このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# ■「神様を見てきた!!」





「近居報告とお詫び」




 どもん~~!!いよいよジメジメした「梅雨」突入で、塗装には最悪、モデラー泣かせのこの時期、、、

前回の「プロトゼータ(腕編)」から、少し時間あきましたが、、、、
兄さんは、相変わらず黙々と作業中です!!イヤン~



ほいで、「プロトゼータ」ならびに、「ハカイダー四人集」、「ジオ」、「ゼータプラス」、「トールギス」をお待ちの依頼者の皆様、本当にお待たせしており恐縮です、、、
現在「ももちゃん」が<プール熱>にかかってしまい、おとついの夜から39度の熱が続いていて、恐らく1週間くらいは、また作業が中断する見込みです、、、

小さな子供のことで、ご迷惑をお掛け致しますが、制作時間の方、またずれ込む感じになりそうです、、、
お待たせしていて申仕分けございませんが、遅れた分は、「仕上がり」でお答えできるよう、全力で、作業させていただいてますので、しばし、お時間をくださいませ、、、、





さて、、、、、
現在、「ハカイダー」のディテールや当時の風合いを模索中の兄さんなんですが、、、、、、???


先日、復刻増版されました、、、神の書、、、


「漁師の角度」の発売を記念し

現在、絶賛開催中の、、、、


「竹谷隆之の仕事展」を

向学のため見てまいりました!




IMG_3696.jpg


本当に、、、、本当に涙が出るほど、、、、関東圏内にいる自分を幸せだと感じた、、、至福の瞬間(ひと時)
どうしても、地方在住で、こういうめったに拝めない「神の仕事」を見ることがかなわない、模型ファンのために、可能な限り、画像を掲載してみようと思います!!

正直、僕ごとき凡人には「猫に小判」状態の超絶作例なので、解説なんかとても出来ませんが、、、、
自分の分かる範囲で、ビギナーのモデラーさんに分かるように書いてみました!!
(自分も含めて、ガンプラモデラーのバイブルになる記事だと思います!!)



ガンプラ初心者の人の悪癖で、ジャンル違いのモノに興味をあまり持たれない方が多いのですが、、、、
「造形」と言うのは、ぶっちゃけジャンルなんかなくて、、、、
模型で言う、「キャラモノ」「フュギア」「スケール」「ジオラマ」これ全てひっくるめて、スタート地点も、ゴール地点も同じなんです!!

素晴らしい作品を見て、いかにしてそれを自分の中のフィルターに落とし込めるのか?
どこをどう拾うのか?何をどう見るのか?!
で、、、、、
自分の中の<引き出し>が大きく変化します!!
それは怪獣の表皮しかり、オッパイフュギアのショーツのフリルしかり、艦船模型の艦橋しかり、、、
全然、自分とは無縁のものではなく、どう消化していくのか?で、、、、
皆さんのガンプラをさらに高いステージに導いてくれると思います!!


先ごろ、「ガン王」二次予選の通過者に通知が届き、各ブログで、泣いたり笑ったりの記事を散見しました!
今、自分に足りないもの?!または、必要なもの、、、、
欲しいもの、、、よぉ~~く目を凝らすと、たぶん、今日の記事の画像の中に、数え切れないくらい潜んでいると思います!!


「AB祭り」参加の全てのモデラーにもガン見していただきたい!!
今回は、大盤振る舞いで、「竹谷氏作の造形用スケッチ」も可能な限り載せてみます!!
楽しみたい人、先に行きたい人、もっとのめり込みたい人、、、、
ぜひっ、真剣に見て欲しいなぁ、、、と切に希望してやまない兄さんです!!









本当は、会場に行き、生でご覧になるのが一番良いのですが、、、
なかなか、多忙なお父さんモデラーにあっては、難しいですよねぇ?!
特に地方在住だと、スケジュール調整も難しいかと思います、、、


会場内は、非常に広く、1点ずつゆっくりと見て回れるスペースが確保されており、、、
<こんな感じね!

IMG_3766.jpg










さらには、、、、、、、、、
会場奥には、竹屋氏の造形中の画像も流れており、見ただけで模型誌1000冊分の価値がある素晴らしいブイでしたよぉ!!
(かなり、はしょってはいたが、凄く参考になりました!!)

IMG_3739.jpg










もちろん、目的のブツを舐めるよにガン見しても、警備員の人からは注意はされず!
意外と、ケースに張り付いて見てても大丈夫な感じ!!
(しかも、撮影OKって、、、、ありがとうございます竹谷センセ太っ腹!!



IMG_3731.jpg

☆ようやく見れた実物の<タケヤハカイダー>
いやぁ、、、もう鼻血出そうなくらいかっちょよくて、質感の表現は、言葉では筆舌し難い、驚異の完成度!
残念ながら「キカイダー」はありませんでしたが、本当に24時間見てても飽きない素晴らしい作品!



え?!


お前の趣味の話はいい??



ですよねぇ~~!!

ではでは、まいりましょうか!



神ワールドへ!!















必見「ABの世界」!!


CAP0U2RT.jpg


さてさて、、、、
現在、カズヲ主催の「AB祭り(危ないまてぅ~り!)」に参加され絶賛製作中の皆様、、、
兄さんからのささやかなプレゼントですが、、、
ぜひっ、目ん玉かっぽじぃってガン見してくださいませ!!





IMG_3699.jpg

<竹谷ダンバイン・レリーフ>

1番見たかった、ご本人が才色されたダンバインのレリーフ、、、、
昔、友人のウエハラの家で、複製品を見て、「竹谷さんが塗装したらどうなるんかね?」とか話していた、現物が実際に至近距離で拝めました、、、いやぁ、、、本当にずばらしかったです!!












☆バンダイから商品化されたタケヤABの雑誌作例

IMG_3702.jpg

<ビランビー>










IMG_3704.jpg

<ビランビーVSダンバイン>









と、言う感じで、次は、ご本人が制作用に書いておられる設定画を掲載しますね、、、、






IMG_3705.jpg

IMG_3706.jpg

IMG_3707.jpg

IMG_3708.jpg

IMG_3709.jpg

IMG_3710.jpg


以上、タケヤ氏の制作用スケッチです、、、
ちなみに、「造形」はもちろんのこと、「絵」も鬼うまくて、しかも超達筆でいらっしゃるので、なんか同じ歳なんですが、自分がすごく恥ずかしい、、、、、滝汗
(兄さん「字」汚いからねぇ~、、、





あ!参考までに、、、
バンダイから商品化された、タケヤダンバインがコレです!



IMG_3720.jpg

えもいわれぬ存在感と空気感、、、
実物はマジ、トリハダものでしたよぉ~~!!!


え?
「カンブリア」ですか?!笑
もちろん展示されてましたよ「モノホン」が!!
後で、掲載しますね~~!イヤン~!












「その他」



 ここからは、また僕の趣味になってしまうんですが、、、、
十年前くらいに、食玩でタケヤさんが原型をされた「デビルマン」シリーズがかっこよくて、、、
その当時、「S.I.C匠魂」と一緒に、買いあさってたのをよく覚えています、、、笑
まさか?!

10年後に、その雛形のモノホンが拝める日が来るとは、、、、、(感涙!!)










IMG_3725.jpg

IMG_3727.jpg


マジ、ちびりそうになりましたよぉ、、、、
食玩の雛形というよりは、、、まさに「彫刻(アート)」な感じの風貌、、、、
圧倒的なオーラを放ち、静かに立ってました、、、、
(いやぁ、、、コレ見た瞬間、アドレナリン出まくりで、もっ凄い汗出た、、、マジバナで、、、)

最近では、ガンプラはどんどん「モデル体型」になりつつあり、小顔化が進んでいますが、、、
やっぱり、バランスやフォルムの起点となる頭部や顔が、このくらい威圧感が欲しいなぁ、、、とか、あらためて痛感しました!
(顔が大きい=ダサイと言う強迫観念のビギナーさんには、特に見て欲しいですね、、、)


造形を見るポイントは、ディテールや造形法ではなく、、、、
バランスや重量配分、体重の乗り方(立ち方)など様々ですが、、、、
全体を通して見えてくる、黄金比みたいなモノをまず、意識すると、MSの腕、胴体、脚部の比率もデッサンがしっかりしてくると思うのですが?いかがですかねぇ?!


あくまでも僕個人が感じたことですが、、、、、




1/100には1/100の、、、、


1/144には、1/144の、、、、


「人の目で」見た気持ちいい


バランスがそれぞれあると思います!



リアルか否か?とか、設定画像がどうちゃら、とかではなく、、、、
人間の「目線」で捉えた際の、最高の<領域>というのがあると思います、、、、


そういう部分の意識が製作に加わることは、決して損な話じゃないと、兄さんは思います、、、、
カッコイイ設定画像を見る>制作意欲が沸く!>ほいじゃ制作へ!!
この通例意識の中に、単純に絵をモデル化する意外に、前記の「要素」が加わると、おのずと、自分の比率や自分の「ものさし」がついてくるんじゃないのかなぁ?!とか、ボソボソと書いてみたりなんだり、、、ウン
(まぁ、独り言なんですけどね、、、ウン)







話が横道にそれたが、、、、、、
兄さんのくだらない御託は置いといて、、、、
いよいよ、登場!!
タケヤプレデター&タケヤエイリアン!!













IMG_3732.jpg

IMG_3733.jpg




キタァ~~~!!!


もう、説明不要な


圧倒的造形力!!







IMG_3734.jpg

IMG_3735.jpg


もうね、、、、ため息しか出ません、、、、
そりゃぁねぇ、向こうのハンマープライス(オークション)とかで騒がれるのも無理ないですよ、、汗、、、

海の向こうでもタケヤ造形の知名度はハンパないですもんねぇ、、、



さらに、、、、




竹下景子に


ド~ンっな感じ、、、













IMG_3701.jpg


遇の音も出ないくらい、呼吸を忘れるくらい、心臓の音が自分に聞こえちゃう、、、、
雑多の中に、整然と立つ、何者かの「息吹」、、、、、


プレデターに関しては、ただただ、、、、言葉を失い、、、嫌な汗が全身の穴という穴から、、、
ジュボォ~~~な感じ、、、分かりますよね?!笑



あ!
そうそう、タケヤオリジナルとして、武者プレデターと言うか、、、
「和テイスト」なプレデターも展示されていて、、、、







IMG_3742.jpg

IMG_3743.jpg


まぁ、全然近くないですが、、、
我々で言うところの「武者ガン」なんですが、もうね、、、色気さえムンムンに立ち込める色情!!
まるで、映画のワンカットを見ている錯覚感に陥る、バミューダトライアングルに引き込まれるような吸引力のある超造形!!

一瞬、「猿の惑星」のリメイク版を思い出してしまうくらい、、、
この「和プレデター」は強烈!!
無いとは思うけど、もし、ロバートゼメキス監督とかが、これ見たらなんて言うんだろうか?
なんて、、、、一人で考えちゃったよ、、、笑


電飾もない、、、
可動もない、、、、
一切のチープな飾りっ気のない、、、



ただ、そこに立っているだけで

感動してしまう立像、、、、




すんげぇ~昔、「ワイヴァーン」製作時に書いていた、自分の安いセリフを思い出しました、、、、
「そこに立っているだけの塊」を作りたい、、、
電飾もなく、可動もなく、ただ、立っているだけで感動できる作品が作れたら、、、なんて絵空事を空想していた過去の自分を、振り返りながら、、、
やっぱ、模型の意義って、、、凄く、凄くシンプルなのかもしれない、、、とか、、、
自問自答して(誰にも相手にされませんが、、、笑)、そんなメンタルの強化にもつながった観覧でした、、、

初志貫徹!!
やっぱ、できないと思うし、無理だと思うけど、、、、
そこに行きたい!!
出来る技術もセンスもないのですが、そこを目指したい、、、、本当に胸に何かが焼き付いた有意義な1日でした、、、、、












やべっ、、、、、、


書いてて興奮して、思わず「〆」に入っちゃうとこだった、、、


危ねぇ~、あぶねぇ、、、滝汗、、、





竹谷隆之氏と言えば、、、もう、、、仮面ライダー、キカイダーときて、、、


牙狼でしょう!!笑









お待ちどう様、、、、、、




IMG_3722.jpg

えぇ??!
「牙狼」よく見えない??!笑!!

いや、作品自体がアクリルBOXの中にあるため、照明の加減で、どうしても上手く撮影できない作品も出てきちゃうので、ごめんなさい、、、、



ただね、、、、
「タケヤ作品」の特徴のひとつである、「ビネット台座」の作り込み!に関しては、、、
文句なしの画像が取れていると思います!!



ホント、本体と同じ、いや、、、それ以上のパフォーマンスが見られるのがタケヤ造形のすごさでして、、、
凄く参考にしてほしいなぁとか思います、、、
よく見かける、ガンプラジオラマの台座のとってつけたような「オマケ」的な扱いの台座、、、

本当は、そういう部分こそ、作者の「性格」や「質」が問われたりするんじゃなかろうか?!
実は、人間工学と同じで、見せかけのブランドバッグや高級イタリアスーツなどではなく、、、
本人の中身の「志」が一番問われる本当の作品の意義がそこにあるんではなかろうか?!



タケヤ作品から放たれる「絶頂感」とは、実は、本体や台座と言う「へだたり」もなく、全てが単純に彼のメッセージのように感じられます、、、多くの模型愛好家の方々が、このベースの「意義」を感じられるよう、出来るだけ寄って撮影してきました!!



IMG_3723.jpg


ちなみに、本物のエビや甲殻類が使用されているのですが、、、
全く微塵も「ウソ(乗せてる感じ)」がなく、非常にナチュラルに見れます、、、、





IMG_3724.jpg

そう、、、、

気づきましたか?!
ウフ、、、そうなんです、、、、これが「リアルオーラバトラー」だと気づいいちゃいました?!イヤン
(本物の甲殻類や生き物の表皮をナチュラルに造形にとかし込む絶妙なブレンド力!超凄いです!)
ある意味、ABのTV設定を忠実に再現した造形物なんで、コンペ参加者の皆さんに参考にしていただければと思います!!
>まぁ、とんでもない高度な造形なんで、あくまでも参考(にもならないと思いますが)程度にね!










そして巨神兵、、、、、







IMG_3713.jpg

IMG_3714.jpg

IMG_3715.jpg

ぶっちゃけ、、、お腹いっぱいになっちゃったでしょう?!笑
そうね、、僕も見に行って、「疲労困憊」で帰宅したんですが、、、もうね、、、
頭に整理しきれないぐらい、情報や思考が渦巻いてます、、、、爆!!


それでは、最後に本題の「漁師の角度から、、、」数点載せてしめたいと思います、、、













「最後に、、、、、、、」


IMG_3745.jpg

☆「シャクコタンのひとびと」


復刻増刷本「漁師の角度」より、各フュギアの全員集合展示品!
圧巻のフュギア造形と細かな小道具に至る緻密な塗装が、目に焼き付きました、、、、


ほいで、普通なら、作品画像をぺっぺと貼ってしまうとこなのだが、、、、
いちよう、ダダすべりながらウチは、模型ブログですので、、、
兄さんの気になった画像を数点掲載させていただきますねぇ、、、


これは集合写真の「左端にあるテトラポット」なのですが、、、
もうね、、、「え?本物?」と言う練り上げ具合!!?笑


IMG_3765.jpg

よぉ~~っく見ると、、、
粒子の混在はもちろんのこと、「引っかき傷」や「スレ」までおも網羅した、マジかよ?コレ!??
的な、、、衝撃にいきなり左脳をシェイクされます、、、滝汗、、
(おみそれしましたしか、、、言えませんよねぇ、、、いや、ホント、、、汗)

つうか、テトラの根元接合部の「色」の調節といかにもな「たい焼き感」、、、
超本気ですよねぇ~、、、
(と、言うよりも、そもそもが全部が万事、この調子です、、、


















IMG_3763.jpg

☆「タケヤ・カブ」


IMG_3764.jpg

「カネフサ爺さん」の家のジオラマに止めてある、爺さん愛用のカブ!!
もうね、画像では何も伝わらないと思いますが、、、カメラのファインダーごしに見た瞬間??!

「え?!」

と、必ず、、、かならずなります、、、、
「これ?模型だよな?」的な、、、擬似錯覚が起こるぐらい、マジでありえない現実感?!
ホント、鳥肌が立ちますよ、、、実物、、、












IMG_3747.jpg

☆「トイシアプカ上の入江」

もうね、、、汗、、、
「模型でしょ?」、、、え?模型でしょ?的な、、、、スイマセン、、、表現できません、、、滝汗、、、

本物の剥製から竹谷さんが工作して作り上げた「オブジェ」のような作品、、、
つうか、、、もう、発想自体が異次元過ぎて、頭がパニくります!笑

>「普通」やらないよな?と、、、言いかけて、、、
その「普通」と言う感覚そのものが、既にダメなんだと、、、自分の器量にがっかり、、、汗、、、













IMG_3751.jpg

☆「第二新田と糸数」




IMG_3756.jpg

☆UP画像「頭部>真上から」




IMG_3757.jpg

☆UP画像「椀部>肩ら辺、、、」


いやぁ、、、、、
よく言う、、
「美しく汚す」と言われている、ウェザリングのまさに教科書のような作品で、、、

どこを見ても「汚くなく」、ただただ、塗膜の美麗さにゆだれでまくり、口ポカ~ンな感じでした、、、
まぁ、少しでも、地方の方にもおすそ分けできればと思います、、、




いやぁ、、、、有意義な、貴重な、希少な時間を本当にありがとうございました!!
と、言う感じで、、模型大好きな皆さんにも少しでも、何かを感じていただけたら、兄さんも頑張って、やたら長い記事書いた甲斐があります、、、、

もし、今、少しでも落ち込んだり、テンション・ダウンしてる皆さん、、、
元気出していきましょう~!!兄さんのビタミンが届くといいなぁ~~!ウンッ!!
(ちっせぇ~ことなんか気にするなっ!!笑)




ではでは、、、


皆さん、冒頭でお約束した、、、



カンブリアの画像、、、

で、さよならです!














IMG_3716.jpg

「カンブリア」、、、、

初めて見たのが、もう30年くらい前の話で、僕も正確には覚えてないのですが、、、
まだ、ウェーブさんがラークと言う称号だったくらいの頃だと記憶してます、、、

B-クラブと言う本がバンダイから出ていた時代で、そこで見たのが所見だったような、、、???
ともかく、タケヤ氏のデビュー前のアマチュア時代の最初期作品だったかと思います、、、





IMG_3717.jpg

もうね、、、ホント、当時としては(今もだが、、、)
あまりにぶっとんだ造形で、金縛りに会いましたよ、、、、凄いとか異様とか、言葉で表現できない、異次元の世界の作品だと震えたのを覚えてます、、、、








IMG_3718.jpg

30年の歳月を超え、、、またこうして「生」で拝めるなんて、、、
至福の時間を本当にありがとうございました!と、、、誰にも聞こえないように小声でそっとつぶやきました!







ではでは、、、、
「プロトゼータ」「ハカイダー」、そして「トールギス」
制作快調です!
次回記事にご期待下さい!!








ほいじゃ~~のぉ~~!!!!
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# ■「プロトタイプゼータ<NEXT>」その3

「おひたしぶり~!!」ウフ!



 どもん~!!
ポカポカ陽気の6月に突入!!


え?何してたんだ?!


、、、、、、
、、、、、、、、、、、


はい、、、
答えの見えない、長くて暗い「トンネル」の中を、行ったり来たり、、、、
作っちゃ、壊し、やり直し、の日々を送っていました、、、
(意外と、今回のは時間がかかりました、、、って、、、まだ途中なんすけどね、、滝汗)



はい、、、

依頼者様、全国のぷるぷる愛好家の皆様、たいへん長らくお待たせいたしました!!笑
ようやく、まだ途中ではあるものの、「腕」のほうが、少しできましたので、公開させていただきます!!
(実際、肩とか、まだ途中なんですが、依頼者様から「待ちきれん!」との連絡があり、、、滝汗)


僕も「腕」こさえるのに、「広告」出したのは、初めての経験ですが、、、
なんせ、複雑で、適切なクリアランスを叩き出すのに、相当苦戦してましたよ、、、、




あ!!

読むの初めての人もいるとは思いますが、、、

兄さんは現在、「プロトタイプゼータ/NEXT」と、言うのをこしらえてます!




これね!


Msz-006-x1.jpg


いちよう、設定画に準じながら、現代の「目線」でも耐えられるよう、そこそこの今風の感じで、工作してます!
ちなみに、一切の映像は無く、あるのは、デタラメな正面の絵と後ろ姿のみの「Z-MSV」でございます、、、
(前後の「線」がつながらない?80年代独特のデザインです!笑)


では、制作記事の公開の前に、、、、
先々週、遊びに行きました「静岡見本市」の記事からまいりましょう~~~~!!!イエィ!













「今年の静岡、、、、」

まぁ~~~、、、
今年も盛況でした!!

既にあちらこちらで、会場の画像等、上がっているので今更感は否めないが、、、汗、、、
個人的には、合同展示会にて、今年も魔人ブーたちに再会できたこと、旧友や新たなブロ友さんたちにお会いできたことが印象的でした、、、、

会場に到着して、入口側のアラーキー師匠こと、荒木さんとこに遊びに行きました!!
そう、あのバットマンジオラマで最近話題騒然でしたよね?!

ZZXVCDCV-00.jpeg

アーマーモデリングの歴代の表紙の中でも、このバットマンは、兄さんも特大超お気に入り!!
実物も会場に展示されていて、その凝った演出や小物をじかに拝見できました、、、
(奥様と相変わらずラブラブな感じ!笑)




あ!
そうそう、、、
アラキさんからオミヤをいただきました!!
(もうね、アラキさんらしい実にオシャレなおみやげ!笑)

IMG_3697.jpg

なんと、あのジオラマでじかに使用された、アマゾンの段ボールや缶ジュースの工作セット!!
ぶっちゃけ、これだけでも来た甲斐があった、、、(クオリティーが無駄に高い!笑)
つうか、、、この病気ップリに1年ぶりに会えたのはことさら嬉しい~!!
(荒木さん、来年のサービスも楽しみにしてま~す!!笑!)




そうそう、、、もちろん仲良しの「コジマ塾」にも行きました、、、



IMG_3667.jpg

(左から、フリークショウさん、タケちゃん、ブラックスマーフ隊長、ZIGGYセンセ)

まぁ~~、今年のひな壇も凄かったけど、、、
マコリン制作の「巨大アプサラス」は、おもしろかった!!
(なんと、音声認証が入ってて、拍手するとビーム咆吼が開くのである!!>グラッチェなうまうまギミック!)

それとカケヒ軍曹が今年も元気があった!(笑)
凄く大きなサイコ・ガンダムを持ってきてました!実に目立っていた!
(ようやった!あとは、、、も少しディテを整理しようか!笑)
あ!コジマさんのタンクが実に良い塩梅の汚しで、「美しい汚し」に一目惚れ!!>相変わらず上手いよ!ウン






そんで、そこからドロオフへ、、、、、
今年も盛大な「桃源郷」状態でしたが、皆さんお元気そうで、ホントなによりです!!

IMG_3666.jpg

そして、電飾の神様「どろぼうひげ」さんも、今年もサービス満点で、作品解説!!
つうか、なんだろうね?
今年の静岡は、特に小林さんの「ラストエグザイル」が異常に目立ってました!!
(メカフェチにはたまらないデザインなんだよねぇ~~!マジで、、、もちろん、兄さんも大ファンです!)

あと、、、、
やはりの「ヤマトブーム」がじわじわとにわかにミドル層を直撃している感じがしました、、、
僕も土曜日は、TV放送を楽しみにしてます!!>ホント、おもしろいよね!



そして、悪友「みずき匠(たくみ)」センセのところへ遊びに、、、、




IMG_3664.jpg

つうか、これまた「ラストエグザイル」(どんだけ人気なんだよ?!爆!!)
ちなみに、みずきさんは、あの皆さん大好きなカトーキハジメ氏のしたで原型をされてるモデラーさんです!
非常に細かい部分まで丁寧にご説明いただきあざっす!!>本人超ノリノリでテンション高かった!笑
>みずきさん、またその内メシでも食いましょう~!



と、言う感じで、、、ウロウロしつつ、、、、
メーカーさんのブースを流し見してきましたが、、、、


いよいよと言うか、、、
ついに「RX-78ガンダムVer.3」が発表されていて、、、なんか感慨無量でした、、、、ウフ、、、
そうですよねぇ、、、ついにここまできたか?!と言う、新型フレーム!!
従来の関節可動に加えて、装甲連動と称し、より「しなやか」な動きを導入してました、、、

もちろん、僕も数年前からこの「しなやか」さにこだわってきたのですが>「フィルム」的にね!
言い方が乱暴だが、、、

「機械は四角いモノ」>カクカクしててヒューマンペーストの無い平面的思考、、、

と、言うのは、現代では既に過去の概念だと僕も感じてます、、、、
より、柔軟度のある解釈、表現が、次の時代のフォルムを生むような気がしてます、、、、
いかにして、「生きた機械」を表現していくのか?が、「NEXT(次の)」時代の扉を開けていく、、、
そんな気がしてる兄さんです、、、、
(あ!話がそれたが、、、ゲフン、ゲフン、、、笑)




一通り見て回り、大好物な「喫煙所」に行くと、、、、、







まぁ~~~~~~~~~~~~~

いるわいるわ


ウンコモデラーのふきだまり!!爆!


(´◉◞౪◟◉)まさに「はきだめ状態」




☆中でも、僕が1番のクソダメモデラーなんですが、、、!!爆!爆!!


キラキラ☆さんやら、ざくたろうやら、RRMのメンバー、そうそうたるメンツが軒を連ねて「大作品会」が?
ほそぼそと野外で展開されていたっ!!笑

ネットで最近知り合ったSOMA君やら、星愛さん、S.Rodにワキちゃんとか、もう~、ウジャウジャいました!爆
あ!
この前、記事で紹介しました、スケビの表紙をF-15Jイーグルで飾ってたモナコマイスター氏にも初対面!!
(ぶっちゃけ、緊張すた、、、いや、、、汗出た、、、笑)
のきなみ、「ガン王」出品作品が多かったようだが?!
みんな目が生き生きとしてて、「魚の死んだような目」をした兄さんは、羨ましかった、、、
(もうね、製作がピークで、そうとうヒヨッてました、、、笑)

少ししか話せなかったが、、、
ソロモンの大将にも会えたし、まこりんにはふざけた名刺もらえるし(笑)、あに君やTAKAや、学ちゃんにもひさびさ会えたし、ジャムロッカーにも遊びに行けたし、荒川さんにもご挨拶できたし、DOOVAのZガンダムを触れたし、Poohのアホみたいなお船も見れたし、みにすけ屋さんとも少しですが久しぶりにお話聞けて大満足でした!!


会場でお会いできた、たくさんのモデラーの皆さん、また来年静岡でお会いしましょう~!!
来年も、楽しい「はきだめ」楽しみにしてます!!



では、お待たせしました、、、、
兄さんの最新の「NEXT」をお待ちになられた、アホウな読者の皆様、、、
新ビギナー講座も含めて、ご満喫くださいまし、、、、
(俺なら絶対めんどくさくて読めないなぁ、、、爆!)


















「プロトゼータ」腕編


IMG_3692.jpg


えぇ~~っと、、、、
どこから説明していけば、いいか???
(相当の時間数とパーツ数なため、説明が難しいが、、、、?!笑)


とりあえず、絵のフォルムは、単純なのですが、、、、、


IMG_3136.jpg

設定画像で見ると、「上腕」が非常に小さく?
恐らく、装甲が無いフレームむき出しの状態だと判別しました、、、、

逆に「前腕」が長い、そして肩装甲が無く?片軸と装甲が一体化した少し変わったバランスで構成されていて?
あまり極端にデザイン変更や、ディテをくわえないように神経を使いました、、、





とりあえず、、、、、、、、、、、、




今回のキモは2つ!


装甲を極薄にリアル表現し、、、

ガンプラの弱点である

手首と肩関節の軸受部位を

かっこよく作る!!














「工作解説」

IMG_3650.jpg

今回は、最初は、元キットのMGゼータガンダムを加工しようとしたんですが、、??
いかんせん形が、全く違うため、とりあえず、プラ板でちゅちゅちゅと工作していきました、、、

なお、最近よくある、「穴開けてディテ入れ」や、MGフレームの上に「取って付けた感」のモノではなく、、、
「0」から全てフレーム(骨)を、自分で作り上げてますので、変な「違和感」無く、すんなり見れるかと思います!!

上画像でだいたいお分かりになるかと思いますが、おもに、プラ材ムクと箱組にて工事してます、、、
難しかったのは、肩で、、、、
ここだけで3回ぐらいづつ、作り直しました、、、笑
(途中で、イメージが合わなくなると、先に進まないため、途中で何度も放棄した、、、爆!!)


なんせ、腕の軸受けと肩の接続軸受け、さらに装甲の脱着用磁石に、メンテ用可動ヒンジをいれたため、コンパクトに全てをおさめるのが、かなり困難な作業となりました、、、、滝汗
>だから、欲張り杉だっちゅうの!爆












いきなり、プラ板加工と言われても、読者の方に初心者の方も多いため、、、
部分単位で、簡単に解説しておきます!










IMG_3651.jpg

さすがに、全部は無理なんで、上腕のフレーム部位で解説していきますね!
上腕は、A、B、Cと3つのパートで構成されてて、主にタミヤプラ板の1mmを主軸にして作ってます、、、









☆「Aパート画像」

IMG_3653.jpg

まず、MGの模型の腕を見ながら、設定画像とにらめっこして、、、
「おおよその絵」を書いていき、アバウトに形を出していきます、、、

その際、絵や脳内のイメージとフォルムや重量バランスが「ズレ」ることがあるのですが、、、
そこは、制作しながら修正して、出来るだけ設定画に近い形を出していきます!
(もちろん、この時点では、「装甲」が無い為、そこも思考して逆算してラインを形成します!)

画像の右側が、ヒジの軸を入れて箱組したモノで、ここから、エッジを丸めたり、細かい面数を決めていきます。
ただ、内部フレームなので、あんまりエッジはキンキンにはせず、バイクのエンジンみたいなファジーなエッジ調整をしてます、、、、









☆「Bパート画像」

IMG_3654.jpg

次に、上腕の「基部」となる<長さ>を決める基礎を作りますが、、、
基本は5mm角棒に1mmプラ板を貼り合わせたもので、先端(手首側)に向けてゆるいテーパーを入れながら、形状を整えつつ、何度か仮組みして、「ヒジから手首」までの距離を作ります、、、、

ちなみに、エバグリやプラクラストではなく、タミヤを多用するのは、「強度的」な信頼度からで、、、
タミヤのプラ材は非常に硬質で、フレーム制作においては、凄く重宝するからです!!
(あんまりやわいと、すぐ凹んだり、歪むんで、やっぱタミヤがお薦め)











☆「Cパート画像」

IMG_3655.jpg

上腕内側の「骨」で、人間で言うところの「尺骨」と言われる部分で、、、
今回は、なるべく人骨を参考にうねり感や、機能性を表現していきました、、、、

なお、こういう「三次曲面」だと、一見して「エポパテ」の方が簡単そうですが、、、、
左右対称のシンメトリーを出すため、<削りしろ>が見れるので、プラ板積層の方が、効率が良く、僕は、プラ板やプラ棒を愛用してます、、、
>無論、パテにジグ入れして削れば、パテでもシンメを出しできますが、十字にプラ板組んでパテ盛るには、少しパーツが小さいため、逆にメンドくなったりします、、、汗

ちなみに、初心者に分かりやすく書くと、こういうムク素材は、ギュンギュンにルーターで削れるので、難しそうに見えて、実は簡単だったりします!
(難しいのは、「持ちにくい薄いパーツの加工」で、これは普通の人はやらないのでウチの記事でもあえてはぶいてます)



意外とプラ板でパーツ作成するのは、ハードル高そうですが??!
なんのことはなく、やってみれば分かるが、意外と簡単です!!
(どちらかと言うと、設計に時間がかかるので、そこが大変!バンダイのMGの偉大さを痛感しますね!ウン)



















☆「装飾とスジボリ」

IMG_3656.jpg

上腕部位の「飾り板(ディテ)」の解説、、、、
レンコンの穴みたいに、ポコポコ穴があいた板ですが、こういうフレーム調の板は、「しいたけ同様」、1度にまとめてプラ板を重ねて整形してます、、、、

ほいで、僕も加工ヘタなんですが(笑)、あえて書いときますと、、、、
「プラ板のとって付け感」と言うのは、、、
簡単に言えば、このてのパーツの<処理>が重要で、、、、

5~6枚まとめて、接着し、削り出したのち、、、、、、、、、、、
パーツ外周の全ての外ラインを1枚ずつ丁寧に綺麗に研ぐこと!!
ひっじょうに、面倒臭いが、ココで完成時の「大きな差」が出るので、ひたすら薄い板のヘリに優しくヤスリを当てていきます、、、、
(マジでメンドイが、非常に大切な作業ですので、我慢して頑張りましょう!!



あ!そうそう、、、、、、、、



実は、オレ設定で上の画像、「メンテナンス用」に、肩のハッチがあき、内部のケーブルが見えるのですが、、、
よくある質問で、どうやって「ヒンジ」をこさえてるのか?!

「兄さん流」を少しビギナーの人に解説しておきましょう、、、


まず、「扉の開閉」ですが、、、、
要は、パイプ状のプラ材を3等分、4等分して、動く方と動かない方にそれぞれを接着し、固定してから、中に軸線を通せば、簡単に可動扉は作れます!!



ただし!!


モノが小さいとすぐに取れたり

壊れたりします、、、



では、どうやって小さな「ヒンジ」に強度を出しているか?!
その答えを書いておきますので、もし、自分も挑戦してみよう!と、言う奇特なモデラーさんがいれば、ぜひっ、参考に頑張ってみてください!!


こんな感じで中身が見えちゃうのね!!イヤン~!

IMG_3694.jpg



<答え>

実は、ヒンジ用のパイププラ材に「縦に切れ込み」を入れて、そこに薄い板を貼り、ボディー側に<埋め込んで>います、なので、兄さんの作るヒンジは、よほど雑に扱わない限り、壊れないのである!!

と、書いても、、、よく分からないよね?!笑


今回は、ビギナー用に、少し大きめのパイプでこさえてみたんで、参考にしてみてちょ!!




IMG_3657.jpg

通常は、プラ棒にピンバイスで穴開けて、パイプを制作するところから入るのですが、、、、
それだと大変でしょ?!笑

なので、今回は、市販品の「エバーグリーン223」と言うプラパイプを使用します!
>このパイプはエバグリの中でも1番ちっこいパイプなんですが、直径が2.4mmあるんで、ビギナーでも簡単に加工ができるよ!!イヤン~!

まず、欲しいサイズを切り出す前に、3~4cmくらいの長さでおおざっぱに切り、、、
縦に「プラ棒」を貼ります!
(1mm✖1mmくらいの角棒でいいよん!)

さきほど貼ったプラ棒をガイドに、縦にノコを入れます!
できれば、エッチングソーの「刃幅が0.5mm」のモノがお薦め!!

パイプの縦にガイドを切ったら、貼ったプラ棒をはがして、綺麗にやすりを当て、次に必要な長さに切り出します!
ただし、いきなり数値を切るんじゃなく、少し長めに切り出し、1コマずつ丁寧に長さを合わせるのよ!
ほいで、「0.5幅」にガイド切りしてるんで、扉は、当然0.5mm厚のプラ板を使用します、、、
まず、扉の真ん中に、その切ったパイプを接着、、、、


残った、2個に細切りの0.5mm厚のプラ板をはさんで接着、余分なとこをきれいにして完成!
そしたら、扉を開けたい場所に、これまた0.5mm幅のノコで「差込用」に切れ込みを入れておけばOK!
あとは、組んでヒンジの中に1.5mm丸プラ棒を入れれば完成!!


<本体側に差し込む方のコマ>

こうなってれば「正解」!


IMG_3658.jpg


さて、いかがだったでしょうか?!
「ガイドBOOK」に載らない、ヒンジ工作の強度確保のための工作、、、
何かのお役に立てれば、幸いです、、、、




おっ!!
ついでなんで、、、、、、、、、



肩に掘ってある、「曲線スジボリ」のジグ制作のヒントも記載しておきますね!!
(2ヶ月もブログ休んでたんで、、、サービス万点でしょ?!ウフン!







☆「曲線スジボリ」の解説

ビギナーに「ジグ」をわかりやすく説明すると、、、、、、、、、
例えば、、、、、、

直線のクランク・スジボリであれば、ガイドテープや市販のガイドがあるのですが、、、、
これが、オリジナルの曲線スジボリだと、自分でガイドを自作するしか手がありません、、、、
(なら、やらなきゃいいんだよ!!爆!


つうことで、、、、


用意するものと、道具を同時説明で簡単に書くと、、、、
まず、スジボリを入れたい「板」を必要数用意するが、この時、1枚余計に用意しておく、、、、


次に、その板を瞬着で軽くまとめて、真上から2箇所穴を開けておきます、、、


穴を開けたら、余計分の1枚をバラして、「別個」にしておく、、、


残りは、欲しい形にそこから整形し、完了したらこれまたバラしておきます、、、
無論、いちいち書かないが、全て丁寧に整形すること!


ほしたら、余計にこしらえておいた、最初の1枚を加工します、、、
あらかじめあけておいた、「2個穴」にプラ棒を刺して接着、そこを「ジグ」とします!!
(この時、ゲタをはかしておくと、あとの工事がやりやすいよ!)


では、画像解説、、、、、、、、、、、



IMG_3647.jpg

ほいで、、、
画像が汚くて、スイマセンが、、、
さきほどの「余計な1枚」でこさえた<ジグ>がこれ!

真ん中に2箇所プラ棒が立ってます、、、、
そこに、用意した「スジボリを入れたい板」を差込、なおかつ、スジボリ用に自作したテンプレートを上からサンドイッチしていきます!
(言わずもがな、テンプレートにも同じように2個穴を開けておきます!!)


画像で見るとこんな感じ、、、、、、、、、、




IMG_3645.jpg

テンプレートに沿って、優しくスジボリをけがいていきます、、、、
兄さんは、BMCタガネを基本使用してますが、最初は慣れるまで、ケガキ針の方が、やりやすいと思います!
(タガネは曲線彫りに向いてなく、ヘタするとすぐに折っちゃいますので要注意!)

そんで、例えば、左右で、4枚必要なら、、、
2枚ほった時点で、テンプレートをひっくり返せば、左右簡単に反転できるので、ビギナーでも、そんなに難しくなく、曲線彫りができるかと思います、、、


以上、「曲線彫り」の簡単な解説でした、、、
あとは、もう~、自分の机の上で、ひたすら、何度も練習すれば、少しずつ覚えていくと思います!!

こういうものは、、、、
出来ないんじゃなくて、「やろうとしてない」と、言うのがほとんどの場合です、、、
なので、臆せず、前向きにトライしていくと、さらに自由に模型が楽しめる時間が増えるハズです!

僕はほとんど自分で試行錯誤して、やりかたを自分のやりやすいように、考えていきます、、、
みなさんもあまりガイドBOOKにおんぶにだっこにならず、自らの試行錯誤で前に進まれると、より確実に「自分流」が身につくかと思います、、、
一緒に頑張りましょう~!!ウス!






では、腕のついた、、、
「ネキスト」の画像を公開、、、、
(個人的には、とてもラインが気に入ってます!!)

















「腕付き画像」


IMG_3690.jpg












IMG_3688.jpg











IMG_3687.jpg



あ!そうそう、、、、
「装甲」についてふれておきますね、、、、



通常、MSの工作の場合、外装(装甲)は1mmもしくは、1.5mmで作られるのが一般的なのですが、、、
NASAのシャトルや、飛行機などの「扉」や「アクセスハッチ」をじっくりと見ていくと、、、

「扉」そのものは、非常に薄く、中身(ボンネット裏)が厚くできています、、、
ガンプラとは「真逆」の構造で、、、
そこらへんをなんとか、表現できないものか?と、、、、、試行錯誤した結果、、、



0.3mm板で装甲を箱組して、中身のディテ分で「肉厚感」を表現してみようと思いました、、、、
ただ、非常にキャシャなため、強度は激減しますが、限りなく本物感はにじみ出てくると思います、、、
が、、、、、、
いかがでしょうか?!




☆「上腕部外装」

IMG_3669.jpg

装甲の製作途中画像です、、、
0.3mmで箱組して、その中と外のデコレーションで「強度」を稼いでみました、、、

ただ、扱いがピーキーなのも事実で、相当理解のあるオーナーでないと扱えないのがちょっとネック!











☆「肩外装」

IMG_3668.jpg

肩は、曲線部のアールがキツイため、箱組は不可能とあきらめ、、、、
0.3mmのヒートプレスで制作していきました、、

プレス後、型からそぉ~っとハズして、丁寧に整形し、そこからディテールを載せていきました、、
最近のステルス現用機に見られる、「ジグザク」模様がかっちょよくて、ギザバサミを久しぶりに使用してみました!!




以上で、工作解説終了、、、、、、、、、、、、








(´◉◞౪◟◉)ほいじゃ、奥さん、、、

こんなクソ長い記事なのに、、、、



ここからが本番でごんす、、、

メンテナンス用画像のフルオープンを


お楽しみください、、、、

















「フルメンテナンス画像」


IMG_3683.jpg

実は、、、、
頭部が気に入らなくて、現在加工し直してて、、、
画像が荒いのですが、、、完成時には、クリーンになるので、お待ちください、、、スイマセン、、汗


ほいで、肩/上腕の外装をはずした、メンテ用画像ですが、、、
ワイバーンの時にも書いたが、、、
こういうプロトタイプは基本、クイックリリースな装甲を使用していると思われ、、、


テスト中、メンテが何回も楽に出来るよう、こういう簡易型の装甲だと想像してます、、、












IMG_3674.jpg


そして、冒頭書いてた、、、
ガンプラの弱点、、、「肩関節」「手首関節」、いかがでしょうか?!
兄さん的には、MGフレームの隙間から見える関節の「にょっきり棒」が嫌で仕方なかったので、、、
こういう回答に辿り着きました、、、

理想はね、肩の隙間から、サスやモーターのギアがちらちら見えてて、、、な、感じ!!

無論、そこまでリアルなのが好きじゃない人も大勢いると思いますが、、、、
30年前、、、
ガンダムやザクの足首に「サス」がなかった頃、、、
誰が今のガンプラの関節を想像できたでしょうか?!笑


現在もガンプラの関節は、極限の進化をしています、、、


恐らく、10年待たずに、ガンプラの腕部関節部位が複雑化するのも、時間の問題でしょうねぇ、、、
(て、言うか、ガンダムの初期設定画稿は、微塵もそのイメージが既に残っていないが、、、笑)
僕が向かっている方向が、正しいか・どうかはおいといても、、、、
「RG」の進化の過程で、弱点の「手首」がバンダイ様がなんとかしてくれるのを期待してやまないです、、、












IMG_3677.jpg












と、言う感じでございました、、、、、

あ!そうそう、、、今回使用したメタルパーツは、友人の拳王さんが、僕の特別オーダーでこしらえてくれたものです、アルミの挽物なんですが、1度スモークグレーを吹いて、色味を落ち着かせてみました、、、

それと、彼からこんなモノが届きましたが、、、

IMG_3691.jpg

「拳王プレゼンツ・限定アルミナイフ」
あのオルファのアートナイフの持ち手を参考に、オリジナルカスタマイズされた1品!!
綺麗なサンバルカンでしょ?!(笑!!)
短めのヤツは、「取り回し」が楽なように、小型用で開発してくれました!
<つうか、どんだけ自慢してんだか?!。。。。。テヘッ>
持つべきものは、友達でしょうか、、、



それでは、、、
次回記事「ハカイダー編」で、またお会いしましょう!!
プロトタイプゼータの<脚部>にも、ぜひっ、ご期待下さい!!



ではでは、、、





ほいじゃ~~のぉ~~~~!!!!


IMG_3681.jpg
 | ホーム | 

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。