このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# 「製作記<番外編>ファイナル!!

製作記<番外編>ファイナル!

 大変長らくお待たせしました!!
ようやく「SF3D」プレゼント用兼「千葉イエサブ」コンテスト用のギャンバインの完成お披露目です!!
まぁ、急いで製作したので荒いっちゃ荒いですが、なにぶんスケジュールがパンパンに混み合っておりますので、このぐらいでご勘弁いただければと思います、、、

そんで、今回は「n.blood」としては初の試みにたくさん挑戦していきます!!
まず、ウチでは初となる「羽つき」の発表、さらにはカラーチャートも初めて書きますが、もし気が向いたら読んでみてちょうだい!!
(なんか最近、何色で塗ってるのか聞いてくる奇特な方もおりまして、、、笑)

それでは、まえおきはこのくらいにしてさっそくギャンバインのお披露目です!

ギャンバイン公開
(いきなり頭部のドアップ画像から、、、、)
DSCN9524.jpg
<カラーチャート>
はい、いきなし顔のドアップを見てもらいましたが、ぶっちゃけデジカメではとても写りにくい色なので限界まで寄って撮影していますが、全体がパールカラーにクリアーの重ね吹きでコーティングされているので、元の色が全然分からなくなっています、、、、、、
(パールを吹き重ねると本来の色味の強さが半分以下に軽減されるためです)

みずいろ部分>青と白に色々混ぜてます
白い部分>白と黄色に色々混ぜてます
金属の羽根色>調合したフレームカラーの上から粒子の粗い銀をまぶしてます
オレンジ部分>場所によってそれぞれ赤と黄色を混ぜて調合

以上おおまかに書くと4色で塗っているんですが、ひとつの色を調合するのにかなりの色を部分まいに混ぜて塗るため全部覚えてないんですよね、あくまで独り言ですが、模型誌に書かれてる調合配分とかも「およそ」で書かれてるモノがほとんどで、本職のモデラーってその場で調合しちゃうケースが非常に多く、あまり覚えていないのがホントの話だったりします、、、、、
(隠し味で微量に入れてる色とかはとばしてあることが多いです)

なので「n.blood」の完成品にはカラーチャートが全然無いわけです!


上半身のUP
DSCN9516.jpg
 もうお気づきの方が多いと思いますが、上の画像も顔のドアップも全然モノアイが見えないでしょ?
僕の個人的見解なんで受け流して聞いて欲しいんですが、モノアイが見ない方がキャラクター的に合うと僕が判断したモノの場合、あえて「奥目」に設定してます、見えないからこそカッコイイと感じるものもあり、その時の製作している感じで決めていきます、じゃ?設定無視かよ?!と指摘される方も多いと思いますが、多かれ少なかれ多少のリファインによってその造形がかっこよく見えるならそちらを選択するようにしています、基本バンダイさんの模型は全種このリファインがされいるので、TV用の本来の設定とは似ても似つかないくらいかっこよく整形されているかと思います、、、、
(特に1年戦争モノなんか原型をとどめているモノが皆無に等しいですね)
ちなみに僕の場合見えなくても全部製作してありますが、自分の作品をお手にとられた方が覗き込んでも大丈夫なように、、、、と、言う説と、単に本人が病気だからと言う有力な説がある(笑)


全身像
●前から
DSCN9515.jpg

●左横から
DSCN9517.jpg

●後ろから
DSCN9518.jpg

●右横から
DSCN9519.jpg

以上四方向全てご覧頂きましたが、、、、、、、、、、
当初、自立できるのが自慢でしたが、2週間模型店のガラスケースにてコンテスト用に展示される事や「SF3D」コンペの入賞者様に発送する事を真面目に吟味した結果、ポーズ固定とし、台座に固定させていただくことにしました、、、なんのために各関節にポリキャップを仕込んだのか?自分でも本当に苦渋の決断となりましたが、、、、、、、
正直に告白すると、ギャンバインが二本足で自立する場合、バランスをたもてる箇所(ポーズ)が1箇所しかなく、固定でも可動でもさして意味が無いのが後で発覚したことと、いくらクリアーコートしてあるとはいえガシガシ動かせば塗装はハゲちゃいますので、いたしかたないか?と判断、、、、
余談であるが、通常塗装からパールをかけその後クリアーを2回かけさらにパールを2回そして仕上げのパールを吹いて研ぎだせる部分は研ぎだしていますが、エッジが寝ないようにかなり苦心してます、それと実は144でありながらグラデーションを入れてます(ボディーの水色のとこ)
今回は、エッジやスジボリ部位にマスキングゾルをあらかじめ塗って、現用ジェットの退色感を狙ってみましたが、実物を手にしないといかんせん144なので画像では確認いただけないのが凄く残念に思います、、、、、
(でも、こういうヘンテコリンな模型を真面目に作るのは凄く楽しい!!)


局部UP画像
●本体の背中のバーニアのグラデ
DSCN9522.jpg
このバーニアは以前友人からいただきましたアルミバーニアなんですが、4色でグラデをかけてみました!!実物はもっと綺麗なんですがねぇ、上手く撮れません(泣)
よく見かけるアルミバーニア、昨今本当に流行ってきてて定着しつつありますが、、、、、、
1/100だと地金をいかして楽しむのはいいのですが、こと144となるとかなり浮いて見えちゃいますので、塗装したほうが自然に馴染むような気がします、、、、
★アルミパーツの塗り方
1、下地となる金属用プライマーを塗布(模型店にあるよ!)
2、1200#のサフを塗布
3、元色となるシルバーを塗布(今回はメッキシルバーを使用)
4、根元側から焼鉄色またはアイアンでグラデをかける(まんなから辺まで)
5、真ん中に上からクリアーブルー
6、噴射口にクリアーイエローとクリアーレッド
以上のような工程で、今回の刺し色となる「オレンジ」を塗っています!!
ギャンバインは元々、綺麗なオレンジを刺し色で決めていましたので、それに合うように白×水色で塗りあがりました、僕は最初に一番「華」になる色を決めてからあとで全体の色あいを考えてます!
やりかたは人それぞれなので、これが正解とかではないのですが、バーニアの色付けとかは参考にしてみてください、、、、、、

●馬お尻バーニア
DSCN9523.jpg
少し手抜きですがいちよう僕の作品なので簡単な「しいたけ」を入れておきました!
それと、濱君からいただいたシッポの根元も見てちょうだい!かっちょいいデザインでしょ?!(笑)
今回は144と言うことでしつこくならない程度にディテを配置してあります、、、、、、
まぁ、見る方によっては「n.blood」のわりにはディテが少ないんじゃなねぇ?的な事を言われそうだが兄さんも他にもやる事がいっぱいなんです(大粒涙)今回はさらっと流していただければ、、、、
(窓際に立ってじっと一点を見つめる兄さん、、、、、え?ダメ?笑)

●頭部モノアイUP
DSCN9525.jpg
はい、モノアイは以前も書きましたが超極小パーツを兄さんが真鍮パイプから削りだし、モノアイカメラをクリヤー板のヒートプレスにて製作しておきましたので、ギャンバインに当選した人はじっくり見てちょうだい!!
ウチはフレームメーカーとしてここまでのUP画像にたえられればOKだと踏んでます!
本当はもっとディテ入れてみたかったんですが、なんせ帽子をかぶらないといけないんで、この辺が限界でした、、、、(まぁまぁでしょ?!笑)
ここで、ご覧頂いてる方に見てほしいポイントは!?
モノアイ部位の金属色と羽根の対比!同色で仕上げてあるんですが、羽根の方は先ほどもかきましたがさらに銀色を上から塗布しているので「固い色」に見えるかと思います!
ちなみに30cmくらい離して「砂吹き」っぽく塗るのがミソ(テストに出るぞ!覚えておきましょ)

●裏間接の絶景!
DSCN9527.jpg
バックパックの羽根を1枚はずして可能な限り寄って撮影してます!
胸部の裏側にあたる部分ですが、たいていの方はよく見えないトコをここまで作らないと思いますが、144でもここまでやるのが「重病患者」への第一歩となるので、プラ板症候群に冒されてる通院中の患者さんはよく見ておきましょう!!
たとえほとんど見えなくても作って作って作りこむと、全治100年の治癒不可な病気と診断されますので、おおいに人生を台無しにしてくだい!!

いかがだったでしょうか?!
ウチではめずらしい1/144の製作記事でしたが、お楽しみいただけましたでしょうか?!
皆様のご病気が早く進行するよう兄さんも遠い空の下からお祈りしておきましょう(大笑)

で、事前にお話しておきますが「SF3D」コンペにおいての商品は、あくまで審査員が選ぶのが基準ですので、応募参加された方は当選をドキドキして待っててちょうだい!
ちなみに「兄さん賞」は、この「ギャンバイン」とHJ本誌に掲載されたレッドゼータのエッチングパーツをあわせてプレゼントさせていただきます!!
そんなにいないと思うが、兄さん賞が欲しい方へ特別に当選しやすいヒントを出しときましょう!!
簡単な話で僕が見て「え?」と言わせてくれた方にプレゼントしようと思います!!
この「え?!」に関しては、僕がびっくりする!と受け止めてください、、、、、、、
僕も受賞された方がバンダイのHGUCのギャンを手に腰をぬかすのを楽しみにしておきましょう!!


今週のいただきもの!
えぇ~~好例の今週のいただきモノなんですが、今回は「J-PEI」氏と「和茶」氏からいただきました!
どちらも力作なんですが、「J-PEI」さんのはコンテスト用に作られた作品とのことでした、、、、、、
ちなみに僕のギャンバインも千葉イエローサブマリンに出撃しますので、お時間のある方は「投票」しとくように!!(俺になっ!大笑!ワイロかよっ!)

●和茶さんのティエレン
wacya-010.jpg
wacya-020.jpg
兄さん主催の「SF3D」のコンンペに出撃するためのテストとして手持ちのティエレンにて練習したそうな、、、、
現場で突貫で塗装されたような「荒さ」と模様のような「ムラ」が実に良い質感をかもし出している!!
シュークリームのような黄色が刺し色だと思うがこれも「寒い色」に非常に馴染んでおり上手い!
実際に和茶君が応募してくる作品を見るのが今から超楽しみです!
(和茶さんのブログハココだよ!クリックGOGO!)


●J-PEIさんの乳ガン
JPEI-010.jpg
JPEI-020.jpg
144の乳ガンですが、元キットの出来は実に素晴らしいのですが、さらに手を入れてスタイリッシュにまとめあげてる、しかも超短期間で!!最近のJ-PEIさんの光速具合はただごとではない?!
本当に早い、しかも丁寧でいてセンスも感じる、僕は今回の乳ガンの「赤」にやられました~!!
何ともいえない良い色で手ますよねぇ?!
あんなに急いでやってるのに調合に気を抜かない?!さすがJ-PEIクォオリティー、、、、、
(J-PEIさんのブログハココだよ!GOGOクリック!!)


重要なお知らせ!!
さて、以前「ワイヴァーン」の発表の際、たくさんいただきましたご意見でもっとも多かった、、、
「本にしてください!!」とのお話、、、、

なんと!実現いたしました!

ギャラリーへのUPを御待ちいただきました皆さん、スーパーフォトモデラー「ぷぅさん」との兄さんのコラボによる、超絶写真集が、今日公表されます!!
(ちなみに2/5は兄さんの46歳のバースデーでもある!!記念碑的作品です!)

勿論「未公開画像」も多数公開されますので、ぜひっご覧下さい!!
多数ご参加いただきましたクリエーターの皆さんへの恩返しもこめて渾身の1冊に仕上がっております、2冊目も現在企画検討中、あなたの心臓を揺さぶる「n.blood的」ガンダムの世界をぜひっご堪能ください!!
先行特別公開
(たくさんの画像のほんの一部よ、、、、、笑)

★兄さんのHPへのアクセスは、ブログリンクのトップをクリックいただければごらんにいただけます!
ブログリンクのトップ>HPにとびギャラリーを開く>ワイヴァーンの画像をクリックでOKです!!

ZII_6_800x800.jpg

それでは皆さん
次回の記事でお会いしましょう

ほいじゃ~のぉ~!!



スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 「製作記<番外編>ギャン」その1

■製作記<番外編>
兄さん的1/144キットの遊び方<その1>

 しばらく長い正月休みを取らせていただいておりました、、、、、、
(コメントの返信が遅くなり申し訳ありません!ウヒュ!)
えぇ~、まず、模型ファンそっちのけで、兄さんの正月をご報告させていただきましょう、、、、
とりあえず、ご想像にもれずパチンコの新台の試し打ちの報告から、、、、

現在TVCMでも話題の「エウレカセブン」ですが、ぶっちゃけ大敗をきっしました、まぁ、難しい台ですねぇ、、、非常にフットワークが悪く、かつ連チャン性能に台の個体差が大きいため、波のサイクルが見えにくく、回転数や稼働率では挙動が読めないパチンカー泣かせな台です、、、、、
兄さんは以前オンエアー中には、HJのエウレカ連載で記事を書いていたこともあり、かなり好きなアニメでしたので、台の仕上がりが本当に残念でならない、、、、
最近流行の演出と当たりが噛み合わない非常に不出来なマシンです、、、、、
その他、「ウィングマン」や「加山雄三」等のきなみ新台は打ち込んでみましたが、どれもてごたえがなく、出玉優先の非常につまらない台ばかりでした、、、、、、

夏には「花の慶事2」や「エヴァンゲリオン5」の噂もあるので、そちらに期待したいと思います、、、
スロの方は、今のトコ「ウルトラマン」がダントツのお勧め台ですねぇ、、、、
(って、コラコラ、何のブログやねん?!笑!!)

★お詫び
前回の記事のリンクで誤りがありました、スイマセン!!兄さんはよくポカしますんで気が付かれた方は、至急お知らせいただければと思います!!(超他力本願が売り!笑)

そしじゃ、そろそろ2009の作り初め「ギャンの製作記事」なんぞを書いて見たいと思います、、、、

■材料の紹介
DSCN9497.jpg
 えぇ~~、今回の「ギャン」は以前製作していたモノなんですが、途中色々な事情で却下されていたシロモノです、たぶん08’の復帰した僕の記事から読んでる方はご存じない方も多いと思いますので、できるだけ分かりやすく解説できるよう頑張りました!!
まず、材料なんですが今回は特殊な形状になるので、セールで手に入れたダンバインの1/48のキットを2個使用したいと思います!!
(なんと、1000円>300円と言う破格の値段!人気ねぇ~なぁ~、ダンバイン)
形的には「ナルニア物語」とかに出てくる、ケンタウロスと呼ばれる人と獣がくっついた感じと言うんでしょうか?あんな感じで製作していきます!!

■あんよは上手?!
DSCN9488.jpg
 とりあえず組んでみると、さすがに年代モノですねぇ~(笑)
ヒケやゆがみは勿論ですが、センターがずれていてけっこう笑えます、でもどっちみちヤスリ倒すのであんまし関係ないんですが、、、、、
フクラハギ裏の形状と間接を変更するのもあって、いらない所は、パカッターで切り捨てます!
(パカッター=超音波カッターの事)
切り取った部位をおおざっぱにたいらに整形後、プラ板でフタをしてフクラハギに馬っぽい急激なラインと馬間接のような可動を仕込みます!
興味ないだろうけど、一応書いておくと馬の前足と後ろ足の間接は互いに逆を向いているため、そうなるように4本ある足の2本ずつで関節の改修を変えてあります、、、、
<こんな感じね!>
DSCN9490.jpg
ねっ!!
なんとな~くお馬さんぽいでしょ?!(大笑!)
足首のフレアーの中にはおいおいバーニアを仕込む予定です!!まぁ、今日はとりあえずの形出しだけね!!
それにしても、けっこう昔のキットなのにヒザが二重間接なのは助かる!
あとは適当にスジボリをほどこしいらないディテを埋めて完成!!

■胴体の作り方!
DSCN9487.jpg
 ウチでは暇な時間や仕事の空き時間を利用して、複製用のウレタンで「板」を製作してます!
ウレタンは、保存期間がけっこう限定されるため、いつ使うのか分からないのですが、仕事で使用してあまった溶剤は、適当な型に流して「ブロック状態」で保存して有ります、、、、、
よくあまったジャーのご飯をおにぎりにして冷凍保存する主婦の技と同様ですね!!
(技と言うとかっこいいが、実は単なる貧乏性とも言う!笑)
さて、その作り置きのウレタン板を2つ組合わせてそれをリューターでウィンウィンしてやると、上の画像のような胴体が出来上がります!!
特にコツと言うのは無いんですが、あえて書いておくと「大量のクズ」が出ますので、作業現場に掃除機は必需品となります!!
1回掃除機で吸い過ぎて、中で破裂(ゴミパック)させた犯人は私です、、、、(汗、汗)

■上半身の解説
DSCN9495.jpg
 実は本人もあまり覚えていないので、うら覚えで勘弁してください、、、、、
たぶん、頭部はバキュームフォームと言う技でこしらえてあり、胸部や胴体はプラ板でおもに製作してあったと思います、正直言うと加工したのが2年前なので、何故?左の物体が右のような物体に変化?したのかはあまり覚えてなくて、当時は、MGギャンが出たてでこの1/144のウンコキットをなんとかMGクラスに改造するのを主目的としていたような記憶があります、、、、
胴体の中身には自作の可動脊椎があり、胸部と腰の間にゴム製のウエストラバーを入れ自在に可動するよう作られてあります、それと腕や関節付け根等はあまりにも複雑に製作してしまったため、ちょっと解説ができません?!
たぶん後で作り直すかと思います、本人も複雑すぎてマスキングできねぇ~なぁコレ?!
新しい読者の方は信じられないかもしれませんが、1/144の肩関節内にシリンダーが16本入っていて、それがフル稼働するのである?!
(今見ると単なるアホか?何かの宗教か修行だな?大笑)
ほぼ原型をとどめていないような気がするが、たぶん気のせいだと思います、、、
詳細を知りたい奇特な方は「ぷるぷる日記」の過去記事から探してください!
(そんなにおもしろくないと思うけど、、、汗)

<ちなみに上から覗くとこんな感じ>
DSCN9496.jpg
 よぉ~く見てもらうと分かるかと思うが、胸板の厚みが倍くらいになっていて、笑える!!
(誤解が無いように書くが、兄さんは決してホモでも筋肉フェチでもない!大笑)
とりわけ左のキットの頭部ラインを良く見てもらうとこれも分かるのだが、兄さんお手製のギャン頭部のラインは非常にデリケートなスロープにこだっているのが分かるかと思います、、、、
MSのキモがいかに「フェイス部位」なのかが、アマチュアの方がご覧になっても明確に分かるかと思います!バランスやディテも無論重要なんですが、「一つ目」には「一つ目」の、「二つ目」には「二つ目」のかっこよくなるバランスがあります、ひさしを下げ目線を鋭くしたり、連邦モノのフェイスをヘルメットの奥に斜め付けするのをよく見かけますが、僕はたぶんやらないと思う、、、、、
(あ!また余計な脱線しちゃいましたねぇ、、、、)
ちなみに、今回のギャンのモノアイはワクを真鍮から削り出し、カメラ部位はクリヤーパーツをヒートプレスして2重構造にしてあるためパーツ数が多すぎて借り組みできませんでした、そうそうアンテナはアルミの削り出しと真鍮の組合わせによるモノです、、、、、



■借り組み画像をどぞ!
DSCN9493.jpg
ちょっち、アンテナが太いけど、、、、今回はテーマが「マッチョなケンタウロス」風ギャンなのでこれでいきます!!
そうそう、お腹が何故かプラ板になってるでしょ?!お馬さんの、、、、、、、、、、、、、
間に合えばだけど、中に大砲しこむ予定です!!
それと、フロントアーマーやサイドアーマーは、取り付けてありません、なんせスピリング接続なので、めんどくさいめんどくさい、、、、(笑)


■引きの全体像だよ~ん!
DSCN9491.jpg
 まぁ、ぼちぼちでしょうか?!
ところでたぶん皆さんのおっしゃりたいことは?
「なんで?突然ギャンなの?しかも1/144??」
だと、思うんだけど、、、、、、、、、、
実は、以前のブログに書いたのだが、「千葉イエローサブマリン冬コンテスト」っつうのがあり、仲間と一緒に出す約束をしていましたので、急遽作り始めました!!
仕事ではないので、斬新な技巧や大技は出しませんが、そこそこのモノは作らせていただきますのでその大会の模様もその内リポートしてお届けしたいと思います!!
こういうのは、出る事が重要!!勝ち負けなんてぇのは時の運ですから!
まぁ、僕の目的は正月明けからウチは「対ウエハラ」企画でモリモリ盛り上がるわけです~!笑
(大会ウンヌンではなく、彼とやりあうのが楽しい~わけですよ!)
他にもコンテスト出場者の方がご覧になっているかと思うが、一緒に盛り上がっていきましょう!!
「千葉軍団」や「千葉GPM」の皆さんと戦うのも楽しみにしてますよぉ~~!!!



       

 さて、前回のブログにて「新年会」の日程を公表いたしました!!
ほんで、当日の事なんですが、兄さん達「千葉しぼり」のメンツは、アキバのいかがわしいお店にて「体験入学」して待機していますので、「ラジオ会館」前に来たら携帯に連絡ください!!
当日は、電撃のライターの方も「生作例」を持って遊びにきてくれますので、カメラ必修です!
それと、居酒屋さんの予約の関係もございますので、できるだけ早めに連絡ちょうだい!
以上業務連絡でした!!

あ!「SF3D」コンペの方ですが、たくさんのエントリーいただきましてありがとうございます!!
引き続きこちらも応募してますので、ウチのHPのほうの「コンペ」ページをよくお読みになりエントリーいただければと思います!!
そうそう、「兄さん賞」をめでたく取られた方には、なんとっ!!
もれなく「兄さんのギャン」を謹んでプレゼントさせていただきます!
(え?んなモンいらねぇ~?!、、、、、オホホホホホホ、、、、汗)
ウチは「切り番プレ」とかやってないので、今回は奮発してみました、、、、
いちよう約24,5名なので、3人に1人は何かしらの賞がもらえるんじゃないかと思います、いまんとこだけどね、あと増えても2,3人でしょうから、頑張れば賞はとれると思いますので、みんな頑張りましょう~!!


■今週のいただきモノ!

 えぇ~、年明けから兄さんに直接メールくれたモデラーの皆さん、本当にありがとう!!
今日も素晴らしい作品をご紹介したいと思います!!

★ケンプファー   YASUEさん
KENPU-01.jpg
KENPU-02.jpg
 いつも色々な時代のMSを見せてくれるYASUEさんからケンプファーを送っていただきました!!
普段見慣れてるツヤピカのブルーじゃなくて、濃い目の「紺色」のテカテカ仕上げ、いやぁ~不意をつかれた感じっつうんでしょうか?!
これはずるいなぁ~YASUEさん、かっちょいいです!!
なんか固定概念の強い機体ほど色をはずしてあると効果覿面ですねぇ、それと非常に細かい部分にまで神経が届いており、できれば「生」で拝見したいなぁ、、と思いました!!
次回作も楽しみにしてます、製作お疲れ様&画像ありがとう~!
YASUEさんのブログはココだよ!クリック!!)


★クロスボーンガンダム  安々さん
CLOSS-01.jpg
CLOSS-02.jpg
安々さんからVer.Ka「クロスボーンガンダム」いただきました!!
(掲載が遅くなっちゃってごめんよぉ~!)
とても小さいキットですよねぇ?確か?兄さんは組んだ事がないんですが、非常に丁寧に組まれていて、とても好感がもてますねぇ、唯一僕がアドバイスできる事は、撮影の仕方かなぁ??
たぶん撮影が上手くなればもっと良くなると思います、例えば「立ち正面」とかもいただいたんですが、なるべく足を開いて、もう少し寄るとよくなります、読んでおられます皆さんもそうなんですが、確かに小さいキットは、カメラで思い切り寄るとどうしても「小キズ」が気になりますが、ある程度は仕方が無いと思うんですよ、僕もけっこう荒い仕上げするほうなんでいつも、画像見てウゲーってなるんですが、ただあまり対象物がレンズから遠いと、画像が非常にみずらくなっちゃいますので、もったいないかと思います、せっかくの完成品なのでもう少し大きめに撮影するよう心がけると良いかと思います!!
出来そのものは十分いけてるんですから、写真頑張りましょう!
安々さんのブログはココだよ!クリック!!)


★SDセブンソード「00」  A'kkiyから
SD_OO_067.jpg
SD_OO_072.jpg
 あいやぁ~!上手いっ!!
コメント泣かせなの送りつけやがってぇ~!!(笑)
相変わらずの上手さなのだが、今回はいつもよりもスクラッチ部位が多い割には上手く馴染ませてあり、非常に全体のエッジや面に均一な配慮がされてある、ぶっちゃけ玄人レベルでしょう、、、、
塗りやデカル処理もピカイチですわぁ、あえて言わせてもらうなら、ここまでの技術があるのであればあとはオリジナル路線のモノが見てみたくなるのが人情ってやつでしょう、、、、
本人も今年はスクラッチに挑戦したいとおっしゃっておられたので、今年中盤あたりが非常に興味津々である!!
<いや、決して圧なんかじゃないですよ、、、えぇ、、、、クククククク>
A'kkiyのブログはココだよ!クリック!!)

以上、今日は3点紹介させていただきました!!
で、、、、、、、、、、、、、、、
兄さんから重要なお願いがあります!
いつもたくさん画像を皆さんからいただくんですが、できれば画像の大きさを縦横600前後で欲しい!それと重さですが、基本「72」でお願いいたします!!
ウチのPC頭が悪いので、非常にブログを書くのに時間がかかります、ブログを1件書くのに最低5時間弱かかるんですよ、、、、なので、できれば画像はあらかじめ送り主様の方で適正に画像加工したモノをお送りいただけますと助かります、よろしくご協力下さい!!

それでは、次回は「ギャン」の続篇と「新MS」の発表!!
千式>ZⅡときて次は??!乞うご期待!
あと、今回書けなかった「食玩ギター」の話と「POOH'Sオーロラデカル」の方もご期待下さい!!
それでは次回の記事でまたお会いいたしましょうか?

ほいじゃ~のぉ~!!


■追記
去年の暮れ、嫁の入院騒ぎでたくさんのお見舞いコメいただきました、、、、
現在は、元気に2人でパチンコ屋でデートしたりして通常の生活に戻りました!ご心配をおかけしてしまい本当に恐縮です、実はブログ書くよか奥さんと色々でかけて久々にラブラブしてました、、、、
やはり、何をおいても「家族」が一番だなぁ、、、と実感!09’も愛妻家宣言の兄さんです!!



 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。