸」にもほどこしたが、、、、
「クギ」も表現して見ました!!
(そう見えてくれると、非常に嬉しいのですが、、、、、、、、優しい目で見て頂戴ね!)




コチラがUP画像




IMG_1580-001.jpg


かなり小さいため、相当「見ずらい」画像になってるんですが?!

「分かりますでしょうか??」



作り方を聞かれそうなんで?いちよう記載しておきますと、、、、
「インセクトピン」と、入れてネット検索すれば出てくると思いますが?!
「00番」と、言う最小径のモノを購入します、、、、


お察しの通り、昆虫採集に使う「虫ピン」で、頭が「丸く」なってますので、、、
180番とかで研いで、頭をクギのように平らにして使用してます、、、
勿論、小さいですが、メタルプライマーを使用しないと色は乗りませんので要注意!
(すぐ色がはがれて、ダメになるんで、コピる際は、めんどうがらず頑張りましょう~!!)


以上で、前回の宿題分の「パレット」に決着!!
(出来は、そこそこなんですが、塗りがねぇ~~、、、、センスが無いという、、、悲しいオチ








続きまして、、、、
皆さんも、よくご覧になる「カラーコーン」と「ドラム缶」にも挑戦してみました!!
ぶっちゃけ、、、、コーンはそこそこ、見れる感じですが、、、
ドラム缶に関しては、マジで自分で画像見て、笑えました、、、、、




10月まであるんで、、、


なんとか、それまでにピグメントを扱える「ガンダム職人」に成長するべく、、
現在鋭意検討中です!!
今日の「不出来」なドラム缶に関しては、言い訳しないが、、、、
必ず、「答え」にたどり着くまで、研究してみようと、頑張ります!!




あ!!
そうそう、、、、「バケツ」も作りました!!
(これもまた、難しかったんですが、、、とりあえず中間報告!!)













「カラコン」と「ドラム缶」と「バケツ」の製作


 見やすいように、、、、
「トラ吉」君と、記念撮影!!パチッ!


IMG_1726-001.jpg


あら??
ピンボケてるわ??!



つうわけで、もう1枚パチリ!!




IMG_1725-001.jpg


トラ「おいっ!オラァ~がピンボケてるでぇねぇ~の!!」
兄「いや、、、君、、、、仕事しなさいよ!!」爆



いかがでしょうか?!
どことなく、カラーコーンに見えてくれると嬉しい感じなんですが?

あ!
ちなみに、カラーコーンは、何種類か?キット化されてて、、、、
AFV系の模型店をあされば、ボチボチ出てきます、、、
今回は、貧乏な兄さんなんで、全部自作してますが?ふところに余裕があれば
購入して遊んで見ても楽しいと思います!!
(たぶん、1000円前後で買えるハズです!)



いちようレシピなんぞ、、、、、
(え?そんなもん、ど~でもいい?!、、、ですよねぇ~!興味ないっすよねぇ~!爆)





IMG_1610-001.jpg


おもな材料は、画像に記載しておきましたが、、、、
今回、急いでて、洋白線をハンダ付けして作りましたが??
こういうパーツって、服飾系のお店行くと、探すと安く入手できるんで、時間があれば
製作せずとも、探索すれば出てくる可能性「大」です!!


まぁ、実際は、作るのが楽しいのですが、、、、、、
皆さんのお時間の都合もあるかと思いますので、作るのも買うのも、その辺は、時間との
兼ね合いと、言う事でしょうかねぇ、、、、






つうわけで、、、、、
かなり、笑える「ドラム缶」の時間です!!爆
(なら、公開するな”!とお叱りを受けそうですが、、、、、向学のための戒めと言うことで、、、汗)




使用したのは、タミヤのドラム缶なんですが、、、、、、、、、、
ただ作っても、作品としての「自分らしさ」の表現が出来ませんので、、、
中の液体が、気化して、ドラム缶のフタがぷっくりしてるやつをこしらえてみました、、、



いちよう、比較画像を最初に貼ると、、、、



IMG_1681-001.jpg


見ずらいですが、、、
右側のヤツが、素組のドラム缶で、フチが厚く、フタが平らで、ちょっと馴染めない雰囲気、、、


ある意味、タミヤの正確な金型が災いして、、、、
どうも「無機質」に感じるので、ドラム缶のフタを改造していきました、、、、、、、、



マズ最初に、、、、、

IMG_1672-001.jpg

ドラム缶のフチを薄くしていき、、、、、、、、
初見の違和感を緩和していく、、、



次に、、、、




IMG_1674-001.jpg


フタについてる、ディテールを壊さないように、、、、
そぉ~~~っと、切り離します、、、後で使うので慎重に作業してます>ぷるぷるぷる、、、、、






IMG_1676-001.jpg



そして、フタを裏返して、、、
はめ込み用の段差の部分に、瞬間を充填していき、、、









IMG_1677-001.jpg


フタに曲面をつけるように、ヤスリをかけていきます、、、
そうすると、なんとなく、「人間味」のある形状になる感じがしました、、、、









IMG_1679-001.jpg

最後に「見本(右側)」を見ながら、先ほど切り取ったディテール部位を
貼り付けて完了です!



と、ここまでは良かったのだよ!!
ウン、、、、


ここまではな、、、、ゲフンゲフン、、、、ゲフン、、、、、





で?!
塗装したら、、、、、、、、、、、、、




アジャパ~~~~!!!爆








IMG_1731-001.jpg


え?
そこまでひどくない?!笑


いやぁ、、、、、あくまでも、自己満足の世界なんで、、、、
自然の産物なんで、「正解」はないんですが、、、
自分の理想から、10万キロほど離れての着地に、正直、独りで爆笑してました、、、、
(まぁ、勝負はこれからです!!絶対に許さんぞ!!ドラム缶めっ!!



あ!
僕の持ってたタミヤ「ドイツドラム缶セット」には、、、、
「水まき用」?「給油用?」なのかなぁ?スイマセン、、、、うとくて、、、、、
なにやら、ホースがつく、タイプのヤツもあり、、、
そちらも、塗装して見た、、、
(全然懲りてないんだなぁ、、、、これが?!爆!!











IMG_1730-001.jpg




IMG_1729-001.jpg




なんとなく、「アウトロー臭」を演出して見ようと、、、、
「タマが当たった」風な感じで仕上げて見たのだが、、、、


ど~~も不自然、、、、


なんか違う、、、
これだと、、、、、、








「シムラァ~~、シムラ!タマ




弾当たったから、、、、」汗









的な、、、、「やらせ臭」が、不穏にただよう感じがして、、、
これまた猛省、、、、チッ!!
(要は、センスの問題なのである、、、そこらへんが、キャラ屋の切実な問題、、、、汗)


なんか、、、、あざとい感じが、出てて、、、、
自然な感じに、ならない、、、
なんで?、、、AFVの達人のセンセがたとかは、あんなにもナチュラルなんだろうか?!
ホント、、、、今年最大の難問です、、、、


とりま「ドラム缶」に関しては、今回も「宿題」としてみましたので、、、、
全然興味が無いとは、思いますが?!笑
ぜひっ、兄さんの成長を楽しみにしていただきたいと、、、、
え?


「ロボット出せ!!?」


いや、、、、ほら、、、、
まだバケツとかあるし、、、、、
あと、少しの我慢です!!爆!!




つうことで、、、、、
最後はバケツだ!!








IMG_1683-001.jpg


これもタミヤ製ですが、、、、
そもそもが「プラッチック製バケツ」だと思うんですよ、商品自体が、、、、コレ、、、
たぶん、青く塗ると、バッチリなのに、、、、


ボトムズの世界観的に、どうしても金属製のあの感じにしないと合わない為、、、、
致し方なく、金属っぽく、フチを薄く、合わせ目をわざわざ追加してみました!!
(おもしろいが?普段は合わせ目消しするくせに、逆に合わせ目を作らないといけない!爆)


2個あるので、1個は、「トトロ」な感じの、底抜け的なやつにしてみた、、、、
ウラから穴あけて、コピー紙を貼り、プスプス穴あけてやりました!






今回の、ブリキ的なアルマイトの色は、、、
少し、、、自信があるっ!!笑
(ちなみに、タミヤアクリルで塗装してみた!!)









IMG_1734-001.jpg


いかがでしょうか?!
小学校の時に使ってた、あの薄っぺらなアルマイトなバケツ感、出てますでしょうか?!
(ちょっと持ち手”が太かったけど、、、、まぁ、、、よしとしましょう!!ウン、合格!)



一見すると、金属のような色合だが、、、、
実は、金属色は使用しておらず、、、
サフを吹いた上から、直接タミヤアクリルのグレーを吹いて、溶剤をぶっかけた状態です!
そうすると、サフのツルツル感が、上手いこと作用して、このような金属表現が可能となります、、、


最後に、薄めたタミヤエナメルのブラウンをちょこっと加筆してやると、画像のよな「立派なバケツ」に変身するですよ!
なかなかの「日の丸弁当箱」具合に兄さんもご満悦!!
(なんか、ドラム缶の仇をとった気分、、、、、いや、、、問題すり替えしてるだけでしょ、、、笑)









、、、、
と、言う事で、、、、
ゲロ長い、前置きでしたが、、、、、、、、、、、、
いよいよ、ボトムズを少しだけ公開、、、
(何度も言うが、公開するのは、サブキャラです!メインの製作は、夏過ぎぐらいかなぁ、、、?)

















「新・選手権への道!SDボトムズ」3



大変長らく、、、、
おまんたせいたしました、、、、、、、、、、!!!



急ピッチで、組上げたため少しザツですが、、、、
チョイ出し画像を、さらしておきます、、、、













IMG_1737-001.jpg


いや、、、、、、
こんなモンって、、、あ~たぁ、、、、、
(どっか、行ってちょ!この酔っ払い無銭飲食オヤジは、、、、





えぇ~~~、
「ここだけ」読んで下さいまし、、、、!!


画像はめんどいので、解説ナシで貼りますが、、、、、、、、、
あくまでも、「準備画像」なので、本番は、全然違う感じになります!!
くれぐれも誤解やクレームのなきよう、事前にご承知置きくださいませ!
(そもそも、そんな簡単に、ネタなんか見せませんよ!笑)


ではでは、、、、、
前回記事の「夜景」で画像が、明確に見えなかったイライラ感を解消したので、、、、
ゆっくり楽しんでくださいまし、、、、、、、











IMG_1738-001.jpg




IMG_1740-001.jpg




IMG_1741-001.jpg






IMG_1751-001.jpg






IMG_1747-001.jpg






IMG_1745-001.jpg






IMG_1752-001.jpg








ではでは、、、、、
皆様、「SDボトムズ」の続編は、これでしばらくお休みとなります、、、、、、、
また、更新できる準備が出来たら、なにかしら更新していきますが?!
果たして?どんな情景になるのかは?!ご想像にお任せします、、、、、、、、、、、



それと、、、、、
この前の一般卓応募、思いのほか?肩透かな感じでしたが、、、、
逆に変な混乱も無く、安堵してます、、、、


少し気になったのが?!
エントリー作品が全て「新作」でしたが?!
一般応募卓は、基本、何を置いても自由なので、特に新作にこだわらなくても?!
過去作品でも、何かの入賞作品でも、過去販売されたオリジナルガレキでも?
自由ですので、気軽にエントリーしてくださいませ!
(たくさん並んだ方が楽しいですからね!)



次回予告!!
「イカデビル参上!」
(これまた、ロボじゃない、がっかり感満載なぷるぷる記事で、、、、、爆!!)






ほいじゃ~~のぉ~~~!!!!









 | ホーム | 

# ■「新・選手権への道!SDボトムズ」2










「貼り逃げ大魔王襲来!!爆」







 どもん~~!!
ご無沙汰でした、、、、、



たくさんご心配おかけしてしまい、恐縮です、、、、
いよいよ、明日「治癒証明」をいただき、金曜日には、、、、
ももちゃん「保育園に復活!!」(いやぁ、、助かるわ、、笑)
まぁ、なんでも流行に乗るのは良い事ですよ!!爆



まぁ、そんなウチの小事はおいといてもだ!!






いよいよ今週末!!



「第2回千葉しぼり展示会」の



「一般卓仮応募」が開始される!






ディフォルメ展示会宣伝バナーサンプル02


★詳細は、ココに飛び、何回も反復して読んで下さいませ!!<千葉しぼりHPイベントページ>

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy





とにもかくにも、「先着順」と、言う事で、、、、、、、、、
後から、兄さん「コレ展示したいのですが、、」的、救済処置は、今回出来ません!!


くれぐれも書くが、会場にお越しになる大変な数のモデラーさんに見ていただきたいと!
希望するなら?
もう~、なにがなんでもエントリーするしかなく、展示希望者は、気合で頑張ってください!!
(まぁね、やっぱ展示物があると、名刺も大事だが、なにより分かりやすい!!)




もう1度言うが、、


誰でも展示可能です!!


<あせらないで、よぉ~く、イベントページの詳細を読むこと!!厳重注意!>




ほいで、、、、
応募システム上、仮に、週末の土曜日の朝方、、、、



「実際には、金曜日の夜中11:59スタートだよ!」<勘違い注意!!>




書き込めたと、、、、、しても、、、、、、、
上から数えて、156番以降の場合、申し訳ないのだが、「そこ以降」は全て、展示不可となります。
実際どのぐらいの募集がかかるのか?
準備当初は、読めておらず、、、(スイマセン)


「SD選手権」の方が、瞬殺でしたので、、、、
来年以降、この反省も踏まえ、さらなる会場の広さをキープできるよう、配慮させていただきますので
今回、ご応募の皆様の気持ちに応え切れてない部分は、来年お返しさせていただきます!!




大事な話なので、もう1度書くが、、、、
上から数えて、156番以降は、残酷なようだが、残念賞と言う事で、、、
、お許し願いたい、、、スイマセン!!






そんな、業務連絡も終わり、、、、、
そうそう、、、、
僕はツイッターをやらないので、全然知らなかったんですが、、、、、


「兄さんは卑怯者」!と、言う、なんとも名誉なことでお褒めにあずかりまして、、、爆!!
ありがとうございます!!笑

そりゃ、そうだよねぇ、、、、


何の解説も無く、単に「ダンボール箱」やら「セメント袋」やらの画像を貼り逃げしてるので?
なんなんだよ?あの人は?!
の苦情もうなずけます!!(マジで、、、なんなんだよ?兄さんは?爆)


そうねぇ、最近、忙しくて、全然記事をかまけてたんですが、、、、、、、、、、
いよいよ、全貌の一部を、本日、ほんの少しですが、、、ご覧に入れます!!
度重なる、中途半端な「番宣」に痺れを切らした、全国のぷるぷる中毒の皆様、、、、


ほんの「さわり」程度ですが、、、、、、、、
ぜひっ、本日の記事で、お腹いっぱいになって、満足してお帰りくださいませ!!
(今日は、かなり大判振る舞いなんで、画像てんこ盛りだよ!!)














「ダンボールの謎とき」から、、、


 はい、、、、、
2回ぐらい前の記事で、皆さんの「ダンボー熱」に押され、、、、
勢いあまって、ジオラマのストラクチャーに使う、ダンボールの画像を貼りました、、、



、、、、がっ、、、、、、




告知しました通り、、、
「未完成」の途中工作画像で、その詳細がかけませんでしたので、、、、
今日は、まずそこから行きましょう!!






何回か前の記事で「箱組み」の仕方を、解説したんですが、、、、
交流のある、「EVABO」くんが、まず手始めに、その作業に入り、、、、、
そこに師匠の「Phantom」氏が割って入り、さらに格闘王のかさばる兄さんが入り、、、
そこへぷらっちっくさんだのRENさんだのとみさぶろうさんだの、Finoさんだの、、、
もう、全日か?お前ら?ぐらいの勢いで、、、
「箱組み」から進化して、いつのまにか「ダンボースクラッチ合戦」に発展、、、
詳細は、かさ兄のこの記事に書いてあるんで、興味があれば、、、)



挙句の果てに、、、
バナーまで、こさえて、、、、>いや、単なる祭りでコンペでもなんでもないのだが?

20150224021104113s.jpg


一部の、fc2仲間で大変なブームが巻き起こり、、、、、
まぁ~、、、、次から次から、出るわ作るわ、飲めや、騒げやの大騒ぎ!!



sky_danbos.jpg
20150212172954368-001.jpg
20150223191550461-001.jpg
casa_danbo02s.jpg


こんなに、アマチュアの画像をベタベタ貼り、、、、
「何の意味が」と、、、、思ったそこの貴方、、、


何か?気がつきませんか?!

この画像、各モデラーさんが、「生まれて初めてやったスクラッチ造形」なんですが?!




「初体験」なんですのよ!

「奥さん!」
、、、、、、、、滝汗、、、、、





正直、僕が引くぐらいの精度もあり、そして速度も速く、なによりも、、、
今まで「高嶺の花」だったスクラッチ工作を、初めてのプラ板工作でここまでやってるんです!”
めっちゃ「楽しく」見えませんこと!?



え?
「兄さんのお陰」、、、、、、、、、????



とんでもない!!

これ全て、各自の受け止め方の話!!



僕の記事を、読まれてる方で、、、、
「僕なんか、まだまだ、早い、、、」と、、、勘違いしてる人が、もし??
まだ、いるなら、、、、ぜひっ、1度、騙されたと思い、プラ板組んでみてください!!
僕も模型は上手くないんで、偉そうなこと書いちゃうとアレなんだが、、、


どんなに大きな「山」も、最初の1歩は、凄くすご~~~く、小さな一歩なんです、、、
単に記事を「見てる」のと「見て分かった気になる」のと、、、、
実際に、自分の手でやるのとは、雲泥の<差>が、数年後に現れます、、、、
そりゃぁ、急にプロモデラーさんみたいには、作れないと思いますよ、、、、
でも、見てるだけじゃ、一生始まらないんですよぉ、、、、
無論、「プラ板工作」が出来たら、天下取れますよ!な、話じゃないし、、、、、
ソレができても、偉くもなんとも無いんです、、、、
でも、、、
今、この「チャンス<機会>」を、逃すのか?
ダメ元でやってみるのか?では、2年後、3年後に、大きなアドバンテージが開きます、、、、



僕が言いたいのは、、、、、、


ほんのささいな現象ですが、、、?!



自分の趣味に「夢」や「希望」が見れる、、、と、いう事です、、、、、、








どんなに「高いニッパー」を買おうが?
どんだけ「道具や材料」を揃え様が?使わなきゃ、何の意味も無いと、僕は思います、、、
まぁ、短く言やぁ、「余計なお世話」な話ですが、、、、笑
ぜひっ、ダメ元で、やってみて下さい!!
(直角が自分で出来ると?初めて出来た「合わせ目消し」と同じぐらい嬉しいよ!!)




なんて、凄いモデラーさんたちに、、、、後押しされ、、、、
僕もテンションダダMAXになり、ようやく僕の「ダンボール箱」が、完成しました、、、、







IMG_1528-001.jpg

前回の画像とは違い、、、、
重たい荷物によく見る、ホチキスやら、前は無かった「割れ物注意」や「取り扱い注意」の
メルキアステッカーが完成!!
(デザインや製作をT20が担当してくれて、めっちゃ雰囲気満点!!)


あ!
そうそう、、、、、
今日の記事の大事な話、、、、、、、、、


模型の「ウソとホント」を書いていきます、、、、、
見ればね、「あぁ、ダンボールの紙でやれば、簡単でしょ?」
と、思いますよねぇ?笑
(たぶん、やらないと分かれないと思いますが、、、、、、、)

実物と模型の「はざま」っちゅうのがあって、、、、
実物と同じ作りなら、模型もそうなる、、、と誤解しがちだが?!
結論から書くと、そうはならないのが模型なんです、、、、
それは、スケール的な話ではなく、我々も常にあびてる「重力」のお話、、、、


本来、僕らが目にしてる全ての「物品に均等にG」が加わってるんですが、、、、
模型は非常に軽いため、それが「見え無い」のね、、、、
なので、画像で写したり、肉眼で見た際に、どうすれば、そう見えてくるのか?
と、言う「ペテン」をかけていきます、、、、


それは単純に、見た形や情報量だけでなく、人間の視点ではない、、、、、
「小人」な感覚が必要でして、、、、
上手く僕も説明が出来ないが、見てるほど単純ではないと、いうお話、、、、
(たぶん、荒川さんや荒木さんが、さも簡単そうにやるので皆さん誤解するんだと思います)


そうそう、、、、

前回は無かったが、、、、
今回は、中身もあります!!


中身は、「大型のバリアブルコンプレッサー付きマッスルシリンダー」<闇商品>が
納品されていて、、、、
こんな感じ、、、



IMG_1497-001.jpg

ありあわせのAFVのパーツの組み合わせで作りました、、、、
無論、、、、

裸で商品が、ダンボールの中にあるわけではなく、、、、
ちゃんと、メーカーのビニール袋に入り、クッションも入っている!!
(よく見る、プチプチではなく、発砲スチロールのタマが入った子袋なヤツで梱包してます)








ねっ!!









IMG_1530-001.jpg


ぶっちゃけ、リアリティーは上がるが、、、、、
中身の商品が見えにくく、、、、
(せっかく中身まで、こさえたのに、、、、滝汗)



しかも、鬼のように大量のプラ丸棒を切らないといけないんで、、、
正直、お奨めはできない、、、、滝汗




中のクッション材は、5mm×4mmくらいの袋をこさえて、、、、
そこに、大量のプラ丸棒を切り、詰め込んで密封する!!






IMG_1448-001.jpg


めっちゃめんどくさいので、、、、
もし真似する場合は、根性入れて頑張ってください、、、笑!!







IMG_1498-001.jpg


こんな感じのヤツが、30袋くらい入っている、、、、汗、、、
ホントはこのビニパケに、メーカー名など入っていいるほうが好ましい!!
(つうか、ちっこすぎて、無理、、、、笑)




箱は、全部で4種類あるのだが、、、、(今回のジオラマ用のヤツね)
脚部用の大型メカが入る、デカイダンボール箱なんで、頑張れました!!



実物は意外と大きいんです!!

IMG_1576-001.jpg



いかがでしたでしょうか?!
これで「胸の変なつかえ」も取れましたでしょうか?!
まぁ、、、言っても、装飾品の一部なんで、軽めに楽しんでいただければoKす!!



つうことで、、、、、、、、、、、
<準備運動>も終わったんで、そろそろ「本番」いきましょうか?





ねぇ?奥さん!!


(´◉◞౪◟◉)「準備オケ?!」ウフ



















「新・選手権への道!SDボトムズ」2





 さてさて、、、、、


長い前置きも終わり、、、、、


ようやく、、、、、よ・お・や・く、、、、本体のほうの工事にも着工!!




つっても始めたばかりなんで、まだ上半身に少しヤスリ入れた程度ですが、、、汗
なかなか、男前になってきてるんで、まずは、ご挨拶から、、、、、、







IMG_1536-001.jpg


まだ、大きく形状変更とかはしてないんですが、、、?
今回は、割とオーソドックスに攻めていくんで、形状変更と、言うよりも、、、?


街のあらぶれたジャンク屋に集まる、ボトムズ乗りたちの「バトリング用」
ATと、言う簡単な感じです、、、、
カメラガードをアルミの削りだしで作り、頭部の保護用に変な帽子をかぶってます!笑
(ガンダムのザクで言う<アップリケアーマー>みたいな感じですかね?笑)


基本、全体がゆるい感じなんで、キツ目にヤスリ入れて、ディテは彫りなおしていきました、、
まだ、基礎工事の段階なので、特に目を引く変化は無い感じです、、、
(カメラのアルミパーツ拳王さんあざっす!!)


おいおい、進んでいきましたら、、、、
また画像撮って、報告させてくださいませ!!





で、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
今日の工事の最初の山場、、、、

「パレット」の製作!!
そう、、、、
よく、市場や工事現場で見かける、フォークリフトでぶっさす「板きれ」のことです!!




近所のDIYで「バルサ」を購入して、さくさく切り出していきました!!
数が必要なので、けっこうこれもシンドイ作業でしたが、、、
「看病」しながら、コソコソとかみさんに隠れてももちゃんと作業!ウフン




IMG_1453-001.jpg

こういう、作業を「ももちゃん」は大好きで、、、
(基本パパのお仕事を見るのは、「今のトコ」楽しいようです!?笑)




でだ、、、、
切りだした板を組上げて、パレットを組んでいく、、、、




IMG_1477-001.jpg

どう?!
なかなかでしょ?!
ウフ、、、、


そうなの、、、、、、完成して分かったのだが、、、、、


こんな「新品のパレット」は、よほどゆとりのある現場か?
壊れた監督さんでもいないと、なかなかお目にかかれない?!爆!!


そもそも、パレットは使用していくうちに、、、
どんどん壊れていく、、、、


このような感じで、、、、、、、、、、、、、



IMG_1476-001.jpg


すると、、、、、、、、
大工さんたちが?現場に捨ててある「サンギ」と呼ばれるゴミ材で、その場で
改修していくので、どんどん形が変わる、、、、、、、、
もっと正確に書けば、同じパレットなど、まず実在しないのが、ホントの話で、、、
リアルに作る場合、同じ寸法ではなくなるのである、、、、、、


つまり、、、、、、、、、、
こんな感じになると、、
僕らが良く見る、アレになるわけです!!笑


どう?しっくりくるでしょ?








IMG_1479-001.jpg


おおよその「正解」がつかめてきた頃には、、、、
そうとう数の切り出しで、バテバテになるのであるが、、、、、、、、



ここまできたら、せっかくなんで、、、、、
最後の「パレット」の死骸まで、作り倒す、、、、、、爆!!
(つい、調子こいて、没頭してしまう、、、、笑)




こんな感じね!!


IMG_1458-001.jpg


最後の末路は、、、、
元板自体が、もうボロボロになり、板もひん曲がってきて、、、
最終的にポイッされちゃいまして、あとは、煙になり天に帰る感じです、、、、


「木」の加工に関しては、子供の頃、よくたけひごやバルサで、、
「凧」や「和紙飛行機」をこさえてたんで、そんなに苦になりませんでした!!
(個人的に、ボンナイフ大好き派で、カスタムしてカチャカチャやってた口なんで、、、爆)






形が出来たら、お楽しみの塗装!!
もうね、めっちゃ楽しい~!!
(ロボット作る150倍くらい楽しかった>だいぶ、、、、マヒしてきてます!笑)








IMG_1519-001.jpg


でだ、、、、
ここが難しい話なんだが、、、、、、、、、、??!


「釘」のあと、見えるでしょ?!
そうなのよぉ、、、、


本来なら、もそっと小さい跡のほうが、スケール的には、GJなんすが?!
なにせ、「錆てて」その錆びの汁で、少し大きくなるのね、、、実物だと、、、「釘跡が」?
なので、だいぶ迷いましたが?まぁ、、、、
分かりやすい感じとして、日常的な「痛んだパレット」に落ち着きました!!
(え?この後もタコなんか出てきませんが?何か?爆!!)





続きまして、、、、、、、、、、、
パレットが出来たんで、「作業台」の製作に入りました、、、、、、、、、、、、、、



ボトムズと言うアナクロな


世界観に僕が考えたのが、、、



幼少期よく見てた、、、、



朝礼台です、、、、






見本イメージがこんな感じのやつ、、、、、、、、



2011112305345063d-002.jpg


ほいで、、、、



何で作るか?悩んだけど、、、、、、、、、、、、???
何か似てるモノ探すのメンドイので、プラ板でやっつけておきました!!








<横から>

IMG_1459-001.jpg





<前から>

IMG_1460-001.jpg


近場にあった、「ありもの」のゼロ戦の流用パーツで、、、
タイヤとか、各部、適当につなぎ合わせ、なんとなく、「朝礼台」が完成!!


タイヤとか、側面にもパターンがあり、、、めっちゃレトロ!!(このダサさが好き!!)
あとは、1/35小火機セットから、何個かお気に入りのパーツをチョイス!



めっちゃカワイかったので、、
あにくんやMASAKIに電話しまくり、塗り方を聞き!!
ガシガシ、塗り上げて見た、、、、、、、おほほほほほ
(お2人に死ぬほど感謝!あざっす!)










<横から>

IMG_1503-001.jpg






<後ろ側から>

IMG_1504-001.jpg

いかがでしょうか?!

あの「忌まわしき教頭の長話」とか、思い出していただけたら、OKな感じす!
つうか、そもそも、朝礼とかホント嫌いでした、、、、はい、、、笑




兄さんのエンジンもあったまってきたんで、、、、、、、、
「朝礼台」にあわせて、作業机のほうも一気にやっつけていく!!

もうね、、、
何も考えずに、ひたすらプラ板を切り、組み、、、、、切り、、、組み、、
気づくと、やたらデカイテーブルが完成!!



こういうのは、あんま考えないでマッハで組むのが良い!
余計な事考えてると、手が遅くなるんで、、、
スコスコ組上げる!!









IMG_1473-001.jpg



出来上がったら、、、、
上に乗せる「天板」を、切り出し、、、、、
その天板に乗せる、シーツをテッシュで作り、バシバシ塗る!!



すると、、、、、、、、、、、、、
あれ不思議?!
突如テーブルが現れた、、、、、、、、、、、
(色は、朝礼台に合わせて、水色でちゅちゅちゅっといきました!)








IMG_1500-001.jpg


「ザ・机」、、、

な、感じなんで、なにもおもしろくもなんともない記事なんですが、、、、
(つうか、ここまでつき合わせて言うのもなんだが、、、、読んでくれてみんなありがとう~!笑)




あ!そうそう、、、、、、、、、、
机の脚が「異様に細いでしょ?!爆!!
ついでなんで、、、


こんなキャシャな机に、重いものや、荷物なんておけないんで、、、、、、、
ジャッキ的な何かを製作しました!!
(このくらいになると、だいぶヘタレてて、作りが適当ですが、、、、笑!)









IMG_1463-001.jpg


よく、工事現場などでも見かける、重いやつをささえてるヤツで、、、
まんまではなく、少しボトムズちっくなアナログぽい感じで製作。


いちよう、それっぽくオレンジで塗装しておきましたが?
いかがでしょう、、、、、、、、、、見えるかな?汗






IMG_1573-001.jpg
IMG_1575-001.jpg

全体に汚い感じで、、、、
足元は、ガビガビに錆びた感じで、少~し、セメント的な何かがかかってて、、、
できるだけ、皆さんの記憶にあるような印象にかぶせてます。








忘れてたけど、、、、、、、、、、、
例の、、、前回の記事の「セメント袋」!!


たぶん、業者の人とかも見てるんで、、、、、、、、、、、
いちよう、言い訳を一つ、、、、、



「何故?袋の上下が縫っていないのか?」




に関してですが、、、、、、、、、、、、、、、
通常は、建築法などで細かく決められた決まりごとなんで、本来は上下縫ってないと
ダメなんですけど、海外の画像を見ると、けっこうアバウトでして、、、、

日本基準では、ダメなんですが?
(あくまでも先進国の話ね、、、そこは、、、、、)


でも、僕のやりたい少し「やさぐれてる街(架空の)」の感じでは、そういう「決まりごと」が守れない人たちが
主人公なので、大目に見てあげてくださいね>と、いちよう「コンセプト」的なものも書いておきます。



そうそう、「模型のウソとホント」2です、、、、、




今回の「セメント袋」はT20が夜なべして作ってくれた、台紙を僕が組み立てたんですが?
正確な図面通りに組むと、何故か?ウソ臭くなります、、、
さらに言えば、僕は熱心な人なので、本当にセメント袋を縫ってみたのよ、、、、、
やはり、案の定、全然「セメント袋」に見えない、、、


答えを先に書いておくが、、、、、、
まず、フクロそのものは、「斜め」に作り、出来たら、それを正位置に手で、強引にねじり曲げると
重力の感じが出て、本物に近づくのと、、、、
縫い目に関しては、本当に縫うのではなく、「貼る」とそう見えてきます、、、、


最初にお話した、実物と同じに作ってもそう見えない?「不思議」、、、、ですよ、、、、
なので、印刷物やダンボール紙があれば、簡単に出来る、、、と、思う人が多いと思いますが?
勘違いして、実際にやってみて、「そうならなない場合」は、自分で何度もやり直し研究するしかない
と、、、、、、、、、、、、、
覚えておくといいと思います!!



IMG_1572-001.jpg


見るのも読むのも、実に簡単ですが?!
実作業は大変で手間だし、まして、、、結果が必ずしも結びつかないのが情景模型です、、、、



雑誌やウェブに書いてあるのは、あくまでも単なる「道しるべ」にすぎず、、、
その先にある「答え」にいくためには、模型の制作とは「別の能力」が、ときに、必要になります。
実際、僕のも相当「答え」に遠いと、、、、思います、、、
(スマヌ、力不足で、、、、、滝汗)



その「答え」が、個人個人違うのが「模型」でしょうし、それが楽しいと思ます!!
だから、僕の記事は、あくまでも僕の模型で、皆さんには皆さんの「やり方」があると思います、、、
記事は、あくまでも1万通りある作り方のひとつに過ぎない、、、のです、、、
けっして忘れないで欲しいなぁ、、、なんてね、、、




いいかげん、この記事どこで終わるんだ!!と、、、、、、、、、、、、、
お怒りの皆様、、、、、、、、、、、







ほんの少しですが、最後に、、、、「兄さん作品の空気」を堪能してくださいましね!!
これが、僕の考えてる情景の一部です、、、



















「初の夜景ロケ!!」








IMG_1540-001.jpg


セッティング自体は、およそこんな感じで行きます、、、、、
ただ、、、、、、、、、、、
現在作業台にのっているのは、違うタコでして、、、、




「本物」の、製作はまだまだ先のお話です、、、、、





IMG_1558-001.jpg




なんか、、、、、
夜撮影してたんですが、、、、、


自分の家の駐車場に寝そべって、撮影してて、、、、笑
近所の人たちに見られないか?凄くドキドキしました、、、、、、、、
(間違えて通報されたたら、それこそシャレにならないからねぇ、、、、笑)







IMG_1565-001.jpg









あ!
そうそう、、、、、
「ビール瓶」作ったんですよ!!>初体験!!ウフ


IMG_1570-001.jpg


なかなか透明素材がなくて、、、、、
致し方なく、タミヤの曲がる3mm透明プラ棒を火で伸ばして、、、、
(コイツがまた、ウネウネしてねばりがる素材なんで、厳しくて、、、爆!!)


そこから、カッターとヤスリで調整して、綺麗にやすってから、、、
クリアーブラウンで塗装して、百太郎氏に作っていただいたラベルのデカルを
貼って完成!!
画像の「作業台右端」に少しだけ写りこんでます!!爆
(百ちゃん、マジあざっます!!









IMG_1553-001.jpg




ではでは、、、、、、
皆様、くれぐれも、今週末の土曜日は頑張ってください!!



ホント、書くことが多すぎて、、、、
今回も長い記事でスイマセン、、、、まぁ、、、僕のジオラマと言ってもこんな程度なんで
あんま気にしなくても、大丈夫な感じです!!


あ!そうす!
今月号(モデグラ)で、熊谷の後輩のシンちゃん(アシカイクル)がデビューしたんで
みんな応援してチョ!!

SIN-MODEGURA-001.jpg


それと、輪茶さん、「ディフォルメ選手権」応援記事、あざっます!!
がんばるからねぇ~~!!









ほいじゃ~~のぉ~~~!!!!
















 | ホーム | 

# ■「新・選手権への道!SDボトムズ」














朝起きたら、、、、、




 どもん~!
みなたま、関東は今日、大変な大雪!!

朝目が覚めたら、、、、形式が真っ白となってて、、、、、、
上へ下への大騒ぎ!!



IMG_1339-001.jpg



ウチのベランダにも、ボタ雪が大量に、、、、、、、、、、、
(あぁぁぁぁぁ、、、、、雪かきだけは、、、お代官様、、、それだけは、、、、


できれば、切りのいいトコで、、、降り止み、、、、
流れてくれたら、助かるのですが、、、、
(くれぐれも事故には気をつけたいものです!!)








で、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
本日ですが?
生まれて初めての「SD記事」を書く予定でしたが、、、?!!


最近、一部の区域で異常に盛り上がる「ハコ組仲間」に向けて、、、、
SDの前に今年初のビギナーズ講座を書いてみま~す!!
(なんかビギナーズ講座書くの久しぶりな感じですね?笑)


とりあえず、道具を準備して、やってみたい人は、チャレンジしてみてください!!



☆お待たせしました!!笑
 かさ兄、EBAVOさん、ぷらっちっくさん、Finoタン、こんな感じでいかがでしょうか?!笑
数学ではなく、、、、、、基本、「図工的な発想」による、単純工作です!!














「2015年度版!ハコ組」の解説


 でだ、、、、
昔の記事で、たしか「ハコ組」を解説したことがありましたが、、、
今回の目的は、「切り出し」の無い、単純工作をメインに書いていきますので、、、


たぶん、、、、、、、、、、


初めて、挑戦する人でも、簡単に作れると思います!!

まず、、、、、


用意するのがコチラ!!


IMG_1317-001.jpg


1mmプラ板とダイヤブロック、あとは、百均などで購入できる、工作用エンビ板、、、
エンビ板は使いやすいサイズにハサミで切り出し2枚用意する!!
(買っても100円だし、大きいから使い捨て感覚でOKです!)


ほいで、入手しやすさで「ダイヤブロック」と書いて用意しましたが、、、、
ハコ組みの際、「流し込み接着剤」を使用します、ただ、人により、強い有機溶剤を使用する
人もいると思うので、、、、ブロックが溶けちゃいます、、、
なので、、、、、、、、
もし入手できるなら、「木製の直角ブロック」を用意するといいですね、、、


IMG_1338-001.jpg

(こんなの、購入しても100円程度だから、、、)


ほいで、最初にプラ板を欲しいサイズ>この場合、作りたい正方形の一辺の数値で
切り出します!!
今回は、ざっくり12mmとしてみました>MGサイズの肩くらいです、、、





IMG_1316-001.jpg

あ!
そうそう、、、、
上の用意する道具画像で大事なの、撮り忘れてたよ!!>ゴメン
模型屋さんにもおいてある、「T字定規」は、必ず、用意してね!小さいのが良いよ!
(プラ板工作の<要>となる道具です!キットの百倍重要な道具!)


プラ板をっ短冊状に切り、用意したら、、、、、、、、
次に、用意画像にあった、2枚のエンビ板の1枚に穴を開けます!!



こんな風に


IMG_1319-001.jpg

今回の作例は、木製ブロックではなく、さきほどのダイヤブロックもどきを使用して
解説するので、それと同じぐらいの大きさをマジックで書き、四隅にピンバイスで穴を開けて
カッターでシュシュシュッと切り込み、穴をあけるよ!!


ほしたら、もう1枚のエンビ板の真ん中に、両面テープを2枚貼り、、、(B)
穴を開けた板(A)と張り合わせます!
穴のところに用意したダイヤブロックもどきを入れて、準備完了!!

IMG_1320-001.jpg

「Aの板とBの板を貼り重ねて、画像のようにすればOKだよ!」

IMG_1321-001.jpg

準備が出来たら、作業を始めます!!

ほいで、、、、、



1度、頭をからっぽにして、読んで下さい、、、、、、、、、、、、
たぶん、初めて「ハコ組」する時の、ビギナーさんの頭の中のイメージは、、、、

「正確に切り出した6枚の板を組み合わせる」

だと、思うのですが、、、、、、、、、、???
少し乱暴な言い方で言うと、「直角」が2つあれば、ハコ組みは成立します!!
つまり、さきほど用意した、12mmの幅で切りだした、プラ帯を適当に4枚きり
2枚ずつ、「L字」に組めば、ハコ組みは、完成します!!


単純に言うと、6面構成で思考するのではなく、、、
2つの直角を組み合わせれば、サイズの高さ、幅も自由自在で
正方形でも、長方形でも簡単に、作り出せます!!



この事象を僕は、


「かざぐるまの法則」と



呼んでいます、、、、、





つまり、、、、

IMG_1323-001.jpg

切り出した、「12mm帯」を4枚に切り、、、
(あまりが出たら、何かでまた使いましょう)

ただし、切り出しクチを垂直に切らないと、ハコ組が、ゆがんじゃうからね!!

IMG_1322-001.jpg

手で持って、しっかり当て、エンピツで線を引き、カッターで切ります!
この「T字定規」は、本当に便利なので、絶対購入しておくのをお奨めします!
(精度はないんですが、模型ぐらいならこの程度で十分!!)



板を用意したら、、、、、、、、、、




さっきのブロックの「角」を使い、2枚を適当な位置で、張り合わせ
「L字」を2つこしらえる、、、、、、、




IMG_1324-001.jpg

こんな感じで2回やると、、、、

IMG_1325-001.jpg

「L字」が2個できるので、、、、
それを組み合わせます、、、、



すると、、、、、、、、、、、
ほら、見たこと有る「形」になりますよね?!




IMG_1326-001.jpg


A方向でも、B方向でも、横に伸ばせば、長い長方形、、、、
ちじめれば、正方形となります、接着支点を変えるだけで、任意の形状が単純に作れます。

今回は、正方形なので、「L字」の内側の両端に12mmと11mmのトコに「線引き」して
そこを目安に、ハコ組します。



IMG_1327-001.jpg


「線引き」した場所を目安に、L字を組み合わせ接着!
この時、邪魔になる、あまった部分は、「1mm」か「2mm」残して余分をカットしておく。


IMG_1328-001.jpg

いらない、破材の上で、L字を組み合わせ、同時に「底板」も接着して、おき、、、
乾燥したら、「上ブタ」を適当なサイズで、乗せてハコ組にしちゃいます、、、
はみでてるトコをニッパーでチョキチョキして、あとは、ヤスリを入れれば、、、



出来上がり!!




IMG_1340-001.jpg


以上、簡単ではございますが、、、、
6枚の切り出しなどしなくても、単純に「ハコ組」を作る方法の解説でした、、、、、、、、、


最初は、慣れないので、少しアタフタするかもしれないが??
10回も組めば、コツを掴んできます、、、、


出来るようになれば、最初に切るプラ板の短冊の幅を5mmとかで切り、、、
小型のブロックも組めるようになります、、、、、
やり方はほとんど小学生の「図工」レベルなので、難しいトコはなく、、
単に、プラ板工作を難しくしているのは、頭の固くなった「大人の思考」です、、、、


確かに全部プラ板で作ると、変な威圧感みたいなのはあるけど、、、
基本は、単純工作の組み合わせに過ぎないので、もっとやわらかく思考して、
子供の頃の「図工」の時間のように、楽しく作業するのが良いかと思います!!
たかが、プラモです、そんな正確な数値に拘るよりも、、、
「形」になって、「出来上がる」喜びを味わいましょうよ!!

僕も、いまだ、厳密な正方形は作れませんが、日常特に困りません、、、
僕らは、設計士でもないし、まして工業デザイナーでもないですから、、、
あまり、神経質にならずに、プラ板を敬遠せず、「図工感覚」でやるといいよ!!
その内、「かざぐる」を使用した、ポリキャップや間接の作り方も書いていきます!
もし、よければ参考にして見て下さい!!






ではでは、、、、、、、、、、、、
お待ちかね、兄さんの「SD初公開」!!









「新・選手権への道!その1」

☆SDボトムズを作りま~す!!



どうもどうも、、、、、
「ハコ組」の記事、長かったね~!!笑
アレでもかなりはぶいて画像を少なくしてるのですが、、、、汗
説明は本当に難しい、、、、


と、言う事で、、、、
予告通り、コトブキヤ「Dスタイルのスコープドッグ」の製作に入ります!!
まず、最初にやるのは、コクピットの製作なのですが??!

ZZZ-BOTOM-001.jpg


えぇ~~~、、、と、、、、、、
あ!
あった、あった、、、、、

コクピットシー、、、、、、、、、、、、、、、、シー、、、、、、、




べっ??!




え?????、、、、えぇ~~~




IMG_1296-001.jpg


これのことですよね?
(説明書を、慌てて2回読む、、、、、、、、、、

俺、番号間違えてないよなぁ???>素で慌てた、、、、笑!!



もしかして、僕の記憶違いでないなら、、、、



確か、、、、
こんな感じだったような???




009_2014051013302651c.jpg


まぁ、、、、
まぁね、「SD」なんで、基本、簡略化されて、サイズもSDフュギアに
合わせてあるのは、分かりましたが、、、、、、、、、、

ちょっとこれはいただけない、、、、、滝汗、、、、






と、言う事で、、、、、、






いつもの要領で、プラ板を細かく切り刻み、、、、
格闘すること、、、、4日間、、、、、
リアルサイズとは違う、SDサイズでの「兄さんのイス」が完成!!

いやぁ、、、正直、コレでいいのか・不安なのだが、、、、、
(みんなどんどん先にいってるしなぁ、、、汗)


とりま、、、、
出来るには、出来上がりました!!






いかがでせうか???

IMG_1293-001.jpg

どことなく、、、、
ボトムズのこくぴっとぽい感じがしてますでしょうか???汗、、、、

ほいで、製作にあたり、困ったことが3つ出てきましてね、、、、、汗、、、、、、、

1、各社の商品が全てバラバラ、、、デザインも形状も、、、、
(いわゆる、ボークス、タカラ、ヤマト、21C、それぞれが違う形なの、、、、??)

2、ヘッドレストをかなり大きくしないといけないんで、統合性が取りづらい、、、、汗

3、シート背面画像が無く?あるのは、後付の21Cの図面のみ、、、、

☆、スコープドッグ21Cは、自分で検索してちょ!笑>小松原さんのヤツです!



でだ!
色々考えた末、自分で考えることにしました!

そもそもが、80年代のアバウトな設定で、、、、、
実際には、我々の世界観とほとんど同じだと、判断し、スコープドッグの生産年数や個体数を
思考すると、同じ機体なのに、シートや仕様がブロックごとで違うであろうし、、、、
まして、個人でカスタマイズできるぐらい簡素な内容でパーツショップや社外品も多かったと
一人で納得して作業しました!要は、自作PCとかと同じ感覚です、、、
(ベニオ君画像提供あざっす!助かりました)




ほいで、、、めんどくさいので、最初に書いておきますが、、、、
今回は、ジオラマのストラクチャーとして製作してます!
つまり、ボトムズには乗せず、情景のある場所で使用する感じと書いておきますね、、





ほんで、、、、、!

こんな感じでございますが、、、、、、、、、、、
いかがでしょうか?!
(解説しにくいんで、、、、汗)











☆コクピットシート

IMG_1306-001.jpg

<左側>


IMG_1308-001.jpg

<裏側>


IMG_1331-001.jpg

<右側>








シート座面は、本皮で製作してあり、、、
全体の構造は、プラ板のハコ組でやってみました、、、
(皮は、ユザワヤさんとかで、ハギレの袋詰め<300円>ぐらいのを使用してます)




大きさが少し分かりにくい感じですが??
だいたい3cmくらいな感じです、、、、、




<製作途中画像>

IMG_1298-001.jpg


IMG_1299-001.jpg



ほいで、、、、
冒頭説明した、「ハコ組」を覚えてしまえば、このぐらいのモノなら簡単に
自分で製作できるようになると思います、、、、


あ!!そうそう、、、、
「設定画像」での確認が出来ませんでしたが??!
シート下部の裏側も製作してみました、、、、




IMG_1283-001.jpg


スコープドッグの操縦は基本、事前データの打ち込みしたものを
コンパクトディスクのようなモノにして、サイドコンソールに入れ
簡易操縦で、あらかた行動をおこなうのであるが、、、、

左右のフッドペダルやセンターに配置されたコントロールレバーを
介して、座面下部のリンケージから、本体のメインコンピューターに
アクセスするようになっているらしい、、、、
(元絵が存在しないので?あくまで想像の域を出ませんが??汗)



色が付くと、それなりに見えてきます、、、、





IMG_1336-001.jpg


勿論、ジオラマに設置する際には、全く見えないのであるが?
単純にこういう部分に想像をめぐらせている時間が楽しい!!

シートそのものは、メルキア本土で生産される、通常品ではなく、、、
あくまでも、社外品のジャンク屋などで、闇販売されているカスタムパーツで
あるものの、非常に高性能な機能を有している、、、、









TV本編でも100年戦争が終結したところから始まり、、、、
ジャンク屋や、怪しげな地下バトリングなど、ウキウキする舞台がてんこ盛りで
警察の使用するATやら、個人所有のモノまでさまざまな仕様が確認できる!


ところで、、、、、、、、、、、、、、









まさか?



ぷるぷる日記なのに?





これで手仕舞いじゃないよね?爆













奥さんも相当な、てだれでいらっしゃる、、、、、、、、、、ププププ




勿論、n.blood製なので、当然中身まであります、、、、、、、、、、、、、、、、






今回、せいさくの「キモ」としたのは、、、、、、、、、、
作画制作上、非常にシンプルに設計されたこのシートを
実在するようなモノにすべく、内部に変更点をもうけました、、、、、


実際バトリングなどは、例えば、、、、、、
10分間やるとして、、、4mの鉄の塊が、なぐりあうわけです、、、、
我々に置き換えると?
ジープに乗って、至近距離で、お互いに車体をぶつけあう様な状態で
まぁ、、、、
短時間に5~6回の衝突事故に会う訳ですが?!
しかも、アームパンチ機構を仕様すると、数tの加重がお互いにかかるわけで、、、


元絵のデザインだと、本当に死んでしまうか?
良くて、脊髄損傷となります、、、、
(そもそも、シートベルトが無い時点で謎なのだが???)
シートベルトは元々、戦闘服にあるらしく、そのベルトが謎の機能で
シートに固定されるらしいが?そのような金具も見当たらない??



せめてもの、応急処置として、、、、、、、、、、
通常ソファで言うところの「スプリングクッション」を内部に入れてあげました!!


<参考画像>


1231507390_3-001.jpg


まぁ、、、、、ATなので、少し大きめの「強化スプリング」内蔵型で
脊髄や、肺の破裂などを、緩和する特別仕様だと見て下さい、、、
(勿論、闇ルートの流失品的なモノです、、、)


本来は、この手の構造は、座面下部にあるものですが?!
「人命優先」で、肺や脊髄を、ガチ戦闘やバトリングから守る役割として
背面背もたれの部分に、内蔵された特殊な機構である!!











<シート背面カバーをはずした状態>


IMG_1305-001.jpg


塗装工程を配慮して、中板を取り出せるよう、別っこに作り、、、、
たくさんダボを打って、そこにスプリングを配置して、板バネで上から
抑えるように固定していきました、、、、







IMG_1314-001.jpg






裏面センター軸には、大型のオイルダンパーがあり、局所的な
上下の衝撃・振動を緩和して、前後の殴り合いなどによる衝撃を
コイルダンバーとバネ式の二重構造で緩和するタイプで、、、、
一説によると、「命知らず」と言われるボトムズ乗りが、人目を偲んで
真夜中にショップで闇取引していたと言われる「幻のシート」、、、、
(と、言う兄さんの勝手な想像で、製作してます!!笑)




誰が好き好んで?


バトリングなんかで、、、


死にたい人なんていませんからねぇ、、、、笑







製作は、背面のセンターに配置される「オイルダンパー」を基準に
行ないました、、、、、、、




IMG_1287-001.jpg

(オイルダンバーは、アドラーズのモノを使用してます!)






パーツ画像はコチラ




IMG_1302-001.jpg

かなり、ぎゅうぎゅうな、感じでこしらえて、、、笑
数トンの衝撃を緩和できる丈夫なイメージをアピールしてみた、、、、汗




それと、めんどうなのが、「板バネ」で、、、、、、、
これは、いらないプラ板に、たくさんの真鍮線を打ち込み
そこを縫うように形成していきます、、、、





IMG_1276-002.jpg


こういうのは、作るとめんどいが?
1個ゲージが出来ると、左右反転で(上下裏返してね)、作れるので
めんどがらず、しっかりと作る!





まぁ、ここまで製作しても、ストラクチャーの一部なんで
人が見てくれるとは限りませんので、自分の自己満足で楽しむといいかと思います!
ただ、ボトムズと、言う作品の特性や、背景を楽しみながら考えて作るのは、楽しいよ!!




あと、興味ないとは思いますが、いちようパーツ画像をさらしておくと、、、、、
こんな感じでしょうか、、、、、、、、?!






IMG_1282-001.jpg


ペダルや、シートサイドに付く、付属品の途中画像
これがちっこいくせに、左右違うので、いがいとめんどくさい、、、、笑
ラインは、シリンコンチューブと黒い電線を使用してます。






IMG_1288-001.jpg

背面のシートセットアーム(右下の板)と、背面化粧板の分解画像。

今回は、作るのが楽しくて、ロクな途中画像が撮れてませんが、、、、汗
(ごめん、メインのシートの組上げ途中とか無くてスイマセン、、、、汗)
いちよう、徐々にスロースタートしてます!!
少しずつ、作りタメながら、秋の本番に向けて、みんなで盛り上がれるよう、、、、、
頑張ってやりま~~す!!











ほいで、そうそう、、、、、
次回記事で、いよいよ「一般卓」応募の詳細とかも書いていきま~す!!


限界まで調整して、「156席」ありますが、、、、
ホント相当早く席が無くなる感じがしますので、くれぐれもお見逃しのないよう、、、、
ぷるぷる日記を厳重チェックしてください!!







ほいじゃ~~のぉ~~~!!!!!


IMG_1334-001.jpg
















 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。