このブログは人体に悪影響を及ぼす恐れもあります!!ご注意ください!

# スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[title]:

おぉぉぉぉ!!!!
全身くまなくパッキパキな仕上がり!
造形も当然すごいけど塗装もスゴ!
フラットな部分とヌルグチョな光沢部分の使い分けもさすがです!
実物が見てみたいなぁ~
  1. 2016/05/20(金) 21:19:10
  2. URL
  3. YOU #c1Uehd42
  4. [ 編集 ]

[title]:

バッタ男。。。
画像が明るいからみれるけど、
暗い路地からにゅっと出たら
ダッシュで逃げますねw
そして、たぶん逃げれないw
クリーチャー系は好きなんですが、苦手w
子供の頃は空き地で虫取り結構してて、
大人の今は仕事で蜘蛛と格闘しておりますw
  1. 2016/05/20(金) 21:19:21
  2. URL
  3. mikemo #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんばんは。

なんか、、、脳天にごっついパンチをくらったかのような思いで読ませて頂きました。
僕みたいなビギナーが作品を観てよく思う所が「どうやってるんやろ??」、、、、なんですが、、、、
考えても全く分かりません(;´∀`)
生物系の塗装って、、、その臨場感・質感を出すためにロボ系とは全く違うアプローチが必要なのか、基本はやっぱり同じなのか、、、。
それすら分からない凄みを感じてます。
基本、全身がヌルヌルなんですが、そのヌルヌル感の強弱と言うか、、
甲殻部位や筋肉・骨・・・なんかの質感を出すためでしょうか、テロテロ・ヌルヌルの度合いが違うように見せてるのは、、、単に塗る量や希釈だけの問題なのか、、、塗料そのものを変えてるのか、、?
生物なので、もの凄く複雑な色や模様が入り組んでますが、、、
どの順番でどのように塗るとこうなるのか、、、、?!

ああぁぁぁ(;´Д`)
今夜は寝れないかも、、、、、、Σ(´∀`;)

いや~!!!
素晴らしい物を見せて頂けて感謝の一言です!

文頭に書かれた「気配り」の一文、、、、もの凄く大人を感じます。
・・・・・・が、本来は読む側が「大人」であるべきなんですがねぇ(汗)
ネット上だと対面でない分「思った事」をダイレクトに綴ってしまう傾向を見受けますが、、、!

、、、、、まぁ、この辺りの話は「水掛け論」になって不毛になってしまいますねww


  1. 2016/05/20(金) 21:46:45
  2. URL
  3. とみさぶろう #Cv2s2L.A
  4. [ 編集 ]

[title]:

兄さんこんばんわ。

バッタ男ということでてっきりライダー系だと思っていたのですが
勉強不足で申し訳ないのですが、このガレージキットの存在を
知りませんでした。

しかし、かっこいい。カラーリングのチョイスといい自分のツボに
ストライクです。

現物を見れないのは残念ですが、またこういうのも作って下さい。

今日みたいにツイッタ―で予告して頂ければ微力ながらリツイートで
拡散に協力させてもらいます。

次回のSガンも楽しみにしています。


……でも、現物見てぇなぁー。
  1. 2016/05/20(金) 23:25:44
  2. URL
  3. OG-west #-
  4. [ 編集 ]

[title]:すげー!

俺、子供の頃虫大好きで・・・

昆虫博士とか憧れた時期があって<きっとみんなそう♪>

でも、今、虫を見ると怖いんですよ…
こんな感じです…
ヌルヌルしてたり
ギラギラしてたり
ゴツゴツしてたり

もーーーーーーーーーー気持ち悪い!
噛まれそう!!!!
触ると痛そう!!!!

が すごくリアル<リアルってなんだろう?>に再現されてます
まるで俺の頭の中覗かれたみたい!

怖い夢見そう…



とてもすごいと褒めているんですが…
伝わってます?^^;


俺も先々週に『思った事を気軽に書かれて』ちょっと凹んだ人です
書いてる人に言いたいのは
そーゆー言葉を普段から気軽に使うことで
貴方の周りの誰かが心痛めてるから
気軽に使わないで欲しいって事で。。。
感情表現豊かな日本語を楽しい会話として使って欲しいです
  1. 2016/05/21(土) 00:02:27
  2. URL
  3. don #xl3yL0pg
  4. [ 編集 ]

[title]:

兄さん,

おひさです.

文章を公開すると,自分の意図とは違うように取られることもあって,本当に難しいですよね.文章ではないのですが,自作ソフトを想定外のことに使用され,クレームが来たことがありました(笑,そりゃうまくいかんだろ,そんな使用は考えてもみなかったと返信しましたが).クレームが来ても,話ができる相手であればいいんですけどね.

さて,注意書きの後の最初の画像,やられました.兄さんのブログではいつもやられているんですが,今回のインパクトは次元が違う.冷静に画像を見てみると,その理由がツヤなのかなと思いました.外骨格という有機物の中でも最も無期質な部位が,ぬめっとした有機質っぽく見えて,それが余計に不気味に感じましたよ.アルビノだから余計にかもしれませんが.また,背中に生えているバッタの腹が,実際のバッタみたいで(小さいのじゃなくて,10㎝を超えるどでかいヤツの)いい感じです.

あと,デカールって,これだけ湾曲している3次曲面にもなじむんですね.

いつもながら,長文すみません.次回も楽しみにしてます.
  1. 2016/05/21(土) 03:18:11
  2. URL
  3. やすりがけ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

の、脳汁で溺れそうっす!

髪の毛なんて艦船の手摺りぐらいだと思ってました(←今どき居ないでしょ)

ヌルヌルってこのツヤの事だったのですね。。。
凄いなぁ・・・ クリーチャーいいなぁ。。。
  1. 2016/05/21(土) 16:23:51
  2. URL
  3. ハマシ #LRlOGW5Q
  4. [ 編集 ]

[title]:

兄さんこんにちは。

こりゃ、虫苦手な人は直視できませんね(;^_^A
ヌルヌル感とか、ポイント押さえて生えてる毛もたまらんですが、外皮の模様がホンモノの昆虫っぽ過ぎます〜
水性ボールペンで描いてるのは目からウロコです。確かに細かい模様描くのにいいですね。今度試してみよう…
  1. 2016/05/21(土) 17:17:11
  2. URL
  3. 豆タンク #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

n兄さん!
痛いです、苦しいです。
n兄さんがいつも仰っている「その素材をどう料理するか?そしてどう見せるか?」
この造形だからこその、この塗装美。
この塗装を施したからこその、この造形美。
モニターから腕が伸びて、胸ぐらをつかまれ、目を見開かされています。
静岡に行って「生で見るとやっぱ伝わるよなぁ・・・」なんて、性懲りも無く思いましたが、ものすごい高みにある作品は、モニター越しで「生」を超えるっ‼︎‼︎
もしも、この作品を生で見ようものなら、ぼけ犬は・・・グハッ
  1. 2016/05/21(土) 18:01:10
  2. URL
  3. dotage-dog #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

「ガンプラじゃなくてすいません」
自分はガンプラしか作らない人なのでw意味はわかります。

バッタ男ですか。気持ち悪くて超スクロールしてw今コメント欄書いてます。苦手なんですよ。。。直視出来ないんですよw本気で。

自分も「言葉が足りない」かもしれませんが、本当に好きじゃなければ作れないですよね、こういうのは。だって気持ち悪いもんwww

  1. 2016/05/21(土) 21:20:59
  2. URL
  3. rweed #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

やっとn兄さんの作品が、理解できました

はやく、結婚しろですよね


  1. 2016/05/21(土) 23:32:54
  2. URL
  3. こくまろSS #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

n兄さんこんばんは!
まず、静岡でお会い出来なかったのは残念でした(T_T)
イングラムも見てもらいたかったな~(途中だけど・・・)www

そうか!バッタ男の製作してたからか!!
にしてもバッタ男カッコ良すぎます(p_-)

今まで怪獣フィギュア等も素晴らしかったのですが、今回の方が自分的にはスンナリ入って来ましたね。
どちらも知らないキャラクターですが、空想な物体って所からなのか?
しかも、丁度会社仲間でアルビノの話をしていた矢先の作品お披露目だったのでビックリしました(^_^;)

今回のアルビノカラーのチョイスは、いわゆる基本バッタのグリーンにするよりも「人」が混じっているいる事を主張する感じの肌色が際立っている感じがします。
目のカーボンデカールに、竹ぼうきの触覚表現は実にそれらしいく、毎回驚かされます。

さらに足元に行くにしたがってくらい色を入れていくのもカッコイイです。

そして、何よりもテロテロ感を瓶出しで盛るように・・・
これでも慣れないんですか?特に後頭部横なんて・・・何回かに分けて塗り重ねているのでしょうか??

自分はロボ(特にガンプラ)をメインに作っているので、他ジャンルにあまり目を向けない傾向が有るのですが、
こう言ったジャンルはスケールモデルよりも入り易そうで良いですね。

挑戦もしてみたいと思いましたが、こういった物ってどこでゲットするんですかね?
そして、今後もこういったジャンルを是非見せてください!!



  1. 2016/05/21(土) 23:43:59
  2. URL
  3. たけぞう #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

皆さま、コメ返遅くなりまして恐縮です!!
ツイッターの方の返信からしてたので、ご了承下さいませ!


YOUパイセンへ
 どもん~!
なんか?ブログ記事のコメ返久しぶりすぎて、何か違和感?爆!!
(文字制限無い分、かな~り気楽だけど!www)
ほいで、、、
塗装、気に入ってもらえて何よりす!
まぁ、正直、こんなレベルならゴロゴロいるのが、クリーチャー界隈なんすけど?それでも、今回、ツイッターにて、少しでもたくさんのガンプラモデラーさんに、こういうジャンルを見てもらえて純粋に嬉しいです!
ホント、バリバリスルーされるんで、、、
今回の500越えのお気に入りは、原型者の方への感謝として、捧げたいなぁとか、切に感じます!
コメント、記事にもリプにもあざっす!!

mikemoさんへ
 どもん~!!
いやぁ、、、何言ってんすか?mikemoさん、、、
こんなん、明るかろうが、暗かろうが、出てきた時点で、腰抜かすよ!爆
たぶん、硬直して動けなくなるよね、、、
マジ、人が本当の恐怖に相対すると、脳神経が止まるでしょ??
僕なら、棒立ちですよ、、きっと、、、アハハハ
それよか、、
タイトルが「バッタ男」なので、仮面ライダーを期待された人も多かったみたいで、リプでも「サイクロンもお願いします」とか書かれた、、笑
いや、、、
「悪魔」ですから、コヤツ!?
(あ!でも凶悪なデザインのバイクならかっこいいか?笑)

とみさぶろうさんへ
 どもん~!
ご無沙汰です!最近、忙しくてそっちにも顔出せなくてスイマセン、、
ほいで、、、
今回のコメント、、、

「どうやってやるんだろう?」
「考えても全く分かりません(;´∀`) 」

そうですかぁ、、、
ちなみに、その質問自体が、その質問の「答え」なんですよ!実は!笑
実は、自分で考えるんですよ~!塗装方法は、、
僕もね、昆虫の画像をじぃ~~っと見ながら、、、
「透過:硬質な表皮の透明性」にフォーカスしながら、模様の重なり、、
色の変化をじっくり時間かけて見ながら、、
なぜそう見えてくるのか?自問自答しながら塗っていったの、、
こういうジャンルの場合、「これが正解だよ」的な、ガイドがほとんど無い世界なので、実物画像と首っぴきで、試行錯誤の連続です!
あと、今回のようなアルビノも初体験でしたが、、、
大事なのは、、、、
ウェザリングと同じで、施した模様やキズなどが、本体の塗装を邪魔しないことであり、距離感を出せる事がミソだと言うこと、、、
つまり、今回の画像の並びにヒントがあります!
カメラと作品の距離によって、、、
「模様が浮かび上がる」ように塗ってます、距離があれば少しくすんだ白に見えて、距離を詰めると、模様が明確に見える、、、
これが昆虫表皮の人間が肉眼でとらえた場合の「印象:情報」です
それは、花や動物でも同じですが、、、
昆虫の場合、対象物の小ささから、人間が感じる印象も、ほぼ世界共通で、その印象を追うこと、再現することが、近道だと僕は判断してます。
なので、立像の画像とUP画像を比較すると、同じ場所が写っているのに、情報量が極端に変わるでしょ?!
これが「ガンプラ」との差異です、、、、
「ガンプラ」の塗装には、距離感がなく、逆に言うとそれでキャラクターの持つ印象がぶれない公式が成り立ちます、、、
あとは、、、
毎回書くけど「艶のコントロール」、、、
同じ11番のガルグレーを塗装しても、その上に乗るクリア層の厚みで、見た側が受ける印象がガラッと変わりますよね?
その「艶表現」を何段階持ってるかで?その人の塗装レベルが変わります、ガンプラのように、「クリア」「フラットクリア」「フラット」の3種しかないと、表現の幅が極端に狭くなりますが、、、
陰影のコントロールが自由に出来るようになるには、少なからず、5~7段階の艶のコントロールがあればいんじゃないかなぁ?と思います。
その辺は、もし聞きたければ、また今度、個人授業します!笑
あ!
「旧コン」のドムのロケパン見たよ~!!最高だ!アレ!!爆!!
続きも楽しみにしてますね!!





  1. 2016/05/22(日) 02:56:06
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

OG-westさんへ
 どもん~!
ウン、ツイッターでも、それ期待してた人いた!笑
やっぱバッタ男=ライダーの印象は定着してますね~?!
でも、そうすね、こういう海外テイストなクリーチャー表現って、
普段まったく縁がないので、凄く試行錯誤しましたけど?
意外とみんな受け入れてもらえたようで(ガンプラファンの皆さんに)
なんか、凄く感謝してたりします、、、
ぶっちゃけた数字で書くと、、
MG(モデラーズギャラリー)さんなどに投稿した場合、、
僕の場合、ありがたいことに過去全作品が週間1位になっていたので、
比較が肌で自身に感じられ、、、、
ガンプラの場合、仮に、三日で15000アクセスだとすると?
これが特撮の怪人で、同じ三日で約2000~2500と、、、
本当に厳しい状況です、、、
(まぁ、興味がないのは存じてますが)
でも、、、
そういう人たちを振り返らせるぐらい勉強して頑張ることが、自分の怪人愛だったりします!
これからも「特撮愛」は、不滅です!笑

donさんへ
 どもん~!
コメントいただきありがとうございます!

 「あ
 とてもすごいと褒めているんですが…
 伝わってます?^^; 」

はい、、、ちゃんと理解しております!笑
実は、塗装している僕の中の「コンセプト」なので、、
あらためて言われちゃうと、非常に嬉しいのです!
怖いとか、、
キモいとか、、、
生々しい、、、
と、言った表現で評価を頂く事がとても多く、凄く嬉しいですが?
今回の「donさん」の<かまれそう>とか<痛そう>はホント最高です!
僕は、見た感じの情報量やかっこよさではなく、、
人間が感じる「痛覚」に訴えるよう作品表現していくので、そこら辺を
こうしてダイレクトに言われるとたまりません!!ウフ
これからも、怪人は続くと思いますが、気が向いたら、また素敵な
コメントいただけたらと思います!あざっす!

やすりがけさんへ
 どもん~!!
そうなの、、、
日本語って難しい、、まぁ、もっと言えば、、、
コミュニケーションそのものが難しく、この業界(模型・フュギア)の場合、自分のものさしが絶対正しいと、「思いこんでる」方が非常に多く、コチラの言葉尻のみを切り取って、鬼の首を取ったように、自分論法を展開される人もめずらしくありません、、、、
今回のように、「片殺し」になるケースもめずらしくないんですよ~?
「お前の言い方だと、ガンプラが偉くて怪人が低い」または
「ガンプラに比べてクリーチャー造形のレベルが低い」とまで、拡大解釈して物言いする人もおられます、、、
勿論、個人の感想なので、どう、外部の方が取るかは「自由」なのですが?僕は過去1度たりとも、ガンプラとクリーチャーの造姿を比較したことがなく、逆に驚きましたが??
恐らくは、ガレキしか作られない方の場合、ガンプラ事情、もしくは市場のシェアなどを把握されておらず、言葉の指す意味を取り違えてらっしゃるケースがこれに当たります、、、
要は、経験値や知識の問題になるのですが?
ナベさんのコメ冒頭にもあるように、コチラがすべからく注意を払っていても、相手の経験値がそれに満たなければ、想像外の事を発想します?
まぁ、僕が謝罪して、その方の気が済むなら、そんな安い話もないんで、一向に僕個人は差し支えありませんが?
それでその方は何を得るのか?逆に不思議に感じます、、、
アムロじゃないけど、人は分かり合えるし、乱暴な言葉を使わずとも、日本語は相手にちゃんと伝わるものなんですが?
自己顕示欲が抑えられない、「大きなおともだち」が多く、、、
ご本人がそれに気づけないのも「世知辛い」です、、
あ!グチに付き合ってもらっていつもスイマセン、、、笑
バッタ男、気に入ってもらって嬉しいです!
今後も、こういうクリーチャー作品の紹介ができるといいなぁ~!w

ハマシさんへ
 どもん~!!
脳汁いただきました!あざっす!!
例外にもれず、やはりこの手の怪しい怪人は楽しい~!!
もちろん、ガンプラも作業自体は同じで、、、
製作前の「イマジネーション」で、完成度が決まるのですが??
金属の機械モノと、こういう半生物的なモノでは、最初のイマジネーションを膨らますベクトルがまったく違うため、凄くおもしろいですよ!
上手く引用できませんが、、、
ロシアの極寒と常夏のハワイぐらい違う感じですかね~?笑
皮膚に穴をあけて1本ずつ毛を植えていく作業とか、、、
もうね、、辛抱たまらんす!>超楽しい作業なんすコレがまた!爆!!
機会があれば、ぜひっ、ハマシさんも1度怪人塗ってみてください!
もう~~、はまるよ~~!!!ウフン


  1. 2016/05/22(日) 05:14:12
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

豆タンクさんへ
 どもん~!!
お久しぶりです~!ウフン
怪人、楽しんでいただけてなによりっす!
「表皮」の質感に関しては、相当こだわったので、褒めてもらえて凄く嬉しいですわぁ~~!
今回、凄く気にしながら作業したのは、、、
昆虫のアルビノ表現を入れながら、ヒョウ柄などの皆が分かる模様も加えていき、その色合いをあえて全然違う色で表現して、悪魔が現世に現れた際の?
不十分な立体像みたいな部分を狙ってます!
(意外と銀色のヒョウ柄とかって見かけなくて新鮮でしょ?笑)
獣表現をする場合、そこが自然に人間の筋肉質に溶け込むよう配慮してますが、そこら辺を見て楽しんでもらえたら最高す!!
ちなみに、銀色の「ユニボール(0.8)」は1本100円なり~!ww

dotage-dogさんへ
 どもん~!!
なんだか?少し興奮してますね?笑
なんか過大な評価でコメントいただきありがとうございます!
でも、、、
ホント、クリーチャーの世界だと、このぐらいの塗装は初歩の初歩でして、もっとアングラでディープな塗装がたくさんあり、、、
これから学ばなければいけないことが、盛りだくさんなんです!
何かを表現していくと言うのは、、、、、
例えば、、、
10のアウトプットをするなら、20000ぐらいのインプットが必要で、10しかインプットの無い人が、10のアウトプットをすると、、
作品が息切れしちゃうことが多いようです、、、
僕もまだまだ引き出しが足りなくて、これか少しずつ、引き出しためていこうと思います!!
dotage-dogさんも、気が向いたら怪人1匹いかがでしょうか?笑
>超楽しいよぉ~~!!

rweedさんへ
 どもん~~!
超超ご無沙汰してます!!
お元気そうでなんか嬉しい、、、
ホント、つい昨日、rweedさんの話してたんですよぉ、、、マジで、、
いまだに僕の中で、ガンプラにおける最高峰は、rweed作品なんですが、ことあるごとに、色々なモデラーにそれを伝えてたりします、、笑
(他人様の作品なのに、なぜか熱く語る?兄さん、、、爆!!)
ほんで、、、まぁ、バッタ男の話はおいといても、、、
今回のコメントどんズバで嬉しかったです!
そもそも、怪人嫌いのガレキ嫌いの人がこれ作りますか?
って、僕も言いたくなりましたよ~!笑
あと、「塗装が自慢したいだけだろ!」とも言われましたが、、、
この世界の天井の高さを知らない人って、凄く幸せなんだろうなぁ?
とか、、違う意味で羨ましかったですよ、、、、
(もう、造形の世界は、天井知らずでしょ?実際の話、、、)
まぁ、余計な話しましたが、rweedさんの新作完成したら、教えてくださいね~!!楽しみにさせていただきますんで!

こくまろさんへ
 どもん~!
コメントありがとうございます!!

たけぞうさんへ
 どもん~!
静岡お疲れ様でした~!!!
いやぁ、、今年は家族のあれやこれやで、外出は無理でした、、汗
(まぁ、長い人生、そういうこともありますよね~!笑)
マジ行きたかったけどねぇ、、静岡は、、クゥ~~~
ほいで、、、そうすか、、
ショッカー怪人(特撮もの)よりも今回のバッタ男のほうが、たけさん的に良かったんですね~?!あざっます!!
その辺は、ホント見ていただける方々の趣味の話なんで、そこも嬉しいす
アルビノは、カラモジュレーション的なものもあるけど、、
そうすね、やっぱ「未成熟」とか「半生物」的な表現が目的なので、見え方で肌色が映えてるのであれば、結果オーライすね!!笑
そうそう、クリア塗装の塗り重ね回数ですが、、、
場所で全然違いますが、頭の部分は、約5回ぐらいの盛りです、、、
胸部で3回、腰から下は、1回です、、、
徐々にトーンダウンさせて、下半身を暗く見せるようしてみました、、
(つうか、たけさんよく見てるねぇ~!びっくり)
普通は、カラーで変調させるのが常道ですが、、、
あえてクリア層の質感でをこの表現をしています!
ちなみに、購入するなら「ワンフェス」が良いのですが、、、
距離的に厳しいのであれば、ヤフオクで「クリーチャー」検索すれば、手に入るかと思います!!
1匹試してみてください!ホント、おもしろい世界です!
>絵画とかに近い感じで、それこそ法則性は自由ですから~!!!

あ!イングラムは、秋まで楽しみにしておきますよ!!ウフ

  1. 2016/05/22(日) 05:55:56
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんにちは。
ツイッターで途中状態が公表されてから完成を楽しみにしてました。

しばらく言葉を失って見入ってしまいました。
表皮(外骨格?)の硬そうな感じと内側のやわそうな感じが絶妙、
ぬめっとした塗装と相まって、初見で気持ち悪っと思いながらも
最後までスクロールするとカッコイイわぁ、と思い上へスクロール、
そしても一度下へ、そして上へ、と無限ループでしたw

先日小さなものは塗ってみたのですが、何か大きなものも
いつか塗ってみたいですね。
  1. 2016/05/22(日) 10:21:20
  2. URL
  3. ペンギン68 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんにちはーn兄さん

僕も最初「仮面ライダーのお友だちかしら?」と思ってしまいましたがww
それにしても染色体異常の昆虫をモチーフにするなんて、よくもそんな事が思い付くなーーとおもってしまいます!

白い外皮が脊椎動物の骨を思わせてさらに昆虫人間としての説得力が増している気がします♪ヽ(・∀・)ノ
竹ホウキやカーボンデカールなどのアイデアも満載で面白いですー

僕ももっと艶感や質感を意識してよく観察して塗ってみよとおもいます



  1. 2016/05/22(日) 13:17:48
  2. URL
  3. しんごaiko #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ペンギン68さんへ
 どもん~!
楽しみにしていただき、本当にありがとうございます!
なかなか、こういう異種なジャンルの立体は、完成してもガンプラのように、たくさんの人に見てもらえる機会が少ない分、こうして、大きなブログ画像で見ていただけるだけで幸せです、、、
ほんで、コメント凄くおもしろかった!笑
そうなんす、皆さん口をそろえて「気持ち悪い!」と、言うのですが?
凄く見てくれてて、なんか違う感覚で嬉しい~!爆!!
(世に言う「怖いもの見たさ」みたいな感じなんでしょうか?笑)
これからも、精進してさらなる恐怖の世界を塗りこめるよう、気合入れていくんで、ぜひぜひっ、応援してください!
あ!そうそう、、、
ペンギンさんも小さいのを塗られたそうで?>GJすね~~!
あとで、ブログ見せてもらいに伺いますね!
今回は、嬉しいコメントありがとうございました!

しんごaikoさんへ
 どもん~!
そうすか、やっぱ、、仮面ライダー的な何かを想像しますよね?
言われてみたら、散々、ライダー好きを僕個人が言いまくってるんで、周りの方は皆さんそう思うのが自然ですよね、、、、アハハハ
染色体異常の昆虫の皮膚は、昔から人々の間で「神格化」されてきた、暗部があり、国や地域によっては、、、
現在も「神様の使い」として、あがめられている国もあります、、、
そういう神秘的な部分に強く引かれたのですが、実際の作業は、非常に塗りにくい色で、けっこう参りました、、、笑
(なんとか、完成してホント安堵してます、、)
今度、機会があれば、しんごちゃんも怪人1匹いかがですか?
こういう亜種なものって、あんまり人が関心持って見てくれないのですが?ある意味、そこを打破する「やりがい」もあり、ガンプラとかとは違う楽しみ方を感じると思いますよ!!
  1. 2016/05/22(日) 19:11:36
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

兄さんこんばんは。

すごいなぁ・・・開口一番、こんな表現しかできずにすみませんm(_ _)m。

ガンプラ、しかもベタ塗りしか経験がない自分にとって、想像のつかない
表現技法から生み出された作品に対しては、それに相応しい言葉が
見つからないのです(´・ω・`)。

自分の腕じゃ箸にも棒にもかからないにせよ、せめて本作がどのような
技法や手順で塗りあげることができるのか、理解できるくらいには経験値
を上げないと、まともな感想も書けないのでそれが恥ずかしいです・・・
いろんなジャンルに挑戦してみないとですね♪

本作、特に筋肉や羽根の塗りわけがサイコーに生々しく、
かっこよくって、超眼福でした(*´ω`*)。ありがとうございます♪


  1. 2016/05/22(日) 21:57:51
  2. URL
  3. 玖弐零式改(type920r) #OcCsWlWY
  4. [ 編集 ]

[title]:

n兄さん、こんばんは!

バッタ男完成おめでとうございます^^

この作品に関しては、兄さんとの会話中に、なぜか毎回、ぼくが「セミ人間」と間違えるという謎の症状が印象深かったですw

こないだの茨城の地震の時、ちょうど話し込んでたんですが、電話先で兄さんの家がめっちゃ揺れて、「ヤバイやつや!すまん、かさ!」とスカイプを放り出して、まずこのバッタ男が倒れぬよう、寝させていたあたり、プロ中のプロだなとか思ったりw

作品はまずデザインいいですよね!
斜め後ろからのエビ反ったバッタの背中が強調されるショットとか、顔の下に顔があったり、バッタの脚が腕のパワーピストンみたいになってたりと、ヘルペインターさんの感覚が素晴らしいですね^^

で、悪魔が崇拝する神パズズ。
その精神性の高い世界でのアストラルボディから、
現し世へ顕現して受肉。
昔の人々が恐怖してやまぬ、イナゴが象徴としてセットされ、
また足りぬ血肉を出現した地の近くに居た豹などを雑に取り入れ、
それでもまだ不安定な存在としてアルビノに。
太陽の元を歩くだけで表面が焼け焦げながら、それに呼応した速度で健肉が内側から再生されてゆく・・・
彼の存在を召喚した者の目的は・・・?

・・・みたいなストーリー性を喚起させるこの仕上がり!
「塗装に物語がある」と感じました^^
感激!

  1. 2016/05/22(日) 22:12:41
  2. URL
  3. かさばる兄さん(かさ兄) #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

玖弐零式改(type920rさんへ
 どもん~!
熱いコメントいただきあざっます!
そうすね、確かに、、、
ご指摘の通り、ガンプラの世界は逆にそのベタ塗りが王道であり、、
バックボーンのアニメの再現等、配慮すればそこが必然なので?
確かに、経験者が少ないのも事実なんですが、、
この「バケモノ」の世界の塗装は、ホント、子供のころの泥んこ遊びの
ごとく、楽しい世界です!
ホント、見た感じのイメージはとっつきにくく、難しそうですが?
実際には、ガンプラの完成品においても、、
「蛇紋塗装」「ドライブラシ」「グロス仕上げ」「キャンディー」と
各種様々な塗装方法が、散見できますので、、
それのトータルプロデュースのような感覚で大丈夫だと思いますね!
たぶん920さんなら、楽勝でいけますよ!!>センスいいし!
(なんせ、僕程度でもなんとか塗りあがりますから!)
ぜひっ、1つ塗装してみてください!
>そして、怪人ナカ~~マになりましょう~!笑

かさばる兄さんへ
 どもん~!
いやぁ、マジバナで、あの地震はヤバかった、、
(冗談抜きで久しぶりにびびったよ、、)
ただ、、
それ以上に、「セミ人間」という呪文の呪縛から逃れられない、、
関西の友人が心配なのだが、、?爆
冗談はさておき、毎度スキのない見事な文章に僕が圧倒されます!笑
ほんと、今回のは、凄く精神性の部分に比重を置いた表現なので、、
全てとは言いませんが、、
少なからず、そういう「現象」的な存在の表現が、少しでも伝わっていたら凄く嬉しいですよ、「悪魔」と言うのは、、
その実、人間の暗部が生み出した「欲望の権化」であり、、
ある意味において、「必要悪」を意味してますよね、、、、、
その多くは逃げ道だったり、言い訳だったり、、
そういう「形」があるのに、形のない、感情の「掃きだめ」が
世にいう「悪魔」だと僕は解釈してます、、、
つまり、今回の「アルビノ」とは、人の悪意の模様を指してるのですが?
こういうのって、、、楽しいよね~!笑
次回は、さらなる暗部の追及をしたいですねぇ、、、、笑!!

  1. 2016/05/24(火) 07:08:05
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんにちは!

もう凄いですね!まさに悪魔の化身ですね!
私自身昆虫は触れないのですが(昔はあんなに好きったのに・・・)
見るのは大好きです!テレビなどそういう特集があれば見てしまいますね(^^♪
我々には知らない世界みたいな感じで興味が惹かれるんだと思いますが。
今回の兄さんの作品は大好きですね!ビルバインも大好きですが、ガンプラだけではなく幅広いジャンルで魅了できる兄さんの作品には尊敬の一言しかありません!
いつも感動を与えてもらいありがとうございます!
個人的に神話とか好きなので(詳しくはないですが)悪魔とか興味があるんですよね!機会があれば作ってみたいです。
  1. 2016/05/24(火) 09:19:51
  2. URL
  3. lost one #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

lost oneさんへ
 どもん~!
(って、ゴメン、コメント入ってるの気づかなくて、、汗)
「悪魔の化身」いただきました~!あざっす!
まだ、こういう洋物のクリーチャーは経験が浅いため、あちこち
不出来な部分もあるのですが、、、
今回は、原型のかっこよさにだいぶ助けられて、なんとか無事に
こうして皆さんいご報告できました!アハ
まだまだ課題は山積してますが、、
少しずつ練習して、もう少し迫力のある完成度の高い怪物に
仕上げられるよう頑張ります!!
次の作品もぜひっ、楽しみにしていてくださいませぇ~!!
コメントあざっす!
  1. 2016/05/27(金) 18:25:29
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:いいですね〜バッタ男

初めまして!n兄さん様

武之助と申します。バッタ男
見ました。凄い塗装のクオリティー
ですね〜 特撮物や怪人さんの記事
大好きであります。n兄さんさんの
作品の工作技術力及び塗装ほんと
神業ですよ。ハカイダーは実物だと思いましたよ。最初に見た瞬間は!
私もガンプラも作りますが特撮物も
大好きです。
これからも特撮物、怪人さんの
作品楽しみにしてます。
応援してます。頑張って下さいませ〜
  1. 2016/05/28(土) 12:16:49
  2. URL
  3. 武之助 #V603RJqw
  4. [ 編集 ]

[title]:

n兄さんこんにちは!ブログお邪魔してます( ^ω^ )
私はガンプラしか作らない人間ですが、ジャンル問わず模型を見るのが大好きですよ!自分の知らない技法とか表現方法とか、何より作成された方の拘りを知るのが楽しいですよね。兄さんのバッタ男も度胆を抜かれつつ画像拡大してまじまじと拝見させていただきました!これからもバシバシ発信して度胆抜いて下さいね!

  1. 2016/06/01(水) 22:11:29
  2. URL
  3. kintaro #-
  4. [ 編集 ]

[title]:好き^^

ご無沙汰でございます!

資金繰りのためオークションやらハンドメイドやらでプラモからちょっと遠ざかっておりました~!^^

さてさて、

『バッタ男』さん!
こういうの大好き!!!
実際の虫(特に黒いの)はダメですけど、
これは男の人(人?)だもんね~!
グロくてかっこいいっす!

こういうの作れたら面白いんだろ~な~・・・・・(遠い目)
凄すぎて参考になりません!!!(笑)
じっくり堪能させていただきました!
ありがと~ございます!


  1. 2016/06/06(月) 11:22:49
  2. URL
  3. るみなす #ygQuvdSk
  4. [ 編集 ]

[title]:

こにゃにゃちわ(-_-。

とにかく。最高な作品ありがとうございます。ぺこり

兄さんの画像を観る時は。いつも。ハッ。と気づかされます。

じぶんへの。妥協といいますか(-_ー 遠い目

ワタシも。初めて粘土でトカゲの親分みたいのんを作っておるんですが

架空だからこそ。リアル感がほしく。。何度も何度も。色調変えてみたり

使用感、とかのサマザマな作業を。合わせると。

さいごに。ツヤの階調が見えてきまして。。

この作品を見させてもらって。やっぱり。そーなのかも(-_-て

感じさせていただきました。ぺこり

ロボ系のウぇザリングもそうだと思うんですが。ツヤをどこにもってくか

とかが。リアルにだませる。アレかな。とかおもーてまして。・

あ。すんません。長なりました(-_ー;


あ・・いろいろと。お気遣いが大変なんですネ

ねっこは。「つくりだす」で。

みんな。同じだとおもうんですが(-_-。陰ながら。応援しております
  1. 2016/06/20(月) 13:24:06
  2. URL
  3. えーちん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nblood.blog67.fc2.com/tb.php/394-39008801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# ■「バッタ男」公開!










長らく放置で、スイマセン、、、、














 どもん~!!





皆さま、ご無沙汰ぶりです!!




色々、多忙な時期もあり、少し放置してましたが?
久しぶりの記事更新です!!










ほいで、、、



今回の完成品も例にもれず、ロボットではないんですが?!


ご観覧いただく前に、ひとつふつ書かせていただこうと思います、、、、、、










<前置き>




 今回、ブログ記事を書く前に、ツイッターにて画像掲載したところ、、、
非常にありがたいことに、「注意勧告」を受けましたので、僕の文章力のない部分で誤解が生じないよう?
あらかじめ、書かせていただこうと思います!!

これは、ロボ以外の記事で、僕が記事を書く場合によく用いるフレーズですが?
(今回だけ特例ではなく、以前より同様に書いておりました)






「ガンプラじゃなくてすいません」





と、あえて、記載することに関して、、、
作品の原型をされた方、並びにクリーチャーや怪獣大好きな方々に「誤解」を受けているようで?
僕は、文章の中で、ガンプラやキャラクターロボとクリーチャーや怪人を比較したことはありません?
そもそも、自分が好きで作らせていただいてますので、、、



ジャンルの比較で、どちらがどうとか?そういう考えもなく、、、




単純に、自分がよく経験しているのですが?
よく投稿サイトなどに、出す場合、「ロボ」も「怪人」も関係なく出しているのですが?
基本「怪人」の方の閲覧数は、「ロボ」に比較して数字で言うと1/10程度です、、、、
仮に、投稿サイトで週間1位になっても、ほぼ画像を見ていただけないのが現実です、、、
(だから、みんなに見ろ!と、言うのではなく、、、)


これからも大好きな「怪人」を少しでも世に広めるべく、宣伝していきたいなぁ、、、と感じてます!
その際、僕の作品を楽しみに(およそガンプラを見たい観覧者さん)に対して、、、
さきほどの「ガンプラでなくてスイマセン」と記載させていただきますが?
まったく他意はありませんので、、、

ご気分を害された、関係各位の皆様に対し、深く謝罪したいと思います!!
なかなか、理解されにくいジャンルですが、製作は本当に楽しく、やりがいもモリモリあります!
もし、今回の記事をご覧になり、興味を持たれましたら、ぜひっ、1度手に取ってみてください、、
その不思議な魔力は絶大です!!





以上、余計な前置きでどうもすいません!






ではでは、今回の怪人も楽しんでみてくださいませ~!!






















「バッタ男」



いちよう、分かる範囲で、ですが、、、
解説入れてみますね??


そもそも、今回のフュギアは、「PAZUZU(パズズ)」と、言う悪魔の像を、原型師の方の
オリジナルな解釈で表現したものと思います、、、


パズズというのは、あの有名な恐怖映画「エクソシスト」に、ちらっと出てくるのですが、、、




yjimage (8)


上の画像のような感じです、、、

映画の本編でも語られてますが、、、
「イナゴ」の大群が映画の中にも「悪魔の仕業」として印象深くシーンに取り込まれていて、、
その「イナゴ」をモチーフにして造形されたのではないかと想像してます、、、



なので、箱絵を見ると?
単色(銅像的な)の仕上がりになっています。


yjimage (14)



勿論、スタンダードに銅像のような仕上がりにするのもおもしろいのですが??
今回は、昆虫のアルビノ(染色体異常)をモチーフに塗装してみました!



★ 「アルビノ」と、言うのは、昆虫に限らず、動植物にごくまれに現れる染色体異常の現象で
 今回の「悪魔の色」を表現するには最適かな?みたいに思い、やっています。
 (人の形はなしているが?部分的にちゃんと成型されず、未成熟な部分を持つUMAのようなイメージ)


参考にしたのは、こういう画像、、、



d0175322_18355490.jpg
493_1.jpg



造形そのものがダイナミックで、情報量も多く、単色だと、少しもったいないかなぁ?
とか、余計なことを考えてなのですが、この色が良いか?悪いか?ではなく、、、
作り物として、こういう表現の幅もあって良いんじゃない?との個人の判断ですので、、、
あくまでも「カラバリ」として楽しんで見てもらえたらと思います!!


なのでタイトルも「PAZUZU」と、言う正式な表記ではなく、、
単純に「バッタ男」と、しています、、、、、




















「バッタ男」各部アングル








<横顔>

DSCN9937.jpg




















<前から上半身>

DSCN9940.jpg

















<右後ろ側>

DSCN9950.jpg

















<正面あおり>

DSCN9948.jpg
















<左側うしろから>

DSCN9952.jpg




カラーリングに関しては、すべてソリッドカラーによる塗装で、
ハンドピースと筆塗りの併用で塗っています、、、



白い部分は、Mrカラーの11番ガルグレーを基調として、そこに白や黒を加えて
明度違いの4色を作り、部分毎の凹凸で立体感が上がるように塗り分けてます、、、



肌色の部分は、キャラクターフレッシュに同様に、黒、白を混色して、4色作り
やはり、部分毎に塗り分けています、、、



黒っぽい部分は、エンジングレーと言う色を使用してて、、、
これは瓶出しで、筋肉の筋(スジ)や、模様の部分、脚部の足の甲などを塗ってます。
模様の所の「銀色」は、非常に細かいので水性ペンの銀色(ユニボール0.8)を使用。



それと、眼球の部分ですが?



下の画像で、まとめて解説してます





DSCN9969.jpg


いちよう、予備で細く書いておきますと、、、、


アンテナなど突起物は、危険なので、接続には「スプリング」を使用してます、、、
そうすることで、ふいの衝突や、持ち運びの際の不慮の事故も防げるのです!!


それと、今回は、一部「植毛」をしてますが、、、
自分の髪の毛を抜き、それをカッターで細かくして、お気に入りの個所にはやしてます。
取り付ける際は、ゼリーアロンを使用してます。
(この辺は、趣味の問題なので、やってみたい人チャレンジしてみると楽しいと思うよ!)


あと、羽の部分は、海外から取り寄せた「昆虫標本」から、超音波カッターにて切り出し
背中の部分につけてみました、、、
(海外の昆虫は大型で、使いやすいのだが、匂いが鬼ハンパなく臭いです!要注意)



なお、本物の羽や人毛(ジンモウ)を用いる際、塗装が困難になるので、、、
あらかじめ、優しくJOYしておくと通常のラッカー塗装ものります!
(ただし、家族に見つからないよう極秘裏に行わないと大変なことになるよ!笑)




では、詳細各部です、、、、、





















「バッタ男」クローズUP画像








<脚部後ろ側の寄り>

DSCN9954.jpg


















<指先の寄り>

DSCN9958.jpg


















<ティンコの猛毒針>

少しぼかしてます、、、、いちよう、、、、笑

DSCN9959.jpg

















<口元と胸部のドUP画像>

DSCN9960.jpg


















<後頭部の羽根まわりUP画像>

DSCN9961.jpg





以上、各部のUP画像を掲載しておきました、、、

それと、塗装の部分の補填ですが、、


こういう濡れたようなヌルヌルした質感を演出する場合、ハンドピースや缶スプレーだとコントロールが
難しい(垂れてしまう)ので、瓶出しで、ダイレクトに「盛る感じ」で塗っていきます、、、
(その辺は、感覚的な話で、自己責任で各自やってみてください!)





ホント、こういうクリーチャー系の怪人は初体験でしたが、、、
どこを作ってても、塗ってても、おもしろいです!


そもそも、空想の物体であり、どういう風にアレンジしても、自分の思い通りに塗りあげても
「間口」が広いので、自由に楽しめる魅力があります!!
パッと見、気持ち悪いし、塗装が難しいと、言う印象をビギナーの方は持つと思いますが
いつも言うけど、僕も初めてチャレンジしてます!
成果が良いのか?悪いのか?は、、、おいといて、、、
まず、「楽しい!!」を大前提で、やってるのですが、見てても楽しいですが?
実際に怪人を目の前にすると、「ワクワク感」がハンパじゃないです!>人によるけどねwww


でも、もし、見て気に入ってくれたら、、、
「俺も塗ったよ!兄さん!!」みたいなの、一緒に共有しましょう~~!!
そこが、この記事の1番大事なポイントです!!笑








ではでは、、、、
次回予告、、、、



ホント長らくお待たせしました、、、、、、、、、、、、



いよいよ、次回の記事で最新の「Sガンダム」の画像を公開します!!
(っつってもたいした内容でもないんすけど、、、滝汗、、、)

次回もまた遊びに来てくださいませ!!














ほいじゃぁ~~~のぉ~~~!!!!




DSCN9973-001.jpg
スポンサーサイト

コメント

[title]:

おぉぉぉぉ!!!!
全身くまなくパッキパキな仕上がり!
造形も当然すごいけど塗装もスゴ!
フラットな部分とヌルグチョな光沢部分の使い分けもさすがです!
実物が見てみたいなぁ~
  1. 2016/05/20(金) 21:19:10
  2. URL
  3. YOU #c1Uehd42
  4. [ 編集 ]

[title]:

バッタ男。。。
画像が明るいからみれるけど、
暗い路地からにゅっと出たら
ダッシュで逃げますねw
そして、たぶん逃げれないw
クリーチャー系は好きなんですが、苦手w
子供の頃は空き地で虫取り結構してて、
大人の今は仕事で蜘蛛と格闘しておりますw
  1. 2016/05/20(金) 21:19:21
  2. URL
  3. mikemo #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんばんは。

なんか、、、脳天にごっついパンチをくらったかのような思いで読ませて頂きました。
僕みたいなビギナーが作品を観てよく思う所が「どうやってるんやろ??」、、、、なんですが、、、、
考えても全く分かりません(;´∀`)
生物系の塗装って、、、その臨場感・質感を出すためにロボ系とは全く違うアプローチが必要なのか、基本はやっぱり同じなのか、、、。
それすら分からない凄みを感じてます。
基本、全身がヌルヌルなんですが、そのヌルヌル感の強弱と言うか、、
甲殻部位や筋肉・骨・・・なんかの質感を出すためでしょうか、テロテロ・ヌルヌルの度合いが違うように見せてるのは、、、単に塗る量や希釈だけの問題なのか、、、塗料そのものを変えてるのか、、?
生物なので、もの凄く複雑な色や模様が入り組んでますが、、、
どの順番でどのように塗るとこうなるのか、、、、?!

ああぁぁぁ(;´Д`)
今夜は寝れないかも、、、、、、Σ(´∀`;)

いや~!!!
素晴らしい物を見せて頂けて感謝の一言です!

文頭に書かれた「気配り」の一文、、、、もの凄く大人を感じます。
・・・・・・が、本来は読む側が「大人」であるべきなんですがねぇ(汗)
ネット上だと対面でない分「思った事」をダイレクトに綴ってしまう傾向を見受けますが、、、!

、、、、、まぁ、この辺りの話は「水掛け論」になって不毛になってしまいますねww


  1. 2016/05/20(金) 21:46:45
  2. URL
  3. とみさぶろう #Cv2s2L.A
  4. [ 編集 ]

[title]:

兄さんこんばんわ。

バッタ男ということでてっきりライダー系だと思っていたのですが
勉強不足で申し訳ないのですが、このガレージキットの存在を
知りませんでした。

しかし、かっこいい。カラーリングのチョイスといい自分のツボに
ストライクです。

現物を見れないのは残念ですが、またこういうのも作って下さい。

今日みたいにツイッタ―で予告して頂ければ微力ながらリツイートで
拡散に協力させてもらいます。

次回のSガンも楽しみにしています。


……でも、現物見てぇなぁー。
  1. 2016/05/20(金) 23:25:44
  2. URL
  3. OG-west #-
  4. [ 編集 ]

[title]:すげー!

俺、子供の頃虫大好きで・・・

昆虫博士とか憧れた時期があって<きっとみんなそう♪>

でも、今、虫を見ると怖いんですよ…
こんな感じです…
ヌルヌルしてたり
ギラギラしてたり
ゴツゴツしてたり

もーーーーーーーーーー気持ち悪い!
噛まれそう!!!!
触ると痛そう!!!!

が すごくリアル<リアルってなんだろう?>に再現されてます
まるで俺の頭の中覗かれたみたい!

怖い夢見そう…



とてもすごいと褒めているんですが…
伝わってます?^^;


俺も先々週に『思った事を気軽に書かれて』ちょっと凹んだ人です
書いてる人に言いたいのは
そーゆー言葉を普段から気軽に使うことで
貴方の周りの誰かが心痛めてるから
気軽に使わないで欲しいって事で。。。
感情表現豊かな日本語を楽しい会話として使って欲しいです
  1. 2016/05/21(土) 00:02:27
  2. URL
  3. don #xl3yL0pg
  4. [ 編集 ]

[title]:

兄さん,

おひさです.

文章を公開すると,自分の意図とは違うように取られることもあって,本当に難しいですよね.文章ではないのですが,自作ソフトを想定外のことに使用され,クレームが来たことがありました(笑,そりゃうまくいかんだろ,そんな使用は考えてもみなかったと返信しましたが).クレームが来ても,話ができる相手であればいいんですけどね.

さて,注意書きの後の最初の画像,やられました.兄さんのブログではいつもやられているんですが,今回のインパクトは次元が違う.冷静に画像を見てみると,その理由がツヤなのかなと思いました.外骨格という有機物の中でも最も無期質な部位が,ぬめっとした有機質っぽく見えて,それが余計に不気味に感じましたよ.アルビノだから余計にかもしれませんが.また,背中に生えているバッタの腹が,実際のバッタみたいで(小さいのじゃなくて,10㎝を超えるどでかいヤツの)いい感じです.

あと,デカールって,これだけ湾曲している3次曲面にもなじむんですね.

いつもながら,長文すみません.次回も楽しみにしてます.
  1. 2016/05/21(土) 03:18:11
  2. URL
  3. やすりがけ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

の、脳汁で溺れそうっす!

髪の毛なんて艦船の手摺りぐらいだと思ってました(←今どき居ないでしょ)

ヌルヌルってこのツヤの事だったのですね。。。
凄いなぁ・・・ クリーチャーいいなぁ。。。
  1. 2016/05/21(土) 16:23:51
  2. URL
  3. ハマシ #LRlOGW5Q
  4. [ 編集 ]

[title]:

兄さんこんにちは。

こりゃ、虫苦手な人は直視できませんね(;^_^A
ヌルヌル感とか、ポイント押さえて生えてる毛もたまらんですが、外皮の模様がホンモノの昆虫っぽ過ぎます〜
水性ボールペンで描いてるのは目からウロコです。確かに細かい模様描くのにいいですね。今度試してみよう…
  1. 2016/05/21(土) 17:17:11
  2. URL
  3. 豆タンク #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

n兄さん!
痛いです、苦しいです。
n兄さんがいつも仰っている「その素材をどう料理するか?そしてどう見せるか?」
この造形だからこその、この塗装美。
この塗装を施したからこその、この造形美。
モニターから腕が伸びて、胸ぐらをつかまれ、目を見開かされています。
静岡に行って「生で見るとやっぱ伝わるよなぁ・・・」なんて、性懲りも無く思いましたが、ものすごい高みにある作品は、モニター越しで「生」を超えるっ‼︎‼︎
もしも、この作品を生で見ようものなら、ぼけ犬は・・・グハッ
  1. 2016/05/21(土) 18:01:10
  2. URL
  3. dotage-dog #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

「ガンプラじゃなくてすいません」
自分はガンプラしか作らない人なのでw意味はわかります。

バッタ男ですか。気持ち悪くて超スクロールしてw今コメント欄書いてます。苦手なんですよ。。。直視出来ないんですよw本気で。

自分も「言葉が足りない」かもしれませんが、本当に好きじゃなければ作れないですよね、こういうのは。だって気持ち悪いもんwww

  1. 2016/05/21(土) 21:20:59
  2. URL
  3. rweed #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

やっとn兄さんの作品が、理解できました

はやく、結婚しろですよね


  1. 2016/05/21(土) 23:32:54
  2. URL
  3. こくまろSS #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

n兄さんこんばんは!
まず、静岡でお会い出来なかったのは残念でした(T_T)
イングラムも見てもらいたかったな~(途中だけど・・・)www

そうか!バッタ男の製作してたからか!!
にしてもバッタ男カッコ良すぎます(p_-)

今まで怪獣フィギュア等も素晴らしかったのですが、今回の方が自分的にはスンナリ入って来ましたね。
どちらも知らないキャラクターですが、空想な物体って所からなのか?
しかも、丁度会社仲間でアルビノの話をしていた矢先の作品お披露目だったのでビックリしました(^_^;)

今回のアルビノカラーのチョイスは、いわゆる基本バッタのグリーンにするよりも「人」が混じっているいる事を主張する感じの肌色が際立っている感じがします。
目のカーボンデカールに、竹ぼうきの触覚表現は実にそれらしいく、毎回驚かされます。

さらに足元に行くにしたがってくらい色を入れていくのもカッコイイです。

そして、何よりもテロテロ感を瓶出しで盛るように・・・
これでも慣れないんですか?特に後頭部横なんて・・・何回かに分けて塗り重ねているのでしょうか??

自分はロボ(特にガンプラ)をメインに作っているので、他ジャンルにあまり目を向けない傾向が有るのですが、
こう言ったジャンルはスケールモデルよりも入り易そうで良いですね。

挑戦もしてみたいと思いましたが、こういった物ってどこでゲットするんですかね?
そして、今後もこういったジャンルを是非見せてください!!



  1. 2016/05/21(土) 23:43:59
  2. URL
  3. たけぞう #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

皆さま、コメ返遅くなりまして恐縮です!!
ツイッターの方の返信からしてたので、ご了承下さいませ!


YOUパイセンへ
 どもん~!
なんか?ブログ記事のコメ返久しぶりすぎて、何か違和感?爆!!
(文字制限無い分、かな~り気楽だけど!www)
ほいで、、、
塗装、気に入ってもらえて何よりす!
まぁ、正直、こんなレベルならゴロゴロいるのが、クリーチャー界隈なんすけど?それでも、今回、ツイッターにて、少しでもたくさんのガンプラモデラーさんに、こういうジャンルを見てもらえて純粋に嬉しいです!
ホント、バリバリスルーされるんで、、、
今回の500越えのお気に入りは、原型者の方への感謝として、捧げたいなぁとか、切に感じます!
コメント、記事にもリプにもあざっす!!

mikemoさんへ
 どもん~!!
いやぁ、、、何言ってんすか?mikemoさん、、、
こんなん、明るかろうが、暗かろうが、出てきた時点で、腰抜かすよ!爆
たぶん、硬直して動けなくなるよね、、、
マジ、人が本当の恐怖に相対すると、脳神経が止まるでしょ??
僕なら、棒立ちですよ、、きっと、、、アハハハ
それよか、、
タイトルが「バッタ男」なので、仮面ライダーを期待された人も多かったみたいで、リプでも「サイクロンもお願いします」とか書かれた、、笑
いや、、、
「悪魔」ですから、コヤツ!?
(あ!でも凶悪なデザインのバイクならかっこいいか?笑)

とみさぶろうさんへ
 どもん~!
ご無沙汰です!最近、忙しくてそっちにも顔出せなくてスイマセン、、
ほいで、、、
今回のコメント、、、

「どうやってやるんだろう?」
「考えても全く分かりません(;´∀`) 」

そうですかぁ、、、
ちなみに、その質問自体が、その質問の「答え」なんですよ!実は!笑
実は、自分で考えるんですよ~!塗装方法は、、
僕もね、昆虫の画像をじぃ~~っと見ながら、、、
「透過:硬質な表皮の透明性」にフォーカスしながら、模様の重なり、、
色の変化をじっくり時間かけて見ながら、、
なぜそう見えてくるのか?自問自答しながら塗っていったの、、
こういうジャンルの場合、「これが正解だよ」的な、ガイドがほとんど無い世界なので、実物画像と首っぴきで、試行錯誤の連続です!
あと、今回のようなアルビノも初体験でしたが、、、
大事なのは、、、、
ウェザリングと同じで、施した模様やキズなどが、本体の塗装を邪魔しないことであり、距離感を出せる事がミソだと言うこと、、、
つまり、今回の画像の並びにヒントがあります!
カメラと作品の距離によって、、、
「模様が浮かび上がる」ように塗ってます、距離があれば少しくすんだ白に見えて、距離を詰めると、模様が明確に見える、、、
これが昆虫表皮の人間が肉眼でとらえた場合の「印象:情報」です
それは、花や動物でも同じですが、、、
昆虫の場合、対象物の小ささから、人間が感じる印象も、ほぼ世界共通で、その印象を追うこと、再現することが、近道だと僕は判断してます。
なので、立像の画像とUP画像を比較すると、同じ場所が写っているのに、情報量が極端に変わるでしょ?!
これが「ガンプラ」との差異です、、、、
「ガンプラ」の塗装には、距離感がなく、逆に言うとそれでキャラクターの持つ印象がぶれない公式が成り立ちます、、、
あとは、、、
毎回書くけど「艶のコントロール」、、、
同じ11番のガルグレーを塗装しても、その上に乗るクリア層の厚みで、見た側が受ける印象がガラッと変わりますよね?
その「艶表現」を何段階持ってるかで?その人の塗装レベルが変わります、ガンプラのように、「クリア」「フラットクリア」「フラット」の3種しかないと、表現の幅が極端に狭くなりますが、、、
陰影のコントロールが自由に出来るようになるには、少なからず、5~7段階の艶のコントロールがあればいんじゃないかなぁ?と思います。
その辺は、もし聞きたければ、また今度、個人授業します!笑
あ!
「旧コン」のドムのロケパン見たよ~!!最高だ!アレ!!爆!!
続きも楽しみにしてますね!!





  1. 2016/05/22(日) 02:56:06
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

OG-westさんへ
 どもん~!
ウン、ツイッターでも、それ期待してた人いた!笑
やっぱバッタ男=ライダーの印象は定着してますね~?!
でも、そうすね、こういう海外テイストなクリーチャー表現って、
普段まったく縁がないので、凄く試行錯誤しましたけど?
意外とみんな受け入れてもらえたようで(ガンプラファンの皆さんに)
なんか、凄く感謝してたりします、、、
ぶっちゃけた数字で書くと、、
MG(モデラーズギャラリー)さんなどに投稿した場合、、
僕の場合、ありがたいことに過去全作品が週間1位になっていたので、
比較が肌で自身に感じられ、、、、
ガンプラの場合、仮に、三日で15000アクセスだとすると?
これが特撮の怪人で、同じ三日で約2000~2500と、、、
本当に厳しい状況です、、、
(まぁ、興味がないのは存じてますが)
でも、、、
そういう人たちを振り返らせるぐらい勉強して頑張ることが、自分の怪人愛だったりします!
これからも「特撮愛」は、不滅です!笑

donさんへ
 どもん~!
コメントいただきありがとうございます!

 「あ
 とてもすごいと褒めているんですが…
 伝わってます?^^; 」

はい、、、ちゃんと理解しております!笑
実は、塗装している僕の中の「コンセプト」なので、、
あらためて言われちゃうと、非常に嬉しいのです!
怖いとか、、
キモいとか、、、
生々しい、、、
と、言った表現で評価を頂く事がとても多く、凄く嬉しいですが?
今回の「donさん」の<かまれそう>とか<痛そう>はホント最高です!
僕は、見た感じの情報量やかっこよさではなく、、
人間が感じる「痛覚」に訴えるよう作品表現していくので、そこら辺を
こうしてダイレクトに言われるとたまりません!!ウフ
これからも、怪人は続くと思いますが、気が向いたら、また素敵な
コメントいただけたらと思います!あざっす!

やすりがけさんへ
 どもん~!!
そうなの、、、
日本語って難しい、、まぁ、もっと言えば、、、
コミュニケーションそのものが難しく、この業界(模型・フュギア)の場合、自分のものさしが絶対正しいと、「思いこんでる」方が非常に多く、コチラの言葉尻のみを切り取って、鬼の首を取ったように、自分論法を展開される人もめずらしくありません、、、、
今回のように、「片殺し」になるケースもめずらしくないんですよ~?
「お前の言い方だと、ガンプラが偉くて怪人が低い」または
「ガンプラに比べてクリーチャー造形のレベルが低い」とまで、拡大解釈して物言いする人もおられます、、、
勿論、個人の感想なので、どう、外部の方が取るかは「自由」なのですが?僕は過去1度たりとも、ガンプラとクリーチャーの造姿を比較したことがなく、逆に驚きましたが??
恐らくは、ガレキしか作られない方の場合、ガンプラ事情、もしくは市場のシェアなどを把握されておらず、言葉の指す意味を取り違えてらっしゃるケースがこれに当たります、、、
要は、経験値や知識の問題になるのですが?
ナベさんのコメ冒頭にもあるように、コチラがすべからく注意を払っていても、相手の経験値がそれに満たなければ、想像外の事を発想します?
まぁ、僕が謝罪して、その方の気が済むなら、そんな安い話もないんで、一向に僕個人は差し支えありませんが?
それでその方は何を得るのか?逆に不思議に感じます、、、
アムロじゃないけど、人は分かり合えるし、乱暴な言葉を使わずとも、日本語は相手にちゃんと伝わるものなんですが?
自己顕示欲が抑えられない、「大きなおともだち」が多く、、、
ご本人がそれに気づけないのも「世知辛い」です、、
あ!グチに付き合ってもらっていつもスイマセン、、、笑
バッタ男、気に入ってもらって嬉しいです!
今後も、こういうクリーチャー作品の紹介ができるといいなぁ~!w

ハマシさんへ
 どもん~!!
脳汁いただきました!あざっす!!
例外にもれず、やはりこの手の怪しい怪人は楽しい~!!
もちろん、ガンプラも作業自体は同じで、、、
製作前の「イマジネーション」で、完成度が決まるのですが??
金属の機械モノと、こういう半生物的なモノでは、最初のイマジネーションを膨らますベクトルがまったく違うため、凄くおもしろいですよ!
上手く引用できませんが、、、
ロシアの極寒と常夏のハワイぐらい違う感じですかね~?笑
皮膚に穴をあけて1本ずつ毛を植えていく作業とか、、、
もうね、、辛抱たまらんす!>超楽しい作業なんすコレがまた!爆!!
機会があれば、ぜひっ、ハマシさんも1度怪人塗ってみてください!
もう~~、はまるよ~~!!!ウフン


  1. 2016/05/22(日) 05:14:12
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

豆タンクさんへ
 どもん~!!
お久しぶりです~!ウフン
怪人、楽しんでいただけてなによりっす!
「表皮」の質感に関しては、相当こだわったので、褒めてもらえて凄く嬉しいですわぁ~~!
今回、凄く気にしながら作業したのは、、、
昆虫のアルビノ表現を入れながら、ヒョウ柄などの皆が分かる模様も加えていき、その色合いをあえて全然違う色で表現して、悪魔が現世に現れた際の?
不十分な立体像みたいな部分を狙ってます!
(意外と銀色のヒョウ柄とかって見かけなくて新鮮でしょ?笑)
獣表現をする場合、そこが自然に人間の筋肉質に溶け込むよう配慮してますが、そこら辺を見て楽しんでもらえたら最高す!!
ちなみに、銀色の「ユニボール(0.8)」は1本100円なり~!ww

dotage-dogさんへ
 どもん~!!
なんだか?少し興奮してますね?笑
なんか過大な評価でコメントいただきありがとうございます!
でも、、、
ホント、クリーチャーの世界だと、このぐらいの塗装は初歩の初歩でして、もっとアングラでディープな塗装がたくさんあり、、、
これから学ばなければいけないことが、盛りだくさんなんです!
何かを表現していくと言うのは、、、、、
例えば、、、
10のアウトプットをするなら、20000ぐらいのインプットが必要で、10しかインプットの無い人が、10のアウトプットをすると、、
作品が息切れしちゃうことが多いようです、、、
僕もまだまだ引き出しが足りなくて、これか少しずつ、引き出しためていこうと思います!!
dotage-dogさんも、気が向いたら怪人1匹いかがでしょうか?笑
>超楽しいよぉ~~!!

rweedさんへ
 どもん~~!
超超ご無沙汰してます!!
お元気そうでなんか嬉しい、、、
ホント、つい昨日、rweedさんの話してたんですよぉ、、、マジで、、
いまだに僕の中で、ガンプラにおける最高峰は、rweed作品なんですが、ことあるごとに、色々なモデラーにそれを伝えてたりします、、笑
(他人様の作品なのに、なぜか熱く語る?兄さん、、、爆!!)
ほんで、、、まぁ、バッタ男の話はおいといても、、、
今回のコメントどんズバで嬉しかったです!
そもそも、怪人嫌いのガレキ嫌いの人がこれ作りますか?
って、僕も言いたくなりましたよ~!笑
あと、「塗装が自慢したいだけだろ!」とも言われましたが、、、
この世界の天井の高さを知らない人って、凄く幸せなんだろうなぁ?
とか、、違う意味で羨ましかったですよ、、、、
(もう、造形の世界は、天井知らずでしょ?実際の話、、、)
まぁ、余計な話しましたが、rweedさんの新作完成したら、教えてくださいね~!!楽しみにさせていただきますんで!

こくまろさんへ
 どもん~!
コメントありがとうございます!!

たけぞうさんへ
 どもん~!
静岡お疲れ様でした~!!!
いやぁ、、今年は家族のあれやこれやで、外出は無理でした、、汗
(まぁ、長い人生、そういうこともありますよね~!笑)
マジ行きたかったけどねぇ、、静岡は、、クゥ~~~
ほいで、、、そうすか、、
ショッカー怪人(特撮もの)よりも今回のバッタ男のほうが、たけさん的に良かったんですね~?!あざっます!!
その辺は、ホント見ていただける方々の趣味の話なんで、そこも嬉しいす
アルビノは、カラモジュレーション的なものもあるけど、、
そうすね、やっぱ「未成熟」とか「半生物」的な表現が目的なので、見え方で肌色が映えてるのであれば、結果オーライすね!!笑
そうそう、クリア塗装の塗り重ね回数ですが、、、
場所で全然違いますが、頭の部分は、約5回ぐらいの盛りです、、、
胸部で3回、腰から下は、1回です、、、
徐々にトーンダウンさせて、下半身を暗く見せるようしてみました、、
(つうか、たけさんよく見てるねぇ~!びっくり)
普通は、カラーで変調させるのが常道ですが、、、
あえてクリア層の質感でをこの表現をしています!
ちなみに、購入するなら「ワンフェス」が良いのですが、、、
距離的に厳しいのであれば、ヤフオクで「クリーチャー」検索すれば、手に入るかと思います!!
1匹試してみてください!ホント、おもしろい世界です!
>絵画とかに近い感じで、それこそ法則性は自由ですから~!!!

あ!イングラムは、秋まで楽しみにしておきますよ!!ウフ

  1. 2016/05/22(日) 05:55:56
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんにちは。
ツイッターで途中状態が公表されてから完成を楽しみにしてました。

しばらく言葉を失って見入ってしまいました。
表皮(外骨格?)の硬そうな感じと内側のやわそうな感じが絶妙、
ぬめっとした塗装と相まって、初見で気持ち悪っと思いながらも
最後までスクロールするとカッコイイわぁ、と思い上へスクロール、
そしても一度下へ、そして上へ、と無限ループでしたw

先日小さなものは塗ってみたのですが、何か大きなものも
いつか塗ってみたいですね。
  1. 2016/05/22(日) 10:21:20
  2. URL
  3. ペンギン68 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんにちはーn兄さん

僕も最初「仮面ライダーのお友だちかしら?」と思ってしまいましたがww
それにしても染色体異常の昆虫をモチーフにするなんて、よくもそんな事が思い付くなーーとおもってしまいます!

白い外皮が脊椎動物の骨を思わせてさらに昆虫人間としての説得力が増している気がします♪ヽ(・∀・)ノ
竹ホウキやカーボンデカールなどのアイデアも満載で面白いですー

僕ももっと艶感や質感を意識してよく観察して塗ってみよとおもいます



  1. 2016/05/22(日) 13:17:48
  2. URL
  3. しんごaiko #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ペンギン68さんへ
 どもん~!
楽しみにしていただき、本当にありがとうございます!
なかなか、こういう異種なジャンルの立体は、完成してもガンプラのように、たくさんの人に見てもらえる機会が少ない分、こうして、大きなブログ画像で見ていただけるだけで幸せです、、、
ほんで、コメント凄くおもしろかった!笑
そうなんす、皆さん口をそろえて「気持ち悪い!」と、言うのですが?
凄く見てくれてて、なんか違う感覚で嬉しい~!爆!!
(世に言う「怖いもの見たさ」みたいな感じなんでしょうか?笑)
これからも、精進してさらなる恐怖の世界を塗りこめるよう、気合入れていくんで、ぜひぜひっ、応援してください!
あ!そうそう、、、
ペンギンさんも小さいのを塗られたそうで?>GJすね~~!
あとで、ブログ見せてもらいに伺いますね!
今回は、嬉しいコメントありがとうございました!

しんごaikoさんへ
 どもん~!
そうすか、やっぱ、、仮面ライダー的な何かを想像しますよね?
言われてみたら、散々、ライダー好きを僕個人が言いまくってるんで、周りの方は皆さんそう思うのが自然ですよね、、、、アハハハ
染色体異常の昆虫の皮膚は、昔から人々の間で「神格化」されてきた、暗部があり、国や地域によっては、、、
現在も「神様の使い」として、あがめられている国もあります、、、
そういう神秘的な部分に強く引かれたのですが、実際の作業は、非常に塗りにくい色で、けっこう参りました、、、笑
(なんとか、完成してホント安堵してます、、)
今度、機会があれば、しんごちゃんも怪人1匹いかがですか?
こういう亜種なものって、あんまり人が関心持って見てくれないのですが?ある意味、そこを打破する「やりがい」もあり、ガンプラとかとは違う楽しみ方を感じると思いますよ!!
  1. 2016/05/22(日) 19:11:36
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

兄さんこんばんは。

すごいなぁ・・・開口一番、こんな表現しかできずにすみませんm(_ _)m。

ガンプラ、しかもベタ塗りしか経験がない自分にとって、想像のつかない
表現技法から生み出された作品に対しては、それに相応しい言葉が
見つからないのです(´・ω・`)。

自分の腕じゃ箸にも棒にもかからないにせよ、せめて本作がどのような
技法や手順で塗りあげることができるのか、理解できるくらいには経験値
を上げないと、まともな感想も書けないのでそれが恥ずかしいです・・・
いろんなジャンルに挑戦してみないとですね♪

本作、特に筋肉や羽根の塗りわけがサイコーに生々しく、
かっこよくって、超眼福でした(*´ω`*)。ありがとうございます♪


  1. 2016/05/22(日) 21:57:51
  2. URL
  3. 玖弐零式改(type920r) #OcCsWlWY
  4. [ 編集 ]

[title]:

n兄さん、こんばんは!

バッタ男完成おめでとうございます^^

この作品に関しては、兄さんとの会話中に、なぜか毎回、ぼくが「セミ人間」と間違えるという謎の症状が印象深かったですw

こないだの茨城の地震の時、ちょうど話し込んでたんですが、電話先で兄さんの家がめっちゃ揺れて、「ヤバイやつや!すまん、かさ!」とスカイプを放り出して、まずこのバッタ男が倒れぬよう、寝させていたあたり、プロ中のプロだなとか思ったりw

作品はまずデザインいいですよね!
斜め後ろからのエビ反ったバッタの背中が強調されるショットとか、顔の下に顔があったり、バッタの脚が腕のパワーピストンみたいになってたりと、ヘルペインターさんの感覚が素晴らしいですね^^

で、悪魔が崇拝する神パズズ。
その精神性の高い世界でのアストラルボディから、
現し世へ顕現して受肉。
昔の人々が恐怖してやまぬ、イナゴが象徴としてセットされ、
また足りぬ血肉を出現した地の近くに居た豹などを雑に取り入れ、
それでもまだ不安定な存在としてアルビノに。
太陽の元を歩くだけで表面が焼け焦げながら、それに呼応した速度で健肉が内側から再生されてゆく・・・
彼の存在を召喚した者の目的は・・・?

・・・みたいなストーリー性を喚起させるこの仕上がり!
「塗装に物語がある」と感じました^^
感激!

  1. 2016/05/22(日) 22:12:41
  2. URL
  3. かさばる兄さん(かさ兄) #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

玖弐零式改(type920rさんへ
 どもん~!
熱いコメントいただきあざっます!
そうすね、確かに、、、
ご指摘の通り、ガンプラの世界は逆にそのベタ塗りが王道であり、、
バックボーンのアニメの再現等、配慮すればそこが必然なので?
確かに、経験者が少ないのも事実なんですが、、
この「バケモノ」の世界の塗装は、ホント、子供のころの泥んこ遊びの
ごとく、楽しい世界です!
ホント、見た感じのイメージはとっつきにくく、難しそうですが?
実際には、ガンプラの完成品においても、、
「蛇紋塗装」「ドライブラシ」「グロス仕上げ」「キャンディー」と
各種様々な塗装方法が、散見できますので、、
それのトータルプロデュースのような感覚で大丈夫だと思いますね!
たぶん920さんなら、楽勝でいけますよ!!>センスいいし!
(なんせ、僕程度でもなんとか塗りあがりますから!)
ぜひっ、1つ塗装してみてください!
>そして、怪人ナカ~~マになりましょう~!笑

かさばる兄さんへ
 どもん~!
いやぁ、マジバナで、あの地震はヤバかった、、
(冗談抜きで久しぶりにびびったよ、、)
ただ、、
それ以上に、「セミ人間」という呪文の呪縛から逃れられない、、
関西の友人が心配なのだが、、?爆
冗談はさておき、毎度スキのない見事な文章に僕が圧倒されます!笑
ほんと、今回のは、凄く精神性の部分に比重を置いた表現なので、、
全てとは言いませんが、、
少なからず、そういう「現象」的な存在の表現が、少しでも伝わっていたら凄く嬉しいですよ、「悪魔」と言うのは、、
その実、人間の暗部が生み出した「欲望の権化」であり、、
ある意味において、「必要悪」を意味してますよね、、、、、
その多くは逃げ道だったり、言い訳だったり、、
そういう「形」があるのに、形のない、感情の「掃きだめ」が
世にいう「悪魔」だと僕は解釈してます、、、
つまり、今回の「アルビノ」とは、人の悪意の模様を指してるのですが?
こういうのって、、、楽しいよね~!笑
次回は、さらなる暗部の追及をしたいですねぇ、、、、笑!!

  1. 2016/05/24(火) 07:08:05
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

こんにちは!

もう凄いですね!まさに悪魔の化身ですね!
私自身昆虫は触れないのですが(昔はあんなに好きったのに・・・)
見るのは大好きです!テレビなどそういう特集があれば見てしまいますね(^^♪
我々には知らない世界みたいな感じで興味が惹かれるんだと思いますが。
今回の兄さんの作品は大好きですね!ビルバインも大好きですが、ガンプラだけではなく幅広いジャンルで魅了できる兄さんの作品には尊敬の一言しかありません!
いつも感動を与えてもらいありがとうございます!
個人的に神話とか好きなので(詳しくはないですが)悪魔とか興味があるんですよね!機会があれば作ってみたいです。
  1. 2016/05/24(火) 09:19:51
  2. URL
  3. lost one #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

lost oneさんへ
 どもん~!
(って、ゴメン、コメント入ってるの気づかなくて、、汗)
「悪魔の化身」いただきました~!あざっす!
まだ、こういう洋物のクリーチャーは経験が浅いため、あちこち
不出来な部分もあるのですが、、、
今回は、原型のかっこよさにだいぶ助けられて、なんとか無事に
こうして皆さんいご報告できました!アハ
まだまだ課題は山積してますが、、
少しずつ練習して、もう少し迫力のある完成度の高い怪物に
仕上げられるよう頑張ります!!
次の作品もぜひっ、楽しみにしていてくださいませぇ~!!
コメントあざっす!
  1. 2016/05/27(金) 18:25:29
  2. URL
  3. 兄さん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:いいですね〜バッタ男

初めまして!n兄さん様

武之助と申します。バッタ男
見ました。凄い塗装のクオリティー
ですね〜 特撮物や怪人さんの記事
大好きであります。n兄さんさんの
作品の工作技術力及び塗装ほんと
神業ですよ。ハカイダーは実物だと思いましたよ。最初に見た瞬間は!
私もガンプラも作りますが特撮物も
大好きです。
これからも特撮物、怪人さんの
作品楽しみにしてます。
応援してます。頑張って下さいませ〜
  1. 2016/05/28(土) 12:16:49
  2. URL
  3. 武之助 #V603RJqw
  4. [ 編集 ]

[title]:

n兄さんこんにちは!ブログお邪魔してます( ^ω^ )
私はガンプラしか作らない人間ですが、ジャンル問わず模型を見るのが大好きですよ!自分の知らない技法とか表現方法とか、何より作成された方の拘りを知るのが楽しいですよね。兄さんのバッタ男も度胆を抜かれつつ画像拡大してまじまじと拝見させていただきました!これからもバシバシ発信して度胆抜いて下さいね!

  1. 2016/06/01(水) 22:11:29
  2. URL
  3. kintaro #-
  4. [ 編集 ]

[title]:好き^^

ご無沙汰でございます!

資金繰りのためオークションやらハンドメイドやらでプラモからちょっと遠ざかっておりました~!^^

さてさて、

『バッタ男』さん!
こういうの大好き!!!
実際の虫(特に黒いの)はダメですけど、
これは男の人(人?)だもんね~!
グロくてかっこいいっす!

こういうの作れたら面白いんだろ~な~・・・・・(遠い目)
凄すぎて参考になりません!!!(笑)
じっくり堪能させていただきました!
ありがと~ございます!


  1. 2016/06/06(月) 11:22:49
  2. URL
  3. るみなす #ygQuvdSk
  4. [ 編集 ]

[title]:

こにゃにゃちわ(-_-。

とにかく。最高な作品ありがとうございます。ぺこり

兄さんの画像を観る時は。いつも。ハッ。と気づかされます。

じぶんへの。妥協といいますか(-_ー 遠い目

ワタシも。初めて粘土でトカゲの親分みたいのんを作っておるんですが

架空だからこそ。リアル感がほしく。。何度も何度も。色調変えてみたり

使用感、とかのサマザマな作業を。合わせると。

さいごに。ツヤの階調が見えてきまして。。

この作品を見させてもらって。やっぱり。そーなのかも(-_-て

感じさせていただきました。ぺこり

ロボ系のウぇザリングもそうだと思うんですが。ツヤをどこにもってくか

とかが。リアルにだませる。アレかな。とかおもーてまして。・

あ。すんません。長なりました(-_ー;


あ・・いろいろと。お気遣いが大変なんですネ

ねっこは。「つくりだす」で。

みんな。同じだとおもうんですが(-_-。陰ながら。応援しております
  1. 2016/06/20(月) 13:24:06
  2. URL
  3. えーちん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nblood.blog67.fc2.com/tb.php/394-39008801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

n.blood (n兄さん)

Author:n.blood (n兄さん)
■プロフィール
HN:n兄さん
当ブログの管理人の兄さんです、楽しく気ままにをモットーに色々な模型の制作記事を書いてます!!

■CAUTION
当ブログはエロコメ対策のため、URLを入れたコメントを書けない設定となっていますので、コメントの際、ご注意下さい!!

# 最近の記事

# コンペ情報!!

^http://shiborievent.blog.fc2.com/

「全日本旧キット王選手権」<第3回千葉しぼり展示会> ALLジャンル異種格闘技戦による、旧キット模型の祭典!! 今年の旧キットを制するのは、果たして誰なのか?!

# ブログ内検索

# フリーエリア


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。