このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# 「神様の宴(うたげ)」

「神様の宴(うたげ)」

 こんにちは!
皆さん、昨日までのほがらかな日差しとはうって変わって、今日からまた雨の日々が始まります、、、
さて、昨日2月22日は楽しみにしていたパチンコのイベントを泣く泣くあきらめ、目下準備中の「SF3D」コンペの準備にいそしんでおりました、、、、、、、、

fire2.jpg

まぁ、簡単に説明すると、、、、、
以前から無理矢理頼んでいた、ウエハラセンセの「ドクロザク」原型が出来上がりまして、それの複製作業をするべく、バンダイ系の原型や電撃のお仕事でお馴染みの超ハイパー原型師「柳生慶太」の自宅を強襲し、これまたクソ忙しいスケジュールに割り込んで、複製していただきました、、、、

<画像が切れている場合、画像をクリックしてちょ!>

公開!ドクロザク
AZ-12.jpg
<★注意:プレゼントはあくまで改造用パーツのみよ!>
いかがでしょうか?!
え?「欲しい?!」
ウンウン、分かります!!兄さんも死ぬほど欲しいですからねぇ~~!!
このドクロザク製作用の「頭部パーツ」「胸部パーツ」「大型オノ」の3つの改パをセットにして、超ラッキーな当選者様にお送りさせていただきます!!
(信じられないでしょ?!限定1名だけど確実に誰かはコレもらえちゃうのよ!!興奮でしょ?!)

ほんで、今日の本題なんだけど、、、、
昨日もウエハラセンセや柳生君と話してて出た話題なんですが、、、、、
やはり、「神様」は本当にいるよねっ!っちゅう話です!!

まぁ、ぶっちゃけ柳生もウエハラも僕ら庶民から見れば既に「神クラス」なんですが、世の中にはとんでもない怪物がいぱ~いいる!!っちゅう事で、今日はケチケチしないで全て大型画像で兄さんが見た神様タチを皆さんにお送りしてみようと思います!!

え?
「お前のアッガイはどうしたんだ?!」
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
、、、、、、、、、、、
はい、アッガイの記事を公開するにあたり、これら今日紹介する神様達の作品を見て、今一度気持ちを引き締めるために、あえて自分に「超ダメ出し」をぶっかましてみたんで、もうちょっとだけ待っててください、、、、、
僕もまだまだ勉強中の身分なので、こういう素晴らしい作品達から自分なりに吸収した何かをプラスアルファーして皆さんに公開したく、現在鋭意製作中です!っつうか「作り直し?」みたいな、、、、
だって兄さん、我慢できない性格なんで、、、、ゆるちてね、、、プフッ!)

まず、神様達には2種類いるのをビギナーの皆さんは覚えておくといいでしょう!!
いわゆる、アナログ系とデジタル系に大きく2分されているんですが、アナログ系と言うのはキャドやイラストレーター等を用いない、頭の中で製作物を組み上げて立体化する種族です、、、、
そしてもう一方のデジタル系とは?
キャドやイラストレーターを使用し、3面図等からそのキャラの「味」を追跡していき、図面からプラ板を切り出して、それを形状化したりするPC主体の種族に分類されます、、、、
もっとも、デジタル派のモデラー達も無論アナログな作業部分が大方なのですが、兄さんから見たらPCを使用してプラ板やマスキングシートを切り出していくその手法は、非常に高度に感じてしまうのが正直なトコです、、、、
だって、文字で書くと簡単だが、3Dの絵を3面図化するだけでもかなり労力とセンスが問われますからねぇ?!

バンダイのキットなんか良い例で、昨今キット水準がいちじるしく上がったのは、元図面を引いてるキャドを書く素晴らしいセンスのデザイナーの獲得に成功してるからに他ならない、、、、、
旧態然とした昭和のキットとは比較にならないでしょ?!
そういう意味で出来るキャドを書かれる人間の「絵心」には超絶な才能とセンスを感じずにはいられないですよ、、、、、

あ!また脱線オヤジだ、、、

ともかく、今日のタイトル「神様の宴」、、、、、、、、
とっぷりと楽しんでください!!
良い作品を見て凹むのはいいけど、端の端までとっぷりと見て研究しつくして欲しい、、、、
(しかも全部超サービスの大型画像だよ!)

宮崎さんのザク
AZ-01.jpg
兄さんトコは毎日たくさんの方々が見に来られるんですが、、、、、、
ある日、夜中の作業の休み時間に訪問者記録から遊びに行ったAFVモデラーさんのページで見つけたの、超ぶっとびの「ザク」がある!、質感は勿論だが重量さえ感じられる金属感、まさに模型の醍醐味を再認識させてくれる脅威の技術力である、、、、、
宮崎さんと言う方のブログから画像をお借りしてきたんですが、さすがに筋金入りのAFVモデラーさんで、ザクがザクに見えてしまう?!、、、、恐ろしいまでの塗装技術です、、、、
ザクがおもちゃではなくザクに見えるようにするのは、並大抵の事では無いんですねぇ、、、、
これを見て「SF3D」コンペにエントリーされておられる方々に少しでも指針にしていただければとの思いから掲載させていただきました!!
宮崎さんのブログはココです!クリックGOGO!!)



今野さんのガンダム
AZ-03.jpg
はい、これがまたとんでもないヘイズルでして、、、、、、
1/60のフルスクラッチなんですが、その強靭な精神力には北海道の神が宿っているらしい「今野さん」のA.O.Zヘイズルです、ぶっちゃけ誰かがやるだろうとは思ってたけど、その圧倒的な作業量は、そうとうストレスがかかるにもかかわらず、これだけのディテが再現できているのは、驚愕である!!
よく何分の1だから楽なんだ!とか誤って模型をとらえてるビギナーがいるみたいだが、模型に簡単なスケールなんか存在しないのよ、、、、、144には144の100には100のその世界観を重視したスケールっつうのがあって、模型をある意味生かしたり殺したりもする、これも「諸刃の剣」だったりするのね、入れれば良いっつうもんでもないし、無くても変だしね、、、、
このヘイズルはそういう観点から見ていただいても納得のクオリティーを見せてくれます!!
しかし、ウチの濱やTOCさんもヤバイけど今野さんのコレ、、、、、ヤバイっすわぁ(大笑!!)
今野さんのブログはココだよ!クイックGOGO!!)



takuyaさんのボール
AZ-02.jpg
ウン、勿論尊敬してやまないのは事実なんだが、、、、、、、、、、、
あまりにアレで呆れてモノがいえない脅威のデジタル造形を見せてくれる「takuyaさん」の製作してくれた1/144旧ボール、、、、非常にデリケートな作業の積み重ねにより、とても旧キットだとはにわかには信じがたいこのボール、エンジン部位の作りこみなんか桃色吐息ですわぁ、、、、、
特に今回の工作は、腕部マニピュレーターを限界まで分解して非常に緻密な板貼り作業により、あのMGボールをはるかに凌駕してしまっている、、、、、
もうね既に3人も紹介してるけど、神様っていったい何人いるのよ?!っつう話だよねっ!?
こういう方々の作品がはなつ光はホント凄く良い刺激になります!!
皆さんのお宅の押入れに眠ってる旧ガンプラのキット達も今か?今か?と出番を待ってるハズ!!
暖かい春が来たら今度箱を開けてみてあげてください!
「鋼の魂」があればそこにきっと神様が降りてくると思いますよ、、、、、、、、、
takuyaさんのブログはココだよ!クリックGOGO!!)


いかがでしたでしょうか?!
え?
まだ足りない?!そうでしょうそうでしょう~!(笑)
もっと見たいでしょ?!ついでなので、超絶原型師の「柳生慶太」のお宅訪問記も見てちょうだい!
原型製作をおよそ1週間で1体こなすその技巧の秘密が少し分かるかもよ?!
(俺は一生分んないけどな!笑!!いや、分かりたくねぇ~!爆!!)

日曜日、ウエハラセンセのザクをピーコすべく、千葉の某マンション一室にある柳生君の工房にお邪魔してきました、そして最新のデジタルモデリングを駆使した彼の造形テクや真空整形機による、複製技術も教えてもらってきたよ!!
ちなみに遊びに行ったら現在抱えてる案件が5本あるそうで、今月中に某B社の原型の納品があるとかで、笑ってました!!(普通笑えない状況なんだけど、、

見てきた作品郡
カトガン>
AZ-06.jpg
(あ!指紋つけちった俺!テヘヘヘヘヘヘ!!許せ柳生!)
え?
今、たいしたことねぇ?
とか、思っちゃった?

そうだよねぇ?!一見すると全然たいしたことないように見えるでしょ?!
普通はこの画像見て判別はつかないかと思います、、、、、
実は、この作品はまだMGカトガンが発売される前にHJ300号記念の作例として、柳生君が製作したモノです!!一瞬スクラッチと言うよりも既存のキットに見えるかと思います、、、、、
MGカトガンが見本市で発表された際、この完成品が展示されていたため、てっきりこのまま発売されると勘違いされた方が多かったと思います!!
実際どの位違うのか?
AAA-01.jpg
分かりますでしょうか?
比較用のMGカトガンが無かったので普通のMGガンダムと比較してあるんですが、胸部と頭部の大きさが二回りくらい小さいでしょ?!僕は柳生作の方が断然好みなんですが、ご覧になってみていかがでしょうか?!実物見ないと伝わりにくいかもしれないけど柳生作の方は凄く自然なパースがついててかっちょよかったです、同伴してた「千葉しぼり」のメンツは一応に「ほぉ~~」と声上げてたけどね(笑)


エルガイムMk-Ⅱ>
AZ-04.jpg
以前だったかなぁ、書いたと思うけど、、、、、、、、、
いわずと知れたHJ別冊の「エルガイム3Dビジュアルブック」の表紙にもなったやつです、、、、、、、
コレ欲しいんだけど頼んでもくれないんですよ柳生君が、、、、、、(欲しいでしょ?笑)
この完成度はやはり今見てもパーペキでMAX渡辺御大にも絶賛されただけある!!
(ちなみにまこちゃんにも頂戴攻撃されたらしい!笑)


ガイラム>
AZ-08.jpg
カトガンと同時掲載になったガイラム1/144も見せてくれました!!
そう、あの伝説のHJ企画「300号記念」に掲載されてた「ガイラム」です!
今では当たり前ですが、あの当時に既にクリアー装甲を繰り出してたつわもので、モーターヘッドと同様な美しいクリヤー装甲をスクラッチで再現してくれてます、、、、
やっぱ「神の人」ってスタート地点で既に常軌を逸脱してるのかもしれませんねぇ?!
一般素人とはかけ離れた思想がこういうとてつもない発想を生み出してるのでしょう、、、、、、

なんかねぇ、、、、、、、
今日公開してる作品は全て「神がかってる」んだけど、どれひとつとっても珠玉のオンパレードで実際記事書いてて萌えるよなぁ、、、
兄さんもこういう「神の人」になれるよう、日々精進していかないといけません、、、、、、、、
よく思うんだが、、、、

こんな凄い作品を作れる「神の人」に自分はなれないかもしれない?!とか僕も思うの、、、
でも夢は実現するから夢なんじゃなくて、見てる時間が夢なのよ!!

これを読んでてめげちゃうビギナーの人も多いとは思うけど、一緒に良い夢見ましょう!!
僕は、神にはなれないけど夢の道先案内人くらいにはなれるかも?!頑張ります!!

と、とととと、、、、、、、、
また脱線してますが、せっかくなので柳生工房も公開しときましょうか?!
(これシリーズ化しようかなぁ?!次回はNAOKIとか取材してみましょう!!笑)

柳生君の製作デスク>
AZ-09.jpg
一見すると、兄さん達が来訪するので片付けられてたけど、、、、、、、、
実は、もうめちゃくちゃに産卵してました!(え?字が違う?いや、コレで正解!!)
もうね、あるとあらゆる場所に自作のウレタンパーツが産卵してて、模型オタクには宝の山かも?!
でも、たぶん普通の模型やる人間から見たら一般的な机な感じ、、、、、

が、、、、、、、、、、

するでしょう?!

いやいやいやいや、、、、、、
実は、違うのよ!なんと部屋に「真空整形機」が普通においてあるの?!
この機械はビギナーの皆さんに説明しておくと、通常ウレタン複製するには、3つの作業が必要なのね!!
まずは、原型製作、次に型取り、そして型に流し込んで複製、と、言う3つの作業なんですが、通常気泡が入ったり、型作りに2日間かかったりするんだが、この機械があるとそれが5時間弱で出来ちゃうの?!そう、型の整形から流し込んで「脱泡」するまでわずか5時間!!
これが1週間で1体フルスクラッチできちゃう脅威の秘密なの!

噂の真空整形機>
AZ-10.jpg
この中型冷蔵庫みたいなのが「真空」と呼ばれる機械でして見事にばばっちい(笑!)
(業者の人はめんどうなのでシンクウ’と言うらしい、お値段は70~90万前後)
もうね、千葉しぼり一同大興奮状態でして、購入計画を着々と進めております!!
なんせ、原型師ばかりいてもラチがあかないので、できればウチも購入して快適な複製暮らしがしてみたいもんである!!
(快適な複製ぐらし?って、、、、、、意味不明だよな!笑!!)
おかしいのは、メンバーの紅緒に「早く引っ越せよ!」
この機械がおける工房を設立するぞ!っと、むちゃぶりしまくる兄さん、横で微笑む寝太郎会長、プラ板カッティングメカ担当のハタ氏、、、、、、
もし、これを購入できれば「ワンダーフェスティバル」で大活躍間違いなし!!かな?ウ~~ン?


以上、プロ原型師「柳生慶太」宅訪問記でした!!
ちなみに彼異常に忙しいのでアポとる時はスケジュールをちゃんと聞いてからにしてくださいねっ!!
柳生君のブログはココだよ!クリックGOGO!!)


        

 それと、21日(土)には、「千葉G.P.M」の会合がございました!!
今回は、兄さん欠席してしまいましたが、、、、、、、、
ウエハラセンセから貴重な画像をお預かりしていますので、報告させていただきます!!
(ミヨちゃん行けなくてゴメンよぉ!次は行くからねっ!)

それでは、さらに続くハイパー画像の嵐!いってみよう!!

大門君のバルキリー
AZ-14.jpg
最速であの「スーパーバルキリー」を大門君がもってきてくれたっ!!
ゆだれ出ちゃうくらい洗練されたフォルム、直接本人に話を聞いてないのですが恐らくはストレート組だとは思うが、もうね、めちゃくちゃかっこいい!!
さすが、バンダイ!さすがスタジオぬえ!天メカデザイナー「河森正治」バンザイ!!
いやぁ~、痺れるかっこよさじゃあ~りませんかぁ?!
こういう最新キットの完成品もすぐチェックできるのが千葉G.P.Mと言う会合の層の厚さの良いとこです!お近くにお住まいのモデラーの皆さんも一度遊びにきてみてねっ!!
(大門君よく頑張りました!良いじゃないのぉ~!)


ガルマ君のグフ
AZ-11.jpg
おぉ~~!!いよいよグフも仕上げに入ってます!!
千葉軍団の特攻隊長ガルマが見事なマッスブ加減のグフを公開してます!!
実はこれ、ウエハラ君と僕で何回かチェックさせていただいていたんですが、やっちゃってくれましたねぇ~!現在はたぶん難解な盾のスクラッチで右往左往してるとこでしょうが、これも完成したらぜひっ皆さんにご覧いただこうと思いますので、楽しみにしてて欲しい!!
猛一息だから頑張れよ!ガルマ!!


そして
そして、、、、、、
全国の濱薫ファンの皆さん
お待たせいたしました!!


以前チラッとだけ画像で予告してました、濱薫(ハマカオル)のキュベレイがとうとう全貌を露わにいたしました!!
とっておきのハイパーデカ画像でご完納下さい!!
(濱君へ!神が降りたみたいだねぇ、、、感動したよ!!)

濱薫のキュベレイ
AZ-13.jpg
もうね、、、、、、、、、
最後の最後に来て、、、、、、皆さん画像の前でひっくり返ってるでしょう(大笑!!)
ホント、バカも程ほどいい加減にしろ!と言いたくなる濱薫のハマーンをフューチャーリングした超絶キュベレイ!!
今度会ったら首しめてやろうかぁ?!
しかし、ぐだぐだ説明はイランでしょ?もうね、かっこいいよ!濱薫!!
ただ、ここまでの画像をあえて出して次回の「アッガイ」に自らムチを打つ俺様なので、簡単に引けないのよ、、、、、、
 
「漢には負けると
わかってても、行かなければ
いけない時がある!!」



まぁ、次号を待てよ!(大丈夫かよ?俺?!)

ほいじゃ~のぉ~!!


スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 「■千葉ドドンパ」!!

千葉ドドンパ!!

 ども、ご無沙汰です、、、、、、、
はい、今回の記事は前回の告知通り千葉イエローサブマリンの模型コンテストの模様を兄さんの視点でお送りしたいと思います、、、、、が、、、、、、

やっぱ千葉モデラー
凄ぇ~よ~!


作品数は前回よりも少し少なめでしたが、それでもお店のガラスケースを埋め尽くすほどの参加数で末席ながらも兄さんもウエハラ君と一緒に参加させていただきました、、、、
もうね、ココでぐだぐだ駄文書いててもしょうがない、拉致があかないのでさっそく画像をご覧にいただこうと思いますが、毎回言うがあくまでも僕の主観で撮影してきた画像なので順位とは無関係でございます!!
なんせ、順位の発表は全然まだ先ですから、誰が優勝するのか?!は不確定です、、、
ただ、僕とウエハラ君の意見は共通しており、恐らくはコレで間違いないだろう?!って感じの作品は正直ございました、、、、、、、
今回はもったいつけず、その凶悪な優勝候補から紹介しちゃいましょう!!
(普通は最後に紹介するもんだが、あえて一発目に紹介しちゃうよ!!)

ジオ・ング
CD-01.jpg
CD-02.jpg
もうね、、、、、、、
まずはネーミングの「ジオ・ング」にやられちゃいましたよ(大笑!!)
ジオングにジオをかけて、製作も名前通りまさにジオテイストのジオングに仕上げてありました!!
これ技術力も素晴らしいのですが、これぞ「オラザク」風味な発想がキャリアを感じずにはいられないまさにドツボな作品でした!!
それと装甲部位の表現が凄く兄さん好みで、「切り欠いた」装甲ではなく、不要と思われる部位をいさぎよく切り落とした感じが非常にタイトでピーキーなシルエット形成に一役かっており申し分ない迫力をかもしだしておりました!!

ちなみに、たまに見かけるがTV設定ではないこの手の作品を非難するブログ記事を見かけるが、それはそれで個人の主観だから僕も否定はしないが、連続TVアニメのように週単位での製作を決められ、かつ予算内で製作しなければいけないのが理解できていないようですねぇ、、、、
本来ならロボットを軸に描かれるメカ系アニメはもっと設定に懲りたいのが本望なのでしょうが、それでは製作が追いつかないのとアニーメーターが死んでしまうので、いたしかたなく可能な限り単調な線の構成で描かれていくわけです、、、、、
それが「正解」と受け止めるのも理解はできますが、実際に実在してたら?等の発想を織り込んで製作されるこの手の「オラザク」物を頭から非難するもしくは否定するのは、ちょっとアイデンティティーに乏しいような感じがしちゃいますねぇ、、、、
事実、古い作品の「おおじかけ」の際には、たくさんのアニメーターが疲労困窮で何人も入院されてます、有名なトコでは「宇宙戦艦ヤマト」や「超時空要塞マクロス」など、いわゆる「線の多い」メカ系アニメの古い作品は現在と違いCGも無い時代でしたからさぞ大変でしたでしょう(笑)

あらら、また脱線してるし、、、、、、
ところで何故?今回のタイトルが「千葉ドドンパ」なのかと言うと、もうねこういう恐ろしい作品の山でしたの、まさに「タオパイパイ」ばりの暗殺者が群れをなして集まっており、兄さんとウエハラ君もたじろぎまくりましたよ!!
なので、一発目から優勝候補の作品を紹介できちゃうのよ~!
本来なら一番最後に紹介するのが通例ですが、千葉の層は凄く厚みがるのでどの作品もきっと満足いただけるかと思います!!
(もしかしたらオイラの作品が一番ダメだったかもしれません?!マジで、、、汗汗、、)



MIXガンキャノン
CD-03.jpg
どう?良いでしょうコレっ!!
144に100の下半身をリミックスして独特な腰重感を出してたガンキャです!!
もうね、ウエハラ君が大喜びしてまして、ぜひっ「ぷるぷる日記」にて皆さんに公開していただきたいとのお墨付きです!!
正直、今回も製作者様には全くお断りせずに掲載しているふとどきな記事なのですが、もしご覧になってて、ご迷惑な場合には即時画像撤去させていただきますので、ご連絡下さい!!
あのHJのウエハラミユキをして、「これカッコイイ!」と言わせるこのセンスが素晴らしい~!!
非常に「骨太」な製作スタイルに兄さんも感銘を受けました、実際こういうミクスチャーはたまに見かけるんですが、要は手法の話ではなく、混ぜ加減の絶妙さが僕らを唸らせたわけなんです!!
間違いなく僕もウエハラセンセもコレには1票投じないわけにはいきませんっ!
やはり低重心なUC物は僕ら世代には直撃ですわぁ~!(惚れ惚れするねぇ~!)



レイ
CD-04.jpg
はい、非難も覚悟で載せてますので、、、、、、、
とりあえず、フィギュア系も充実してますよ!と、言う意味合いでの掲載なので、、、
え?
お前の趣味だろ?!
、、、、、、、、、、、、、、、

小さい声で言いますが、、、、、、、、、、、、、、、
「何か文句あんのか?ゴラァ~!!」
えぇ、決して兄さん本人はロリ系愛好主義ではありませんが、あくまでもコンテストの層の厚みをご理解いただこうと思って、純粋に作品の良さに惚れて、、、、まぁ、いっか、んなぁこたぁ!!(笑)
要は、兄さんは彼女のセリフが好きなの!!

「あなたは死なないわぁ、、、私が守るもの、、、、」このセリフを聞くと妙に安心してしまうと言う、謎の病気「CR症候群」に冒されています、または「金枠ジストロフィー菌」に冒されているとも言う、、、
ぶっちゃけパチンコ好きには、たまらないキャラなのである!!
もっとも出現率が高く、信頼度のアドバンテージも安定している「レイ」を兄さんは心から愛しているわけです!ってパチンコする人にしか分からない記事でスマン、、、、

え?「シンジ」なら確実?、、、、、、、、チッチッチッチッ、、、、、
(めったに出ない予告アクションなんか興味ねぇ~からワシは!)
ちなみにこのフュギアは、千葉GPMの某アポロさんが製作したのよ!

え?アポロさんは萌えオタクなのか?!ですってぇ?!
とんでもない!!
彼も実は我々同様UCオタクなんですよ!!
彼の名誉のためにもう一丁サービスしちゃいますかぁ、、、、、、、、、、

ゲルググVerアポロ
CD-016.jpg
なんとも言えない「深海魚」のようなツラガマエ、、、、、、
そして、どんだけ凄いのよ?と、言う重装備なんですが、C型のゲルキャにはホント似合うよねぇ~!
言うまでもないと思いますがアポロさんは正真正銘のガンプラオタクです!!
決して萌え萌えモデラーであはありませんからねぇ(笑)





ザク頭とパイロット
CD-05.jpg
 言われる前に書いとくと、、、、、
そう、よくあるシチュエーションなので、とりたてて目を引く作品ではないのである、、、、、、、
35セットのザク頭とパイロット、、、、
ただ、兄さんはこのパイロットのポージングが相当かっこいいと思いました!
凄く自然だしカメラ目線でないアングルもわざとらしさがなく、どことなく哀愁も漂っており、けっこう気に入りました!!
おしむらくは、海の表現に造形用パラフィンとかクリアーレジンを使用してあればさらに質感が出ておもしろくなったかなぁ?とかは思いますが、まぁ、低予算で組み上げたジオラマと考えれば逆に評価できるんでは?と考えて掲載いたしました、、、、、
今回は、この手のドラマ仕立ての作品は少なくて、これ以外だと4,5点しかありませんでした、、、、
実際ジオラマは言う程お手軽でもないので、いたしかたありませんが、せっかく発売されてるバンダイの35シリーズは大人の模型の良い材料だと思いますので、皆さんも一度トライして欲しいなぁとか思いますね!!



00ガンダム
CD-06.jpg
これは、かなりぐっときました!!
いわゆる「九龍版カラー」と言われるセンチラインをアクセントに用いたオリカラの「00」です!
(オリカラ:オリジナルカラーの略ね!)
何が凄いか?分かりますか??!
そう、この脚部の独特のマスキングを「生かす」ための緻密に計算された2つのポイント!!
つま先と腹部の「からし色」がそのひとつで、全体を上手く引き締めてあり、そのからし色を違和感無くもものラインと結合してるのが、白地に上手くからめたグレーのデカルです!
黄色>白>グレー>青>と言う4色の流れが見る者に違和感無くその美しい彩色のバランスを気持ちよく自然に投影してくれているのであるが、このカラーセンスには脱帽しました!!
さっきのガンキャがウエハラ君のイチオシならこのエクシアは兄さんのイチオシです!!
素人離れしたその巧みな色使いには僕もホント勉強させていただきました、層の厚いコンテストの意味がお分かりいただけたであろうか?
作りの技巧力も勿論、配色のバランス、製作の意図の明確さ等々、今回のコンテストも非常にレベルが高く、見ていて飽きません、千葉のモデラーの素晴らしいセンスには毎回僕も翻弄されてしまう!



クラブタイプ
CD-07.jpg
 ザブングルシリーズでおなじみのクラブタイプです!
もうね、世界観が実に上手く表現されていて、一粒で二度おいしい作品です!!
僕は、こういうのが「良い模型」のお手本だと思います、、、、、、、、
アニメの世界感の設定をあますとこなく見てる側に伝えていける力量とキット本来の「味」を十二分に楽しんでいる感覚、、、まさに大人の漢のロマンでしょう!!
戦闘中だか作業中だかは不明だが、失った右腕をジャンク屋で拾ってきたのだろうか?!
色違いの右腕がストーリーを見てる側に発想させる、常套手段なのですが、絶妙ともいえる、砂塵にさらされた感じで日焼けした「色味」が赤と黄色と言う、ともすればド派手になりがちな色の取り合わせをケンカさせずに綺麗な退色感として見せてくれています、、、、
ウェザリングもほとんど雨の降らないザブングルの世界感を慎重に再現しており、まさに豪腕、凄腕と言う感じの隠れた逸材でしょう、、、、、、

あとね、ココ重要なんだけど、、、、、、、、、
見てて気が付いたかな?!
そう、昨今オークションで主流の「アルミパーツ」が無いでしょ?!

良い意味でも悪い意味でもよく考えて読んで欲しいのだが、模型はアクセサリーではなく人が作るものなんですよね、製作者の心の中や、頭の中を映し出す鏡みたいなモノで、表現方法は百人百通りであります、そして現在選べる素材も自由自在、、、、、、、、
では、ここで問題なんですが、僕はね「アルミパーツ」は否定しないのよ!いやっ、むしろ推奨してる側だと思うの、ただ、ひとつだけ言わせてもらうなら、、、、、、、、

それが無くても
凄い模型は作れるのよ!


もっと言うと、たぶん凄い非難浴びるの覚悟の上だけど、、、、、、
売られているアルミパーツは、確かに凄い精度なのだけど「諸刃の剣」なんですわぁ、、、、、
あまりにも高い精度を誇るパーツだけに、ソレを使う部位の他の部分にも同程度のレベルの精度が無いと、非常に浮いた感じに見えてしまうケースもある!!と、認識しておくと良いかも??!

これからも僕は自作のアルミパーツを削りだしていくと思いますが、自分自身でもその金属パーツを使うに際して、プラの部位にも可能な限り制度が出せるよう自分に義務付けていこうと思ってます、、、
決してメーカーさんにヒンシュク買って、非難されるために書くわけではなく、買ってきてポンってつけてかっこよくなる!とか勘違いしてほしくないし、そんなに安易で簡単ではないと、どっか頭の片隅に覚えていてもらえれば、僕もこうしてコンテストの素晴らしい作品を皆さんに紹介してる意味があるかなぁ?とか思います、、、、、、
本当に生意気なブログであちこちから非難轟々だとは思うが、模型誌で書けない話ならあえてウチで書いておこうと思います、、、、、、
ウチはメーカーとのしがらみも無いですし、気軽ですからねぇ(笑!)

いつも観覧いただいております、たくさんの諸兄には本当感謝しています、、、、、、、、、
ウチでは他のブログと違い、広告や宣伝、アフリィエイトのたぐいは一切無く、お買い得情報みたいなバーゲン情報もありません、ガンプラの発売情報はおろか、新作のレビューも無いのですが、これからもお付き合いいただける模型好きな皆さんに僕が書けるギリギリをお伝えしていければと考えています、、、、
(あぁ、これでまた観覧者が激減するんですね?笑!)

おっつ、また脱線しちまいましたが、コンテスト作品の最後は、、、、、、
勿論、ウエハラセンセの作品で締めくくらせてもらいましょうか?!

アッガイVerウォーリー
CD-015.jpg
で、これが何かお分かりでしょうか?!
え?そうなんす、これ「アッガイ」なんですよ、、、、、、、、、
っつうか意味不明でしょ?!
これはね、最近公開されたディズニー映画の「WALL・E(ウォーリー)」を題材にウエハラセンセがアッガイでその映画キャラを表現された作品です!!
ご存知無い方に優しい兄さんが解説しておきましょう!!
画面左側の黄色のアッガイが「ウォーリーアッガイ」で右側の白いのが「イヴアッガイ」と言います!
(あ!勝手に命名したけどこんな感じだと思います!笑)
しかし、さすがHJのセンセです、子供心を巧みに捉える高度な技巧センス!そし映画のもっとも有名なポスターのワンシーンをさりげに再現するあたりまさに「悪魔」ですねぇ~!!(大笑!)
(完全に票とりにいってます!大人気ない彼を僕は大好きなんです!!笑)

分からない人はコレ見てちょ!
CD-09.jpg
ねっ!
映画のポスターまんまパクリングしてアッガイを上手く溶かしこんでるでしょ?!
これは子供と女性をターゲットにした実に高度な「大人モデリング」なのであるが、身内の千葉GPMの会員からは「大人気ないっ!」と非難されてました(笑!!)

ただね、、、、、、
コレをわずか1週間で
仕上げてくるのよ!


ほんと、「死ねばいいのに、、、」と彼の耳元でささやいてやりましたがね(笑!)

以上で今回の千葉のイエサブコンのエントリー報告とさせていただきます!!
後日、気になる順位の方もお伝えしていく予定でいますが、いちよう予想を書いておくと、あのジオングがグランプリ濃厚かなぁ?!とウエハラ君と予想してます、、、、、

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

■好例の今週の頂き物

さてさて、兄さんのトコに今週も画像が届いてます!!
あっさり系からこってり系まで色々ですが、早速紹介していきましょう!!

クシャトリア途中経過
CD-010.jpg
はい、「斉藤ちゃん」の1/144フルスクラッチのクシャトリアがだいぶ進んだみたいで、画像頂きましたので、紹介してみようと思います!!
っつうか前も書いたけど、サザビー使う意味ねぇ~じゃんコレ?!(大笑)
だいたい、このガッツはどこからわいてくるんだ?!あいかわらずのパワーモデリングでぐいぐい押してくるんですが、腕部のエングレービングができてきたみたいです!!
(もう少し高さを削ったほうがモアベターかもよ?!)
この後、あのデカイ盾を4つこさえるみたいだが、たぶんめちゃくちゃ大変だと思いますが密かに兄さんは期待して待ってますので、頑張って完成させて欲しい!!
これが、フルスクラッチシナンジュと並ぶのが超楽しみです!


サクッと00ガンダム
CD-013.jpg
この前、再会したばかりの「SADAポン」からエクシアの画像いただきました!!
あいかわらずの丁寧&光速モデリングなのであるが、本人曰く、いやぁ、ホントストレート組ですからとの弁だが、いやらしいぐらいに立ったエッジが彼の謙虚な言葉とはうらはらに物凄くシャープな完成品に見て取れる、、、、、やっぱ上手い人は何作ってのアベレージ出すのよね、、、、
ちなみにこのエクシアを見て辛口評論家のSADAポン夫人はなんて言ったのか?凄く気になる兄さんですが、、、、(笑!!)


ゲルググ
CD-011.jpg
CD-012.jpg
兄さんの悪友で「千葉軍団」と言うチームのガルマ君から1/100ゲルググの画像が舞い込んできましたっ!!いわゆる「シンマツ使用」って言うMSV仕立てのゲルググ君です!!
(なんで?グフの画像をよこせって言ったのにゲルググなのよ?!笑)
最近ガルマはメキメキ上達してきたので兄さんもガルマと模型の話するのが楽しくなってきました!
大きい改造はしていないとの事だが、非常にキットの風味をいかした良い出来で、彼の作るUC物も安定感がある、現在製作中のGUFUも凄く楽しみにしているのでぜひっ、最後まで頑張って素晴らしい作品を完成させて欲しいですねぇ~!!


そして好例のドデカ画像
CD-014.jpg
PCの調子が悪くて苦しんでいた「omega」さんから1/100のインジャが届きました!!
ちょっとホワイトバランスが悪いのか?画像が総天然カラー調になっちゃってるけど、ひとパーツずつ実に丁寧に仕上げてあり、腕部なんか独自の装甲表現がなされていてかっこいい!!
できればもう少しピントがあってるとより模型がはえるのであるが、今後の課題にしておきましょう!!
シード物は羽類が大きくて撮影がけっこう難しいと思うのね、まぁ、だんだん慣れてくると思いますが、ちょっと頑張れば写真もすぐ上達すると思うのでさらに頑張ってみて欲しい!!
兄さんのリンクにある「keita」君や「ぐっちMAX」君、さらには「POON」君とことか参考にしてみるとピントのもって行き方がより理解しやすいかなぁ?!

それでは次回いよいよお待たせいたしました(って、誰も待ってねぇから!)
アッガイの兄さん的調理法をご期待下さい!!
まぁ、たいしたことないんで、絶対見てちょ(大笑!!)

ほいじゃ~のぉ~!

 | ホーム | 

# 「コザルINアキバ!?」

「コザル IN アキバ」

 皆さんごきげんよう~!!♪
なんと、4週連続で週末に家を空けており、非常に不機嫌な妻に手をやいてる兄さんです!(汗)

いやぁ~、本来今回の記事は「アッガイ製作記事」をお届けする予定でしたが、関西方面から友人の「コザル」さんをアキバに迎えてのオフ会に記事を差し替えさせていただきます!!
(製作記事を期待してた皆さんいないとは思うがスミマセン!汗汗、、、)

2月14日のアキバ、もうね大混雑!!
なんせ、、、、、、、、、
バレンタインデーでしょ?!
戦後の万博の成功がもたらした、「イベント」=「金儲け」の悪しき習慣の流れで発生したお菓子業界が作ったこの一大モニュメントは、平成の現在においてもインフルエンザのごとく猛威をふるっているんですが、本来の「告白」するためのイベントから、男性の浮気審査にすりかえられ、意味合いそのものは、クリスマスと同義になってしまっているようですねぇ、、、、、

え?話が難しい??
、、、、、、、、、
いや、だから、その日一緒に過ごす事を半ば強制的にスケジュール管理される1日となるわけです!
いつから恋愛に管理主義が侵入したのかは定かではないが、兄さんの思う恋愛と現実に横たわる恋愛には非常に大きな「溝(みぞ)」を感じたりしますね、、、、、、
僕個人が思う恋愛って、好きなサッカー部の彼を3階の窓からそれとなく見つめて思いを馳せるのが恋愛であり、相手に自分以外を選ばせないのが恋愛だとは思わない、いや、むしろ相手に伝わる伝わらないはおいといても、単に好きな人が出来て生活に毎日ハリが出るのが「恋愛」のような気がする、、、、、、
好きな人が出来て、シャンプーが変わるピュアな「乙女心」、いくら廊下ですれ違っても「彼」は全くそれに気づかない?!それでも彼女にとって「乗るかそるかの一大事!!」
それが、いつのまにか他人(クラスにいる美人)と自分を比べちゃうようになると、、、、、
「思う気持ち」から「自分を押し付けちゃう」気持ちにスライドしちゃうのかなぁ??

不思議だが?得てして模型にもそれがあてはまっちゃうから、さぁ~大変!!
余談だが、模型がいつのまにか本来の目的とずれはじめてる作品になりつつある場合を往々にして見かけるのだが、出発点は凄く単純で「自分が欲しいから」なんだが、兄さんは一貫してそのスタイルを偶然にも維持しています、、、、、
僕の言う「神が降りる、、、、」とは、アイディアが浮かぶのとは少し違う、、、、、
単に「欲しい形」が突然ムクムクと頭のどこかにもたげる時が「神」を感じる時でして、それこそ「新しい恋愛」に出会えた瞬間であるような気がしてます、、、、、、
(ある意味、毎日プラモに恋してるような感じなのかなぁ?!)

話がまた脱線してますが、模型を以前「料理」に例えてお話したことがあるが、よく考えてみたら中学の時に確実に感じた本来の「恋愛」にも非常に似てるのかぁ?とかアキバにあふれてたカップルを見て相反的に直感したその日でした、、、、、、、
「愛の無いSEX」と「恋してない模型」は、凄く同じ臭いがする、、、、、、、、
(などとほざいてみたりなんだり、、、、笑)

コザルが来たよ!!
kozaru-08.jpg
もう、これ以上できないくらいカリカリにチューンされたサザビーを片手に「コザル」が遊びにきました!
花の東京に!!(大笑!)
その日は、前々からウチのクラブのこたすけ君と約束していたので、兄さんも頑張ってアキハバラに出撃してきたんですが、ゲストのコザルさんを頭にPOON君、こたすけ君、タカさん、兄さん、ハルさん、そしてハタ君カップルと紅緒カップルをまぜて「LOVEシャッフル」!!
じゃなくて、模型オフ!
まぁ、模型の話と言うよりもいつものごとく、バカ話を永遠繰り返しつつ、例の「デスコン」の話で盛り上がりました!!

★ざっ~っと書いていきますが、流しそうめんな感じて読んでください!!

サザビー コザル作
kozaru-04.jpg
正直、ウチのブログって基本褒め言葉しか書いてない!あれは偽善!とか言われます、、、、
チョイチョイそんな話を聞くけど、それも間違った「恋愛」なんですわぁ、、、、
製作者が求めてる「回答(ゴール)」は千差万別で、ここをこうした方が正解なんて吹聴する輩も見かけるが、作った本人が満足してれば多少の「おこぼれ」「やり残し」をつついても、良い恋愛はできませんの、、、、、、、
相手の恋愛感に立ち入るのは兄さんの流儀に反します、それよか自分に無い所を見つけて自分が吸収する?もしくは自分の中で消化していく作業の方がどれほど「濃い時間」なのかを熟知しているんですよ、今回のコザルさんのサザビー見てて、ともかく作りがタフなの!
荒削りの中にも「自分がこうしたいっ!」と、言うまっすぐなとこがあり、見てて伝わりました、、、、
まぁ、多少のアドバイスも生意気にさせていただきましたが、既に同じ事を「コジマ塾」で言われましたと聞いて、さすがコジマさんと、苦笑い、、、、、
一言で表現すると「野武士の恋愛」って感じかなぁ?!このままさらにガンガン進んで欲しいっすわ!
コザルさんに「このチンコ好きっ!」と書きたい人は下のトコクリックな!笑
コザルブログへGOGOクリック!!)

ユデダコになった男
kozaru-01.jpg
この日は、こたと約束していたので「ワイヴァーン」を持っていきましたが、、、、
内部フレームにコザルが釘付けになり、茹で上がったところ(大笑!)
画像の人物が「コザル」なのであるがかなり興奮してて「耳」の色に注目して欲しい!!
さすが関西人!見てるだけでおもしろいっ!!
兄さんの作った「チンコ」を堪能しておられました(笑)
僕もね、自分の作品で一番力入るのが「チンコ」なんです!(笑)
ガンプラを製作する工程で、間接やチンコに恋しだしちゃうともう大変!朝から晩までそれこそチンコ漬けになります、当たり前の話なのだがなんせ「全体重」を支えてるキーポイントはチンコとももの間接部位になるので、非常に複雑な構造で僕の頭の中の設計図は組み上がっていきます、、、、、、
ゆえに、全体重を支えるその部分が一番ロボットを作る要であり、「命」となります!!
それにしても集中するあまり右手に持ったタバコの火で火傷するんじゃないかと心配するぐらい、コザルさんがチンコに食いついてました!(大笑、てか、火消せよ!コザル!笑)
明日っから、彼を「チンコ好き」と呼ばないように気をつけてくださいね!!

SEEDの業火に焼かれた戦場
kozaru-06.jpg
まぁ、POON君主催の「デスコン』明けっつうこともあり、机はSEED一色!!
もう、見飽きた!っと一蹴したいのだが、実際に見るとやはり見飽きない、むしろ今回の飲み会のほうがじっくり堪能できた、、、、、
その日はハルさんとSEEDのMGについて語り合いましたが、もはやバンダイは究極の造形にいきついてる感じは否めない、現在も独自にSEEDを追求してるモデラーもたくさんいるが、正直この価格設定の既製品としては「世界一」優れてますわぁ、、、、、
シルエット、ギミック、組みやすさ、塗りやすさ、どれをとっても遜色なくアベレージが出せてて、パッケージング自体はベストオブベストですね、特にインジャに関しては、パーフェクト!!
(これで文句があればバチ当たるよ!)


SEED×SEED×SEED!!
kozaru-09.jpg
kozaru-02.jpg
kozaru-07.jpg
kozaru-03.jpg
上から タカのグフヲ
     こたのレジェンド
     POONのストフリ
     ハルさんの運命
     (って言うかお前ら頑張りすぎ!!笑)

 まぁ、身内画像ですまねぇのだが、、、、、、、、、、、、、
ウチのブログにこれだけSEED画像が並ぶのもめずらしいよなぁ?!
なんせ「U.C」しか仕事が来ないブログなもんで(笑)、、、、、
最近歳とってきて、自分のこれからの残り少ない時間を見つめてみたら、これで良いと回答がでましたよ!!
バンダイの「Zガンダム」が良い例でして、本当に良い物を作るなら20年くらいの熟成期間が無いとダメなんだろうなぁとか考えてたりします、、、、、
あの初期のZのヒドイことヒドイこと、今見るとその体型は現在のMG2.0とはかけ離れており、バンダイの設計陣の苦労が滲み出ています、、、、
僕なんか才能もセンスも無い普通のオサンなので、アレコレ手出しても全部中途半端になる可能性が極めて高く、自分を常に「U.C」において置く事で純度を高めていくしか方法がないのかもしれないなぁ?とか実感してます、、、、、

あ!そうそう昨日
イエローサブマリンの
コンテストにギャンを
出撃させてきました!!


今回も素晴らしい完成品にたくさん出会えたので、次回のブログでそれをお伝えしたいと思います!
千葉モデラーはやっぱり凄い!!
たくさん勉強になりました、もし千葉駅周辺の方がいましたらぜひ見にいってください!!
(ウエハラセンセがまたズルイの出してました!っのやろ~!!笑)

ちなみに僕に投票してくれる人格者の方がいてくれるのを祈ります!
ほんで、注意しておきますが名前が違うのでお間違えないようお願いしとります!!
「兄さん」でも「n.blood」でもありません、、、、
今回は、、、、、
南極2号
と、言う名前で出ていますので、よろしくお願いします!!
タイトルは「うまきち」です、応援してあげてください、、、、、、、
(名前の南極2号に関しては追求しない方向でお願いします!)

それでは次回「千葉コン」にてまたお会いしましょう!

ほいじゃ~のぉ~!!

え?アッガイですか?、、、、、、
はい、姑息にも着々と進行してますよ!まぁ、お楽しみに!

業務連絡:POOHさんデカル届きましたあざっ~す!


 | ホーム | 

# 「潜入!ディステニーワールド!」

潜入!ディステニーワールド



seed-compe1.jpg
 はい、皆さんこんにちは!!
去る2月7日に行われた「ディステニーワールド」コンペの大撮影会に兄さんが潜入してきました!!
そのリポートを本日はお届けしてみたいと思います!!

POON氏主宰 「ディステニーワールド」
みんなでシード系MSをバンダイMGで作って一緒に撮影しちゃおうぜ!コンペである

現在、昼夜を通じて必死の撮影を強行中!全作品の撮影ならびに特撮が終了次第詳細をPOON氏がまとめてコンペページに掲載予定(2月下旬公開予定です!)
なんと、特撮ではウチの「ワイヴァーン」を担当してくれたあの「ぷぅ」君が特撮監督で参加してますので必見の画像ありっ!!

 まぁ、いつもの事なのであるが例のごとくウエハラセンセと待ち合わせなのであるが、この日は近所の「haharu」さんとも待ち合わせて3人で撮影会場のある「船橋中央公民館」に出発!!
現地の船橋に到着して3人で有名なラーメン店「青葉」で「つけ麺」を食って会場にいきます、、、、、、
びっくりしたんですが、なんと会場があの「サンライズ」のすぐ近くなの?!
(なんか縁があるんでしょうかねぇ?!驚!!)
DW-04.jpg

あ!誤解が無いように書いておくと、、、、、、

あの「日本サンライズ」とは
まったく無関係なので、、、、、

(じゃ、書かんでいいだろっ!怒!)

そんなわけで(どんなわけだよ?!笑)
会場に到着したら、、、、、、まぁ、いるわいるわ、、、、
「羽根付き完成品」の山山山、、、、、、、

そこで必死にカメラのシャッターを切る撮影主任の「タカ」さん、、、、
無駄に動き回りクタクタに目の下にクマを作った「POON」さん、、、、、
その他大勢が、、、、、、あ!!
「SADA」さん発見!しかも、出たよコレ!また綺麗な奥さんが今回も同伴、、、、

みんなに一言だけ言わせてもらうが、「SADA」さんって超美形なのよ、仕事は医療関係、奥さんはモデルばりに綺麗なの、そんで模型が超絶上手いのよ、、、、、

『そんなヤツを俺様が
好きになれるわけねぇ~だろ!!』

(あえて書くが僕はSADAさんが嫌いです!大笑!!)
あ!SADAさんゴメンね、兄さん生まれつき負けず嫌いなのでつい口がすべっちゃったの、、、
SADAさんは大人なので、そんな兄さんを「よしよし」してあげてください(笑)

で、会場の雰囲気だけ見てちょんだい!♪
DW-02.jpg
撮影は真剣そのものです!
(遊んでいたのは兄さん達だけ!笑)

ちなみに参加者の皆さん
兄さんじっくりと、ねっとりと
拝見させていただきましたよ!


正直、ひとつづつココで感想を書くのは文字数の関係で無理なのだが、全体的に時間内で押し込んで製作された感じも無く非常にハイレベルな作品が多く、全体通じて各自それぞれのパフォーマンスが感じられる素晴らしいコンペでした!!

あえてひとつ上げるなら、、、、、、、、、、、、、、、、
SADAポンやウエハラとも見てて驚かされたのが、高校生モデラーの「浅葱」君の作品です!
(あさぎ君って読むの!誰?あさねぎ’とか読んでるのは?!ダメよっ!笑)
確かに我々の世代では手に入らなかった工具やマテリアルが現在手軽に手に入るご時勢だとしても彼の作品は、大人の完成度を見せてくれており確固たる意思が感じ取れました、、、、、
多くのモデラーの思う、「次世代につながって欲しい」と願う概念を肉眼で拝見できた機会は、このコンペの重要性を認識させてくれる意味をになう一端だと兄さんは感じました、、、、、
<浅葱君本人が兄さんにくれた画像です>
ASAGI-01.jpg
恐らくは、普段我々が購入するマテリアルや工具、高額なキットも彼にとっては非常に入手するのは大変だと思います、ただ、そこを自分のアイディアでのりきれるガッツと模型愛には、心底喜ばせていただきました、、、、、、
世の中ゲームに没頭する若年層にもこんな気骨のある若いモデラーがいる事実を兄さんは嬉しく思うし、できれば模型を続けてもらいたい、、、、、

ディステニーワールド

兄さんには縁の無い「ガンダムシード」、、、、、
でも、それがきっかけで返り咲いた多くの第1次ガンプラブームの現在おじさんモデラー、そして浅葱君のような直撃世代のニューカマーを見るに、いかに「SEED」と言う作品がはなった光の大きいことか、、、、、を、感じた1日です、、、、、

ほんの一部なのですが、皆さんにも「ディステニーワールド」のワンピースをご覧いただきましょう!!
DW-01.jpg
(おいおい、関係ないギャンまで写っとるやないかい!笑)

確かに間に合わなかった人もいました、、、、、、
「KAI31」」さんや「AIRHEAD」さん「POON]本人とか、、、でもね、良いじゃない!んなぁこたぁ!
今回間に合わなかった人たちは、兄さんもよく知ってる人たちだが、けっしてさぼっていて間に合わなかったのではなく、真剣に取り組んでくれたからこそ間に合わなかったと言うのが手に取るように分かりました、、、、、、
期限は確かに大事ではあるけど、それ以前の「一緒にやりたい」気持ちが凄く大事なんだと、各参加者のログ読んでてしみましたねぇ~、、、、、
(間に合わなくてもPOON君は凄く喜んでた!!っつうか俺も!)
大人だからこその諸事情っつうのもあるし、今度「SF3D」コンペやるんだけど、主催者としておおいに勉強になりました!!

さて、会館の使用時間が過ぎて会場をあとにした我々はPOON君やタカさんがホテルをチェックインした後、遠方からきてくれたSADAポン夫妻やOtakawaさん達と一緒にアキハバラ観光にいくのである!!

ここで事件が勃発したのよ!
言っても誰も信じないと思うんだが、、、、、、、、、
「総武線」(東京行きの千葉の電車)の中でいきなり「生ズコック」を兄さんが発見!!

生ズコック』ですよ!

え?意味分んない?!

いやっ、だから生の
生きてるズコックですよ!!


え?証拠見せろ?!
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
しょうがねぇなぁ、、、、じゃっ、ちょこっとだけな、、、、、、
見たいの?!
チッ、俺のとっておきのコレクションだから勝手にコピペすんなよ!!




<本物の生ズコック>
DW-03.jpg
ねっ!
見た?!このアウトライン!
あきらかに
ジャミラじゃなくて
生ズコックだろ?!


しかも、兄さん興奮してて普通の電車の中にいるのに「生ズコック」に思い切り「フラッシュ」かましたから、さぁ~大変!!
周りの乗客も何人かズコックに気づいたらしく、我々の会話にうなずいとりました!!
(いや、マジで実話なんで、、、、、、)

ウエハラ「兄さん!フラッシュはやめてくださいよ!笑」
ハハル 「起きてきたらどうすんすか?!笑」
兄さん  「、、、、、、、、(笑いころげてるとこ)」
ケンタン「兄さん、怒られますよ!笑」
兄さん  「起きたら、お前聞いてこいよ!スイマセン、ジャブローに行くんですか?って聞け!」
ケンタン「いや、自分無理っす!笑」

はっきり言って、兄さんは46歳のバリバリの不良中年なので、全然気にしてなかったが、、、
同じ車両の若いカップルは、これがあきらかに「ズコック」だと認識できたらしく、兄さん達の席の近辺は生ズコックの話でもちきりだった!!
(え?コンペの話はどこいった?!)
たぶん、「ぷるぷる日記」を読まれてる方々で勘違いされてる方が多いとは思うが、兄さんは模型が上手いおじさんではなく、毎日を精一杯楽しく暮らしてる単なる不良中年なのである!!
(すぐおもいろいものに遭遇する才能の持ち主だったりするのであ~る!)

さて宴もたけなわ、アキバに到着後、いつもラジオ会館にて代表的な模型店「イエローサブマリン」や「ヴォークス」「海洋堂」さんとかを案内し終えて、いざ「打ち上げ会場」の居酒屋さんへ移動である!
遅れてきたいつものメンバー紅緒やこたすけもここで合流!!
(なんか、こたや紅緒がいねぇ~と調子上がりません!)
★前回、「寝落ち」でつるし上げられた紅緒はさすがにこの日は、注意深かかった!(笑)

会場に到着後、まずは1杯目で乾杯!そして主催の「POON」の挨拶!!
そして2杯目にきて、悪友「marcyan」が到着、いつものエセスーツ姿で働き者のお父さんをこの日もアピールしていたが、いつものキャバクラ臭さはぬぐいきれておらず、、、、(笑)
ちなみに今回のコンペは本当に大変だったらしく、主催の「POON」君をヘルプした「タカ」さんと「こたすけ」が涙なくしては語れない苦しい準備期間を通じて皆さんの作品の確保に翻弄してくれた!!

<号泣しながら挨拶する3人>
DW-06.jpg
いちおう「目線」入れてくれって言われてたんですが、たいしたツラでもないので、モザイク無しで掲載させていただきました!!
今回尽力してくれた、左から「タカ」さん、真ん中「POON」君、右端「こたすけ」の3人です!
この後、POONさんは疲れすぎて4つに分離したらしい(大笑!!)
カプセルから出てきた「こたすけ」も疲れて「カプセル」に戻ったらしい、、、、、

ついでに兄さんの誕生日も祝ってくれました!!
なんと、ケーキやプレゼントまで用意してくれており、兄さんも涙でボロボロです(はい、嘘ですが)
<みんなで選んでくれたGガンジッポ>
DW-05.jpg
そうなんです、、、、、、、、、
実は、わたくしGガンに出てくるMS大好きなんです!!
何をかくそうシャイニングガンダムは苦手なんですが「マーメイドガンダム」が1番のお気に入り!!
あのありえないデザインに打ち抜かれました(大笑)
魚に食われたガンダムなんて、恐らくはガンダム至上もっとも「恥ずかしい」デザインに惚れ込んでたりするわけなんですが、、、、、、
(時間があればスクラッチさせていただきますよ!!爆!)

さてさて、居酒屋でも大騒ぎでしたが、時間が来て追い出されても帰るに帰れないのがこの軍団の悪癖である!いやがるSADAポン夫妻や三十路パパ夫妻も巻き込み、ショットバーになだれこむ!!
(既にできあがってたタカさんがもう大変で大変で!大笑!!)
ここでは、三十路ママさんとの「からみ」で超盛り上がりまして、次回の三十路夫妻の参加を兄さんは熱望!!とても根性の座った三十路ママにこの日の「最高選手殊勲賞」をあげたいと思いました!
これは極秘なんだが実は、最近交流しだした「三十路パパ」さんの奥様、、、、、
この日、兄さんに居酒屋さんでスクラッチを公開してくれた!
<ありえないサイズの折鶴!>
DW-08.jpg
ねっ!凄いでしょ?!三十路ママ!!
超絶な指さばきである!
こりゃ、パパもメロメロでしょ?
そこで兄さんが聞いてみたらお子様は4人だそうで、22歳の奥様にお子様が4人!!
いやぁ、ママも凄いがパパはもっと凄い!!(兄さん感激!!)

え?なんで
コンペのリポなのに
ガンプラが無いのか?




だって、、、、、、、電車に「生ズコ」だろ、、、、、、

とてもそんな余裕がありませんですた、、、、、、、、、、、、、、、、、



ほいじゃ、特別にすこ~~しだけ載せておくから、、、、、
(マジバナで全作品の公開は、あくまで主催者のPOON君のとこで見てちょ!)

千葉しぼりの紅緒作
beni.jpg
ウチの紅緒君が製作してくれた「運命」です、よく聞いてなかったのだが、、、、、
なんでもウィングのデカルはキューバの尻軽女からいただいてきたらしい!!
え?違うの?何々??
キュベレイ?シリトラ?あぁ、、、、シリコントライブのキュベレイね?!らしい(ウフ)
凄く綺麗な色目で、基本工作もしっかりされてありさすがボトムズ原型で鍛えた腕前です!!

千葉しぼりの寝太郎会長作
netarou.jpg
わが模型同好会「千葉しぼり」の会長である寝太郎が製作したフォースインパルスです!!
実に美しい塗装だと、、、、、言いたいが、、、、、、、、
せこせことディテ入れてるあたり、さすが会長!ただでは作らん(笑)
なんでもデカルを百太郎に頼んでたらしく、さすがの仕上がりでございました!!
ホントは兄さんも参加したかったのですが、非常に残念である、、、、、、
まぁ、次回機会があれば僕も「千葉しぼり」の一員として参加させていただこうと思いました!!
(わが「千葉しぼり」からはあとこたすけも参加しています!!)

今回は、POONさんをはじめ遠方の方もたくさん参加され本当に盛り上がり、そこに末席ながらも観客として参加できました事、本当に嬉しかったのと初めてお会いできました方々にもご挨拶がてら僕の陳腐な作品をご覧いただけました、、、、、
O-takawaさん、MAGさん、三十路ママ、-A女史、お会いできて本当に楽しかったです!!
また、お会いできる日を楽しみにしておきます!!
あと久々に会えたSADAポンと奥さんも懐かしかったです、その他作品をお寄せいただきました全ての参加者の皆さん素晴らしい作品本当にありがとうございました!皆さんの素晴らしい作品のおかげでまた兄さんも頑張れそうな気がしてます!!


「デスコンに参加された全ての皆さんへリスペクト!」(ピース



           

 さて、最後にお別れをする前に今週のいただきものをご覧頂こう!!
以前、「もしもし」と言うコンペでお世話になりました「Mrさん」から久しぶりにお便りいただきました!
ご無沙汰しております!!


<Mrのギャン>
gyann.jpg

 う~ん!いぶし銀だねぇ!
最初は「近藤和久」版かなぁ?とか思ってましたが、彼のブログにお邪魔して読ませていただきましたところ、、、、、、、、、

ドム基準の
ツイマッド社的追及に
おけるギャンと判明


あ!スイマセン分かりにくい文章で、、、、、、、、
そうそうウチは、ビギナーのたくさん読まれてるブログでした(汗汗、、、、)
要は、「Mrのギャン」と、言う事でご理解いただきたいっ!!
兄さんはこの野太いアウトラインが凄く男らしい、エポパテらしい、メンタムらしいとこがお気に入り!
彼は、「メンタムの魔術師」と異名をとる荒野のモデラーなのである!!
Mr君のログに遊びに行きたい方は、GOGOクリックで!)


さて、本日の「リアルズコック」の記事はいかがだったでしょうか?!
(おいおい、タイトル変わってるし、、汗)

次回いよいよ新たな<番外編>の工作記事「アッガイ編」を公開予定!!
アブノーマルなモデリングマニアの皆さん、ぜひっご一読いただきたい!!


ほいじゃ~のぉ~~!!


 | ホーム | 

# 「製作記<番外編>ファイナル!!

製作記<番外編>ファイナル!

 大変長らくお待たせしました!!
ようやく「SF3D」プレゼント用兼「千葉イエサブ」コンテスト用のギャンバインの完成お披露目です!!
まぁ、急いで製作したので荒いっちゃ荒いですが、なにぶんスケジュールがパンパンに混み合っておりますので、このぐらいでご勘弁いただければと思います、、、

そんで、今回は「n.blood」としては初の試みにたくさん挑戦していきます!!
まず、ウチでは初となる「羽つき」の発表、さらにはカラーチャートも初めて書きますが、もし気が向いたら読んでみてちょうだい!!
(なんか最近、何色で塗ってるのか聞いてくる奇特な方もおりまして、、、笑)

それでは、まえおきはこのくらいにしてさっそくギャンバインのお披露目です!

ギャンバイン公開
(いきなり頭部のドアップ画像から、、、、)
DSCN9524.jpg
<カラーチャート>
はい、いきなし顔のドアップを見てもらいましたが、ぶっちゃけデジカメではとても写りにくい色なので限界まで寄って撮影していますが、全体がパールカラーにクリアーの重ね吹きでコーティングされているので、元の色が全然分からなくなっています、、、、、、
(パールを吹き重ねると本来の色味の強さが半分以下に軽減されるためです)

みずいろ部分>青と白に色々混ぜてます
白い部分>白と黄色に色々混ぜてます
金属の羽根色>調合したフレームカラーの上から粒子の粗い銀をまぶしてます
オレンジ部分>場所によってそれぞれ赤と黄色を混ぜて調合

以上おおまかに書くと4色で塗っているんですが、ひとつの色を調合するのにかなりの色を部分まいに混ぜて塗るため全部覚えてないんですよね、あくまで独り言ですが、模型誌に書かれてる調合配分とかも「およそ」で書かれてるモノがほとんどで、本職のモデラーってその場で調合しちゃうケースが非常に多く、あまり覚えていないのがホントの話だったりします、、、、、
(隠し味で微量に入れてる色とかはとばしてあることが多いです)

なので「n.blood」の完成品にはカラーチャートが全然無いわけです!


上半身のUP
DSCN9516.jpg
 もうお気づきの方が多いと思いますが、上の画像も顔のドアップも全然モノアイが見えないでしょ?
僕の個人的見解なんで受け流して聞いて欲しいんですが、モノアイが見ない方がキャラクター的に合うと僕が判断したモノの場合、あえて「奥目」に設定してます、見えないからこそカッコイイと感じるものもあり、その時の製作している感じで決めていきます、じゃ?設定無視かよ?!と指摘される方も多いと思いますが、多かれ少なかれ多少のリファインによってその造形がかっこよく見えるならそちらを選択するようにしています、基本バンダイさんの模型は全種このリファインがされいるので、TV用の本来の設定とは似ても似つかないくらいかっこよく整形されているかと思います、、、、
(特に1年戦争モノなんか原型をとどめているモノが皆無に等しいですね)
ちなみに僕の場合見えなくても全部製作してありますが、自分の作品をお手にとられた方が覗き込んでも大丈夫なように、、、、と、言う説と、単に本人が病気だからと言う有力な説がある(笑)


全身像
●前から
DSCN9515.jpg

●左横から
DSCN9517.jpg

●後ろから
DSCN9518.jpg

●右横から
DSCN9519.jpg

以上四方向全てご覧頂きましたが、、、、、、、、、、
当初、自立できるのが自慢でしたが、2週間模型店のガラスケースにてコンテスト用に展示される事や「SF3D」コンペの入賞者様に発送する事を真面目に吟味した結果、ポーズ固定とし、台座に固定させていただくことにしました、、、なんのために各関節にポリキャップを仕込んだのか?自分でも本当に苦渋の決断となりましたが、、、、、、、
正直に告白すると、ギャンバインが二本足で自立する場合、バランスをたもてる箇所(ポーズ)が1箇所しかなく、固定でも可動でもさして意味が無いのが後で発覚したことと、いくらクリアーコートしてあるとはいえガシガシ動かせば塗装はハゲちゃいますので、いたしかたないか?と判断、、、、
余談であるが、通常塗装からパールをかけその後クリアーを2回かけさらにパールを2回そして仕上げのパールを吹いて研ぎだせる部分は研ぎだしていますが、エッジが寝ないようにかなり苦心してます、それと実は144でありながらグラデーションを入れてます(ボディーの水色のとこ)
今回は、エッジやスジボリ部位にマスキングゾルをあらかじめ塗って、現用ジェットの退色感を狙ってみましたが、実物を手にしないといかんせん144なので画像では確認いただけないのが凄く残念に思います、、、、、
(でも、こういうヘンテコリンな模型を真面目に作るのは凄く楽しい!!)


局部UP画像
●本体の背中のバーニアのグラデ
DSCN9522.jpg
このバーニアは以前友人からいただきましたアルミバーニアなんですが、4色でグラデをかけてみました!!実物はもっと綺麗なんですがねぇ、上手く撮れません(泣)
よく見かけるアルミバーニア、昨今本当に流行ってきてて定着しつつありますが、、、、、、
1/100だと地金をいかして楽しむのはいいのですが、こと144となるとかなり浮いて見えちゃいますので、塗装したほうが自然に馴染むような気がします、、、、
★アルミパーツの塗り方
1、下地となる金属用プライマーを塗布(模型店にあるよ!)
2、1200#のサフを塗布
3、元色となるシルバーを塗布(今回はメッキシルバーを使用)
4、根元側から焼鉄色またはアイアンでグラデをかける(まんなから辺まで)
5、真ん中に上からクリアーブルー
6、噴射口にクリアーイエローとクリアーレッド
以上のような工程で、今回の刺し色となる「オレンジ」を塗っています!!
ギャンバインは元々、綺麗なオレンジを刺し色で決めていましたので、それに合うように白×水色で塗りあがりました、僕は最初に一番「華」になる色を決めてからあとで全体の色あいを考えてます!
やりかたは人それぞれなので、これが正解とかではないのですが、バーニアの色付けとかは参考にしてみてください、、、、、、

●馬お尻バーニア
DSCN9523.jpg
少し手抜きですがいちよう僕の作品なので簡単な「しいたけ」を入れておきました!
それと、濱君からいただいたシッポの根元も見てちょうだい!かっちょいいデザインでしょ?!(笑)
今回は144と言うことでしつこくならない程度にディテを配置してあります、、、、、、
まぁ、見る方によっては「n.blood」のわりにはディテが少ないんじゃなねぇ?的な事を言われそうだが兄さんも他にもやる事がいっぱいなんです(大粒涙)今回はさらっと流していただければ、、、、
(窓際に立ってじっと一点を見つめる兄さん、、、、、え?ダメ?笑)

●頭部モノアイUP
DSCN9525.jpg
はい、モノアイは以前も書きましたが超極小パーツを兄さんが真鍮パイプから削りだし、モノアイカメラをクリヤー板のヒートプレスにて製作しておきましたので、ギャンバインに当選した人はじっくり見てちょうだい!!
ウチはフレームメーカーとしてここまでのUP画像にたえられればOKだと踏んでます!
本当はもっとディテ入れてみたかったんですが、なんせ帽子をかぶらないといけないんで、この辺が限界でした、、、、(まぁまぁでしょ?!笑)
ここで、ご覧頂いてる方に見てほしいポイントは!?
モノアイ部位の金属色と羽根の対比!同色で仕上げてあるんですが、羽根の方は先ほどもかきましたがさらに銀色を上から塗布しているので「固い色」に見えるかと思います!
ちなみに30cmくらい離して「砂吹き」っぽく塗るのがミソ(テストに出るぞ!覚えておきましょ)

●裏間接の絶景!
DSCN9527.jpg
バックパックの羽根を1枚はずして可能な限り寄って撮影してます!
胸部の裏側にあたる部分ですが、たいていの方はよく見えないトコをここまで作らないと思いますが、144でもここまでやるのが「重病患者」への第一歩となるので、プラ板症候群に冒されてる通院中の患者さんはよく見ておきましょう!!
たとえほとんど見えなくても作って作って作りこむと、全治100年の治癒不可な病気と診断されますので、おおいに人生を台無しにしてくだい!!

いかがだったでしょうか?!
ウチではめずらしい1/144の製作記事でしたが、お楽しみいただけましたでしょうか?!
皆様のご病気が早く進行するよう兄さんも遠い空の下からお祈りしておきましょう(大笑)

で、事前にお話しておきますが「SF3D」コンペにおいての商品は、あくまで審査員が選ぶのが基準ですので、応募参加された方は当選をドキドキして待っててちょうだい!
ちなみに「兄さん賞」は、この「ギャンバイン」とHJ本誌に掲載されたレッドゼータのエッチングパーツをあわせてプレゼントさせていただきます!!
そんなにいないと思うが、兄さん賞が欲しい方へ特別に当選しやすいヒントを出しときましょう!!
簡単な話で僕が見て「え?」と言わせてくれた方にプレゼントしようと思います!!
この「え?!」に関しては、僕がびっくりする!と受け止めてください、、、、、、、
僕も受賞された方がバンダイのHGUCのギャンを手に腰をぬかすのを楽しみにしておきましょう!!


今週のいただきもの!
えぇ~~好例の今週のいただきモノなんですが、今回は「J-PEI」氏と「和茶」氏からいただきました!
どちらも力作なんですが、「J-PEI」さんのはコンテスト用に作られた作品とのことでした、、、、、、
ちなみに僕のギャンバインも千葉イエローサブマリンに出撃しますので、お時間のある方は「投票」しとくように!!(俺になっ!大笑!ワイロかよっ!)

●和茶さんのティエレン
wacya-010.jpg
wacya-020.jpg
兄さん主催の「SF3D」のコンンペに出撃するためのテストとして手持ちのティエレンにて練習したそうな、、、、
現場で突貫で塗装されたような「荒さ」と模様のような「ムラ」が実に良い質感をかもし出している!!
シュークリームのような黄色が刺し色だと思うがこれも「寒い色」に非常に馴染んでおり上手い!
実際に和茶君が応募してくる作品を見るのが今から超楽しみです!
(和茶さんのブログハココだよ!クリックGOGO!)


●J-PEIさんの乳ガン
JPEI-010.jpg
JPEI-020.jpg
144の乳ガンですが、元キットの出来は実に素晴らしいのですが、さらに手を入れてスタイリッシュにまとめあげてる、しかも超短期間で!!最近のJ-PEIさんの光速具合はただごとではない?!
本当に早い、しかも丁寧でいてセンスも感じる、僕は今回の乳ガンの「赤」にやられました~!!
何ともいえない良い色で手ますよねぇ?!
あんなに急いでやってるのに調合に気を抜かない?!さすがJ-PEIクォオリティー、、、、、
(J-PEIさんのブログハココだよ!GOGOクリック!!)


重要なお知らせ!!
さて、以前「ワイヴァーン」の発表の際、たくさんいただきましたご意見でもっとも多かった、、、
「本にしてください!!」とのお話、、、、

なんと!実現いたしました!

ギャラリーへのUPを御待ちいただきました皆さん、スーパーフォトモデラー「ぷぅさん」との兄さんのコラボによる、超絶写真集が、今日公表されます!!
(ちなみに2/5は兄さんの46歳のバースデーでもある!!記念碑的作品です!)

勿論「未公開画像」も多数公開されますので、ぜひっご覧下さい!!
多数ご参加いただきましたクリエーターの皆さんへの恩返しもこめて渾身の1冊に仕上がっております、2冊目も現在企画検討中、あなたの心臓を揺さぶる「n.blood的」ガンダムの世界をぜひっご堪能ください!!
先行特別公開
(たくさんの画像のほんの一部よ、、、、、笑)

★兄さんのHPへのアクセスは、ブログリンクのトップをクリックいただければごらんにいただけます!
ブログリンクのトップ>HPにとびギャラリーを開く>ワイヴァーンの画像をクリックでOKです!!

ZII_6_800x800.jpg

それでは皆さん
次回の記事でお会いしましょう

ほいじゃ~のぉ~!!



 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ