このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# 「ガンダムMk-Ⅱ製作記 その2.5」

ガンダムMk-Ⅱ製作記 その2.5

<腰部分の後編>秘密の花園のお話、、、、、、、




 さて、随分とまた放置してしまいましたが、前回の製作記事の「腰編」の続篇でございます、、、、

色々、参考になるコメントもいただきましたが、とりもなおさずデザイン性を重視していきますので、これは、、、、???な、部分があるかも?しれないけど、まぁ、大きい気持ちで見てあげて下さい!!
(なんせ、久しぶりのR-18ですからねぇ、、、、ムフフフフフ!!)



あ!そうそう!!
昨日は「千葉しぼり」のオフ会があったんですが、業務連絡で会員の皆さんにお伝えしておきます!
来月7月のオフ会は、「ワンフェス」に遊びに行きます!!(幕張メッセへGOGO!!)
7/26(日)に行ける人は、幕張駅に2時集合でお願いします!!(まだ予定は未定だけど!)
当日は、寝太郎会長や紅緒君、ハタ君がお店で原型製作したブツをさばいてると思いますので、激励&会場見学に行きます!!

なお、会員ではないけど、一緒に遊びに行きたい方々も会場で合流できる人はブログのコメ欄にお知らせ下さい!一緒に遊びましょう!!
(紅緒&ハタは当日まで、くれぐれも死なないように!!


そいじゃ、そろそろいきましょうか、、、、、、、、
今日の記事は、新しい「合体しいたけ」もお見せしますので、ぷるぷるしながら読んでみてちょ!!













着色の終わったフレーム!

TKI-001.jpg

下半身(腰)のフレーム部位の着色が終了!!
今回は、フィニッシャーズの「チタニウム」をメインの差し色に使用して硬いフレームの中に微妙な軟らかさを入れてみました、ぶっちゃけ今回使用してみてこの「チタニウム」がいかに素晴らしい発色なのかを実感!!シャンパンゴールドをもう少し軟らかい感じにしたような色アイにうっとり、、、、
(兄さんの中で「チタニウム」は、大ヒットです!!超お勧め!!)













「秘密の花園」初公開!

TKI-020.jpg

「イヤ~ン、そんなに見つめちゃ、、、、、、、」ゲホッ、ゲホゲホ、、、、
えぇ~っと、まぁ「見る人」の捉え方によっては、もしかしたらモザイクを入れないといけないような微妙なデザインですが、はっきり言って「モロ」R-18の花園ディテールをこさえてあります、、、、

しかも、通常この手はエポパテで製作するのが常套手段なんですが、超気合が入っちまってプラ角棒から削り出しで製作してあります、、、(力入る、入る、、、笑!!)

「えっ?!」

スカート裏の装甲が変わってる?!


(よく気がついたね?!奥さん、なかなか目が利くじゃないの!!ウフッ!!)





なんかねぇ、、、、、、、、、
人様のトラスフレーム見てたら、、、ついつい、やっちまいました、、、、、、ゴホッ!!
(ぐっち君、兄さんもやっちましました!テヘッ!







兄さんのトラスフレーム

TKI-003.jpg

たぶん、よく手を動かしてる上級者の皆さんはご存知だと思いますが、、、、、
トラスフレームの製作には、大きく分けて2種あります!!

ガンプラで多いのが、プラ板にデザイン画を書き、カッターでくり抜く、平面型のトラスフレームと、もう1種はバイクのフレーム等と同様、1本1本の棒材を組んでいく立体構造のトラスフレームです、、、

Mk-Ⅱの装甲形状は独特で、平面ではないため、今回は後者の立体的なバイクフレームの方法で角材を1本ずつつなぎ合わせて製作してみました、コイツを前回製作した「たわら状」の裏ディテの上に重ねます!!
<平面のくり抜き型フレームも実際は難しいですよ!要はどう使うのか?どこに使うのかで用途は分かれますけどね、、、、>

文字で書くと非常に簡単なのだが、実質はかなりめんどくさいです!!
出来上がってる「土台」の上に貼り付けていけば簡単なんですが、着色の塗り分けが非常に困難になるため、あえてバラバラに製作してあとでビタで合わせていきます、、、、、、、、、
(ネックになるのは、一部傾斜角がついているので合わせるのが大変す!汗汗)

装甲の裏側の記事はよく見かけますが、僕もあちこちの記事を読んで参考にしてます!!
あんまりよくは見えないのですが、意外と作ると没頭できてはまりますので、お時間があれば1度とことんやってみるとおもしろいですよ!!(運ばれる可能性大です!笑)









それじゃぁ、奥さん、、、

少し早いけど、今日の本番

いってみましょうかぁ、、、、、、、、

今日は、「合体しいたけ!!」よん










「合体しいたけ」の巻!!



 前回の記事でも「可変」について説明しましたが、静止画像ではいまいち、よく分からない部分や見えにくい部分もあったかと思いますので、今日は、可動プロセスをじっくりご覧いただけるよう、分かりやすい解説をしていますので、お楽しみください!!


★<画像は、左から右に見ていくと分かると思います!!>
今の兄さんのトレンドは「見せるディテール」から「隠すディテール」へのシフト!!
あくまでも自分基準での話だが、次にいきたいなら、常識にとらわれていては何も進まないので、逆説的だが、製作したディテをひたすら隠す方向にシフトし始めたんですが、、、、、、、、
(これが、なかなかにおもしろい!!







まず、チンコ装甲が3段に分かれます!>

TKI-004.jpg

ココは前回のおさらいね!
スライド装甲によって、チンコの装甲が階段状に前にスライドしていく、、、、、、、、






その下から可動しいたけ!>

TKI-005.jpg

えんぴつで指してる「可動しいたけ」が内部からクルリンと出てきます!!
これが、合体しいたけAの部分です、、、、、、、、、
(いや、ちっさいチンコじゃないって、、、、汗汗、、、マー助は黙ってみてるように!)









秘密の花園オープン!!>

TKI-006.jpg

股関節の真ん中が3段階に折れ曲がって伸びてきます!これが合体しいたけBの部分、、、、
股間は、ももの付け根が近く、熱がたまりやすいので、リンケージが下側まで大きくせり出て来る感じです!!












ABのしいたけが組みあがった所!!>

TKI-008.jpg

こんな感じで展開されたしいたけABが合体します、、、、、、、
「合体しいたけ」自体はけっこう小さいのですが、可動ヒンジは4箇所あり、それぞれが独立可動するので、けっこうスムーズに合体します!!














可動ヒンジの作り方

TKI-009.jpg

可動ヒンジそのものは、「時計バンド」の構造と同じで、ヒトコマずつ組んでいき、真鍮線等を通してあげればOKです、ただし、幅自体がタバコと大差ないためけっこう水平がでにくいかもしれない?

今回は、タバコ幅の中に11コマのヒンジを合わせて0.5ミリの穴を開けています、、、、、、、、
(あ!この接合部位に2本の軸が通してあり、非常に微細に可動します!!)
コマの切り出しを先にやるのか?穴開けを先にするのがいいのか?は、個人差があって、これが良い!!とは言いにくいが、自分でやりやすい順番でやるのが一番良いでしょう!!


ちなみに兄さんは、角材に先に穴あけて真鍮を通しておいてから、水平を研ぎだしていきました!
ほとんど、フリーハンドで工作するので、あとは感覚と集中力があれば楽勝です!!
局部可動にチャレンジして見たい人は、参考にしてみてちょ!















フルオープン画像!!

TKI-010.jpg

「秘密の花園」を開放しちゃうと、立てられないので変な写真になっちゃうけど、、、、
とりあえず、今あけられる部分をフルオープンして画像を載せておきますね!!

で、、、、、、、、、この後どうなるのか?!

それは、まだ話せませんが、たぶん次の記事は、「ガンダムMk-Ⅱfb」じゃないかも?!
(ちょっと急ぎで組まないといけないのがあるんで、、、、、微妙、、、、ホホホホホホホ)
















好例のいただきもの~~!!

えぇ~っと、忙しすぎて「千葉GPM」の会合やら「千葉しぼり」オフが続いてまして、取り急ぎ、ウエハラちゃんからいただいた画像を掲載しておきます!!
(リポート書けなくてスイマセン、、、汗汗)

斉藤ちゃんの1/144クシャ完成!!

TKI-011.jpg

この前のガルマ君に続きまして、、、、、
やりおりましたよ!!この男も!!「斉藤ハジ~メ氏」がキット販売直前にギリギリで間に合わせてくれました!!フルスクラッチクシャトリア!!
不屈の魂を持つハイパービルダーに尊敬と敬礼でありますっ!!よくぞ、心が折れなかった!
しかも非常に「おっとこ前」な完成度に兄さんも大興奮!!

何がすげっ~て、バインダーを1枚ずつしぼってるんで、非常に軽量に組みあがってます!
(なんでもかんでも複製すりゃ良いっちゅうもんじゃないのよ!!ビギナー諸氏はよく見ておいてちょ)
気合と魂の男の生き様見せていただきました、、、、完成おめでとう!!

>バインダーは4枚ともヒートプレス仕上げですが、一体何枚のプラ板をダメにしたことか、、、








そして全国1千万人の

濱薫ファンに捧ぐ、、、、

この大バカっぷり!!









濱薫のその後のジオ、、、、

TKI-013.jpg

え?何か分からない???
ウフフフ、、、、、これは、濱君の隠し腕「わしずかみ君」であります!!
この鋭い指先でガンダムを挟み込んでワシワシ痛めつけるわけです!!(す、素晴らしい!)
ぶっちゃけ、全然隠し腕じゃないんですが、非常にかっこいい!





<全体像だぴょ~ん>

TKI-014.jpg

もうね、、、、、、、、、デカイ、、、、実物、超デカイ、、、、、
その辺の奥さんなら軽くナックアウトな状態です、、、、はたしてどこまでいくのか?この男?!
モデサミまであと少し、、、はたして間に合うんだろうか?!乞うご期待!!















そして本日のトリは、、、、、、

セーパン氏の原型を丹念に仕上げたこの大作!!
1/60ズダ!!文句なしのかっこよさ!しかも「Wフェイス」のオマケ付き!!
じっくり見てちょ~だい!


<百太郎作 1/60ズダ 原型セーパン氏>

TKI-016.jpg


TKI-017.jpg


ヤバイ、、、、、、、、、、、やられた、、、、、、、、
もうね、色、仕上げ、デカル、何を見ても感動した超バツグンの完成度!!
フィニッシャー百太郎の意地と根性の結晶ですね、、、、、

兄さんの周りはこういう「男塾」な人たちがゴロゴロしてて、本当に恐ろしい、、、、、
こういう仲間と模型作ってると否が応でも技術レベルが向上していくような錯覚感を覚えます、、、、
(実際には単なる勘違いかもしれんが、、、、、、、、)



模型の良さって何よ?!って人に聞かれたら、、




「やっぱ人が作ってるもの」って自然に答えられちゃうでしょうねぇ、、、、、、素敵です!!



それでは次回も濃厚な記事がお届けできればいいんですが、、、、、、、、、、
Mk-Ⅱフルバーストの続篇もご期待下さい!








ほいじゃ~のぉ~!!











スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 「ガンダムMk-Ⅱ製作記 その2」

「ガンダムMk-Ⅱ製作記 その2」

<★腰編 前章 バランスの微調整>



 どうも、うっとうしい「梅雨」の時期が到来、、、、、、、、
皆さんもさぞご苦労されておられることだと思いますが、兄さんは既にクーラーガンガンで作業を進めておりました、、、、、、、


んで、最近ちょっと気づいたんだけど、、、、、、、
以前は「体が3つあったらなぁ、、、」とかログでも書いておりましたが、、、、、、、
今週、ふと気づいたんですよ


「あ!体は1個でいいから、頭が4つくらいあればなぁ、、、」
なんて、思いつきました!!
最近の自分の作業で一番嫌いな作業がクリアランスの計算でして、小・中・高と通じて、数学は大の苦手なもんで、ホントいらん苦労しょいこんでます、、、、、、、
(マジで数字は苦手で、かといって文系が得意ではなく、もっぱら直帰が兄さんの属性)

さて、お待たせしました「ガンダムMk-Ⅱ」のその後ですが、、、、、、、



ようやく腰がでけたよ!!

しか~も!!でけたのは基本のたたき台!!



実は、まだ途中なの、、、、、、、


色んな意味で少し迷子になってます、、、

たぶん、今回は前編なので、

軽く読み飛ばしてください!!汗汗、、




ぶっちゃけ、通常のウチの記事だと、アーマー類やチンコ等は個別に分けて解説する事が今までの通例でございましたが、今回は諸事情により、全てまとめて公開するように変更しましたので、少し頭がパンクしかかってます、、、、、、、、

え?ごちゃこちゃ言ってないで

早く見せろ??!


(ホント、あんたもい好きねぇ~~ん


これだっ!!

KOSI-01.jpg


あれ?!

おかしいなぁ~???(超滝汗、、、、)
なんか、PCの調子が悪いみたいですねぇ?!(いや、あきらかに故意だろがっ!!笑)
いやいやいやいやいや、、、、、、、
なんか、某ブログでギンギンにいかした記事書いてる方がいて、しかも最近、近辺で湧き上がる?謎の三菱ブーム?!につられて、つい、手がすべっちまった、、、、、、、ドキドキドキドキ、、、








冗談はおいといて、、、、、、、

これだっ!!




KOSI-14.jpg

えぇ~~っと左のがノーマルで右のが兄さんの製作したヤツです(見れば分かるって?!)
ご覧頂いても、一見して何がどう変わったのか?全然分からないと思いますが、、、、、、、、、
単純に2つの作業をいたしました!!

①チンコパーツを小型化して、内部フレームそのものを3ミリ前に突き出してみました!
②リアアーマーを1.5倍に大きくしてヒップボーンにしてあります!

僕個人の今回のイメージは、「マウンテンタイプ」でして、、、、、、、、
全体の組上がりが、「山」をイメージしてるので、上側に向かってそそり立つ様に見えるよう、バランスのタイミングを変更してあります、、、、

ただ、大きく極端な変更はせず、一部に入れたスジボリとかで、素組みとの差別化を図ってます!
なかなか良いエッジ具合でしょう?!
(今回もピンピンに研ぎ澄ましてみました!)

ただ、これだけだと皆さんイメージしずらいでしょうから、、、、、、
この前の製作してた上半身とくっつけた画像も載せておきますね!!









こんな感じです!

KOSI-15.jpg

















大きくなったリアアーマー!

KOSIAN-04.jpg

 先ほどの説明にもありましたが、リアアーマーをけっこう大きく作り直しました!
画像だと少し分かりにくいかなぁ?!
左の元寸法と比較すると、上下に2ミリくらい大きく変えてあります!

ちなみに、現状でもスジボリしてあるんですが、たぶんもう少し変わると思います、、、、
上半身見てて、分かると思いますが、ウチではスジボリは最低で3種の太さのものでメリハリをつけていきます、「同じ太さ」のラインだけで、スジボリしちゃうとそのパーツの奥行きが乏しくなり、交互に太さの異なるスジボリが交差してるほうが、見た目にも美しいですし、立体感が格段に変るんですよねぇ~、これ?不思議ですね?







裏側はこんな感じ!

KOSIAN-05.jpg

 まぁ、見慣れたいつもの感じなんですが、今回はあっさり目に仕上げてあります、、、、、、、
左側のキットディテールも悪くないんですが?あまりにもアレなんで、ちょこっと変えてやりました!
最近、良く僕が読んでる「ぐっち君」のブログとかだと、多重なトラス構造の美しいアーマー裏の表現とかがかっこよくて、本当は今回も悩んだけど、、、、、、、

元キットのイメージを払拭したかったのもあり、あえてトラスはやめておきました、、、
だいたい、ぐっちさんに勝てないし、、、
ウチのアーマー裏はこの手の「かわら型」が多いんですが、「かわら型」の良い点は、作るのが簡単なのと、毎回そのデザインを工夫する楽しみが病みつきになります!
(まぁ、無論トラス構造もデザインは楽しめるんですけどね!この辺は好みかな?)

ほんで、アーマー横に「外イタ」がころがってるでしょ?!
「外イタ」って言うのは、例えば薄いプラ板を10枚くらい重ねて整形する場合、一番両側の外につけて挟む板の事で、かわらパーツが出来上がると、こうして必ずあまるパーツです、、、
普通の人は「もったいない?!」と感じるかもしれないけど、この「外イタ」を2枚両側から挟むだけで、出来上がるパーツは格段に美しくなります!!

たぶん「しいたけ」のパーツが綺麗にいかない、もしくは、やすりにくいと感じてる人は、この「外イタ」をつけてないからなの!せっかくの完成品なので、使うパーツは美しく整形したほうが良いでしょ?
プラ板の1枚や2枚は、必然の犠牲だと思って完成したら捨てちゃいましょう!!
(それで綺麗なパーツが作れるなら、御の字でしょ?!ウフ!)


あ!そうだ、ついでだから、、、、、、、、、、、、、










今週の基本工作!!

<小さいプラ板の水平工作>

これは、僕のブログをずぅ~っと読んでる方は、よく知ってるかと思いますが、、、、、
せっかくなんで、今回重複しますが書いておくね!
最近、模型始めた人は、こういう「基礎」をしっかり把握しておきましょう!!

まず画像を見てね!

KOSIAN-06.jpg

 ええぇ~っと!
よく目をこらして見てちょうだいね!
ピンバイスのさきっぽに「2枚」の丸い板が見えるかな?!
これは、タミヤの2ミリプラ棒をカッターでスライスしたものです、今回、こいつを「可動しいたけ」の基部に使うので、かなり正確に作らないといけません!!(じゃないと動かなくなるから!笑)

ただ、2ミリプラ棒のスライスで完全な水平なんかできないんですよ!!
なので、任意の欲しいサイスよりも少し厚めにスライスしておき、自家製のゲージで綺麗に水平にしていきます、、、、

画像の右端に、穴のたくさんあいたプラ板があるでしょ?!
いらない、板にたくさん穴あけたプラ板を両面テープで固定してあり、その穴は2ミリです!
はい、お分かりですねぇ~?!

その穴に必要な枚数を1枚ずつつ入れて、上からやすると、同じ厚みで水平な綺麗なパーツが精製できます、勿論、このゲージは、いらないプラ板で製作していただいてOKです!!
「正確な形や厚み」の物がたくさん欲しい時は、プラ板で工夫してゲージをこさえると、必ずそれが出来るようになるので、覚えておきましょう!!



ミソ
プラ板は何も箱組みやディテのためにあるわけではなく、根本的には、こういったゲージの製作に用いるのが有効です、あとは各自工夫して頑張りましょう!!







さて、、、、、、、、、「基本工作」」の解説も書いたので、、、、、、
いよいよ、本番ですよ、、、、、、奥さん!!

少しみずらいが、、、、、、、、

今週のMk-Ⅱ<f/b>の

スペシャル画像!!

じっくり楽しんでちょ!!
















今週のフルバースト状態!!

KOSIAN-07.jpg

 現在、製作中のガンダムMk-Ⅱ<f/b>は前回もお話しました通り、最高出力時に機体の負担を軽減するため、各所の装甲が展開し、放熱作業をするのはご存知だと思いますが、、、、


その様が、実験途中で失敗し大破したように見える所から、アナハイムの研究員達は、「フルバースト(炸裂)」と陰口をたたいてひやかしていたらしい、、、、、、、

元々、雛形だったプロトタイプMk-Ⅱを企画変更して組み上げ実験が行われたらしいが、、、、、
エウゥーゴに奪取されたMk-Ⅱのデータを元に、高出力実験機として、プロトタイプを組みなおしたこの「フルバースト」の装甲可変型の機体が極秘裏に研究開発されたのである、、、、、
(詳しくは、完成直後に書きますが、、、、)


みたいな設定で、今回は作業を進めております、、、、、、、、、
前回公開した「観音開き」とは、変えて今回は「スライド装甲」による、可動+可動+可動にチャレンジしてみました!!
(ちょっと、画像だと見えにくいかもしれませんが??汗汗、、、、)










KOSIAN-09.jpg

 まず、「チンコパーツ」が3段階にスライドしていき、その一番下側から、可変しいたけが内部フレームから展開されます、脚部付け根のたまった可動熱もここから放出される設定です、、、














KOSIAN-08.jpg

次に両脇が開き、内部からコクピット周りにたまった熱が放熱フィンの展開により、逃がされ、、、
フロイントアーマーが真ん中から、下にスライドして内部のラジエーターが出てきます、スライドが下まで下がると、それがさらに半分に割れて外側上方に展開され、これまた熱放出されていきます、、、、



本当は、もう1箇所可変するハズでしたが、間に合わなくて今日はココまで、、、、、、
最近、ようやく「神」が降りてきたばかりなので、作業そのもののアイディアは湯水のように沸いてくるんですが、いかにしてそれを無理なく内部フレームに組み込んでいくのか?!
が、もっぱらの課題です、、、


そう、、、、、、、「クリアランス」」を確保するため、脳内総動員で、無い知恵しぼってます!笑!


まぁ、次回公開時までには、さらなる展開がお見せできるかと思いますが、、、、、、
なにぶんセンスもなければ、お金も無い状況なんで、、、とりあえず踏ん張ってみます!!!


え?また途中画像が少ない??!

ウ~~ン、ぶっちゃけめんどくさいです!

気になる人は、下の画像見てちょ!










サフ前画像

KOSIAN-10.jpg

KOSIAN-11.jpg

KOSIAN-12.jpg

腰部位の各パーツは一端バラバラに切り刻んで、可動軸の検討やクリアランスを確保しながら、そのつどプラ板にて整形していってあります、今回難しかった箇所は2段3段に重なってスライドする箇所で、軸線が上手い事綺麗に出てないと、スムーズに可動しない所とか、どこの装甲が可変してもラインがかっこよくまとまるよう苦労してます、、、、
(まぁ、かっこいいか?どうかは見る人が決める所ですがね!大笑!!)
ともかく、今回も通常のMGの倍以上のパーツ構成になるのは間違いないでしょうねぇ、、、、
(1枚のフロントアーマーが4枚におろされちゃんだから当然なんでしょうが、、、)


とりあえず、よく着てくれてる皆さん、本当にありがとうございます、、、、、、
中途半端ではありますが、とりあえず今はこんな感じです、次回のブログにて、着色されたフレームも公開されるので、もっと見やすい画像でご覧いただけるかと思います!!
特に今回お見せできなかった「秘密の花園」は次回、乞うご期待ください!


それでは最後好例のドデカ画像でお別れしましょう~~~!!











フルバ~スト!!!

KOSIAN-13.jpg



ほいじゃ~のぉ~~!!!

と、書きつついそいそと「千葉GPM」に遊びに行く兄さんであ~~る!!ブホホホホ~



■追記 ととさんのコンペ!!
AAAAA-01.jpg
いつも、お世話になってる「ととさん」が、水軍<SD物>のコンペを開催中~~!!
既に、「はるかさん」がケンプでエントリーされておられますが、SD好きな皆さんも新作のSDではりきってコンペに参加されてはいかがでしょうか?
詳しい事は?>ココをクリック!!GOGO!

「ととさん」の「ばば様」がピンチだったらしいのだが、兄さんも少しヒヤっとしました、、、、、、
(家族の健康は何よりも大切ですからねぇ~!!)
ホントは時間があれば、兄さんも色々なコンペに出たいんですが、、、何分、やっかいな作業が終わらなくて、、、汗汗、、、でも、その内「兄さんSD」を絶対お見せしますからね!!
















 | ホーム | 

# 「ガンダムMk-Ⅱ製作記その1」

「ガンダムMk-Ⅱ製作記その1」




 どうも、またも長い間、山にこもってました、、、、

前回、お伝えした通り、ようやく「ガンダムMk-Ⅱ」の製作記事の始まり始まり~です!!
まぁ、そんなに期待してる人も多くないと思いますので、マイペースでじっくり取り組んでいこうと思いますが、お時間のある方は、完成までの時間、お付き合いくだされば幸いです、、、、、、
(ホント、やっとスタートしたよなぁ、、、コレ?!)


で、今回は、前回の「ワイヴァーン」とは、全く違う趣旨で、スクラッチする箇所を極力控えて、バンダイのMGキットを極限までピーキーにチューンドする方向でいかせていただきます、、、、
なので、「改造」とか「徹底改修」みたいなノリではなく、あくまでも原型を尊重し、自分好みの「絵」を描いていこうと思っています、、、、(簡単なリテイク作業っちゅうのかなぁ?)
きっと、これなら「私にもできる(できそう!)」と、言った感じで進めていけると思うので、気に入ったら参考にしてみてください!!








機体の解説と方向性の話

 まず、今回の趣旨は、「千式」>「ワイヴァーン」ときてウチでの3部作となる最終形としての答えを出さないといけないので、やはりの「オラMS」になる予定なんですが、、、、、、、
どこに「落としどころ」を持っていくのか?!
1ヵ月半悩みまくり、3つの機体を参考にしてみました、、、、、、、
「GP-01フルバーニアン」
「ガンダムF-91」
「ユニコーンガンダム」
と、言うガンダムの中でも共通の特徴を持った3機をじっくりと研究してみました、、、、

(え?何も共通項が見当たらない?!ウフフフフそうですか、、、)
そして、3つのMSのおいしいトコだけをリミックスして、Mk-Ⅱに転用してみようと思います、、、、
では、工作の解説の方にいきましょうかねぇ、、、、














ほぼ完成した上半身!


まずは、ごちゃごちゃ説明する前に、画像で見てもらいましょう!!


SMS-01.jpg


えぇ?!

前回の画像からほとんど変化が無い??


(ブクブク泡を吹いて倒れる兄さん、、、、グフォッ!)




そ、そうですよねぇ、、、、、、、(((((ガクガクブルブル))))))
はい、おっしゃる通り、ほとんど進んでいないんですが、今回は、ココまでしかできてませんの、、、、
いわゆる「基本工作」を集中してやっていたもんで、ともかく綺麗に全パーツやすりあててます!!


たぶん、角度的によく見えないと思うから、あと2枚程よぉ~~~っく見てちょうだい!
(特にビギナーの方や初心者の人は見といてね!!)





SMS-02.jpg



SMS-03.jpg


まだね、胸部上面の左右にあるカメラBOXみたいなのは着いてませんが、、、
(そこはつっこまないようにお願いしますね~!汗汗、、、)

それよりも、、、、、、
装甲や肩関節のパーツ等、全てのエッジをよぉく見ておいてください、、、、、
このぐらいカリカリにやすり当てておくと、かなり「おもちゃ感」は排除できると思います!!
ちなみにたくさん「スジボリ」がしてあり、極端な「段差」とかもつけて装甲に立体感を演出してますが、こういうのは「基本作業」と言って、「改造」とかでは無いのね、、、、

ランナーからはずしたパーツの「ゲート処理」とかと、さほど大差ない簡単な作業です、、、、、
ビギナーの方々がよく勘違いしてる人が多いみたいですが、意外と知られていない事に僕も驚いたりしてます!?
(あ!また脱線しちゃったよ話が、、、、アワアワアワ、、、)












基本工作のミソ!

 せっかくなので、画像見ながら基本工作にふれておきますねぇ~~!
「基本工作」でよく出て来る「ゲート処理」って単語がありますが、、、、ランナーからはずした全てのパーツにヤスリを当てる事が基本中の基本です!

よく、ゲート跡の場所だけやすってる初心者の方の作品を見かけますが、最低限、見える範囲は全部の面にヤスリ当てておくといいかと兄さん思いますよ、、、、
塗料やサフものりやすくなるし、キンキンに出したエッジと面のつながりも綺麗になるからです!
では、、、、、、、、
ちょっと画像見てみましょう!

SMS-04.jpg

4つのパーツが並んでるでしょ?!(Mk-Ⅱの肩のフレームパーツです)
上側の2個がヤスリを当ててる途中の画像、下側がキットのそのままのパーツですね、、、、
メーカーさんのキットは以前もお話したが、「ST基準」と言う安全法の規定で、全てのエッジが「なまして」ありますが、小さいお子様に安全性を重視してのお話です、、、、

ですので、その「ゆるく」なってる部位をピリッとさせるわけです、兄さんがよく見る「失敗例」は、装甲部分の外側を形成するパーツはやすれているのに、フレーム部分等の箇所が「ゆるくて」せっかくの作品がちょっともったいないなぁ、、、っつうのを見かけます、、、、

フレーム部位も外側に露出する部分だけでいいので、装甲と同様にヤスル法が良いかと思います!
特にガンダム系のフェイスで多いのが、「アンテナ」はカリカリにエッジが出てるのに、真ん中の五角形のパーツの角が丸かったりして、対比箇所が近い分、非常に目だってしまうケースも間々見かけたりしますねぇ、とても残念です、、、、、













言い訳、、、、、、、、、

はい、今回はまただいぶ調整するのに時間がかかってしまい、ブログ書くのが遅れたり、ブログの返信が遅かったりしましたが、本当に申し訳ない、、、、
(依頼者の方にもホントご心配おかけしました、、、汗汗)
実は、フレーム部位の改造をしてたりしたんですが、胴体部分が挟み込み接着な上、余計な飾り物つけたため、可動のクリアランスがよく読めず何回もリテイクを繰り返していたためです、、、、
(ホント、センスねぇ~んだよなぁ、、、コレが、、、また)



SMS-05.jpg

よく見かける、ガンダムの「ゆだれかけ」の部分です、、、、、、
右側のスジボリをたくさん入れているパーツを見てください、底面の真ん中あたりが大きく切りかかれているでしょう?!(分かるかな?)
肩の軸受け部位に「シリンダー」を追加デコレーションしちゃったので、こういうカットを入れないと、シリンダーが当たって、可動しなくなっちゃうんですが、これまた、サフ吹いた後に気づいたりしてね、すっごく凹みましたよ、、、マジで、、、、、、、、、

いちいち借り組みする際に全部のパーツつけてるとエライ時間がかかるので、部分まいに見てたりするんですが、横着すると全部後で痛い目に会うんですよねぇ、、、コレが、、、、、、、、
(特に兄さんが作るMGはパーツ数が異常に非常に多いんですよ、、、涙目)













問題のフレーム画像

SMS-06.jpg


SMS-07.jpg


はい、ご覧頂いた通り、肩の可動パーツにシリンダーを左右2本ずつ追加しているので、遠心運動する際に、内部は勿論、外装甲部分にも当たってしまうため、クリアランスを作るわけです、、、、
書くとごく当たり前の話なんですが、、、、、、、

実際には、パーツを複雑に塗り分けているため、塗装しながら組み上げるので、「ハガレ」を極力おさえるため、そう何度も『借り組み』が出来なかったりする訳です、、、、、、
フレーム部位に関しては、塗装しながらの挟み込み接着と言う作業が基本なので、口で言う程たやすくはないわけなんですねぇ、、、


あ!
ちなみにお腹の中にあるコクピットは本来、設定では「赤」なんですが、今回は色目の調節で「クリヤーイエロー」で仕上げています、、、、
フレーム部位は実に6色のメタリックカラーを使用して、微細に塗り分けています、、、
(って、全然分からんがな?この画像じゃ?!ヒィ~~~)












さて、奥さん、、、、、、

今日の記事は、ここからが

本番ですからねぇ、、、、、、

じっくり読んでみてちょだい!!













可動+可動=放熱!!

 さて、本日の本番にいきましょうかぁ、、、、、、、、
今回の1番のメイン作業が先ほどのフレーム画像でもちらっと見えてた、「新しいたけ」です!!
これは、以前アッガイでも実験済みの、「しいたけ」の最終進化形である、「可動しいたけ」のお話!

今回製作するMSの仮名称は「ガンダムMk-Ⅱ<F/B>」って言います、、、
で、この<FB>の最大の特徴は、コロニー内において、瞬間最大速度をたたき出す際に装甲の数箇所が割れて、放熱しながら機体内部に負荷がかからないような特殊装甲を持った機体、と、、、、、
言う設定でございます、、、、、、、、
(正式名称および設定は、後日お話しますね~!!)


機体の特徴を引き出す際に装甲が可変するMSは何種かあり、特にめずらしくは無いのであるが、もしも、Mk-Ⅱにそれをつけたら相当おもしろいかも?なんて、思いいついたのである、、、
(まぁ、元ネタはアイアンマンなんですけどねぇ、、、笑!!)
GP-01フルバーニアンしかり、F-91しかり、ユニコーンなどがその代表格なんですが、「可変」とかではなく、一部の装甲が可動して「トランザム状態」になるって、なんかかっこいいなぁ~、、、
なんて、一人ほくそ笑みながら、装甲に処理を加えて可動フレームと組合わせてみたっ!!





こんな感じです!
SMS-08.jpg

 わきっ腹の装甲が後ろ側に観音開きして、中から放熱用のフィンが展開されてる状態、、、
勿論、色々な箇所がこんな感じで可動する予定なんですが、けっこう時間がかかる作業でして、ブログの更新が遅くなっちまいました、、、、


なんせ、、、、、
装甲を切り離したら、表も裏も作らないといけないし、、、、
当然、可動ヒンジは作らないといけない、しかも、左右対称でないと、笑われるし、、、
あげくに、内部にしこんだ「しいたけ」も可動させないといけない、勿論、クリアランスを確保するのは口で言う程たやすい事ではないんですねぇ、、、、、

でもね、バンダイキットの元フレームと比較すると格段にかっこよくなってるハズ!!
(え?たいしたことない???、、、、、、、


後ろから見た感じ

SMS-09.jpg

アレッ?あんまよく見えないなぁ、、大笑!

まぁ、ともかく今回の新作Mk-Ⅱ<FB>に関しては、非常に可動箇所が多くなるため、いつにも増して製作速度が遅くなる模様です、、、、、、、
きっと、完成した画像を流行る気持ちでご覧頂いてる、ブログ観覧者様には申し訳ないが、相当遅くなる可能性大みたいです、、、、、、、(手も遅いし、センスも無いんで大変なんです!滝汗!)

え?!
いつもの途中画像が少ない?!
そう~かなぁ?!

でも、まぁ、気になる人はコレ見て、やってみてください!!
作業そのものは、「しいたけ」製作とそんなに変わらないです、ただ、仕込む場所をよく考えないと、可動のクリアランスを確保するのが大変かも?!
今回のモデリングは非常に頭使います、、、、、(ぶっちゃけ超苦手分野かもしれない、、、汗)

SMS-10.jpg

どうだ?!まいったか?!笑

今回は、あえて「タバコ」も「つまようじ」も載せてません!!
いつもの画像とは、趣向を変えてみました!え?つまようじ載せろ??!
(お客さん、、、あんた、相当マニアックですねぇ、、、、大笑!!)


冗談はともかく、いよいよ本格スタートしました!
ネタもしぼれましたし、あとは、キットパーツと格闘しながら出来る限り「n.blood」風な感じに仕上げられれば御の字なんですけどねぇ、、、、、、、
次回の「Mk-Ⅱ<FB>」の記事にもご期待ください!!
(次は腰周りかなぁ?!たぶんね、、、、)













今週のいただきもの!

★はるか作 SDケンプファー
SMS-11.jpg
ウ~~ン、とっても綺麗なピカ青、それに相反するいぶしぎんなシブ金が非常に印象的な、はるかさんの最新作、SD三国伝に登場するケンプファー!!
どうやら、前回のコンペで覚えた(磨いた?)ドライブラシが非常にアクセントになったようですね!?
あいかわらずの丁寧な仕事、お疲れ様です!!
特に作品に感想は無いんだけど(えっ?笑)、、、、、、だんだんと成長していくはるかさん自身の姿、僕個人としては、大好きです!!>もう教える事も無いなぁ、、、感無量!!
やはり、よく言うのだが作品に人柄が表れてるような気がしますねぇ~!!
はるかさんのブログはッコだっ!>クリックGOGO!!



★しまさん作 グフカスタム
SMS-12.jpg
しまさんからいただきました「グフカス」の画像っす!!
あの伝説のグフカス(ハリー君の)の頭部を彷彿させる、つぶし具合、独特のケーブル表現、適度に入ったウェザリングと、見所満載な非常に男臭いグフ、、、、、、、、、、
なんか上手い事かけないのだが、いかにグフカスが好きなのかが、滲んでますねぇ、、、、
最近MG2.0のグフも出たばかりですので、現在グフブームが吹き荒れてますが、やはり2.0のグフカスも出ちゃうんでしょうかねぇ?!バンダイさん?(笑!)
しまさん完成おめでと~!次回作も期待してますからねぇ~~!!
しまさんのブログはココだっ!>クリックGOGO!!









それでは最後になりましたが、好例の特大画像、、、、、
今週はコレだっ!!(1,2,3~!)

SMS-13.jpg
これまた、非常に美しい仕上がり、、、、、、、(ウ~ン、マンダム、、、)
スタイリッシュなバデイーバランス!かっこいいぞ!YASUE!!
兄さんも大ファンなやっさんの最新作、「百式オリジナル」の画像である!!
かなりキットに手を入れているのだが、微塵もその痕跡を見せない丁寧な仕上げが素晴らしい!!
やはり、美しい塗装は下地が全てだと、再認識させられる作品です、、
製作本当にお疲れ様、製作速度も尋常じゃなく速いので僕も見習いたい所です!!
YASUEさんのブログはここだよ!>クリックGOGO!!




それでは皆さん、次回も楽しいニュースに乞うご期待!!

ほいじゃ~のぉ~!!!



















 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。