このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# 「超人列伝!第2弾!!」

「超人列伝!第2弾!!」

 ども!皆さん!おはようございます!

微妙に天気がさえないブルーな月曜の朝、、、、
いよいよ「超人列伝」の続編を書いていこうと思ってます、、、、

今回、ウチのベニやハタにせっつかれ、どうしても特集を急いで組んでほしいとの事で、、
今月号の模型誌で1番インパクトのあったあの記事を中心に書いていこうと思います!!

皆さん?今月号のモデルグラフィックスは既にご覧になりましたでしょうか???

「あずさトムキャット 1/48」

これがねぇ、、、、
打ってるデカルならいざしらず、、、、
オール自作のフルカスタムメイドデカルで展開されたわけよ!!

僕個人としては、モデラーであり社長である熊谷本人の
意地と男気をあますといこなく官能させていただきました!


と、言ったわけで、ウチでは非常にめずらしい現用ジェットの番頭カラーを含め、この無理難題を北海道の小さな工房’から送り出した、隠れた名工「POOH熊谷」の超人的作品をフューチャーしてみようと思います!!笑!!
(よくやった!漢だねぇ~!熊谷!)
今回の特集も画像量膨大なので、じっくりと「熊谷モデリング」の真髄を味わって欲しい、、、




POOH熊谷の代表作!

☆「あずさトムキャット1/48」
POO-001.jpg

POO-002.jpg
いや、コレ。。。。。。。。。(滝汗、、、)
見るのも言うのも簡単な話だが、実際にヨンパチのトムキャにこれだけ大判のデカルを貼るのは並大抵ではありません!!
しかも、「完コピ」です!!

※>「あずさトムキャット」をご存じない方の為の解説、、、
もともと戦闘機シュミュレーションに出てくる、特殊な機体で、そのゲームCGのかっこいいことかっこいいこと!(エースコンバット6)こんな素晴らしいカラーリングのF-14が日本に実在してたら、それこそ、皆さんが航空機を見る目が180度変わるんだろうけど、、、、
普通は、このサイズでノーマルで組んでも稼動翼は、止めておくものなんですが、さすが熊谷!!
稼動も殺さず、見事なクリアランスでデカールを忍び込ませてます!ありえないよ!笑
(何度も言うが、通常、ハガレやキズを怖がり稼動はさせないんですよ!)

ちなみに、動いてる画像を見たい人はココをクリック!!(しびれるぜっ!)

まぁ、大型模型も普通にスラスラこなし、チマチマしたコクピットも作りこめる熊谷氏ならではだと、ウチのクラブ内でも盛り上がってます!
車から航空機、ヘリやキャラまでなんでもござれのスーパーモデラーが熊谷君です!

モデグラはこういう、おもしろい企画をガンガンやってほしいですねぇ~!!
今更だが、、、、
松本零時先生の箱絵で「ザ・コクピット」シリーズとかお願いしたいです、、、(無理だろうな、、)


ちなみに熊谷君はガンプラも製作してます!!
ウチの読者の皆さんはそちらの方が興味あるかと思うんだけど、、、、







☆MGガンタンク
POO-003.jpg
ついこの前、掲載されたから記憶に新しいかと思いますが、、、
コレのテストショットが届いて、すぐに熊谷君が電話してきて大騒ぎ!
「兄さん、やっべぇ~よ!コレ!!超出来がハンパないよ!」
(はい、もうね、うるさいぐらいに大騒ぎしてましたよ、、、POOH君、、、笑!)
まぁ、バンダイの最新作に入るんで基準はめっちゃ高いかと思いますが、、、

ウチの記事を読んでいる、模型の初心者の方に特に見ていただきたいのが、ライター熊谷の「塗り」です!鬼凄!!
「ぷるぷる日記」に掲載される作品は、非常に難易度が高い工作が施された作品が多いのが特徴なのですが、現在、世界水準で見てもバンダイのキットの質は、非常に高いのです!!
ゆえに、しっかりと塗り分けてあげると、改造が苦手なビギナーの方でも、十二分に凄い完成品を手に入れる事が可能となります!!

☆目んたまかっぽじいてよぉ~く見てちょうだい!
POO-004.jpg
<電飾が入るだけでコレだけ見事なコクピットがご自宅で見れます!!>


POO-005.jpg
<きっちりとキャタピラを塗り分ければ、このぐらいの質感も手に入ります!!>


POO-006.jpg
<さらに内部のフレーム部位の塗りわけも凝れるとこういう感じになる!>

高度な改造技術だけが、模型なのではなく、「塗りわけ」と言う模型元来の個人的アプローチが、設計図の指示した部分とは異なるところで、自己解釈できるようになれば、初心者の方々でも、MGやHGUCをより遊び倒す事ができます、、、、

早く完成するのが偉い事ではなく、「趣味」を謳歌する姿勢そのものが、現在問われてる部分だと思います、ネット環境の充実で、同じ趣味の方々と、交流するのも簡単な時代、どうしても急いで完成させたくなる気持ちは痛いほど兄さん分かりますが、腰をすえてひとつのパーツを納得いくまで、塗り倒す!!そんなスローライフな趣味を楽しんでみてもいいのでは?!

贅沢すぎる出来の良いキット、昔と違い、充実してるカラーラインナップ、加えて、模型誌やブログで展開される、作り方のノウハウ、もうこれ以上無い贅沢なこの時代、模型と向き合う姿勢そのものを今1度ゆっくり考えてみてもいいような気がしてます、、、、
自慢じゃないけど、昔はそれこそ、数えるほどしか工具も塗料も無く、エポパテはおろか、ポリパテさえ普通のお店では買えなかった時代を考えると、今の模型は急ぎすぎてるような気がします、、、

毎月のように新製品ラッシュはありがたいけど、モデラー全体がそれに乗せられちゃう風潮も、少し心配です、これからプラモデルを愛好しようと始められた皆さんには、ぜひっ、ゆっくりと模型と向き合って欲しいなぁ、、、、とか、このモデグラの作例から感じたりします、、、、、とても良い作例ですね!

あ!そうそうこれなんか
じっくり見て欲しい!!


POO-015.jpg
POO-016.jpg
陸自のF4-EJなんですが、、、
ねっ!分かるかな???
キャノピーだけで、一体何回マスキングしてんだよ!!的な高圧的な密度でしょ?!
ガンプラでは恐らくこういうのは無いんだけど、「要素」としてみていくと、フレームの塗りわけもこんくらい密度の高い、配色があれば、バンダイの素組みでもかなりかっちょよくなるのよ!!
ちなみに、このコクピットは「無改造」なんですよ!!
肉眼で見ても相当「厚み」のある画像でしょ?!

飛行機だから見ない、とか、戦車だから関係ない、とかでなく、自分の中の必要な何かにそれを当てはめて見ていくと、どんなジャンルの模型も、いつもの何倍もおもしろく見れます!!

事実、皆さんが評価してくれた、兄さんのワイヴァーンなんか「艦船模型」のパーツを使用してますし、エアモデルやアーマーモデルのウェザリング本なんか、ホント見てて飽きません!!
俺なんか、このコクピット見て、バルキリーじゃなくて、すぐにソルティックが頭に浮かんだからね、、、
やっぱ、ソルティックもこんくらい作ってあげたいよなぁ、、とかね、、、
(熊谷君今度ダグリングしましょうよ!笑)






☆クランメサイア!

POO-007.jpg

POO-008.jpg
これもねぇ、、、
見るのは簡単だけど、実作業はキチガイみたいに大変だったと思う、、、、
以前、コレを記事で取り上げましたが、フルアーマーメサを組み上げ、改修するだけでも大変な作業量なのに、とどめの塗りなおしとかダメ出しがついたいわくつきのメサイア、、、
ちなみに、ウチでの掲載画像は、モデグラさんとはかぶらないよう直接本人宅で撮影されたモノなんですが、非常に希少な途中製作画像も掲載しておきましょう!!
(蔵出しっちゅうヤツだね!)

POO-009.jpg
POO-010.jpg
まぁ、コレ見て「俺もやるぞぉ~!!」とか奇特な方は少ないとは思いますが(笑)
メサイアのパーツ数にめげない、超ファイトのある方は、挑戦してみて欲しい!!
え?
私ですか?
兄さんは「VF-1」一筋なんで、48のバルキリーシリーズがマジで展開されるなら、超鬼本気モードでVF-1を製作させていただきますよ!!
尾翼の折りたたみの断面や、エアブレーキやアレスティングフックを死ぬほど作りこみたいですね~
(また、無責任な事書いちゃってますが、、、、滝汗)






☆MGギャン熊谷仕様

POO-011.jpg
ちょっとモーターヘッドチックなシルエットが素敵な、アドラーズネストから依頼で製作された、MGギャンなんですが、味方によってはガリアンのOVAにも出てきそうな「遊び心」にあふれた、感じが熊谷君ぽいなぁと思います、、、
元来、シルバー大好きなPOOHらしくて、表面処理の大変な金属色がオーバーコートされてます!
実は、POOH熊谷の作品の大半はよく見てみると、非常に金属色を多様されてて、彼のスピリチュアルな部分がそこに依存されてるような気がします、、、
「n.blood」の模型の特徴に、間接部位やフレームを「灰色」で塗らない所はつとに有名だが、、、、
僕自身の感性として、アニメの彩色指定は、作業時間や「焼き鉄色」の無い、世界で特定されたモノだと考えているためで、実際にもし、機械や兵器としてロボットがあったなら、その間接やエンジンが灰色に着色されてるのがナンセンスだと感じているためです、、、
(そんな暇なことやってるとは思えないのね戦時中に、、、アハ)

まぁ、それは余計な話なんだが、熊谷君はホントによく金属色を多用してます、、、
もともと、彼が機械好きなのもあるんでしょうが、アニメ基準で製作されるのか?リアル思考でそれっぽく仕上げるのかは、ホント自由な部分なんで、それぞれの解釈でその時のノリで楽しまれてるんだと思います、、、、
もともと何を作らせても上手いのだが、根本的な部分で「器用」なんだと思う、、、、
彼は苦手なジャンルが無いのかもしれない??

POO-012.jpg
目もピカリンコしちゃうんですね?コイツは、、、、
アキバで実物の展示をアヤトンボさんの作品とかと一緒に拝見させていただきましたが、ホント綺麗な青で、ずっしりくる感じのウォッシングがいい味出してました、、、、
ただ、、、、、、、、、
気になるのは?アドラーズの依頼なのに?アドのパーツが見えない???
(もっと使わなきゃ、ダメじゃん!笑!!いや、俺ならガンガン入れるけどな!笑!!)
なんか、胸周りがそうとう誰かさんに影響されてるような???(大笑)





☆HGUCアイザック
POO-013.jpg
ウ~~ン、僕はこの色味がとても好きでね、、、、
グレー系のまぶしかたが凄く好き、どちらかと言うと、ウチはジミな色あいの機体が好みなんですが、このカラーリングは、偵察情報収集のアイザックにぴったりな気がしません?!
哨戒機は、わりと実機だと白が多いんですが、個人的にはこの手のアンバーなグレー系が好みだったりします、、、

たぶん、モデラーの大半はエースパイロットの乗機が好きな方が多いと思うんですよ、、、
兄さんはプロトタイプとかこういう哨戒機っぽい、どちらかというと脇役ちっくな、名も無く戦場にちっていった、あだ花のような機体が好きでね、、、、、
「MSイグルー」とかも大好きなんです、たぶん、GMスキーな皆さんなんか、兄さんと同じ感覚だと思うんですよ、、、あと、「MSV」とかね、、、
兵器開発の段階で消えていった数々の試作機、、、これがもうたまらんですよ!!
(え?アイザックの解説をしろ?!笑)




☆ムサイ
POO-022.jpg
最後に紹介するのは、「モデ☆サミ」でも展示されてました、ムサイの画像、、、
今、一生懸命こしらえてるそうで、これも完成が楽しみです!!
ともかく細かな作りも凄いのですが、雰囲気がマジでいい!!
もし、アニメじゃなく実写でガンダムをやったら、最初のナレーションのとこに出てくるムサイはこんな感じのやつが3隻くらい浮かんでるとしびれちゃうだろうなぁ、、、、
(昔ハリウッドで製作されたガンダムは違う意味でいびれたけど、、、大笑)



POO-023.jpg
艦橋部位はスケール模型のエッチングも使用されてるおかげか?非常に密度があり、ココだけでも楽しめる!!あと、大砲も良い感じ、、、、まだたぶん手を入れるんだろうけどね、、、



POO-024.jpg
機首にあるコムサイの部分、、、、
この塗り分けが憎たらしいくらいかっこいいんだよねぇ~!!
なんか、シャトルチックで、黒いトコがタイルっぽくてね、、、、
コムサイ下面から射出されるザクは、妙に頭にこびりついてます!あのシーンは凄く好き!!
しかし、バカじゃなえぇのっつうくらい作りこんであって、大型模型の長所を如何なく助長してるね!


今回は、「超人列伝」で、「萌えプレーンの第一人者」とも言うべき、POOH熊谷センセを紹介してみました!!(エロプレーンとも言う)
今後の彼の作品も凄く楽しみにしてますが、モデグラでのおもしろい企画も凄く楽しみにしてるんで、いなずまのような企画、お願いいたします!!
(あ!オマケ付けて価格を吊り上げるのはやめてね!笑!ウチ貧乏なんで、、、アハ!)

あ!
特別付録で熊谷工房公開!


POO-033.jpg

意外と綺麗でしょ?!
(たぶん、死ぬほど綺麗にして撮影したんだと思うが、、、笑)

まぁ、本人は見た目ほとんどヤクザっぽい怖面なんで、あんまし近づきにくい感じなんですが、、、
PTA会長も努める、勤勉な良いパパさんです!!
(ただ、見た目があまりにもやーさんなのがなぁ、、、、大笑)


え?

画像を見せろ?!



あんたも好きねぇ~~ん







こんなヤツです!

POO-034.jpg
(スイマセン、ホント、ネタまでご用意いただいちゃって、、、、恐縮です殿様!爆)







最後は恒例の大型画像だ!!

予告はしておいたが、既に来年を待てず
この男が名乗りを上げてきたぁ~~~~~~~~~~~!!!


きました!
「オーラバトラー戦線」の
第1弾!!!



<百太郎作  ライネック>
POO-027.jpg


どう?
どうよ?!
興奮してきた?!


もうね、逃げられません!!!!!
来春いよいよ予告通り「オーラバトラー戦線」勃発です!!
間違いなく、兄さんも「n.blood」なオーラバトラーを発表します!
当然、クリーチャー好きな「濱薫」も黙っちゃいません!笑!

参加資格は、ガレキ、プラモ、自作を問わず、オーラバトラーならなんでもありっ!!!
ただし、コンペとかではないので、あえてページは用意しませんが、俺のオーラバトラーを載せて欲しいそこの貴方は、ぜひっ!ご応募ください!!

「ぷるぷる日記」では、「オーラバトラー戦線」として特集記事を組みたいと思います!!
みんなでオーラバトラーで盛り上がりましょう!!!

調子こいて
もう1発!!



POO-028.jpg
原型はウチらの間では超有名な「ブスジマ」さん!!
見事なシルエットでライネックを表現されています、、、、、
百太郎のフィニュシュワークもハンパなくノリノリですが、、、汗汗、、、、

S.I.Cのようなぶっとんだオーラバトラーの集合写真を撮れたらいいよねぇ~~!!!
兄さんは、めずらしく主役の「ビルバイン」を製作するんで、超お楽しみに!!
エロゲロなダンバインワールドを来年の1発目に公開できればいいんだけどねぇ~!
(いくぜ!野郎どもっ!!最低の作品を目指して萌えまくりましょう!!)


じゃ、次回の記事でまた会おう!!

ほいじゃ~のぉ~!!











スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 「祝!ZZコンペ解禁!!」

「祝!ZZコンペ」解禁!!!

 ども、ご無沙汰しておりました、、、、、
えぇ~~~、、、

ZZ3-000.jpg





非常にきまずいです、、、

ご存知の通り、すでに公開され多くの皆さんがご覧になられた後に「祝!解禁」は、ねぇ~だろ?
と、たくさんの方が思われてるかと思います、、、

実は、締め切りに少し遅れながらもなんとか、コンペに入稿したものの、、、
会長から、「闇指令(ダメ出し)」がくだり、記事を書くのが現在までずれこんでしまいました、、滝汗、、

会長  「いくら、原型作業がまだ途中だからと言って、これは、ヒドイですよ!兄さん!!」
兄さん 「す、スイマセン、、、、汗汗、、、」
会長  「皆さんが楽しみにしておられたんですから、ソレ相応の出来に直してください!」
兄さん 「は、、はい、かしこまりっ!」、、、、

と、言う感じで、普段なかなか兄さんに「ダメ出し」ってしづらいと思うんですよ、、、
「千葉しぼり」のメンバーは、、、でも、ここにきて会長にきっちりと怒られ、兄さんもとりあえず分解できるとこまで分解して、やり直せる部位は極力やりなおしました!!

ホント、ウチの会長は優しくてねぇ、、、
たぶん、色々な意味を込めてのアドバイスだったんですが、とにもかくにも、ことガレキに関しては、売るのも買うのも大先輩の意見なんで、兄さんマジメに頑張りました!!
(ベニと寝太郎に関しては、ガレキ博士なので、ホント助かります!!)
やはり、単純なフルスクラッチではなく、商品化を見据えての重要な意見でしたし、それとこのチンケなブログの多くの読者の皆様への配慮もされていて、非常に深いお話あざっす!!











公開オイラのザクⅢ!


☆画像が切れている場合、クリックするとよく見えます!!

ZZ3-033.jpg



えぇ~~まず、いつも通りコンセプトから書かせていただきます!
今回は、出きる限り表面上のディテールを入れないようにして、「形」のみを追求する方向で、製作を進めていきました、、、、ただ、正直、プラ板のスクラッチを解説するのは、文章では凄く難しいので、簡単にどういう「線(ライン取り)」で製作したのか書いてみます!!


☆まず、設定画をガン見!

ZZ3-003.jpg


一番の特徴が、この大きな「もも筋」でして、実際プラ板で製作しててもっとも形が出にくかった所でした、もともと「絵」そのものが、非常にアバウトな描き方なため、前後をつなぐ作業だけで、時間を相当使いました、、、
この辺も「慣れ」てくれば、もう少し早く対応できるようになるかと思います、、、たぶん、、、

ともかく、「絵」に極力似せる事を念頭に、余計なディテは入れないで我慢、我慢してました、、、
ただ、正直、出来上がりの情報量が非常に乏しく、いくら「絵」に似てたところで、「華」の無いつまらない完成品になっちゃいまして、、、そこら辺を会長にこっぴどく叱られ、自分自身も、当たり前のことなんだけど、、、、「あぁ、そうだ、オイラn.bloodなんだっ!?」(笑)と、気が付いて急遽完成後にばらして少しスジボリやギミック、簡単なデカルを加えておきました、、、、
(まぁ、そうは言っても全然似てないとコレも問題なんですけどね!笑!!)











比較画像の解説だよ!

ZZ3-004.jpg


まず、さきほども書いたように「もも筋」を大きく誇張、胸部から肩にかけての「なで肩」をいかり肩にライン変更、前を向きすぎてる、3連ノズル(チンコバーニア)も絵通り下向きに変更、変な形のヒザカバーを正常な形に作り、甲高な足首をフラットな形で出してみました!!




☆特殊な背中

ZZ3-005.jpg

横からキットとの比較です、、、、
ももが大きくなり、当然スカートそのものが前後で1.5cmほど前後に大きくなってまして、ペタンと落ちたスカート後方のキットのラインを絵に近づけるべく、非常にゆるやかなラインで後ろ側にせり出るように製作してます、、、、
それと、、、
このザクⅢの非常に変わった特徴で、腰(ケツの上)から「ハゴイタ」のような背びれが天に向かって伸びてて、その「ハゴイタ」」が背中から少し浮いてます、ここも非常に難しい数字でした、、、
キットだと背中にダイレクトにランドセルが」つくのですが、実際の設定画では、伸びたハゴイタにランドセルが付く感じで、すこ~しだけ背中とランドセルの間に隙間があるんですね、、、
(誰がこんなめんどくさい絵を書くんだよ?マジで、、、、背中直でいい~じゃん、、、ねぇ!)



☆腕の比較!

ZZ3-006.jpg


腕は、ジオの隠し腕のように非常に細く、きゃしゃな感じ、、、
キットのモノはわりにゴツイ感じで表現されてますが、設定画の「後姿」も見ると、正確な腕の細さが把握できるかと思います、、、、、、

スパイクアーマーについた変なゆるいカーブも絵からかなり違うイメージで、絵ではほぼ水平なラインで描かれているため、まっすぐに近い微妙なカーブで製作しました!!
(こういう箱組みも組みやすいパーツ構成で製作してあります)

こんな感じで


DSCN8302.jpg





☆脚部の比較

ZZ3-007.jpg


脚部は、やはり「もも」のラインが非常に重要で、恐らく、ファーストからZZにかけて全機種の中でも、極めて異例の太さを有していて、スカート内いっぱいになるくらいの大きさだと思います!
重量級のゲルググやドムよりも太く、たくましい!
(今回の製作で1番力が入った箇所です!)

ネオジオン上層部で、「ドーベンウルフ」か?「ザクⅢ」か?
を時期主力MSにすべく選考があり、ザクⅢはあえなく負けてしまいけっきょく、量産はされなかったんですが、ここまでももが太くないとドーベンの性能についていけないのが悲しくて、兄さんの大好きなところです!!
巨大なジェレーターの補機類が集中して、機体の下半身が異様に肥大し、パワーはあるが、瞬発力とかは全然ドーベンにおよばなかった、悲しいサガ、、、、
振り返ると、歴史は繰り返されてて、ザクR2が高速起動型ゲルググBに敗れたそのはかなさをひきづってるリピートヒストリー、、、、
(兄さんはこういう開発史実が大好物なんです!!オホホホホホッホホ!!)


☆会長の教え、、、、

「兄さん、もう少し情報量を上げてくださいっ!!」

との、ラブコールに応えるべく、盾や腕部、フロントアーマーやランドセルの情報量を当社費いっぱいいっぱいまで上げて頑張りました!!

<こんな感じ>

ZZ3-008.jpg


肩に付く盾は、もともと、元デザイン(画/小田正弘氏)を見ると、機雷を投下するためかなりの厚みがあり、迫力満点なんですが、いかんせん昭和中期のデザインで今見ると少し辛い感じだったので、機雷投下はおいといて、盾の外付けで武器が牽引できるよう、フックを増設しておきました!


<裏側>

ZZ3-009.jpg


裏側は、のっぺりしちゃうので独自にデザインをおこしてあります、、、
プラ板でやれば簡単だが、ココは練習もかねて、BMCタガネの一刀彫で頑張りました!
付け根は見た目稼動してスイングできるような構造のデザインでまとめてあり、一見すると稼動しそうな感じに仕上げてあります!!





yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

箱組み講座パート2

ザクⅢの解説だけじゃ、ブログを読んでる皆さんがおもしろくないかと思い、久しぶりに製作の講座を書いてみちゃいました!!
(フルスクラッチの記事っておもしろくないですからね!)




ほいじゃ、、、、

まず画像をよく見てちょうだい!!


ZZ3-010.jpg

え?
「ザクⅢ」の頭じゃん!、、、、、そう、、、、そうなんですが、、、、

「アンテナ」の基部をよぉ~く見ると、「箱組み」があるでしょ?

厚さにして、およそ、、、

「1mm」の箱組みです、、、

皆さんならどう作ります??
細ギリのプラ板を虫眼鏡で覗いてチマチマ作ります???

「箱組み」って、言葉を聴くと、すぐにプラ板の貼り合わせで箱を作るのを連想しちゃうでしょ?
ただ、度を越したサイズだと凄く難しいじゃない?!そういう作り方だと、、、
プラ板を四角に組みあげる箱組みは「足し算」の発想なんですが、、、

逆転して、「引き算」でモノを考えるとこういう、極小の箱組みは楽勝に変わります!!
(少し目が良ければ誰でも簡単にできちゃうのよ!)


ZZ3-011.jpg


兄さんは、この手法を「サンドウィッチ・カット」と呼んでますが、、、、
仮に、「1mm」の箱組みを製作する場合、真ん中の板が0.5mmです!
そこに「図」のような四角の切りかきを綺麗にカッターで入れておき、0.25mmプラ板で上下から挟んで接着し、きりかきの部位を大きめに四角くカット(点線をよく見てね!)

カットしたパーツを少しずつ、任意の欲しい形状に切り出していくと、あら不思議???
超極小のプラ板の「箱組み」ができちゃうんですね~!!



すでに知ってる人もいるかと思う手法だが、コレに限らず、どんな形にも、それに適した最良の方法があり、どんなに複雑な形状でも、よぉ~~く考えてみると、「あ!なぁんだ、こうすれば」的な方法が見つかるんです!!





ひとつの方法論に拘らないで

逆の考え方や違う角度から見てみると

意外と答えは単純だったりします!!


ものごとの「成り立ち」は刷り込まれた情報が80%で、実経験から得る20%だけでは見えない、、、
80%を鵜呑みにしてしまうと、「ひらめき」が無くなるので、基本は凄く大事なのだが、常に脳をやわらかい状態に保つのが、「作る」と言う行為にうるおいをもたらすんじゃないかと兄さんは思います!
(なんちゃって!ホホホホホ!!)


yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy


AMX-011 ザクⅢギャラリー


ZZ3-002.jpg



ZZ3-012.jpg



ZZ3-013.jpg



ZZ3-014.jpg



ZZ3-016.jpg



いちよう、現時点でもし、キット販売した場合、1./144のランドセルにハッチオープン機構をつけるかは?断言できないが、可能であれば、チャレンジしてみようと思います!!

ちなみに、盾のネオジオンマークが巨大なのは、試作機をジオン上層部に売り込もうとした「印」として少し大袈裟に大きいのを貼ってます、機体選定時、媚を売るメーカーの「そろばん」をちょっと実機っぽく表現したかったんで、、、、
(あぁ、メーカーサイドも必死なんだなぁ?的な感じ、、、笑!!)
その変わり、部隊番号や機体番号は入れませんでした、、、、、

いちようこの「二次原型」で形が出ましたんで、最終原型の段階では、この倍ぐらいのディテが入るかと思います、上手く抜けてくれればいいんですが、、、汗汗、、、
来年のイベントまでになんとかしたいですねぇ、、、ウ~~~ン????



                    

「ZZコンペ」の祝砲!!

☆タカさんのドライセン!

ZZ3-017.jpg

やっと載せられたよ!!
コンペ完成1番乗りホントお疲れ様!!とても素敵な色合いに兄さんもホクホクです!!


☆百太郎のバウ!

ZZ3-018.jpg


文句なしの美麗さ、、、まさに「完璧」な百の仕上げには、ホント頭かかえたよ、、、、
イヤ、ほんと逃げたくなった、、、、上手すぐる、、、


☆コタスケのジャムルフィン!!

ZZ3-019.jpg


凄くレーシーなストライプ、しかも水色ボディーだから、70年代な臭いがたまらん!!
やるとは聞いていたが、、、さすがの部長です!!兄さんは指が超お気に入り!



☆斉藤ハジ~メのジャジャ!!

ZZ3-020.jpg


いやぁ、最初は色見て「え?」と固まったが、、、オレンジにしないのが斉藤流!いかにユコーンモノが好きなのか?無理やりアピールしちゃうピエロっぷり!やるなプレッシャー!!!


☆濱のゲーマルク

ZZ3-021.jpg


いや、バカでしょ?(大笑)とぼけた顔してババンバン!ホント彼は「精神と時」の部屋で製作してるのかもしれない?よくここまで仕上げてきたよ、、、拍手です!!



☆おるくんのクィンマンサ!

ZZ3-022.jpg


おるくんは今回は辛かったよなぁ、、、、モデサミ後いきなりの入会で、突然参加だもん、、、
それでもきっちり締め切りを守るのは、偉大です!!



☆ハハルンのZZ!!

ZZ3-025.jpg


最近、ハハルンは兄さんと遊んでばかりいたので、エンジン製作にもハマってるらしい、、、
このチロチロ見えるバーニアの配管が彼のスケベ度を物語る、、、、ワイセツな模型ですな!笑




☆会長のガルスJ!!

ZZ3-026.jpg


編集作業に打ち合わせ、あげくに2名も締め切り遅れが出て、会長も引率しながら、ページ製作に追われ、本当にご苦労様でした!!作品もさすがの完成度!!思わずセンチネルな憎い演出!!涙




☆ベニのザクⅢ改!

ZZ3-027.jpg


今日、ベニと電話で話してて、、、、どんだけザクⅢ人気無いんだよ、、、(大粒涙)的な悲しい話に花が咲いた!マイナー機体ってほんと、、、(笑)それが好きな俺達って、、、ジミーズな2人!!笑





☆NAOKIのドーベン<リフィニッシュ>

ZZ3-028.jpg


いやぁ、会長とも話したんだが、リトルリーグの試合にメジャーの4番が打ちに来た、、、的な、圧倒的な凄み、何も言わせない問答無用の無敵加減がNAOKIらしくて感動!!上手いわぁ、、、ホロリ


以上かいつまんで掲載してみたが、今回掲載できなかった分は、次回まとめてまた紹介させてください!数が多いんでいっぺんには無理なんで、、、アハハハハハ
しかし、、、、、、

「来年のコンペ」が今から思いやられるよ、、、、なんちゅうクラブなんだよ!!ったく!




恒例の大型画像!!


<ハタさんのハンマ・ハンマ>

ZZ3-029.jpg


最後はやっぱり、コレかなぁ、、、、、、
文句なしのバーニア数世界記録!(大笑!!)
会長と2人、深夜に寝ないで涙目になりながら、がんばったハタのハンマハンマ!!!
本当に素晴らしくて、実は、公開日、兄さんとハタの作品が半分しかパーツついてなかったのは超極秘だ!!(笑!)


ウチの「複製」を文句も言わず手伝ってくれた、ベニや柳生、締め切り翌日の早朝から駆けつけてくれたコタスケ、午後からヤスリニきてくれたハハルン、そして、遅れても、文句言わず掲載してくれた会長、ホント、コンペの素晴らい公開にも感動したが、多くの素晴らしい仲間にめぐり会えたこの瞬間を今、しみじみと幸せに感じる、、、、

「千葉しぼり」コンペページにはコメントも書き込めるんで、もし、お時間があれば、罵倒、激励、よろしくお願いいたします、どの作品も全て渾身の気合で製作されてますので、全部が無理でも、気に入った作品があれば、カキコしていただければと思います、、、、
(次の励みにもなるんで!!)



それでは、次回の記事でまたお会いしましょう~!

ほいじゃ~のぉ~!!








 | ホーム | 

# 「濃ゆいのはお好き?!」

「濃ゆいのはお好き?!」

 皆さん、ご無沙汰です、、、、、
いやいやいやいや、、、もうね、超忙しくて、、、
2日間で40人ぐらいのモデラーさんとお話してきました、、、もう、頭パンパンになりました、、、


まず、、、、、、、、、、、、
今日は、画像がハンパなく多い、、、ので、、、、
簡単な文章構成で内容は『ゲロ濃く』お届けしてみようと思います!!
(どんだけ2日間濃厚な時間をすごしたか?みんなも一緒に楽しんでみてちょ!!)





兄さん作「3コマ劇場!」

その日、会場の居酒屋は、異様な熱気につつまれた、、、、
さいさん宣伝してきた「ZZコンペ」の全国公開、1週間前と言うこともあり、全作品の進行状況のチェックもかね、「千葉しぼり」フルメンバーによるオフ会が開かれていた、、、、

大変残念な報告であるが、、、、、
出品者の中にふとどきにも
作品を制作していないものがいる!

(声をあらげる兄さん!!フンフン!)


いちよう、着席がすんだ会場で一人、職員室に呼び出された「タクボ」、、、、、

PPP-001.jpg

兄さん「荒川さん?どうなんすか?このゲルググは???」

荒川兄貴「いや、よく出来てるよ?」(っつうか、見て無いでしょ?兄貴?笑)



☆姑息にも作例で、場を逃れようとした「愚か者!」タクボ!!


お~ろ~かぁ~もぉ~のぉ~よぉ♪(by、マサヒコ)

死に値する重罪!!


PPP-002.jpg
「あれ?兄さんそれ?
モビルスーツインアクション?爆!」

(すかさずつっこむ、ウチの特攻隊長ベニ!!こういう時のベニは超ツインドライブ!!)

☆会長の超怒りで電流ほとばしった顔がまた素敵!!イヤン、怒っちゃ!

☆カメラ目線で自分にうっとりな「ハタ君」、、、、いやっ、見すぎだろ!笑!!






PPP-003.jpg
「え?まさか?これ作例じゃないよな?」(と、柳生)

ちなみに、会場わきには、フルスクラッチもどきのそうそうたる「作品」がいならんでるのは、言うまでも無い、、、この状況下で、間に合いませんでした!!と「かたつむり」のように丸くなるタクボを兄さんはとてもいとおしい、、、と感じてました、、、、

この日、兄さんは怒りのバロメーターがあやうく「サイクロン!ジョ~~カァ~」と変身する寸前まできてたが、荒川兄貴とNAOKIになだめられ、とりあえず、おさまりました、めでたしめでたし、、、、
(っつうか、この小学生のようなタクボを愛さずにはいられないキッチュな兄さん!)


さてっ!
皆さんお待ちかねの
「ZZコンペ作品」なのですが、、、、、、




今週末、「千葉しぼりHP」にて一斉公開の瞬間まで、もう少しだけ待っててね~~!!!!
公開前に書いちゃうが、、、、ものすごく凶悪な作品郡が目白押しですので、間違いなくがっかりさせない!ご期待ください!!
(今回は、コンペ作品画像は公開できません、すまぬ!!)





でもね、、、良いのがあるのよ!奥さん!

 この日は、荒川兄貴が遊びにきてくれました!!(大きい風呂敷2個持って、、、笑!!)
さらに、YU君、斉藤はじ~めの友人ではじめて遊びにきてくれた「ヒロアキ!」、さらには千葉GPMのYUY(ユイ)君、大門君等々、この日集まったのは総勢26名(いや、多すぎだろ?汗汗、、、)

☆ワイルドリバー劇場
「ドラゴンのあばら」
(ワイルドリバー荒川さん作)
PPP-005.jpg
ひしゃげた、トラスの建築物、、、、
ガレキと化した町並みに沈む鉄巨兵、、、、
ロックオンストラトスに打ち抜かれたティエレンにレスキュービークルの兵員が駆け寄る、これまたドラマティックなジオラマを見せていただきました!!かっこいいぃ~~!!!




PPP-006.jpg
狂いがしょうじたバランサーで回避運動をとり、勢いあまってそのまま「しりもち」をついた、テイエレンの稼動可能状況をつぶさに報告に来た新兵、シーバーで本部に撤去依頼をまくしたてる曹長、、、
もうね、小さい小さい「ドラマ」がまたも展開する兄貴の360度劇場!!



PPP-007.jpg
双璧をなす、サイドストーリー意味深なシーン、、、、、(戦った者とをれを見るモノ)
1枚目の画像のティエレンの足元にあった「天使」の像の羽には、戦時中とは裏腹な平和の象徴であるハトが馬鹿な人間を睨みすえる、、、、
(この像そのものが兄さんの小指より小さいのだが、ハトはちょうどコメ粒ぐらいの大きさ!驚!)






☆ワイルドリバー劇場2
「武装神姫」(ワイルドリバー荒川さん)

PPP-008.jpg
え?いや、ホント、、、、荒川兄貴の作品です(キャラが何か違うよな?笑)
「武装神姫」というゲームにでてくるキャラらしいのだが、名前聞いてきたんだが忘れた(ごめんよ)
とりあえず、僕は荒川兄貴がこれを作ったことに驚いた!!!
しかも、超真剣に製作されておられ、、、、、(特に丸みをおびた、生ケツの、、以下自粛)



この熱の入りよう??!
何が兄貴をここまで作らせるのか?!笑!!



PPP-009.jpg



特に力を入れたこの曲面!!
(いや、俺もどう書いていいか?悩んだが、、、大笑!!)
PPP-010.jpg
えぇ~~~、、、、っと、、、
兄さんが小声で「ご家族の方は、大丈夫なんですか?」とたずねると、、、、
少し照れながら、「あきれられた、、、テヘッ」とはにかむ兄貴、、、(そりゃ、そうだ、、、笑!!)
鉄の塊から曲線美までなんでもこなす兄貴をこの日も堪能しました、、、、兄貴サンクス!!






☆ヒロアキ作 ギラズール
PPP-011.jpg
バンダイキットを芯にたくみな改造でヒロアキがギラズールを見せてくれた、、、、
ぶっちゃけ来週にはバンダイからキットが出るのだが、「待てなかった、、、」との話、、、
ウチの斉藤ハジ~メもそうなのだが、「待てない」性格なのである?!
(2人とも1回入院しとけっ!笑)
テクニックは多少荒削りだが、非常に将来性を感じる「精神力」と「実行力」に驚かされた、、、




☆YU君のブラッディーザクふたたび、、、、
PPP-034.jpg
なんかね、会場の暗さもあってか?
モニターごしで見てるようなこの画像、いいでしょ?ちょっちゅセンチ臭い感じがGJ!!
非常にメリハリの効いた装甲がYUらしい仕上げ、、、良いね!ウン!!



と、言った感じで夜もふけて、宴会は終了、、、、、
各自駄目だしされた部位を宿題に千葉しぼりの面々は帰途したのである、、、、、

と、書きたかったのだが、、、、

NAOKIや柳生、会長らが「飲み足りない」と言い出し、もう一軒いくことに、、、(マジかよ?汗)
しかも、翌日、「関東Ma.K展示会」のある兄さんと、荒川兄貴は超滝汗、、、、
(兄さんは、前記事のマキノさんとお会いする約束があり、兄貴は出品するのよ、コレ、、、)

なんと、その日
終電に乗り遅れた兄貴は
新宿で一夜を明かすことになったそうな、、、


ゲンゾウ氏はじめお友達の皆さん、本当にスイマセン!汗、、、
次回の飲み会でその話で盛り上がりましょう!!

(ワインバーでの荒川話凄くおもしろかったよ!源蔵君ノリノリだし、、大笑)





yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy


                        

悪夢の一夜が明け翌日、、、
兄さんは、この日(11/15)「関東Ma.k展示会Vo.5」に出かけるため、朝からせっせこ準備!
前日もオフ会から帰って、少し作業してて、疲れも眠気もかなり辛い、、、笑!
(たぶん、荒川さんほどではないが、、、あははははは)
vol5_title.jpg

会場は、品川の少し先にある「鎌田駅」から歩いて5分ほどの場所にある、「大田区民ホール」

PPP-012.jpg

タカさんと一緒にテクテク2人でお出かけ!!
凄い立派な建物で、「モデサミ」とかぶるデジャブーな兄さん、、、
この日の兄さんのファッションは「神様図柄のロンT」(なんせ、神様に会いに行くので、、、汗)


会場に到着して、荒川さんにすぐにご挨拶!!
すると、ウチで開催した「SF3D」コンペで入賞した「大君」に遭遇(牛カラーのファルケを製作した)
さらに、ペンキ屋の「トモ☆ペン」さんもいて、4人でタバコを吸いに会場の外へ、、、、
すると????
後ろから、なにやら非常に態度のデカイ、人相の悪いやつがくっついてきた????

「こんちは!兄さん!!
S.Rodです!!」

と、準グラのS,Rodまでもがいて、喫煙所コーナーで超ノリノリで盛りあがる5人!!

と、そこへ、後ろから大きな声で「おはよぉ~!!!」

振り返ると、、、

「MAX渡辺」大先生!
(まこちゃんに会うのは久しぶりでした、とても元気そうでなによりです、、、)

とりあえず、食事をすませ、会場の作品をじっくりと拝見させていただきました、、、、、、


いざっ!会場へ!!!
PPP-013.jpg
真剣に老眼鏡1号で作品をガン見する兄さんの図、、、、
それを後ろから心配そうに眺める、青いジャージのトモペンさん、、、
(和幸のひとくちカツ美味かったよなぁ~!!)




PPP-014.jpg
「Ma.k」と言ったらこの並び、、、、もうね、、、壮観でした!!!
やっぱファルケがズラ~~っと並んでるのは気持ちいい~~!(いや、お世辞抜きでカコイイ)
ともかく、もっ凄いハイレベルなんだけど、非常に品があって美しい模型がのきなみ多かった、、、
(美しいの『意味』は綺麗仕上げとかではなく、目的の見える汚しと表現ね!!)




ウソみたいなホントの実話?!
(変な日本語のタイトルだよねぇ~!ウフ)
PPP-015.jpg
会場に入るなり、まっさきに目に飛び込んできた「ノイス」のジオラマ、、、、
5m先からでもその微細な製作があきらかに分かる感じにすぐに反応する兄さん、、、、

と、後ろから、、、、

「n兄さんですよね?
どもマキノです!!」


なんと、光栄にも今日の1番会いたかったマキノさんからお声をかけていただき感動!!ウヒョ!
見た感じはオフコースの小田さんみたいな感じかなぁ?!ウ~ン、、、
荒川兄貴とおない歳らしいのですが、兄さんの2個上なんですが、あまりにも自分に貫禄が無く、自分が情けない兄さん、、、、ホホホホホホホホホ~
(しかし、さすがスーパーエリート!!貫禄が違う!)

で、さきほどのノイスのジオラマの作者、、、、やはり、、、マキノ氏でした、、、
はっきりと言うのも語弊があるが、マキノさんの作品って、マキノさんの「臭い」がする、、、、
どことなく分かるのである、、、あにさんとも荒川さんとも違う別の何か、、、
(僕にとっては3者3様の神様なんですが、、、、)

ひとしきり、作品を解説していただき、色々談笑しました、、、、

PPP-016.jpg
(なんで空中に浮いてるかな?方法論ではなく、違和感を感じさせないナチュラルさにうなる!?)





PPP-017.jpg
くわえて超メルヘンチックなフュギアの塗り!!!左の男の子のシャツの塗り!何コレ?!
右の女の子のワンピの色・柄が非常にコケテッシュ!
まるで、童話の世界を3Dでくりぬいたような世界観に目が凍りついた
ちなみに男の子の持ってるクワの柄はマッチ棒から製作したそうな、、、非常にマキノさんらしい、、、
ある種、別の異素材を「ピンポイント」で溶け込ませるテクニックは、ジオラマの常套手段であるが、マキノ氏のそれは、あまりにもニュートラルなのである、、、
(作品もだが、本当にかっこいい歳のとりかた、人生の後半をおしゃれに遊び倒す達人!敬服した)



マキノさんと遊んでいたら、モデグラのライターさん「伊原源蔵君」から声をかけられた!!
(以前、ウチで販売した拳万クンを購入してくれたの!サンクス!話古っ!笑)
モデグラ愛読の諸兄には、「月間シュトラール通信」でおなじみでしょう!
そんで、源蔵君が「横山センセ」来たから挨拶いこうよ!と、言うので、横山センセにご挨拶!!
(さすがに少し緊張した、、、、汗汗、、、)
その場にいたのが、横山センセ、マキノさん、ワイルドリバー荒川兄貴、源蔵君とわし、、、、
もう、ミノフスキー粒子濃すぎて、兄さんもクラクラしてました、、熱出るよ実際、、、アハハハハハ
(よく見るとジジイの集団!大笑!!あ、ヤベッ書くか?普通?笑、スイマセン歌舞伎者なんで俺)

横山センセはじめ荒川さん、マキノさん見ててホント実感した、、、

「なんかこういうカッコイイ歳のとりかたしたいよなぁ、、、とかね、、、」
(今日は少し大人な兄さん、、、ホホホ)





yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

お友達の画像も!!

PPP-018.jpg
<大君の参加作品AFS>
画像が暗くて申し訳ない、、、マジで顔書き上手かったぁ~!!さすが大!!

☆謝罪
スイマセン、画像を取り違えてました、これ大ちゃんのじゃないのね?
(トモペンさん指摘あざっす!!ヤベェ、、、汗)
製作者名が不明なのですが、コレ、すごくお気に入りなのでまんま掲載させていただきます!!
(問題があれば、お知らせ下さい、すぐに撤去させていただきます!!)

大ちゃん画像無くてごめんよぉ~~~~!!(大粒涙




PPP-019.jpg
<トモペンさんの参加作品>
あいかわらず、塗りが太い!!凄くのびのびしてて、トモペンさんらしい!!けっこうツボ!!
床の塗りとかは、さすが本職って感じ、実物を熟知した塗り、、、上手いね!!




PPP-020.jpg
<勿論、S.Rodのアレも展示されてた!>
書くこと無いよ、、、上手いっ!!しかも実物はじめて見たが、超絶細かい!次回も頼むよ!!



☆画像枚数の都合で、とても載せきれないのだが、興味のある方は「関東Ma.k展示会」と検索してみてほしい!!本当ボリューミーな内容で楽しいよ!!
あ!!
そうそう、この前紹介した3色迷彩のファルケを製作してしてくれた「midouji」さんのも展示されてた!
しかも、midouji本人にも会えたし!少しお話させていただきました、、、
(兵庫県からの参加お疲れ様ね!!)
ブログの印象から、「宵っ張りのtaka」さんぽい感じなのかな?と予想してたのに、見事に裏切られたよぉ~!!以外に小さいmidouji、、、、
(もっとガタイ良くて、タッパあんのか?と、よそうしていただけにハズレると悔しい兄さん!アハ)






yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

フィギュア!フィギア!フィギア!
PPP-021.jpg
<談笑する3人>
マキノさん、兄さん、荒川兄貴で談笑してるんですが、3人でフュギアの話で超盛り上がる!!
この日、マキノ氏がわざわざ、1/144のフュギアを持参してくれた、、、



PPP-022.jpg
しかも!
わざわざ、専用ルーペまで用意してくれて、、、(っつうかルーペも自作ですか?あぁそうですか)




えっ?
よく見えない??


しょうがないなぁ、、、、
ノビ太君は、、、、






PPP-023.jpg
(マジで迷彩パンツはいてました、、、7ミリくらいかなぁ?フュギア、、、???)
しかも、顔もちゃんとありました、、、やっぱ視力が8.0ぐらいあるのかも?しれない、、




PPP-024.jpg
<少しみにくいデブな男>
ちょっと腹肉がたるんだ、ゆるい感じのフュギア(1/20)、作品製作の改造の際、あまったパテを少しずつためておき、塊から削りだしたマキノフュギア、、、
(マキノさんはエポパテがあまると、少しずつ貯金するエコな方です!!見習おう!)

画像だと伝わりにくいが、、実物は、本当に小さくてフュギアと言うより、凄い彫刻を見てる感じ、、、
今度、複製したら兄さんにも1個くれるとの話、、、、、テヘッ!
(マキノさん一生ついてきます!!ウスッ!笑)







PPP-025.jpg
やっぱり会場内は、Makコンペなので凄い塗りのフュギアがてんこ盛り!!
もっ凄い質感、そして、さまざまなシーンでのさまざまな表情の表現、、、勉強になります!!

フィギアの『表情』にストーリーがからむのが「SF3D」の王道!
情景模型の常套手段だが、徹底されて皆さん基本に忠実、しかもそれをなしえる技術をお持ちで、細かいストーリーが見る者を巻き込む、みごたえのある会場の作品群!







PPP-026.jpg
いやっ、ホント勉強に
なるよなぁ~~!!!ウン!!

(そっちかよ、結局!!
いや、この女の人の「目」がヤバイのよ、ビーチクも凄かったけどな!笑!!





PPP-027.jpg
っつうか、マジでコレ欲しかった~~!!!
すっごくかわいい!実物はマジでナイスマツゲな感じでした、、、、ウンっ!!!





PPP-028.jpg
そして、360度荒川劇場の最新作、「Ma.kのシャドーBOX」から、荒川氏の3人のポーカー!!
もうね、実物1/35なんで、超ちっこいんだけど、コレがまた超にがみばしった仕上がり!
70年代初頭の「コンバット」を髣髴させる非常にウオッカなシーンを再現!

奥の2人が、、、
「なんだよ、またお前2ペアかよ?」
「俺のストレート見ろよ!コレ!!」

手前の男が、、、
「あれ?俺スリーカードとワンペアだぜ」みたいな、、、、そんなフルハウスな荒川さんが素敵!笑!


やっぱり、Ma.kって言ったらフュギアだよねぇ、、、
来年は兄さんもフィギアに挑戦してみようと思います!!とりあえずバーリンデンのメタルフュギアでも買いに行くか?!ウン!
今日は、本当に長い記事で申し訳ない!!
来年開催されるかもしれない?「SF3Dコンペ2」の予告もかねて編集してみました!!
(ホントはこんな記事書いてる場合じゃない!超滝汗、、、、)







最後は恒例の大型画像!!

昔、兄さんとこで開いた「もしもしコンペ」の際、当時ZIGGYから紹介された男がいた、、、
「平助」っつう友人で、ZIGGYがめちゃんこ上手いから入れて欲しいっつう話で、非常に記憶に残ってました、、、
数年ぶりに「平助」が画像を添付してきたので、みんなにも紹介しようと思います!!

PPP-035.jpg
<通称ロンメルザク>
これって単にロンメル将軍が乗ったからロンメルザクって言われてるような???(違う?)
たぶん正式にはMS-06J改なんじゃないかなぁ?
っつうか正式な形式番号があるのか?自体、兄さんも不明なのだが???
非常にバランスの取れた造形、改造箇所のなじませかたもお見事!!
説明不要な重厚感にうっとり、、、、

PPP-036.jpg
やっぱ、上手いね!!
スキが無い、これで、拳の製作にはげんだら、それこそパーペキでしょう!!
野太さと繊細さが気持ちよくブレンドされてるよなぁ、、、、参りました!
(あ!平助どん、拳、無理にやらんでいいからね、これ以上見せられると嫉妬するんで!笑!)

綺麗なMSが主流な昨今、実にナイスタイミングで良いのがきたねぇ、、、、
こういう往年のMSの塗り、今だからこそやってみてはいかがだろうか?!
ドット迷彩やスプリッター迷彩もいいが、みんながみんな、同じベクトルだと少しつまらないかも?
(まぁ、俺ごときが言う話でもないが、、、)

平助のブログはココだっ!ダッシュでGOGO!!



それでは皆さん、今週末、「千葉しぼり」のサイトで会おう!!
微力ながら兄さんの拙作もあるんで、見に来て欲しい!




ほいじゃ~のぉ~!!




 | ホーム | 

# 「超人列伝!第1弾!!」

「超人列伝!第1弾!!」

 最近めっきり寒くなりましたが皆さん体調はいかがでしょうか?!
ご存知のように、ウチのブログは読むと「体調が悪くなる」と評判で、書いてる本人が病気がちだという、ダメ人間ブログなのであるが、、、、、、、、、

今日から「新シリーズ」として超人列伝=スーパーモデラー列伝をお届けしていこうと思います!!
模型を生業(なりわい=職業な)としている方から、趣味でお作りになられる諸兄を含め、いたいけな主婦の方々まで千差万別な方が読んでおられるかと思いますので、兄さんが普段紹介していない、超絶技巧をお持ちの超人間離れした怪物のご紹介させていただこうと思います、、、、
無論、これを読まれて、さらに精進したいとか、こういう模型の楽しみ方がある!と、発見していただくのも模型人口が少しでも増えて欲しいと願う「ぷるぷる日記」のひとつのスタイルだと考えていただければ幸いです!!


出会いは突然訪れる!
 今回ご紹介します超人は、「マキノさん」と言う、某ゲームメーカーにお勤めのデザイナーさんです!
出会いはある夏の日の午後、、、、、、、
仕事に疲れてブログの「訪問者記録」を見にいったら、見慣れぬ名前のブログを見つけて、どんなブログなのかなぁ~ぐらいのホント軽い気持ちでクリック、、、、
と、そこに、、、、、、、、、
見覚えのある「ジオラマ」の画像が目に飛び込んできた!!



あれ?この画像見たことある!
と、、、、ふいに本棚に走る兄さん、、、、


あ!これだっ!!
手にしたのはスケビ05年の11月号、、、、



(ちなみに、「秋のヒカリモノ塗装特集号」と言うタイトルの号な!)
☆スケビ=スケールアビエーションの事ね、分からない人はぐぐってちょうだい!


兄さんは、以前から「空モノ」の記事の特集、特にお気に入りの大戦機の掲載時は、常にスケビを購入するクセがありました、実際、僕自身は現用機大好きな人間なのであるが、自分が苦手意識のあるレシプロの大戦機を見ると、向学のために買える機会があればいつも購入しておりました、、、、
その特集記事のひとつ「1/144マスタング」を製作した方でした、、、、


ぶっちゃけ以前から、尊敬してやまないマキノ氏の訪問に喜び勇んで、急いでマキノ氏にご挨拶させていただき、彼の超人的な技巧が満載された、そのブログを読みふけりましたよ、、、
あの夏の日からあっと言う間の4ヶ月、、、、
実は、ずぅ~っとご紹介したくてウズウズしてたんですが、最近ようやくご本人から記事を書くことが許諾いただけて、とにもかくにも第1弾として「スーパーモデラー列伝」を書ける運びとなりました!!


ウチのブログの観覧者さんはほとんどがガンプラモデラーだと思いますので、興味が無いかもしれませんが、よくウチの記事を読んでて、「でかいつまようじが、、、」と、書かれている皆さんにせひともこのスーパーマキノワールドをご覧いただきたい!!
まさに模型の王道!!ミニチュアとは何か?を、心底味わえる、とても味のある彼の風合に机に向かわずにはいられなくなる衝動にかられるハズ!!
事実、僕は更新するずぅ~~~っと前から、スケビの画像に心奪われてましたから、、、、、
(いや、だから前置きが長いっちゅうの!笑!!誰か止めろっ!)


yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

Mr.マキノの素顔
SPM-001.jpg
えぇ~っと誰ですか?今「ぬらりひょん」とかほざきやがったのは?!笑
これが彼自身が描いた「セルフポートレイト(自画像)」なんですが、彼は油絵も描かれるんです、まぁ凄い人は何やっても凄いんですけどね、、、

神奈川二紀展受賞展(2009Souki-Ten)
11月11日(水)~12月6日(日)
相鉄ギャラリー(横浜市泉区緑園)

ちなみに、すでにウチのブログリンクに彼のブログはございますが、、、、、

くれぐれも大勢で押しかけて
彼の仕事の邪魔になるような
常識の無い、カキコだけはご遠慮下さい!

(本当にお願いしますね!パッと見てカキコが多い時とかは、ご配慮下さい!!)

「マキノさん」をもっと見たい人はココをクリックGOGO!


それでは、、、、
お待ちかねの彼の作品のごく一部を紹介させていただきます!!

yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

ザ・マキノワールド
SPM-003.jpg
そうこの画像が、兄さん初めて見たマキノ氏の作品です!!
たぶん、144のこのマスタングの大きさが分からないと思うけど、、、、
ともかく、人間の配置、小道具、背景その全てがまさにマクロな脅威でした、、、、



SPM-002.jpg
背景(建物)を含めた全体像、、、、、
そのトタンの壁面と空気感に圧倒されまくりました、、、、汗汗、、、、



SPM-004.jpg
もうね、解説なんかできません!!
コレ本物じゃないのかよ?!マジですか?っつうアホみたいに凄い画像、、、、
口パクパクして酸欠状態に陥ります、、、、
兄さんが「怪物」と呼称するのがお分かりいただけましたでしょうか?!ホント、尋常じゃないんですよアホさかげんが、、、、
こんな背景に、GMとかガンタンクとか置きたいでしょ?皆さん?いかがでしょうか?


でもね、、、、、、
まだ、分からないでしょう?
マクロの言葉の意味が、、、、、



続きまして、、、、、
これで、たぶん分かるかと思いますよ、、、、


SPM-005.jpg
専門用語はあえて書きませんが、、、、
彼がこのジオラマを製作した意図は、、、、
単に144と言うサイズでどこまでフュギアにポージングできるか?と言う単純な理由なんですが、、
あまりにも自然すぎて、改造してあるのが分からない??!
恐るべしマキノワールド!!
しかい、なんでしょうかね?このキャタピラの泥除けの薄さは、、、、、
そして小石のサイズ、壁面に伸びたつるの臨場感は?!



SPM-006.jpg
なんでもポケットやボタンもこしらえたそうで、どんだけ小さい筆でドライブラシしてるのか?
凡人の兄さんには想像すらおよびませんが、、、、
ともかく映画のワンシーンをスロー再生したようなこのショット、、、、ため息しか出ません、、、






SPM-007.jpg
はい、、、、
こんな感じです、、、、
説明も解説も不要ですよね?!
これが「ザ・マキノワールド」の一旦です、、、、
よくある「男の時間」なんていう雑誌にぴったりな「大人の模型」を堪能できます、、、、

綺麗に整頓されたデスクの傍らに、こんな異常に作りこまれた、小さな小さなスモールワールドがひょっこり乗ってて、傍らにドイツ製のアートナイフなんかあって、ブライトリングのリストウォッチなんか転がってた日にやぁ、、、、あ~た、、、、どうすんですか?
(勿論、タバコはラッキーストライクです!!笑!)




yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy

マキノさんの趣味

これは、趣味と言うより、ほぼ遊び(息抜き)に近いかと思いますが、、、、
彼、実はMa.kの大ファンでして、、、、
こんな模型も制作してます、、、

SPM-008.jpg
あ!間違えてたよ!
これ模型じゃなくて、模型屋にたまに売ってる、あの小さいゴムでできたフュギアのヤツです!笑
確か、、、、全長が4cmくらいのあの人形ですよ!!


そうです!
イエサブの1/35のあれです!!
1/35なのかよ~!!



いや冗談とかではなくて、、、マジです!
かなり昔にモデグラさんで行われた、「Ma.kコンテスト」で優秀賞を受賞されたそうな、、、


そりゃ、、、、
そうでしょう!
これはとっちゃうでしょうね、、、、
(しかもかなり昔でしょ?コレ)




SPM-009.jpg
ウン、とれてもなんら疑問感じませんよ、、、
と、言うよりか?!同じ人間とは思えない?この精度と拘りの塗り、、、、
(マキノさんの指、異常に綺麗なんだけど、、、、笑!!)



他にもこんなの作ってるよ!!


SPM-010.jpg
タイトルは、、、、、????
「雨に降られたグスタフ」?
って、ホントに降られたんじゃねぇ~のか?コレ?と、うたがいたくなる、、、、
しれぇ~と描かれた、そのガラスの内部の「くもり具合」としたたる雨の表現に、モノが言えない!!
確かに、雨の日の車の窓ガラスを外側から覗くとこんな感じなんですが、、、
「やるか?普通?」
と、ただただ、その細かな描写にうっとりしてしまう兄さんです、、、、
(ちなみに、このグスタフは日東オリジナルのキットかと思います)


☆画像が切れてるモノはクリックするとちゃんと見れますよ!!



あ!!
そうそう、食玩と言えばコレです!!
っとに、この人だきゃ、、、、、




SPM-013.jpg
コレ、記憶にある人たくさんいると思います!
そう、ペプシの一大キャンペーンで当時一世を風靡した、スターウォーズボトルキャップ!!
懐かしいですね、、、、、
兄さんは今でも、応募していただいた「特設ステージ」にフルセットで所持してますが、、、


これを彼が作ると
こうなるのよ、、、、、




SPM-014.jpg

って、ホンモノかよ?!

、、、と、叫んだそこの貴方、、、好きもんですね?ムフフフフ
そう、兄さんも洋物大好きなんで、特にスターウォーズは目が無い!!
30台後半~40台の人間は、あのSWエピソードⅣはいまだにトラウマかと思いますが、、、
まだ、国内ではウルトラシリーズの特撮で地球防衛隊の兵器が釣り糸で吊るされてた時代にいきなり「インダストリアルライト&マジック」のCG全開で見せつけられた迫力と臨場感は、今でも脳裏に焼きついて離れません、、、、まぁ、大昔の話なんで、若い人には当たり前のCGなんですが、、、



勿論、コイツも
おいしく料理されちゃってます!





SPM-016.jpg
そうザ・SFの「エイリアン」です、今ではSFの代名詞的存在!ギーガー氏の代表作!!
メーカー忘れたけど、兄さんもコレ持ってます、、、、
どこだっけかなぁ?シリーズで出てて食玩のエイリアンシリーズで、確かⅣまでモデル化されてましたよ!!これも体長4~5cmのおもちゃなんですが、、、、





スーパーシェフの
マキノ板長に切り盛りされると、、、、、
こうなるのね、、、、










SPM-017.jpg
っつうか、本物じゃね?みたいな衝撃です!
なんなんでしょうか?あの小さな食玩の頭部のクリアーパーツを搾り出してあまつさえ細かいこの模様を描き込んじゃってますが、、、、もう、口がアングリしちゃって死後硬直寸前!!
画像だけ見てたら、モノホンのプロップかと思いました、、、
まさに、、、、
ミニチュアの王道でしょう!!久しぶりに「ネ申」見ました!!
(気のせいなのかな?全く元の原型が残ってない、、、ホントに改造なんだろうか??)


SF好きで同世代、食玩好き、さらにもうひとつ共通項があったのよ?
これは驚きと言うよりも、信じがたい画像でしたが、、、、
兄さんは、何十年も踊りを踊ってて、振り付け師の仕事もしてしたので(底辺ですがね!笑)
当然、最近お亡くなりになりました「マイケル」さんの大ファンでもあります、、、、


なんと、、、
マキノさんマイケルに会ってるし!!

ありえないんですが、、、本当です!
僕も海外長くいたんで、どのぐらいエクゼクティブな方かは存じ上げてますが、めったな事では会うのが難しい、人なんですよ、、、マイコーさんは、、、、
(恐らく世界で1番有名な歌手ですし、全世界で通じる名前なんで、、、)
日本の総理大臣レベルとは、比較にもならない著名人ですからねぇ、、、、、


SPM-012.jpg
いやぁ、マジです、、、、(びっくりしたぁ~~~!!!!)
なんせ、遊園地に住んでる人ですから、、、、お猿さんと、、、、

っつうか、解説すればするほど謎な人物「マキノさん」?!笑!!
模型や絵画の腕前も相当なもんですけど、一体全体マキノさんって何?みたいな?大笑!!
ホント不思議な魅力のある方です、、、、


冒頭紹介しましたが、彼は某ゲームメーカーさんのデザイナーさんなんですが、、、、
某ゲームメーカーの○○○と言うゲームのフュギアなんかもこさえてて、、、

SPM-011.jpg
誤解の無いよう、もう1回書くけど、コレフュギアです、、、、
彼はSF好きだと言いましたが、趣味で、ブレードランナーに登場するキャラも自分で粘土こねて製作するそうで、フュギアも一流なんすよ、、、、
っつうか、何やっても凄くて、ホント羨ましいんですけど、、、、、汗汗、、、、


さて、いかがでしたでしょうか?
皆さんのモチベーションは上がりましたでしょうか?!
こんな凄い人も見てるのか?と兄さんも気を引き締めて製作に励んでいこうと思いますが、、、
小さな、小さな、マキノワールド、、、、、
存分に楽しんでいただけたと思います、、、、



それでは恒例の駄目押し画像!!
SPM-018.jpg

SPM-019.jpg

SPM-020.jpg

いかがでした?
「ミニチュア」の楽しい楽しい世界を堪能していただけましたでしょうか?
この貴重な画像の中に、皆様の模型ライフに何か「ヒント」が見つかりましたら、兄さんは凄くうれしいのですが、誰かの作品を見て、何かのインスピレーションが沸く!!
それを自分流に自分の手で頭で目で、消化させていくのも模型の上達のひとつだと思います、、、、

また、機会を見つけて次回「超人列伝第2弾」を組んでみようと思います!!
模型は作るのも見るのも楽しいよね!!
(はたして?次の超人は誰だ?ムフフフフフ~!!)

僕がいつも言ってますが、、、
「僕なんかホント下の下なんです、、、」と、言うのがお分かりいただけましたでしょうか?
本当に世の中広くて、常識を逸脱した「怪物」はゴロゴロいるんですねぇ、、、怖いよママ、、、
次の「超人列伝」もぜひっ、ご期待下さい!!




そうそう、手前味噌な話だが、、、、、、、、、、、、、

11月14日(土)秋葉原にて
千葉しぼり定例オフ会がございます!!


今回は予告通り、ワイルドでリバーな兄貴も作例片手に遊びにこられるそうで、いつもの強烈メンツも含めて盛大に行われます!!
ウチのクラブの作品やプロライターの作品がご覧になりたい近県の方は、ご遠慮なくお申し込み下さい!!
「千葉しぼり」クラブのオフ会に参加されたい方は、ブログからでも千葉しぼりHPからでもご応募ください、楽しい模型の会なので、テンション上がると思います!!


それでは皆さん、次回の記事でお会いいたしましょう!!


ほいじゃ~のぉ~!!




























 | ホーム | 

# 「神降臨!!」

「神降臨!!」

 どもん!
全く更新の無い中、何度も足をお運びいただき恐縮です、、、、

現在、慣れない作業のオンパレードの中、なんとかかんとか、、、ようやく、「メド」らしきものが立ってきたので、久しぶりに更新してみようと思います!!

正直、ここでしのごの書いてもたぶん、伝わらないだろうとは思うのですよ、、、、
たぶん、実際に自分が原型製作に入るまで、気が付いてなく、再三原型師の友人達に注意されながら、3歩進んで5歩下がるのていたらくなもんで、なかなか思うように作業がはかどりません、、、
「逆テーパー」や「細部の抜き」の関係上、どうしてもあきらめながら進めていかざるをえない部位も多々ございましたが、最近ウチの工房に「神」が降臨して、目の前で超プロな「複製」を見せていただき、ようやく兄さんもふんぎりがついて、大人モデリングに目覚めました!!


複製技術の神髄!
ZXC-001.jpg
今回の製作のもっとも「要(かなめ)」になる、複製、、、、
なにをおいても、パーツの精度やガイドラインの修正等で、出来上がった原型を2次原型に写さないと借り組みすらままならない状況、しかも時間は切迫しており、失敗が許されない、、、、
今回は、ガレキメーカー「紅屋」の原型師さんでおなじみの「紅緒」君に複製における、もっとも重要な「粘土埋め」を教えていただきました、、、、、
恐らく、完成品の良し悪しは「原型」の出来が重要だと、ビギナーの皆さんはお感じになっておられるかと思いますが、実は兄さんもそう思ってたの、、、、
でもね、、、
この「粘土埋め」の高い「技術(経験)」が無いと、どんな凄いパーツも全然上手いこと複製ができないんですね、、、つまり、複製の命が粘土埋めであり、そこに全てが集約されてます、、、
非常に多忙な体にもかかわらず、一晩中つきあってくれ、あまつさえ星の数ほど失敗しないと得られないノウハウを伝授してくれた紅緒の心の広さに感動しました、、、、
(出来上がったゴム型の美しさにも脱帽!!)

☆ビギナーの皆さんに優しい兄さんの解説
粘土埋めが上手くいかないと、何がどう困るのか??!
○まず、いらんとこに気泡(空気の穴)がたくさん生まれる、、、
○綺麗に流れてくれず、最終的に形にならないパーツが生まれる、、、
○変な所にパーティングラインがきて、ヤスリが当てられない、、、

等、さまざまな弊害が生じるのである、、、、
これらを回避するためには、何度も失敗しないと「粘土埋め」は習得できない、、、
(ウレタンは勿論、シリコンも値上がりしてる現状、非常に厳しいお話です!)

それにしても時間が無い!
もう、額から流れる嫌な汗、、、、




とりあえず、足お披露目!!
ZXC-002.jpg
「えぇ~~~??足だけかよ?!」
みたいな、皆さんの罵声が兄さんにも届いてますが、、、滝汗、、、、
今回は、本当に遅くて遅くて、申し訳ない、、、、
ただ、「足」が出来上がれば、股間も出来上がるかと思うので、その後ランドセルや肩の装甲の製作に入れるかと、、、、思います、、、汗汗、、、、
基本配色に基づく、パーツ分割と、極力合わせ目が出ない構造、さらには、可能な限り初期設定画像に近づけるよう、最大の努力で進めております、、、、
(その前に表面処理が地獄なんですけどねぇ~、、、





キットとの比較とコンセプト!(後ろ側)
ZXC-003.jpg
ともかく、「絵(設定画)」に準ずるために、上下のバランスを逆転しないことには始まらないので、、、
分かりやすい画像として裏側から見てもらいましょう!!
キットのバランスは見た目美しいラインになるよう、上からだんだん下広がりになるよう作られているんですが、サンライズの公式設定画を見ると、ココがさかさまで、、、、
ももが異常に太い!!(多分ドムよりも太いハズです、、、)
スネフレアーのアウトラインは「ザクR2」(ジョニーライデン等で有名)が進化したモノだと思います!
ザクⅢと言うだけあって、1年戦争時に機体選定でゲルググに敗れたザクR2の血脈を色濃く継承したデザインがジオン好きにはたまらないっ!!
ちなみに、兄さんは上から見て変則8角形になるよう、鋭角なデザインで、その時代の流れみたいな部分を表現してみました、、、、
(後方から見ると特にジョニーライデンっぽいでしょ?え?見えない、、、、汗汗)


たぶん、、、、
ご覧いただいても、全然ウチっぽくないでしょ?

つまらない画像ですよねぇ、、、、、
と、言ったわけで奥さん!!


入れてもデザイン上、支障の出ない部位は、思いっきり「n.blood」してますのでご安心ください!!
今回は、自宅でもギリギリ複製で抜ける範囲での仕様なのでいまいちですが、、、、
ちょっぴり公開!!
(え?たいしたことない?、、、汗汗、、、まぁ、そうとも言う!笑)


足裏(まだ途中ですが、、、)
ZXC-004.jpg
今回は、兄さん得意のしいたけは封印して「だんだん畑」ディテールを展開!
画像が2倍以上の大きさなんで、あんま細かく見えないですが、実は薄いプラ板を何層にも組み上げて製作してますので、商品をお手にした時には本来の大きさが分かるかと思います!!
あんま、やらないんだけど、三角プラ棒を5本組み合わせて製作した真ん中のトコが今回のお気に入りで、三角プラ棒の組み合わせは意外とおもしろい表情が作れます!!



スネフレアーの内部(途中ですが、、、)
ZXC-005.jpg
凄く、久しぶりなんですが、「ギザバサミ」を使用してみました、、、、、
ギザバサミで「だんだん畑」ディテールを作ってみました、わりにインパクトが出るんで、これも気に入れば試してみてください!!
まだまだ、途中で今、足首とのクリアランスがようやく見れるようになったんで、隙間見ながらパイピングとか入れてみようと思います、、、



複製は順調だよ!
ZXC-006.jpg
すこ~し、かけてるけど、昨日、微調整かけたら上手いこと抜けたんで、1番心配してたスカートアーマーも大丈夫そう!!(やり~!!)
ボコボコとでっぱり合う、内部の立体感がもう少しで完成します!!
恐らく、ここに股関節が入ったらそうとうプルプルするヤツに仕上がりそうなんで、ココもお楽しみにしといてください!!
股関節は、肩関節で見せたフレームをさらに上回る感じになると思います!好ご期待ください!!

ただ、、、、、

外側の装甲部位にはほとんど余計な飾りはつけないんで、見た感じはおとなしそうな感じになるかもしれませんね?!
まぁ、外形もかっこよくなるよう、現在イラストとまだにらめっこが続いてますので、「千葉しぼりHP」での公開日をドキドキしながらお待ち下さい!!
(え?これしか画像公開しないの?とか、、、言わないの!by姫ちゃん)

とりあえず、プラ板とエポパテのスクラッチを反復しながら、さらにそれを複製していきながらパーツをそろえていくので、非常に進行速度が、周りのメンバーに比べて遅いのですが、多分、、、

たぶん、、、、
コンペには間に合うかと思います!!(いまのとこ、、、、)
あとは、兄さんのもう一人の神、、、柳生君にかかっているんで、それこそ神頼みであります!

まぁ、本音言うと、どこまでやっても不安はつのるばかりでして、、、、、
送られてくるメンバーの進行状況、凄まじいスキルをまのあたりにしながら、やっとこさっとこなのが今の情けない兄さんの状況です、、、、ウゥゥゥゥゥウゥゥゥ、、、、、、
あとは、不安との戦い、、、、頑張ります!!


yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy




「ZZコンペ」途中状況!!


☆タカノリ作  クインマンサ
ZXC-007.jpg
えぇ~と、、、1発目は、タカノリが現在必死になってるクインマンサ!
アーマードコアのキットを軸にして、クインマンサの外装をかぶせるミキシングビルド!
これはこれで、おもしろいっ!
今月号のHJの彼の作例を見ても分かるように、バランス感覚がバツグンなので、今から完成が非常に楽しみにである!!
彼は、今、家を探して三千里、、、、そっちも頑張って欲しい!!
素敵な「ダイワハウチュ」が見つかるのを祈ってます!



☆ベニさんのザクⅢ改!!
ZXC-008.jpg
なにやら、「身辺」が非常にあわただしいらしい?!ベニさんなのだが、、、、、
(それはまた今度報告します!アハッ!)
さらに進化した途中経過を送ってくれました!
やはり、非常にどっしりとした、感じでまとめてり、ジオン好きにはたまらない感じ!!
あと、さらに○○を伸ばして、○○を○○する予定とのこと、、、
ベニさん、無理は禁物ですからね、くれぐれも、、、、ご自愛ください!!




☆コタスケのジャムルフィン
ZXC-009.jpg
ようやく、試験も無事ダメだったウチの宴会部長が、、、(大笑!!)
超本気モードに突入!
首下のチンコ大砲の作りこみ、実にシュール!!この皮かぶりの表現は、コタスケ全開!
兄さんも、幼少期、夏のプールを思い出します、、、、
プールから上がった時の自分のウィンナーマンのかわいいこと、かわいいこと!!
(それがいつのまにやら、暴れん坊将軍に、、、人生って、、、アハハハハ最高!)
冗談はともかく、各部の微調整も徐々に進んでおり、いよいよって感じかなぁ?
肩の内部の作りこみも楽しみにしておきますんで、ブイブイ言わせてくださいねぇ~!!(圧!)




☆ウエハラミユキのリゲルグ
ZXC-010.jpg
会長と兄さんから「改パ禁止条例」が発令され、やむなくタミヤ製に切り替えたウエハラセンセ!
しかし、、、あっさり作ってますが、コレだけでも超大変だと思います、、、、汗汗
(さりげに感謝してます!あざっす!センセ)
それにしても、電話で話すと彼のファイティングスピリッツは凄かった、、、、汗汗、、、、

兄「コレ、本体のディテうるさくない?」
上「いや、コレはこのままいきます!!」
兄「え?新規パーツと合わなくない?」
上「いや、本体に合わせてバリバリディテーリングしますから!!」(超強気)

と、言った感じの乗りにのってるセンセ!!
超ワイセツなランドセル期待してるんで、お願いします!!




☆haharu選手のZZガンダム
ZXC-011.jpg
きたぁ~~~~~~!!「主役機!」
ついに全身サフ画像まで進行してます、、、それにしてもコレ塗るの大変だろ~ねぇ、、、、
しかし、さすがハハルンです、ディテなんか後回しだよ!とりあえず塗らないと!!と、兄さんに熱く語ってましたが、その通りです!
間に合わなきゃ、何の意味も無いんで、とにもかくにも完成させてください!
なんせ主役機がいなきゃ始まらない!!
「ZZコンペ」で「ZZ」がいないなんて、家に泊まりにきた女がぐずって、もめてる最中に親に介入されるぐらい気まずい感じです(いや、そこ違う感じ?!笑!!)
どっちかって言うと、始める直前にゴムの隠し場所を忘れて、相手のサイフからあっさりゴム出てきたよ?(あれ?)な、、、感じかなぁ、、、、まぁ、どっちでもいいよな!んなぁこたぁ!!大笑!!
とにもかくにも、あんたが主役だ!!





☆濱薫のゲーマルク?!なの?
ZXC-012.jpg
でたぁ~~~~!!!
濱薫の得意のオリジナル必殺技!!「ひょうたんからコマ」!攻撃!
今回は、フリーダム>ゲーマルクに、、、、って、お前正気かよ?!大笑!!
ど~して、フリーダムからゲーマルクを発想できるのかが兄さんには分からないが?
(正直、割りに長い付き合いだが、たまに「え?何?」と思う事が間々ある、、、、笑)
それにしても、あの嵐のモデ☆サミ優勝の直後、休む間もなく、ここまで形にしちゃうあんたが大将!

さらに、コレ以外にも柳生が新作で「キュベレイ(量産)」やNAOKIのドーベン新色まで初公開と、楽しみは膨らむ一方、、、、、
全員が全員、早くこのコンペが終わって欲しいと願う中、最終日に集結する怒涛の嵐が今から恐ろしくてしょうがない、、、、滝汗、、、、
斉藤のRジャジャ、ハタのハンマハンマ、会長のガルスJ、マー助のカズエル、オル君のクインマンサ等々考えると夜もおちおち寝てられない、、、、
最後に笑うのははたして誰なのか?!
(俺じゃないことだけは間違いないが、、、大粒涙、、、)

いよいよ最終コーナーを回ってラスト直線の150m、、、、、



yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy


今週の気になる作品

☆安々のミニMS群
ZXC-013.jpg
久しぶりに友人の「安々」が、画像を送ってきた!!
しかも、モノは日進のカップヌードゥについてたオマケMS!(かわゆす!)
どれもストレート組だが、非常に丹精込めて塗られていて、びっくり!
ちゃんとスミ入れまでしてあるじゃん、この芸細めっ(笑)
以前、お付き合いのある「よしを」とカップ麺のミニMS2人コンペやらかすか?とか内緒で話してたんだが、見るとムラムラするなぁ、、、すっごいやりたいのは山々なんだが、、、
なにぶん、まったく時間が無い、、、時間ができたらオイラもウチのカップ戦士を仕上げてあげたい!
安々のブログはココだっ!クリックGOGO!!)



☆やったよ!アオシマ愛!!
ZXC-014.jpg
いつもおもしろい話で兄さんと盛り上がる、「宵っ張りのtaka」さんが、やりやがりました!
あの強敵アオシマの「アトランジャー」を完成!!
え?アトランジャー知らね?
、、、、、、
君君、、、、アオシマのまがいもの「アトランジャー」を知らないとは、兄さん悲しい、、、、
簡単に言うと、イカサマまがいのデザインで、昔から適当なごった煮デザインゴリ押しのインチキプラモを売り続ける素晴らしい伝統と格式のある「アオシマ」と言うメーカー製で、4つのメカが合体してニセ手塚治虫ばりの不思議なデザインを主軸に色々なシリーズが出ておりました!!
しかし、平成の現在にこのアトランジャーが見れるなんて、、、感動!!&爆笑!!
しかも、コレコンペに出撃したそうな!(素晴らしいコンペ魂!エライッ!!)
たまには、こういう昭和のプラモもガンプラのモナカ同様、遊んであげたいですねぇ、、、、ウン!
宵っ張りのtakaさんのブログはココよ!!クリックウッフ~ン!)




☆UさんのガンダムX!!
ZXC-015.jpg
「月は出てるのか?!」
な、ガンダムXを旧キット大好きな「Uさん」が製作!もうね、、、マジカッコイイ!!いや、欲しい!
どんだけ弄繰り回したらこうなるのか?考えると頭痛くなる、、、、
しかし、こういう素晴らしい完成品はぜひ、本サイトのギャラリーでじっくり堪能してほしいですね!!
仕上げは勿論、工作技術の高さ、丁寧さは目を見張るものがある、、、、感動!!
Uさんは、毎回なかなか見られない完成品を製作してくれてて、兄さんは個人的にやみつきです!
今はガレキにこってるみたいだけど、そっちの完成品も楽しみです!!
Uさんのブログはココだよ!!クリックGOGO!)




HAYAさんのGMだよ~ん!
ZXC-016.jpg
ウン、かっこいいね!
都市迷彩チックな紫の盾に小さい「SAFS」マーク、非常にシックで兄さん好きです!!
ご本人は、メールに素組みなので恥ずかしいとかかれてたが、いやいや、しっかりツボ押さえたモデリングでとても清潔感があり、押し付けがましくないのが素敵!!
しかし、、、、、、、、、、
GMのスプレーガンっていつからこんなにかっこよくなったんだ?!
凄いメカニカルなデザインで、昔はショートバレルのスプレーガン嫌いだったんだけど、なんかかっこいいよなぁ、コレ!!
次回作も期待してるよん!!
HAYAのブログはココだよん!クリックGOGO!)




☆フリークショウさんのキュベレイ!
qubelleysr14.jpg
急遽掲載させていただいたんですが、昨日、メールでこの画像をいただき、UPされたキュベレイ劇場を拝見しに行きました、、、もうね、凄い!!、、、、汗汗、、、、
非常に煮詰めた原案、練りに練った試行錯誤の数々が見事彼の卓越された技術で再現されたそれは、本当に驚かされました、、、、幾重にも仕掛けられた「線」の重なりが実に繊細なラインで兄さんの脳内に刺激を与えてくれました!!ここで書くのも少し気が引けるけど、、、、
やっぱモデ☆サミ当日は、作品数の多さと自分自身テンションがあがりすぎてて、ゆっくりと鑑賞できなかったので、こうしてギャラリーでじっくりと腰すえて見られるのは嬉しい~!!
堂々の上位入賞もうなずけます、現在フリークさんは注文代行でクシャにとりかかってて、これも楽しみです、まだ、ギャラリー見にいってない方は、ぜひっ、このキュベレイをじっくり眺めてみてほしい!
フリークさんのブログはココだ!ダッシュでバキュ~ン!!)







☆タカノリのGMカス
ZXC-018.jpg
たぶん、今月号のHJに掲載されてるハズ??!だよね?(まだ見てない、、ホホホ)
コイツの足首はホント大変だったみたいで、GM系はキットの種類が非常に多く、この手のミキシングビルドが非常に簡単そうに感じるが、実際には、ほぼ別モノのパーツを違和感無くなじませるのは、相当大変かと思いますねぇ、、、、
ビギナーの方で、HJや電撃の作例をピーコしたい方々は、ホントよく計画を練ってから、ノコギリ入れないと、後で大変な目にあうので、ご利用は計画的にね!!
2個も3個もキットつぶして、結局完成しなくて放り出すと、その後、楽しくなくなるから、こういうモデリングは長い目で見て、じっくり取り組みましょう!!
積むのは良い事だけど、「放置」は心の健康によくないからねっ!!
タカノリのブログに応援コメよろしくねぇ~!!)





恒例の大型画像、、、、、
さて、、、、、、
今回のしめですが、、、、、
本当は、あまり詳細を書くと怒られちゃうのだが、、、、
今月号のHJのウエハラセンセはコレ、死ぬ気で頑張りました!!

ZXC-019.jpg
<キャノンガンダム byウエハラミユキ>
たぶん本誌では「ノリノリで~」なんて書いてあるかと思うが、そうとう涙目だったような??!笑!
見た感じ、コレだけ美しいとい言うことは、裏返すとそうとう製作者が泣いてるという話で、、、
彼の作るMSはホント完成度高いね、、、(あいかわらずくれないんだが、、、)
まぁ、何箇所か気になる所があるが、月刊誌のライターの厳しさでしょう、、、、、
たま~に、どうしたらライターになれるのか聞いてくるモデラーの方がいるのだが、、、、、
「本誌を見て、あ~だこ~だ文句言ってる方が凄く健康的で楽しい!!」と、思います!!
(ねっ!ウエハラ君!笑!!)



ではでは、今回はココまで、、、、、
次回、ブログ更新時には、「柳生マジック」で兄さんのザクⅢがどうなっているのか?!
「ZZコンペ」で土下座するのは誰なのか?どうぞお楽しみに!!
年末にかけて、各所で開催されてる「コンペ」に向けて頑張ってるたくさんのモデラーの皆さん、、、
僕らも頑張ってるんで、一緒に頑張りましょう!!

ほいじゃ~のぉ~!!














 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ