このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# ■FADS<ファズ>公開

2013’の第1作目、、、




 どもん~~!!
皆様、大変長らくお待たせいたしました、、、、、、



首を長くしてお待ち頂きました、「依頼者様」&「コンペ主催者様」ならびに、ご参加された多くのモデラー様、そして、いつもこのくだらない日記を楽しみにしていらっしゃる、病的なファンの皆様、、、


ひっじょう~~~に遅くになりましたが、ようやく、、、よう~~やく、公開にこぎつけました!
先日、行われた「ずをコン・大オフ会」において、途中ではあるもの、一部のモデラー様には先行公開させていただいていたんですが、なにぶん、デカルも貼ってない状態でしたけども、、、、

なんとか、無事に、おおむねの作業が完了したので、必死に撮影してさきほど、画像が出揃いました、、、





banner1.jpg



遅れた原因は、全て僕の不徳の致すところで、ホント、一緒に萌えてた皆様には、申し訳ありませんでした、、、
主催者様にも、多くのモデラーさんにもご迷惑おかけして恐縮です、、、
ちょっとねぇ、、、ももちゃんの調子が悪いもんで、、、すんません、、、
あと、、、



告白すると、今まで作っていて、生まれて初めて経験したのですが、、、
マジで、「設計ミス」をしてしまい、完成後、<股関節>を1からやりなおしていたため、、、、
非常に時間がかかってしまいました、、、、滝汗、、、

通常、僕の作業は、ほとんど「仮組み」無しの一発勝負で、兄さんの脳内コンピューターでドンピシャな計算をはじき出してきたんですが、、、
今回、初めての「重MS」制作と言うことで、全く予想外な「問題」が発生してしまい、相当あせりまくりました、、、、、
塗装が終わり、組み付けていくと、、、、



あれあれあれ、、、、?!


なんか、、、、


足がおかしい?


いや、これ、、、体育の授業の時の、、、


まさに「きょうつけ!」状態ではないか、、、?








そう、、、
今回、脚部に「セラヴィーガンダム」を使用したため、足が強烈にデカクて、デルタプラスの股関節では、セラヴィー君の足の部分が、くっついてしまうのであった、、、、(あちゃ~~、やっちゃったよ、、、汗)

やっぱ、デルタのフレームに「セラヴィー」は無理がありすぎたか?!
と、感心してる場合ではなく、股間軸の長さを広げるべく、そこから1週間、悩んで悩んで、もがいて苦しんで、、、


前代未聞の「可変型股関節」を作り上げました!!
たぶん、古今東西、股関節に可変機構を入れた人は、いないと思うのであるが、、、、、滝汗
基本、全ての荷重がかかる場所なので、本来、ココを可変型に改造する人なんか、いないんですよねぇ、簡単に壊れちゃいますからねぇ~、、、しかも、依頼品なのにだ!爆
まぁ、そこが兄さんの「兄さん」たるゆえんでして、、、、笑
「鬼門」だからこそ、愛と勇気で突破していくのであるっ!!
(ちなみに、絶対に壊れないと言う200%の自信で制作しています!


え?!
何の話か、さっぱりわからん?!(笑)
「画像を見せれ!」っつうことですよね??!爆!!




ちなみに、今回は、お客様に説明しながらの文章になるので、普段より、さらに読みにくくなってます、、、
が、、、
非常に複雑な構造なので、興味ない方も多いかと思いますが、どうぞ、暖かい目で見てあげてください、、、


それでは、誰もやらない、「ヒザ立ち状態」と言う、前代未聞のフルアーマー、、、
ぜひっ、次の時代の「臭い」をブランニューラヴァーを味わってみてちょうだい!!











Z-FADS-000.jpg


















FADS<ファズ>ギャラリー


IMG_3544.jpg


時代が生んだ、、、「異端児」、、、
恐らくは、全備重量や装備を含めアナハイムの開発史でも異例の超湾級MS、、、「FADS<ファズ」は、そもそもゼネラル・シップ護衛用に作られた特殊任務用MSである、、、、

やはり、艦隊戦ともなると、どうしても旗艦がまっさきに狙われるわけであるが、、、
その中でも「ゼネラル・シップ」と呼ばれる、将軍御用達の艦を守る任務を主眼に置き、仮に、100機のMSに囲まれても対応可能なよう、設計された特殊な機体なのである、、、

頭部にあしらわれた、ゼータプラスからの血統を受け継ぐ「C-2型」のメガ粒子砲にくわえ、手持ちのカートリッジ式メガランチャーと、フルアーマーに装備された176発のランチャー・マインが主武装である!
(ランチャー・マインとは、地雷型吸着ミサイルのことで、1度に176発掃射が可能であった!!)

むろん、「対ニュータイプ」も、ハナから計算してあり、サイコフレームを加工した、アンテナを頭部に持っていて、背面のトラス型アンテナとの併用で、サイコミュ波やファンネルの動線を的確に把握できた、、、
ファンネルには、さきほど記載したランチャー・マインで対応できる為、ほぼ、ニュータイプと互角に戦う性能を有していたと言われている、、、、


ただし、いくら176発もの同時掃射が可能でも、元がきゃしゃなデルタプラスのフレームなため、発射後の衝撃緩和で、追加装甲は一瞬にして崩壊してしまい、長時間の任務には適応できないのが欠点でもある、、、


FADS<ファズ>の追加装甲は、いわゆる「弾除け」のためのものではなく、自身の攻撃による、負荷をやわらげるためであり、通常のフルアーマー系の機体とは、趣向が逆の構造なのであった、、、、













IMG_3541.jpg




IMG_3526.jpg


FADSは、アーマー装着時は、完全な大気圏概要の機体であるため、脚部は折りたたまれた状態で、装甲内に収められており、ランチャー・マイン掃射後は、通常の人型に変形し、母艦に戻る設計である、、、

1年戦争時の名器「ジオング」を、アナハイムが参考にしたかどうかは?微妙だが、、、
まさに、脚付きのジオングのような印象を受ける、、、、

ちなみに、装甲に貼られたデカル文字は、英語、ロシア語、ギリシャ語、中国語と多岐にわたっている、、、












IMG_3554.jpg


IMG_3563.jpg


IMG_3557.jpg


背面から見ると、、、、
巨大なバーニア下部に「Iフィールド発生器」が見られる、、、

小型ではあるが、双発で2機装備されていて、特異な後ろ姿の特徴をつかさどっている、、、














IMG_3571.jpg

肩アーマーには、放電用の「アクティブ・エネルギー・ディチャージャー」が装備されていて、、
頭部メガランチャー掃射後の余剰電力のバックファイヤーを外に逃がす働きがあるとのこと!
ちなみに、側面から見た際に、黒い耐熱タイルが見て取れるが、何度か掃射テストをした後らしく、左右ともにバラバラにタイルが落ちた痕跡が見て取れる、、、

追加装甲は、全て耐熱塗料で塗装されており、白のような乳白色の特殊な色彩が特徴!!
お尻にあるプロペラントタンクの白とはあきらかに違う配色で、なかなか興味深い、、、、














IMG_3523.jpg



IMG_3566.jpg



さて、機体解説もいいかげん長いので、、、飽きたでしょう?!笑
そろそろ、制作の話も織り混ぜていきますが、、、

脚部は、豪華版で、セラヴィーにZZ、ストライクの羽根と3つのキットのおいしいとこ取り!笑
せっかくなので、お久しぶりの「ビギナーズ講座」も少々、、、、






IMG_3482.jpg


☆「ディテールの極意」

毎度の説明で、耳からタコがでまくりだが、、、笑
ビギナーの皆さんは、真剣に読んでおくとこ!
まず、足裏のこの手のディテですが、当然メインの「①番」のディテは頑張って作ります!
今回の場合だと、タミヤの5mm角棒と1mmプラ板&ブキヤのボルトでこしらえてます、、、、
ただね、、、
いつも書くが、①番を頑張る人が多いが?実は、重要なのが②番のディテで、こういう奥まっててよく見えない箇所こそ、「人が好んで見る場所」であり、その作品や、作品を作る上での姿勢=「ランク」が如実に出てしまう場所なので、②番は、①番の2倍頑張って作るのが、「デイテールの極意(常識)」であると、覚えておきましょう


ちなみに、、、、、

右手で持ってる「羽根」の先端に「真鍮線」が見えると思うが、接続は、見たまんま真鍮線接続なのですが、、、
兄さんは、反対側の「受け」には、アルミパイプを埋め込み、強度と組みやすさを足してます、、、
いくら軸を強化しても、「受け」が単なるプラでは、ほとんど強度が出ないので、可能であれば、アルミパイプを使用すると、こういう部分の強度は、飛躍的に上がるかと思います、お試しあれ!!















IMG_3543.jpg


今回の撮影は、ご依頼時、フェイスに「LED」をいれて欲しいとのことで、、、、
少し暗めの画像が多く、ちょっと見づらい画像が多いのですが、あくまでも演出込みの画像なので、ご理解いただければと思います、、、、

デルタの「赤い目<隻眼>」は、やっぱ、かっちょいいですねぇ~~!



















アーマー無し画像&解説


全てのアーマーをはずした状態の画像、、、、



IMG_3511.jpg

製作途中でも解説した通り、、、、
追加装甲は、全て脱着可能としていたのですが、頭部のみ、「大人の事情」で、完成後、接着してしまいました!
(やっぱ、強度的に不安があり、特にココはアンテナが弱いため、仕方なく妥協してます、、、)













IMG_3517.jpg



IMG_3520.jpg

さて、装甲をパージした画像を見て、お気づきになられた方も多いかと思うが、、、??!
非常にデカールが少ないでしょ?!笑

ぶっちゃけ、さぼったと思われてしまう方も多いでしょうが?実は、無改造と言いつつ、そこそこのディテは加えていて、可能な限り、パチ組とは微妙に違うニュアンスを堪能していただきたく、邪魔になるデカルは貼らず、物体のラインと情報量で、勝負してます!!

特に見て覚えて帰っていただきたいのが、、、、
胸部のオレンジ色パーツ下部にある、「黒いフック(輪っかの部分)」、、、
ココは、制作当初、二重構造の輪っかを作っていた箇所だが、新たな手法が思い立ち、試してみたところ、、、

なんと、、、、、


「幅、0,7mm」、「厚さ0,25mm」と言う、「これ?ホントにプラ?」的な、ディテールの再現が可能になったため、急遽、新パーツに置き換えた場所です!!
要はね、制作当初は、プラ板に「穴」をあけて加工していきましたが、、、
よくよく考えてみたら、、、
プラ板に、薄いプラシートを巻いたほうが、より「精度の高い、薄いパーツ」の製作が可能だと判明し!
一見すると、とてもプラ板でこさえたとは思えない、薄いパーツが生まれたのである!!
(非常に簡単に作れるので、皆さんも1度お試し下さい!!かっちょいいですよぉ~!こういうの!お薦め!)















IMG_3519.jpg

と、いった感じで、、、、
パージの方法さえ覚えてしまえば、こうして、「FADS(ファズ)」の状態から、ノーマル・デルタへの可変が可能なのである!!

今回は、お客様への説明がメインなので、少し、画像が多く、初心者向けの解説をしているため、うっとおしく感じられる方も多いと思うので、以下の文面は、無視していただいてけっこうです、、、、












☆「パージの方法」

追加装甲で難しい箇所が2箇所あり、ひとつは「股関節」、もうひとつは「脚部」なのであるが、、、
そこ以外は、単純な磁石の結合なので、そこの2点にしぼって、電池交換の説明文と一緒に解説させていただきます!!



まずは、非常に「難航」した股間部位、、、、
前代未聞の「可変型股間軸」の解説から、、、、、








IMG_3462.jpg


デルタプラスの股間軸を逆さまにした画像です、、、、、
そいで、変態的な「ぷるぷるフェチ」の方には、特に読んでもらいたいが、、、、、

なんで?本体にデカルが少ないのか?しかもデカルの代わりになる「よりリアルな表現」をあえてこういういう場所でアピールしていくのが、まさに「n.blood」の模型だと再認識していただけるかと思います、、、、ウフ


よく見ると、、、、
「赤いビス」があるでしょ?そう、、、、車いじりやバイク弄り、もしくはPCの自作等されておられる方は、知ってると思うが、この色つきのビスには、「メカ」共通の符号が有り、、、
「ここまではばらしても、この色つきのビスの部位は、やめてね!」と、言う、メンテナンス上の無言の指示なのであるが、メカと言うのは、何も全てコーションで注意書きされているわけではなく、こういう「色彩表示」と呼ばれる、「メカマン」共有のクロウト指示というのがあるのを覚えておくといいかと思います!
ちなみに、、、言うまでもないが、、、
いつも通りサスペンション等は、全て可動式でこさえてあります、、、、


ではでは、、、、
分解にかかりましょうか、、、、
(あ!、見やすくするため、あらかじめ、フロントとサイドのアーマーははずしてます!)



とりあえず、「パーツ名称」を覚えてください!!

IMG_3476.jpg







IMG_3465.jpg



IMG_3466.jpg



IMG_3467.jpg



IMG_3468.jpg



IMG_3469.jpg



IMG_3470.jpg



IMG_3471.jpg



IMG_3472.jpg



IMG_3473.jpg



IMG_3474.jpg



IMG_3475.jpg

以上で、作業完了!!
慣れてくれば、10分ほどで作業完了します!が、、、、、、、、、、

塗装膜のはがれの恐れが高いので、そう何回もできないとは思いますが、分解にはくれぐれも細心の注意が必要です!!
腰部位に気が行き過ぎると、、、知らない間に「アンテナ」をおっかいたりするんで、気をつけてくださいませ!











続きまして、、、、
脚部のパージの解説、、、、
今度は逆に「入れ方」を見て理解くださいませ!!よろしくです!












IMG_3481.jpg

分解するとこんな感じです、、、、




IMG_3483.jpg

最初に、覚えて欲しいのが、、、脚部の形状、、、
現在のガンプラの脚部は「二重関節」がディフォですが、ヒザ関節の②番を軸に「くの字」の脚部を折り曲げています!!
(ココ重要なんで、①と②を間違えて曲げるととんでもないことになるんで、よく見ておいてください!)





IMG_3484.jpg

脚部が「くの字」になったら、脚部アーマーの後ろ側から、真っ直ぐに入れます、、、
前から見たら、四角い「穴」が空いてて、そこにヒザを入れていきます、、、
「穴」の角度は、ビタで膝パーツに合わせて制作していますので、ココは簡単にいくかと思います!!









IMG_3485.jpg

足をアーマーに入れた状態で、画像のように持ち、後ろ側から、装甲側面の「受け軸」にそって、さらに装甲をかぶせていきます、ココも磁石内蔵なので、少し力を入れて押せば、「カチッ」といきます、、、





IMG_3486.jpg

後ろ側の固定が済んだら、前側のパーツを「ヒザの凹凸」に合わせてはめていきます、、、
後方と同様、ココも磁石で「カチッ」となるので、特に難しくはないかと思います、、、






IMG_3487.jpg

これで、接続完了ですが、、、、
完了後、しっかりと止まっていれば(間違えてなければ)、内部にある、ももの先端を持ってブラブラ持ち上げても、パーツのガタつき等がないかと思います、、、

もし、カチャカチャ動くようであれば、後ろ側のアーマーがしっかりはまっているか?
もう1度確認してみてください!!

以上、脚部アーマーの着脱と搬入作業の解説でした!!





最後に、電池交換についてですが、、、、、




本体裏側の画像で見てください!!


IMG_3477.jpg
IMG_3478.jpg
IMG_3479.jpg
IMG_3480.jpg

以上です!!
背中の突起状のパーツは、上に「トラスパーツ」がのってかってますが、、、、
磁石接続なので、電池交換時には、そこをまずはずして、突起パーツを後ろに引けば簡単にはずれますから、あとは、コンビニやホームセンター等で、同じ型番のボタン電池を購入し、交換してください!!

スイッチはいちよう目立たない箇所に配置してますが、指が届きにくい場合は、ピンセットをご使用ください!
なお、全部の作業に共通して言えますが、、、、、、

基本、どの作業も、どんなに注意して行っても、必ず「塗装ハゲ」すると思います、、、
いちよう、再塗装も有料でお受けできますが、可動や脱着は、必要最小限にとどめておくのが吉です!!
(そもそも、模型は鑑賞が目的で、遊ぶためのものではなく、ご理解賜りたく思います!)




それでは最後になりましたが、、、、、、、、、

100対1でも戦える、「FADS<ファズ>」のフルバースト状態でお別れしましょう~!!
(まぁ、たしたもんでもないんですが、、、、滝汗)






















「フルッバースト!!!」


IMG_3577.jpg

肩から脚部にかけて、総数176発もの「ランチャー・マイン(地雷型ミサイルランチャー)」を全て開放した状態が画像のものです!











IMG_3580.jpg

通常では、不可能なこのけたたまいい数のミサイルの搭載が可能になったのには、実は秘密が有り、、、
友人の「アキヤマ・ファクトリー」さんにお願いして、特注で、「ごく薄のミサイルシート」を作っていただきました!!





IMG_3459.jpg

ディテを含む厚み自体が「1mm」しかないため、かなり薄いパーツの装甲内に隠すことができました!!
ウフッ、脚部装甲のミサイルハッチが画像下に写ってますが、、、
なんと、表面は、0,5mm板で製作してます、これに枠を1mm角棒でこさえて、最薄のミサイルベイが表現されているわけです!!

あ!!

ちなみに、この極小ミサイルも近日「アキヤマファクトリー」から発売されますので、気になる方は、クリックGOGOですわん!!ウフン!
急げ、注文はココだ!!ブログにコメントすれば、即時開発してくれますよ!)

なお、その他、ハッチ裏のごく薄ディテは全て、アキヤマファクトリーに僕がデザインをおこしたものを使用してます!これも発売中ですので、お時間のない、リーマンモデラーさんや、パパさんモデラーの皆さんに活用して頂ければ、より楽しいスクラッチョ・ライフが遅れるものと思います!!よろちくね!








IMG_3575.jpg













IMG_3578.jpg





と、言ったわけで、、、
宴もたけなわ、兄さんの「フルアーマー・デルタ・プラス<FADS>」は、楽しんでいただけましたでしょうか?

僕も、今年「50歳」を迎え、生まれて初めてこういう「厨二」っぽいのやってみたんですが、、、
やっぱ、こういう、いろいろなパーツの抱き合わせって、なにげ難しくて、あんまり上手いことできませんでしたが、皆さんも、ウチで寝てる「たくさんの罪プラ」を、色々遊んでみてはいかがでしょうか?!


今回も、非常に楽しい模型制作でした、、、、、


ではでは、次は、どんな記事が飛び出すのか?!
ご期待下さい!!
あ!「ずをコン4」の告知が既に出てるとのこと、、、、
僕は、今回の「大オフ会」でまた新しい出会いもあり、大森さん夫婦(あのアッガイの)やら、スエゾ~さんやら、楽しいお話が出来ました!!

みんなも、締切も大事ですが、より多くのモデラーさんと、貴重な出会いとお付き合いを楽しんでください!!






ほいじゃ~のぉ~~!!!!





IMG_3581.jpg
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。