このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# ■「だめだ、、、、明日が見えない、、、、」!!











「一般卓募集」の予告!!






  どもん~!!
あまり良い天気ではなく、空もさえない、、、
そして、模型もさえない、最悪な心境な兄さんです、、、、、
皆様いかがおすごしでしょうか、、、、




さて、前回、末尾にチラっとだけ書きましたが、、、、
今月末に、「第2回展示会」の一般卓応募のお知らせを書いておいたんですが、、、、


ようやく「日取り」の方が決まりまして!!
、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、

ディフォルメ展示会宣伝バナーサンプル01 のコピー-003



2月28日(土曜日)

千葉しぼりHP内に有る

<イベントページ>にて

0:00スタートします!!




前回の「全日本ディフォルメ選手権応募」の時は、ほぼ1日で、受け付け終了と
なる、遺憾な事態となりましたが、、、、

今回の「一般応募」も恐らくは、かなり早めで定員数に達するものと思われ、、、、
お手数とは存じますが、ツイッターやライン等、拡散できる方は、ご協力下さい!!
(出そうと思ってたのに、、、知らぬ間に、終わってたぁ、、、と、言うのもアレですし、、、汗)
皆様のご支援後協力をいただければと思います!!


で、、、、、、、、、、、、、、


「一般応募卓」なのですが、、、、、
大きさは、30cm×30cmになります。高さに制限はありません!
(ちょぴっと位は出ててもいいけど、、、お隣の方にちゃんと、ご挨拶して了承を得て下さいね!)
横の広さが、SDの倍なので、単純に「1枠・1000円」となりま~す!!



ただし!枠数に限りがあるため、、、

    お一人様・1枠限定とさせていただきます!




「ディフォルメ選手権」に参加されているコンペメンバーの方も、参加されていない見学主体の
サポーターの皆様も、同様に応募資格がございます、、、、





SDも作るけど、俺の「リアルサイズ」も見て欲しい~!!方、、、、
選手権には出ないけど、普段こんなの作ってます!!的な会場でのアピールをご希望の方、、、
ふるってご参加下さい、千葉しぼりメンバー一同、謹んでお待ち申し上げております!!

なかなか、お互いに「生」で作品おいて、お話できる機会も少ないですし、手ぶらよりも
確実に話が弾むのと、何より作品を挟んで盛り上がる会話は、至福の時間となります!!
どうぞ、自慢の作品を並べて、1人でも多くの模型仲間にアピッて下さいませぇ~!










あ!そうそう、、、、
サポート購入していただいた「敷地内30×30」に、何体おいても構いませんが、、、、
たぶん、生中継(LIVEで)だったり、カメラで撮影される方が大勢いらっしゃいます!
あんまり、つめすぎちゃうと、逆に撮影しにくくなり、せっかくの作品が、、、、
「よく、見えない??!」 



と、なりますので、応募される方は、ご自宅のテーブルにて、事前に1人リハされて
おかれると、良いかと思います!!
(自分の敷地内に、模型以外に名刺のタバや自作資料を置くのも有効です!)







2月28日(土)、早い者順です!!
上から、ジャスト156名で打ち切りになりますので、遅れることなくボタン連打で
よろしくお願いいたします!!
なお、、、、
いちよう、書いておくと、、、、、

☆応募要項
①お名前 HN
②ブログをしてるなら、ブログ名、HPがあればHPタイトル、ツイッターのアド等
(無い場合にはナシで、OKす)




以上、非常にシンプルです!!
コチラの応募の詳細についても、後日、千葉しぼり<イベントページ>にて、、、

2月21日(土曜日)に

YAS君から細かい説明が追記されると思いますので、28日までに、
必ず2回読んで、間違いのない感じで、お願いいたします!!





と、言う感じで、、、、、
いつものごとく、ココから製作記なんですが、、、、、、、、、、、、、、、、、、、汗




前回同様、今回も「ロボット」は、全然出てきません、、、、
非常につまらない記事になってます、、、
なので、今回の「告知」だけ見ていただければ全然OKな感じでございます~!!!













「初の動物特集!!」


 はい、、、、、、

実は、プラモデルを始めて、このかた、ただの1度もSDは製作したことがないんですが、、
(けっこう初めての人も多いかと思うんですが、、、)



兄さんは、ジオラマを製作する予定でして、、、、
それにからむ「動物君」を製作してみようと、仕事の合間に、少し進めておきました、、、
無論、過去1度も動物なんて、作ったことも、作ろうとしたことも無いド初心者なわけで
事態は、非常にかんばしくなく、、、、、、汗
ホント、こういうのの才能のカケラの無さを痛感した1週間をお届けしてみようと思います、、、


通常、1週間ねばれば、、、、なんとか、そこそこの「答え」にたどりつくのであるが?!
「動物」の壁は、めちゃくちゃ高かった、、、、、、、、、




とりま、、、、、
こんなものを購入!!!



IMG_1355.jpg

「タミヤ動物セット」!!1/35シリーズです、、、、
ほいで、犬やブタは、自分でこさえるとして、、、、
今回は、「にわとり」の製作を開始!!
(にわとりは小さすぎて、自分で製作するのが無理だと判断、、、、汗)





IMG_1354.jpg

小さいながらも、素晴らしい造形!!
本体の下に、カワイイ「脚」もついているっ!
(この時点で、ダメ出しできていない自分が悲しい、、、、、、、、、涙)


そいで、、、、
僕は、田舎者なんで、「にわとり=白」な人だったんですが、、、、

箱の裏に、カラーチャートがあり、、、
色々な種類のニワトリがいることが判明、、、、
(そもそも、50過ぎるまで、真剣にニワトリなんか見たことも無かった、、、汗)



IMG_1356.jpg

はい、1番左のが、僕の知ってるニワトリなんですが、、、、
、、、、、、、
何?、、、この「右端」の迷彩ぽいヤツは??
こんなの見たことない??マジか、、、、、、、
と、、、、、、、、興味津々、、、検索、、、、




ホントにいたよ!!爆!!



tori30l-001.jpg




いや、、、、コレ、、、、無理!!
こんなの塗れるほど、人間出来てない、、、、
(70歳くらいになったら、挑戦してみよう、、、、僕では修行が足りてない、、、、)



つうわけで、、、、
真ん中の「茶色系」でいくことにして、、、、、、、、、、、





えっ?!

ボトムズ”にニワトリなんか出てこない?




あれ・気づきました??!ソコ?!爆!!
まぁ~、はるか彼方の知らない星の話なんで、TVシリーズでも、変な動物は出てくるが?
犬とかニワトリは出てきません!!
なので、、、、、
このタミヤのニワトリを少し改造して、異星な感じに仕上げつつ、、、、、
模型を知らない人や、ボトムズを見たこと無い人にも、伝わるように、、、
「ニセ・にわとり」の製作を行ないました、、、、
(そもそも、ボトムズ乗りには、ビールとフライドチキンが合う様な気がするが?笑)


まず、見本を用意して、、、、、、、、


コイツね!


877705a-001.jpg


この「オシャレな尾っぽ」を少し大袈裟にしてあげることで、、、、
少し、異性人か飼ってるよ、、、、でも、ニワトリだと認識できますよねぇ~~!的な
「ニセ・ニワトリ」を作るでおじゃるよ、、、、


最初に、ニワトリを理解するため、、、
何枚も画像を集めて、「顔」を研究してみたんですが、、、、
見れば見るほど、古代な臭いがして神秘的です!
(ほとんど、恐竜時代の名残りのまんまで、すげぇ~カッコイイ!!)



a0001562_2130080.jpg


ぶっちゃけ、1/1で製作したくなる、恐竜チックさが、そそります!!
ご覧になる方も、「とさか(冠)」がこんなにトゲトゲしてるなんて知らなかったんじゃないでしょうか?
あと、くちばしの「色」!!>めちゃくちゃ好きな感じです!!
それと、ふてぶてしい「態度のデカサ」が最高です!


今回は、2匹製作するんで、オスとメスで作って見ようと思います!!
違いは、歩き方とハデさらしく、、、、
鳥系の場合、オスは胸を張り偉そうに歩き、女子よりも綺麗な色が多いとのこと、、、
オスは「ニワオ」
メスが「ニワコ」
と言う、相変わらずノーセンスなネーミングでスタート!!!爆!



最初にキットのパーツをガン見してチェックしてみました!

IMG_1357.jpg


あと、パーツが極度に小さいため、「脚」とか、普通にポキポキ折れちゃいます、、、
なので、、、加工は、脚から進めていきました、、、
(顔の加工中に、バキバキ折れた、、、滝汗)






IMG_1370.jpg

ほいで、脚なんですが、、、、
本体に穴あけて、真鍮差し込むだけですが、、、、
かなり「味気ない」感じになってしまうので、刺す前に、真鍮をピンバイスにくわえて
目立てヤスリでキコキコ「シマシマ」ラインを入れておきました!!
(それとなく、段々になってると、塗装もしやすい感じです!)


この後、ニッパーでお尻の「羽」をチョンパして、羽根作りに入りました、、、、




羽根は、色々考えたのですが???
物体がかなり小さいこともあり、セロハンテープで製作してみました?!
(あくまでも、実験なので、これが正解とかではないです!)






IMG_1371.jpg

やり方は簡単で、セロハンテープに0.2の真鍮線を貼り付け、、、適当にカット、、
そしたら、、、
それをはさむように、もう1枚上から貼り、骨の部分をよく「こして」切り出します、、、

「こす」って、、、分かりませんよね?笑
下に画像を貼っておきますね、、、、

      



IMG_1373.jpg

セロテープで真鍮を上下挟み込み、、、、
デカルの空気を抜く、要領で、つまようじで、1本ずつ、丹念に、空気を抜き
上下のセロハンテープと真鍮を密着させていき、それが済んでからカットします。





IMG_1374.jpg

カットして、好みの形状にしたら、、、、
1枚ずつ、羽根の模様をカッターで入れていきます、、、、
画像だと少し小さい感じですが?大きめに作ってますので、そんなに大変じゃない感じです、、、
カットが終わったら、上下のテープがはがれないように、、、
指で圧着しながら、しならせて、欲しい形に曲げます、、、



こんな感じで製作していきました!!



出来上がりですが、、、、、、、、、、、、、、、、
正直、イマイチでした、、、、マジで、、、、
なんだろう?
撮影用にぱぱっと作った台座のせいもありますが、、、、
「にせ・ニワトリ」の塗装がヒドイ、、、、
(ギリギリ、にわとりっぽくは、見えるのであるが、、、、正直イマ3な感じでダダ凹み、、、)













IMG_1394.jpg

左側のが「ニワオ」で、右側のメシ食ってるのが「ニワコ」です、、、、







IMG_1396-001.jpg

<ニワオ>








IMG_1398.jpg

<ニワコ>



ご覧いただいた感じで、、、、
どうにも「塗装」が馴染まない、、、、
動物の壁の高さは、ハンパなくて、、、、
何度も塗りなおしたり、加筆してるんですが、、、、
思うような結果に結びつかず、、、、
根本的な、塗装技術の低さを痛感、、、、
(リベンジしたいのだが、、、、正直、今、塗り方が思いつかない、、、、)





無理、、、、、、、、、
と、なり、、、、気分を変えて、、、、



「オオカミ」を作ろう!として、、、、、、、、、、、、
上手くいかず、、、、、
コレも「ふて寝」するしかない状況でして、、、、、、、、、滝汗、、、、



とりあえず、、、
画像を検索して、、、、





img_20120226-160018.jpg


イメージを固め、、、、、
ニワトリは小さくて無理でしたが、、、、
「オオカミ」なら、大きいので、ディフォルメできるかも?
とか、、、、(なんちゅうアバウトさ!)

思いつつ、、、、
少し横広がりな、オオカミの頭をこしらえ、、、、、、、、、、、





撃沈”





IMG_1377.jpg

なんかね、、、、
気づいたの、、、造形力が無い上に、、、、
ディフォルメしようなんて、、、、100万年早い、、、、汗
犬系の顔は、横に膨らませると、、、「クマ」になる、、、爆!!




と、嘆いてもいられず、、、、
2号機に着手!!、、、、
が、、、上手くいかず、、、、
3号機も、、、上手くいかず、、、、
4号機にして、なんとか、まとまって、、、、きたような、、、、ないような、、、??






IMG_1385.jpg


いや、、、、汗、、、、
なんかぁ、、クマだ、、、、、、、、、、、



あ!!
もしかして??!
コレ、塗装すると、ちゃんと「オオカミ」になるのかしら、、、、、、、???



と、、、、一縷の望みを託して、、、、、、、、、
ペタコン、ペタコン、塗りました、、、



、、、、、、、、、、、、が!!


課題の残る、週末となりました、、、






ZZZXDER-001.jpg


どうにもこうにもならん、、、、、、、、、
なんだったんだ?この練習は、、、


と、ふてくされてもしょうがないので、とりあえず、次回に延長戦!!
(いつか、やってやるぅ、、、、誰が見ても動物に見える動物に、、、、)
まだ、8ヶ月もある!!


8ヶ月あれば、、、、、
なんとか、見えるようになるかもしれないし、、、、
ダメなら「動物」は無しでいきます!!






と、いうことで、しょうもない記事にお付き合いいただきあざっます、、、、
最後に「お口直し」に、、、、、、、、、




うだがわ名人の

    「アリ地獄」で楽しんで下さい!!




(たぶん、うだがわさんの最新作だと思います、、、、素晴らしい造形美!!)








wf2015wdm_antlion01.jpg







ほいじゃ~~のぉ~~~!!!



みんな!
「2月28日(土曜日)」忘れないようにねぇ~~~!!!!






wf2015wdm_antlion02.jpg

(鼻血出るぐらい、かっちょいい構図!!これぞアート!!)

☆今週末、WF(ワンフェス)にて、公開展示されるそうなんで、ぜひぜひ!!
  生「うだがわアート」を堪能してみては、いかがだろうか?!
  >うだがわさんの実物、「息が止まります、、、、、、、、、、、、、!!)












スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 「結果発表!SF3Dコンペ!!」

「もっとも長かった1日、、、、」

 お待たせしました、、、、、、、
公開を今か?今か?と待ちわびてるだろうと、、、、、
兄さん達も気合で審査日程をつめ、根性で審査してきました!!
5月7日の木曜日、アキハバラにていつものメンツが集合、、、、、、、、
MK-001.jpg
<画像は当日ウエハラ君が持ち込んだファルケと兄さんの2ショット!!>

 当日、電撃の「NAOKI」が仕事で急遽欠席のため、上原センセ、柳生センセ、百太郎君、ぷぅさん、兄さんの5人で審査しました、勿論、帰宅後、明け方までかかって、これなかった「NAOKI」や北海道の「POOH氏」、HI-Qパーツの社長<藤原氏>ともみっちりミーティング、、、、、、
マジで寝る間をおしんで、真剣に討議させていただきました、、、、、、

MK-002.jpg

 まるで、自分のお見合い写真を見るがごとく、コレも良い!アレも良い!!の永遠に終わらない論議が展開され、さすがに、ちょっと困りました、、、、、、、

なので、、、、、、、、

見ている方も納得できますよう、全て点数制を用いて審議していきました、、、、、
コレはぶっちゃけ、点数の低い人達には、非常に迷惑な対応かと思われますが、、、、、?!

兄さんは、そうは思いませんでしたよ、、、、!!

仮に、今回、1点、2点が足りなくて、入賞しなかったとしても、次回のコンペには、必ずその「1点の重み」が本人に刻まれますので、モチベーションが逆に上がるだろう、、、、と、判断しました!!
今回、惜しくも入賞できなくても、この結果は来年、再来年にきっと実を結ぶだろうと僕は考えました!
それと、入賞された作品と自分の作品を数字におきかえて比較できますので、その点差を次回は何で埋めていくのか?と、言う「自己課題」も生まれるだろう、、、と、、、、、、、、

なお、非常に点差が近いため、予定していた賞の数を大幅に増減いたしました!!
それでは、心の準備はよろしいかなぁ?!








結果発表!




グランプリ   獲得点数 100点
MK-011.jpg

「エントリーNo26番 あにさん」
この作品に関しては、満場一致でグランプリでした、恐らくは、見ておられる方々も文句なしの1位だと、お感じになられるハズです、、、、、、
筆1本で、グランプリをもっていける実力、CGさえ必要としない、具体的な実写感(写実的画像)、説得力、できれば本人は嫌がってますが、すぐにプロライターになっていただき、この類まれな素晴らしい塗装技術を一般の方に伝授して差し上げていただきたいなぁ、、、と、思います、、、
教えていただきたい方は、数え切れないくらいいらっしゃるでしょうしね!!
この作品に関しては、評価と、言うよりも拍手喝采でした!!



「兄さん賞」  獲得点数 98点
MK-012.jpg

「エントリーNo34番 S.Rodさん」
これも、満場一致でした、台座に始まりほとんど目に映る物がスクラッチ造形と、言う本格的なディオラマ大作に審査員一同、コレも拍手喝采!!
正直、ココまでやるか?いや、やりきってくれたことに感動させていただきました、、、、、
惜しむらくは、もし、スクラッチフュギアのフェイスがもう少し完成度が高ければ、逆転していた可能性が非常に高かったでしょうねぇ、、、、本体の作りこみ、背景の作りこみ、全てに細心の注意が払われており、センターに配置された白い大理石の像の天井に作られた噴水の水の枯れ方、その中に投げ入れられたコイン等、唖然とさせていただきましたよ!!手彫りの地面の上にガレキとさりげに置かれた「チラシ」も心奪われた、、、、いやぁ、、、、傑作です!




「柳生賞」   獲得点数90点
MK-013.jpg

「エントリーNo25番 濱薫」
さすがに日々、フュギア造形で培われた塗装技術です!!
皆さん説明が無いと恐らくは気づかないでしょうが、濱君のファルケ、本体も勿論、マーキングさえ全て筆で書かれています、しかも、おしゃれな台座まで製作してくれ、食玩のフュギアをチョイ加工して上手く配置させ、「台車」の味を引き出すのに成功してます、、、、、、
実は、この作品が高く評価された、要因は、そういった技術的な面よりも、濱薫本人の「世界感」でした、、、、、、、
いわゆる「Ma.k」の世界観とは違うのだけれど、見ていて納得できる彼独特の「筆まわし」「色使い」が、えも言えぬ不思議な感覚で一味違うファルケを見せてくれました、、、、、、
模型で言う「ひねり」とは、かくもこうありき!と僕は感じましたねぇ、、、、、、、




「ウエハラ賞」  獲得点数83点
MK-014.jpg

「エントリーNo11番  大ちゃん」
キットをお持ちの方なら、ファルケの箱に同封されていた「カラーガイドカード」をお持ちでしょう!!
その中のひとつを忠実に再現されておられるのであるが、配色が配色なだけに、僕は難しいだろうと思っていたんですが、このぐらい「フィルタリング」が上手いと、この「牛」のような配色も、信じられないぐらいリアリティーが出ちゃうと言う、凄い見本ですね!!
今回、総評でも書くけど、やっぱり、点数の境目になったのが「フュギア」の塗りで、大ちゃんのはフュギアも本当に素晴らしい塗りでした、、、、
これで、もう「ひとひねり」あったら、審査員一同、本当にもめて収集つかなかったでしょうねぇ、、、






「NAOKI賞」  獲得点数83点
MK-015.jpg

「エントリーNo19番  momo-chan」
誰かが、この手のレーシーなファルケを出すだろと思ってましたが、momo-chanが出してくれ、しかも仕上がりがおもしろいかった!!通常の塗りとは逆さまで、汚しを入れたその上からクリアー塗装されており、通常の模型手順で言うと「間違い」なのだが、逆にソレがおもしろい印象を強めていて、他にはない彼独特の「味」に見受けられました、、、、、、
しかも、武器類やプロペラントタンクの作りも丁寧で審査員から高感度が高かったです!!
(元イメージのポリススピナーを髣髴させる世界感に脱帽!!)





「Hi-Qパーツ賞」  獲得点数80点
MK-017.jpg

「エントリーNo23番  haharuさん」
とても、ウィットにとんだ造り、アイディアも「かわいいおじさん」も審査員にうけてました!!
人形の塗りがもう少し「自然」な感じが出せれば、さらに上を狙える作品だと思います、、、、
減点ポイントは、兄さんの友人の「トモ★ペン」さんの会社名を兄さんに無断で勝手にコンペの作品に採用して宣伝してるトコかな?!(大笑!!)
<おじさんの持つバケツに密かに常盤ペイントの文字が、、、、、笑>




「POOH熊谷賞」 獲得点数80点
MK-016.jpg

「エントリーNo8番  輪茶さん」
物凄く北海道のPOOH君が気に入ってくれた作品で、審査員の間でも評判になった輪茶さんの非常に練りこまれた「緑」の深さは、とてもエキセントリックでした、、、、、
見れば見れるほど、緻密に緑を表現しており、ガンプラで言う、陰影ではなく、独自のカラーリング表現で気負う事無くまっすぐに塗ってあり、作品に人柄が表れていました、、、、素敵です!!


以上が、上位入賞者7名の作品です!!
どれも、個性の光る素晴らしい仕上がりで、とても、そんじょそこらでやってるコンペとは思えない!?
ぶっちゃけ、ウチのブログで開催してるとは信じがたい完成度で、物凄くイヤな汗をかきましたよ!
(ウチのコンペなんて、もっと気軽でキュートなイメージだったのに、、、、涙

さて、送られてきた作品のレベルは非常に高く、この上位7名のみの表彰だけでは、あまりにも兄さん、ふんぎりがつかず、用意しておいた「百太郎賞」を急遽、変更しまして、、、、、

「敢闘賞」をつくりました!
しかも、5名も入賞だよ!!


24番  かながわさん   獲得点数77点
14番  こたすけ&嫁   獲得点数76点
17番  しろさん      獲得点数74点
3番   ショートベルさん 獲得点数72点
6番   はるかさん     獲得点数68点

以上の5名が「敢闘賞」です、、、、、
敢闘賞の皆さんには、百太郎製「無販売限定Ma.kデカル」を2枚1セットでプレゼントします!!

次点の皆さん

33番 寝太郎さん  獲得点数67点
22番 Ken5さん   獲得点数66点
 9番 A’kkiyさん  獲得点数66点
30番 池田さん    獲得点数65点
20番 今野さん    獲得点数62点
15番 kaniさん     獲得点数53点
10番 TOCさん    獲得点数51点
 1番 るみなすさん  獲得点数50点

と、ココまでが次点の皆さんです、各審査員、1作品につき持ち点10点を応募総数の34点に、全て加算して計算してあります、、、、、、
まだ、未確定ですが、次回第2回「SF3Dコンペ」が行われる際には、ぜひっ、またチャレンジしてみてください!!





審査員の個別コメント

MK-003.jpg
 今晩は、ウエハラミユキです、、、、、、、、、
大さんのファルケは下地に銀塗装した後の筆塗りの迷彩が良い味を出しています、
目立つ白に色を重ねる事でなじませている所がいいです!
このホルスタインカラーは多数来ると予想しましたが意外にも大さんのファルケ1作品だけでしたね。
はるかさんのファルケはランダムに塗られた濃いグリーンが良いリズムになっています、ウエザリング色のチョイスも自然で、とてもウエザリング初作品とは思えませんでした。
るみなすさん!ナッツロッカーとは渋すぎです!
で!浮きとエポパテでケロロをスクラッチですって!?
凄すぎる!!
QBさんのガンスは塗りが良い、なんとも言えない白!ボクがガンスを作るとしたら、こんな感じに塗りたいなぁ、、、、、、
グローサーフントだー!なんと、まさかグローサーフントが拝めるとは思いませんでした!
感激ですTYPE20さんの仕上げも良い味出ています、と、気になる作品数点ですが、コメさせていただきました!!皆さんお疲れ様でした~~!



MK-004.jpg
今晩は、原型師の柳生です、、、、、、
1番のるみなすさん
一目見たときから記憶に残って離れません。画像ではわかりませんがギロロの出来が良い~
ペイントにクルルをチョイスしたのも高ポイントデス、一見フリーダムですが小物のアイディアや各フィギュアの配置とポーズ等、るみなすさんの作品に込めた「世界」の完成度は非常に高いと思います。
19番のmomo-chanさん
誰か一人は作ると思っていたテカテカ塗装のファルケ!!非常に丁寧に作られていてネタを作風として昇華しています。
配色もセンスバッチシです、市販パーツの使い方もヒト手間加えていて作品にマッチしていて好感です。
22番のKen5さん
あれ・・審査の写真と違う気が・・
審査写真の地味さが消えていて単体作品として魅力的です、ショベルの構造の説得力がスゴイです。
ガンダムの手のチョイスも目から鱗。あのパーツに使い道があるとは・・簡単な台座とかあるとKen5さんの頭の中の世界観が見る人にもっと伝わりやすいかもしれませんね。
25番の濱薫さん
カッケェ!!マジカッケェーー!!
本体良し、塗装良し、手書きマーキング良し、台車良し、フィギュア良し!アイディアと工作技術と塗装技術がバランス良く噛み合った絶妙な作品です。
限られた時間内で最大限の効果を発揮する手法を選択するセンスがすばらすぃー。
(コンビニでよく見る方々が?
26番のあにさん
あー・・ぱっと見てもうグランプリでしょ、って作品です、写真見たとき実写かと思いましたよ・・・
自然光で撮ってると思うんですけど影までカッコイイ、塗りのセンスが圧倒的です。
料理に例えるとフランス料理のコンテストと思っていたらイキナリマグロのお造りを出された感じ。
とっても美味しいデス。


MK-005.jpg
どもぉ~!!デジラマ担当の「ぷぅ」です!!
全般的に模型の製作レベルは非常に高く、実物を是非とも拝見したい作品ばかりです。
今回のコンペについては写真審査という、某模型雑誌的な審査方法で行われました。
その為、撮影で損しているだろうなと思われる人も結構見受けられました。
撮影機材や技術云々というより、構図をもう少し工夫すればなぁ・・・というのが多かったです。
見せたい部分とかそれはそれで気持ちが分かるのですが、ストーリーを感じさせる1枚が欲しいです。
規定枚数5枚の写真のうち、1枚でもインパクトのあるものがあれば十分ポイントが高いです。
あとデジラマ的な意見では、リアルに見せたい場合の撮影時のポイントとして目の高さを意識すると良いです。
そのスケールの世界に"自分が立った"としたらこう見える・・・という視点の高さがあります。
当然、ファルケとガンスとSAFS達とではそれぞれ違います。
特にガンスは対比として並べた人間の目の高さに合わせると巨大感も演出できます。
残念ながら・・・というよりある意味仕方ないですが、どうしても模型的な見下ろし視点になりがち。
リアルさと迫力を出すにはアオリ気味のアングルも欲しい所ですねぇ、、、、、
皆さん、お疲れ様でした、僕の作る「SF3Dブック」の画像もどうぞお楽しみに~!!



MK-006.jpg
今晩は、「敢闘賞」のデカル製作を担当しました、百太郎です!!
僕からの感想です、、、、、、、

こたすけさん&お嫁さん
こたすけさんのポーラベア、フィギュアの顔に心臓ドキュンです!。髭の色味がとても研究されていて素晴らしく思います!。
また、「宇宙(ソラ)へ・・・」というタイトル通り、ジオラマのシチュエーションから、様々に想像出来る宇宙への想いもとても伝わってきました。
SDメルジーネは迷彩パターンのハートがかわいいです!。カワかっちょよく逞しい!。発想がとても斬新で遊び心をくすぐられました。

かながわさん
かながわさんのファルケでは、野外撮影画像に胸が熱くなりました!(審査用画像)。完全なるコラボアート、これぞ「漢の黄昏!」のような威厳のある存在感に圧倒されっぱなしでした。
激高精度の機銃といい、ハイセンスなブッシュ迷彩、そして流れるようなフィギュアの塗りにも感動させていただきました!。
表情も格調高くも可愛いらしく、、、、すいません、この娘さんタイプです!やばいです(笑)!。

はるかさん
はるかさんのファルケでは、カラーリングのシブさとエンジンカバーの発想にビックリ!。まさに「空飛ぶ戦車」のイメージ通りだと思いました。
サイドの波模様や機首のカラーリングセンスも素晴らしく思います。ヘルメットやスーツのシブめのレッドが雰囲気に馴染んでいるのも心地よいです。
基本工作から塗装、ウェザリングまでとても丁寧に製作されていて、素晴らしい作品だと思いました。

しろさん
しろさんの作品では、「静」を存分に堪能させていただきました!。最初に拝見させてもらった時は凄い臨場感に圧倒されっぱなしでしたが、A4の写真を見つめていると、あら、不思議・・・・臨場感とともに時間が止まってしまうのです!。というよりも、ピキィッと凍ってしまった感じでしょうか。
ただひたすらに、冷たい「静」の世界。この素晴らしい表現力には大脱帽です!

ショートベルさん
ショートベルさんのファイアボールとファルケのツーショット、特にファイアボールの後ろ姿にキュンときました!。
勿論、フギュアの顔にも目を奪われるのですが、このショットでは、「男は背中で語る」ほうに惹かれたんですよね。彼はそういう方なのでしょうか。
そして、ブラッドティアー!。このセンスには蜂巣状態にぶち抜かれましたよ!。スカルファルケの塗装もとても工夫されていて素晴らしいと思いました。

皆さん、製作お疲れ様でした~~!!デカル届いたら使ってみてください!!



MK-007.jpg
ども、モデグラで記書いてます、「POOH熊谷」です!!
いやぁ、皆さんレベル高いっすねぇ。作品に対する愛を感じるものばかりで、審査するにもホントに困りましたよ。そんな中でも僕は和茶さんの作品を選ばせていただきました。Ma.Kと言えば、どちらかというとボロ、錆、汚れに走りがちな中、使い込まれていながら手入れのよく行き届いてる、まるで自衛隊機のような作風に共感を覚えました。工作、塗装ともに絶妙なさじ加減で、凄く良くまとまっていると思います。「やればいいってモンじゃないのよ」と教えてくれるような作品ですね。大好きです。これ。
それと、個人的には11番の大さん、25番の濱君のは、かなり心惹かれましたよ~!!
参加された全ての皆さん、製作お疲れ様でした!



MK-009.jpg
「Hi-Qパーツ」社長 藤原氏のイメージ画像(本人様からいただきました!)
なお、藤原さんからはメールでの総評をいただきましたので、文面をそのままコピーさせていただきました!!

どれも個性的で、挑戦的な作品が多く選考に悩みました。

haharuさん
パッと目を引くオレンジが、RLMカラーが多い中で目を引きました。柿のようなカラーが好きです。欲を言えば、誇り表現と、もうちょっと小物があると、おっさんが塗ったって感じが出ると思います。ハシゴとか。
屋外の写真は抜群に雰囲気が良かったです。
あと、ジオラマが見てみたいです!

★気になった作品(審査員賞を除いて)

寝太郎さん
次点。真似したいカラーリングですし、とてもきれいな塗り。がんがんに汚したのも見てみたいです。

バロンさん
カラーリングと塗り方は一番好みでした。パイロットか整備兵がいるとうれしいですね。汚しの色数を増やすと実感が上がりそうな予感です。

A’kkiyさん
溶接痕がうまい。ちまちま工作が効いていて好印象でございます。

TOCさん
途中写真を見ていただけに、なぜにネタに走る(笑)って感じの作り込み過ぎベースがとてもグッドでした。

こたすけ&嫁
お嫁さんのちまちま塗りがSDにとてもマッチしていい感じです。

皆さん、コンペ作品の製作&参加、お疲れ様でした~!!



MK-008.jpg
ども~!!電撃のNAOKIざんす!!
僕が選んだのは19番の「momo-chan」氏のグロッシーなファルケです、、、、、、、
まず初見でステキな色味に惹かれました。後付けのプロペラントもシル エットがガラリと変わって見えて良いアクセントになっていますね~。
一見インパクト勝負かと思いきや脳内設定ありきでの形状/仕上 げも好感が持てます。ご本人は謙遜されていますが、ちゃんと目的地が 見えていてそこに辿り着けているように思えます。
欲を言えば流用/市販パーツはお里がわからないように使うとよ り良いと思うのですが、それを補って余りあるインパクトと完成度の高 さだと思います。
横に並んだAFSマーク「との使い込みの差別化も面白いですね。
あと、個人的に気になったのは、、、、、、、、
5番のいけぴーさんや11番の大さん、23番の haharuさんのカラーリングなんかも面白かったです。
皆さん、コンペ作品の製作お疲れ様でした!!




MK-010.jpg
 ども、皆さんお疲れ様でした~!!
えぇ~~、全体的な総評ですが、ともかく自分のスタンスで自分のできる事を一生懸命やっているのが素晴らしい!!こんな場末のブログのコンペにもかかわらず、こんなにたくさんの素敵な作品の参加がありましたこと、本当に嬉しく思ってます、、、、
さらに、普段交流の無い、ブログからの訪問記録の数を見て、驚くのと同時に感謝してます!!
皆さん、本当に頑張ってくれたので、より一人でも多くの方にご覧いただければ、主催者の僕も嬉しく思います!!
次回「第2回」があるか?ないか?は、ココで明言できませんが、若い人やビギナーの方が興味を持ってくれる、そんなコンペになればいいなぁ、、、とか、思ってます!!
今はまだ、わずか34名のエントリーなのですが、その34機の作品を見て、知らない誰かがこのキットを作ってみたい!と思ってくれれば、それで僕は大成功だと思います、、、、、、、、
今回、あえて次点まで点数を公表しましたが、ご覧いただきました通り大差はありません、今の自分に足りない部分がコンペを通して、「向上心」となってくれる事を、皆様の熱いお人柄に期待して、今回の総評とさせていただきます、ご参加いただきました全ての皆さんにピース!!



追記<お知らせ>

作業自体がギリギリでしたので、いまだ工事が不完全な箇所もあるかと思いますが、おいおい修正を加えていきますので、とりあえずは現状のコンペページをお楽しみ下さい!!
なお、「柳生センセ」の作品は今月末には掲載できる予定です(お仕事が忙しいの!)

それと、書き忘れましたが、、、、、、、、、、、

「審査員特別賞」を受賞された方が
います、、、、、、、、

「るみなす」さんおめでとうございます!!
本当によく頑張りました!


コンテストは、上手いヘタも大事ですが、物凄いチャレンジ魂を見せてもらいました!!
某B社のケロロ軍曹の◆◆の原型師である、柳生君から、ささやかですが、プレゼントご用意させていただきましたので、ちょっぴり楽しみにしててちょ!!

あ!あと、ブログのほうには作品にリンク貼ってませんが、HPのコンペギャラリーにございますのでそちらをご利用下さい!!
なお、作品の感想、評価等、ブログにいただけましたら、作者も兄さんも大喜びなので、皆さんガンガン遠慮なく書き込んでくださいねぇ~!!
(今日は、ぶれいこうです!)



ほいじゃ~のぉ~!!
























 | ホーム | 

# 「緊急告知!SF3D必読!」

「緊急告知!SF3Dコンペの事!」

 はい、兄さんのファルケの進行具合の確認に何度もブログを観に来てくれた皆さん、本当に申し訳ないのですが、今回は「ネタ」をひねり出すのにかなり苦労したため、まだ画像掲載ができません!

ただ、お約束できるのは誰もやったことのない「SF3D」をご覧いただけますよう、かなり気合を入れておりますので、もう少しだけ待っててね!!

では、なんで本日更新するのか?!

実は、既に画像をいただいている方もおり、エントリーの仕方が僕のHPのコンペ解説では不十分であった事と、人数が思ってたよりも多くなりそうなので、もう1度検討して正規のエントリー方法を記載いたしますので、よくお読みいただき「正規のエントリー手順」にそってご応募いただきたく思います!!
(お手数おかけしますが、間違いや手違いがでないよう慎重に対応しますのでご協力下さい!)

「SF3D」新エントリー方法
TY-06.jpg
<手順>
参加表明された方は、まず兄さんのHP(n.blood model)に記載されているメルアド
にご自身のHNとブログもしくはHPのアドレスと現住所を貼り、打診ください!!
(受付は、4/10までにお願いいたします!!郵便番号を忘れずに記載して!)
           ↓
4月11日~13日までに兄さんの住所を記載したメールを全員に発送させていただ
きますので、そこの住所に「A4」に焼いた写真を4月30日必着で送ってください!!
※それと同時に兄さんのメアドに応募作品の画像と作品説明を記載の上メールして
ください!!

2度手間になりますが、今回複数の審査員との打ち合せや遠方におられますゲスト審査員の皆さんとできるだけ真剣に作品を検討させていただくためなので、ご面倒とは思いますが、ご協力くださるようお願いさせていただきます!!

注意:作品の画像はお一人様3~5点とさせていただきます!!
   実際に焼いて送る写真もメールする画像も同一のモノで同枚数お願いします!
   作品説明は、簡単なもので結構です!
   それと、兄さんにメールする際の題名は「SF3Dコンペ」でお願いいたします!!

●重要な事書き忘れた~!!
兄さんにメールで送る画像サイズは、600×800でお願いします!!さーせん、、、汗汗
            ↓
5月20日にお預かりした作品をブログにて全て公開させていただきます!
なお、賞を受賞された方の発表も同時におこないます!
            ↓
5月20日以降、順次賞品の発送をさせていただきます!!
            ↓
6月中旬を目安に入賞作品を特殊加工した「SF3Dブック」を兄さんのHPトップにて
公開させていただきます!入選におしくももれた皆さんも素晴らしい画像にご意見ご感想
をいただければ嬉しく思います!!(ブログの方にねっ!)

以上が変更されたエントリー方法ですが、何か分からない点もしくは聞きたい事があれば、ブログのコメント欄にてご質問ください!!
あと、急遽「焼いた写真」と「ウェブ画像」を両方お預かりする運びとなりましたが、厳正な審査をおこなうためですので、よろしくご協力下さい!!

「SF3D」コンペには、過去のオラザクグランプリ受賞者をはじめたくさんの強豪がひしめいておりますが、あくまでも「作品」主体の平等な審査を心がけています、経験や男女問わず、皆さんの素晴らしい感性を4月30日に見せていただけますのを本当に楽しみにしておきます!!
ラストスパート頑張りましょう!!

エントリーメールが届きました!
<本日までにメールをお預かりした方リスト>
エントリーメールへはいちいち返信しておりませんが、本日までにメールいただきました方!!
名前の無い方は、兄さんにメールがきていない?、もしくはサーバー上のトラブルですのでご確認くださるようお願いいたします!!
(メールエントリーは基本4/10ではなく、なるべく早めにメールしてちょ!よろちくび)

「トノさん、はるかさん、いけぴーさん、QBさん、ショートベルさん、るみなすさん、シーラさん、和茶さん、TOCさん、A’kkiyさん、藤原さん(HIQパーツ代表)、大さん、裏@工作員さん、こたすけさん、kaniさん、しろさん、バロンさん、momo-chan、今野さん」

いただきましたメールにて、コンペページに順次エントリーされた方のHNとブログアドを開示していきますので、よろしくお願いいたします!!


古(いにしえ)のモデリング
 既に、製作後23年と言う歳月が流れてしまいましたが、皆様のお役に立てるならばと、今回恥を忍んで特別に兄さんがまだHJライターになる前の「小僧時代」の作品を掲載しておきます、、、、
80年代の初頭、はじめてメーカーのお仕事をさせていただきましたのが何を隠そう「SF3D」と言う特殊な模型でございました、当時、日東化学さんから発売される「A.F.S」の雑誌広告用ならびに見本市用の公開作品として依頼を受け、右も左も分からないほんと駆け出しの頃の作品です、、、、
(当時、社運をかけ満を持して発表された日東の広告です)



NITO-01.jpg

いやぁ、この広告の載った古めかしい某模型誌をウエハラ君のお宅で見つけた時は、マジで赤面しましたが、今思えば、ポリパテはおろかメッキシルバーやメタルカラーの無い、ほんと厳しい時代でしたが、銀粉をまぶしたこのアルミちっくな金属感を「気合い」で表現してましたよ、、、、(大笑)
(どこの馬の骨とも知れない自分を起用していただいき今でも本当に感謝してます、、、)
なんせ、レベルカラーとタミヤのアクリルしか売ってない時代で、このお仕事を縁に横山先生の本物のファルケを型取りしたフルウレタンのキットにめぐりあったわけです、、、、
残念ながら日東化学は「ファルケ」の発売をまたずに倒産の憂き目にあってしまったのですが、、、、

「幻」となった「ファルケ」を今手にして本当に感慨深く、一筋縄では発表できないぞ!と、無い知恵めぐらしております、、、(笑)
現在では「Ma.k」と言う商品名に大人の都合で変更されてしまいましたが、兄さんの心の奥では今もファルケはSF3Dなのです!、23年と言う長い長い年月を埋められるほどの上達はしておりませんが、今自分に表現できる精一杯の形で発表させていただこうかと思います、、、、

ある日、偶然友達の家で、23年前の「自分」に出くわしたら貴方はどんな思いがはせるでしょうか?
僕は、、、、、、、、、、、、、、、、


では、次回「ファルケ工作」にてお会いいたしましょう!!
ほいじゃ~のぉ~!!

追伸:さきほどブログ仲間の「はるかさん」からご指摘いただいたのですが、今回公開したCM用の「SF3D」の作品ですが、あれは何色で塗ってもOK!とか言うのではなく、、、
あの作品内で表現されているのは、まだ完成してない「A.F.S」で、ラックにかけられてこれから塗装されるところです!!
(表現力が無いため、イメージが伝わりにくく申し訳ない!)
要は、スーツの製作途中で、地金が丸出しの状態の物だと言うモノで、フュギアを使用しないで、人の空気感を演出しようとしてたんですねぇ、、、
(出来もしないのに無理に作るとなかなかイメージは伝わりにくいと言うよくない見本です、、汗)



 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。