このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# 「オラザク記念号第2弾!!」

「第11回オラザク記念」PART2

さて、前回のシマコウさんおめでとう記念の第2弾です!!
ようやく、本誌を手に入れた兄さんなのですが、やっと全てのエントリーされました皆さんの作品をゆっくりと拝見させていただきました、、、、、

前回、旧友の「フリークショウ」さんの事を書き損じた兄さんですが、せっかくの祭りなので今回もオラザクの記事書かせていただきましょう!!
まぁ、僕ごときが総評なんぞしても、屁にもならない話なんですが、全体を見渡して思ったのが、非常にストレートな作品が多かったなぁ、、、、なんて、思いました、、、、、
良く言えばまとまってきており、造り方そのものも高度で緻密にはなっているのですが、お祭りなのでもっとはっちゃけた作品があってもおもしろかったのでは?とも思いました、、、、

ただ、MAX氏の言うようにキットの種類も膨大で、選択肢が増えたのも事実でして、何もプラ板片手にえっちらほっちらせずとも、そこそこの出来のキットが手に入るようになったのが変化球が減った最大の要因かもしれませんねぇ??
それと、「アルミパーツ」や「改造パーツ」が流行していて、購入したキットに細かく手を入れるディテールUPが主体になりつつあるのも事実でして、兄さんはそれはそれで便利だなぁ~とは思っておりますが、アフターパーツの供給に伴い、オリジナルMSにチャレンジされる方が減ったのは、ちょっと寂しい感じも同時に感じました、、、、

あと、はるかさんのおっしゃる通り女性モデラーも活躍されていて、これは凄く嬉しい事です!!
家事や子育てばかりでは、生活にハリが出ないでしょうし、結婚した後、なかなか照れちゃって旦那が正面きって奥様を褒める機会もなくなりますから、こういう全国区でのコンテストで評価されたりお褒めの言葉をプロライターやメーカーさんからいただくのは、凄く良い刺激になるかと思います!!
来年も「ママさんモデラー」の活躍も注目していきたいですねぇ~!

入賞をはたされました、シマコウさんやあにさんフリークさんをはじめ一次予選を突破された、もんもんさん、レオ君、ROOKIEさん、和茶さん、たろくん、近衛騎士団長、KAI31さん、他たくさんの皆さんにおかれましては、本当に素晴らしい作品で、審査員の皆さんも甲乙つけがたいところだったでしょう、実際どれを見ても小さい画像ながら惹きつけられました、、、、、
来年もたくさんの方の夢や希望を見られるのを楽しみにしておきたいと思います、、、、
女性モデラーの方の入賞、またあると良いなぁ、、、、

そんなこんなで、今週も画像てんこ盛りで届いております!!
ウチのウンコブログにいつも画像をいただき本当にありがとうございます!!
皆さんの素晴らしい作品を見るたび、いつもいつも心の奥で「もっと早く作らないと、、、」と、あせりまくりな兄さんです(いや、マジあせるから、、、汗汗、、、)

★A’kkiy  ジョニーオオクラ
joniy0144.jpg
joniy0101.jpg
兄さんの一番お古な戦友、A’kkiyのジョニーオオクラでございます!!
密かに待ってた人が多いとは思うが、もう何もいう事はなく、ただただ画像を満喫していただきたいっ!!改造箇所を微塵も感じさせない非常に丁寧な表面処理は勿論、独自のセンスでアフターパーツを自在にあやつりとても完成度の高い仕上がりを見せてくれます!!
バーニアの焼き具合もとても上品で、そのとぼけたキャラとは裏腹に計算されつくされてますねぇ、、
★A’kkiyのブリグはココだよ!GOGOクリック


★サマナーさん マインレイヤー
14.jpg
18.jpg
これまた超絶綺麗な塗装で見せてくれてます、サマナーさんの「ザク06マインレイヤー」!!
非常にひとつひとつの作業に神経が行き届いており、見てて実に気持ちが良いぃ~!特にカラーバランスは、秀逸でパイプやラックのメタルカラーがギラギラしてなくて、全体に上手く溶け込ませてあるのが上手い!!挿し色のモノアイとラックのバーの赤が控えめで「量産型」のザクの特徴にもピタリ符号している、とても実直な色選択がこのまとまり感につながっているものと思われる、、、、
同じ挿し色でも、ひときわトーンがあってない場合もあり、赤1色選ぶのも難しいものなのである!!
サマーさんのブログはココだよ!GOGOクリック


★百太郎  キュベレイ
wavequb01.jpg
wavequb04.jpg
デカール職人の百ちゃんがウェーブのガレキ1/144を製作してくれました!!
原型は業界では知らぬ者がいない、怪物「新居智之」、恐ろしいのは彼本来はフュギア原型が多いんだけど、メカも一級品でして、、、、その恐ろしいまでにつめこまれたディテの嵐で、製作する者を選んでしまう?!よくこの難しい表面処理をこなしたもんだと?!百太郎君の気合には頭が下がりました!!元キットの出来が良ければ良い程、表面処理は比例して大変になります、、、、、
赤色の部分が凄く綺麗!特にヒザのドロップはピンク&赤の念の入れようで、鬼ディテールがさらに深みをまして見てる者を魅了する、、、、すごいわ、百ちゃん乙です!!
百太郎君のブログはココだよ!GOGOクリック!!

いきなしの3連発いかがだったでしょうか?!
3人3様で、僕は隅々まで見てたのしませていただきました!!
僕が送られてくる皆さんの画像を見る時、5つの部分を目を凝らして見せていただいているんですが、まずは造り(バランス)次に色(トーンや奥行き)そして撮影(アングル)、さらにはディテやデカルといった細部なんですが、3作品とも湾級の完成度で、とても良い刺激をいただきましたよ!!
模型を見る場合の見方は人それぞれなのですが、、、、、
例えば、兄さんの場合、、、、
肩とつま先を結んだラインが重なる軸点が腰のどの位置におかれてるのか?みたいなとこ見てたりします、、、、
よく改造でももや足首を延長してる方が多いのですが、上記の肩からつま先を結んだ「Xライン」は凄く重要なポイントになります、ラインの重なる部位が全体の軸点となり、見てる人間のもっとも安心する、または見やすい「高さ」があり、延長工作やスクラッチ造形の柱となります!!
造ると言う行為には必ずセオリーがあり、そのセオリーは基礎や基本と言う部分になりますので、覚えておくと便利ですよ~!!
DSCN9342.jpg
(茶色のマークの高低がバランスを示唆するのね!)

人間を模したMSやロボット造形は、前回指摘のあった「人間工学」と直結されていて、心臓から5つに伸びるベクトルの基本ラインの角度とかに規則性があり、見てて気持ちの良いラインと言うのがあるんです、、、、、
たぶんTVとかで聞いたり見たりしてると思うが、「美形」といわれる美人顔にもその法則があり、MSも例外なくそれに当てはまっているので、そういう「視点」でみていくと、自分自身で形を造ったり、他人の作品を見るのも今までと変わるかと思います、、、、
(やべ~!また超脱線しちゃってるよ!!汗汗、、、)

さらに頂き物!!
(今週はいっぱいきたんだよねぇ~!コレ!!笑)

★hikogunさん  ジュアッグ
j1.jpg
hikogunさんの大改造ジュアッグ!旧キットを思う存分楽しまれてます!!
とてもよく手が入っているので、画像が本当にもったいない?!実はhikogunさんデジカメでなく携帯で撮影してくれているんですが、実物はかなりの物だと思います!!
ウェザリング前の綺麗な塗りの状態も兄さんは見ているので、よく分かるのだが、ともかく画像で損していますね、、、、
(最近デジカメを手に入れられたそうなので次回からの画像に乞うご期待!!)
hikogunさんのブログハココだよ!GOGOクリック!!


★ショートベルさん 痛車
itasya01.jpg
スイマセン、兄さんの専門外なのでコメントが難しいのですが、なんでも製作中にデカルがめくれ上がり、大変な状況に陥りつつ、、、半ベソの状況から敗れたデカルを手書きで乗り越えた究極のポジティブな完成品なのである!!(マジで根性だね?!大笑)
兄さんは、ショートベルさんのその奮戦記を凄く楽しく読ませていただいてましたが、投げたりあきらめたりしないその根性にエールを送りたいっ!!よくブログ読んでて「飽きたので途中だけど終了」とか書いてあり、次の機体を始めちゃう人がわりと多いのですが、僕は凄く残念に思う、、、、
まぁ、楽しんでいるのでクチはさめないのですが、箱を開ける時の気持ちを最後まで持続して欲しいなぁとか密かに思います、やはりたかが模型ですが「愛情」をもって最後まで面倒見てあげて欲しい!
悪いことだとは思わないけど、箱を途中でしめちゃうのは自分を途中であきらめちゃうみたいな感じがしなくもないので、最後まで頑張りましょう!!
ショートベルさんには兄さんから金賞(功労賞)をあげたいくらいです!!
ショートベルさんのブログはココだよ!GOGOクリック!!


★kotasuke  小さい人達!
kota001.jpg
いわゆるファーストシリーズの初期プラモのミニミニ版をコタさんが作ってくれました!!
全くの素組みなのではあるが、ちゃんと基本工作されてあり、彼の人柄が出ててみてて楽しい!!
実を言うと、今日(土曜日)はミニオフ会があり、ネットでお付き合いしてる「KAI131」さんが東京に来るとかで、アキバに会いに行くのであるが、わざわざ遠方から来られる「KAI131」さんのために、ウチのコタスケが来客用として製作したらしい!!とても彼らしいかわいい「おもてなし」である!!
当「千葉の女が乳しぼり」模型同好会は、いつでも関東にお越しの際はオフ会にて歓迎させていただきますので、いつでも気軽に声かけて下さい!!兄さんも可能な限り時間を作って会いにいきますので!!
こたすけのブログはココです!GOGOクリック!!


★ROOKIE34さん  ケンプファー
ken01.jpg
ken02.jpg
滑り込みでROOKIE34さんのケンプファーが届きましたので、さらに掲載しちゃいましょう!!
なんか今日は、異常なほど豪華なメンツなのですが、、、、、?!
わざわざ画像を撮り直していただきまして本当に恐縮です!恐らく本邦初公開のアングルになるかと思いますが、この美しい青い宝石を皆さんにご覧いただけるのが兄さんも凄く嬉しく思います!!
さすが、北海道組!郡を抜いて美しい塗面にしばらく堪能させていただきまいしたよ!!
(新画像ありがとうございます!ROOKIEさんに檄感謝!!)
ROOKIE34さんのブログはこちら!クリックGOGO!!


★寝太郎会長 ですとにあ嬢
b412.jpg
b4.jpg

まぁ、あいかわらずの「クールビューティー」な仕上がりです、、、、
実物はかなり身長があり、表面処理がそうとう大変だったらしいのですが、見事に完成させてみせてくれました、さすが会長!!それにしてもモータッヘッドの美しいラインはいつ見てもうっとりさせられてしまう、、、、、それにしても一体何枚のエッチングでできてるんでしょうか?このおみ足は?(笑!)
寝たろうのブログはココだよ~!GOGOクリック!!
                      

以上、今週の頂き物でした、、、、、、
え?「ワイヴァーン」の画像はどうしたか?
いやぁ、実は超話題のCR「牙狼」に会いにいってたり、なんだり、、、、、、ドル箱を積み上げたりなんだりで、、、、まだお見せできる程の画像がないのでおじゃる!!
それにしても「牙狼」聞きしに勝る、超爆裂台で、恐らくは現在最強のマシンの1台でしょう!!
もうね、やみつきになるよアレは、、、、
さて、話は変わって、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

コンペのお知らせ
前回報告させていただきました、「SF3D大会」なのですが、賞品の方もご用意できましたので、詳細を発表しておきましょう!!

●エントリー
 SF3D又はマシーンネンクリーガーの模型ならなんでもOKです!!
一人何点でも受け付けます、ただしメールでの画像添付ではなく、焼いた写真を兄さんに送りつけてください!!兄さんの住所は、応募いただいた皆さんのブログに「秘コメ」で兄さんがお知らせいたしますのでご心配なく!!出たい!参加したい人は12月末までに当ブログに参加表明してちょ!!

●結果発表
 5月20日にブログにて公表させていただきます!!
(全作品掲載予定!)
そんなに来ないと思うけど、あんまり多かったら2回に分けて発表するね!!
優秀賞は、7名までとさせていただきます!!

●締め切り
 原則として4月30日に締め切らせていただきます!!
(変更無し!!)

●優秀賞の特典
今回は、ウエハラ賞、柳生賞、兄さん賞、POOH賞の4つがあります、、、、

ウエハラ賞 :GMスパルタンの改パ、MAXファクトリーの限定AFS
柳生賞 :ガンダムレオパルドのガレキ
兄さん賞 :レッドZ用特注エッチングパーツ、完成品(秘密)
POOH賞 :ベルテクス新開発デカル

さらに優秀作品に選ばれた7作品は、こちらでデジラマ処理させていただき、もしもしBOOKのようなBOOK形式にて兄さんのHPトップにて公開させていただきます!!

(いまのとここんな感じですが、応募が多ければまた増やしてみます!!)

●なお、あらかじめ了解して応募いただきたいのだが、コンペと言う形式のコンテストであり、通常のコンペとは、趣旨が異なりますので、その辺をご理解いただいた上ご応募お待ちしております!!
1年に1回くらいガンプラ以外の模型も楽しみましょう!と言うことと、改造しなくても全員が塗装で参加できるよう、考えています、、、、
なお今回は、塗装コンテストなのであるが、特にウェザリングしなくても綺麗に塗って応募されても本人のパーソナリティーがあればOKだと兄さんは思っております!!
それと、大改造してもしなくてもそれも各自自由にお願いいます!!
また、設定に拘る必要もなし!自分で自由に自分の色を楽しむこととします!!キットを使用してればオリジナルメカでも武器でもありとなっています、、、、

何か分からない事があれば、いつでも気軽にコメください!!


それでは本日も好例
デカ画像でしめっ!!
当然これです!!

FS01.jpg
FS02.jpg
フリークショウさん
金賞おめでとう~!!

★フリークショウさんのブログはココだよ~!GOGOクリック!!

僕ごときが、解説するのもおこがましい、実に卓越した造形センスです!!
エッジのぴりっと効いた各部のライン、変形時の確実な間接維持、それに呼応する絶妙なクリアランス、どこを見ても文句なしの素晴らしい完成品です!!
僕自身もたくさん得るものがあり、シマコウさんやあにさんと並ぶ恐ろしいくらいのフリークショウさんのスタンスやポテンシャルに頭が下がる思いです、、、、
(忙しい中貴重な画像をあざっーしたっ!!)

今年も素晴らしい参加作品のおかげでまんべんなく楽しませていただきました、、、、
来年のレースも楽しみにしております、頑張れ日本!!(それ違うからぁ、、、、笑!)

ではでは、僕はオフ会へとアキバでシュラシュシュシュ~!!

ほいじゃ~のぉ~!!


スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 「新MS製作記その8.5腕部完成!!」

■新MS製作記その8.5









<腕部完成!!したよ!>


 さてさて、ようやくお約束の25日となりましたので、大手を振って、、、、
皆さんと一緒に喜びを分かち合いたいと思います!!







シマコウさん

グランプリ本当に

おめでとうございます!!







ついに「オラザク選手権」の結果が発表されましたね!!
総合優勝されました「シマコウさん」、金賞受賞の「あにさん」、本当に本当に良かった~!!
はからずしもごく最近リンクしたばかりで、そのお2人ともが好成績を納められました事、感動しました!!
(たくさん応援されていた方々がいるかと思います、、、)

惜しくも入賞を逃してしまった皆さんも、予選通過の皆さんもお疲れ様でした!!
今年も厳しい審査があったものと思われますが、何か「POOH」君や「yubbaさん」達が受賞した時を思い出しました、、
(あの時も凄く嬉しかった、、、)

まぁ、今年残念な結果だった皆さんも、来年も再来年も頑張ってチャレンジし続けてほしいと兄さん思います、入賞だけが「オラザク」」ではないでしょうし、その年の良い思いでになれば、それはそれで次回作品の良いステップUPにつながるかと思います、、、、
「オラザク」に出品されました皆さん、製作本当にお疲れ様でした、来年も頑張りましょう!!









                













■製作記 腕編

ながらくお待たせいたしました!!
いよいよ腕が出来上がりまして、本来の僕の頭の中で組み上げた「全体バランス」や新しい腕の構造の再現方法も含めてたっぷりとお楽しみください!!
(と、書きつつあまりに急いで製作したので画像が少なくてゴメンよ!汗!)

■改造パーツの途中画像

DSCN9334.jpg

まず、上の画像ですが、慌ててて全部のパーツを写すことができずスマセン、、、
実は、サフ吹いて乾かしてて、撮り忘れましたパーツがけっこうありますが簡便してちょ!
で、今回は時間も押してましたので、MG「ゼータ1.0」のパーツを一部改造しながら進めていきました!!
あと、いつもの4号戦車のパーツやらブキヤのパーツも使用しています、、、、

基本的に今回は180度考え方を逆転させて、通常「上腕」と「下腕」だと下腕部位に工作が集中するのが常なのですが、いつも一緒じゃおもしろくないし、正直マジメに上腕部に取り組んだ事がありませんでしたので、今回は「上腕部」を兄さん独特の解釈で製作してあります!!

いわゆる「力コブ」のできるあたり(上腕二等筋)の部分を内部フレームがスケベにチラチラ見えるように、0.5mm厚のプラ板で装甲を製作していきました(勿論脱着可能です)、非常に薄めに製作していかないと、下腕とのバランスもあるため毎度の薄薄プラ板の箱組でそれを回避、、、














■ここにもクランク??

DSCN9335.jpg
これは、コブシと手首と下腕をクランク構造で接続した画像です、、、、
(分かりやすくするため軸は少し出した状態で見せてます)
普通の模型の手首の位置よりやや上に着くようあえて、クランクにしてみました、、、




「え?なんでそんな変な接続にしたか?」( ・ω・)モニュ?






実は、日頃ウチの会長(寝太郎氏)のおかげで「モーターヘッド」をじかに目にする機会が増えましていつも思っていたんですが、『何故モーターヘッドのラインはああも美しいのか』??

兄さんはちっこい頭で考えたのですが、より「人の形」に近いので美しいのではなかろうかと??
つまり、肩からコブシにかけて、あえて「S字のスロープ」を自然に出るように作れば、美しい腕のラインがでるかもしれないと思いました、、、、、
「そんなにずらして接続して見た目おかしくならないか?」



と、、、、、


大方の皆さんがそうおもうかと思いますが、、、、
論より証拠なので画像でご確認くださいなっ!!











■Z1.0との比較画像

DSCN9336.jpg

いかがでしょうか??
右側が改造前のノーマルの腕なのですが、どちらもまっすぐに伸ばした(ヒジを)状態なのですが、改造してフレームを自作した方のワイヴァーンの腕のラインの方がより自然なラインに見えるのではないでしょうか?!
それと先ほど説明いたしました、上腕部の装甲がいかに薄い装甲なのかも確認しやすいかと思います!!

それで、今回は撮影のためあえてヒジの丸パーツのみ装甲を含め着色済みになってます、、、、
本来は完成時まで着色しない方針なのですが、ヒジの丸パーツは1個で7パーツ構成のため、借り組み等が出来ない構造でして、仕方なく色がついた状態でのお披露目となりました、、、
(細かすぎるのも少し考えものです、、、


赤いパーツに関しては、膨張色なのであらかじめ色をつけてあります、これは全体のイメージをつかみやすくするためなのですが、実際に立体が存在しない「イラスト版ZⅡ」なので、頭で兄さんが思い描いた「青写真」と現実との誇張や奥行きを掴み易くする為にしているのですが、鍵になる「キーカラー」を塗っておくとスクラッチが非常にしやすくなります!!










■ディテール解説

DSCN9337.jpg

 芯になるフレーム部位は間接を仕込む関係で全てプラ板から製作してあります、今回の売りは、再三申し上げてきました、上腕部装甲です、非常にスタイリッシュにまとまったかと思うのですがいかがでしょうかねぇ?!(上腕部フレームはキットパーツを加工して使用してます!)

それと凄く気をつけたのが、ヒジ間接の丸モールドのディテです、、、、
この手のパーツは通常センターにディテを置くのがスタンダードなのですが、人間と同じ動きをするMSのヒジは原理的には「テコの応用」に近いため、なにも必ずしもセンター軸でディテを考える必要は無いと、、、、ばっさり思い切り、あえて軸がセンターを意識しないディテを入れてあります、、、、

難しい工作とかではなく、0.5mmプラ板を大小丸く切り出し、ずらして接着してハジに寄せてディテーリングしてあります、ちなみにここの絵が無かったので、今回はやってみたかった、新しい思考を試させていただきました!!内部にちらっと見える細部ディテが4号戦車の転輪を加工したものです!
(って暗くてみえねぇ~じゃねぇ~か?!大笑!!)








ほいじゃお待ちかね!

装着画像でござる!ニンニン












DSCN9339.jpg

DSCN9340.jpg

どうでせうか?!
あの凶悪無比なイラストが脳裏によぎれば大正解なのですが、、、、?
兄さん的には、もう少しディテを入れたかったのだが、時間もだいぶ押していますので、今回はこんなもんで簡便していただこうかと思いますが、、、、
(えぇ~?もっとディテ入れろ??、、、、オロオロ、、、)


なにぶん、装甲裏にはげしく入っているため真裏から見ないと分からないのが悲しい、、、
勿論今回もお得意の「しいたけ」が腕装甲の裏側に展開されているのですが、もう見飽きたでしょうしあえてUPでは撮影してません、、、、(もういいだろぉ~?!)










ではでは、、、、

全体バランスを

お楽しみくださいませ~!












DSCN9338.jpg

どすか?
まんず、まんずであります!
それでは、次回はいよいよお待ちかねの「F-1」いきますよ~~!!
かながわさんお待たせ!兄さんのF-1調理法とくとあれぇ~~~!乞うご期待!
(実はまだ悩んでる、何%形状を残すべきなのか??む、難しい、、)
今回は、ここまででした、、、、、、
超マッハでプラ板刻んだのですが、途中画像が少なくてホント申し訳ない(汗汗、、)







yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy





■今週のいただきもの!

はい、今週のいただきものコーナーですが、実はちょい前に頂いた非常に貴重な画像をご覧頂こうかと思います!!
既に本誌に掲載されていますのでめずらしくはないのですが、アングル違いの画像で、本人が自宅で撮影して送ってくれたものです!!

■POOHさんからのいただきもの!

VF-2.jpg

VF-4.jpg

●今月号のモデグラの作例
もう、説明不要なPOOH君の「50周年アニバーサリー』特別仕様のメサイアです!!
はっきり申し上げてかなり難度の高いマスキング仰天してしまいましたが、彼の真骨頂とも言える、素晴らしいカラーリングとデカーリングに惚れ惚れします、、、、

純粋なキットの楽しみ方をプロのライターが先陣を切って見せてくれた、誉れな一品ですね~!
それにしても綺麗なデカルの「技」にしばし時を忘れて酔いしれました、、、、、、
(素晴らしい画像をありがとう!POOH君を今後も応援したい兄さんです!)
POOH君のHPはここだよ!クリック!ブログもあるよ~ん!










■タカノリからのいただきもの

22.jpg

●今月号のHJの作例
非常に小さいスケールなのに「顔」の中まで作りこまれたエクシアです!!
以前ウエハラ君にマントの作り方を一生懸命聞いていましたねぇ、、、、(ファミレスで、笑!)
変な言い方だがまるでスケール感を感じさせない凄く丁寧なウェザリングと細部の作りこみにうっとりくるねぇ、、、、いかに下地の研ぎ出しが素晴らしいのか?

このUP画像で十二分に見てる方に伝わるかと思いますが、いかがでしょうか?!
僕もウエハラ君も彼のこういうマジメな模型作りにほだされているんですが、劇中の破壊されたエクシアを彷彿させるその技量は素晴らしいと思います!!
「00」を見てない兄さんを唸らせるタカノリって、、凄いですよねぇ?!
(皆さんもこれからの彼の活躍を大いに期待して下さいねぇ~!!)









             






★お知らせ!!

「ファルケコンペ」開催のお知らせだよ~!

来年2月にハセガワから「マシーネンクリーガー」に登場する「ファルケ」が発売される!!
兄さんはこの瞬間を20年も待ちわびていたのだ、、、、、

 何を隠そう、初めていただいたメーカーのお仕事が当時の「NITTO」科学のSF3Dと言う異色のプラモでございまして、当時は日東の倒産等でお流れになってしまった思い出深い「ファルケ」がリニューアルデザインではあるが、ハセガワから発売される!!

これを記念して兄さんはミニコンペを開こうと思います、、、、、
いつもガンプラ改造されておられます、プルプル日記ご愛読の皆様もたまにはバリバリ幼少にもどって一緒にウェザリウングしてみませんか?!
(改造もOKなのだが、基本的には塗りで勝負!!)







えぇ?どう汚すのか?よくわからない?







見てっ!

kuma01.jpg

<今回特別に「あにさん」が画像をくれました!!>

あにさん、オラザク金賞

おめでとうございます~!!


あにさんのブログへGOGO!クリック!

どう?楽しそうでしょ?!もう、好きに汚して応募してください!!
え?マシーネンならなんでもOKなのか?!
モチのロンでごぜぇ~ます!







ただし!







「ファルケコンペ」と言うくらいなので、当然ファルケは優遇されます!!
優遇されるって??

実は、「コンペ」とは言いつつ「コンテスト形式」をとろうと思っています、、、、
優秀賞をとられますと、プロモデラーの皆さんからお店では買えない、非常に希少なプレゼントがいただけちゃいます!!

さらに、優秀賞をとられました皆さんの模型は「BOXアートコレション」と題しまして、デジラマにて兄さんのHPのトップにて公開させていただきます!!

期日や詳細はおって発表してみようと思いますので、プロモデラーの「門外不出」のお宝賞品が欲しい人は、今から模型屋さんで「マシーネン」のキットをあさっておくと良いかも?!

コンペ参考用画像

横山先生ご本人の本物のファルケ


faruke02.jpg

<ホビーショーにて檄撮しましたオリジナルファルケ>












最後は好例の

大型画像!!

本日は当然コレだっ!


R-000001.jpg

(シマコウさん忙しいのに画像ありがとうございました!!)




★シマコウさんのブログへダッ~シュ!!クリック!

それでは次回の「プルプル日記」もさらに期待してくれっ!!









ほいじゃ~のぉ~!!




 | ホーム | 

# 「G.P.Mの報告だよぉ~!」

■千葉G.P.Mの報告!!

 はい、皆さんこんにちは兄さんのプルプル日記には現在たくさんのクレームが届いております!!

「せっかくカキコに来たのに書けないよぉ~!」

と、言う多数のクレームがメーラーに届いており、まとめて回答しておきます!!
現在、そこそこのアクセス数がございまして、スパムも非常に多くなってきているため、禁止ワードの設定がされています、、、、
禁止ワードは単純に「http」と「@」です!!
そんなの文面に入れてないのに書けない!と、お怒りの皆さん、実はFC2のめんどうな設定で、文面にそれが無くとも、文面の上にある「URL」にそれがあるとカキコできませんので、もしコメントされる場合には、「URLに自分のアドが出ていないか今一度ご確認ください!!それ以外では普通に書けるハズです、もし理由が見つからず書けない場合、もう1度メールにてご連絡いただけますと助かります!!よろしくお願いいたします!!

                   

 さて、先週の土曜日、またまた「千葉G.P.M」の会合に出席させていただきました!!
この日は、Bクラブの原型や雑誌作例をされてる「柳生けいた」君も出席されており、凄く盛り上がりました!!やはり上原君や柳生君の作品には、何か勉強になる要素が多く、僕もガン見しながら色々とお話を伺ってきたのですが、、、、、、、、、、、

まず、いつもの集合場所の模型店「ハッピー」に向かいました!!
(いつも上原君の暴走族ばりの運転で向かいます!非常にアクティブな運転の上原センセ!笑)
そこで、兄さんは大量に「エヴァーグリーン」を補充、そんなによく使うよねぇ?とか皆さん驚かれておりましたが、兄さんはホントに失敗が凄く多いんですよ(トホホホホ、、、)
で、いざっ店を出たら、ヤバイ物が目に飛び込んできたっ!!

「ガチャポン」です!!よくお店の出入り口においてあるアレです、、、、、、
しかもだ、超かっこいいアマゾンライダーがある!
初めてTVで見た時は「なんだよコレ?」と思っていたんですが、大人になって見ると、なんとも言えない毒々しい造形が魅力的なんですなぁ~コレ!!

慌てて小銭つっこんで、ガチャガチャやりましたよ!!
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、
、、、、、
DSCN9331.jpg

おいっ!
いきなし大首領かよ?!

いや、何、いつものパチンコの引きなら必ず次は「アマゾン」だろ?!
っと、根拠もなくまたガチャガチャ回しましたよ!!
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、

もう、イヤッ!
DSCN9330.jpg
キングだよ、、、、、、、
まぁ、キライで無いので始末に悪い!
ふと、気がつくと、、、、いつまでやってんだよ?!的なG.P.Mの皆さんの優しい視線が、兄さんを直撃!!我に返りあやうく小銭全部呑まれるのはかろうじて阻止されました、、、、

まぁね、「大首領」とか言っても30台中心のウチの観覧者の皆さんにはとんと縁の無い、人物なのであれなのであるが、、、、いちよう注意しておくと、あまりにも出来が痛々しかったので、顔は兄さんがリペイントしなおしてあり、同じ物が出なくても怒らないでちょ、、、、
(っつうか塗るなよ!ちゅう話なんだが、、、ライダーは僕の命なのでね、、、笑!)

なんて、また脱線しかけてるんだが、、、、
とりあえず今回もたくさん見てきたから皆の衆も楽しんでおくんなさいまし!!
(はるか隊長いちようライダーネタふっときましたっ!!しかしアマゾン欲しかったぁ!涙)

■今回の作品達

■上原みゆき  GMスパルタン 1/100
DSCN9305.jpg
えぇ~、これ誰も知らないかも?!
なんせコイツのイラストが掲載されたのが80’のバンダイ発行の「模型情報」と言う模型屋さん限定の小雑誌にのみ載った超ドマイナーな機体のため、知ると人ぞ知る幻のGMなのよね、、、、
ただし!希望がある!!
今度、ある秘密のコンペにて優秀な賞を兄さんからいただいた人には、GMスパルタンの改造用パーツ(勿論非販売)を特別に上原センセからプレゼント!なんて企画があるのよ!!
素晴らしいでしょ?!欲しいでしょ!!(実は俺が一番欲しい!笑)


■上原みゆき   VA-3
DSCN9304.jpg
これも、マニアにしか分からないでしょうねぇ、、、、
マクロス物なんだが、設定上はコイツも3形態に可変するバリアブルファイターなのです!!(マジ?)
PS2のなんちゃらかんちゃら言うゲーム限定の機体で、変わり者の上原センセはガレキを購入あそばせ組み上げたそうな、、、、、ボディーラインが美しいんだよねぇ~!!


■柳生けいた  ガーランド
DSCN9309.jpg
はい、85’圧倒的人気で指示された「メガゾーン23」に登場したバイクが変形するガーランドです!
電撃ホビーさんに掲載されたのでご存知な方も多いとは思いますが、アメ車のようなこの塗りがまた綺麗だったんですよ!!彼はB-CLUBの方でも原型製作されていますので、そちらもよろしくとの事!
柳生氏の凄い作品はここをチェックせよ!!特にギャラリーよりイベントの欄をチェック!)


■柳生けいた  MGアレックス&陸ガン 1/100
DSCN9307.jpg
DSCN9306.jpg
これは、昔のHJの連載企画「ガンダムクロニクル」に掲載されたアレックス&陸ガンなのであるが、よぉ~っく見ると、ガンダムの顔が4号機のだったりするんですよねぇ、、、、
非常に多忙な中製作されているのですが、さすがによく研ぎだされており、面もエッジも下ろしたてのYシャツみたいにパリッとしてます、、、、
ただ僕は、柳生君が苦手でして(笑)、、、、彼は本当に穴のあくほど僕の作品を見るんですよね、、
あ!彼にも今度コンペ用の何か特別な改パをいただきにいきましょう!!(ウフッ!)


■ガルマ君   シャアセット  1/100
DSCN9310.jpg
「悪い見本」で使ってください!なんて言われたんですが、、、とんでもないっ!!
やたら改造しまくれば良いって訳でもなく、キットを純粋に楽しみ、自由に塗るって言うのもおおいにけっこうな話でして、僕はぶっちゃけ改造よりも基本工作を推奨したい派なので、こういうセオリーにのっとった製作は大好きです、ただしちゃんとヤスリ当ててないとイカンよぉ~ガルマ君(笑)
どこが?と思った人が多いと思うが、兄さん的にはザクの親指の根元なんかもったいないなぁとか思ってみてます、でもね非難とかじゃなく、お互いに切磋琢磨しようぜっ!ちゅう意味なんでこれからも仲良く模型やっていきましょう!!


■HIDEさん   ZZガンダム 1/100
DSCN9313.jpg
HIDEさんとはいつもあまりお話できないのですが、この日は運よく少しだけお話できましたね!!
借り組みのガレキのZZを見せてもらったのですが、もうプロポがめちゃくちゃかっこよくて、今まで見た「ZZ」の中でもトップクラスのバランスでした!!
原型の方のお名前を聞いてきたんですが、忘れちゃった(テヘッ?!)


YUY君  キュリオスガンダム<発光Ver>
DSCN9314.jpg
ごめん、、、、、、、全然ピントきてませんでした、、、、、
すまぬYUY君!せっかく「あなごさんシール」もらったのに、、、(大粒涙)
YUY君が非常に小さいキュリオスの体内にLEDを5箇所ほど内臓して持ってきてくれました!!
ボディーはアカの筆塗り仕上げで、多少雑さはあるものの、単純にライトの内臓で遊んで見ました!とのお話、、、、ご記憶の方も多いと思うが、あの「大佐いけません!!」を製作した彼です!


■濱薫(ハマカオル)のその後のジオ
DSCN9311.jpg
まず、最初に書いておくが、このデカブツの撮影はホント大変!(笑!)
なんせバック紙が無いのよでかすぎて、、、なので後ろに押入れの戸をたてて強行撮影しています!
ほんで今回の報告ですが、肩の下に伸びてる「腕カバー」が出来上がってきたらしい、、、、
本当に大変らしく腕カバー1個作るのにも通常の何倍も時間が必要なのだが、彼は「ウ~ンこんな感じですよ」と、いつもニコニコしてる、、、、
一体下半身を作るのにどれだけ時間と労力が必要なんだろうか?!想像もできん、、、、
TOCさんが1度完成したジオを分解しだしたのも分かる気がしてきた、たぶん形にするのに精一杯でやり残したことが、どうしても出てきちゃうんでしょうねぇ、、、、、、
(濱君とTOCさんのジオを最後まで見届けてあげたくなりますよ、、、頑張れ!)

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

                   
百太郎別注デカル!

 さて、話は変わって「ワイヴァーン」ですが、まだ現在格闘中なので画像報告はできないのだが、、、
「別注」をかけていたデカルが本日届きましたので、これみよがしに「自慢」してみたいと思います!!(笑)
実は、「ワイヴァーン」のテーマカラーは「薄紫」である、、、、、
「薄紫」と聞いて最初に兄さんが連想するのが「シクラメンの花」なのであるが、花言葉はその概観通り「うつむき」「秘める思い」、、、内に秘めた思いは、まさにプロタイプのワイヴァーンにピタリ符号する所で、首をたれた控えめなシクラメンをワイヴァーンに重ねて、紫の別注デカールを「百太郎」君にお願いしていた!!
DSCN9333.jpg
<上がベルテクスの青コーション、下が今回のワイヴァーン特製デカルです>
いかがでしょうか?!

え?濃いじゃないか?

違う!違う!
薄紫のボディーカラーに濃い目の紫でコーションをデザインしていく訳ですよ!!
ねっ!かっこよさげでしょ?!
前回のピンク色のパーツにも一部、紫デカル使用してあったと思うけど、今回はさらに小さい文字のを特注で製作していただきました!これにカイン君お手製のドラゴンデカルが加わり、ほぼ準備は完璧となりつつあります!!兄さんも仕上がり具合が楽しみです!!乞うご期待!


さて、最後になりましたが
好例の大型画像、、、、、、
今日のも凄いっ!!


DSC01286.jpg
DSC01289.jpg

ついこの前オリジナルナカトガンを発表してくれたばかりの「YASUE」氏の最新作です!!
通称「竿ザク」ことMS06-KザクキャノンのMG改修作品です!!
(全貌を見たい方は本UPのギャラリーにダッシュだっ!!ココな!)
それにしても見事な仕上がりで、彼もまた「マッハ」と呼ばれるスーパーモデラーさんです!!

亀な兄さんにはとてつもなく辛いなぁ、、、、(トホホホ、、、)
それでもめげずに次回も頑張るデスよ!!

ほいじゃ~のぉ~!!

★近いうち、ハセガワから出るファルケと言うSF3D(マシーネン)を何人かでやろうと思ってるんですが、もしSF3D好きな方がいれば、ぜひっ、一声かけてくださいねぇ~!!
大々的なコンペではないけど、軽いウェザリング大会なノリでやりたいねぇ、、、、
優秀者には兄さんから特別な「秘密のパーツ」が出るかもしれません、、、、そう「秘密のパーツ」がね!


 
  


 | ホーム | 

# 「おめでとうTOCさん!!&デカルの救済法」

■兄さんのウルトラ的思考

ども!皆さん製作は進んでますでしょうか?!
年末に向けてコンペ等で盛り上がってまいりましたが、昨日の土曜日はまた千葉のG.P.Mに遊びにいきましたので、次回のブログにて、プロライターの方々の作品をじっくりと官能していいただきましょう!!
(次号予告!!上原みゆき&柳生けいた特集号!乞うご期待ください!!)

さて、話は4日ほどさかのぼり、コンビニで衝撃的食玩に遭遇!!
あ!ヒッポリト星人!
DSCN9322.jpg
急いで購入して自宅で開封、、、、、、、、、、
「え?」これが?ヒッポリト星人??
違う、、、、、、、何かが違う、、、、、、、、、、、、、、、
よくよく箱を見てみると、最近公開された映画に登場した平成版と書かれてあり、物凄くショックでしたねぇ、、、、誰でも忘れられない怪獣や星人がいるかと思うが、兄さんの一番好きな星人がこの「ヒッポリト」だったのだが、微妙にかっこよくなっており、少し悲しかった、、、、

現在の平成ウルトラや仮面ライダーの着ぐるみは、本当にかっこよくできているのだが、昭和のあのダサくて、着ぐるみ感満点のぶさいくな怪獣が好きな兄さんは、やはりなじめにくく、どうしてものめりこめない、、、、、
「シード」や「00」にも共通した苦手意識が働いてしまい、どうしても「熱中」するまでにいききれない悲しい中年なのであるが、、、、
今回書きたかった話はそんな事でなく、よく子供の頃話してた「最大の関心事」、、、
いったいどの怪獣が一番つおいのか?!
マン~レオまでの中に数え切れないくらいたくさんの星人と怪獣が登場したが、兄さんの中の一番は今でも、この「ヒッポリト星人」でして、なんせウルトラ兄弟を全員ブロンズ像にしたあげく、ウルトラの父でさえも倒してしまう暴挙!!子供の頃とはいえ兄さんに物凄い衝撃をあたえました!
確かに、最強怪獣の筆頭はたいがい「ゼットン」や「エースキラー」もしくは「ブラックキング」等名場面を我々にたくさん見せてくれた怪獣がいますが、やはり何が素晴らしいって、ヒッポリト星人のだらしなく伸びた口、さも悪そうな詐欺師の様な目がもうたまらなくスキ!!
たぶん、皆さんも兄さん同様に「一番強いのが」実は「一番好きな怪獣」なのでしょうが、やはりバルタンしかり、ベムスターしかりで元祖のかっこよさは、物凄く高い壁で、どんなに平成になってかっこよくリメイクされても、その当時の衝撃感は、越せませんよねぇ、、、、
しかし、スルーされるのが分かっていながら、模型ブログでここまで熱弁してる俺が一番ぼっか~んなのであるが、、、、(汗汗、、、、)
たまにで良いので、怪獣の話もしてみたいもんである、、、、、
夢のある昭和の時代に生まれて本当に良かったとつくずく思うよ、、、

ありがとう!
我が青春のヒッポリト星人!


えぇ~~~!!
とんでもないブログスタートですが、今日は、最近良く見かけるビギナーの「失敗」について、兄さん的に書いてみようと思いますので、デカールでお困りのそこの貴方!!
よぉ~っく読んで、今一度「デカルの重要度」を再確認してみてくださいねぇ~!!

■兄さんのデカル講座
えぇ~、まず始めに書いておきますが、「デカル作業」は模型製作の最終工程にあたる部位なので、どうしてもおざなりになりがちです、、、、そして、それまでその作品にかけた「つもりにつもった貴重な時間」を一瞬にして台無しにしてしまう、非常に難易度の高い工程だと認識していただければ、読んでいて理解しやすいかと思います!!

★一番多いプチシルバリング!
DSCN9324.jpg
はい、これはお客さんから預かってる完成品見本のZガンダムの腕部のデカルなのですが、、、
見る人によってはこれでもOKかもしれませんが、あえて書きますが、全然浮いてます、、、
もし、この状態で上からフラットクリヤーをコートした場合、リテイクが「不可能」となります!
よく勘違いされているんですが、「セッター」があればデカールが簡単になじむと思われている方が本当に多く、それは本当に間違いですので、ちゃんと認識しておくと良いかと思います、、、

★綺麗に張る基本中の基本
①表面処理がしっかりされており、番手で言うと最低1200#レベルにしておく
②本体の塗りは最後のフラットクリヤー前までグロスで塗っておく、、、
③デカルを貼ったら、「1日完全乾燥」させて、もう1度よく光を当てて確認

上記の3つの作業を確実にこなせれば、デカルはしっかりとなじみます!!
何十時間もかけて、工作して改造もして、超緊張しながら塗装して最後の最後で失敗しては目も当てられない状況になります、、、、
くどいようですが、1度貼り終えたらしっかりと乾燥時間をとり、なおかつ光の角度を何回か変えて当てて確認しておけば、ほぼ失敗や「浮き」が無くなります、、、、

特に、自作デカルに関しては「セッター」では密着していないケースも多く、しずらいのもまた事実だったりします、その他厚手のデカルでも同様な事が起こりえます、、、

よく教則本には「蒸しタオル」でやさしく押すと書かれてありますが、非常にめんどくさいです!
濡らしたタオルを電子レンジでチンするのですが、熱くて上手く持てなかったりするんですねぇ、、、



そういう時はポットを活用しましょう!!
DSCN9303.jpg
ポットのお湯は通常設定で「90度」ですので、デカル作業もしくは缶サフを暖める時に大変重宝しますので、よく読んでおいて実戦してみると、効果が絶大なのがよく分かるよ!!
デカルにセッターを塗り、1日乾燥後、デカルの浮き(特に四角形の端)を見つけたら、湯のみにポットからお湯を入れ、作業テーブルにて麺棒に少しひたし、熱いままクルクルなでてあげます、、、、
あら?不思議?!今まであれだけ強情だったデカルが、非常にすんなり張り付いてくれます!!
この手の作業を「リテイク」と言うのだが、塗装や工作のリテイクと同等もしくはそれ以上に重要だと覚えておくと良いかと思います!!
肝心な事は、あせらずに時間をたくさん取る事ね、せっかくの完成品なのでできるだけ綺麗に画像がUPできればそれにこしたことはないですから!
特にビギナーの方に多く見かけます、締め切りが無いのですからあせりは禁物ですよ!!

★ついでにワンポイントレッスン!!
よく見かけるのが、デカルをセンター貼りしちゃうケース、、、、
分かりやすく言うと、最近おしゃれなデカルが増えてきてますよね?!でも貼り方を工夫すればなおおしゃれなデカルの楽しみ方ができます!!
特に胸の真ん中とか、頭部、チンコ正面などにはデカルは避けた方が無難です、なるべくならアシンメトリーに貼るのが、模型的見映えに関係してきます、、、、

兄さんは、今回ワイヴァーンで家紋をテーマにしており、ディテールでも入れておりますが、デカルも採用しています、、、、

■HIQ PARTSさんのデカルです!
DSCN9323.jpg
右側の家紋デカルを使用してます、ただまんま貼ると「武者ガンダム」になっちまうので、貼る前に見え方を考えて、いらないところはカットしてオミットしておくとベタな感じがさけられます、、、、
兄さん的にはデカルとプラ板のディテは同じ扱いで頭の中で整理されていますので、使い方も凄く似てたりするんですねぇ、、、、


こんな感じですね!
DSCN9319.jpg
「家紋」デカルを腰サイドアーマーの形に合わせてカットしておき、ベタに見えないよう今風にしてあります、下の注意書きは、ベルテクスコーションデカルとカインデカルと百太郎デカルをミキシングしてあります、ボディーバランスや角度に気をつければ、重ね貼りにして見せても重くならないでしょうし、何より自分っぽさが表現できるかと思います!!
大切な事は、貼る前にまっさらな紙の上でパズルみたいに組合わせて脳内モデリングと合致しているのか?確認してみれば失敗は最低限食い止められるハズ!
僕も色々な方の協力で色々なデカルを使わせていただいておりますが、できる限りかっこよくなるよう最大限配慮させていただいておりますが、ビギナーの皆さんも完成品模型の画像に頼らず、色々なブランド物の包装紙とかを見て研究されれば、自分にあったスタンスもおのずと見えてくるかもしれませんよ?!
難しくてめんどくさいデカル貼りを楽しい切り絵感覚でこなせば、作業も楽しくはかどります!あまり既成概念にとらわれずに、自由に楽しむと良いかと思います!!

<POOHさん、カインさん、百太郎君いつも本当にありがとうございます!!>

とりあえず全体画像
DSCN9327.jpg


現在、腕部を鋭意製作中!!近い内に本来の全体バランスをお見せできるかと思いますので、「ワイヴァーン」を応援してくれてる皆さんしばし待たれよ!!

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

■プルプルトピックスニュース!
どうも、プルプルトピックスのデスクn兄さんことクリスティンブラッドです、、、、、、、
さて、今週も大量の画像がデスクの方に届いております!!
ガサガサガサガサ、、、、、、


■百式  斉藤ちゃんから
100-001.jpg
なにやら兄さんディテ満載の百式が斉藤ちゃんから寄せられました!!
顔がデルタプラスのような量産型のようなかっちょいい感じで、非常にこの先が気になります!
完成品画像を心からお待ちしておりますので、次回12月20日の千葉G.P.Mの会合でお会いいたしましょう!!吉報を待っているぞ!


ジャスティー  POONさんから
justice_48_3.jpg
例のシードコンペ「ディステニーワールド」を開催中のPOON氏からも途中画像が送られてきました!
既に先日お伝えしましたように完成品も徐々に仕上がりつつあり、兄さんも少し伸びた1月の締め切りを楽しみにしている!!非常に気合のこもった完成品の数々、期待しております!!
出来れば当日撮影リポができれば兄さんも覗きにいこうと思いますので、シードファンは要注目!


エクシア  ぐっちMAXさんから
kanseie 004
来月、東京に遊びに来られます「ぐっちMAX」君からも画像が届いております!!
よく手の入ったエクシアです、兄さんはももの紫がお気に入り!!(良い色出てるねっ!)
ちなみに兄さんの1/144ガンダムを見たいとの申し出がございましたが、、、、、そうですねぇ、色々な大人の事情で封印していたのですが、その内UPしてみようと思いますのでお楽しみに!


キュベレイ  カイン君から
P1010001.jpg
えぇ~~、前回のウチで上げた画像があまりにもアレだったので、カイン君本人が撮影してその可動範囲の凄さをまざまざと見せ付けてくれました!!
やすり使いや塗装も勿論だが本当に素晴らしい可動です、ちなみに兄さんは可動よりもこれが上品なグレイで仕上げられているのに驚いてしまったんですが、、、、、、
(普通に白く見えるんですが、実は超薄いグレーなんです!!)



デスイン  COSMOさんから
COSMO1.jpg
COSMO2.jpg
危ねぇ~!!危うく掲載し忘れるとこだったじぇい!!
COSMO君の最新作、デステニーインパルスです!実はけっこう前に画像いただいていたんですが掲載が遅くなり恐縮っす、最近ほんとに投稿が増えつつありボケてるばあいではありません!
兄さん的には上面画像の2枚目がドッキュンきまして、いかがでしょうか?!
素晴らしい俯瞰(ふかん)で良い景色でしょう??!MSの醍醐味は何をおいても上からの俯瞰が一番素敵だと未だに自負しとります!!


最後になりましたが、、

TOCさん本当におめでとぉ~!

驚愕の画像に皆さん

酔いしれまくってちょ!!


ビグロ   TOCさんから
P1010632.jpg
P1010660.jpg
P1010682.jpg

本当はね、もっと画像もたくさんいただいたのですが、この芸術的作品は彼のHPにて死ぬほどあじわってみてね!!
ちなみに感想ですが、、、、、

死ねばいいのにっ!爆
と、思いました、、、、、
兄さんもいつか他人に模型の感想で言われてみたい至福のひとことですねぇ、、、、、
長い間、編集部預かりで非公開でしたが、いよいよ本邦初公開です!!
何をおいてもともかく見に行って感動してください、兄さんもパンツ5回取替えましたから~!(笑)
本誌ではほとんど見られない素晴らしい画像のオンパレードに硬直するでしょう、、、、

改めまして本当におめでとう!!
兄さんもこれを見てさらに頑張りたいと思いました!!

ほいじゃ~のぉ~!!

そうそう、実はこの他にも「ak」君から量産型サザビーの画像を預かっていたのだが、本人のたっての希望でまだ画像公開は待ってほしいとの話、、、、
優しい兄さんは次号のブログまで待つこととします、、、、
あの「ak」作量産型サザビー、誰もが気になるところでしょう、、、、、ムフフフフ



 | ホーム | 

# 「新MS製作記 その8」

■「新MS製作記 その8」









<肩と肩の付け根の製作状況>

大変長らくお待たせしました!

ご無沙汰してます、兄さんです!!
何度も足しげく通っていただいておられます皆さん、依頼者様お待んたせいたしましたぁ~~!!











DSCN9299.jpg

えぇ~、非常に複雑かつ難解なデザインの肩にかなり苦戦をしいられ、なかなか更新できませんでしたが、とりあえず形になりましたのでご報告させていただきます!!
ともかく、さすが「Mr.kinosita」デザインと言うのでしょうか、どこからどう手をつけていいのか?今回もかなり試行錯誤を繰り返し画像のような感じでまとめてみました、、、、

当初は、「Z Ver1.0」があればなんとかなるだろう?!
くらいに軽く考えておりまして、既存のキット改造からスタートしたのですが、、、、???
全く無理だと!(笑)途中で気がついて、全て破棄して、一からリスタートしたため本当に時間がかかっちまいました、、、、、(マジでアホです、大笑!!無計画すぎたよ!)



それでは、どのようにしてこの複雑怪奇な形状を形にしていったのかを解説してみようと思う!













■肩付け根

DSCN9281.jpg

イラストで見る限り、、、、、
物凄くやっかいな箇所で、MSの常識的見解からもっともハズレまくっている箇所、、、、(涙、)
通常、MSのディテールは「必ず装甲の隙間もしくは穴の中」と言うのが従来の考え方だったのですが?さすがKINOSITAデザインです!!

内部のディテが外装の装甲に一部「のっかっちゃってるのよ!」(マジやめてほしい、、、大粒涙)
しかもだ!!
非常に極小のパーツが、、、、実は見てみぬフリしようとしたが、いつものアンポンタンな触覚がこんなおいしいディテを見逃すハズもなく、きっちりとプラ板工作させていただきましたとさ、、、、

書いてる意味がビギナーには分かりにくいとは思うが、通常の組み立て工程で、このように外側にディテが飛び出していて、かつそれが外装甲にぴったりはまるように作るには、F-1ギャルと楽しくお食事するぐらい難易度が高い工作なのよ、、、、
(マジではまらねぇ、はまらねぇ、、、大笑!)




ところで、今日は難しい工作のオンパレードになるので、ビギナー諸氏には、兄さんから特別に大切な基本工作をプレゼントしておきましょう!!













<兄さんのワンポイントレッスン!>

■丸棒と半円板の切り方!(期末テストに出るぞ!要注意)

 えぇ~、今回のように非常に細かいパーツで「その後のやすりがけ」が大変しずらいパーツを切り出す際、できるだけ「水平」に「垂直」にカットしておきたいですよねぇ??!
これが。通常の平板のプラ棒なら、慣れでなんとかなるのですが、丸や半丸の場合だとそうはいかない、、、、
では、どうやって正確に同じサイズで垂直に切断していくか?!

コレをみてちょ!

DSCN9278.jpg

はい、分かりましたか??
切りたいプラ棒の「高さ」と同じ厚みのプラ板を切りたいパーツの両側からぴったり合わせて、その上からプラ板でその2枚を瞬着で固めてしまい、中で切りたいパーツをスライドさせて切ります!
いわゆる「ジグ」を製作するのね!

ちなみに3枚のプラ板で簡単にできるんですが、瞬着で固めた後、パーツのせり出る口の方は、綺麗に精度を出してやするのをお忘れなく!!
この「ジグ」があれば、どなたでも簡単に綺麗にたくさんパーツが量産できます!!
勿論、「ジグ」は出番が終わってもとっておいて、また何かのパーツ作りの時まで保存しておいてちょ!
(たくさんジグを作っておいてタッパー保存しておけば、いつも困らないよ!)













ほんじゃ、「肩の工作」にもどるですよ!




ついに出た!!F-1パーツ!!

(ここかっ!ここなのか?!ここで使うための買い物でした、、、ウフ)

DSCN9282.jpg

以前、今回の「ワイヴァーン」用のパーツ取りにと書いてレベルの「2007フェラーリF-1」を兄さんが大枚はたいて購入したのを覚えておいででしょうか?!
そう、肩の一番基盤となるセンターの外周用に、あの時のF-1のモノを使用しています!
(灰色のパーツがそうなっ!)

円の外周、二段になってるのがドンピシャだったんですよ~!(ルンッ!)
そのホイールに胴体との接続箇所をポリパーツを埋め込んで、プラ板で囲い肩付け根とします!
中側の茶色いパーツは、何かの装甲車の転輪でごじゃります!!







DSCN9295.jpg

そんで、それにさらに装甲がかぶる「内部フレーム」を作り足していきますが、ついでなので二の腕をはめる部分も肩軸同様、ポリパーツを埋め込み製作しておきます!!
(ようやくこれで、内部フレームの準備完了!!)







さて、奥さん!!

好例の本番はここからよ!









<変則箱組みの装甲製作!>

DSCN9291.jpg

もうね、はてしなく難解な形状の箱組みです、、、、(涙)
しかも大きさがわりに小さく、細かいクランクもあってシンドイ作業です、、、、
ディテの「長丸」の部位はカッターとピンバイスで開口してあります、、、







DSCN9292.jpg

さらにこれでもかぁ~っつうくらい、訳わかめな形状の箱組みが続きます、、、、
(この辺で兄さんもだいぶへばった、、、、正直、超作りにくい、、、)
毎度書くことだが、画像でご覧いただいているのは、あくまでも成功した一例にすぎず、借り組みを何十回と繰り返してたどりついたパーツのひとつにすぎません、、、、
その間、死亡したパーツもたくさん出ました(ナムー、、、汗)







DSCN9294.jpg

とどめの、変則クランクパーツ4連です!!
この手の変則形状のクランクを4枚ぴったり綺麗に揃えるのは、さすがに厳しい作業でした、、、
何分、肩フレーム内部にさらにディテールがくわわり、ソイツが外装とからんでるため、本当にタチが悪い!!
(それでも複製に頼りたくない兄さんの意地の見せ所!バカですねぇ~!)
一体どうしたらこんなキ●ガイじみたデザインが生まれてくるんでしょうか?!
(モーターヘッドじゃないんだから勘弁して欲しい、、、大粒涙)















■完成した肩パーツ

DSCN9298.jpg

●左端:一部装甲をはずした状態
●中央:完成形
●右端:比較用サンプル「Z Ver1.0の肩」

いかがでしょうか?!
(自分的にはかなり頑張ったつもりだったりするんですが、、、、汗)
ともかく、こうして途中画像や完成画像があれば簡単な話なのですが、あの難解なイラストを細かく分解して3Dで見栄え良く製作するのは本当に難しい作業でございました、、、、
まぁ、そこそこはかっちいいんでなかろうか?と、首をひねりつつ、下側に着く腕の方もせこせこと製作するですよ!

それにしても、内部フレームと外部装甲との絶妙なクリアランスの計算は、毎度の事、手に汗握る緊迫感がたまらない、、、、苦しいんだけど、楽しい!そして山積する反省点が、コレみんなモデリングの醍醐味だったりするわけなんですねぇ、、、、

それでは、最後に正面から、、、、
(あ!顔パーツが少しずれちゃってる、、まっいっか!エヘッ)
DSCN9301.jpg
(こりゃ~もう、妖怪だな?大笑!)








yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy







さてさて、皆さん、、、、、
ちょっとお早い「忘年会」へお出かけしてきました!!
(いやぁ~!本当に楽しかったぞい!!)

で、好例の気になる作品群なのであるが、、、、、、、、、、、、







キュベレイ  1/144 カイン作

DSCN9290.jpg

兄さんとこの完成品のほとんどのデカールをてがけるHJライターカイン君作のキュベレイです!
さすがカイン!胸部が3分割されており(スプリング接続)非常に可動範囲が広い、ほとんどのアクションポーズを難なくこなす、優れた工作センスが光る彼らしい作品でした、、、、
(後ろに変なコマンタレブーなロボットが写ってるが気にしないでちょ!)





パワGM  1/100 カイン作

DSCN9289.jpg

いやぁ~!デカイッ!!(いや、奥さんそっちでなく、、、汗汗)
ともかく、パワGM本体の工作もさすがだが、手にしてる重火器のデカイことデカイこと!
ザンジバル級の戦艦でも楽勝でおとせるほどデカイ重火器のスクラッチョは圧巻でした!!
ほとんどバスターランチャーだよ(大笑!)ほんとカインは、あいかわらずの武器マニアでした、、
(後ろに変なコマンタレブーなロボットが写ってるが気にしないでちょ!)








トラッド11  1/144 marcyanさん

DSCN9285.jpg
この日、はじめてお会いした
「marcyan」の作品、びびったのは背面上部にテントをまるめたようなディテがあり、「ウ~ンゆわえてる金具が少し大きいなぁ」と、思ってたら、そのバンドをハズしてホロにして運転席の「日よけ」を見せてくれました!!(やるなぁ~!!)
こういうアイディア大好きでして、ザブングルの世界観を凄く大切にしてるのが伝わりました!!
(後ろに変なコマンタレブーなロボットが写ってるが気にしないでちょ!)










フラッグファイター 1/144 百太郎

DSCN9284.jpg

百ちゃんのフラッグファイター!!
凄く小さくてキャシャなデザインなのだが、全ての製面がピシッとしてて、とてもかっこいい!!
細かい部分のデカルのデザインが秀逸で、彼のセンスの高さが伺える、、、、
(後ろに変なコマンタレブーなロボットが写ってるが気にしないでちょ!)











■イフリート  1/100 上原みゆき

DSCN9283.jpg

ザクF2からの改修によるセミスクラッチビルド、さすが天下の上原みゆきである!!
見事に上原テイストに仕上がっており、今回も兄さんの欲しい欲しいクレクレタコラ攻撃にさらされておりました(笑)上原君は兄さんにキットはくれるのだが、完成品は絶対にくれない、、、、、
いつか、彼の心が溶けてくれるのを兄さんは待っている、、、、、(ホホホホホホ)
(後ろに変なコマンタレブーなロボットが写ってるが気にしないでちょ)













グフイグナイテッド  1/100 タカさん

DSCN9287.jpg

タカさんの製作途中のグフイナですが、一体何機のMSがミックスビルドされてるの?っちゅうぐらいにたくさんのMSが合体しておりましたが、パーツの辻褄あわせが大変でしょうねぇ、、、、
早く完成が待たれる1機です、、、、、
ちなみにこのグフイナはPOONさん主催の「ディステニーワールド」と言うコンペに出撃予定だそうだがコンペ繋がりでもう1機掲載しておきます!!










ディスガン  1/100 kotasuke

DESU2.jpg

これは、我が「チバしぼり」の会のkotasuke君が製作したディスガンなのですが、先ほども書いたPOONさん主催の「ディステニーワールド」にて詳細がご覧になれますので、ぜひリンクから遊びに行ってみてくださいっ!素晴らしい完成品がたくさんあるかと思います!!
(俺も出たかったよぉ~!涙、、、)






以上、飲み会で散見した模型をいくつか掲載させていただきました、ページ要領の問題で掲載できなかった皆さんはごめんよぉ~!!今週は投稿もたくさんあり、ご理解いただけますと助かります!!
少し早いですが忘年会も終わり、これで作業に集中していこうかと思ってます、いいかげん「ワイヴァーン」も塗りたいですしねぇ~!期待されてないかもしれませんが、そこそこかっちょいいのが出来上がると思いますので、完成時にはぜひっ、遊びに来てちょ!!







それでは、好例になりましたが、、、

締めの投稿画像、今週は3連発!!


(ゆだれジュルジュルでご覧下さい!!す、素晴らしいぃ~!)










Ver,Kaガンダム  1/100 YASUEさん

DSC01085.jpg="0" />

いやぁ~!!
既にご覧になった方も大勢いるかと思いますが、掲載が遅くなりすいません、、、、
YASUEオリジンのカトガンでございます!!
独自解釈により、非常にオリジナリティーがあり、兄さん的にはアレックスと78-2ガンダムの中間ぐらいのイメージに見えまして、凄く新鮮でしたっ!!背面が特にボリューミィーで私好み!
まだご覧になっていない方は、ぜひHPギャラリーへ急げっ!!












ズゴック  1/100 YUYUさん

IMG_19671.jpg

非常に細部ディテに拘って現代風のアレンジが加えられたYUYU氏のシャア専用ズゴックです!
塗りも凄く丁寧で深みのアルワインレッドが大人のモデリングっぽくて良い!
凄く残念なのが、写真の構図で僕なら縦フレームで撮影したかなぁ?!横フレームだと画像がいまいち小さくて迫力にすこしかけちゃうんじゃないかなぁ?!完成乙です!!












サザビー  1/144  SADAさん

2.jpg

ひさびさに震えたよ、、、、、
「キタァ~!!」って感じ!もうね、なにをか言わんや!
絶句させられましたよ、、、、、、失神するぐいらいの衝撃感、、、、

さすが職人SADAって感じが随所に見られ僕ごときが解説するなんておこがましくさえ思いました!
時間があろうがなかろうが、ともかくギャラリーにダッシュするのをお勧めいたします!!
(貴重な画像をありがとうございました!製作本当にお疲れ様!)

いかがでしたでしょうか?!
やはり、素晴らしい作品を拝見させていただきますと本当に模型をやっててよかった実感できます!
投稿された皆さん本当にありがとうございました~!!









それでは次回の「プルプル日記」でまたお会いいたしましょう!!

ほいじゃぁ~のぉ~!!









 | ホーム | 

# 簡単ウェザリング講座!!

■簡単ウェザリング講座

 どもん!ようやく更新でけたよ~!
あんまし放置してるとマジでコメがシャレにならない件数になりかねないので、慌てて更新したりなんだりして、、、フホホホホホオホホホホ!!

さて、本当はもう少し早く更新する予定でしたが、今回紹介するアクリル塗料がなにげにやっかいで、少し時間が掛かっちまった、、、後で詳しくビギナーの方にも分かるように解説してみようと思いますが、まずは兄さんの近況から、、、、、、、

去る11月1日(土)に、千葉G.P.Mとウチの同好会「千葉しぼり」のメンツ総勢8名にてミーティングが行われました、、、まぁ、ミーティングとは名ばかりの「兄さんのアトリエ」見学会みたいな感じで、ウチのオンボロ小屋にむさくるしい野郎共が7人もきやがりました!!(笑!)
勿論、今回も素晴らしくいかがわしい作品が集結!!後半にてそのヒワイな作品群も紹介させていただこうと思います、、、、、、、、

その前に、、、、、、、、
突然兄さんのクイズコーナー!!


コレは何でしょうか?
DSCN9270.jpg
 今、とっさに「新宿サブナード<地下街な>」のマップだと思ったそこの貴方!!するどい!!
(350ポイントあげときましょう!!ニヤリ!)
そうね、一見すると何かのマップに見えるのだが、、、、
ややもすると、東京ベイエリアの一区画にも見えなくも無い、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、
まぁ、後でおせ~るから、慌てないでのんびりいきましょう!!

★必見!兄さんの教える簡単汚し法!!
以前から読んでる方は、分かるかと思うが、、、、
ココ最近、兄さんの趣味は「訪問者記録」を見ながら、ご訪問いただきました皆さんのブログをそれぞれ吟味しながら読む事なのですが、最近ご訪問いただきました方に「あにさん」と言う方がおられ、僕の大好きなウェザリングの講義をブログでされておられましたので、読ませていただき、勉強させていただきました!!
で、僕の覚えた技法を初心者の皆様方にも分かりやすく、解説してみようと思います、、、、
(注:あにさんと言う方はHJのボトムズ選手権で入賞された凄腕のモデラーさんです!)
まず、今回は、あの「スカル」君を使って、できるだけ簡単に簡略した方法論をお伝えしていこうと思うのですが、先に言っておきます!!

●用意する物
アクリル塗料(アクリルガッシュ1本) 色は好きなの選んでちょ!
アクリル溶剤<兄さんは安かったのでガイアノーツの小ボトルを使用してます!
エナメル塗料 3色 フラットブラック、ダークイエロー、ブラウン
瞬着&SSPHGの粉(ベビーパウダーでも可)
麺棒とつまようじを少々

たったこれだけです!!
ほんで、たぶんビギナーの方は「アクリルガッシュ」を知らないと思うので、付記しておくが、画材屋さんにいけば大抵簡単に手に入る塗料です、値段も300円前後でラッカー系の上に塗れる水性のアクリル塗料だと思ってください!!

コレな!
DSCN9276.jpg

そいで、まず前回のブログを読んでない人に一応言っておきます、、、、
えぇ~、いきなりはちょい難しいので、読んで試したい人は、まずいらないパーツを「焼鉄色」に塗って準備しといてくださいねっ!!(Mrカラーの61番ね!)
そしたら、まずチューブからネリネリと2センチくらいアクリルガッシュを出して、約10倍くらいに薄めながらいらない空き瓶の中でかくはん(混ぜる事よ)してみましょう!!
ほんで、準備ができたら、下塗りして用意した試験用パーツに吹いてみてください!!
(3回くらいで色が発色すれば、調合がOKな感じ、あんま薄くても駄目ですよ、チョイ濃い目ね!)
10分ほどで乾くと思います、、、、
そしたら、麺棒に少し水を含ませて、エッジを軽くこすってみてください!!
簡単に色がはがれるかと思います、そしたら「ようじ」でその周りをひっかいてみましょう!!
実にリアルな「はがれ」が再現できてるかと思います!!

こんな感じでOKよ!
DSCN9274.jpg
<ちなみにコレ、スカラ君の肩のとこです>

さて、あんまりペリペリして遊んでてもしょうがないので、少しあそんで感覚を覚えたら次のステップに進みましょうか、、、、、、、、
ペリペリ加工が終わったら、皮膜を安定させるため、上からアクリルクリアーを吹きます!!
乾燥したら、念のためその上から薄くラッカー系のフラットクリアーをかけて出来上がり!

注意:最後の「ラッカー系フラットクリアー」を吹く時は、薄く少しずつのせていかないと、下のアクリル層を簡単に侵食しておかしちゃうので、あせらずゆっくり丁寧に吹きましょう!!
(なんっせクリアー層の2度吹きなので、乾燥時間に手間取りブログ更新が遅れたわけさぁ!)


今日の本番はここから!
奥さんこれで貴方も
ウェザリングマスター!




まず、見本を見てちょ!
DSCN9273.jpg
もう出欠大サービスで、超拡大画像で載せているので、じっくり見てちょうだい!!
言わなくても分かるだろうが、「スカル君」の胸と腰の部分の拡大写真です、、、、、、、、
(コンペ用なので全部は見せられないのであしからず!!)
ほんで、今日お勉強するのは「錆び」についてです、、、、、

現在は「さびるんです」と言う、特殊な溶剤が模型店でも入手できますが、あれは本当に錆びさせてしまう溶剤なので、手軽ではあるが、「塗装の上達」と言う観点からは、非常に遠くなってしまいます!
で、少し専門的なお話をしますが、めんどうがらずしっかり読んで覚えてしまいましょう!!
まず、サビはおおまかに分けて2種存在します、、、、
「新しいサビ」と「古いサビ」に大別しておきましょうか(あんまり細かいと覚えられないでしょ?)
分かりやすく言うと、新しいサビは厚みが無く、表面を腐食しているもの、、、、
「古いサビ」は、流れて溜まったみずたまりのようなもので厚みがある、、、、
(分かる?、、、、)

ちょっと図を見てちょ!

SABI.jpg

オレンジで囲った部位が今回お勉強する「サビ」です!
まず、「Aエリア」が錆びて雨などによって、Bの皮膜が破れた外周を流れて、「Cエリア」に溜まっていきます、これが基本的なサビの状態(一般的にもっとも多い種類)
本来、鉄サビは、塗装の皮膜が破れたその内側を流れて下にたまり、その経路にサビの「流れ」が発生します、なので、模型の表現では「溜まった古いサビ」と「流れてまだらになったサビ」の2種が表現できれば十分だと考えます、、、、、

で、どのようにしてその「状態」を表現するか?ですが、、、、、
具体的には、模型での表現でもっともポピュラーなのが「ブラウン」によるサビの表現にフラットブラックをあわせる事で、それを表現していきます、、、、、
分かりにくい人は、古い小学校とかにある「焼却炉」の鉄の扉とかを思い出してみると、「あぁそういえば、、、」と分かるかと思います!!

まず、AエリアとCエリアの溜まりサビの表現から、、、、
これは凄く簡単!瞬着を適当に乗せ、その上からSSP-HGの粉をまぶすと、錆びた微妙なふくらみが表現できます、SSP-HGを持ってない人は、瞬着をたらした上からいらないプラ板をやすりで引いて「やすりこな」をかけてあげても同様の効果があります!!
(ベビーパウダーをまいても可です!マグネシウムを含んでいるので完全フラットになります!)
次に、サビエリア全体に平筆で「濃い目のブラウン」を塗布、乾いたら細筆でAエリアにフラットブラックを点置きしてみてください、この時状態は「斑点模様」のような感じでOKです、できるだけ小さい点で描くのがコツ!
そしたら、エナメルの薄め液を少したっぷりめに平筆にのせ、軽く上から叩いてみてください!!
(本当に軽く叩きます、黒い斑点が消えないように、黒が溶けて流れればOK!!)

こんな感じに仕上がると思う!
★色目をよぉく見てちょうだい!
薄い茶=新しめのサビ、サラッとしていて薄手、、、
濃い茶=古めのサビでざらつき感があり厚手、、、、
DSCN9275.jpg
それと重要なのが、「ダークイエロー」、錆びた「ブラウン」とボディーカラー(今回は白)の間を上手く緩和してくれる「中継」の役目を果たしてくれます、錆びた部位のすぐ近辺に筆でやさしく置き、エナメル溶剤を付けた麺棒などでたたきながら、すこ~しだけ残るようにふきとると、画像のような感じに仕上がります!!
今回は、ほとんどが筆による作業なので、めんどくさそうなのであるが、使用してる色はたったの3色なので、お手軽にサビを表現できるかと思います、、、、
僕の製作してる「スカラ」君はボトムズより少し大きいくらいのスケールなので、今回は粗悪な材質のロボットと言う解釈で、思い切りウェザリングしてありますが、皆さんもガンダムなら35シリーズのジープやワッパとかにこういう遊びを入れてみてはいかがでしょうか?!
1/35ザクヘッドなんかかなりおもいろいでしょうねぇ~!
(ウェザリング凄くおもしろいですよぉ~!!今度試してみてちょ!)

と、言ったわけで兄さんの簡単ウェザリング講座<サビ編>でした、今度泥んこや迷彩のドライブラシなんかも講座する機会があれば書いてみようかなぁ、、、とか思います!
僕もあまり上手い方ではないですが、こういうのは楽しんでなんぼなので、皆さんも綺麗な模型も良いですが、年に1作くらい汚してみても楽しいですよぉ~!!

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

ジャ~ン!!
<本日の頂き物紹介>
兄さんの一番古い友人「北海の職人」こと「A'kkiy」氏からお預かりしました、「カールゴッチ」君の画像でおます、、、
korugacchi021.jpg
しかし、あいかわらず上手いっ!!
往年のキットとは思えない見事な美麗さ!間接部位の新造が実に見事に今風な感じで、とても80年代のアニメのキャラには見えない、、、、知らない人が大半だと思うが、「ゴッドマーズ」と言うアニメの敵キャラでごぜぇます、現在の模型技術によって匠に現代に蘇りました!!
A’kkiyはある意味「ゾンビ職人」とも言える、、、
古いプラモを見て、「あぁこんな物だったかぁ」と、哀愁にひたるもよし!
「今の自分なら、あの頃できなかった事をしてやろう」と、思うのもよしっ!!
自分の過去と現在をつなぐ、アンチテーゼとなる旧キット製作、もし貴方なら濃厚な趣味の模型の時間をかように過ごされるでしょうか??

「過去は、今見れるからより一層輝くのである!!」

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy


■我が家にモデラー襲来!?

冒頭お伝えしましたが、なんと我が家に7人ものモデラーが襲来いたしました!!
さすがに、俺入れて8人なので、アトリエも超狭く感じたわよっ!(プルッ)

本日ご紹介の参加メンバー
 上原みゆき、濱薫(はまかおる)、タクボッチ、ガルマ、ダイモン、寝太郎、紅緒、以上7名

まぁ、皆さん素晴らしい作品を持ってきてくれました!!
ちなみに、この日は兄さんのパソコンの寿命を心配して寝太郎が外付けのハードディスク(1.0TB)を取り付けてインストールしてくれました!(会長あざっ~したっ!!ペコリン!)
以前、MSVコンペのデータを消失する不手際がございましたので、今度こそは気をつけなければ!と兄さんも相変わらずPC音痴なのですが、きばりましたっ!!

で、見せてもらった作品ですが、、、、、、、、、、、、、、
あんまし参考にならないかも?!しれない?、、、、、、、
、、、、、、、、けど、、、、、、こんな楽しい模型を皆さんもお楽しみください!!
(なにせ、趣旨がよく分からない作品が多いのがウチラの特徴なのよ!爆!!)

●アッガイかな? 1/100 ガルマ作
DSCN9262.jpg
感想が書けない、、、、、、、、、
ウ~~ン、、、個人的には好きっ!
路線的には「上原みゆき系」なのであるが、、、エヴァのカラーが頭のデカルと腕の再生だけっちゅうのも安易すぎるっ!(笑)できれんば、もう少しエヴァパーツとアッガイのシンクロ率が上がると好ましいのだが、、、、、(いや、出来ない人には言わないから俺!大笑!!)
あ!見えないがコクピットにはゲンゾウイカリが搭乗してるのよ、、、、ウホホホホホ


●アッガイらしき物 1/100 濱薫
(または、アッガイだった物’と、言うらしい????)
DSCN9267.jpg
ん~~~~~~~~~~~~~????
っつうか、確かにアッガイだと言われればアッガイなんだが、、、、、、
もう、ほんと濱薫の作品はコメントに困る、、、、(笑!)
実にたくみにモデファイされすぎてて、ケチがつけにくい、言い換えれば、完成度の高い「おふざけ」なので、付き合うこっちも非常に大変である、シビアな話、好き嫌いがかなり出そうなのだが、僕は凄く好きなのね、、、、だってタイトルが「アッガイだった物」ですから、、、、
ミキシングビルドの天才、いや、異才だね!!お見事!!


●フラッグ<青> 1/100 タクボッチ
DSCN9265.jpg

●フラッグ<赤> 1/100 ガルマ
DSCN9264.jpg

 はい、2色のフラッグファイターをご覧いただいております、、、、、、、、、
どちらも「電撃」に掲載されたのでご覧になった方も多いかと思いますが、タクボッチは現在電撃のライターなので、他の作品も誌上で知ってる人がいるかと思う、来月号のネタを現在全力で頑張っているらしいので(何かは知らんが?!)、次号に乞うご期待!!
ガルマ君の赤いフラッグは塗装が美しく、手にしてる武器に張られた幾何学模様のフィルムが斬新!
どちらにしても、2人とも素晴らしいモデラーです!!
今後のさらなる活躍に期待していますよ!皆さんも応援してあげてちょ!!
(特に来月号のタクボ君の作例は、要注目らしい!笑!!)


●AFS 1/20 濱薫
DSCN9263.jpg
 これは、マシーネンのプラモなのだが、さすが濱薫!!
兄さんは、濱君のフュギアの大ファンなのだが、油絵の具で塗ったような彼の彩色のきめ細かさが大好きなのである!おしむらくはパワードスーツにもう少しエグイウェザリングが見たかったかな??
なんにしても、以前もお伝えしたが、濱君は元々モンスターやクリーチャーなどの原型が得意なフュギアモデラーなので、この手の塗りは18番(オハコ)なのでしょうが、それにしても本当にこの搭乗員の塗りにはまいった、、、、、うまいなぁ、、、、

で、皆さん
冒頭のクイズ?
まだ覚えてる??


そう、実は、あの「はごいた」のような地図は、さいさんお伝えしている濱薫のライフワーク「ジオ」の背びれでしたぁ~!!正解者の中から抽選で、兄さんの「五・七・五」をひとつ送らせていただきます!
(はい、ウソですが何か??)

●その後のジオの「背びれ」
DSCN9270.jpg
DSCN9271.jpg
「魂」入ってますねぇ~~!!
っつうか、世間ではこういうの「病人」と言います、、、、、
いやぁ~!アホですなぁ、、、、、、、
ちなみに、この「はごいた」とてつもなくでかいのよ!コレが!
いやぁ、馬鹿ちんも休み休みやって欲しいもんですなぁ~!!
真冬に「熱中症」になっちゃ、かなわんすからねぇ、ウン!

彼はどこに行こうとしてるんだ???

まぁ、いっかほっときましょう!!

それでは好例のドデカ画像、今週はコイツだっ!!

DSCN9269.jpg

みんな、楽しんでいただけましたでしょうか??
次回も兄さんの楽しいプルプル日記でお会いいたしましょう!!

ほいじゃ~のぉ~!!

PS:ごめん、今回はプルプルトピックスはお休み!
あと、8日の飲み会に参加する方は、もういないでしょうか?そろそろ締め切るよ~~ん!!

 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ