このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# 「ザクⅢ解体新書(Ⅰ)」

ザクⅢ解体新書(Ⅰ)上半身






 大変長らくお待たせいたしました~!!
キャラホビ会場にて、ご購入いただきましたお客様、本当にありがとうございます!!



初参加にもかかわらず、購入していただけた感謝の気持ちを込めて、精一杯解説させていただきます!!
たぶん、購入された上級者の皆様にはこんな愚説は不要かと思いますが、、、
組み立ての何かのお役に立てれば幸いです!!





KAKA-000.jpg

(すでにあちこちで画像が出ているので今更だが、、いちようBOXも掲載しておきますね!)



<注意>

組み立てる前に必ずBOX内に

封入された注意書きに一通り

目を通して下さい!!









あると便利な道具紹介

KAKA-002.jpg

勿論、無くても組み上がりますが、「より、精度の高い製品」に仕上げたい方は、マニュアルを参考にしていただくと、このキットを200%楽しめるかと思います!!
上記の画像以外に用意しておくと便利な道具も追記しておきました!!



なお、あえてはぶいてあり書いてないが、全てのパーツは中性洗剤でよく洗浄後、作業に従事してください!
それと、画像の中で2色のパーツが出てきますが、見やすくするためで他意はありません!!
(アイボリーとホワイトの2種があるが、脱形後期のものがホワイトパーツが多いかな?特に変わりません)


★アートナイフ   :バリとりやスジボリに使用します
★スプリング極細  :薄いパーツの留め具
★細めのプラ棒(板):表面処理の際、消えてしまったディテの再現に使用します
★リューター    :一部加工が必要な箇所を手早く処理できます
★彫刻刀      :スカート周りのスジボリ復旧にとても役立ちます!
★瞬間接着剤    :今回の解説で「接着」とある場所は全て瞬着です、それ以外は使用しません
★ピンバイス    :1mm、1.6mm、2mm、3mmと4種あればOKです!
★2mm丸プラ棒   :通常のガレキは真鍮やアルミ線を使用しますが、ウチでは2mm丸プラ棒を推奨!
★5mm丸プラ棒少々 :股間軸固定用なので、3cmもあれば十分です!

(ガレキの固定は真鍮線だと簡単ですが、金属線を瞬着で固定するのは難しいので、プラ棒を使用してます)



以上、おおむね書き出しておきました、勿論、あくまでも「あれば便利」と言うだけで、特に無くても困らないとは思いますが、せっかくご購入いただいたので、本解説書では、より壊れにくく、くみ上げやすい、方法で解説させていただいております、、、、
(なお、市販品と書かれているモノは全て、通常の模型屋さんで購入できるモノだと思います!)





KAKA-003.jpg


<注意>
画像の右側が切れていてみずらい場合は、画像をクリックして見てください!!





頭部ヘッドパーツの組上げ

KAKA-004.jpg

本キットはBOX内に各パートごとにビニール袋に分けて梱包されています!
頭の袋を探して、まずはパーツがそろっているのか?確認してください!







KAKA-005.jpg
KAKA-006.jpg












KAKA-007.jpg
KAKA-008.jpg

解説画像に書いてある「●●mm」に関してはあくまでも、およそだと理解してください!
ガレキに「穴」を掘る場合、面倒でも、小さな目にあけて、広げていくと失敗は少なくなります!
(ともかく、プラモ同様、入念な仮組みを繰り返すとほとんどスムーズにいくと思います!)











KAKA-009.jpg
KAKA-010.jpg

話が前後して申し訳ないが、ブログの番頭にあった「サフ吹きの組みあがり上半身」の画像のモノは、いちようキット同封のアンテナパーツで組んでありますが、見て分かる通り非常にブ厚く感じるかと思います!
当キットは全て手流しの自社製品ですので、極薄のアンテナ等は物理的に無理なので、、、、
「より、かっこよく」組み上げたい方は、解説の画像を見てプラ板で作られると完成度がぐっと上がります!!












KAKA-012.jpg

ここまで問題なくくれば、すでに「頭」は完成しているかと思います!!
ちなみに、センターアンテナは少し特殊な形に見えますが、切り抜いたアンテナの根元を三角形に切り抜いたプラ板で挟んで、用意しておいた細目のプラ板で上下を埋めると、こんな感じになります!
(面倒そうですが、5分くらいで出来る簡単なプラ板作業なので上級者の皆様なら楽勝でしょう!!)

<注意>
頭が組みあがっでても、「慌ててヘルメットをフレームに接着」しないでください!!
仮に持ち運ばなくても、ヘルメットはかぶせておくだけで十分です!
内部のヘッドフレームに固定しない限り、持ち運びや修理が簡単に行えるので、あえてかぶせるだけにします!
固定しなくとも、内部がビタではまるハズですので、ずれたりはしません、、、、
(箱などにしまう際も、長いアンテナが邪魔なので、こうしておくのが吉!!)















上半身の組み上げ

KAKA-013.jpg

上半身の組み上げに必要なパーツです、、、、
これまた、BOX内に胴体用で個別に梱包されている袋があるので、パーツ数を確認してください!!
(解説で組み上げに必要無いパーツも含まれますが、仮組みの固定位置を見るため必要なモノも含まれてます)













KAKA-014.jpg

冒頭の解説でも書きましたが、ウチでは「真鍮線」や「アルミ棒」での固定はお勧めしていません、、、
ただ、往年の組み上げやすい自分流でも全然問題ないかと思いますので、そこはフレシキブルに選択して下さい!
(2mmプラ棒を推奨するのは、金属線だと瞬着で固定が難しく、プラとウレタンだとがっちり止まる為です!)
おそらく、プラ棒で固定しておくと、仮に展示会やコンテスト、オフ会に持ち運んでもほとんど壊れたり途中分解等の事故には会わないと思います!
(個人の主観ですので、強制ではないことをお断りしておきますね!)











KAKA-015.jpg

画像を参照して、どのパーツがどの位置にくるのか?おおよそを把握してください!
組み上げやすいのは、胸部ブロックに腰ブロックを「点付け」して、次に腹部ブロックを「点付け」、、、
センターを見ながら、コクピット周辺を組み付け、最後に、肩内部フレームを入れて、頭をのせます、、、

<注意>
「点付け」とありますが、全て瞬着による「点付け」で、仮固定して、「向き」や「角度」を1度正確に把握しておくと、作業が非常に楽になります、僕個人が組む場合、全てのパーツを組み付け、パーツ上から2mmドリルであなを空けてプラ棒を差し込み、1度分解して、パーツを塗る際の「足」を付けていきます、、、
(ガレキパーツを塗る際、とても重宝します!組み上げも楽に行えます!)
穴をあけてプラ棒を差した「表面」の部分は、表面処理と同時に綺麗に処理してしまいます、、、
どうせ全てのパーツをやするので、一石二鳥なので、組むのに15分くらい余計に時間がかかっても良いと思う方は、試してみてください!!












KAKA-016.jpg

ここまで、くると、眺めてニタニタしだすので、逆に時間がかかります(大笑)
それと、今回はしてませんが、胸部ブロックの横を綺麗にやすりたいのであれば、ディテを全部潰しても、やすっておくといいでしょう!!
ポコポコ出ている箇所はあらかじめ、けずりとり、ピンバイスで1mmの穴をあけておき、面処理後、1mmプラ棒を差して、処理しとくと、綺麗に復旧します!!












腰ブロックの組み上げ

KAKA-017.jpg

えぇ~~、たいまんな話ですが、画像を良く見てください!!
「チンコブロック」(後ろ)に大きな「穴」があるかとい思いますが、ここは抜きがうまくいかず、ご購入いただきました皆様には本当に申し訳なく思います、、、

ただ、、、

ここは、組み上げていくと分かるのですが、まったく見えなくなる箇所なので、気にされる方は、各自、市販のパテ等を使用して埋めていただいてください、、、、
(たぶん必要ないと思いますが、綺麗に抜けてなくてホントごめんなさい!)











KAKA-018.jpg

スカート受けに「背骨」をつけていくのですが、、、
画像を参照に、何度か仮組みをして正しく付けて下さい!
(スカート受けは非常に薄いので、くれぐれも割らないよう気をつけてね!特に両サイド)











KAKA-019.jpg

チンコブロック(前)の不要部位を切り取りますが、慌てて切り取らないで、反対側の「ドテ」を見ながら、同様な感じで切り取るとOKです、たぶん、三角板の底辺にはうっすらと切り取り線が見えると思います、、、、












KAKA-020.jpg

画像の注意書きにもある通り、、、
腰ブロックは全体の「中心」を出す、非常に重要な部分です、なので、チンコブロックを張る際には、しつこいぐらいに、「垂直」になるよう何度も確認してとりつけてね!!







じゃ、奥さん、、、

「合体」です!!











KAKA-021.jpg

もう、ここまでくると「たまらんち」なのだが、、、、
浮かれていないで、真正面から見て、全てのパーツの位置をチェック!!
「中心線」に頭、コクピット、チンコブロックが揃う様に調整が出来てれば万事OKです!!












KAKA-024.jpg
KAKA-022.jpg

上半身を組み上げたら、細かいパーツを組みつけていきます、、、
ただし、慌てて「股間パーツ」を組まないように注意しておきますね!!
仮組みだけにとどめて、先に「もも」の位置を確定して、あとで固定します!
(勿論、必ずそうする必要はないのですが、あくまでも組みやすい順番で「正位置」に組めるよう書いてあります)











KAKA-025.jpg


通常のプラモデルとは違い、ガレキの場合、購入者の任意でポーズが決まることもあり、、、
今回のような「位置決め」はお客様の任意にお任せしておりますので、よく読んで、自分が良いと思う理想の角度で組み上げてください!!











KAKA-026.jpg









KAKA-028.jpg


KAKA-029.jpg


ももの固定はうまくいったかな?
ここも慌てて「固定」しないで、何度か組んで、自分の理想に近づけてください!!

ここまできたら、このキット最大の楽しみ~!
「スカート」の組み上げ作業に入ります!


























スカートの組み上げ

IMG_0406.jpg


このn.blood model発売の「ザクⅢ」最大の売りである、まったく見えないディテールを組む楽しいお時間がまいりました、、、、(大笑)
今回、原型製作でもっとも拘ったのは、「ももの太さ」でして、、、、
プラモデルとは違い、固定モデルの観賞用模型なので、もの凄く太いももが造詣できました、、、
おかげさまで、内部ディテはまったく見えなくなってしまったのですが、、、(大笑)

その見えない部分を購入していただいた方々だけが、「じか」に楽しめるのもガレキの醍醐味かと思います、、、
作者が何を思い描いて、そこに情熱を注いだのか?
感じていただけたら、本当にうれしく思います!!












KAKA-031.jpg

KAKA-032.jpg

画像解説の通り、「スジボリ」が一部甘かったり、抜けてなかったりを調整します、、、
その際、でっぱり等は表面処理とともに、削り取ってしまい、あらかじめ用意しておいた、市販の細切プラ板などで再現してあげると綺麗にいくと思います!!

<V字切り>
V字切りに関しては、通常のスジボリとは違い、分かりやすく書くと、、、、
1度ナイフで切れ込みをいれ、その線に沿って、斜めに線を引き、スジボリのようにカットする手法のこと。












KAKA-033.jpg

おおよその「工事」が終了して、「力仕事」が無くなった時点で、「背骨パーツ」のお尻あたりに、「シッポ」のようなパーツを取り付けます、、、
先につけてもいいのですが、作業や仮組みがしずらくなるので、「突起物」のようなパーツは最後に取り付けると邪魔にならないでしょう!












KAKA-034.jpg

スカートを「点付け」したら、ももとの「相関関係」を確認(要は正確な位置を把握)しておき、そこにバーニアを埋める「穴」を掘ります、、、、

もともと、パーツ原型にあけるか?迷ったのですが、足の「開き具合」は各自の好みが出る場所でしたので、あえて原型には「凹み」をいれてません!
自分で決めた、足の開き具合に合わせて、任意の場所に「凹み」をリューター等で彫ります、、、
(と、言っても、ものの1分くらいで出来るかと思います、見た目よりも簡単!)












KAKA-035.jpg
KAKA-036.jpg

これで、ほぼ上半身が組みあがります!!
画像にも書いてありますが、アルミパーツは究極に薄く仕上げてあり、少し力を入れるとゆがんだり、潰れたりするので、慎重に取り扱ってください!!
(そのかわり、組み付けた際の「ビタ感」はダントツに美しいと思います!!)












フロントアーマーの取り付け

KAKA-037.jpg

あくまでも、僕個人の組み方ですが、、、、
フロントアーマー基部の所は「2mm穴」を貫通させとくとのちのちの作業が凄く楽になります!












KAKA-038.jpg

ここでの仮組みは「点付け」等せず、単純に指でいいのでパーツを固定して、位置決めを考えます、、、
勿論、ここに「強度」を稼ぐプラ棒を入れなくともいいのですが、入れとくと手でヒョイと持ち上げても安心なので、やっておくのが「吉」です!












KAKA-039.jpg
KAKA-040.jpg



いかがだったでしょうか?!
「ザクⅢ解体新書(Ⅰ)」上半身編、以上にて終了です、、、、、
ウチのブログ始まって以来、40枚オーバーの画像を駆使して、より細かく、丈夫に組み上げる手法を書いてみました、、、、、

後半の「解体新書(Ⅱ)」でも、可能な限り頑丈で、組みやすい順番を解説していこうと思います!!
(ただ、これ、凄く時間がかかるので、少し待っててね!すぐ続編書くからね!)













KAKA-041.jpg




ほいじゃ~のぉ~!!!
スポンサーサイト

コメント

[title]:

兄さん、ご無沙汰しております、M&Kです。

コンテスト作品制作のため半年インターネット断ちをしていましたが、
また改めて勉強させていただきます。

ザクキット、制作、リリース、お疲れ様でした。
私は今回初めて複製にチャレンジしたのですが、
兄さんのご苦労がド素人の私にも記事を通してヒシヒシと伝わってきました。

今後もお邪魔させていただきます。
よろしくお願いします。
  1. 2010/09/14(火) 21:39:57
  2. URL
  3. M&K #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

[title]:

これまた超丁寧な解説♪
このキット、見えない部分が超格好良いですね!
素立ちだとディティール全然見えないw。
でも今回の記事でとても楽しめました。
アザース!!
  1. 2010/09/15(水) 03:29:58
  2. URL
  3. ピカ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ども~ザクⅢの解説きたあ~~~
まず、、ボックス、、かっこいいですねえ~~~オレンジのN-BLOOD
のロゴがおしゃれじゃないですかあ~~いい!いいなあこれ!
圧巻は腰周り、、組上がった時の感動はひとしおでしょうねえ~~
後半も楽しみです~
これ、、デアゴスティー二から月間ででませんか?w
  1. 2010/09/15(水) 15:42:54
  2. URL
  3. cosmo #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

M&Kさんへ
 どもん、ご無沙汰しております、、、
凄い久しぶりだよねぇ~!!
そんで何?コンテスト参加のために半年間もウェブ絶ちしてたの~?!
さすがM&Kさん根性あるな、、、、
(ヤベ見習わないと、、、滝汗、、)
でも、そうだよねぇ、仕事いって帰ってきてウェブしながらじゃ、なかなか気合の入ったのできないよねぇ、、分かる気がする、、、
形状やバランス、ディテのデザインとか真剣に考えてる時は一人で集中した方が良い案が出てくるかもね?!僕とたぶんそっち派かな?!笑
で、複製もしたんですね?!
ウチもそこそこ大変でした、、滝汗、、失敗パーツいれると軽く6千パーツは超えてて、部屋中ガレキパーツで埋もれてましたよ!!大笑!
複製は大変だけど、覚えて損は無いテクニックですよね!!
M&Kさんの新作見るの楽しみにしてますよ!
(僕は今、メガンがんばってます!!涙)

ピカさんへ
 どもん~!
え?丁寧な解説ですか?恐れ入ります、、、テヘェ~~~!!!
画像に文字打ち込むだけで10時間以上掛かりましたよ、、
こういうのむいてないないみたいで、画像撮影にそうとうてこずりましたからね、、、アハハハハハ~~
確かに巣立ち状態だとほとんど何も見えないですよね?笑
(でも、そこが兄さん的萌えだったりします、、あはははh)
キット購入していないにもかかわらず、記事の方楽しんでいただけたなんて、、、
(苦労がホントむくわれます!!あざっます!)

コスモンへ
 どもん、お疲れ様~!
ボックスほめていただいてあざっす、、、でも、、ぶっちゃけて言うと、
時間が無くて、自分の名詞デザインを少し調整しているだけなんです!
(正しい日本語言うと、、、おおざっぱっちゅうんでしょうか?笑)
そういえば、画像掲載できず申し訳ない!!
長い期間お休みしてて、たくさん画像たまってて順次掲載するようにしてるんですが、コスモンの今回のも凄かったねぇ~!!
ジオラマも凄かったけど、メカ(デルタ)も良い感じだった~!!
あれ、微妙に仮設5号機な感じですよね?え?俺だけかな?アハ
兄さんは基本4脚も好きなんで、ウルウルしちゃいました!
ちなみにデォアゴスティーニから「ザクⅢ」出たら、毎号20円だな!
(なんせ、手流しのキットなんで、、滝汗、、アハハハハ)


  1. 2010/09/16(木) 21:02:54
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

お疲れさまです。
やっぱりカッコイイですね☆
スカートの裏は凄いことになってて驚きですw
そして頭部も2重構造になっていたんですね☆
ホントに当日、会場にいけなくて残念でした。。。。

追伸;今回の記事は非常に参考になりました☆



  1. 2010/09/18(土) 17:56:38
  2. URL
  3. 京華@kyoka2 #khh0Oikc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nblood.blog67.fc2.com/tb.php/225-2c7b0d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ