このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# 「ガンダムMk-Ⅱ製作記その4.5」

ようやく晴れてきたぜぇ~~!!

 ども、ご無沙汰してます、、、、、

ようやく、「春」らしいお天気に恵まれ、非常に気持ちよく工事が進み、やっとこ記事が書ける感じなんですが、、、

皆さん、いかがお過ごしでしょうか??!ウフ


ASKB-000-01.jpg
<出たぁ~~!超絶かっけぇ~!!ランダムさんの「キャノコン」イラスト!!マジかっこよす!!>


前回、引き続き応募をしております「キャノンコンペ」の方も、徐々に人数が増え始め絶好調~!!
まだまだ、夏まで募集は続くのだが、、、、


banner.gif

(まだバナーをお持ちでない皆さん、コピペして自由にお持ち帰り下さい!!+(0゚・∀・) + テカテカ +)



大事な話をしておきましょうねぇ、、、

現在、様子見で静観されている方もおられると思いますが、、、
実は、エントリーが遅ければ遅いほど、ある「作用」が働きます、、、???!!

現在、「エントリー欄」にある「機体」に、後からかぶせてくるケースは非常に少なく、先にエントリーしていかないと、どんどん機体が無くなっていきます、現実問題、おもしろいネタで勝負をかけたいのは、出場者全員がそうであり、なるべくかぶりたくない、、、と言う心情が働くのがその一因なのですが、、、

兄さんは、エントリーは早い方が「有利」だと感じます、、、
(勿論、例として「俺の方が兄さんより凄ぇ~ヘビガン出してやるぜぇぃ!」的な事も無いとは言いません!)
ただ、見ている限り、出来るだけかぶらない方向に思考してるのが現在の感じなので、、、、

もし、今、迷ってるなら、サクッと作品を決めて、エントリーされちゃうのもいいかなぁ?なんて思います、、
あと、「ガンダムSEED」なんて、大砲モノの宝庫なのですが?あまり見かけませんよね?!
これもチャンスゾーンな気がしてます、、、
(非常に立体ばえする機体が多いですから!)

ともかく、どしどしご応募下さい!!お待ちしてますよ~!!


ではでは、、、、
少し開きましたが、、、「Mk-Ⅱ」の解説の続編いきましょうか、、、




ガンダムMk-Ⅱfb脚部編<sideB>

ASKB-000.jpg
<横から比較画像>
 とりあえず、長引いていた「スリッパ」が完成!!(やったよパパ!笑)
色々な、事を思考して、出来る限りシンプルに、かつ、マニアックに弄ってみました、、、、
特に前回から引き続き、アンクルカバーには「フチモデリング」を入れ、スネ周りとの統合を図ってます、、、
一見するとノーマルパーツとほとんど同じに見えるようにしてあります!!(ココがミソ!)




ASKB-001.jpg
<後方からの比較画像>
前回でもお伝えした通り、出来る限り「パネルライン」のようなスジボリでのディテは避け、今回は、違うアプローチでくみ上げていきました、、、、
ただ、「ハデ」な見た目の好きなモデラーさんには、少し分かりにくいかと思います、、、
ちなみに、スリッパの長さはノーマルと比べ、約1mmほど長いです、、、、





ASKB-002.jpg
<つま先の比較画像>
一見すると、ノーマルキットの横幅の方が広く見えるのだが、、、、

「実寸」はほとんど同じ、、、

カットする面と傾斜角度で、タイミングをかなり変えてあり、「一生懸命やりました感」無く、細身に見えるように、「寝かせ」をきつくして、目の錯覚を誘います、、、
(特に足の甲のうるさい「C面」は全て撤去、できるだけシンプルなライン構成に変更)
もうひとつ言うと、アンクルアーマーに「1段」フチリングを入れているので、細く見え、つま先の傾斜が余計にそう感じる視覚効果を狙ってみました!!
(ここでもう1度戻り、1枚目の画像を見ると、左のサフ画像がさらに甲が長く見えます!!)




ASKB-003.jpg
<足裏の比較画像>
前回製作した「ワイヴァーン」に比較すると、極端におとなしい、つまらない感じ、、、
ほとんど、ダボあとやヒケを処理したのみのシンプルな構造、、、
つま先が、微妙に1mm長いのが分かるかな?
やはり細長く見えるでしょ?笑、、、本当にサイズは全く変わらないのですが、、、

米:スジボリは全て彫りなおしてあります!
(ココでちょっと良い話、スジボリ堂のタガネは有名だが、MGに1番必要なのは、実は「0.4」なのだ!ホホ)
よくあるディテの「四角穴」あれ、実はほとんどの機種が共通企画で0.4なので、1本あれば本当に便利!ウフ




そいじゃ、前回のもも~スネを

くっつけてみましょう~!!




ジャジャ~ン!!




ASKB-004.jpg

え?
おもしろくない??!
まぁまぁ、、、とりあえず、足はおおむねこんな感じです!!
兄さん的にはとてもシンプルにまとまっててご満悦!!

ところで、前回に比べてフクラハギにバーニアが入ったのに気づきました??!ウフ!
そう、横っちょの「黄色のバーニア」がようやくできました!




ASKB-005.jpg

ね!
なかなかイカスかんじでしょ?!(ちょっと暗いけど、画像、、、アハ)

ちなみに、しつこいようだが、、、、「つま先」長く見えませんか??ウフ
たったの「1mm」しか延長してないのですが、横から見ると、さきほど言った「寝かせ」がキツイのが分かるでしょ?!つま先の面がかなり倒れているので、同じ長さなのに、印象がここまで違うのである!!







改造した所だよ~ん!!

ASKB-006.jpg

まぁ、非常に優秀なキットだけに、唯一残念な箇所がこの「黄色のバーニア」、我々は「竹ボウキ」と呼びますが、、
ココだけが、このキットの悲しい所で、普通Mk-Ⅱの改造箇所と言うと、いのいちにココが出てきます、、、





ASKB-007.jpg

改造の手順はおおむね、画像に書いておいたが、、、、
フィンを切り取り、中にエポパテを詰めるのだが、実際のリアルサイズは相当浅い、、、
とても詰め難くいが、もしやるなら頑張って欲しい!
あ!
勿論、エポパテを詰める前に「メンタム」を塗布してありますよ、乾燥後はずして、自分の好きなデザインにナイフで削りだし、そこにプラ板を貼っていきます、、、、
ホント、かならず、この作業にかかわらず、プラ板を貼ったら、どんなに綺麗に見えても、絶対ヤスルのはさぼらないようにしましょう、本当によく見かけます、、、せっかくの自分の頑張りを自分でダメにしちゃうのは、もったいないので、必ず、やるようにすると作品が見違えるように綺麗に仕上がります!!




☆ついでに教える「マルチョン」ディテの作り方、、、

ASKB-008.jpg

よく、モーターヘッドで見る、「マルチョン」ですが、、、
「マルチョン」自体は、古くからあり、それこそ、プラモデルの始まった、模型の始祖と言われる「潜水艦」の時代からあるんですね、、、、
そもそも、昔は、飛行機の模型も、今の凹彫りではなく、凸彫りだったため、こういう「丸い」スジボリは「シャープペンシル」の先端をもちいたりして自分で再現するものでした、、、
(今は、何の苦労も無く最初から凹彫りなので、できる必要もないのですが、、、、汗汗)
今回のように、ハデなパネルライン等を使用しない表現では、こういうシックな手法もかっこいいと思い、あえて古い模型の手法を用いました、、、、


とりあえず、道具を作ろう!


ASKB-009.jpg

ウン、道具と言っても、非常に簡素なので、すぐに作れます!!
ピンバイスの先に適度な長さに切った「真鍮パイプ」を差込み、そこに紙ヤスリをあえてクルクル回していきます、最初は400#くらいから始め、600>1000とかけると、そこそこ鋭利な先端になります、、、
もし、リューターをお持ちなら、リューターでまわしながら研いでも簡単です!!

コレを入れたい箇所に下書きしておいて、『真上』から押し付けて回します、、、、
(本当に垂直に当てないと、ズレたり、先が変形したりするんで、まっすぐに当ててください!!)

そしたら、丸く彫れますので、惚れた線を鉛筆でなぞります、そして一旦600#ぐらいを当てて、丸を黒く浮き彫りにする、そこを慎重に「ケガキ針」もしくは「カルコ」もしくは「縫い針」等、使い慣れてる道具で、ゆっくりと3回ほどなぞると、綺麗な丸が彫れます、、、、

☆もう口すっぱく言ってるので、分かると思うが、、、
必ず、いらないパーツもしくは、プラ板の上で練習してから
じっせんするようにして下さい!!



ASKB-010.jpg

ちなみに、四角い方の穴は、兄さんは「0.4」のBMCタガネで彫ってます、、、、
何故か?
さっきもチラッと書いたが、バンダイディテのサイズに多少合わせておくと、新規で入れたディテが「浮かない」からなんですよ、、、たぶん、ご存じない方が多いのだが、バンダイのMGは本当にこの「0.4」を多用してて、恐らくは、1/100と言うサイズに人間の目線で見た感覚として、1番心地良い、、、からなんでしょねぇ、、、ウン
(MGの好きな方は0.4タガネ持ってると便利ですよ~!!ウフ)


<オマケ画像>
ASKB-011.jpg

カカトの装甲を少し浮かせて、「接合部」をわざと見せる「小技」です、、、
特に、現在のMG<マスターグレード>は、合わせ目と言われる接合箇所が無く、ほとんどこうしたパーツの差込を使用しているので、逆にそれを逆手に取り、ディテールとして活用するとこうしたおもしろい効果がある!!

いかがでしたでしょうか?

以上、今日の記事でした!!













なんっつったら、みんな怒るよな~~!笑、、、



わざわざ何回も見に来てくれてるんだし

プルプル日記は「伊達じゃないっ!!」







とっ、言ったわけで、、、

奥さん、「今日の本番」いきましょうか、、、


















脚部構造の本当の秘密



ASKB-012.jpg

ガンダムMk-Ⅱfbの素性は明らかにされていないが、、、、
その実、、、、、
のちに開発される、「ガンダムGP-01」のフルバーニアンシステムの基礎と言われる「SBS(スライドムービングシステム」のテスト機であったと言う噂がある、、、
SBSは、そもそもが「スライド・ボアアップ・システム」が語源で、後にスライド・ムービング・システムと言う呼び名なったらしいが、可変型の2軸慣性バーニアの事で、脚部に4基あり、背部にあるランドセルの加圧可変型バーニアと連動して急旋回時等に、推力の補助をするモノで、量産型のネモ等に比べ、姿勢制御の安定率が15%程、上がるらしい!
ただし、非常に複雑な機構でメンテナンスもピーキーなため、量産機には用いられなかったと聞く、、、、

と、言うのは、、、兄さんの勝手なデマなので信じちゃイヤンなの!ウフ!!(自己満設定だからね!)
今回は、GP-01fbの胸部にある可変型バーニアの応用で、脚部に2基ずつ、並列に並ぶバーニアを扇運動させることで、2軸の推進力による旋回性能の向上を目指して製作してあります、、、、




そして、、、、、








ASKB-013.jpg

もちろん、いつもの「フルバースト機構」として、放熱用開閉パネルもあります!!
普通このくらいの可動を仕込むくらいなら、兄さんも頭をかかえなかったのだが、、、、、

今回は、さらにもう1段、「可動」が仕込まれていたので、さぁ~~~~大変!!!

マジでてんぱりまくりましたよ!!(滝汗)









ASKB-014.jpg

あの、「逆シャア」でもワンカットあった、「アイゼン機構」、、、
非常に悪条件な宇宙空間において、例えば大型のスペース・デブリを足でつかむ事も可能で、水平な地面以外でもそこに待機したり、とどまることが可能になるのである!!
もしくは、ぬかるんだタチの悪い湿地においても、スパイクの代わりとなる「アイゼン」を打ち込む事で、バランサーの補助をしていく機構です、、、、
勿論、ショートでもロングでもその条件下でも自在に大小選ばず、つかめるよう2段階に出るようになっています!

☆アイゼン=登山靴などについてる「スパイク状の滑り止め」



そう、、、、、、、、、、、、、
今回、外見を出来るだけシンプルにして、内部機構を極限まで高めています、、、、
映像では見たが、なかなか実物を拝む機会もなかったので、あえてこの機会に3Dで色々な作業にチャレンジしてみましたが、思うようには進まず、かなり作業は難航しましたよ、、、、

当たり前だが、当然MGなので内部フレームがあるため、スリッパの内部も「細工」を仕込むには、相応の努力が必要になる、、、クリアランスとの戦いは、可動が増えれば必然的に厳しくなります、、、、
それは、2倍>4倍ではなく、、2倍>10倍くらいに厳しくなのね、、、
1枚のスリッパの上下を開閉させ、なおかつ、下は、6箇所のツメを動かすのであるから、兄さんも苦しみました!

本当は、9枚のアイゼンを稼動させる予定でいたが、カカト側にアイゼンを増やす意味が無いため、あえてつま先に集中させ、瞬発力のある見た目に仕上げてみました、、、、
(運動生理学で、俊敏な運動におけるカカトの意味は皆無なのです)





つまらん長話はおいとて、、

とりあえず、フルバースト状態を開放!!






ASKB-016.jpg
<カッチョイイでしょ?ウフ!!>


さらに、進化の止まらない「超過激構造Mk-Ⅱ」は続く、、、、、
次回も心臓直撃の画像でお会いしましょう!!
(と、言うわけで、今日のMk-Ⅱ報告はここまでっ!!)









お友達の作品紹介だよん!

ASKB-020.jpg

久しぶりの「ウエハラ」センセの作品!!
いんやぁ~~、凄いカッコイイ!思わず表紙にやられてHJを手にした方もたくさんいたのでは??!笑


☆ウエハラミユキ   ウィングガンダム・ゼロ<MG改>

 さきほど、画像を送ってもらい、色々話したが、、、
ウ~~ン、公で話せるのは難しいなぁ、、、とりあえず、今回は大変だったとの事、、、
(あやうく落とすとこだったとか?大笑)
なんせ、マスキングがシビアで、泣きが入ったらしい、、、特に、可変機構の再現はそうとう難しかったらしく、めずらしくグチってた(しかも明るいグチ!笑)
兄さんもこれで心置きなくウエハラちゃんとアキバ遊びに出かけられます!!(そっちかよ!笑)


ASKB-021.jpg

まぁ~~見事だね!!
複雑な可変機構の完全再現も素晴らしいのだが、可変してもカッコイイのはさすがのウエハラ節!!
見事なゴッドバード’ぷりに兄さんもウルウルきました、、、



そして、もうひとつの

「ウィング」も掲載しちゃうよん!!




ASKB-023.jpg

☆POOH熊谷   ウィングガンダム<ノスタルジック迷彩>

おほほほほほ!!なんという豪華な競演!!
いかにも熊谷センセと言う感じの「モデグラカラー」炎上のウィング、、、、
誌面にも彼が書いていたが、、、時代の流れにのりながらも残されたノスタルジックな古きよき時代の「形」、、、
そこをいかに生かすかが、彼の筆さばきの妙でしょう、、、、
実に、いぶし銀なしあがりで、やはり惚れ惚れする!!


ちなみに、ノスタルジーと言えばこんな画像が届いていた、、、


ASKB-024.jpg
<たまごひこうき ジョリーロニャース!>

 さすが、飛行機モデラーの熊谷センセ!実にマジメにふざけていて、兄さんも参りました!!汗汗、、、
モデグラでも既に紹介されているが、この「カワイイデカル」!

実は、あの「岡プロプロデユゥース」第2弾でして、、、、
5月には、量販店さんや小売店さんの方で購入できるそうな!(メーカー>ノスタルジア)
たまには、皆さんもこんなカワイイデカルでお茶目な飛行機も良いかと思いますねぇ、、、
(いあやぁ~ほのぼのする!!ウン!)



ではでは皆様今度こそ、

本当に最後ですよん!!




ASKB-022.jpg


ではでは、次回の記事でお会いしましょう~~!!

ほいじゃ~のぉ~~!!!



PS;毎日、謎の造形集団「日の当たらない窓」が、こそ~~りLIVEなんぞしてる噂?!
  放送時間は?ほぼ不明だが??(http://www.stickam.jp/profile/nblood)
  全く役に立たない放送が、日々くりひろげられているとのこと??
  しか~も!!
  「一つ目の人」の友達リストを覗くと、本人以外も、どうやら持ち回りで行われているらしい??
  (今日の放送担当は誰だ?!オホホホホホホ~~~!!)
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 「時は来た、集え大砲の音(ね)」!!

「時は来た!!」

MMNN-000.jpg
<今回の画像は、「超てきとう」さんの画像をお借りしてみました!サンキュ~!!ウフ>


さぁ~~~!!!

大変長らく、お待たせいたしました!!
超過激企画「大砲コンペ」いよいよ、準備が整いつつあり、その『全貌の半分』ですが、皆様にお伝えしようと思います!



エントリー資格!!

基本的には、コンペ参加にあたり、厳しい「注意書き」のお言葉がウチの会長からございましたが、、、
兄さん的には、そんなの気にしないでガンガン楽しく参加して盛り上がっちゃいましょう~!!的な感じです!ウフ
今回は、プロ・アマ問わず、ジャンルの垣根も無い、なんでもありの「大砲祭り」です!
スケールモノであろううが、キャラモノであろうが、一切、何の制限も加えません!
(大砲さえ付いていれば、問題なし!!無ければ付けちゃえよ!くらいの勢いで!!大笑!!)

ちなみに、新しく規定で「フュギア」での参加もOKとしました!!
大砲を抱えたキッチュな女子でも、いかつい兵隊でも、カメバズーカでもOKです!!
それから、仲間と組んでの参加作品もOKとします!
この際、「大砲がついてるモノ」ぜ~~~んぶ集まれ~~~!的な感じですので、難しいレギュも考え方ひとつです!
手持ちの大砲がダメなら、背中に「マウント基部」をつけちゃえば何も問題なしなので、創意工夫で参加するレギュも楽しんでいただければと思います!!





審査員紹介!!

ここからは、皆さんの作品を「厳正審査」していただきます、先生方をご紹介させていただきます!!
どの先生方も言わずと知れた方々ですので、解説するのも躊躇してしまいますが、ともかくビギナーや最近模型を始めた方にも、お分かりいただけるよう、詳細に書かせていただきました!!
(全てのジャンルの方に、色々な視点で審査していただけるよう幅広い人選をさせていただきました!)


☆横山 宏 先生
 解説すること自体が憚られますが、、、皆さんご存知の「Ma-kマシーネンクリーガー」でおなじみの、横山センセです、造形作家の第一人者であり、大のドイツ機マニアであらせられます、個人的には、その昔、「モデルカーレーサーズ」でお作りになられた1/43のミニカーも記憶に深く残ってまして、、、
あらゆる、造形に精通されたその鋭い鑑識眼を持って今回楽しく審査していただけるとのことで、僕自身も楽しみにしています!!
詳しくはコチラをクリックください!!

☆MAX渡辺 先生
 それこそ、解説する必要も無いとは存じますが、あの「マックスファクトリー」を率いる渡辺社長です!!
現在のガンプラブームを牽引された「ガンポン」をはじめ、HJ誌にて過去展開されたあの「徹底改修」は、今も皆さんの脳裏に突き刺さっているかと思います、現在も大変お忙しい中、たまにこっそりと模型作りを楽しまれてるとのこと、今回のお話もすぐに快諾いただけ、色々アドバイスも頂戴しております、、、
詳しくはコチラをクリックください!!

☆ウェーブ株式会社
 当初、企画開発の永見氏に審査の方、お願いいたしましたが、ウェーブさんのご好意で、全面協力していただけるとのお話をいただき、審査の方の担当者のかたは後日、報告させていただきます!
たぶん、模型好きで知らない方はいないと思いますが、兄さんもいつもウェーブさんのマテルアルには、お世話になってまして、現在展開中の「F.S.S」インジェクションキットも凄く楽しみにしてます!!
詳しくは、ココをクリック!!

☆柳瀬敬之氏(メカデザイナー)
 もうね、知らない方がいないと思いますが、、、いちよう書いておきます、、、汗汗、、、、、
最近では「ガンダム00」でご活躍されてます(デュナメス、キュリオス、バーチェ等数えたらキリがないが、、、)
ガンプラ初心者の皆さんも1度は目にしてるハズ!「スーパーロボット大戦」、「アーマードコア」と言えばお分かりかな?!そんな凄いクリエーターの方に見ていただけちゃいます!!
詳しくはココをクリック!!

☆倉田光吾郎氏(鋼のアーティスト)
 たぶん、各模型誌でも大きく扱われたので、その名を記憶されてる方も多いと思いますが、、、、
そうです!あの1/1スコープドック(ボトムズ)を製作された鋼鉄のアーティスト、光吾郎さん、、、、
現在は、ワールドカップ(サッカーのね)のタイアップでの製作に日々追われているそうで、その忙しい最中、今回の「キャノンコンペ」の趣旨に賛同いただき、審査の方お願いさせていただきました!!
詳しくはココをクリック!!

☆曽野 由大氏(漫画家さん)
 現在、月間ガンダムエースにて「ガンダムカタナ」を連載中の漫画家さんで、先月、ウチのオフ会にも遊びに来てくれました、部類の「特撮オタク」で、口グセは「日本一のスーツアクターが夢です!!」と、言う非常に、兄さん好みなナイスガイ!(笑)今回、模型の審査の方も、非常に厳しい「プロの目線」で審査していただけるとのお話で、プロの絵描きさんから見て、「あ!コレ書きたい!」と思われる作品をチョイスしていただけるとのこと!!楽しみ!
詳しくはコチラをクリック!!

☆たくま 朋正氏(漫画家さん)
 最近、知り合いになったばかりなのですが、審査委員のお話を快く引き受けてくださいました!!
月間「少年エース」にて、「グレンラガン」や「コードギアス」を執筆されておられましたので、ご存知の方も多いかと思いますが、やはり、曽野氏同様、プロの目線で「コレ描きたいなぁ?!」的な視点で、模型を審査していただけますよう、お願いしてあります!!
果たしてどんな作品をチョイスされるのか?!兄さんもドキドキンチョです!!
詳しくはコチラをクリック!!


               <☆ぶしつけですが、順不同での紹介とさせていただきます!!>


以上、現在公開できる情報の一部です、、、、、
素晴らしい、審査委員の先生方を「あっ!」と驚かす、波乱万丈な作風、奇想天外なアイディアも楽しみにしていますので、皆様の「あぁ~~コレは無いなぁ?ん?でもカッコイイじゃね?」的な、造形や作品、楽しみにお待ちしております!!
ちなみに、審査委員の先生は、もう少し増えるかも?しれません!!



賞品について、、、、

そうそう、素晴らしい賞品のごく一部を紹介しておきますね!!ウフ
例えば、、、、
「ガンダムエース」の曽野氏(漫画家さん)は、お気に入りの作品を選んでいただき、それを本物の「原画」でサイン入りで、描いてくれるそうです!(あ!ありえない、、、滝汗)
そうなんです、よくある「サイン色紙」ではなく、お仕事用の本物の「原画描き」をプレゼントしてくれるとの事!
(「我が家の家宝」間違いなし!!)

あと、「鋼鉄のアーティスト光吾郎さん」は、なんと!!なんと!なんとぉ~~~~~!!!!!
ワンオフで「プチ鋼鉄のアート」を個人賞としてプレゼントしてくれるそうな!!(いや、本当にいいのでしょうか?汗
この大会用に、ワンメイクしてくれるそうです、これも門外不出の「家宝」間違いなし!!です!!
(勿論、言わずもがなサイン入りです!)

正直、兄さんもこんな凄い事になるとは思いもしませんでしたが、、、、、滝汗、、、、


そうそう、前回お伝えした「スジボリ堂」さんも勿論サポートしてくれますので、少しだけ秘密のお話を、、、
何やらBMCタガネに関する新しい開発が進んでいるとの事、、、????
いったい何が飛び出すのか?(詳細は、もう少し待っててね!!)

>あ!プチニュースだけど、今月号の「モデルアート」さんでBMCタガネが取り上げられてるそうですよ!注目!!





「えぇ~~?俺なんか無理でしょ」とぼやいてる、そこの貴方!!
それは「大間違い」です!

今回、あえて模型人の横山さんやMAXさん以外にクリエーターの審査委員をあえてお願いしたのは、作品の情熱やセンス、アイディアを評価していただきたくて、広範囲に渡り、各ジャンルの一流のセンセイにあえてお願いしてます!
色々な模型の新しい可能性も含んで考慮させていただいてます!!
「プロ」が必ず勝つなんて言うのは、単なるおためごかしです、長嶋さんじゃないけど、僕もメイクドラマに期待してます、物語の最後の最後、、、、、

大逆転があるからこそ
ドラマが生まれるのである!

無い所に「道」を作ってはじめて
そこに「方角」が生まれる!


っと、兄さんは思います、、、、、、、、、、、、

今回、「プロモデラー」の方も多数参加されますが、誰もけっして安パイではなく、逆に余裕なんかかまして、食われちゃう危険性も非常に高いと、考えます、、、、
「勝敗の決まってる勝負」なんかクソくらえです!!



審査員の先生方には
参加者の経歴は全く考慮しないで
お願いしてます!!

過去の経歴や知名度は
一切考慮しません!!




ですので、HJのライターであろうが、モデグラのライターであろうが、電撃のライターであろうが、どこぞのメーカーの原型をされていようが、普通の趣味で製作されていようが、過去、なんちゃらの大会でグランプリを受賞していようが、全く、配慮しません!!

あるとしたら、、、、

その「作品」の「熱量」だけでの審査となりますので、全て「フラット」で参加していただけますよう、配慮させていただいてますことをおことわりしておきます、、、、


☆エントリー   9月末まで有効

☆締め切り    11月11日(木)

☆発表      11月21日(深夜12時の予定)

☆順位等の発表  今回は、順位は発表しません!!
         ただし、各審査委員賞と、「グランプリ」のみ発表の予定!!
         (審査委員賞に関しては、8~9枠くらいあるとお考え下さい!!)


なお、書くまでも無いとは思いますが、「素材」は一切問いません!!
粘土造形でもプラ板のスクラッチでも、プラモデルの改造でもOKです!!
(無論、ペーパーモデルもウッドモデルもメタルモデルでも可能です!!)

ただし(ココ重要)
無版権モノのガージキットを使用した完成品は、いかなる理由があっても認めません!!
(ガレキの種類は膨大です、どれが正規版権で無版権か?分からない場合は事前に兄さんに相談してちょ!)



最後にサポーター募集!!

参加者の皆さんは、「バナー」を貼っておきますので、コレをお持ち帰り下さい!!
なお、自ブログやHP等に貼っていただけますと、兄さんも大喜び!
参加はしないけど、、、
でも「見て」一緒に盛り上がりたい方も、どうぞ、お持ち帰り、ピトピト貼ってくれちゃうと嬉しいです!

banner.gif


それでは、皆さん、次回の記事でまたお会いしましょう!!

「コンペ情報」もどんどん、詳細がさらに明らかになっていくと思いますが、ともかく楽しみましょう!!
「俺の模型を見ろぉ~~!!!!」な作品、「良いでしょ?コレ」な作品、待ってますよ!



ほいじゃ~のぉ~!!

 | ホーム | 

# 「またまたお買い物兄さん!&オフ会報告」

「お買い物」リスト公開!笑



 ども、皆さん、元気に製作してますでしょうか?!
先週公開された「ダイコン(マクロスコンペ)」もひとしきり盛り上がり、素晴らしい作品を堪能させていただきましたが、まだまだ見に行っていない人は、すぐにGOGOです!!


さて、先日の4/10になりますが、定例会である「千葉しぼりオフ会」が開かれるので、アキハバラに出かけたり、いつもの「ご近所付き合い」でジョイフルホンダに出かけたり、地元のイエサブにて久しぶりにプラモデルを買ったりと、、
もう買い物ウィークリーな兄さん!!


TYUI-000-02.jpg

はい、なんの拍子か?いきなり「千葉しぼり」面々が相次いで、「1/48メガンダム」をアイテムに続々とエントリーが塗り替えられ、、???今や、「キャノンコンペ」は「「裏48祭」へと変貌をとげ、ホントの本当にやりたくないのだが、、、兄さんも「メガ子」を購入!!



いや、コレマジで
デカイでしょ?!

しかも何体エントリーされてんだよ?
こんなデカイので、やられたら、、、
奥さん、、、
どうしますか?ホント?!笑!!




まぁね、こういう「勢い」っつうのがコンペの原動力なんで、ノリが大切なのよ!「ノリ」が!!笑
しかし、、、強固な姿勢だったウチの会長までもが、「1/48ガンダム&Gアーマー」に変更してましたね?!
(スイマセン、なんでしょうか?48のGアーマーって、、、涙で前が見えませんが、、大笑!!)


そんで、、、、
前々から1度、試みてみたかったんで、この際「キャノコン」で、あえて兄さんは、最強のタッグを組んでエントリーすることを決意!!
ウチのクラブって凄い人多いでしょ?(笑、自分で書くと変だよな?アハハハハ)
まぁ、みんなの大好きな「濱君」や「ウエハラ君」とかね、、、
今回、兄さんとコンビを組むのは、あのとんでもない「ビグロ」製作した「TOCさん」と決定!!
え?全然Bigニュースじゃない?!
、、、、、、、、
、、、
ま、まぁ、、、もしかしたらTOCさんのあのビグロを知らない方も読んでいると思うので、想像するのは難しいかもしれませんが、「n兄さん&TOCさん」って、、、ある意味、「キチ○イに刃物」的な感じと言うのか?
「鬼に金棒」な感じですかねぇ、、、ウン、、、
(勿論、TOCさんが金棒で刃物なんですけどね!笑)
要は、よくトイレ洗剤に注意書きされてる「混ぜるな危険」と言うやつなので、「コレボレーション作品」の方、かなり期待してください!!



さてさて、「メガンダム」は、既に購入したので、とりあえず、、、、
先週のお買い物は、、、、、



新たな武器「ヒデとロザンナ」!

TYUI-001-02.jpg

とりあえず、2本の「ノコギリ」を購入!!
左が「ヒデ」で右が「ロザンナ」です!!え?商品名なのか?、、、、
いや、、、
商品名は、確か??両方ともナマエめんどいので、、、兄さんが超残念な名前を授けてやりました!
(ねっ!!ぐっとくるネーミングでしょ?!笑)

ちなみに、「ヒデ」は、のちに迎える「48デラーズ紛争用」のノコでして、、、、
非常に使いやすい「タケ」なのである、、、こやつ、大改造にはもってこいの使い勝手なサイズでして、大きい模型や大きいパーツ(ウレタンやレジン)をバッサバッサと切り倒す非常に便利なシロモノ!!
<データ  刃厚0.3   ピッチ1.0   刃長100mm>
■正式名称:レザーソー細工鋸<片刃>  ■メーカー:玉鳥(ぎょくちょう)品番1150


それから「ロザンナ」ですが、こちらは、現在格闘中の「Mk-Ⅱ」用に購入したモノで、小さなパーツ加工用にもってこいの大きさ、非常に薄刃だが耐久性を考えると、エッチングノコよりも信頼度が非常に高い!!
そもそも持ちやすく、作業効率も良い!
<データ   刃厚0.1    ピッチ0.5   刃長60mm>
■正式名称:スーパーファインカットソー  ■メーカー:不明(無記載)


個人的には、年中プラやレジンをザクザク切るので、必要なのだが、、、、
こういうものは、ひとつあると重宝するので、機会があれば購入しておくと便利ですよ!!
(ちなみに、ホームセンターで買うと価格は大型模型店で買うよりもかなりお得です!と小さく書いておく)

☆この手の工具選びの基準は「しっかりしてて」「机上で邪魔にならないサイズ」が基準です!!








3Mスポンジヤスリ
TYUI-002.jpg

まぁ、たいていのモデラーが頻繁に使用しているので説明不要ですが、、、、
実は、コレも模型店ではなく、ホームセンターで購入してます(勿論、全5種類とも)
半額まではいかないが、かなり安く買えるので、まとめて5枚くらいづつ購入してます!!
(特に、MEDIUMやFINE、SUPERFINの3種は常用してるので、大量ストックしてます)






いただきもの「マスメシール」
TYUI-003.jpg

今日、お願いしてた、「マスメシール」が百ちゃんから届いた!!
市販されてる「マスメシール」は粘着が弱く使いにくいとのことで、かなり曲げても密着するシートの物で特別に製作していただいたのが「マスメ100」です!!
「マスメ」は、スクラッチパーツ製作時は勿論、ディテを彫る際、スジボリを彫る際に絶対必要になるため、今回はわがままを言ってお願いしてみました!!
まだテスト前だが、たぶんそうとうな「威力」を発揮してくれそうです!!ウフ








ウェーブの「ヤスリステック」
TYUI-004.jpg

 ウチのクラブ内では流行ってて、兄さんは使用していなかったのだが、、、
あまりにもみんなが「良い!」と、言うので初めて購入してみた、そんで、さっき使用してみたのだが、、、、
実に、ベストなサイズ、握り具合、非常に使いやすいですね?コレ?!
しかも大きいので、お得感もあり、細かい所は、切断して使えるので、かなり重宝しました!!
これは、兄さんもみんなにお奨めします!!
ちなみに、切らしてた「スカルプ」も購入、密かに粘土修行もしないとね!!ウフ



その他、画像ははぶくけど、、、、
「ネオジウム磁石」を購入、さすがアキバです、極小のネオジウム磁石があるんですよ!!
これで、「Mk-Ⅱfb」の秘密の工作もサクサク進みそうです!(やった~~!!ウフ!)
買い物は「心のオアシス」ですよねぇ~!
別に、「それ」を買っても上手くなれるわけではないのに、なんかウキウキします!!(だよな!?笑!)
僕は、いつも工具を買う時に、、、、
「何、勘違いしてんだ?!お前、、それを買っても上手くなれるわけじゃないんだぞ!」
と、心でつぶやきながら、「いいんです、無駄こそが俺様の美学!!」と、無邪気に喜ぶのである!オホホホホ











yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy 








少しだけオフ会の話、、、、

TYUI-005-02.jpg
えぇ~っと、、、、
4/10の午後、とあるアキバの某ビルの前にて、これから「フットサル」の試合に向かう「横山センセ」と遭遇!
(さすが電脳都市アキバ、あのMa-kの横山センセに普通に会えちゃうのである!滝汗、、)
この日、横山センセは、これから試合だと非常に上機嫌でして、色々なお話をしてくれたのですが、、、、
私は「健康診断オタク」だと大笑いされていたのが印象的でした!
勿論、模型のお話もされてましたが、非常にバイタリティーのあるナイスミドルに圧倒されました!!


ちなみに、、、
勘の良い、ぷるぷる読者なら
既にお気づきだろうが、、、
ここに横山センセが登場した
と、言うことは、、、、、



そうです、、、、
「キャノンコンペ」の審査員の方も、こころよくお引き受けしていただけました!
ちなみに、「キャノンコンペ」には、審査員が5~7名の先生方を予定しておりますが、詳細の発表は、もう少し先になるかと思います、、、


なぜ?今年ウチで「SF3Dコンペ2」をやらなかったかが?お分かりいただけましたでしょうか??笑
そう、「キャノンコンペ」とは、、、、
何も、ガンダムやスケール物戦車に話を限定しておりません!!
「Ma-k」関連の「大砲付き」もしくは、「オリジナル設定」のメカでもエントリー可能なのである!!
あくまでも、、、、
「かも?しれない、、、」話で、書いておきますが、、、
今回「キャノンコンンペ」でご用意する賞品は、他では200%手に入らないアイテムも登場します、、、


ドラクエで言うと「はぐれメタルフル装備」や「幸せのクツ」に匹敵する、超お宝アイテムを考えています、、、
少~しだけ、ヒントを書くと、、、、
模型の審査なのですが、模型人意外にも「デザイナーさん」「漫画家」さんも含まれています、、、


あ!!
そうそう、勿論
「スジボリ堂」さんも
今回も参加してくれてます!!



兄さん愛用の「BMCたがね」は、確かに全部揃えるのは高額になっちゃうんですが、、、、
(仕事で使用するならまだしも、趣味では難しいですよね?)
なんと、、「20本フルセット」でのプレゼントもご用意していただいてます!!
(たぶん、モデラーさんは模型よりも嬉しいかと思います)
勿論、それだけじゃないとの話ですので、そちらも凄~く楽しみですよね!!

いよいよ、徐々にですが、、、「少しずつ顔」を見せ始めたコンペの全容、、、、
さらなる衝撃のニュースを待てっ!!



☆あくまでも皆様が楽しんでいただけますよう、「千葉しぼり一同」全力でホストさせていただきます!!
まだ、ためらっている、そこの貴方!
ぜひとも、この「異種格闘技戦大砲祭り」にどしどしご参加下さい!
プロ・アマ、ジャンルを一切問いません!!どうぞお気軽にガンガンお申し込みください!!


<簡単ですが、今月のオフの様子>
TYUI-006.jpg
あ、あやしすぎる、、、、(爆!)
「ダークサイド」に身をとした、模型中毒な中年のにぎわい、、、(大笑!!)
今回は、作品画像の掲載は、、、、
長くなっちゃうんで、「WR荒川アニキ」の1品だけで、ご勘弁を、、、、



<SWエピソードⅣから~>

DSCN3409.jpg

SWマニアなら、分かるかなぁ~?ウ~~ン
日本版で言う第1話(エポソードⅣ)のルークがオヴィワンに出会い、宇宙港に向かうシーンで、、、
ストームトルーパーの検疫に会う、直前、街に入るシーンでの「ワンカット」を再現しています!!
(デジタルリマスター版のCGが書き加えられた新場面と言えばピンとくるかな?笑)
中央左に配置された「ロント(馬みたいな象)」とエアバイクがぶつかりそうになる瞬間を切り取った感じ!!





DSCN3428.jpg
この「エアバイク」(名称不明)
もうね、めちゃんこ小さいのに、凄い作りこみで、いかに荒川アニキがSW熱にやられてるか?分かりますか?笑
(1/35くらいのスクラッチなのかな?凄かったです!滝汗)
ちなみに、この作品自体は、「SWセレブレーション・ジャパン」と言う、日本初のSWイベント用に依頼で製作された作品だそうで、いつかは、、、、
「じゃぁ、n君にあげるよ、、コレ」と、言ってくれる日を待ってる兄さんです(笑)
>アニキは兄さんを「n君」と呼称してます!!







今週の兄さんセレクト!

今週も気になった作品はたくさんありましたが、お預かりしてる画像も多く、、、
一部しか紹介できないが、素敵な作品は、ウチでも掲載(保存)したくなっちゃうのよねぇ~!コレ!!


☆mogeさんの「ガンシップ」 風の谷のナウシカより~

TYUI-007.jpg

TYUI-008.jpg

いやぁ~~、好きなんだよね~!コレ!!
と、言うよりか「宮崎メカ」大好きなんで、やられちゃいました!!(大笑)
mogeさんが製作した「台座」の雰囲気もとても素晴らしくて、超かっちょいい~!!
空物のウェザリングが初めてって書いてあったが、全然良いんじゃまいか?兄さんはお気に入りです!フンフン♪






☆かずおちゃんの「乳ガン」  逆シャアより~
TYUI-009.jpg

かずをちゃんの「乳ガン」、コレ画像凄い迫力、、、
いや、威圧感かな?なんか凄みがあっておもしろい!ともかく作るのが早いっ!!
恐るべき速度で繰り出される完成品に、連邦もちじみあがる位の速度でして、、、
(その工作速度が羨ましい兄さんです、、、オラも頑張ってるんだけどねぇ~)







☆くまどんの「ドラエモン」  くまどんオリジナルメカより~
TYUI-010.jpg
最近よくメールをくれる「くまどん」さんのオリジナルメカシリーズ!!
実は、この作品を拝見する前に、1度メールで作品を拝見しており、脚部のシワがもう少し!と、アドバイスしたところ、、、、3日ほどで、すぐに改修して見せてくれたのだが、、、、滝汗、、、、
(ちなみに、皆さんコレ、身長はMrカラーのビンくらいなのですが、ALLエポパテのスクラッチなのよ!汗)



TYUI-011.jpg
いやぁ~~、、、滝汗
マジでびっくりした!!特に「こういう感じで」と言う話ではなく、脚部のシワがいまひとつと、アドバイスしただけなのに、「答え」にいきつくのが早い!しかも全部エポパテって、、、(滝汗、、、)
それでなくても、手の遅い兄さんは、くまどんを尊敬してます!

もともと、「キャノコン」用の練習で、、、と、言うことで、オリジナルメカを見せていただいたのですが、、、
あまりの手の早さに、衝撃を受けましたよ!!
しかも!!「地面」の塗りのなんともいえない「色」の感覚の鋭さにも感動!!
(こういう色の地面塗れる人、心底尊敬します!)
色彩感覚、造形バランスともに恐ろしい人です、、、

こういうモノを真剣に作れる人、、、そういえば、兄さんの友人に2人いますね、、、汗、、、
「TOCさん」と「シーラさん」、、、たぶん、くまどんと話が合うだろうなぁ~、、、ウン、、、
前回の「SF3D」コンペにて、パワードスーツを片や「ドラエモン」、片や「ビートン」で仕上げてましたからね?
やはり、上手い造形をされる方は、どこかにそういうウィットな感覚があるんでしょう、、、
(兄さんも勉強させていただいてます!!)













「ザクザクカーニバル」!

さて、ほとんどシリーズ化となっております、重病患者のコーナー!!(大笑!)
ザクに人生をかけた「漢」の生き様、、、、
家族よりも、名誉よりも、ザクが好きな超問題児の集まり!
ザクさえあれば、この世は天国!!目指せ「世界ザク選手権」での栄光!!
自分のお気に入りのデニムに「パワーケーブル」を貫通させたい、素敵な漢の集まりです!!
(1度入院をお奨めしてます!笑)


☆クランケ1号   「かずをのザクF2」
TYUI-012.jpg
あぁ~~マズイですねぇ、、、
このぼかし具合、腰の追加装甲、、、1度、家族を呼んで厳重注意ですねぇ、、、ウン、、、
あ!病院を変えてみるのも手ですよ、かずをちゃん!(笑)





☆クランケ2号  「トヲルのザク2.0」
TYUI-013.jpg
あぁ~~、コレもイカンねぇ~!!汗
まず、DVDの見すぎ!ウン、そいで、腕の「変なライン」なぁ、、コレ、ヤバイだろ?
フクラハギの変なふくらみ、肥大したスパイク、末期症状だよなぁ、、、こうなると、病院は諦めて、早いトコ、墓地探しとけ!(大笑)
坊さんは、兄さんの知り合いに頼んでやる(ちょうどmidoujiとか言う生臭坊主がいたなぁ?)
しかし、大きい声じゃ言えないが、、、、
トヲル、、、お前、変な写真送るなよ!バカ~!(腹抱えて笑いました!ペペやめろ!爆!!)







☆クランケ3号  「midoujiのザク」

TYUI-014.jpg
TYUI-015.jpg
い、今、、、
坊さん紹介するって、友達に書いてたのに、、、
その坊主本人がコレなんだから、お前、たたられろ!(大笑!)
なんだよ?これ?
しょうがねぇ~なぁ~、、、ミドさんも病院は諦めて、棺おけの予約入れといた方がいいみたいだな?笑
ハァ~、もうしょうがないから、骨だけは拾ってあげましょう、、、
(ウチの近所の犬にくばっておきます!笑)
しっかし、、、良い色出たなぁ~!
微妙なスカートの質感、腕上げてるねぇ~!わざとらしくない自然な感じ、凄く良い!GJ!!






☆クランケ4号   「YASの竿ザク」
TYUI-016.jpg
褒めてやりたいのは山々なんだが、、、
いい加減にしないと、YASも危ないなぁ、、、
見ろ!上の病気な皆さんを!笑!!
こうなってからじゃ、後戻りできなくなるんだよ?!
どう見ても、正常な人間がこしらえたプラモでないでしょ?(大笑!)
1日も早く、社会復帰して、立派な大人になれるよう、夜は早く寝てくださいね!!




最後は、恒例の大型画像!

☆今週はサービス期間中なので、W画像で公開!!
(本音を言うと、ブログが長すぎてシャレにならん!大笑!!)

さて、今日の大型画像、1発目は、、、、

TYUI-019.jpg

☆POOH熊谷氏製作  「フェイ・イェン」
ウ~~ント、、、、
兄さんの専門外のキャラなので、解説が難しいが、、、
バーチャロンと言うゲームに出てくる、キャラなのですが、ともかく「地獄」のようなマスキングで、めずらしく熊谷君が大変だったらしいとの話、、、
(詳しくは、モデグラの今月号をご覧下さい!!あ!熊谷君、荷物届きましたあざっす!)


TYUI-020.jpg
しかし、、、
なんでしょうか?このヒップラインは?!
どんだけ、曲線美なのでしょうか?そもそも、女の人のケツは大きい方がいいのか?小さい方がいいのか?
おほほほほほほほ~~~
女性の、「胸」や「おしり」の大きさが気になるのは、お子様の印、、、、
ほいじゃ、何が大切か?!
兄さん的には、「小さい背中」に萌えます、、、
どんなに、顔が綺麗でも、爆乳でも、背中が広かったら、、、、、(以下自粛、、、)
まぁ、世の中色々な意見があると思うので、断定的には言えないが、、、兄さんは背中フェチです!!ウフ



そして、もう1作は、勿論、アニキの作品なのですが、、、、、、、、
コレ、正直、よほど「SWマニア」で、資料を読み漁ってないと、、、理解できないかも??笑
(そもそも、これが記事になっちゃうのが凄い!!)

TYUI-021.jpg
☆円形劇場<赤燃戦闘/GUNSHIP> -ジオーノシス編-

LAAT/i ガンシップ(ドイツレベル製)
ウイングトップ部分のマスドライブ・ミサイルランチャーユニット部分 も含め徹底改造!!
ノーズアートは、トワイレック嬢の自作デカール
エピソードⅡにて、登場するガンシップをアニキ流にいつもの円形劇場で劇作!
(今回もわざわざ未公開画像をお借りしてます!)



TYUI-022.jpg

左のノーマルのトイズと比較すると、細かなディテを含む、バランスのタイミングがかなり変更されているのが、分かる貴重な画像、、、
ちなみに皆さん、この搭乗員(ストームトルーパー)を7人、わずか2時間前後で製作してるそうです、、、
(宇宙人が宇宙人作ってると言う、摩訶不思議な話!笑!!)
SWの模型製作の話をするアニキの顔はいつもめちゃくちゃキラキラしてます!!




今日の最後の画像だよ!

TYUI-023.jpg

没コンセプトデザイン画から、ジオージアンファイターをフルスクラッチ!!
ジオノージアンのパイロットは、ペプシのボトルキャップを改造。

いかがだったでしょうか?非常に鮮明な途中画像なので、何をどういう風に配置しているのかが、一目で分かる、希少な画像です!



あ!
これは、独り言ですが、、、WR荒川アニキも「キャノンコンペ」に参加してくれるそうなのですが?!
ネタを一切、われわれにも教えてくれません???
(兄さんは、絶対Ma-kネタだと踏んでますが、、笑)
S.Rod氏も確か?Ma-kモノだったような?ここにとあるもう一人の人物が入ると、本当におもしろくなってくる!まぁ、忙しいみたいだから無理じいは出来ないが、、、個人的には見たいですね~!ウフ


今日のブログは長くて読むのも大変!!
あ!遅くなりましたが、「mineさん、はるかさん」マクロス・コンパ無事公開おめでとうございます!!
たくさんの素晴らしい参加作品楽しく拝見させていただきました!
マースケや教授、モモちゃんの作品はじめ皆さんの凄いモチベは見ていてこちらもテンション上がりました~!
次回こそはご一緒できるよう、頑張ろうと思います!!


ではでは、皆さん、次の記事でお会いしましょう!!


ほいじゃ~のぉ~!!
 | ホーム | 

# 「ガンダムMk-Ⅱ製作記その4」

「た!大変だ!!ライブが見られるぞ!」




どもん!!


3週間もブログをお休みしちゃいました!テヘッ!!
その間、「MK-Ⅱ」を製作しながら、「ステッカム」導入試験を行い、きたるべく新しい時代に対応するべく、試行錯誤の毎日で、さらに言うと昨日まで「福島県」に行ってました!!
(義理の父<嫁さんパパ>の60歳のお誕生日会に行ってまして、、、汗汗、、、)

さて、今日の記事の1発目は、、、、、

千葉しぼりもついに!
ステッカム導入!!のお知らせ!


まだ、時期や内容は未定なのだが、、、、
これまで、公開された、「ぷるぷる日記」での講習<模型講座>がライブで配信されます!!
兄さんをはじめ、強烈なメンツが先生となるこの「生講習会」が月1ぐらいで開催される予定です!!

今まで、読んでも分からない部分や、上手くできなかったりした所など、生映像で確認しながら、学べます!!
しかも、人数は制限しますが、直接質問もできるようになるので、非常に簡単に模型の技術上達がはかれるかも知れません?!
(実際、どの程度の効果が見込めるのかは?未知数なのですが??)

ただし、最低限の部分をはぶいて講習を進めていきたいので、もし受講される場合は、せめて既製品のガイドブックの基礎的な知識は、読んで事前に勉強しておくことをお奨めします!!
(時間にして1時間くらいなので、無駄な質問時間はもったいないからね!ウフ)

まだ不明だけど???
早ければ、6月ぐらいから予定してます!!
電気屋さんでカメラさえ買えば誰でも見れるので超お手軽ですからねぇ~~~!
そんなにたいして凄い内容はできないけど、(約1時間だからね!笑)
おそらく、聞いて、見て、話して、損は無いと思いますよ!!どうぞご期待ください!!






さてさて、長いこと「バイストンウェル」にいってたので、、、、
「なんだよぉ?兄さん、早くMSの記事書いてくれよ~!!」の要望は日々、感じておりましたが、、、
そうそう、簡単に作れないのが仕事模型のつらいとこでして、、、汗汗、、、
早く作るのが兄さんお仕事ではなく、新しい模型を製作するのが職務なので、だいぶお時間をいただきましたよ、、、



ほいでは、、、
ご覧ください、「ガンダムMk-Ⅱ」<脚部編sideA>、、、、
(sideAでは、もも~足首までをお見せします、、、)














「ガンダムMK-Ⅱfb」脚部編sideA


AS-000.jpg



「あれ?何も変化が無い、、、、、???」

と、言う感じですかね?笑、、、、
そうなんですっ!!

実は、延長工作はおろか、形状変更した所は1箇所も無いです!!
今回は、「C面」や「バンダイエッジ」と呼ばれるいわゆる不要な「面処理」に作業を集中してます、、、、

「えぇ~~?つまんねぇ~~!!」
と、思う方が大半だと思いますが、、、、
実は、この「Mk-Ⅱ2.0」は、バンダイ至上まれにみる「好キット」ゆえに、逆に弄るのが難しく、非常に高い完成度なので、そこに「個性」を出すのは難易度が超高いキットなんですよ、、、、滝汗、、、


ですがね、、、、

ウチも高額の製作料をいただいてますので

ただでは作れません!!笑





今回お見せするのは、「2010年度版」のn.blood的、MSのあり方、、、だと解釈してください、、、、

今からさかのぼること、、、10年、、、、
2001年~2005年に大流行した、「全身」に執拗に入れられた「スジボリ」や「ディテ」の流行が終わりのきざしがきてます、、、、(僕的にね、、、)

ちょうど良い機会なので、「ムーバブルフレーム(内骨格構成)」について、今一度真剣にトライしたのが今回の脚部の見せ方です、、、、
「ガンダムMk-Ⅱ」以前と以降では、本来スジボリのあり方が局単に変わるのが当たり前なのだが、、、
2005年前後に流行した、アクセスパネルやパネルラインがおびただしく入れられた模型は、実は、ザクからの流れでして、よく考察するとそれがおかしいことに気づくのである、、、



AS-001-2.jpg
<2005年前後に大流行した見本>



上の画像は、05年前後に流行った、パネルラインやアクセスハッチがスジボリで描かれたモノなのだが、ザクやドム、ゲルググのような外骨格型のMS(要は旧世代のモノ)なら、それが自然に見えるのだが、、、、
ムーバブルフレームのMS(MK-Ⅱ以降の新世代)の場合、装甲そのものをF-1のようにガバッと開けてメンテするものと思われ、外装にパネルのアクセスハッチを必要としないのではないか?
と、考えました、、、


外装の装甲そのものがフレームの一部である、旧世代MSの場合、どうしてもパネルごと開けて調整するのが難しく、そこまでの硬度を持たない材質で製作されたのがその要因です、、、
(ガンダリュウムガンマが無かった時代ですからねぇ)

ただ、模型的「みばえ」と言うのも必要なため、では、どういう情報量を加えていくのか?
なのですが、、、、

通常、「C面」処理する場合、そのC面上に細長いプラ板を張り、真四角にエッジがキンキンに出るように、処理するのが常套手段なのですが、今回は、違う見せ方をしてますので、じっくりと見てください!!





ちなみに今回の作業は、

すべて「引き算」ですので、

難しいプラ板工作や

ややこしいエポパテ工事は

一切でてきません!!

全部「手彫り」ですので、費用は格安!!








☆さて、この「C面」をどうするか?

AS-002-2.jpg

「赤い線」でしめしてるので分かりやすいですね?
いわゆる「見てダルク見えるこのライン」をいかにしてシャープに仕上げていくか?なのですが、、、、
上の「ひざ」パーツは、面を直角に削りこみ、外装の重なりに置き換えてみました、、、
そして下の「スネ」パーツの方は、スネ前面を水平になるようヤスリ、外側からもしぼりこんでキュッとしめて、エッジが肉眼で確認できるぐらい、ラインを強調、逆に、黄緑の「変なライン」は、装甲の重なりに見えるよう、掘り込んで、「段」に置き換えました、、、、

無論、設定画像はおいといて、、、
あくまでも、自分の目指す「かっこいい!」を追求してますので、見る方によって、感じ方は様々でしょう、、、
僕個人としては、ムサイのが嫌いなので、あえてすっきり感を選択してます!
(ただね、見ると簡単なのだが、思いつくまでに時間がかかるのよ、こういうのは、、、)






で!奥さん!!

今日は最初に書いちゃうけど、、、、

今日のテーマは!

「フチ」モデリングです!!





そう、外装の表面に「スジボリ」でいらぬパネルラインの情報量を加えるのではなく!
外装や骨格のアウトラインに情報量をくわえていく特殊な技法がメインです!!

ですので、場所によっては、「幅1.2mm」くらいの厚みにディテを彫っていきます!
もちろん、簡単な話ではないのだが、いつまでたっても同じことを繰り返していても、進歩も無いし、自分自身、上達していきませんので、非常にきわどい場所にディテを入れていきました!!
(たぶん、誰もやらないかと思いますが、、、汗汗、、、)


ちなみに、「稼動」した際、非常に内部が大きくあらわになりますので、、、
こういう部位をやっておくと、「効果覿面!!」


AS-003.jpg

足首内部の前側ですが、、、、
ここには「華」となるシリンダーが入るのですが、、、、
その「シリンダー」をさらにかっこよく見せるために、あえてその周りをギュッとしめておきます!!笑
たぶん暗くて見えにくいのですが、内部骨格にスジボリを追加したり、稼動基部にもう1段、味コショウしておきますと、完成時に、飛躍的に、他人と「差」が生まれてきます、、、、





AS-004.jpg

ココでは、唯一のプラ板工作で「隠れしいたけ」を1箇所入れてありますが、ほとんど見えなくなるので、解説しませんが、全部「引き算」とは言え、こうして「隠れ足し算」を忍ばせてあります、、、ホホホ
(足首を後ろから見たところですね!)
まぁ、そこは、問題ではなく、稼動の「華」となる部位は、画像の赤線で引いた場所に、少しずつ情報を加えてやります!
今回、装甲部位はこうした「重なる装甲感覚」を多様してますが、彫りながら「C面」も同時に処理しているのがミソでして、、、、
「うわぁ~、なんかココ、プラモ臭い」と、言う箇所は、なるべくやっておきました!
















可動箇所の華!

AS-005.jpg

今回、バンダイに敬意を表して、可動箇所の「スジボリ」を全力でやっています!!
「フチ」と言うフチ、全てに過剰な程のディテを追加!!

今まで殺風景だった、箇所が「花園」に変わったのをご確認いただきたい!!
画像ではかなりみずらいとは思うが、なにぶん複雑な場所なので、これで我慢してちょうだい!笑

ちなみに、確認しにくいが、外装甲のフチにも段差をひそかに入れているため、塗りあがりは「絶景」となります!
1番薄いところだと、幅1.2mmくらいなので、少し難しいが、入ってるのと無いのとでは、ヒザを曲げただけでこれだけの「差」が生じてくるのである、、、、ムフ



☆横から見るとこんな感じ!!

AS-006.jpg

特に、ひざ間接は見せ場となるため、集中的に入れてますが、逆に「装甲」があっさりしてるので、非常にリアルなコントラストが生まれてくるのである、、、、

あ!
ヒザ装甲の横のスジボリは「パネルライン」ではなく、塗り分けのガイドラインなので、あしからず、、、

さて、いかがだったでしょうか?!
「え?時間がかかったわりには、進んでない?」(大笑!!ですよねぇ~~~!!アハハハハ)

まぁ、見るのは簡単なのだが、かっこよくて、かつ、誰もやらない事って言うのは、そうたやすく生まれてきませんので、どうしても思考する時間が長くなります、、、
それと、やりなれていないため、幅の狭いスジボリにそうとう「てこずりました」!!笑

ともかく、大きく形状変更しなくても、たくさん「ペタペタ」プラ板貼らなくても、難しい「エポパテ工作」が無くても、このぐらいイメージを「精密」にすることは可能なのである!!
ただし!!
ただし、フチの薄さが通常のプラモの半分とかになるため、強度は極端に落ちます、、、、
それでも、やはり見た目を優先するのが兄さんの主義なので、そこは慎重に読んでください!
(もし、真似して、すぐにかけても、保障はしませんよ!笑)



そいじゃみんな大好き「ぷるぷる講座」、、、
本日は、<スジボリの種類>について少しビギナー講座を入れておきます!!

先生は「タコブー」先生ですので!くぐれも失礼の無いようにお願いいたします!!笑












☆「タコブー」のスジボリ解説

AS-007.jpg

パーツを丸出しで見せておきます、、、
左が、スジボリ済みのパーツで、「段差ボリ」や「丸の組み合わせボリ」がされてます、、、
模様は、可動の「向き」に合わせて、彫るとかっこよくなるのであ~る!








AS-008.jpg

<丸スジボリその1>
タコブー先生の言う通り、売られてるパーツを欲しい箇所に直接貼り、そこをけがく方法、、、
これだと、狭い場所でも彫れるので便利だが、彫り終えて、パーツをはがして、そこを綺麗にヤスル際、下地に段差のあるディテールがあると、少しやっかいなので、そこはケースバイケース







AS-009.jpg

<丸スジボリその2>
タコブー先生のお言葉を簡単に書くと、プラ板でガイドを作る方法です、、、
ただしコレを使用するのは、広い面積が必要なので、そこもケースバイケースですね!!










AS-010.jpg

<丸スジボリその3>
最後は、製図用ディバイダーの片方に、「けがき針」をくわえさせたコンパスでけがく方法!
コレだと、周りの広さも関係なく、自在に引けるのだが、難点を言うと、直系が、5mm前後無いと、そうとう難しいので、そこがケースバイケースです!



以上3種の「丸」の引き方、を書いておきましたが、場所によって最適な方法となるため、常に、何かする場合、ひとつの方法に拘らない様にして、いつも2つ3つ方法を頭に入れて作業すると、たいてのスジボリは簡単にできるようになります、、、、
ちなみに、「丸」ではなく「直線引き」なら、カッターでの「V字彫り」も可能なので、ゆくゆく、柳生センセにステッカムで実演していただこうと思います!!



あ!

紹介が遅れたが、、、、、

「タコブー」はエリ農場と言う

牧場からお借りしたブタさんでして、、、、





AS-011.jpg

<以前ワンフェスにて発売されていた、BOO君の仲間>ちなみに「タコブー」は1品モノ!ウフ


で、、、、、、、、、、、、、

次回の製作記「脚部編sideB」では、「スリッパ」を公開します!!









「キャノコン」のお話!!

AS-012.jpg

<わざわざ友人のtakuyaさんが画像を作ってくれたよん!!サンクス!ウフ>



前回の記事、冒頭でもお話しました「キャノンコンペ」ですが、、、、
まだまだ、募集してますので、お気軽にご応募くださいねぇ~~!!

ちなみに、、、、、(笑)
あの超絶集団「東海組」さんや「コジマ塾」さんの方にもすでにお話してますので、もの凄い模型が見られるかも?
しれませんよね?!兄さんも楽しみにしているのですが、さらに言うと、、、、

まだ、「本決まり」ではないのですが、、、、、、、、、、、
「賞」が出ると思います!!
はい、、、、、

審査員の先生を5人ぐらいお願いしようと思ってます、、、、
現在はまだ、お名前を伏せておきますが、たぶん、どなたでもご存知の方だと思います、、、、
(あくまでも予定だからね!!その内、発表があるかと思います)

あ!
コンペの事を少し、兄さんなりに書いておきます、、、、、
たぶん、出たいのに「場違いかなぁ?」とか、悩んでる人もいるかと思いますが、、、、
厳しい会長の「お言葉」もございましたが、、、、

全力で製作してあれば、それでいいんじゃないかなぁ?
そもそも、コンペなんだしね、あんまり周りは気にしなくていいと思います、だいたい、模型は楽しまないと!!
僕も、いつも苦しんでますが、、、その反面、苦しいからこそ、出来た時の喜びも大きいので、みんなでそれを分かち合えればいいんじゃないかなぁ?!ウン、、、、

ちなみに僕と付き合いの長い「かながわ君」「輪茶さん」「J-peiさん」「A’kkiy」など、兄さんは首を長くして待ってます、無論、最近仲良くなった、「YASUE」さんや「iyo-08さん」や「イケポンさん」なんか勿論参加してくれますよね?!ウン、「geek」君もね!ウフ
期間は長いので、じっくり考えて一緒に盛り上がりましょう~~!!
(っかしい~なぁ~~?笑?momoちゃんから連絡が無いんだよな?ウ~~~ン?おかしいなぁ?

へ?
俺の名前が無い?えぇ~~~~~?書かれたいですか?「神鯖君」「帝王君」、、、、ふふふふふ
ある意味、公開処刑にになっちゃうんで、全部書きたいんだけどぉ、、、、おほほほほほほほ~~(ジュル)







話は変わって、、、、、







さぁ、公開直前!!!

AS-013.jpg

ついに!!
待ちにまってた、「マクロス祭り!!」&「mine吉&はるか復活祭!!」

「アカブの肉球」のmine吉主催による、超アグレッシブなメンツが放つ、強烈コンペ!!
「ダイコン<マクロス祭>」が公開されます!!
(そうそう、兄さんがお逃げになった、コンパです、、、アイタァ~!!

はい、今週の土曜日なんですが、、、、今から、ワクワクしてます!!
どんな作品がお目見えするのか?!
(一部、すでに知ってたりするのだが、、、おほほほ、そこは内緒!ムフン)

さぁ、今週末は、「ダイコン」にダイブ!!
(会場はコチラ>クリックGOGO!!






ところで、全然関係ないのだが、、、、、、
あまりのフュギアの塗りの素晴らしさに、「イケポン」家から、ミリアの画像を借りてきちゃった!テへっ!

AS-014.jpg

っつうか、何コレ?マジで48なのかよ?!(驚!!)
もうね、上手いっ!座布団5枚!!
(実に良い、首の角度だねぇ~~!)
などと話しつつも、輪茶やモモやマーにプレッシャーをかけ続ける兄さんの暖かいハート!!ウヒョ!
さぁ、待ったなしの祭りの公開まで、あと4日!
(ちなみに、イケポンさんは、「ダイコン」には出てませんけど完成がこれも楽しみ!笑)








オレの歌を聴けぇ~~~!!

的な熊谷のジョリロジャ(笑)



AS-015.jpg

(こんなのあおられたら、あ~た、土曜日まで下半身カチコチだろぉ~~!!大笑)


今週の土曜日!は

ビリビリくるぜぇ~~~!!

みんなもガンガン見に行ってください!


(遅くなりましたが、はるかさんmineさん、応援してるぞい!!)


あ!
今日は、少し早いけど疲れたので寝るまんねん、、、ほほほほほほほ







ほいじゃ~のぉ~~~!!



PS:次回記事予告>次回は、WR荒川センセ&POOH熊谷センセの新作をお届けしま~~す!





 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ