このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# 挑戦!「アカ肉旧コン」!!

緊急告知!!
<ごめん、書き忘れた!>
忘年会「鍋パーティー」がございます!!
11月8日土曜日 アキバ5時集合(ラジオ会館前) 到着時、携帯で相互間連絡!
参加希望の方は、ブログのコメントもしくはメールにて連絡ちょうだい!
当日は、電撃やHJのライターさんも合流しますので、作品にアドバイス希望の方は、作品を持って現地にお越し下さい!!
場所は居酒屋さんで、費用は人数割りの実費負担(3千円前後だと思います!)
yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

■挑戦!「アカ肉旧コン」

皆さんご無沙汰しております!!
最近、甥っ子の七五三のお祝いやら何やらでバタバタとしており、少しブログの方は休憩しておりましたが、色々と報告する事もたまってしまいましたので、ブログ更新してみます!!

■お買い物!!<スジボリ堂>
この前、北海道の「スジボリ堂」さんで、塗料やタガネやカッターを購入しました!!
勿論、「BMCタガネ」はネット界ではあまりにも有名なのでいまや知らない方はいないかと思いますが、兄さんは今回はじめて「BMCタガネ」を購入!!ついでに話題の不純物が非常に少ない塗料「アクセルS」もついでに購入してみました!!

●BMCタガネ&BMCカッター
DSCN9259.jpg
<あぁ~!汗、失敗!!対象物が無いと大きさが分かりにくいかなぁ~?>
ほんで、購入した有名な「BMCタガネ」です!!ご存じない方はいないと思いますが、兄さんとこはビギナーの観覧者も非常に多いので少し解説しときます!
「BMCタガネ」は、簡単に言うと<小さいノミ>と見てもらうと分かりやすいかと思います、おもにスジボリに使用されるモデラーが多いのですが、極小のディテールを彫るのにも適しており、特に使い方が決まっているわけではなく、購入された各自おのおので、最良の使い勝手をみつけるのも良いかと思います!!
今回は、スジボリ堂さんの村上氏のご好意で、発売を検討中の試作品「0.1タガネ」も試していただきたいとのご好意で、一緒に発送していただきました、、、、で、あくまでもこの「0.1」に関しては、試作段階ですので、発売に関するお問い合わせはご遠慮ください!!(今のとこ未定です!!)
タガネの横のモーターツールのビットのような物は、「BMCカッター」と言うもので、これも説明が難しいのですが、リューターをよく使うモデラーには絶対お勧めの優れもの!!
(ちょっと兄さんは感動しましたよっ!!マジで!)
普通、リュウーターのビットは金工用なので、スチロールプラに使用すると、「えぐる」もしくは「かきとる」または「溶かす」感じなのであるが、このBMCカッターはまるであの「すきやきヤスリ」のような、カンナでシュッシュッと、サクサクスムーズに「切れる」のである!!表現が難しいが、リューターの高速回転によるプラへの熱伝導が伝わる手前で綺麗に突起物をカッティングしてくれるので、ある意味魔法の削りごこちが味わえます!!兄さんははじめて味わったのでかなり感動しましたが、価格も安いものなので、もし興味があり、改造大好きなら1も2も無く買いだと言っておきましょう!!

●アクセルS
DSCN9257.jpg
これが「アクセルS」です!!え?大きいだけっぽい?!(笑!)
おっしゃる通り、容器は大きめで内容量はたっぷり70ml入ってます、ほんでどこがどう普通の塗料と違うのか?!まず、専門的な説明ははぶきますが、、、(分かりにくいでしょ?笑)、非常に隠蔽力が強く、下地の色にあまり影響されにくい塗料であるらしいです!(これは嬉しい!!)
実は、昨日届いたばかりなので、まだ実際の試し吹きをしていないのだが、実はモデグラのライターのPOOH君に詳しく解説を聞いたところ、、、、兄さん的には非常に期待してたりします!特に「白」「黄色」等の色は、下地に本当に気を使うので、作業効率が格段に上がります!!
できるだけ早く、その威力を皆さんにインプレさせていただこうと思います(待っててちょぉ~!!)

ちなみに、僕のページでよく商品説明があると「宣伝?」とか思っちゃう人がいるみたいなんだが、あくまでも僕自身が実際に使用してみて、「あぁ、コレマジ良い!」と思った物を紹介しています、、、
ほんで、何度も言うが、、、、、
ビギナーであればあるほど、本当に良い道具を使って欲しいと思います!!(ホントだよ!)
良い道具の最大のメリットをご存知でしょうか?
それは「模型が上手く作れる」って事じゃないの!!単純に掛からなくて良い余計な時間をはぶいてくれるんですよ!!(重要!)つまり、僕は仕事だけど趣味で製作している皆さんの大半は、本業の片手間で製作されていますので、できるだけ無駄は省いた方が効率よく楽しい趣味の時間が円滑に楽しめるっちゅう事ですわぁ!!
「失敗」して成長するってぇのと、無駄に同じとこグルグルして時間を消費するのは、似てるけど大きく違うのね、もっと言えば「道具は体の一部」なんですよ!!だからこその紹介なので、皆さんも良い道具に出会ったら兄さんにも教えてくださいねぇ~!!(よろしくっす!ウスッ!)



ほいじゃそろそろいきますか!
兄さん風!旧キット調理法!


■あぁ、、、懐かしき日々!!
さて、「アカブの肉球」と言う模型サイトをご存知だろうか?!
兄さんが、いつもお世話になっている「mineさん」の運営されておられます、模型サイトなのですが、以前も話したが、そこで「旧キット」を対象としたコンペが開催されています!!

アカ肉旧コン

と、言うコンペで今回は第2回目を迎えます!!(パチパチパチパチ~!!)
ほんで、予告通り兄さんは旧アリイ(懐かしい~)のキットを製作していきます!!
「ザ★アニメージ バトルスーツスカラ」っちゅう、正真正銘のまがいものキットでございます!!

知らない人のために兄さんの優しい簡単解説も付加されていますので、今日は楽しく読んでほしい!
(いつも超絶ディテばっかやってる訳じゃないんですよ!!笑)

●キットの中身
DSCN9245.jpg
今をさかのぼること、数十年前(1980年代初頭)、、、、
おりしも世の中「ガンプラ大ブーム!!」の最中、まるでスーパーカーブームの時のように、バンダイにつずけと言わんばかりに竹の子のように「変なキャラ物」が横行した時代がありました、、、、
アオシマやアリイ、イマイにLS等各社こぞって「意味不明」な、どこから沸いて出た?的な非常に適当な商品が、これまた300円と言う価格設定(恐らくは最初期のザクに合わせた)で世に出回りました、現代的に言えば「これじゃないロボ」と言う感じでしょうか?!
ガンプラが買えず、当時は5年6年生が幅をきかせており、低学年のおぼっちゃんおじょうちゃんはガンプラを手に入れられず、親御さんに頼んでしまうわけですよ!(爆!)
そして、意味も分からず「これじゃね?」くらいの超軽い出来心で、親御さんが買っちゃうのよコレ!!
まぁ、たまごっちしかりキン肉消ししかりで、必ずこういう「かませ犬」的な素敵なまがいもの商法は後をたたないのが現状なのだが、、、、、(悲しい日本の習慣?)
あ!ちなみに「設計図」は左側のペラ紙1枚ね!!(超爆!)



●とりあえずコレ見て!!(感動その1)
DSCN9246.jpg
今、ビビビィ~って来たそこの貴方!!思い出しましたか?!
そう、紛れも無く「昭和の股間パーツ」です!!しかも、純正!(大笑!)
若い方はご存じないかも知れないが、僕らコミックボンボン愛読者で「プラモ狂四郎」を愛する男達には、障害忘れられない「パーツ」があるっ!!
それがこの「にっちもさっちもいかない股間パーツ」ねっ!当時はコイツが主流で、オリジナルは旧バンダイの最初期のザク1/144に使用されていました、非常に折れやすくかつ可動範囲はほとんどない「優れもの!笑」、これで作ってたんだから、そりゃ~貧素な模型でしたわ、、、、
しかも、お隣がこれまた超アチィ~「ひし形セメダイン!」、コレの前がチューブ型のセメダインなのだが、どちらも共通点があり、量がギリなので絶対的に足りなくなるのよ!(大笑!!)
結局は模型店にて別買いしちゃうんですが、当時の接着剤は、これまたどうしようもないのばっかで、記憶に深いのは「セメダインC」と言う黄色のヤツで、非常に糸を引く小学生には超難度が高く大変ご苦労なされたのが思い出される、、、、、(マジで苦労してましたよ、、、、グホホホホ!!)



●さらにコレ見れ!!(感動その2)
DSCN9260.jpg
キタァ~~~~!!
「とって付けた解説書!」しかも、どうよ?!この色味は?!
分かる?!この超昭和レトロ独特の光彩!
今、キャラ物の20円前後のチューインガムの包み紙を思い出した貴方はマニアック度90オーバー!
そう、まさにその色味です!!当時、駄菓子屋や学校近辺のヤマザキパンとかのお店のレジ横とかで「仮面ライダー」や「ウルトラマン」物などの3枚入りガムとかの包み紙にはこのような解説入り包装紙が使用されていたんですなぁ~!!(しびれます!!笑)
中には、こすると絵が写る、転写シールなどの特典もあり、下敷きとかにこすっては、よく親に叱られたのを今でも覚えていますよ、、、、、(バカなブログ書いてんなぁ~俺??笑)



●とどめのラスト見れっ!(感動その3!)
DSCN9261.jpg
どうだぁ~~!!「漫画入りプラモ!!」究極の完成度です!!
当時のメーカーさんがいかに、小学生の生態を把握してらしたか?いや、マーケッティングリサーチの細やかさが染み渡ります、、、、、
子供心を怪しくくすぐる非常に手の行き届いた、正真正銘のまがい物が、今回兄さんのお題の「スカラ君」なのであ~る!!
(300円のキットでこんだけ楽しめる内容は昨今では見かけないよなぁ~!)
さらには、大ヒット作を応酬した漫画の配慮に涙が出る、、、、
漫画の一番右側のコマの右上のが悪玉(たぶんモデルはシャアかな?)ほんでその下側の宇宙戦艦ヤマトの隊員服っぽいのが、その手下でモデルはアムロ君かなぁ?
ちなみに解説をよく読むと、こやつ無人で動くそうな!!緊急時になると人が乗るらしいのだが?それじゃ話が逆さだろ?!(爆!)普段は人が運転して緊急時に人が射出されるならまだしも、、、、
それと、こやつ身長が低い!!
なんで中途半端なスケール(1/76)なのかよく見てみたら、身長が9.4mしかないらしい、、、、
まぁ好都合なんですけどねっ!!アハッ!

早速借り組みだぁ~!!


●どすか?!ウ~~~~~~ン????
体はドムもどき、肩はザクもどき、腰はロビンマスク、、、、って、、、、
顔がザ・デストロイヤーかよ?!(ってデストロイヤー知らねぇ~よなぁ?笑!!)
DSCN9247.jpg
とりあえず、、、、、、、、、
「ひけ」「へこみ」「ゆがみ」は、まぁ想像通りで、んなぁもんは別にたいした障害ではない、、、、
問題は、いかにしてレトロ感をたもちつつ、多少見栄えのする物に(写真栄え?!)仕立て上げるか?が重要課題となる、、、、僕の友人の「A’kkiy」氏は既に塗装までこぎつけているので、兄さんも11月末締め切りに間に合うようにしたいっ!!(ヤツがまた上手いのよコレ!)
mine氏のお話だとなるべく当時の風合いを大切にしたい趣向とのお話でしたので、足の延長やら過度の改造はやめる事にして、3点に絞込みました!!

●頭の角度
なんか設計の問題だと思うが、顔が最初から斜め上を見てるのでとりあえず首付けて、首がすわるようにしてみましょう!!(どんなプラモだよ?!笑!)
●肩の角度
肩が異常なまでになで肩なので、少し乙女チックすぎる感じです、とりあえず「狂四郎大好き」な私としては、「いかり肩」に直しておきましょう!!昔を思い出すよねぇ~!ハハハハ
●スカートの独立可動
昔のキットの最大の欠点は、冒頭紹介した「どうにも股間パーツ」の影響で足が「きをつけ」状態に組みあがってしまいます、、、、なので、涙を呑んでここはノコギリを入れときます、、、
(ただし、いっさいの形状変更ならびに延長工作等、今の改造工作と言われる手法は持ちいない!)

以上の3点に絞り込んで、ほんの少し写真うつりを変えてみます!!

ただ、くれぐれも言うがこの程度の工作は
改造とは言いません、、、、
あえて言うなら基本工作の一部ですので
コンペの趣旨は守っていきますよ!!

(あくまでもレトロな空気感は大切にしていこうかなぁ、、、と、言う感じっすねぇ)

●ここで登場!!「BMCカッター」の切れ味!!
DSCN9249.jpg
肩のとんがり?は全部切っちゃってます、後でプラ棒を削って同じように元にもどしときます!!
ほんで、肩の付け根部位にプラ板で適当に角度を付けてかさ上げしてあげときました、、、、
その時の加工に「BMCカッター」を使用してみたんですが、非常に快感!サクサク削り取ってくれ全くストレスを感じさせない、いや、逆に気持ちいいぐらいの切れ味に作業も超スピーディー!!
もしかしたら、単純な合わせ目くらいならコイツ1本で十分かもしれませんなぁ!!
出来れば他の種類のも試してみたいので、今度また紹介しますね!!


●整形完了!(え?早すぎ?!ウフッ前戯は省いたよ!)
DSCN9253.jpg
えぇ~~、なにぶんパーツがひん曲がっちょりますので、あわせのダボを切り飛ばしたくらいでは、上手いこと接着ができないので、隙間があいちゃうとこはプラ板かませてあります!
ほんで、3箇所の手を入れた部位ですが、特別な加工とかではないので、今回ははしょらせていただきました!簡単工作ですが、効果はそこそこあったようで、「借り組み」の時の画像とは一目瞭然でそのたたずまいが変わったのが分かるかと思います、、、、
難しかったのが、スジボリでもともとの設計がアバウトなのでセンターが思いきしずれてましたが、あえて修正せず、オリジナルを尊重してみますた、、、、、
しつこいようだが、どこも延長してませんし、特にかっこよくはしてません(つ~か、なりません!笑)

で、奥さん!!
今日はここからが本番で
ごじぇ~まするよ!
ウフッ!


★実は塗装がコイツのキモなのよ!
何故?ストレート組みに近い基本工作のみで作業を切り上げたかと言うと、僕は普段、お客様の発注を基本に模型を制作しておりますので、自分の自由な仕上げができません、、、、
ほとんどの方がそうであるように、通常ウチの注文もほとんどが「ノーウェザリング」で仕上げてございまして、こんな機会でもないと、バリバリのウエザリングモデルなんか作れませんので、今回は工作を単純にすませて、「塗り」で遊んでみようと思います!!

ただし、、、、、、、、
コンペ公開前ですので、途中までしかお見せすることができないのですが、、、、
完成品は、ぜひっ!「アカ肉旧コン」のページでご覧下さい!!
(たくさんの素晴らしい模型が見られるかと思います!懐かしいよぉ~~~!!マジで!)

そんで、「スカラ」君ですが、、、、、
今回は、細かいチッピングを入れたAFV仕上げになるので、まず下地作りから入ります、、、、
荒目に説いた溶きパテをドライブラシ用の短いハケブラシで、荒々しく叩き塗りしていき、乾燥を待ってさらになじませるため、その上から1200#のサフで整えてから、ベースカラーのグレーを吹き、次にチッピングで覗く下地の金属色を塗り上げます、、、、
(カラーチャート 黒、銀、青、黄色の混色を塗り上からスモークブラックで仕上げた)
イメージとしては、公園とかにある「銅像」の鈍いブロンズカラーです、、、、

いかがでございましょうか?

DSCN9255.jpg
金属っぽい感じに見えてればOKなんですが、、、、、、
ほんで、書くまでもないかと思いますが、どの模型工作のガイド本にも書いてありますので重複しちゃうけど、いくらウェザリングで汚すにしても、溶きパテで全体をコーティングするにしても、下地は極力綺麗に仕上げておかないと、「凄み」にかげりがさします、面倒でも合わせ目等、極当たり前の作業は手抜きしないでしっかりとやっておくのが吉!!

ほんで、この後、ボディーカラーを塗り、細かなチッピングを施し、油汚れやサビとかを塗りこんでいくのですが、残念ながらこれ以上はお見せできません、、、ので、コンペの方のページをお暇な時に覗いて見て下さい!!兄さんの「ウェザリング」が見れると思います!!
僕は、フュギアの完成品とかみてもらえば分かると思うけど、ウェザリング大好きなんですよぉ~!
やっぱ模型は、作って楽し、塗って楽し!!のがよろしいかと、、、、、オホホホホホホホホ!!


今週のいただき物!!
さて、電撃ホビーマガジンさんでも「ガン王」の結果公開となり、今週はこんな画像をいただいておりますので、本誌の方と合わせてお楽しみくださいますようお願いいたします!!

好例のドデカ画像3連発!!
(皆さん、ティッシュと右手の用意はよろしいでしょうか?!)

AIR HEAD氏作 アストレア 1/100
どうやら、8日の「忘年会」にターゲットを合わせて製作中らしい!AIRHEAD氏の途中画像!
しっかし細かいとこまでよく手が入ってて、このキットを十二分楽しんでるのが、分かる、、、、
8日がホント楽しみです!待ってるよぉ~!!
19.png


タカ氏作 量産型ガンダム 1/100
これまた、ごってりと愛情が注ぎ込まれたタカさんの量産型ガンダム、若干ディテール過多にも見えるが、昔ウエハラ君が製作した量産ガンダムとは趣向が違っていて、おもしろいベクトルだと思います。
RX-9411Y.jpg


●はるか女史作 ゲルググB型装備 1/100
いやぁ~、文句なしの塗装なのですが、勘違いしてもらっちゃ困りますねぇ~!!
「ガン王」はケレン味のある塗装だけで賞が取れるほど簡単なもんじゃないかと思いますねぇ、、、
はっきりと分かる、精密機械のような基本工作があっての「素晴らしい塗り」だと兄さんは思う!!
表面処理の精度と装甲面積の広さが絶妙にマッチしてて、唸りましたよ!!
342.jpg

どれも素晴らしい作品です!
ぜひ、リンクを利用して本UPのギャラリーにてじっくりと官能してみてください!!

そうそう、それと最近話題のあのMS、、、、
直接ご本人様から画像届きました!!
超拡大画像でお楽しみ下さい!


●某ウエハラ君作 あのMSだよ~ん!
(本人の自宅撮影です!)
IMG_0024.jpg
まぁ、本誌公開されているので大丈夫だとは思うが、、、、(心配だよ~ん??)
MGインジャの最速公開でした!現在製作中の皆さんよくご覧になってちょぉ~!!


<プルプルトピックス>
何やら「ぐっちMAX君」が東京に来るらしい!!
ビッグニュースだ!!しかも12月の12日~14日だって、困りました、、、、
師走直前です、このサイフの厳しい状況下でピンクツアーに参戦するにはこころもとない、、、、
え?そうでなくて??
東京のおねぇ~ちゃんを見るんでなくて
プラモを見に来る??!

みんな、口ではそういって「ギロッポン」とかに消えていくのさぁ、、、、フッ、、、、
(認めたくないものだな、、、若さゆえの息子の過ちを、、、、)

などと、ふざけている場合ではないっ!!
兄さんもぜひっ!ぐっち君と「真面目な模型のお話」と少しおねぇ~ちゃんのお話をしにいこうではないかっ!!(そっちなのかどっちなのよ?)
御用とお急ぎでないそこの貴方!!
いざっ!つどわん!めくるめくピンク色の模型ゾーンへ!!(超鼻歌まじりの兄さん!ルンッ♪)

それでは、今日はこの辺で、、、、、、、、、、、、

ほいじゃ~のぉ~!!




スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 「ホビーショー&G.P.M集会」

■ホビーショー/リポート
<兄さん風ホビーショー報告>

はい、お待たせいたしました!!10月18日の土曜日に幕張メッセで行われた「ホビーショー(見本市)」に遊びに行ってきました!!
いつものごとく、上原ちゃんと某駅で待ち合わせ!そして今回はサポートにkotasuke君!そして家来にタクボッチを連れて計4人で出発!!
(え?なんでタクボッチを苛めるのか?はい、趣味なんです!笑)

とりあえず、会場について入場料を払い、中を一回り、、、、
やはり、案の定バンダイブースの周りはひとだかりでした、しかも「00」の最新キットではなく、某赤いキットの周りは、カメラ小僧でいっぱい!!(30過ぎのな、、、、笑)

最初に言っておくが、今回のブログは長い!!しかも画像は通常営業の2倍!なので、本当に暇な人だけ読んでみてくれっ!!ぶっちゃけこのリポート書いて体重が8Kg減った(いや、ウソじゃなくて、盛り上げ!盛り上げ!演出だお!笑)
まず、バンダイはおいといて、、、、、、、、、、
兄さんが凄く気になった&ぜひ目に留めていただきたい画像から紹介していくので、ピザハットに注文してからゆっくり読んでみてください!!

■人気は無いが凄く気になる模型
P1050765.jpg
童友社の1/4の鎧兜の模型です、、、、、、(え?いらない?!、、、チェッ)
はい、兄さんが子供の頃よくお世話になっていた「童友社」さん、子供の頃はこのメーカーの20円のプラモとかよく作ってました、そんでなんで鎧兜なのか??
いやぁ~、だってこのプラモ「19800円」もするんだも~ん!!当然皆さん同様誰がこんなもん買うんだ??と、兄さんも疑問に思い、メーカーのスタッフ(おじいちゃん)に聞いてみたところ、今現在ガンプラで使用されている、「色プラ(パーツごと)」や「スライド金型」をこの鎧兜では30年ぐらい前から導入していたと説明を受け、「超感動!!」、ぶっちゃけ、バンダイの最新技術をとうの昔に実現していたというメーカーだったのよ!さすが、元祖キャラ物メーカーの走り!!
だてに「お城」の模型を販売してるわけではありません!皆さんもたまには、古い模型屋さんの隅っこの棚にある、ほこりをかぶった模型を見てみてください、、、、
(恐ろしいほどの歴史を背負った、貴重な模型があるかと思います、、、)

■次に目を奪われたのがコイツ!
DSCN6014.jpg
いや、ありえないから、、、、全長70センチくらいかなぁ、、、、
金属と竹ひごと木製のハイブリット模型で、画像が小さくて見難いとは思いますが、あまりのシンメトリーの精度に度肝を抜かれました~!!しかも「フルハンドメイド!」、、、、、
「魂の造形」をガラスに顔くっつけすぎて、鼻息で白く曇らせながらも、へばりついて撮影してきました!!「エアープレーン」と言う子供時分に聞いた「大人の響き」をまざまざと感じさせてくれる、本物の模型魂に自分の作るレベルの作品のせこさで胸が痛くなった、、、、、(大粒涙)
自分の作るガンプラが、足元にも及ばないのは百も承知なのだが、このロマンただよう「男の世界」を感じてもらえるような作品作りが出来れば良いなぁ~と、思いました、、、、(兄さんの夢かな!笑)

■ほいじゃ、元気にキャラ物いきましょうか!
DSCN6015.jpg
そうです、どこぞの「●●学園」のTVCMでお馴染みの「あの白いヤツ」です、、、、、、、、、
(アーマードコアシリーズ/ホワイトグリント)
上原センセいわく、「ウ~ン、これまだパーツが足んないなぁ」って、お前どんだけ、ロボットのオプションパーツ把握してんねんっ”!と、つっこみながら、シャープな造形にほれぼれ、、、、
あれ?コトブキヤさんだっけ?ウェーブだっけ?
ま、いっか、欲しい人は模型雑誌見てちょ(んとにアバウトなリポ、、、笑)
ただし、TVCMみたいな「チッピング(汚し塗装)」はスケール的に難しい(いや無理!)ので、買う時は、あんまりTVCMの影響を受けすぎないようにしないとねっ!!(ホホホホホホ)

■つんばさんのために撮って来た兄さん!
DSCN6019.jpg
つんばさん見てる?!出ますよ!全長60センチオーバーの巨大エントリープラグがっ!!
出番ですよっ!!アオシマですよ!!中にはレイちゃんがいますよっ!!
組み立てはいたってシンプルで、簡単に作れるとは思うのだが、、、、、、、、、、、、、、、
いったい誰がこんな巨大なエントリープラグを飾るんだ?!妻子もちなら家庭不和になることまちがいなし!!ひとりもんでも彼女が見たら、、、、、、「え?」と凝固すること間違いなしっ!!の、超鉄板キット!!ぜひ貴方も1本どすか?
(え?違うよ!下ネタとかじゃないよ!違うったら!電池なんか入ってなかったもん!)

■そいじゃそろそろ
本番いきましょ~か?!
奥さん、めくるめく
バンダイの世界へ、、、、


<画像は、会場でいただきましたパンフの物です>

■お約束のシンマツ!
DSCN9239.jpg
可も無く、不可もなく、、、以前のMSV同様、肩のパーツとフロントアーマーの一部差し替えと「シンマツデカール」、いちよう初期設定画稿を忠実に再現してくれているので、2.0で揃えたい方には喜ばれるかと思います、、、、


■ぎら・どーが君
DSCN9240.jpg
これは、ぼちぼちかっちょよかったよ~ん!!
ただ、イラストにあるように「盾」がもう少しボリューム欲しかったかなぁ?
少し薄い感じがした、顔はまぁ、、、、こんなもんでしょ!この人もよく動くみたいです!!
(オーダーがあればやってみたいかなぁ、、、、)


■「00」がんだむ
DSCN9241.jpg
すいません、、、、、、、、、、、ノーコメントでもよろしいでしょうか???
小声で言うが、「少し残念なキット」かなぁ、、、、、
某HJのライターさんと某電撃のライターさん曰く、、、、「似てないかも??」
まぁ、各個人のとらえかただから、あれなんだけど、、、たぶん後でMG化されるでしょうし、とりあえずは、キットが出るんで赤飯でもたいとこ~!!ウンッ!

■で、話題集中のこの人
DSCN9238.jpg

いちよう、設定通り背中のバーニア部位が可変します、プロポは思ってたよか「ひょろながい」感じかなぁ?もう少しがっしりした感じかと思ってたので、よく言えばスマートな感じでしょうか?!
<映りが悪いけどいちよう正面と背中の見える画像>

DSCN6020.jpg
DSCN6021.jpg
BOXアートは好例のカトキVerのホワイトボックスで、シンプルな感じ(絵はかこいい)
それで、さいさんあちこちのブログで見かけましたので、専門的な解説を付け加えておくと、皆さんが指摘してらした「胸部の塗り分け」のパーツへの疑問ですが、本来価格設定的にも技術的(金型的)にもあそこのパーツの分割は、現在のバンダイさんなら楽勝なのですよ!!
ただし、プラモデルと言う商品のカテゴリーが「組み立て玩具」である以上、「ST基準」と言うお上(かみ)のふるいにかけられてしまうため、ガンダムのアンテナ同様、恐らくは審査が通らないのだと思われます、、、、(お分かりいただけました?!)
基準値を超える薄いパーツは、「ST基準」が改正されない限り事故責任がメーカーとお上になっちゃうので、いたしかたないでしょう、、、、、
ただ、そんなに難しい作業でもないので、マスキングがめんどうな人は、ディテールを全部やすりで削り落として、プラ板で別パーツ化しちゃえば、塗りも楽チンでしょう!!


でもね!皆さん
兄さんが一番気になったのは
実はコイツ!






DSCN9244.jpg
あれっ?!
誰だよ?勝手にこんな写真入れてんの?!
こんなんじゃないよ~!!誤解されちゃうから!

(さては、かながわさんの仕業だなぁ~、もう~あの人ったら、、、エヘッ)

こっちこっち、こっちが本命!!
ぶっちぎりでした!!
もうね、ヤバイ!
ほんと檄ヤバ!!

DSCN9242.jpg
★注意画像は11月発売のプラモだよ!

画像が今無いけど、プラモじゃなくて、いわゆる「超合金」といわれる、おもちゃのやつ!!
しかも、オズマ機!!(限定)
ガンプラそっちのけで、ウエハラ君と2人キャーキャー言って騒いでました!!
プロポーションと言い、マスクの精悍さと言い、ファイター形態とロボット形態の見事な形状のバランスといい、文句なしにめちゃくちゃなかっこよさでした~!!
しかもわりと大きくて、ボリューム満点!
久しぶりに本気で欲しいと思ったTOYでした、11月発売の「オズマ機」(プラモ)は、フェイスがいまいちで、ウ~ン?(HJの木村君じゃないと、絶対かっこいいのは無理!)
でもね、超合金のほうの「オズマ機」の顔は、上のイラストのイメージをたくみに再現してあり、実物(商品)をお店でみたら納得のハズ!!
たぶん、塗ったり改造したりも可能だと兄さんは判断しました!買うならこっちかなぁ?!
(プラモで変形とか言っても壊れるし色ハゲるしねぇ~!)

ともかく個人的な話だが、全部見て周って思ったのは、今回の一番は超合金のバルキリーがぶっちぎりでかっこよかった!!兄さんも1機購入予定です!!

以上「兄さんのホビーショーリポート」でございました、お粗末様、、、、、

ヴぁ!言い忘れた!!
友達の「寝太郎」に「痛バルキリー」のおみやげを購入して、4人でめしを食うことになり、売店へ行った、、、、、そんで、兄さんと家来のタクボッチは「カツ丼」を食べたのだが、、、、、
ちょっと奥さん!見てコレ!!
IMG_0157.jpg
フ~ン、カツ丼850円、、、、フ~ン
ちょっと高すぎじゃね?!

でも、まぁ買って食いましたさぁ、、、、、、、、、、
人をなめるのも
たいがいにしとけよ!!笑

兄さんはあまりのマズさに二口でゴミ箱へポイッ!
兄さんの家来のタクボッチは無理して全部食べたので、夕方に腹痛に襲われる、、、、
(本当にひどい内容でした!!ほとんど毒’だよ!!油ばっか!爆!)

皆さんがイベントにいかれる時はお弁当を持参されるか、コンビニで何か購入してから行くと良いかと思います!!

★この日、ブロ友の「marcyan」氏とお会いするハズでしたが、兄さんのポカでお会いする事ができず本当にすまなかった、、、、ハタ君もごめんよぉ~!!
この埋め合わせは絶対するからねぇ~~!!

と、言った訳で大型企画
11月8日土曜日
アキバでオフ会!!

を、予定しております、、、、、(いちよう忘年会の早いバージョン)
関東にお住まいの方で、一緒に遊びたい!模型を見せたい!雑誌ライターの人に会いたいっ!話したい人は、ブログのコメント欄にご連絡下さい!!又は、恥ずかしい人は兄さんに直接メールしていただいてもOKちゃんです!あと、いちよう完成品もしくは作業途中の物を持参ください!たぶん場所は居酒屋さんになるかと思います、場所を確実に確保するため今週中に締め切らせていただきますので、ご了承ください!!



yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

さてさて、ホビーショーの帰りに先月お邪魔した「千葉G.P.M」のミーティングにまた参加させていただきました!!(いつもの公民館で集合!!)
<いつも勝手にお邪魔してしまい恐縮です、、、、、汗>

■参加メンバー
 上原みゆき、濱薫、片栗粉、タクボッチ、ミヨカワ、工作員、HIDE、タカノリ
 ぷぅ、かいちょ、EBO大川、兄さん

とりあえず、画像紹介するです!!
■ギャン 1/100 上原みゆき
DSCN6023.jpg
今を去ること7年前、ウエハラ君がHJライターになるきっかけとなった、記念碑的作品を公開してくれました!!7年前なので当然MGなんかあるハズもなく、ありえないのだが旧MGキットの「ゲルググ」のフレームにこれまた旧キットのギャンをかぶせた、初期のミキシングビルドの作品です、、、、、
っつうか、コイツ最初っから上手かったんじゃねぇかぁ~!と、メラメラ嫉妬心を燃やす兄さん!笑!
第2回「オラザク選手権」にてMAX渡辺賞を見事に受賞した彼の出世作!なのだが、胸部とかに残るゲルググのおもかげがまた良い味出してんのよコレ!!
兄さんは、ツンツンしてるつま先がとても気に入ってしまいました!皆さんも古い作品で兄さんに投稿されたい方はガツガツ画像送ってくださいねぇ~!!

■ジオ 1/100 濱薫(ハマカオル)
DSCN6024.jpg
その後のジオである、、、、、、、、、、、なにやら巨大な羽(スタビライザー)がくっついてて、まだバランスを見てるらしいのだが、恐ろしいのはこの羽らしき物体の底辺は全部「しいたけ」がびっしりとはえてて、彼の恐ろしいまでのディテールへの執着心を見たよ!!(鬼です!鬼しいたけです!笑)
そういえばTOCさんのとこでも「ジオ」の改修がはじまってるんだけども、画像見てる人達にはその巨大さが分からないと思うのであれなんだが、、、、、、、、、アホです!(大笑!!)
ついていけません、、、、、ダメ人間コンテストがあったらこの2人は入賞の最右翼だな!ウン

夜になってココスで、HJのライターの「タカノリ」と合流、、、、、、、
「00」の話とか、彼の愛妻の話とかして盛り上がりつつ作品を拝見!!
■ガーランド 1/24 タカノリ
IMG_0177.jpg
タカノリのフルスクラッチガーランドです、愛妻家の彼は奥様と共同作業で、キャスト複製してキャラホビでこのガーランドを販売したらしい、、、、って言うか、キャスト抜きを手伝ってくれる偉大な嫁を持つ非常に羨ましいプロモデラーです!!奥様は梱包まで手伝ってくれるらしい、、、、、
あぁ、素晴らしきかな家庭内工業、、、、、
(ウチなんか、何見ても「フ~ン、まぁまぁね」と流されっぱなしなんだけど、、、、)

楽しい1日でした!!
ホビーショー&G.P.M定例会、帰宅後みっちり奥さんにしぼられて、涙ながらに仕事部屋でプラ板と格闘して朝日を見たよ、、、、、
(いやぁ~、綺麗な朝日だったよ!!ウ~~ン)


■今週のニュース!
<プルプルトピックス>

sadaさん製作中の超絶サザビー(1/144)が完成直前!ありえないその超絶技を急いで見にいきましょう!!っつうかマジハンパねぇ~!!

●長らく更新が止まってた78(1/100)の画像が一部公開!「YASUE」モデリングの真骨頂!正式UPも直前なのか?!かなりかっこよさげ!コレも見逃すな!!

●MSVコンテストに応募準備してた「J-PEI」氏のフルアーマーガンダム(1/144)も発進直前!そのカラーリングに一目惚れっ!!非常にカッチリして仕上がりが好印象!!こちらも画像確認可能!

●はるかさんとこで開催中の「あかにくスケコン」の第1クールが公開開始!!兄さんの師匠のかながわさんの作品をはじめ魅力的で自由な作品群がご覧いただけます!!
ともかく見に行くべし!そして参加するべしっ!!

POON君とこで何やら熱いコンペが始まった!!
その名も「ディステニーワールド」!!種物のコンペなので、シードファンは必見!!
応募もまだ間に合いますので、詳しい応募要項はブログにて要チェック!!

●遅くなったけど、我が模型同好会「千葉しぼり」の会長「寝太郎」が新作をUP!!
非常にデリケートなカラーリングで美しいF.S.Sの世界観を再現している、いつものことだが果てしなく綺麗なその仕上がりにはほれぼれする!!
sr2_7.jpg
けっして見逃すな!


最後になりましたが、好例の特大画像です
前回お伝えしたkirarinのグフ

(くれぐれも言うが1/144ですよ!)
フィニッシュアップ完了
IMGP9236.jpg
こまごまとした修正を加え、彼独特の背中の羽根のデザインが秀逸!!
ぜひっ、ここもチェックしていただきたいっ!!

以上、全てのリポートが終わりました、、、、、、、

次回のプルプル日記でまた会おう!!
ほいじゃ~のぉ~!!

★業務連絡
11月1日に兄さんのアトリエ見学に来る方々は、いちよう自由参加ですが、時間調整もありますので出来るだけ早めに兄さんに連絡しておきましょう!!
(ガルマ襲来!迎撃体制に入ります、ラジャ~!!)
 | ホーム | 

# 「最新ディテールと講座のお話」

■最新ディテールの公開&講座









 毎度、いつもご観覧いただきましてありがとうございます!!

さて、本来であれば土曜日に出かけた「ホビーショー」の記事をおおくりする予定でしたが、急遽差し替えでご質問の非常に多かった、ディテールの解説を先に更新しておきます!!
(最新ホビー事情は、あちこちのブログでも先行公開中ですのでご了承ください!)

記事の中身は基本的な工作なので、おもしろくないかも知れませんが、読んでいただければどなたでも僕程度のディテールは再現可能となりますので、じっくり読んでみてください!!










■猿でもできる超簡単プラ板講座!!

いちよう、前フリしておきますが、読めば誰でもできます、ただし、、、、、、、
今日読んで今日いきなりは、成功しません!!(ココは重要だよ!)
ただ、書いてある通りに作業を「反復」繰り返せば、もしくは、ある程度失敗すれば、「コツ」を各自が自分なりにつかみながら、習得することが可能だと思います!!

兄さんもいきなし、ここまで出来たわけではなく、通常の何倍も失敗を反復繰り返しながら覚えてきました、、、分かりやすく言うと、アロンアルファの硬化剤(固めるスプレーね!)を通常のモデラーの場合(プロのライターでもね)、大きい缶を1本買えば1年ぐらいはもつかと思いますが、僕は失敗が今でも絶えないので、1ヶ月で使い切ります、、、、

もう、いやって言うほど失敗と後悔の日々なんです、、、、
ブログに掲載される兄さんの製作したパーツは、何度も失敗したたくさんのパーツの中のひとつにすぎません、あせらないでじっくり取り組めば、スクラッチパーツなんか全然敷居なんか高くないんですよ、、、、、後はめんどくさいと思うか?思わないか?だけのシンプルなお話です!!
今回は、2つの講座を用意しました、何かの時に困ったら思い出して読んでみてください、、、、







■精度がある簡単な箱組み!

まずは、図面をみてくださいな!

DSCN6041.jpg

プラ板で箱組みを作る場合、まず3枚の外板を用意します(厚みは任意で自由に選んで下さい)
上図で言うと「①~③」の板のことです。
次に「中板」と呼ばれる「A~C」の板を3枚用意します、板の大きさは組み立てる3枚の板(①~③)を組み上げた場合の底辺部の長さに合わせて切り出しておきましょう!!(勿論内積で測るのよ)
次に真ん中になる②番の板に両側から①番と③番をおもむろにはります、この時接着剤は、粘土の高いものを使用する事(タミヤセメントでOKです)

流し込み系の接着剤は、揮発性が高く非常に早くくっついちゃうので、最初は使わない方が無難だと思います!(なれればアロンアルファでばんばん作れるようになるから!笑)
外板を3枚張り合わせたら、中の真ん中に用意しておいた「中板B」をアロンで点付けします、本当に少しだけで良いですよ、次に「中板A」「中板C」と同様に点付けして出来上がりです!!
(中板AとCをあまり外側に貼るとやすりにくいので図面の位置をよく観て貼ってください)

★重要:中板のA~Cが正確に3枚とも同じ長さで切り出せていれば、誰が組んでも90度の直角が出たしっかりした箱組みができます!!重要なのは「中板」ですよ!!








接着剤の乾燥時間をたっぷりとったら、外板の合わせ目を綺麗にやすりがけして仕上げてあげましょう!合わせ目が消えたらサフを吹いて傷をチェックしてください、問題がなければ、点付けしてある
「中板」を3枚ともはずせば、綺麗な「コの字型」ができあがりますので、最後に外板よりも大きめに切り出したプラ板でふたをすれば、「完璧な箱」のできあがりとなります!!
非常に簡単かつ難易度も低い工作なので、女性の方でもすぐに出来るようになるかと思います!!










■しいたけディテールの基本構造

これも図面をまず確認してください!!

DSCN6040.jpg

よく誤解されてるんですが、「しいたけ」のたくさんある板を見て、平板に直接立ててあると思われてる方がいるようですが、そういう安易な作り方をするとすぐに折れたり倒れたりしちゃいます、、、
まず、一番肝心なベースとなる「C」の板の話、、、、、

「C」は基本部位で一番負荷のかかる板です、なので最低で1ミリ以上の厚みが必要になります!
(慣れてきて腕があがれば薄い物でもOKになりますが、最初は暑い板でやりましょう!)
あまり薄いと、「A」の板の接着中に扇状にそりかえってしまい、綺麗な均等の高さにならなくなってしまいますので、コツをつかみ、構造がしっかりと頭に把握できるまでは、兄さんの言う事を守った方が無難でしょう、、、

「C」の板の上に「A」の板を均等にしかも頑丈に立てて並べていくために、「B」の「抑え板」を用意しておきます、分かりやすく言うとエバグリやプラクラストの「1ミリ×1ミリ」角棒あたりが最初は無難だと思います、ちなみに「B」の抑え板の長さはバラバラでOKです、完成後に全部切り落としちゃうのでアバウトにざん切りで用意しておきます、、、、

参考までに書くと、「B」の角棒の役目は、「A」の板の基部と同時に並んでいく「A」板の均等な隙間のガイドも兼ねていますので、非常に重要な部位になります、、、、(納得でしょ?!笑)



肝心要の「A」の板の製造法ですが、兄さんの場合、適当に20枚ぐらい切り出した板を指でまとめておいて(重ねてね)、何箇所かにアロンで点付けしてから硬化させ、いっきに鉄やすりで四角に整形しておいて、その時必要な形状にしてしまいます、勿論その時点で必要な細かいディテールもエッチングノコとかを使用して入れちゃってますねぇ、、、、、

大事な事は、作りたい(見せたい)形状のデザインがあれば、事前に簡単なスケッチを書いて用意しておき(勿論原寸大の絵だよ!)その大きさよりも少し大きい板を切り出すと良いでしょう!!
アバウトに切り出すといっても、作りたい形より小さく切っちゃうと元も子もない話になるので、作業前にちゃんと自分で把握しておくこと!!


貼る順番、まず「C」の板に「B」を貼り、その横に「A」を立てます、そしたらすぐ横にまた「B」を張り両側から隙間がなくなるようにぐいぐい押します、物が小さい場合はピンセットの先端で挟みこんで、密着させていきます、この作業を5回~10回反復すれば、簡単なしいたけの出来上がりとなります!

複雑に見せたい場合は「A」の板を張った後に「B」で両脇から挟みこみ接着後、別に用意した板を「B」の土台に乗せる様にして、「A」にさらに板を追加ではれば、より奥行きのある複雑なしいたけが完成します!!あとは、慣れるまで反復繰り返して「コツ」を掴んで見て下さい!!
(何回か失敗すると構造と原理が頭にインプットされ、力の加減や絞込み具合も飲み込めるハズ)



以上、「しいたけ」の講習でした、ご清聴ありがとうございました、、、、、、、、、












さて、本題に入りましょうか!

超絶、最新ディテール公開!









ごちゃごちゃ説明するまでもなく、ズバッとお見せしましょう!!

DSCN6027.jpg

???
あれ?何も変わってねぇ~じゃん?!


なんて、思っちゃいました??(´◉◞౪◟◉)






はい、前回全身のバランス公開した際、慌てて製作したサイドアーマーの尻拭いも兼ねて、2週間前から構想を練ってた、超絶難易度の高いディテールの制作方法を編み出したので、ご覧いただこうと思います、、、、、
恐らくだが、今まで発表してきた「n.bloodディテール」の中でも超難度の高い工作ですので、ディテールマニアには、たまらない画像のオンパレードだと思います、、、、






今回の主軸は、予告通り、、、、、、

全て「クランク」をモチーフにした

90Rの世界を官能してください、、、










■まずは、サイドアーマーの新規製作からいきましょう!!

前回の「やったぜ!俺、立ったよ!」画像を眺めていくウチに、手を抜いたサイドアーマーが瞳孔にやきついちまって、日増しに落ち込んでいき、以前からチャレンジしようともくろんでいた「クランク」をデザインに取り入れた、複雑な積層構造のサイドアーマーが完成しました!!
以前製作した物の最大の欠点は、従来の感覚と同じ「視点」で製作したことです、、、、
なので、サイドアーマー裏とかを作りこんだ「凡庸」なつまらない物になってしまい、「色気」が全然ないのである、、、、、

僕はパーツ製作でもっとも気をつけているのが「色気」で、言葉で説明するのが難しいんですが、踊りや演劇又は歌の世界で言うところの「艶(つや)」のお話なのであるが、技巧的な話ではなく感覚的な話なので、上手く説明できませんが、ともかく前回製作したサイドアーマーは、本当に「艶」がありませんでした、、、、、









■材料の説明

DSCN6010.jpg

一目瞭然で左側にある旧サイドカバーには、まるで「艶」がない、、、、、
単にサイズの問題ではなく、非常にもっさい感じで色気が感じられないのである、、、、
単純な話、曲面が無いのが最大の要因だが、曲面を使用しないで「色気」が出せないもんだろうか?

本来、連邦物のMS、まして「Z系」なのでほとんど曲面が無い、、、、、
苦肉の策でたどりついたのが「クランク形状」だったのである、、、
ただし、クランク形状は2枚の板が水平に段違いで並ぶため、非常に高い精度が要求されます!?









■とりあえず、限界まで頑張ったのでご覧下さい!

DSCN6011.jpg

ほぼ、水平が出ているかと思います、、、、、(100%ではないですが、、、)
「浮き」で見せているこのクランクの形状を用いることで、かなり「色気」が臭いたつわけです、、、










■さらにさきっぽもクランク

DSCN6038.jpg

ちなみに、エバグリの「コ材」は使用していません、、、、
あまりに精度が無く、表面の目立つ装甲部位に使用すると、かなりぬるくなってしまいますので、ジミな作業ですが、平板に細い角棒を2本のせていちいち作り起こしています、、、、
小さいことなんですが、全体のイメージはつまらない部分でくずれちゃったりするので、妥協しないようにバシバシむち打って頑張りました!!(そう、それで極度の睡眠不足なの、、、汗汗)











■ついでに最新技法「クランクしいたけ」

DSCN6030.jpg

ひざ裏と脚部横のエンジンのエアダクト部位にもクランクをデザインしたディテールをいれてあります、勿論、最初に解説した「しいたけ」の基本構造とまったく同じ製造法なのですが、ぶっちゃけめちゃくちゃに難しいです、分かりやすく説明すると、、、、、
ひざ裏の「クランクしいたけ」を1ライン作るのに4時間かかってます(成功した例ですが、、、)

「n.bloodしいたけ」の特徴は前記した通り、頑丈に製作するため二重底の構造で製作しているのでご覧いただいている、クランク構造にするためにはかなり頭をひねらないといけません、、、、
さらには正確なパーツの切り出しが要求されます、と、言っても兄さんもそこまではできていないんですが、現状ここが「しいたけ」の最高難度だと思います、、、、、
僕が今まで見せたディテールの中では最高峰に難しかったです、、、、

ただ、考え方の問題なのですが、、、、
ガンダムと名の付くMSには、胸部にかならず黄色のエアダクトが存在しており、今までは、1枚1枚のエッジに「きりかき」を入れてならべてたりしたんですが、あそこでさえも「立体的に」表現することが可能となりうる、可能性があるディテールなので、この「クランクしいたけ」の研究はさらに追求していこうと思います!!(時間のある時にね!)


今回は、徹夜につぐ徹夜でそうとう疲労してしまいましたが、僕が思う未来の兵器の架空のディテールがひとつ具現化できたので、また次に進めそうです、、、、

早く「腕が見たい」とか「背中が見たい」って、また言われちゃいそうですが、モノマネではない独自の表現をあみだす姿勢はいがいと骨がおれます、、、(笑)
(その形が思いつくまでと整形方法を考え付くまでね、、、)

なので、生あたたかい目で見てていただけると嬉しく思います、、、、
たぶん皆さんも僕同様、自分が納得できない道だとすぐ引き返しちゃうかと思うんですよ、、、

それが「モデラー」なんじゃないかなぁ?みたいに考えてたりします、、、、違うかな??



今回は、「ぷるぷるとぴっくす」は、お休みさせていただきます、、、(少し寝るね!!)
最新ディテール期待ハズレだったかなぁ?!ごめんちゅ~!!




ほいじゃ、好例ラストの大型画像は今日はコイツだよ~ん!!

DSCN6029.jpg






ほいじゃ~のぉ~!!

予告:次回こそは幕張のホビーショーの記事でお会いしましょう!!失礼しました!!






 | ホーム | 

# 「兄さんのお知らせ!!」

■兄さんのお知らせ!!

全国の鬼ディテールファンの皆様、年中無休で鬼のようなディテールを追及しております、「n.blood」のプルプル日記をいつもご覧いただきましてありがとうございます!!
僕は、常日頃から新しいディテの探求をするのが楽しくて模型を制作しているわけですが、当然そういうダメ人間にはそういう種類のお友達が寄って来ます(大笑)

最近紹介している、「濱薫」君にしても「TOC」さんにしても、独自の強烈な個性や概念を「形」として表現しておられるモデラーさんなのですが、、、、
互いに刺激しあいながら、それぞれが吸収しあって、さらに入り組んだ構造の模型を制作しています。

頭の中に浮かんだ、「ライン」「凹凸」「調和」「流れ」みたいな物を、パズルのように組み替えながら、ひとつの形状をやすり出していく作業は、実質プラモを購入して家で箱を開け、取り説を見ながら組み上げる物とは若干違う作業なのですが、既製品の中に自身が求める「回答」が無い場合の特殊な手法であって、色を塗ってしまえば通常の模型となんら変わらないのが実情だったりします、、、
(まぁ、見た目多少は違う毛色の物になりますが、、、、)
最近ではこの手の「スクラッチパーツ」を主体とした模型もなんらめずらしくなくなり、多くの方々が、その楽しい時間に没頭する様を見かけるようになりました、、、、

そんな、奇特な方々に兄さんから朗報です!!
いよいよ本格始動です!
懇親のスクラッチ魂で綴り上げられる、数々の作品の圧倒的パフォーマンスが、手軽にご覧いただけるようになりました!!

TOCさんブログデビュー!
けっこう待ってた方が多いんではないでしょうか?!
(僕もそのうちの一人なんですがね!笑)

僕もかれこれ、けっこうブログを書いていますが、友人のブログ紹介のために更新するのは、初めてかもしれません??!そんだけ僕も彼のページを熱望してたと言うのが本音なのだが、、、、

<span style="font-size:large;">今すぐアクセスしてください!!
できればリンクなんかしちゃってください!!
勿論バシバシ感想書いてあげてください!!
そして、、、、、、、、、、
その独特の造形をお楽しみ下さい!


きっと、強固なまでに潔い「侍スピリッツ」がそこに鎮座していますから、、、、、、、

昔、TOCさんからお預かりした
未公開画像のサービスショット!!


どうさ?コレ!!
P1000237.jpg
え?見たこと無い?
何の戦車か??


ご存じない正常なガンプラファンの方も多いと思うので、兄さんから少々解説などいれておきましょうかねぇ!!

正式名称は、「RMV-1」と、言います、、、
平たく言うと「ガンタンクⅡ」の事で、製作されたのは1年戦争時の大戦末期で、ゲルググのあとぐらいかなぁ?連邦軍の頭の古い陸自系上層部が、タンクに拘ってガンタンクの最終型を製作したのである!しかも、完成時には大戦は終結しており、実戦配備までにはいたらなかった不遇の良デザインのガンタンクです!!
知らない人は「MSV」で検索してみてちょうだい!
ともかく、以前兄さんが開催した「もしもしMSV」と言うコンペにて、直接指名で製作を依頼して作っていただいた作品なのですが、完成度は元より彩色、ボリューム、パフォーマンスは郡を抜いた素晴らしいタンクでした、、、、
(今見ててもけっして色あせないそのクオリティーには舌を巻く!!)
とても1/144の作りには見えない、密度の濃さが彼の人となりを見事に体言しています、、、、

★ピクピク!濱薫情報!
ちなみに、兄さんのページに良く出てくる「濱薫」だが、彼はブログはもとよりHPのたぐいもやっておりません!!なんでも家の方針で、宗教の問題らしい、、、(あ!ウソですけど、、笑)
以前、彼について質問されましたが、彼は秘密が多いのです、、、上原みゆき女性疑惑とかもそうだが、基本、上原、濱、兄さんは単なるホモダチなので、難しいことはわからないらしい、、、、
(プライベートへのつっこみは無しでお願いします!!)


■嬉しいことだらけ
ずっ~っと閉鎖していた「プルプル日記」ですが、、、、、
その重い扉の先にこんな楽しい事が待ってたなんて、、、ほんと嬉しくなる事ばっかりです!
「kirarin」の復活や「TOC」さんの今回のブログデビュー、兄さんの中で止まっていた歯車が少しずつですが動き出しており、この先さらにおもしろい事がありそうな予感も感じます、、、、
え?「製作記事は、どうした?」
フホホホホホホホホ~!!そうですね、現在次回更新用のネタも着々と製作が進行しておりますのでお待ち下さいなぁ!
それと、最近ローカルな千葉ネタばかりでしたので、次回更新時には「簡単しいたけ栽培法」も加味しておきます、直接僕に会わなくとも、そのテクニックを分かりやすく公開しますので、どなたにでも簡単に工作できるかと思います!(いつも白い画像じゃ訳わかめですしね!笑)

■最近のマイブーム
最近、ようやくFC2が理解できてきまして(遅!笑)
「訪問者記録」っつうのを毎日見てます、意外な方や全然知らない方もご覧になっているみたいですが、時間の許される範囲でですが、僕の記録にある方々のページは読ませていただいております!
まぁ、時間に制約があるので全部にコメとかできないんですけど、ほとんど全部読んでいますよ!!
(いつもチェックしていただいて本当に感謝っす!あざっ~す!!)

今年も残り3ヶ月です、、、、
ラストスパートに入る前にもうひとがんばり!!

ほいじゃ~の~!!

PS:ホビーショー(土曜日)行かれる方で、現地で一緒に遊べる人は、ご連絡下さい!!

 | ホーム | 

# 「千葉イエサブコン打ち上げ報告!!」

■千葉イエサブコン打ち上げ!!

先週11日の土曜日に以前ウチのブログにて報告させていただきました、「イエローサブマリン千葉店」でのコンテスト結果の祝勝打ち上げ会が行われ、兄さんも部外者のクセして、例のごとく上原君と参加させていただきました!!
場所は、千葉駅近郊の居酒屋さんにて総勢16名にて、またも真面目な模型討論会が敢行されました!!

☆参加者名簿(順不同敬称略)
上原みゆき、RUN、ガルマ、ひでお、unknown、兄さん、斉藤一、百太郎、ヘポマロ中佐、濱薫、ヒロシ、TAKU、たたみ☆殺しやさん、ダイモン、yumo、クマの総勢16名!!

いやぁ~、懐かしい方々にも久しぶりにお会いでき、色々なお話で盛り上がりましたが、、、、
ともかく、最初から最後まで模型の話全開で、完成品もいくつか見てきました!!

とりあえず、画像に出しても問題の無い模型はどんどん紹介していこうと思いますが、中には紹介できない素晴らしい完成品もあり、皆さんにお伝えできないのが残念、、、、
(色々な大人の事情もございますので、、、、)


●居酒屋さんでの撮影ですので多少の画像の暗さ荒さはご了承ください!!

●ガンダムMK-Ⅱオリジナル
製作 TAKU  1/144

DSCN5992.jpg
非常に細工を凝らした「TAKU」さんのMK-Ⅱは、独特のセンスでまとめておられ見ていて非常に楽しかったです、特になにかのモチーフとかは無く、自分で考えて自分でデザインしているそうです、僕はこういう自分で楽しんで作るのも模型の楽しみ方のひとつだと思います!!超ライトアーマーと言う構想で製作されたとお話されておられました、、、、


●リッュケ(濱オリジナル)
製作 濱薫   1/100

DSCN5997.jpg
第2シーズンも話題の「ガンダム00」から、フラッグファイターをこれまた独自の切り口で造形してみせてくれています、濱君自体はおふざけで製作してみた、、、とお話されておられましたが、非常にかっこよくまとめあげておられ、まとめ方も秀逸で、彼と会うとほんと「オリジン」な模型の話に花が咲きます!本来、キャラ物なので、元アニメの設定やストーリーを基準に作られる模型が多いのですが、単純に模型の工作そのものを楽しむっと言う手法も兄さん達は楽しんでいます、、、、
アニメ基準でも、工作基準でもオリジナル塗装でも、出来上がった時や製作中に自分がのめりこめれば、それは立派な趣味だと僕は思いますし、設定を逆手に「これは正しい」とか「これは間違ってる」とかおっしゃる方もけっこういるのですが、せっかくの楽しい趣味をガチガチの設定でせばめちゃうのももったいないかなぁ?とか思います!元来我々の大好きな「MSV」等も、デザイナーさんの「遊び心」から派生した素敵な発想ですし、あんまりかしこまっても楽しんで作れませんから、たまには皆さんもハメをはずして自由に楽しまれるのも良いかと思います!!
(あ!また、脱線しちゃってるよ、、、、笑)


●ズゴック
製作 百太郎  1/100

DSCN5999.jpg
この前、デカールをいただいたのに、またこの日もデカールをいただいちゃいました!
(百ちゃんありがとう~!!大切に使わせていただきます!)
百ちゃんは、この日はMGズゴックを見せてくれました、細部まで神経の行き届いた本当に丁寧な作品で、恐らく当日集まったたくさんの作品群の中でもダントツ美しい塗装面が光っていました!!
細かく追加されたディテは「これみよがし」な「余計なもの感」が全然無く、非常に上品に配置され、いやみが無く見ている人にすんなりと入ってくる、よどみの無い完成度に兄さんも感激!!
言い換えれば正統派な模型製作なのですが、決してジミな印象とかではなくしっかりと百太郎らしさを主張していました、、、、(また腕を上げましたねぇ、、、いやいや参りました、、)


●旧ザク
製作 HIDEO  1/100

DSCN6004.jpg
画像がほんとピンボケですいません、、、、あいかわらずカメラベタなもんで、、(汗汗)
HIDEOさんのMG旧ザクは、3連星カラーで仕上げられた作品、ぶっちゃけ席が遠くてあまりご本人とお話できなかったので、詳細が不明なのが残念なのだが、次回お会いした時にまた詳しい製作のお話を伺いたいと思いました、、、、僕個人が見た感じでは、この作品も非常に丁寧なやすりがけがされており、エッジ処理や合わせ目もしっかりと真面目な模型作りがされていたのが印象的です、、、
それにしても、UC物はいつどこで見てもかっこいい!
(決して平成ガンダム物を否定してるとかではなく、単純に好みの問題ですからね!)


●ザク06R ジョニーライデン
製作 斉藤一  1/100

DSCN6006.jpg
一見すれば分かると思うが、現在発売中のVer.2.0のJRではなく、旧MGのザクをコンパチで仕上げてあるジョニーです、製作は「シナンジュスクラッチ」でも以前紹介いたしました、斉藤ちゃんの少し前に作った作品なのですが、ほんと彼は赤い機体がすきみたいで、フェラーリ好きの赤車病と同じようなもんだと思うが、完成品のジョニーの端はしにその愛情が垣間見え、思わずほくそえんでしまう、、
赤い機体=エースパイロットの図式は、レシプロのフォッカーとかが飛び回った大戦前期にさかのぼるのだが、その系譜に思いをはせるモデラーは数知れず、、、、「俺の機体に当てられるものなら当ててみろ的」な男気に傾倒してしまう方々のなんと多いことか、、、、
(そういえば、ポルコロッソも赤い機体でしたねぇ、、、)


●フルスクラッチジオ
製作 濱薫   1/100

DSCN6001.jpg
はい、以前も紹介したのですが、かなりの進化をとげたのでさらにライブで皆様にご覧いただこうと、濱君のスクラッチジオを掲載してみました、、、、(バカですねぇ~!大笑)
「いや~、兄さんの千式に影響されちゃいまして」と、ヘラヘラ笑いながら箱からこの巨大生首を出された日にゃぁ、、、、もんどりうちましたよっ!!確かに僕の影響を多少なりとも受けているのかもしれませんが、既にそんな範疇にはなく、独自の彼の毒々しいプラ板工作によって、凄い迫力の造形に消化されていました、、、、
「しいたけディテ」も各所に追加され、細部の説得力も前回見せていただいた時より数段クオリティーが上がっていて、ほんとたじたじでしたよ、、、、、
(兄さんもまた何か新しいディテールを考えないといけませんねぇ、、、滝汗)


以上掲載可能な画像を中心に並べてみました!!
今回も色々な意味でたくさん勉強してきましたが、オリジナルなMSを製作する方々も増え、各自のカラー(独創性)が楽しめた一面が、とても良い刺激となりました、、、、

え?「上原みゆき」の作品が無い??!

ホホホホホホホホホホホ!!
まんまと撮り忘れていました、、


てなわけで、、、、、、、、、、、

■「おもちゃショー」出撃
のお知らせです!!

今週の土曜日に上原君と千葉の幕張まで「おもちゃショー」を見に行きます!!
もし、関東にお住まいの方でお暇な方は、当日お越しになれば、「生上原作品」が見れる可能性がございます!!(100%じゃないけどね!?)
兄さん達一行は、恐らく午前中から出撃しますので、お昼に幕張メッセにいるよ~~ん!!
(限定プラモを買出しにいきつつ新製品をチェックしてきます!期待してちょ!)

などと、告知を入れつつ、、、、
千葉イエサブコンの打ち上げ会の報告を終了させていただきます!!
なお、今回親分のRUNさんに変わり、尽力してくれたダイモン&ガルマコンビに本当に感謝!!

あ!そうだっ!
大事な報告するだよ~!

あの千葉の大御所「MODEL RUNER」の管理人RUNさんが年末までに超かっちょいいディオラマを製作してくれるとのお話で盛り上がりました!!
(RUNさんを知らない人はいないと思うが説明すると、、、、千葉の親方っす!)
勿論、完成品はウチのブログでもがっつりと紹介させていただきますので、年末皆さんもお楽しみにお待ち下さい!!
RUNさんは、いつもメモをとる、どんな時でもメモをとる、明日地球が破滅してもメモをとる!
噂には聞いていたが、この日初めて「RUNノート」なる秘密の手帳の画像を入手するのに成功したのだが、、、、皆さんにも特別に見せてあげちゃいましょう!(サービス良いぞ!)
IMG_0053.jpg
何だとおもいますか?皆さんコレは、、、、、、、、、、、
実は、飲み会終焉まぎわ見組み立ての「積みプラ」の話になって、それぞれが在庫の数を話し始めたところ、、、、いきなしRUNさんが、「僕はこんなもんです、、、」とか言いながら、在庫の全リストを見せてくれました!しかも、購入日/価格/プレゼント等々ぎっしりと詳細も記入されておりまして、、、、
「クリスマス」と書かれてあった項目に僕が「イブにプラ買いますかぁ?笑」と、つっこむと、、、少し照れながら「いやぁ~奥さんのプレゼントで、、」と照れていて、ほんと思いましたよ~!
『この人良い人だぁ~』

そんなこんなで楽しく盛り上がりました!!(まる)


yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy


■プルプルトピックス
今週の気になったニュースを何件か皆様に紹介していこうと思います、、、、

●しろさん復活~~!!
既にブログ更新をご覧になった方もおいでだと思いますが、兄さんのコンペ友達の「しろさん」が病院から一時帰宅されましたぁ~!まだまだ、予断の許さない状況ではございますが、とりあえずの自宅養生ですので、「おめでとう!!」と、言うのは少し早いのですが、それでも嬉しいのであえて書かせていただきますが、、、、、、、、
「しろさんよかったよ!」
今後も色々多忙だとは思いますが、お体をご自愛されマイペースでブログ更新してください!!

●飲み会であったガルマ!!
最初に会ったのは、キャラホビでした、そんでG.P,M会合や今回の飲み会でも仲良くなり、ガルマ君から兄さんに素敵な画像が届きましたので、皆さんにも紹介しようと思います、、、、
DSC04326.jpg
1/144のビーサザです!なんでも今年の冬開催される「イエローサブマリン千葉店」の模型コンテスト(小スケール部門)にて、兄さんを撃墜してくれるらしい<挑戦状>だ、そうです!!
凄く楽しみにしています!たぶん僕もスケジュール的にはかなり厳しいのですが、口約通りちゃんと参加させていただきますので、当日をお楽しみに!
なお、ブログ観覧されておられます皆様にも兄さんの「出撃作品」は公開いたしますので、軽~く期待しててくださいまし!フホホホッホホホホ~!(ピュ~!)
あ!ちなみにガルマ君も模型誌ライターなのよ、、、

●最後に最近好例になりました、超ドデカ画像シリーズ!!
奥さん、今日も素敵な
ピチピチ画像用意しましたよ!

僕のブログを古くから読まれている方はご記憶の方も多いと思いますが、、、、、、、、
若くしてその類まれなる才能で、兄さんを驚かせてくれた「kirarin君」が帰ってきました!!
懐かしいモデラーです、、、、、
これからまた彼のモデリングが見れるかと思うと楽しみです!!
皆さんも要注目ですよっ!

1/144 グフ飛行試験型
IMG_9475s.jpg
IMG_9493s.jpg
いやぁ~
かっこいいよぉ~!

さすが、秘蔵っ子!本当に良い感性です!
特に目を引くのが「ヒザ周り」の複雑な面構成の処理で、全体のバランスとの起点になっており、飛行試験型グフの肥大した脚部のとりにくい難しいバランスを実に理想的に組みなおしてあり、模型自体に物凄い迫力を出すのに成功している、、、、
興味のある人は、ここをクリック!!)

以上、最近の気になったニュースを少し紹介させていただきました!!

次回は、またも駄目だしだらけの兄さんの格闘にご期待下さい!いやぁ~、スクラッチってほんとキリがないよなぁ~、、、、、よしっ、がんばんべぇ~!!

ほいじゃ~のぉ~!



 | ホーム | 

# 「新MS製作記その7」

■新MS製作記その7
 
「脚部と全体のバランス構成」









ども~!またまたご無沙汰でした!!

えぇ~あいも変わらず、脚部を黙々と製作しておりましたが、ようやく大方のバランスがまとまりましたのでご報告させていただこうかと思います、、、、、、

以前、何故?!脚部に上半身をのせた画像がないのか?
と、つっこみもいただきましたので、今回はその辺の画像もおりまぜながら解説してみようと思います!!









苦心したふくらはぎ内側が完成!

DSCN5985.jpg

前回は、まだ内側のふくらはぎができてなくて、外側だけご覧いただいたのですが、今回は腰のサイドカバーも含めた脚部のパーツのおおまかな感じが揃いましたので、全体の感じを上手く伝えられそうな予感、、、、、

ほんで、前回も書きましたが、ともかく足首のクリアランスが「0」に近いので、ふくらはぎ内側のヒールカバーは根元を真鍮線で可動とする事で、なんとか立ちポーズも決まるようにしてあります!
そもそも完成した足首が入らなかった時のイヤ~ナ汗は、はじめての経験でしたが、非常に勉強になりましたねぇ、、、、

ちなみに、前回製作した「ヒザの棒?」(スタビライザーだと思う?)は、全体のバランスとマッチしていなかったので、新規でプラ板の積層から削り出しています、、、、、、、

よく、見かけますが、せっかくここまで製作したスクラッチパーツだと思い、もったいぶっちゃうと、最後の最後、塗装の段階にきて「後の祭り」となってしまうことが兄さんも何度も経験していますので、あえて偉そうに書いちゃいますが、組み上げの時点で「むっ?」と思ってしまったパーツは思い切ってゴミ箱にポイッしちゃいましょう!!

まして、そのパーツをいくら加工してもけっきょくは弄繰り回して捨てるのがオチなので、いさぎよく新規製作したほうが、時間効率も良いと言う事になります、、、、、、










家紋ふたたび、、、

今回のスジボリは、胸部の「家紋パネル」にシンクロするように、目立たない脚部内側に配してみましたが、いかがでしょうか??

DSCN5986.jpg

今回の「家紋」は、胸部の作りとは違い「スジボリ」のみで表現してみましたが、これは見た目しつこくなりすぎないように、凹凸をあえていれずにあっさりとした感じで見せてみました!!

ちなみに先ほど説明したクリアランスを稼ぐ可動軸は家紋のすぐ下に見えるかと思います、下側の板の付け根が内側は水平なので、簡単に可動させることができましたが、ここが外側のように「Vの字」のカッティングラインだったら、間違いなく完全固定の足首になっていたでしょうねぇ、、、、

あ!そうそう内ふくはらはぎの上角にドロップ型の穴が見えますが、ここにはセンサー類が入る予定です!(けっして手抜きではありませんので、、、汗汗、、)

それはそうと、先日久しぶりに友人のカイン氏とデカールデザインの相談をしておりました、、、、
最近、ウチのブログで色々なデカルの宣伝をしておりましたのでその話とかもしながら、今回の「ワイヴァーン」(2本足の龍)のデザインを作ってもらいました、、、、








まだ、本決まりじゃないですが、、

wyvern_02.jpg

こんな感じで進んでいます、、、、、
本当に彼らしい洗練された美しいラインの構成で、ステンドガラスのデザインのようなきゃしゃでいてトゲのある感じがとても気に入っています、、、、
まぁ、本決まりではないのですが、皆さんの目にはどう映ったでしょうか??










さてさて、それでは今回のサフ前の具財の画像をまじえて、解説のほうしてみましょうか、、、、

DSCN5978.jpg

(って、内ふくらはぎの画像が紛失!汗、、、何故?消したのか?俺?)






えぇ~、知らない間にふくらはぎの画像を消去していたらしく、、、、、
まぁ、いいかっ!どうせプラ板の似たような画像なのではぶいときましょ!!
(無くても地球が滅亡するワケでもないしね!笑)

画像の上にあるのが「ヒザ」の新規パーツで、よぉ~っく目を凝らすと分かると思うが、多重積層構造で製作してあります、ほんでこういう作りは正直あまりしないのですが、5枚も6枚も重ねると時間短縮で瞬着接合しているので、非常に表面処理が大変でして、、、、基本形状を出すのに少々お時間がかかってます、、、、

ワンポイントレッスンで書いておきますが、積層構造で形状出しする場合、その上からプラ板もしくはエポパテ等でディテを追加していく前に、「完全」に表面処理を終わらせておかないと、ディテを入れてしまってからでは、倍以上の時間のロスと手間がかかります!!(ココかなり重要!!)

積層構造でのブロック製作は、あせらず丹念に時間をかけてキズをチェキャラしてください!
ほんで、その下側にあるのがサイドカバーで左側のが完成形で、右側のがばらしてあるパーツまいの状態です、Mr.kinosita(デザイナー)の特徴がこの「浮き装甲」なのですが、サイドカバーの一番上にのる板が本体から微妙に浮いてるのが彼のデザインの独特な感じで、今回は4重構造にして高さが横から見た場合に微妙に宙に浮いているように見えるようにしてあります、、、、
(この画像だとちょい分かりにくいですよね?笑)

変な「亀甲縛り」模様のヤツは装甲裏のパーツっす!(え?亀甲縛りですか?分からない人はお父さんに聞いてみて!パンチされると思うから!!大笑)

さて、奥さん!!
今日の本番はここからよ!








以前、友人のak君に全体のバランスを見せて欲しいとのお話をいただき、今回ははりきって画像撮影してみました!!
こう書くと大袈裟に聞こえるかと思いますが、「n.blood」の模型って、マジで仮組みするのに1時間以上かかるんですよ、、、、尋常じゃないパーツ分割でアホみたいにパーツが多いので、本当に大変なんです(っつうか、ぶっちゃけめんど臭い、、、ブホホホホホ!爆!)

それでは、こんな感じだよぉ~~ん!プッ!

DSCN5982.jpg

DSCN5980.jpg

DSCN5983.jpg

ゲッハハハハハ~!

間に合わなくて

手が映ってるし~!


実は、TV見ながら(ファミリー劇場のエルガイム総集編)撮影しててアホみたいにトロイ自分にゲラゲラ笑いなが撮影してたぞなもし!!
ほんで、アホついでに失敗画像も載せてみますた!(うほほほほほ~!)

いちよう解説しておくと、一見腰周りがサイドカバーで肥大しているように見えますが、背中にF-1がのる予定なので、かなりそれを意識していますので、少しボリューム過多に構成してあります、いちよう兄さんの頭の中だけですが、完成画像のビジョンがあり、口頭では説明しにくいので今の時点ではこんな感じだと見ててくださいませ~!

いやぁ~。。。。。ほんと大変で、最初はイラスト通り、ももの最上部にサイドカバーの接続用ボールジョイントを用意してたんですが、これが2Dにまんまとだまされて、、、(ウピョォー!)
どう考えてももも上部につけるとおかしい??ほんで急遽フロントカバーの接続してる如意棒につけなおしてあります!(大変だったよマジ、、、汗)

まぁ、かっこいいかどうかは?今の時点では少々分かりにくいとは思いますが、お目汚し下さい!!
(どうかな?ak君?こんなもんで勘弁してちょ!笑)
上手く書けないけど、ヒザの長さとボリューム、足首のクリアランス、サイドスカートの浮き装甲、家紋スジボリなど、今回はジミ~な作業が中心なのでおもしろくない記事でしたが、次回の記事はたぶん超おもしろいと思いますので期待してちょ!!







えぇ~つまんねぇ記事

と、お嘆きのそこの貴方!!

良いのがあるんでやんすよ~!




超特大画像爆弾
チュド~~ン!!



これでどうだっ!

rx-78 ver ka 02

はい、兄さんのお友達の「haharuさん」から1週間前くらいにいただいた画像です!!
超ロングな製作時間が凝縮された本当にかっこいい「Ver.Ka」

え?なんで後姿?

うほほほほほほほほほほほ~~!!
前からじっくりと見たい、そこの貴方!急いで彼のブログへGOGO!!(ココなっ!)
<haharuさん画像掲載遅れてすまねぇっす!汗汗>

では、皆さん次回も楽しいプルプル日記にご期待下さい!!









■え?めずらしく記事が短い?
ホホホホホホホホホホ!、今から千葉の模型軍団の方々と、この前のイエサブコンの打ち上げに行ってくるんでありますっ!!なんかおもしろいリポートが書けるかも?
微妙に期待しててちょぶだい!











ほいじゃ~のぉ~!!
 | ホーム | 

# 新MS製作記その6 (後編)

■新MS製作記事その6<後編>







 1週間ぶりのご無沙汰です!皆さんお元気でしょうか??

兄さんは、久しぶりに徹夜につぐ徹夜のオンパレードの連続で心身ともに限界に近い疲労感にみまわれつつ、ブログを書いています(っつうか、寝ろ!っちゅう話ですなぁ~!笑)



正直、ここ1週間の間に画像が非常にたくさん送られてきましたが、マジで凄いプレッシャーのかかる画像のこれまたオンパレード、、、、、そして、前回「兄さんのしいたけ講義」を受験されました方々からも「新鮮しいたけ画像」をたくさん見せていただきました、、、、、、

自分が解説した技術がこうして、直接メール画像で送られてくるのは、感無量です!!
皆さんの絶え間ない努力と向上心には、本当に感動させていただきました、、、、
(バーニィー、タカ、AIRさん皆さん素晴らしい造形で兄さんもどんびき~!笑)




兄さんは、ここ1週間は永遠に「クリアランス」との戦いが続しておりました、、、、、、
もうね、この「ZⅡ」の脚部デザインをしたヤツ誰ぇ~!!って怒りたくなるくらい、無理っすわぁ、、、
この無茶なデザインは、、、、、、

なぜ?オリジナルな元設定画の「ZⅡ」の足首があそこまで極端に細くてうすらみっともない形状なのかが?いやっと言うほど理解できました、、、、、
僕もオーダーされた「Z氏」も今回の「ワイヴァーン」で1番重要視していたのが、脚部の構造のラインとバランスの構成を組みなおす作業だったんです!!

問題点は2点あり、そのひとつが「スネの短さ」そしてもうひとつが「細すぎるソール」の改修です、、、
とりあえず、ごちゃごちゃ言うのもあれなんで、まずは、画像を、、、、

見てシュビドゥバァ~!!

DSCN5971.jpg

出たよコレ!掟やぶりの未完成っす!

豪語してたのに皆さんホントすいません!!







実は、兄さんの頭の中では、単なる箱組みの連続作業だろう、、、、ぐらいに超甘い計算をしていたのだが、コヤツ!足首とスネの間のクリアランスが「0」に近い構造(デザイン)でして、いくら依頼者様から無可動でOKと言われていても、可能な限りは可動にしてあげたいのが親心っつうやつでして、、、

足首が可動できるギリギリまで、4度程、フクラハギの6角形の形状や角度を調整させられたため、今回未完成での発表となってしまいました、、、、(みんなごめんよ!ホロホロホロ涙、、、)

なんせ、凄い画像がばんばん届いていたので、気持ち的にはそうとうあせっていたらしく、2回ほどサジをなげそうになっておりました、、、、
またぁ~!大袈裟に、、、、と、思うでしょ??






諸悪の根源!

DSCN5976.jpg

分かりますでしょうか?!
ここが「諸悪の根源」の足首の隙間(クリアランス)なのですが、外側の変な羽のような装甲が地面につくぐらいまで伸びており、これが兄さんデザインの少し太い足首にガンガン当たるんです、、、

もう、ガンガンです!

どうすれば、足首が曲がるようにできるのか?
再三、羽装甲の角度を微調整しながらの作業で、かなりうんざりしちゃいました、、、、、
まぁ、才能もねぇくせして自分でデザインを勝手に弄ると、偉い目みるっちゅう良い例ですねぇ、、、
ぶっちゃけ、全然笑えませんでした、、、、、








後ろは裸エプロン!笑

DSCN5973.jpg

ちょっと画像が暗くて見ずらいかもしれませんが?
後ろ側はほとんど装甲無しの「裸エプロン状態」で、これは完全にプロトタイプを意識した構造で製作してあります、、、、

変形における、内部フレームの強度や性能のデータベース用であるプロトタイプは、非戦闘MSであるため、メンテナンスを主体に組み上げられており、装甲がクイックリリースできるような設定としてあります、、、、、、ちなみに外フクラハギの6角形のパーツ上部がぱっくり開いておりますが、まだインテーク用のフィンを入れていないためですので、あしからず、、、、(つっこみ無しの方向で、、、、)












ここで、通常なら製作途中の画像を交えて、解説に移るのですが、、、、、
今回は、ほぼ完成状態に近い、バリバリ本気モードの足裏をお見せしておきましょう!!






■フルディテール

<インナーソール>編


DSCN5968.jpg

DSCN5969.jpg

 前回の足首の解説でも途中画像を公開いたしましたが、今回はほぼ全ての補機類も付いているのでかなり迫力があるかと思います!!
ただし、非常に微細なディテ等、皆さんがご覧になりたい部分は、このサイズではご覧になれないかと思います、、、、


え?もっとでかい画像見せろ?



見たいでしょ?ウフフフフフフ
でも、本当の細部はご購入いただく依頼者様の特権ですので、今回もこのぐらいで簡便してもらいますねぇ~!

大きく見えるところの解説だけ、しときますと、、、、、
茶色っぽいシリンダーがニョキッと出てますが、コレはショックアブソーバーで、足首の変形時を思考して取り付けてあります(これからデカルはらないとねっ!)


足首中央部の金のパーツはあの超有名な「ナニワネジ」さんのパーツで、完成した間接の上から被せてあります!!


この様に分割してあります、、、

DSCN5974.jpg

ナニワネジのパーツを「竹割り」の要領で、上から半分にカット、その後かぶせたい部位のアールにあわせて、内壁をリューターで削りこみ、内部間接のシャフトにぴったり合わせてあります!!
半分に切る場合は、金属用のノコギリがホームセンターで売っています!

ただ、このように相手(切る物体)が凄く小さいと若干切りにくいので、目立てヤスリとかでガイドラインを引いてからおこなうと良いでしょう、、、、、
(文字にすると簡単なのだが、実際はほんと手間なのでほどほどにね!笑)

それでは、脚部全体の途中画像を

見ながら解説してみようではないか?!

諸君!!笑


(諸君って、あの顔でギレンもよく言うわぁ、、、顔ヤ●ザでしょ彼?!笑)

DSCN5967.jpg

●製作と材料

えぇ~、前回の解説でも言いましたが、内部フレームは「エルガイムMk-Ⅱ」を使用して、外側を「ZガンダムVer2.0」のパーツを原型にしてプラ板で改修してあります、、、、、、
ただし、単なる改修作業ではなく、インナーフレームに上手くはめられるよう、内積を緻密に計算しながら作っていきました、、、、
今回も口約通り、「ノンパテ」で仕上げてあります!!
ただし、上半身から数えて、瞬着はゆうに7本消費しております、、、
(そろそろ「コニシボンド制作会社から表彰されても良い頃なんだが??笑)
ほんで、いつも聞かれるのだが?
今日はスジボリについて少し書いてみます、、、、、

まずガイドラインを切り出します!
DSCN5966.jpg
左右のフクラハギ等は当然完璧なシンメトリーを要求されるわけなんですが、、、、
上画像のように、しっかりと正確にかきこみます!!
慣れていないビギナーの方は、方眼模様の薄手のノートに書いてその紙を直接、プラ板に張って(両面テープでね)切り出してももOKですよ!
切り出した「ガイドライン」を兄さんは瞬間接着剤で直接パーツに貼り付けて、ハセガワのPカッターで綺麗にけがいていきます、そしたらガイドをはがしてスチールウールで綺麗に「めくれ」を掃除して、後は普段と同じ要領で400#>600#と紙ヤスリを当てて仕上げます!!
この時、重要な事は、できれば元々あるスジボリはできるだけ生めておいた方が良いでしょう!!
ねっ?!超簡単でしょう??
(文字数は多いけど、実作業は10分もかかりませんから、試してみてちょ!)


yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy
■プルプルトピックス

●最近、以前お付き合いがございました「百太郎」君からメールとデカルをいただきました!!
彼は、オリジナルデカルを自身の作品で表現するのがたけたモデラーさんなのですが、今回は特別に「兄さん専用紫デカール」を製作してくださいました!ありがとう~~!!
<画像のデカルは、赤とシルバー!銀ですよ皆さん!!>
DSCN5977.jpg
非常に綺麗な発色で、普通に販売されているデカルとほとんど遜色のない素晴らしい完成度です!
文字の大きさは、以前紹介した「POOH」さんとこのコーションよりは少し大きいかなぁ?
ただ、シルバーや紫があるので、これからとても重宝しそうな予感?!


●友人の「A'kkiy」さんから、いとしのハニーの画像を添付いただけました!!
これも非常に素晴らしい、「男臭い」ダイオラマで兄さんは超お気に入り、、、、、、
(詳細を見たい人は、アッキーマンのブログへGOGO!)
honey0038.jpg
兄さんの仕入れた最新情報では、今現在は「いとしのジョニー」を製作中なのだが、その後は「フルスクラッチ」に挑戦すると言う情報も飛び込んできました!!
(もう、益々彼のブログから目が離せません!)


●前回の「G.P.M報告」のラストで紹介いたしました「超絶巨大ビグロ」の製作者「TOC」さんから、またも新たな画像をいただきました!!
P1010449.jpg
なんでも、以前もガン王に出品されました、「ジオ」にさらに改修を加えてるそうなのであるが、この人のとどまるところを知らない精神力も謎です?!
濱君やTOCさんを動かしている原動力は一体全体なんだ?
(コイツら核融合炉をそなえてるんじゃないのか??爆!)


●それからにごく最近リンクをさせていただきました「COSMO」さんから、超カッコイイ「ガンダムMk-Ⅲ」の画像をいただきましたので掲載してみました!!
色、工作、バランスとも文句なしにかっこよく、兄さんも今度「Mk-Ⅲ」にチャレンジしたいなぁ~とか思っちまいましたぁ!!(いや、当分はスクラッチはやだなぁ、、、、)
a3-22.jpg
本当にかっこいい~~~!!
今年の「東京ガン王」に出品されたみたいなんですが、俺が審査員なら間違いなく「釘付け」になっていたことでしょう、、、、、、、


●最後に友人の「はるか軍曹」がまたも凄いビネットを発表!!
(画像が無くてごめんちょ!)
「たまひコン」のフラッグファイターになるのは間違いなく、非常にカワイイたまごひこーきを実におしゃれに仕上げている!!まだ見てない人は急いで見に行って感動してちょ!!
(史上最強の主婦の腕前は、さらに更新状態が止まりません!!)


ではでは、次回の記事までには、なんとか「脚部」が完成している事でしょう、、、、、、

あ!
忘れてたよ!!

●兄さんの無二の親友で師匠の「かながわセンセ」が、超絶CBを発表!!
もうね、ここまで凄いとヤキモチも焼けんわ?!300%降参です!
(と、油断させておいて、、、、、プスッとラストの直線でさしきるのさっ!!笑!スイマセン嘘です)
kanagawa001.jpg
つっ~か、、、、、、、
なんちゅう、スケベな画像なのよ?!(どう見てもモノホン??)
いやぁ、お世辞もでねぇ~わさっ!!笑!
まさに、「ライフオンホビー」を地でいく彼の生き様を見たわっ!!

ほいじゃ~のぉ~!!
あばよ!

(コソコソ~っとフェードアウトな兄さん、、、、、)


 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。